-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2015-03-29 00:01
サイコパスとは、一言で言えば「良心の呵責を感じない人」と私は解釈していますが、ネットで調べてみると、もう少し細かい定義が見つかります。
・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

です。社会を動かしている人々・・・組織の上層部・・にサイコパスが沢山入り込んでいると感じています。国や自治体の上層部、官公庁、企業のトップに沢山のサイコパスらしき人が入り込んでいるように感じます。そうでなければ、これほどモラルハザード的な事が次々に起こらないでしょう。
例えば
原発の安全コストを次々とカットさせて、それが直接の原因で、地震で原発が持たずに深刻な事故を起こしたら、海外に移住して悠々自適の生活を送っている元電力会社の会長や社長・・・普通なら、責任を感じて精神を病んでしまうでしょう。
原発の汚染水が太平洋にたれ流し状態になっているのに、「汚染水はコントロールされている」と言ってのける某国首相・・・普通の人なら世界の人々にこれだけ見え見えの嘘をついたら夜も眠れないでしょう。
遺伝子組み換え作物の特許を取って、それを売る為に、政府にどんどんロビイストを派遣して次々にとんでもない事・・・「固定種の作物は市場に流通させてはいけない」とか「遺伝子組み換えでない事を表記してはいけない」とか「遺伝子組み換え作物の花粉が飛んで他の畑の作物と受粉したら、それは遺伝子組み換え作物の特許を持っている企業の管理下に置かれる」とか、およそ理不尽な法律を合法化する企業のトップ。そもそも、生態系に対する悪影響を考えたら、恐ろしくてこんな事業は出来ないでしょう。
ごく一部の例を挙げましたがこのような例は枚挙に暇が無いでしょう。
勿論人間には欲望がありますから、他の人よりも秀でたい、多くの収入が欲しい、いい暮らしがしたい、名誉が欲しい・・・と言う欲望は否定出来ません。
しかし、そんな自分の欲望実現のために、他の人が多大な犠牲を払う・・と判ったら、普通の人ならば自分のエゴを通す事を躊躇し、止めるでしょう。そのブレーキ・・・「良心の呵責」がなくて、逆に他の人の犠牲を踏み台にのし上がろうとする人々がいわゆるサイコパスでしょう。

組織の上層部の人々が、一般の呼称として「偉い人」と俗に言われますが、
彼らサイコパスは偉い筈もありません。それどころか社会に大いなる迷惑と災禍をもたらす「とんでもな」人達でしょう。
昔から色々な組織のトップや上層部にサイコパスが入り込んでいたでしょうが、現代はその傾向が非常に強いように感じます。科学技術が肥大化した現代社会で、サイコパスに社会を動かされ続けたら確実に文明は崩壊するでしょう。サイコパスが社会の上層部に登れない仕組みが必要だと感じる今日この頃です。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/03/29 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

希望を失わず
爽風上々
どうもこのところ難しいお題ばかりですね。
サイコパスと表現した人々は政治家や経済界トップなどとお見受けしました。そのような立場に登るには普通の人間では及びもつかないような資質が必要で、そうでなければ低い位置で挫折するか淘汰されてしまうでしょう。世襲政治家が多いのも遺伝的に解釈できるかも知れません。そういった段階を経て選抜された「サイコパス」がどうしても社会中枢に居座ってしまいます。

とはいえ、そういった連中に支配されている社会と言うものも困ったものなのですが、アメリカはともあれ、日本では政治家の基盤など簡単に崩せることは判りました。民主党政権に代わったことでそのようなボス的な支配体制は終わるかと思ったのですが、彼らの存在をかけた闘争で民主党は葬られもとの木阿弥となりました。それでも可能性としてはまだ無くなったわけではありません。
まあ民主党のメンバーも負けず劣らずの資質だったようですが。

企業のトップ人事にも外からは触れることが出来ないようですが、今のような大企業の操り人形のような政治にピリオドを打てれば適正な税制を駆使してグローバル企業と言えど力を弱めることはできそうです。そうなれば間接的ですが企業もコントロールすることは可能です。

