-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2016-03-29 00:01
成長の限界に近づいている、若しくはすでに成長の限界にほぼ達したと考えられる現代において、世界的な文明崩壊がいつ起こっても不思議ではないと考えられます。実際にその兆候はあちこちで見られています。それなのにいまだに経済成長に囚われた人が沢山います。「沢山」というよりも「大半」の人々と言えるかもしれません。政治家など社会を動かしている人々(世界の指導者?)の中に特に沢山いるようです。
その結果、21世紀中に・・・あと数十年で・・・世界規模の制御不可能な崩壊が始まると考えられます。


 過去の崩壊した文明に於いて、社会のエリート層が大災害の警告に対して、「業務は平常通り[Business As Usual] 的なアプローチを手遅れになるまで強く勧め続けたという研究が発表されています。
以前guyver1092 さんが書かれた記事【定常社会の会計基準】2014-11-5で紹介されていた NASA出資の科学的研究に採用されたSafa Motesharri氏の研究報告によれば、
資源が乱用され、社会の経済的な層がエリートと大衆に分断されることが、社会の崩壊の原因に成りうる事を発見したとのことです。
そして、最終的にエリートがあまりにも大量に消費するために、大衆に大規模な食料不足を起こし、結局は社会の崩壊をもたらすと警告しています。

何をもって「エリート層」と定義するのかはあいまいですが、ニュアンス的には、経済的に大衆を支配している人々(財閥等)のことでしょう。・・・「エリート」という言葉のの本来のニュアンスとは違う感じもします。寧ろ「悪賢く強欲な人々」と言う表現のほうが合っているでしょう・・しかし逆に、元来「エリート」とはそういう存在なのかも知れません。
それは兎も角
多くの富を所有しているということ自体、物欲が強いと言うことであり、現在の資本主義を引っ張っている財閥やその傀儡の政治家たちをエリートと呼ぶとすれば、Safa Motesharri氏が鳴らす警鐘は、適格だと言えましょう。

もう既に、脱成長に向かって進んでいなければ間に合わない時期であるのにも関わらず、「悪賢く強欲なエリート」達によって、「業務は平常通り[Business As Usual] 的なアプローチが続けられています。彼らにとって地球の資源を大量に使い、自らの財産を守るとこ、増やすことが最大の関心事であるようです。

 そして、一般大衆も、指導者の指示に従って「業務は平常どおり」続けることになります。業務を平常どおり行わなければ職を失うからです。

文明崩壊の恐怖を身に染みて分かるまで、人々は「業務は平常どおり」続ける事になるのです。・・・・そして、「気付いたときには既に遅し・・・」となってしまいます。

この期に及んで、崩壊の危機を感知できず、「業務は平常通り」行う「エリート」達に任せておけば、崩壊の大災害から免れることはほぼ不可能であり、「崩壊は予測通り」起こるでしょう。
勿論、水の供給などのように、平常通り行わなければならない基本的な業務もあるでしょうし、消防やレスキューのように、非常事態にこそ必要な業務もあるでしょう。しかし、殆どの業務は、エネルギーや資源の消費のずっと少ない持続可能な形態に速やかにシフトしていく必要があります。これまでの平常通りの業務では持続出来ないと言う事を理性で判断する事が早急に必要です。

「業務は平常通り」と、指導する「エリート」は速やかに排除すべきですし、一般大衆も「業務より大切な行動」を考えていかなければならないでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2016/03/29 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

日銀のマイナス金利
guyver1092
 最近、検索語は忘れましたが経済について検索をかけたところ、日銀のマイナス金利政策で、世界の経済の潮流が変わり、経済縮小が始まったという分析を読みました。書いていたのは、経済成長至上主義を持つ人と思われましたが、水野和夫氏の「国債の長期金利は経済成長率と一致する」との分析と同じ考えでした。
 人間の経済の基盤である地球の大きさを押しつぶすほど大きくなったため、物理的な制約により縮小が始まっていると考えます。それなのにこのことを認めず、あくまでも経済成長を促進する政策を「業務は平常通り[Business As Usual] 」的に促進することは、自滅への道を暴走することに他ならないでしょうね

