-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-11-24 00:01
 草取り、雑草取りと言うと、色々な場所があります。田んぼや畑、公園、堤防、河川敷、歩道、道沿い、学校の校庭、花壇、庭、庭、・・・・
私はその全てに反対ではありませんが、大抵反対です。
理由は
 1. 雑草は勿論緑色植物ですから、光合成をします。CO2を吸収してO2を出すのです。今、世界のCO2が過多になって、温暖化の問題などを引き起こしています。何の手入れの必要のない雑草を生やしておくだけでCO2が削減出来るのです。植物は最高のCO2削減対策であるのです。
これが最大の理由です。
 2. 雑草は、土地を耕します。光合成をして無機物から有機物を作り出し、土の下の色々な生命の営みを支えています。
 3. 雑草は、根をしっかり張って土地の流出を防ぎます。

 
 他にも細かい理由は色々ありますが、
 私は大抵のシーンで雑草取りに反対致します。
色々問題のある外来種等もあるようですが、詳しくは長くなりますのでこれからシリーズで描いてゆきます。    
 
 ちなみに私のHNの<雑草>は、雑草を抜いてはいけない旨をみんなに熱く語っているうちに、そう呼ばれるようになったのであって、特に気に入ってつけた訳でも『雑草のように強く逞しく』みたいな意味でつけた訳でもありません。このブログも、ブレインこーき氏が作ってくれて、タイトル<雑草の言葉>も彼がつけました。ちょっと宗教の教祖様の『お言葉』みたいなイメージには抵抗がありまして、<雑草の思想>や<雑草の独断>、<雑草の独り言>何かでもいいとも思いますが、彼が作ってくれなければ始まらなかった訳だし、まあ気に入ってますのでしばらくこのまま続けようかと考えています。〔雑草〕というHNも馴染んできましたので、そのまま使いますが、こーき氏がつけてくれた本当のHNは、〔雑草32〕とからしいです。まあ、同じ〔雑草〕と云うHN使う方がいるよやも知れませんので、これから〔雑草Z〕にします。ZはMZのZではありません?
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/11/24 00:01】 | 植物 トラックバック(0) |

雑草だって生態系の中にあります
スモールイズビューティフル
田舎で隠居している私の父は、時々シルバーセンターに頼まれて雑草取りをするそうですが、刈り払った雑草はごみ袋に入れて焼却場に持っていかれるのだそうです。これは田んぼがいっぱいある田舎での話でから、大抵の自治体がそうなのでしょう。

こんなおろかなことを(生態系を無視した愚挙)している行政に怒りさえ感じます。昔の農民もせっせと雑草を刈り払っていましたが、これは家畜に食べさせたり堆肥にするためでした。雑草氏の論でゆけば、今の行政はCO2を消費してくれる草を取り除いて、わざわざCO2を生産していることになります。

私は、雑草については様々な事情により取らなければいけないこともあると思いますが、せめて堆肥にするなりバイオマスの原料にするべきだと思います。

日々大量に出される残飯や廃棄食材についても全く同じです。一刻も早く行政が着手すべき問題だと思っています。もちろん、食料の廃棄については、まず食べ切るなり使い切るなりすることが大事ですけどね。


もうひとつ思い出したので書きますが、最近は雑草を取るのが手間なのか、除草剤をまいて枯らしたり、ひどいのはコンクリートで覆ったりするのも見られます。

青葉の美しい季節なのに、一面に広がる枯れ草や、醜いコンクリートで覆われた斜面を見ると、とても悲しい気持ちになります。

まさに仰る通り!その内容をこれから・・
雑草Z
 とった雑草の処理の仕方、除草剤、コンクリートで覆うこと・・・みんな仰るとおりです。
本文に書いた通り、詳しくこれからシリーズで描こうとしたことの半分くらいは、スモールイズビューティフルさんが非常に上手く描いて下さいましたので、これから描く内容は重複するにしても吟味しなければなりません。(笑) 

草刈
mao
近日、団地の草刈りがあります。
公園が雑草が生えすぎていて、公園が公園の役目を果たせない
状況なので反対では無いのですが、
刈った雑草は車に積まれて、焼却処分されるのだろうなぁ・・・と思うと
悲しくなります。
少しでもと思い、草刈日の前にひとりで草刈をして、
家で堆肥を作ることで気を紛らわすことにしていた今日このごろ。
近所から変人扱いされると困るので、本当に少しだけですが・・・。