その全てが民主主義という現在の体制にかかっています。色々なものに目をくらまされ、また目隠しをされているような選挙有権者が目を開けば打破は不可能ではありません。
もちろん非常に厳しい闘いでしょうが道はあるものと思います。

Re:希望を失わず
雑草Z
    爽風上々さん

上手く表現出来なかった部分のある記事の内容を補って余りあるコメント有難う御座います。それらの表現を本文に使っていたら、もっと充実した内容になっていたことでしょう

>そのような立場に登るには普通の人間では及びもつかないような資質が必要で、そうでなければ低い位置で挫折するか淘汰されてしまうでしょう
>そういった段階を経て選抜された「サイコパス」がどうしても社会中枢に居座ってしまいます。

まさにその通りです。漠然と感じていた事を的確な表現で表わして戴いて有難う御座います。

>アメリカはともあれ、日本では政治家の基盤など簡単に崩せることは判りました。

確かに、アメリカはプロパガンダが上手いだけで、理想国家とは程遠く、サイコパス国家としての基盤が出来上がってますね。オバマ大統領誕生で、少しはそれを打破するとは思いましたが・・・日本の民主党と似たようなものでした。それに比べて確かに日本は可能性はより高いでしょう。

>今のような大企業の操り人形のような政治にピリオドを打てれば適正な税制を駆使してグローバル企業と言えど力を弱めることはできそうです。

是非とも近い将来そのような事が実現して欲しいものです。

今回は記事を補うばかりか、随所に希望が見えるコメント有難う御座います。
結構前々から暖めていた主題でしたが、実際書いてみると表現落ちの感じです。同じタイトルで爽風上々さんが描かれた方が上手くまとめられそうですね。

褒められて伸びる?
爽風上々
私は誉められて伸びるというよりは「誉められると増長する」タイプですので、ほどほどにしてください。

さて、そのようなサイコパスと言えるような政財界の指導者であっても生殺与奪の権利は民主主義の世の中ですので国民が握っていると言えますが(民間企業の指導者であってもそれが可能です)、希望はないとは言えないものの道は遠く霞んでいると言わざるを得ません。

マヤカシの経済政策に騙されたり、選挙の時には原発に全く触れずに済ませた政権になにも異議を唱えず為すがままにされているのもその主権者の国民です。

長らく日本社会を見てきましたが、選挙に関して言えば期待を感じさせた選挙はほとんどありませんでした。
古くは露骨な農業潰しの政策を取っている政権政党に怖ろしいほどに忠実に投票し続けた農民層や、形だけの改革にごまかされた都会の浮動層、郵政選挙に手も無く踊らされたコイズミ選挙など、有権者の愚かさだけが見える状況にはあきらめを覚えるほどです。

時まさに統一地方選に差し掛かるこの時期ですが、特に県議会、市議会の選挙の空虚さには怖ろしくなるほどです。
政策の違いというほどのものもなく、皆が地域発展だけを言うばかり。若年層に選挙棄権が増え、民主主義の危機という指摘もありますが、たしかにどれにも投票する気にもなれないのも間違いありません。

泡沫候補でもよいから自分で立候補して言いたいことを話すというのも選挙の使い方の一つでしょうが、金のない身としてはそのような道楽もできない辛さです。

おっしゃる通り
guyver1092
 高度経済成長時代は指導者の中にはあまりいなかったようなイメージがありますが、経済成長が難しくなるにつれ、指導者層にサイコパス的な人物が増え始めていますね。
 地球の物理的な制限により、経済成長に対しマイナス要素が大きくなるにもかかわらず、無理な経済成長をするためには、搾り取るための層を大きくしなければならないからでしょう。
 しかし、 爽風上々氏の分析通り、過去に日本人は、自分達被支配階級の利益を投げ出す選択をしてきました。更には、日本人は、自民党がする経済政策の失敗はいくらでも許せるようですが、それ以外の政党のする失敗は絶対に許せないようですね。
 私には理解不能の選択ですが、日本人はいつまでも愚かな選択をし続けるのでしょうか。いくら失敗を続けても日本は沈没しないと信じているかのようです。