Re:日銀のマイナス金利
雑草Z
>世界の経済の潮流が変わり、経済縮小が始まったという分析

その分析が当たっていれば嬉しい事です。

>あくまでも経済成長を促進する政策を「業務は平常通り[Business As Usual] 」的に促進することは、自滅への道を暴走することに他ならないでしょうね

その暴走真っただ中の日本、そして世界ですね。
バブリーな「通常業務」は早急に止めるべきですね。
このguyver1092さんのコメントの最後の一文は、私の書いた記事の最後の結論に相応しいですね。

頭を使うということ
爽風上々
私も日々痛感していることが、社会のほとんどの人が日頃はほとんど頭を使わずに日常に流されているということです。
その間に事態はどんどんと進んで(悪化して)いきます。
かつての封建時代や社会主義国家(現代の中国を含む)では庶民は考えたとしても何も動かすことはできないという状況であったことも多いのですが、現在はなんと「主権在民」であり自分たちの投票で社会を動かすことができるのです。(可能性としては、無いではないという程度)

そんなわけですから、ブツブツ文句を言うだけでなくどうすれば良いのか頭を使って考えてみれば良いのですが、簡単には行きません。

一つ問題なのは、東アジアには禅宗仏教の伝統がありそこでは考えずに働くことで悟りに近づくという思想があることです。
禅宗では「働かざるもの食うべからず」という基本思想のもと、農作業や食事の支度、掃除などすべてを修行とみなして頭を空にして高僧も皆取り組むということがあります。

どのような社会であるべきかなどということを日々考え続け、もがき続けるなどという姿勢はとても禅の境地とは相容れないのですが、さて、どちらの態度を取るべきでしょうか。

Re:頭を使うということ
雑草Z
>社会のほとんどの人が日頃はほとんど頭を使わずに日常に流されているということ

一般庶民は、日々の仕事、雑事に追われて「社会全体・環境の事は政府が考えてくれる」と思い、
 その政府の指導者(エリート)は、私腹を肥やし、目先の利益ばかり考え「業務は通常通り」

つまり、大局的な将来の事をしっかり考えている人は殆どいない状態ですね。「発展」だと思っていたものが、「崩壊の始まりだったと悟ったときには既に遅し・・・

>「働かざるもの食うべからず」

が禅宗の教えだったのですね!初めて知りました。 そう考えると無我の境地を求める禅宗も、社会を破局に導く恐れがあると言う事ですね!…新たな知識です。有難う御座います。

禅の教え
爽風上々
ちょっと不適切な引用の仕方をしてしまい、禅が社会の破局につながるといった印象を与えてしまったようで、申し訳ありません。

本当の意味での無我の境地での作業というものは社会の矛盾を考えるということとは違ったレベルの話で、禅の悟りに達した修行者は社会の不幸にも目を向けているのは当然の話です。
自らの悟りだけでそのような社会を思いやることができないのは、生半可な修行者でしょう。

作業をしながらの修行といのは、座禅での修行ばかりがあまりにも強調されすぎていたことへの批判を含めて言われてきたことです。行住坐臥(座っていても寝ていても、仕事をしていても)悟りを開くための修行をしているというものが推奨されました。
しかし、それも行き過ぎると仕事をしていればそれで良しという風潮にもつながったのでしょう。
いずれも禅宗修行者でも低レベルの話です。

まあ、日常の仕事に追いまくられて考えるべきことも考えられないというのは、そのような段階の話でもなくさらに下位の世界でしょう。
「自主的な奴隷」のようなものです。
本当は自分たちが主権者なのに。

