-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2015-09-05 22:13
8月30日のこれまでで最大規模だった戦争法案反対デモの報道を日本の多くのTV局・・特にNHKが殆ど報道しかしなかった・・・という事がネットで批判されています。現場からリアルタイムで放送した大手TV局は一つも無かったとの事です。そしてその日の夜のニュースや翌朝のニュースでもトップニュースとしては扱わなかったどころか、スポーツの話題よりも短時間しか時間を割かなかった局も多かったようです。特に酷かったNHKは、当日夜7時のニュースでは、オープニングでは紹介せず、3番目くらいにほんの2~3分報道しただけです。翌朝7時のニュースでも、ほんの1分も放送せず、それっきりだったとの事です。イギリスBBCやCNN Todayでは共にトップニュース扱いで、動画や写真、も1~2時間ごとにどんどん更新して繰り返し報道したとの事です。

このあり様を目の当たりにして、ネットの掲示板等では、日本の報道が物凄く偏向している事に気が付いた、とか、報道が権力側の手に落ちている証拠である・・・という事が盛んに書きこまれていました。気付くのが遅すぎる感もあります。遅くとも、4年前の3.11原発震災後の原発に関する報道で日本のマスコミの多くがどうしようもないマスゴミであった事に気が付いた筈です。反原発デモは、原発震災の直ぐ後から、現在まで途切れることなく続いています。霞が関経済産業省前~国会前での金曜反原発デモは、毎週一度も欠かさず続いています。国会前だけでなく全国の多くの場所で金曜の脱原発デモは定着しています。マスコミの多くが無視しているだけなのです。この4年間に数万人規模まで膨らんだ脱原発デモは数多くありましたが、殆どのマスコミは無視して来ました。そしてやはり、その無視の度合いが極端に酷いのは、NHKです。それから日本テレビ、読売、産経新聞(この2紙は今回の戦争法案反対デモの国会前の空撮写真も載せませんでした。)NHKに関しては2014年始めに就任した籾井会長が、安倍政権べったりと批判されています。確かに籾井氏は最悪の実業家の類でしょうし、今回のデモのここまでの無視は彼の方針に従っているとは思いますが、彼の就任以前のNHKの報道も、かなり政府寄り・・というか、財界、経団連寄りでした。犬HKと言う蔑称は、籾井会長就任よりずっと以前に浸透していたのです。【原発報道と御用メディア犬HK
夏の終わりの試金石】に書いたように、反戦争法案デモはこの夏が近付いた頃からかなり盛り上がって、マスコミも無視出来なくなって来た筈ですが、蓋を開けて見ると~確かに完全無視は出来なかったようですが~NHKや日テレ系列は勿体程度のかなりな軽視でした。「舐めた真似」と言えるでしょう。もうNHKは完全に信頼を失いました。
(それに対し、東京新聞は流石にしっかりと報道していました。毎日、朝日新聞も第一面に写真を載せていたし、TBS、テレビ朝日も翌日以降、検証報道を行っていました。東京新聞なら読むに値する・・・と思います。)

「マスコミは権力の番人」なんて言葉は死語となってしまった感があります。大手の民間TV局は営利団体であり、所詮スポンサーの為のメディアです。それに対し、政府からの独立性を保つ為に受信料を別に集めていると言う建前のNHKが政府の御用放送局になり下がってしまったのです。もうとっくに受信料を払う価値は無いでしょう。
国境なき記者団が評価する日本の報道の自由度ランキングがかなり下がった(50位以下)のも頷けます。

現在の大手テレビ局はスポーツやドラマ等娯楽番組を流す専門のマスメディアと考えた方がいいようです。大手民間TV局の報道姿勢は、それぞれのスポンサーの御用メディア、NHKは政府と財界の御用メディアになり下がり、ニュースを見る価値は無くなりました。権力者がマスメディアを操ろうと考えるのは当然のことで、そこでなびいてしまったマスメディアはそれまででしょう。
大手テレビ局が信頼出来なくなって久しくなります。そう言えば、3.11の翌年あたりからNHKをはじめTVのニュースをあまり見なくなりました。専らネットの信頼しているサイトで見ています。勿論ガセネタもネットのほうが多いでしょうが、信頼出来る情報もネットのほうが探せます。社会のニュースを報道すると言うテレビの役割は終焉を迎えたと言えるでしょう。
テレビのニュースが信頼を取り戻すには、Open Journalism や Public Access などが必要だと感じますが、それもネット(ネットTV)のほうが得意でしょう。日本の大手TVでは行われていないOpen Journalism や Public Access も、ネットでは積極的に導入されています。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/09/05 22:13】 | 時事問題 トラックバック(0) |