お付き合いの人生
団塊親爺の遺言
サイコパス的な人は何処にも居ます
例えば信号が赤に成っても止まらない 暗く成ってもライトを
点けない モラルが無いのかボケているのか自分の都合で簡単に
殺人事件迄起こす世の中に・・人の価値感は様々です

選挙の時には素晴らしい言葉で私たちを魅了します
現実はあの泣き喚いた金だけが目的の人の本性でしょう

子供たちに この世の汚さをどう説明すれば良いのでしよう
昔は本当に食べられずに姥捨て山とか人身売買とかが現実でした 
この印刷された紙幣の数字に踊らされる現在の社会・・

サイコパス的な人等は何処にでも居るのでは在りませか・・?
私の66年の人生に於いて汗水を垂らしながら仕事をして
お客に喜んで貰い報酬を頂く人生は間違ってはいなかったのかもです 
その為には多くの失敗や挫折が在り 苦労は伴います

楽しくなければ人生では無い 苦労も踏まえてのやり遂げた
人生は充実感に満ち怖いもの無しの人生に・・
人は人を信じ 嘘の無い付き合いで永い付き合いに・・ 


Re:褒められて伸びる?
雑草Z
>マヤカシの経済政策に騙されたり、選挙の時には原発に全く触れずに済ませた政権になにも異議を唱えず為すがままにされているのもその主権者

確かに、調子のいい事を言う与党に主権者は簡単に踊らされてきましたね。国民が愚かと言ってしまえばそれまでですが、マスコミもそれを助長してきましたね。マスコミの与党批判が手ぬる過ぎますし、ときに与党のよいしょのし過ぎです。

>古くは露骨な農業潰しの政策を取っている政権政党に怖ろしいほどに忠実に投票し続けた農民層

農民の多い都道府県に限って保守王国でしたからね。

>露骨な農業潰しの政策

にも拘らず、気がつかなかったのでしょうか・・?・・かく言う私も、

>露骨な農業潰しの政策

と感じるようになったのは比較的最近です。それまでは私自身その露骨さに気付かなかったという事でしょう。

>形だけの改革にごまかされた都会の浮動層、郵政選挙に手も無く踊らされたコイズミ選挙

確かに裏の目的のために表では体のいい事を言って、それに多数の国民が騙されて来ましたね。

>皆が地域発展だけを言うばかり。

本当にこの手の選挙運動は情けないですね。

××××  ××××  ××××  ××××  ××××

ここ2回のコメントをまとめると一つの読み応えのある記事が出来そうですね。
そんな記事を書かれたら是非そちらのサイトに載せて下さい。

Re:おっしゃる通り
雑草Z
>高度経済成長時代は指導者の中にはあまりいなかったようなイメージがありますが、経済成長が難しくなるにつれ、指導者層にサイコパス的な人物が増え始めていますね。

>地球の物理的な制限により、経済成長に対しマイナス要素が大きくなるにもかかわらず、無理な経済成長をするためには、搾り取るための層を大きくしなければならないから

なるほど、新たな見解ですね。私にはその相関関係が定かではありませんんが、
『無理な経済成長を推し進めるサイコパス』と言う構図はありそうですね。

>日本人は、自民党がする経済政策の失敗はいくらでも許せるようですが、それ以外の政党のする失敗は絶対に許せないようですね。

これこそ、マスゴミの世論誘導ではないでしょうか?自民党、財界、マスコミ、広告代理店の世論誘導ですね。広告代理店はマスゴミ以上に酷いですね。

>日本人はいつまでも愚かな選択をし続けるのでしょうか。いくら失敗を続けても日本は沈没しないと信じているかのようです。

残念ながら、アベノミクスの失敗とその他諸々の安倍政権の失策によって、日本は沈没をはじめそうですね。

Re:お付き合いの人生
雑草Z
>サイコパス的な人は何処にも居ます

そうですね。数年前にちょっと流行った
「良心をもたない人たち」によれば、
“良心をもたないサイコパス”は、25人に一人との事ですからね。まあ、日本人はその平均よりは少ないかとは思いますが、
団塊親爺の遺言さんのおっしゃるように、誰の身近にも何人かはいるのかも知れません。