Re:Re:日銀のマイナス金利
guyver1092
 世界経済が縮小すること自体はエコロジカルフットプリントの点から考えれば喜ばしいことです。しかし、経済システムが経済成長を目指す仕組みの中で縮小を始めれば、庶民は不幸になり、悪逆な資本家はその不満を利用して、マンガサイボーグ009に出てきたブラックゴースト団のように戦争を操って、自らのみは成長しようとするでしょう。すでにアメリカは軍需産業が儲けを出していますし、日本もこれに参加するための準備を着々と進めていますね。
 この流れを何とかするには、マイナス成長の経済システムに切り替えるしかないのではないかと考えています。

Re:禅の教え
雑草Z
 爽風上々さんの先のコメントで、

>「働かざるもの食うべからず」

が、禅宗の教えだった事、及び

>考えずに働くことで悟りに近づくという思想

が、私にとって新たな知識でした。

さらに今回のコメントの

>作業をしながらの修行といのは、座禅での修行ばかりがあまりにも強調されすぎていたことへの批判を含めて言われてきたこと

も初耳でした。言われてみればさもありなんな事ですが・・

>日常の仕事に追いまくられて考えるべきことも考えられないというのは、そのような段階の話でもなくさらに下位の世界でしょう。 「自主的な奴隷」のようなものです。

世の中このような方が非常に多いように感じます。仕事をしっかりやり、仕事で成果を挙げれば、一角の人間だと評価されると思っています。

かく言う私も、日々の雑事に追われたり、 仕事優先になってしまい、社会の不幸に目を向けても、そこまで止まりで収まる事が殆どです。それじゃあ駄目ですね。





Re:Re:Re:日銀のマイナス金利
雑草Z
>経済システムが経済成長を目指す仕組みの中で縮小を始めれば、庶民は不幸になり、悪逆な資本家はその不満を利用して・・・・・戦争を操って、自らのみは成長しようとするでしょう。

のコメントは、現状をよく分析されて、本質をえぐり出していると思われます。

>すでにアメリカは軍需産業が儲けを出していますし、日本もこれに参加するための準備を着々と進めていますね。

とんでもない方向に突き進んでいますね。文明崩壊への道です。

>この流れを何とかするには、マイナス成長の経済システムに切り替えるしかないのではないかと考えています。

マイナス金利に対する評価はまだ保留でしたが、guyver1092さんのコメントには説得力があり、マイナス金利は脱成長への必要過程なのだと考えるようになりました。
利子が付くのが当然と言う考え方は、近代、現代社会の洗脳なのでしょうね。




論旨を元に戻し
爽風上々
最初から脱線させて申し訳なかったのですが、本来の論旨について少し考えてみました。

金儲けのことばかり考えている権力者層はどうしようもないでしょうが、それに使われているのに日々の仕事に追いまくられ、本当に考えるべき人類の行く末について何も考えられない状態が問題ということでしょう。

ただし、これには相当な障害物があります。
国家の主権が民衆にあるという建前になっているところでは、一応は責任も民衆にあるのですが、そういった国ばかりではありません。
北朝鮮では人類の将来を考える先に明日生きていく道を考えるので精一杯でしょう。
中国もそれほど差があるわけではないようで、主権は共産党にあり国民はそれに従うだけです。
こういった国々では人類の将来を考える前に圧制者の打倒を考えなければなりません。

一応民主主義国家で国民に主権というものがあるという建前になっている国で、主権者たるものが何も考えていないという問題が本来のここで取り上げている主題でしょう。(ここまでで人類の60%以上は外れるようです)

しかし、現代の民主主義国家ではその全てにおいて代議制が取られており、任期3年か4年の期限が切れる前の改選が庶民と政治との関与であるのはほぼ世界的に同様です。
私がこの前から何度か話しているように、これが民主政治の大問題になっています。
ほとんど自分の思想とは異なる候補者に任せざるを得ない代議制では政治への関心も投票時だけに限られてしまうのも有りがちなものでしょう。

細かい問題を調整するだけの代議員を選ぶのは仕方ないとしても、重大な問題は直接の国民投票で決定すべきではないでしょうか。
現代ではIT技術の進歩で投票も瞬時に集計することも可能になっています。ある程度の重大問題はすべて国民投票にかけることとし、その決定には全ての議員と政府が従わなければならないとすれば、国民の政治意識もまったく違うものとなるでしょう。