私は都会育ちで、自然に触れ合う機会があまりかった
生い立ちですが、そんな私でさえ雑草を焼却処分することに
抵抗を覚えるのに、多くの方々が抵抗を感じないことを不思議に
思います。
雑草Z様が、「雑草は抜いてはいけない」等の話を熱弁(?)される
時、聞く人の反響はどのような感じなのでしょうか?
すごく興味があります。よかったら教えてください。

仕方がないと抜いている人もいる訳で・・・
雑草Z
 本文に書いた理由を一つ一つ説明すればわかってくれる人のほうが多いようです。時々、「でも雑草は、邪魔だから抜かなければ・・」と言う人もいますが、「そんなレベルの話ではない」旨を述べれば、反論はしませんね。

 数年前、幼稚園の奉仕作業で、抜いた校庭の雑草をビニールのゴミ袋に入れて捨てようとしていたので、主任の先生に、「植物をゴミ袋で捨ててはいけません。」と抗議したところ、「じゃあどうすればいいですか?」と聞いてきたので、「校庭の隅の木の下に穴を掘って肥料にしましょう。私が穴を掘りますから」と言たら、彼女は素直にその提案を受け入れてくれて、全部のゴム袋をあけて草を出して、私が掘った穴に埋めてくれました。
そして「こういう事は知らなかったので、また何かいい方法があったら教えてください。」と言ってくれました。私の押しが強かった事もあるかも知れませんが、多くの人は、自然を愛し、勿体無い精神も持っているので、しっかり説明するとわかってくれる場合が多いと思います。
雑草や生ゴミをゴミ袋に入れて出すなんてはじめた輩が愚かで、【割れ窓理論】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-141.html
でそんな悪しき習慣が広まっただけで、こんな習慣はしっかりプロパガンダすればなくなると思います。

maoさんも是非、上の説明の他、
○公園の雑草は、土をしっかり固め、地震の時の地割れも防ぎ、火事のときの避難場所としては、火を防ぐ事(阪神大震災のときは、木の水分で火事の被害を免れた方もいたと聞きます。)
○雑草を根から抜くと埃が立つこと。
○雑草があれば、子供が転んでも怪我をしにくい事。
○オオバコなど多くの雑草が子供の遊び道具になる事
などを説明して、なるべく背の高い雑草だけを抜く提案をなさって下されば嬉しく思います。木があれば、是非とも木の肥料にと穴を掘ってくださいませ。
ちなみに雑草が、ぎっしり敷き詰められて、真上から見ると緑だけの場合、条件にも拠りますが、アバウトに6畳くらいの面積で、人間一人分の二酸化炭素を吸収して、酸素を出してくれますよ。
 私は、CO2温暖化説は懐疑派ですが、植物は、SOx や NOx などの、酸性雨の原因ともなる有毒ガスも吸ってくれます。都会の子供にこそ、外で少しでもいい空気を吸ってもらうべきですよ!!!!この台詞は、決め手になるかも・・


 古い記事へのコメント有難う御座います。遡って記事を読んでくださったのですね!!!!


 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
雑草だって生態系の中にあります
田舎で隠居している私の父は、時々シルバーセンターに頼まれて雑草取りをするそうですが、刈り払った雑草はごみ袋に入れて焼却場に持っていかれるのだそうです。これは田んぼがいっぱいある田舎での話でから、大抵の自治体がそうなのでしょう。

こんなおろかなことを(生態系を無視した愚挙)している行政に怒りさえ感じます。昔の農民もせっせと雑草を刈り払っていましたが、これは家畜に食べさせたり堆肥にするためでした。雑草氏の論でゆけば、今の行政はCO2を消費してくれる草を取り除いて、わざわざCO2を生産していることになります。

私は、雑草については様々な事情により取らなければいけないこともあると思いますが、せめて堆肥にするなりバイオマスの原料にするべきだと思います。

日々大量に出される残飯や廃棄食材についても全く同じです。一刻も早く行政が着手すべき問題だと思っています。もちろん、食料の廃棄については、まず食べ切るなり使い切るなりすることが大事ですけどね。