>子供たちに この世の汚さをどう説明すれば良いのでしよう

私達のように、平和な戦後の日本で生まれた子供達はもっと社会は理想的だと思ってるでしょうから、事実を教えたら、希望を失うかもしれませんんね!?・・でも早い時期から教えないと社会を正常化出来ないでしょうね。

>汗水を垂らしながら仕事をして
お客に喜んで貰い報酬を頂く人生

>昔は労働の対価とはそういうものだと習った筈ですが、サイコパスが作って中心となって運用している社会の「常識」は嫌らしい感じです。

政治家の資質と軍事指導者
爽風上々
政治指導者にサイコパスのような異常者が居たら困りますが、軍事指導者にはどうかというと一概には言えないと感じます。
もちろん、平然とうそをつくとか、責任感がないといったことがあるとダメでしょうが、冷淡であるとか良心の欠如といった性質は歴史上の大きな足跡を残した軍事指導者には見られるようです。
なにしろ、ぎりぎりの戦争で勝利するためには味方であっても犠牲にしても勝つためには省みないで、それに尻込みするようでは勝てなかったのかも知れません。「一将功なりて万骨枯る」というところでしょう。

平時の政治家や経営者がそれでは、国民や部下がたまりませんが、もしかしたらそこまで追い詰められるほどに現代社会は状況が悪化しているのかも知れません。

昔の戦争では、負けると全国民皆殺しとか、奴隷とされるといったことがあり、勝利というものが民族の存続のための必須条件であったことも多かったのですが、現在の経済戦争というものも負けたら奴隷以下の生活かもしれず、そのような段階に来ているのかも知れません。
そのために、良心とか同情心などというものは欠落させた政治経済指導者が出現したと言うことなのでしょう。

だとすると、単にそのような指導者は代えてしまえというだけでは済まないことになります。
この異常なほどの競争に放り込まれるグローバル経済社会自体に何らかの対応を決めなければなりません。


Re:政治家の資質と軍事指導者
雑草Z
>ぎりぎりの戦争で勝利するためには味方であっても犠牲にしても勝つためには省みないで、それに尻込みするようでは勝てなかったのかも知れません。

冷徹な現実ですね。野生の厳しさに通じるものがあります。その意味ではやはり人間は動物なのでしょうか。

>昔の戦争では、負けると全国民皆殺しとか、奴隷とされるといったことがあり、勝利というものが民族の存続のための必須条件であったことも多かったのです

何か蟻どうしの戦争みたいですね。

>もしかしたらそこまで追い詰められるほどに現代社会は状況が悪化しているのかも知れません。

そのような面もあるかも知れませんが、強欲な金融資本家が巨万の富をもっと増やしたい・・・のようなどうしようもない本音もあると思います。

>現在の経済戦争というものも負けたら奴隷以下の生活かもしれず、そのような段階に来ているのかも知れません。

どうでしょうか?多くの人々は・・・少なくとも平和ボケした日本では、そこまで考えている人は殆どいないでしょう。私もそこまでは考えていませんでした。

××××  ××××  ××××  ××××  ××××

ここ2回のコメントに今回のコメントを追加してまとめると、独特な読み応えのある完成した記事になりますね。
ここのコメント欄では勿体ないので、是非まとめられて記事をアップして下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
希望を失わず
どうもこのところ難しいお題ばかりですね。
サイコパスと表現した人々は政治家や経済界トップなどとお見受けしました。そのような立場に登るには普通の人間では及びもつかないような資質が必要で、そうでなければ低い位置で挫折するか淘汰されてしまうでしょう。世襲政治家が多いのも遺伝的に解釈できるかも知れません。そういった段階を経て選抜された「サイコパス」がどうしても社会中枢に居座ってしまいます。

とはいえ、そういった連中に支配されている社会と言うものも困ったものなのですが、アメリカはともあれ、日本では政治家の基盤など簡単に崩せることは判りました。民主党政権に代わったことでそのようなボス的な支配体制は終わるかと思ったのですが、彼らの存在をかけた闘争で民主党は葬られもとの木阿弥となりました。それでも可能性としてはまだ無くなったわけではありません。
まあ民主党のメンバーも負けず劣らずの資質だったようですが。