たとえば、原発稼働はおそらく瞬時に不可となるでしょうし、安保法制も廃案となるでしょう。

こういった制度を確立すれば否応なしに国民の政治意識は高まると思いますが。

内戦やパナマ文書
団塊親爺の遺言
 世界の指導者たちはいつも口当たりの好い事を謳っている

そんな中、世界で一番貧しい大統領が来日した ホセ・ムヒカさん
今の権力者たち全員に爪の垢でも飲ませたいものです

内戦で死の恐怖の中で逃げ出す事も出来ない多くの難民たちを
救う事も出来ない世界 その内戦で潤う武器商人たち・・
シリアで逃げ出す事の出来ない人たちは地獄で生きている様な
ものでしよう・・人類の質が非常に堕ちて来ています

神も仏も現れないなら・・宇宙人でも良いから圧倒的な力で
この世の浄化をお願いしたいと想うのは私だけ・・
日本だけが平和なのだとは到底 思われない パナマ文書で暴かれる
人間たちは大勢いて自分さえ良ければ良しとする考えの横行
今の世界は既に救い様の無い世界かも・・


Re:論旨を元に戻し
雑草Z
>金儲けのことばかり考えている権力者層はどうしようもない

このあたりをしっかり排除しないと問題の根本解決はないでしょう。

>日々の仕事に追いまくられ、本当に考えるべき人類の行く末について何も考えられない状態が問題ということ

はい、かく言う私も、通常の通りの業務を上手くやろうとばかり考えてると、ここのサイトの更新はおろか、コメントのお返事までおろそかになってしまいます。

>ほとんど自分の思想とは異なる候補者に任せざるを得ない代議制では政治への関心も投票時だけに限られてしまうのも有りがちなものでしょう

本記事はそこまで考えて書いた訳ではありませんが、爽風上々さんは確かに繰り返しこの第犠牲の欠点に関して言及されておりますね。

>ある程度の重大問題はすべて国民投票にかけることとし、その決定には全ての議員と政府が従わなければならないとすれば、国民の政治意識もまったく違うものとなるでしょう。

確かにそれは一つの有効な方法でしょう。

>IT技術の進歩で投票も瞬時に集計することも可能

そうですね。一方、不正をどうやって防ぐかも問題です。(現行の投票もそうですが・・・)

>原発稼働はおそらく瞬時に不可となるでしょうし、安保法制も廃案となるでしょう。

これは確かにドイツのように国民投票すべきですね。選挙活動で争点にしないで、政権を取ってから表沙汰にする現政権のような詐欺的政策を阻止する有効な方法でしょうね。



ホセ・ムヒカ氏
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

ホセ・ムヒカ氏の来日の情報有難う御座います。
ラテン・アメリカ各国の首相についてはとても関心を持って見ている私ですが、
 ベネズエラのウゴ・チャベス大統領亡き後、ウルグアイのホセ・ムヒカ氏には大いに関心を持っていました。ここのところ、彼に関する書物は子供向けのものまで、何冊か一気に集めました。

 ただ、今回の来日の事は知らなかったので、
団塊親爺の遺言様からコメントを戴き、感謝します。

 早速テレビ番組を調べたら、今晩(4月10日)Mr.サンデーと言う番組でやると分かったので、期待して見てみました。ホセ・ムヒカ氏の主張の一部の表面的な部分を、偏向レンズでクローズアップして、彼の本当の主張から視点を逸らせていて、残念でした。あの番組のスタッフは日本のマスコミの恥さらしと言えましょう。折角来日したホセ氏に対して申し訳ない事をしたと感じました。

 ホセ氏の人生は壮絶で、13年間場所を変えて投獄させられました。牢獄と言うよりも、トイレも無い狭い掘りと言う感じのところだったらしく、ホセ氏は半ば発狂したとのことです。長年のゲリラ活動と義賊的活動、想像を絶する牢獄生活・・・と何から何まで真似の出来ない凄い方だと思います。


そりゃないよ獣医さん
リタイヤーしたか?