もうひとつ思い出したので書きますが、最近は雑草を取るのが手間なのか、除草剤をまいて枯らしたり、ひどいのはコンクリートで覆ったりするのも見られます。

青葉の美しい季節なのに、一面に広がる枯れ草や、醜いコンクリートで覆われた斜面を見ると、とても悲しい気持ちになります。
2006/11/24(Fri) 09:08 | URL  | スモールイズビューティフル #-[ 編集]
まさに仰る通り!その内容をこれから・・
 とった雑草の処理の仕方、除草剤、コンクリートで覆うこと・・・みんな仰るとおりです。
本文に書いた通り、詳しくこれからシリーズで描こうとしたことの半分くらいは、スモールイズビューティフルさんが非常に上手く描いて下さいましたので、これから描く内容は重複するにしても吟味しなければなりません。(笑) 
2006/11/25(Sat) 21:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
草刈
近日、団地の草刈りがあります。
公園が雑草が生えすぎていて、公園が公園の役目を果たせない
状況なので反対では無いのですが、
刈った雑草は車に積まれて、焼却処分されるのだろうなぁ・・・と思うと
悲しくなります。
少しでもと思い、草刈日の前にひとりで草刈をして、
家で堆肥を作ることで気を紛らわすことにしていた今日このごろ。
近所から変人扱いされると困るので、本当に少しだけですが・・・。

私は都会育ちで、自然に触れ合う機会があまりかった
生い立ちですが、そんな私でさえ雑草を焼却処分することに
抵抗を覚えるのに、多くの方々が抵抗を感じないことを不思議に
思います。
雑草Z様が、「雑草は抜いてはいけない」等の話を熱弁(?)される
時、聞く人の反響はどのような感じなのでしょうか?
すごく興味があります。よかったら教えてください。
2007/10/13(Sat) 22:33 | URL  | mao #-[ 編集]
仕方がないと抜いている人もいる訳で・・・
 本文に書いた理由を一つ一つ説明すればわかってくれる人のほうが多いようです。時々、「でも雑草は、邪魔だから抜かなければ・・」と言う人もいますが、「そんなレベルの話ではない」旨を述べれば、反論はしませんね。

 数年前、幼稚園の奉仕作業で、抜いた校庭の雑草をビニールのゴミ袋に入れて捨てようとしていたので、主任の先生に、「植物をゴミ袋で捨ててはいけません。」と抗議したところ、「じゃあどうすればいいですか?」と聞いてきたので、「校庭の隅の木の下に穴を掘って肥料にしましょう。私が穴を掘りますから」と言たら、彼女は素直にその提案を受け入れてくれて、全部のゴム袋をあけて草を出して、私が掘った穴に埋めてくれました。
そして「こういう事は知らなかったので、また何かいい方法があったら教えてください。」と言ってくれました。私の押しが強かった事もあるかも知れませんが、多くの人は、自然を愛し、勿体無い精神も持っているので、しっかり説明するとわかってくれる場合が多いと思います。
雑草や生ゴミをゴミ袋に入れて出すなんてはじめた輩が愚かで、【割れ窓理論】http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-141.html
でそんな悪しき習慣が広まっただけで、こんな習慣はしっかりプロパガンダすればなくなると思います。

maoさんも是非、上の説明の他、
○公園の雑草は、土をしっかり固め、地震の時の地割れも防ぎ、火事のときの避難場所としては、火を防ぐ事(阪神大震災のときは、木の水分で火事の被害を免れた方もいたと聞きます。)
○雑草を根から抜くと埃が立つこと。
○雑草があれば、子供が転んでも怪我をしにくい事。
○オオバコなど多くの雑草が子供の遊び道具になる事
などを説明して、なるべく背の高い雑草だけを抜く提案をなさって下されば嬉しく思います。木があれば、是非とも木の肥料にと穴を掘ってくださいませ。
ちなみに雑草が、ぎっしり敷き詰められて、真上から見ると緑だけの場合、条件にも拠りますが、アバウトに6畳くらいの面積で、人間一人分の二酸化炭素を吸収して、酸素を出してくれますよ。
 私は、CO2温暖化説は懐疑派ですが、植物は、SOx や NOx などの、酸性雨の原因ともなる有毒ガスも吸ってくれます。都会の子供にこそ、外で少しでもいい空気を吸ってもらうべきですよ!!!!この台詞は、決め手になるかも・・


 古い記事へのコメント有難う御座います。遡って記事を読んでくださったのですね!!!!


 
2007/10/14(Sun) 00:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。