企業のトップ人事にも外からは触れることが出来ないようですが、今のような大企業の操り人形のような政治にピリオドを打てれば適正な税制を駆使してグローバル企業と言えど力を弱めることはできそうです。そうなれば間接的ですが企業もコントロールすることは可能です。

その全てが民主主義という現在の体制にかかっています。色々なものに目をくらまされ、また目隠しをされているような選挙有権者が目を開けば打破は不可能ではありません。
もちろん非常に厳しい闘いでしょうが道はあるものと思います。
2015/03/30(Mon) 06:01 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
Re:希望を失わず
    爽風上々さん

上手く表現出来なかった部分のある記事の内容を補って余りあるコメント有難う御座います。それらの表現を本文に使っていたら、もっと充実した内容になっていたことでしょう

>そのような立場に登るには普通の人間では及びもつかないような資質が必要で、そうでなければ低い位置で挫折するか淘汰されてしまうでしょう
>そういった段階を経て選抜された「サイコパス」がどうしても社会中枢に居座ってしまいます。

まさにその通りです。漠然と感じていた事を的確な表現で表わして戴いて有難う御座います。

>アメリカはともあれ、日本では政治家の基盤など簡単に崩せることは判りました。

確かに、アメリカはプロパガンダが上手いだけで、理想国家とは程遠く、サイコパス国家としての基盤が出来上がってますね。オバマ大統領誕生で、少しはそれを打破するとは思いましたが・・・日本の民主党と似たようなものでした。それに比べて確かに日本は可能性はより高いでしょう。

>今のような大企業の操り人形のような政治にピリオドを打てれば適正な税制を駆使してグローバル企業と言えど力を弱めることはできそうです。

是非とも近い将来そのような事が実現して欲しいものです。

今回は記事を補うばかりか、随所に希望が見えるコメント有難う御座います。
結構前々から暖めていた主題でしたが、実際書いてみると表現落ちの感じです。同じタイトルで爽風上々さんが描かれた方が上手くまとめられそうですね。
2015/03/31(Tue) 23:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
褒められて伸びる?
私は誉められて伸びるというよりは「誉められると増長する」タイプですので、ほどほどにしてください。

さて、そのようなサイコパスと言えるような政財界の指導者であっても生殺与奪の権利は民主主義の世の中ですので国民が握っていると言えますが(民間企業の指導者であってもそれが可能です)、希望はないとは言えないものの道は遠く霞んでいると言わざるを得ません。

マヤカシの経済政策に騙されたり、選挙の時には原発に全く触れずに済ませた政権になにも異議を唱えず為すがままにされているのもその主権者の国民です。

長らく日本社会を見てきましたが、選挙に関して言えば期待を感じさせた選挙はほとんどありませんでした。
古くは露骨な農業潰しの政策を取っている政権政党に怖ろしいほどに忠実に投票し続けた農民層や、形だけの改革にごまかされた都会の浮動層、郵政選挙に手も無く踊らされたコイズミ選挙など、有権者の愚かさだけが見える状況にはあきらめを覚えるほどです。

時まさに統一地方選に差し掛かるこの時期ですが、特に県議会、市議会の選挙の空虚さには怖ろしくなるほどです。
政策の違いというほどのものもなく、皆が地域発展だけを言うばかり。若年層に選挙棄権が増え、民主主義の危機という指摘もありますが、たしかにどれにも投票する気にもなれないのも間違いありません。