階段の一歩へ
団塊親爺の遺言
 ご無沙汰で御座います

この世界の造られた仕組みに一矢を放ち9年目に・・

ようやく様々な処より認められて来た様です

農薬剤の酷さを訴えるだけでは駄目な事

それに代わる良いものを世の中に送り ある程度の

評価が出て来ました 巨大な壁に一穴を空けたのでは・・

レイチェルカーソンさんに届けたい私の解決策

やっとその扉に手を懸けた処でしようか・・?

害虫対策に農薬剤は不要  毒ガスメーカーにNO

と言える効果を発信して来られたのもあなたのお陰です

まだまだこれからです 宜しくご指導をお願い致します



死んだのか?
そりゃないよ獣医さん
勢いよく書いてたが、突如いなくなって、あんた死んだのか?


そりゃないよ獣医さん
死んだの?


名乗らず
爽風上々さん
民主政治の問題点の確信をついていると思います。何を持って重大な問題とするかは、議論の余地がありますが…最近の国の施策は経済政策と環境対策の両立を図ろうとしているように思います。(個人的には現時点での割合は経済8:環境:2)雑草z
さんの思想とは外れるかもしれませんが5:5(両立)が理想だと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日銀のマイナス金利
 最近、検索語は忘れましたが経済について検索をかけたところ、日銀のマイナス金利政策で、世界の経済の潮流が変わり、経済縮小が始まったという分析を読みました。書いていたのは、経済成長至上主義を持つ人と思われましたが、水野和夫氏の「国債の長期金利は経済成長率と一致する」との分析と同じ考えでした。
 人間の経済の基盤である地球の大きさを押しつぶすほど大きくなったため、物理的な制約により縮小が始まっていると考えます。それなのにこのことを認めず、あくまでも経済成長を促進する政策を「業務は平常通り[Business As Usual] 」的に促進することは、自滅への道を暴走することに他ならないでしょうね
2016/03/29(Tue) 21:20 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:日銀のマイナス金利
>世界の経済の潮流が変わり、経済縮小が始まったという分析

その分析が当たっていれば嬉しい事です。

>あくまでも経済成長を促進する政策を「業務は平常通り[Business As Usual] 」的に促進することは、自滅への道を暴走することに他ならないでしょうね

その暴走真っただ中の日本、そして世界ですね。
バブリーな「通常業務」は早急に止めるべきですね。
このguyver1092さんのコメントの最後の一文は、私の書いた記事の最後の結論に相応しいですね。
2016/03/29(Tue) 23:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
頭を使うということ
私も日々痛感していることが、社会のほとんどの人が日頃はほとんど頭を使わずに日常に流されているということです。
その間に事態はどんどんと進んで(悪化して)いきます。
かつての封建時代や社会主義国家(現代の中国を含む)では庶民は考えたとしても何も動かすことはできないという状況であったことも多いのですが、現在はなんと「主権在民」であり自分たちの投票で社会を動かすことができるのです。(可能性としては、無いではないという程度)

そんなわけですから、ブツブツ文句を言うだけでなくどうすれば良いのか頭を使って考えてみれば良いのですが、簡単には行きません。

一つ問題なのは、東アジアには禅宗仏教の伝統がありそこでは考えずに働くことで悟りに近づくという思想があることです。
禅宗では「働かざるもの食うべからず」という基本思想のもと、農作業や食事の支度、掃除などすべてを修行とみなして頭を空にして高僧も皆取り組むということがあります。

どのような社会であるべきかなどということを日々考え続け、もがき続けるなどという姿勢はとても禅の境地とは相容れないのですが、さて、どちらの態度を取るべきでしょうか。
2016/03/30(Wed) 11:12 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
Re:頭を使うということ
>社会のほとんどの人が日頃はほとんど頭を使わずに日常に流されているということ