湾岸戦争時
guyver1092
 湾岸戦争時、犬HKと民放で、報道する陣営に大きな偏りがあるとの記事を読んだことがありましたが、その当時の反省のもとに、今回はすべてのテレビ局を裏での統一に成功したようですね。この調子で、全ての新聞、全ての週刊誌まで統一することが出来れば、戦前回帰が完成・・・・まだ不足ですね。中国が現在行っているネットの検閲を完成させるとさすがに完ぺきでしょう。
 おそらく、一連の反対デモでは、政権に安保法の断念をさせることはできないとであろうと予想しています。(反対の意思表示はしていくつもりですが)
 法案が通らない場合にどんなシュチュエーションがあるか想像してみましたが、日本経済が突如崩れて、下痢が再発するぐらいしか思いつきません。
 日本国民は、経済に目がくらみ、最悪の首相を選んだ付けを受け取っているのだと実感しています。

Re:湾岸戦争時
雑草Z
その頃はまだ、ニュースの放送局を意識していませんでした。だから、既に犬HKが自民党御用達放送局だったとは気が付きませんでした。情報有難う御座います。NHKが犬HKと呼ばれるようになったのは、3.11以降ではなく、もっと早くからだったのかも知れませんね。・・・でも、現在ほどあからさまでは無かったでしょう。やはり、ネット情報は重要ですね。・・・そんなネットの検閲もいつ起こっても不思議ではありませんね。・・・と言うよりも日本でも既に始まっていますね。


>おそらく、一連の反対デモでは、政権に安保法の断念をさせることはできないとであろうと予想しています

妥当な読みだと思います。そしてその場合でも

>反対の意思表示はしていくつもり

は非常に大切ですね。

>法案が通らない場合にどんなシュチュエーションがあるか想像してみましたが、日本経済が突如崩れて、下痢が再発するぐらいしか思いつきません。

これまた妥当な洞察だと思います。・・・そして、経済崩壊は既に始まってますから、可能性は否定出来ませんね。景気の波が続くように見えて、段々と落ちて来て、気が付くと崩壊に歯止めを止められなくなっていると予測します。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
湾岸戦争時
 湾岸戦争時、犬HKと民放で、報道する陣営に大きな偏りがあるとの記事を読んだことがありましたが、その当時の反省のもとに、今回はすべてのテレビ局を裏での統一に成功したようですね。この調子で、全ての新聞、全ての週刊誌まで統一することが出来れば、戦前回帰が完成・・・・まだ不足ですね。中国が現在行っているネットの検閲を完成させるとさすがに完ぺきでしょう。
 おそらく、一連の反対デモでは、政権に安保法の断念をさせることはできないとであろうと予想しています。(反対の意思表示はしていくつもりですが)
 法案が通らない場合にどんなシュチュエーションがあるか想像してみましたが、日本経済が突如崩れて、下痢が再発するぐらいしか思いつきません。
 日本国民は、経済に目がくらみ、最悪の首相を選んだ付けを受け取っているのだと実感しています。
2015/09/08(Tue) 21:22 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:湾岸戦争時
その頃はまだ、ニュースの放送局を意識していませんでした。だから、既に犬HKが自民党御用達放送局だったとは気が付きませんでした。情報有難う御座います。NHKが犬HKと呼ばれるようになったのは、3.11以降ではなく、もっと早くからだったのかも知れませんね。・・・でも、現在ほどあからさまでは無かったでしょう。やはり、ネット情報は重要ですね。・・・そんなネットの検閲もいつ起こっても不思議ではありませんね。・・・と言うよりも日本でも既に始まっていますね。


>おそらく、一連の反対デモでは、政権に安保法の断念をさせることはできないとであろうと予想しています

妥当な読みだと思います。そしてその場合でも

>反対の意思表示はしていくつもり

は非常に大切ですね。

>法案が通らない場合にどんなシュチュエーションがあるか想像してみましたが、日本経済が突如崩れて、下痢が再発するぐらいしか思いつきません。

これまた妥当な洞察だと思います。・・・そして、経済崩壊は既に始まってますから、可能性は否定出来ませんね。景気の波が続くように見えて、段々と落ちて来て、気が付くと崩壊に歯止めを止められなくなっていると予測します。

2015/09/08(Tue) 21:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。