泡沫候補でもよいから自分で立候補して言いたいことを話すというのも選挙の使い方の一つでしょうが、金のない身としてはそのような道楽もできない辛さです。
2015/04/01(Wed) 08:41 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
おっしゃる通り
 高度経済成長時代は指導者の中にはあまりいなかったようなイメージがありますが、経済成長が難しくなるにつれ、指導者層にサイコパス的な人物が増え始めていますね。
 地球の物理的な制限により、経済成長に対しマイナス要素が大きくなるにもかかわらず、無理な経済成長をするためには、搾り取るための層を大きくしなければならないからでしょう。
 しかし、 爽風上々氏の分析通り、過去に日本人は、自分達被支配階級の利益を投げ出す選択をしてきました。更には、日本人は、自民党がする経済政策の失敗はいくらでも許せるようですが、それ以外の政党のする失敗は絶対に許せないようですね。
 私には理解不能の選択ですが、日本人はいつまでも愚かな選択をし続けるのでしょうか。いくら失敗を続けても日本は沈没しないと信じているかのようです。
2015/04/01(Wed) 19:25 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
お付き合いの人生
サイコパス的な人は何処にも居ます
例えば信号が赤に成っても止まらない 暗く成ってもライトを
点けない モラルが無いのかボケているのか自分の都合で簡単に
殺人事件迄起こす世の中に・・人の価値感は様々です

選挙の時には素晴らしい言葉で私たちを魅了します
現実はあの泣き喚いた金だけが目的の人の本性でしょう

子供たちに この世の汚さをどう説明すれば良いのでしよう
昔は本当に食べられずに姥捨て山とか人身売買とかが現実でした 
この印刷された紙幣の数字に踊らされる現在の社会・・

サイコパス的な人等は何処にでも居るのでは在りませか・・?
私の66年の人生に於いて汗水を垂らしながら仕事をして
お客に喜んで貰い報酬を頂く人生は間違ってはいなかったのかもです 
その為には多くの失敗や挫折が在り 苦労は伴います

楽しくなければ人生では無い 苦労も踏まえてのやり遂げた
人生は充実感に満ち怖いもの無しの人生に・・
人は人を信じ 嘘の無い付き合いで永い付き合いに・・ 
2015/04/02(Thu) 21:40 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:褒められて伸びる?
>マヤカシの経済政策に騙されたり、選挙の時には原発に全く触れずに済ませた政権になにも異議を唱えず為すがままにされているのもその主権者

確かに、調子のいい事を言う与党に主権者は簡単に踊らされてきましたね。国民が愚かと言ってしまえばそれまでですが、マスコミもそれを助長してきましたね。マスコミの与党批判が手ぬる過ぎますし、ときに与党のよいしょのし過ぎです。

>古くは露骨な農業潰しの政策を取っている政権政党に怖ろしいほどに忠実に投票し続けた農民層

農民の多い都道府県に限って保守王国でしたからね。

>露骨な農業潰しの政策

にも拘らず、気がつかなかったのでしょうか・・?・・かく言う私も、

>露骨な農業潰しの政策

と感じるようになったのは比較的最近です。それまでは私自身その露骨さに気付かなかったという事でしょう。

>形だけの改革にごまかされた都会の浮動層、郵政選挙に手も無く踊らされたコイズミ選挙

確かに裏の目的のために表では体のいい事を言って、それに多数の国民が騙されて来ましたね。

>皆が地域発展だけを言うばかり。

本当にこの手の選挙運動は情けないですね。

××××  ××××  ××××  ××××  ××××

ここ2回のコメントをまとめると一つの読み応えのある記事が出来そうですね。
そんな記事を書かれたら是非そちらのサイトに載せて下さい。
2015/04/02(Thu) 22:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:おっしゃる通り
>高度経済成長時代は指導者の中にはあまりいなかったようなイメージがありますが、経済成長が難しくなるにつれ、指導者層にサイコパス的な人物が増え始めていますね。

>地球の物理的な制限により、経済成長に対しマイナス要素が大きくなるにもかかわらず、無理な経済成長をするためには、搾り取るための層を大きくしなければならないから

なるほど、新たな見解ですね。私にはその相関関係が定かではありませんんが、
『無理な経済成長を推し進めるサイコパス』と言う構図はありそうですね。

>日本人は、自民党がする経済政策の失敗はいくらでも許せるようですが、それ以外の政党のする失敗は絶対に許せないようですね。

これこそ、マスゴミの世論誘導ではないでしょうか?自民党、財界、マスコミ、広告代理店の世論誘導ですね。広告代理店はマスゴミ以上に酷いですね。

>日本人はいつまでも愚かな選択をし続けるのでしょうか。いくら失敗を続けても日本は沈没しないと信じているかのようです。

残念ながら、アベノミクスの失敗とその他諸々の安倍政権の失策によって、日本は沈没をはじめそうですね。
2015/04/02(Thu) 22:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:お付き合いの人生
>サイコパス的な人は何処にも居ます