一般庶民は、日々の仕事、雑事に追われて「社会全体・環境の事は政府が考えてくれる」と思い、
 その政府の指導者(エリート)は、私腹を肥やし、目先の利益ばかり考え「業務は通常通り」

つまり、大局的な将来の事をしっかり考えている人は殆どいない状態ですね。「発展」だと思っていたものが、「崩壊の始まりだったと悟ったときには既に遅し・・・

>「働かざるもの食うべからず」

が禅宗の教えだったのですね!初めて知りました。 そう考えると無我の境地を求める禅宗も、社会を破局に導く恐れがあると言う事ですね!…新たな知識です。有難う御座います。
2016/03/31(Thu) 22:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
禅の教え
ちょっと不適切な引用の仕方をしてしまい、禅が社会の破局につながるといった印象を与えてしまったようで、申し訳ありません。

本当の意味での無我の境地での作業というものは社会の矛盾を考えるということとは違ったレベルの話で、禅の悟りに達した修行者は社会の不幸にも目を向けているのは当然の話です。
自らの悟りだけでそのような社会を思いやることができないのは、生半可な修行者でしょう。

作業をしながらの修行といのは、座禅での修行ばかりがあまりにも強調されすぎていたことへの批判を含めて言われてきたことです。行住坐臥(座っていても寝ていても、仕事をしていても)悟りを開くための修行をしているというものが推奨されました。
しかし、それも行き過ぎると仕事をしていればそれで良しという風潮にもつながったのでしょう。
いずれも禅宗修行者でも低レベルの話です。

まあ、日常の仕事に追いまくられて考えるべきことも考えられないというのは、そのような段階の話でもなくさらに下位の世界でしょう。
「自主的な奴隷」のようなものです。
本当は自分たちが主権者なのに。
2016/04/01(Fri) 08:14 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
Re:Re:日銀のマイナス金利
 世界経済が縮小すること自体はエコロジカルフットプリントの点から考えれば喜ばしいことです。しかし、経済システムが経済成長を目指す仕組みの中で縮小を始めれば、庶民は不幸になり、悪逆な資本家はその不満を利用して、マンガサイボーグ009に出てきたブラックゴースト団のように戦争を操って、自らのみは成長しようとするでしょう。すでにアメリカは軍需産業が儲けを出していますし、日本もこれに参加するための準備を着々と進めていますね。
 この流れを何とかするには、マイナス成長の経済システムに切り替えるしかないのではないかと考えています。
2016/04/01(Fri) 18:52 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:禅の教え
 爽風上々さんの先のコメントで、

>「働かざるもの食うべからず」

が、禅宗の教えだった事、及び

>考えずに働くことで悟りに近づくという思想

が、私にとって新たな知識でした。

さらに今回のコメントの

>作業をしながらの修行といのは、座禅での修行ばかりがあまりにも強調されすぎていたことへの批判を含めて言われてきたこと

も初耳でした。言われてみればさもありなんな事ですが・・

>日常の仕事に追いまくられて考えるべきことも考えられないというのは、そのような段階の話でもなくさらに下位の世界でしょう。 「自主的な奴隷」のようなものです。

世の中このような方が非常に多いように感じます。仕事をしっかりやり、仕事で成果を挙げれば、一角の人間だと評価されると思っています。

かく言う私も、日々の雑事に追われたり、 仕事優先になってしまい、社会の不幸に目を向けても、そこまで止まりで収まる事が殆どです。それじゃあ駄目ですね。



2016/04/02(Sat) 21:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:日銀のマイナス金利
>経済システムが経済成長を目指す仕組みの中で縮小を始めれば、庶民は不幸になり、悪逆な資本家はその不満を利用して・・・・・戦争を操って、自らのみは成長しようとするでしょう。