そうですね。数年前にちょっと流行った
「良心をもたない人たち」によれば、
“良心をもたないサイコパス”は、25人に一人との事ですからね。まあ、日本人はその平均よりは少ないかとは思いますが、
団塊親爺の遺言さんのおっしゃるように、誰の身近にも何人かはいるのかも知れません。

>子供たちに この世の汚さをどう説明すれば良いのでしよう

私達のように、平和な戦後の日本で生まれた子供達はもっと社会は理想的だと思ってるでしょうから、事実を教えたら、希望を失うかもしれませんんね!?・・でも早い時期から教えないと社会を正常化出来ないでしょうね。

>汗水を垂らしながら仕事をして
お客に喜んで貰い報酬を頂く人生

>昔は労働の対価とはそういうものだと習った筈ですが、サイコパスが作って中心となって運用している社会の「常識」は嫌らしい感じです。
2015/04/02(Thu) 22:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
政治家の資質と軍事指導者
政治指導者にサイコパスのような異常者が居たら困りますが、軍事指導者にはどうかというと一概には言えないと感じます。
もちろん、平然とうそをつくとか、責任感がないといったことがあるとダメでしょうが、冷淡であるとか良心の欠如といった性質は歴史上の大きな足跡を残した軍事指導者には見られるようです。
なにしろ、ぎりぎりの戦争で勝利するためには味方であっても犠牲にしても勝つためには省みないで、それに尻込みするようでは勝てなかったのかも知れません。「一将功なりて万骨枯る」というところでしょう。

平時の政治家や経営者がそれでは、国民や部下がたまりませんが、もしかしたらそこまで追い詰められるほどに現代社会は状況が悪化しているのかも知れません。

昔の戦争では、負けると全国民皆殺しとか、奴隷とされるといったことがあり、勝利というものが民族の存続のための必須条件であったことも多かったのですが、現在の経済戦争というものも負けたら奴隷以下の生活かもしれず、そのような段階に来ているのかも知れません。
そのために、良心とか同情心などというものは欠落させた政治経済指導者が出現したと言うことなのでしょう。

だとすると、単にそのような指導者は代えてしまえというだけでは済まないことになります。
この異常なほどの競争に放り込まれるグローバル経済社会自体に何らかの対応を決めなければなりません。
2015/04/03(Fri) 13:35 | URL  | 爽風上々 #-[ 編集]
Re:政治家の資質と軍事指導者
>ぎりぎりの戦争で勝利するためには味方であっても犠牲にしても勝つためには省みないで、それに尻込みするようでは勝てなかったのかも知れません。

冷徹な現実ですね。野生の厳しさに通じるものがあります。その意味ではやはり人間は動物なのでしょうか。

>昔の戦争では、負けると全国民皆殺しとか、奴隷とされるといったことがあり、勝利というものが民族の存続のための必須条件であったことも多かったのです

何か蟻どうしの戦争みたいですね。

>もしかしたらそこまで追い詰められるほどに現代社会は状況が悪化しているのかも知れません。

そのような面もあるかも知れませんが、強欲な金融資本家が巨万の富をもっと増やしたい・・・のようなどうしようもない本音もあると思います。

>現在の経済戦争というものも負けたら奴隷以下の生活かもしれず、そのような段階に来ているのかも知れません。

どうでしょうか?多くの人々は・・・少なくとも平和ボケした日本では、そこまで考えている人は殆どいないでしょう。私もそこまでは考えていませんでした。

××××  ××××  ××××  ××××  ××××

ここ2回のコメントに今回のコメントを追加してまとめると、独特な読み応えのある完成した記事になりますね。
ここのコメント欄では勿体ないので、是非まとめられて記事をアップして下さい。
2015/04/04(Sat) 16:45 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。