のコメントは、現状をよく分析されて、本質をえぐり出していると思われます。

>すでにアメリカは軍需産業が儲けを出していますし、日本もこれに参加するための準備を着々と進めていますね。

とんでもない方向に突き進んでいますね。文明崩壊への道です。

>この流れを何とかするには、マイナス成長の経済システムに切り替えるしかないのではないかと考えています。

マイナス金利に対する評価はまだ保留でしたが、guyver1092さんのコメントには説得力があり、マイナス金利は脱成長への必要過程なのだと考えるようになりました。
利子が付くのが当然と言う考え方は、近代、現代社会の洗脳なのでしょうね。


2016/04/02(Sat) 21:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
論旨を元に戻し
最初から脱線させて申し訳なかったのですが、本来の論旨について少し考えてみました。

金儲けのことばかり考えている権力者層はどうしようもないでしょうが、それに使われているのに日々の仕事に追いまくられ、本当に考えるべき人類の行く末について何も考えられない状態が問題ということでしょう。

ただし、これには相当な障害物があります。
国家の主権が民衆にあるという建前になっているところでは、一応は責任も民衆にあるのですが、そういった国ばかりではありません。
北朝鮮では人類の将来を考える先に明日生きていく道を考えるので精一杯でしょう。
中国もそれほど差があるわけではないようで、主権は共産党にあり国民はそれに従うだけです。
こういった国々では人類の将来を考える前に圧制者の打倒を考えなければなりません。

一応民主主義国家で国民に主権というものがあるという建前になっている国で、主権者たるものが何も考えていないという問題が本来のここで取り上げている主題でしょう。(ここまでで人類の60%以上は外れるようです)

しかし、現代の民主主義国家ではその全てにおいて代議制が取られており、任期3年か4年の期限が切れる前の改選が庶民と政治との関与であるのはほぼ世界的に同様です。
私がこの前から何度か話しているように、これが民主政治の大問題になっています。
ほとんど自分の思想とは異なる候補者に任せざるを得ない代議制では政治への関心も投票時だけに限られてしまうのも有りがちなものでしょう。

細かい問題を調整するだけの代議員を選ぶのは仕方ないとしても、重大な問題は直接の国民投票で決定すべきではないでしょうか。
現代ではIT技術の進歩で投票も瞬時に集計することも可能になっています。ある程度の重大問題はすべて国民投票にかけることとし、その決定には全ての議員と政府が従わなければならないとすれば、国民の政治意識もまったく違うものとなるでしょう。

たとえば、原発稼働はおそらく瞬時に不可となるでしょうし、安保法制も廃案となるでしょう。

こういった制度を確立すれば否応なしに国民の政治意識は高まると思いますが。
2016/04/08(Fri) 21:35 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
内戦やパナマ文書
 世界の指導者たちはいつも口当たりの好い事を謳っている

そんな中、世界で一番貧しい大統領が来日した ホセ・ムヒカさん
今の権力者たち全員に爪の垢でも飲ませたいものです

内戦で死の恐怖の中で逃げ出す事も出来ない多くの難民たちを
救う事も出来ない世界 その内戦で潤う武器商人たち・・
シリアで逃げ出す事の出来ない人たちは地獄で生きている様な
ものでしよう・・人類の質が非常に堕ちて来ています

神も仏も現れないなら・・宇宙人でも良いから圧倒的な力で
この世の浄化をお願いしたいと想うのは私だけ・・
日本だけが平和なのだとは到底 思われない パナマ文書で暴かれる
人間たちは大勢いて自分さえ良ければ良しとする考えの横行
今の世界は既に救い様の無い世界かも・・
2016/04/09(Sat) 14:36 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:論旨を元に戻し
>金儲けのことばかり考えている権力者層はどうしようもない

このあたりをしっかり排除しないと問題の根本解決はないでしょう。

>日々の仕事に追いまくられ、本当に考えるべき人類の行く末について何も考えられない状態が問題ということ

はい、かく言う私も、通常の通りの業務を上手くやろうとばかり考えてると、ここのサイトの更新はおろか、コメントのお返事までおろそかになってしまいます。

>ほとんど自分の思想とは異なる候補者に任せざるを得ない代議制では政治への関心も投票時だけに限られてしまうのも有りがちなものでしょう

本記事はそこまで考えて書いた訳ではありませんが、爽風上々さんは確かに繰り返しこの第犠牲の欠点に関して言及されておりますね。

>ある程度の重大問題はすべて国民投票にかけることとし、その決定には全ての議員と政府が従わなければならないとすれば、国民の政治意識もまったく違うものとなるでしょう。

確かにそれは一つの有効な方法でしょう。

>IT技術の進歩で投票も瞬時に集計することも可能

そうですね。一方、不正をどうやって防ぐかも問題です。(現行の投票もそうですが・・・)

>原発稼働はおそらく瞬時に不可となるでしょうし、安保法制も廃案となるでしょう。

これは確かにドイツのように国民投票すべきですね。選挙活動で争点にしないで、政権を取ってから表沙汰にする現政権のような詐欺的政策を阻止する有効な方法でしょうね。

2016/04/11(Mon) 00:03 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ホセ・ムヒカ氏
    団塊親爺の遺言さん

ホセ・ムヒカ氏の来日の情報有難う御座います。
ラテン・アメリカ各国の首相についてはとても関心を持って見ている私ですが、
 ベネズエラのウゴ・チャベス大統領亡き後、ウルグアイのホセ・ムヒカ氏には大いに関心を持っていました。ここのところ、彼に関する書物は子供向けのものまで、何冊か一気に集めました。

 ただ、今回の来日の事は知らなかったので、
団塊親爺の遺言様からコメントを戴き、感謝します。

 早速テレビ番組を調べたら、今晩(4月10日)Mr.サンデーと言う番組でやると分かったので、期待して見てみました。ホセ・ムヒカ氏の主張の一部の表面的な部分を、偏向レンズでクローズアップして、彼の本当の主張から視点を逸らせていて、残念でした。あの番組のスタッフは日本のマスコミの恥さらしと言えましょう。折角来日したホセ氏に対して申し訳ない事をしたと感じました。

 ホセ氏の人生は壮絶で、13年間場所を変えて投獄させられました。牢獄と言うよりも、トイレも無い狭い掘りと言う感じのところだったらしく、ホセ氏は半ば発狂したとのことです。長年のゲリラ活動と義賊的活動、想像を絶する牢獄生活・・・と何から何まで真似の出来ない凄い方だと思います。
2016/04/11(Mon) 00:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
リタイヤーしたか?
2016/07/04(Mon) 00:02 | URL  | そりゃないよ獣医さん #RbQvinRU[ 編集]
階段の一歩へ
 ご無沙汰で御座います

この世界の造られた仕組みに一矢を放ち9年目に・・

ようやく様々な処より認められて来た様です

農薬剤の酷さを訴えるだけでは駄目な事

それに代わる良いものを世の中に送り ある程度の

評価が出て来ました 巨大な壁に一穴を空けたのでは・・

レイチェルカーソンさんに届けたい私の解決策

やっとその扉に手を懸けた処でしようか・・?

害虫対策に農薬剤は不要  毒ガスメーカーにNO

と言える効果を発信して来られたのもあなたのお陰です

まだまだこれからです 宜しくご指導をお願い致します

2016/07/10(Sun) 16:58 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
死んだのか?
勢いよく書いてたが、突如いなくなって、あんた死んだのか?
2016/08/26(Fri) 22:03 | URL  | そりゃないよ獣医さん #RbQvinRU[ 編集]
死んだの?
2016/09/14(Wed) 00:01 | URL  | そりゃないよ獣医さん #RbQvinRU[ 編集]
爽風上々さん
民主政治の問題点の確信をついていると思います。何を持って重大な問題とするかは、議論の余地がありますが…最近の国の施策は経済政策と環境対策の両立を図ろうとしているように思います。(個人的には現時点での割合は経済8:環境:2)雑草z
さんの思想とは外れるかもしれませんが5:5(両立)が理想だと思っています。
2017/02/08(Wed) 01:07 | URL  | 名乗らず #CF6YOFRE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。