-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2014-09-17 00:01
日本の食料自給率は、カロリーベースで40%ほどと、致命的に低いのですが、米はほぼ自給しています。ミニマムアクセス米と言う、しょうもない米を無理やり買わせられていますが、それでも自給率は95%ほどで、主食用のコメはほぼ100%自給です。
他の穀物に比べ、米は、非常に優れた穀物です。単収(=単位面積当たりの収穫高=反収・・通常、1反[10a]当たりの収穫高)も抜群によく、連作障害もありません。
日本の農地、耕作放棄地を全て水田にすれば、カロリーベースで言えば、一億人以上(現在の日本の人口)も養うことが可能です。即ち日本が自給できるだけの収穫を上げられる計算になります。実際玄米は、あらゆる栄養を含み、日本では玄米を食すればあとは味噌と漬物と水かあれば生きていけると言われていました。

 一方日本の小麦の自給率は10%ほどしかありません。他は他国からの輸入に頼っています。小麦には、連作障害もあります。
それでも日本で小麦を沢山使うのは、戦後のアメリカの政策に負うところが大きいでしょう。学校給食でもパンが使われ、アメリカの余った小麦の消費地とされてきました。それ以上に日本を支配する為に日本の食料自給率を低く抑えていたと考えられます。

以上により、日本では、小麦よりも米を、これまで以上にずっと沢山栽培するべきだと考えます。

その為に、これからは、もっともっと米粉を活用すべきだと考えます。

餅や団子や煎餅などの和菓子は従来から米粉で作られていました。小麦粉から作られた商品では無く、これら従来から米粉から作られる食べものの消費割合を増やす事も必要かと思いますが、それよりも、従来小麦粉から作られていたものを米粉で代用する事が大切でしょう。「代用」と書くと、「本物」の小麦粉製品のほうが高品質のような印象を与えますが、米粉で従来の小麦粉の食品に勝るとも劣らない食品を作ることは可能でしょう。
現在流行っている米粉のパンやケーキは当然のこととして、うどんやそうめん、ラーメン(中華麺)、パスタのような麺類も米粉で美味しく作ることが可能でしょう。・・・既に、ビーフンはありますが、もっとうどんやそうめんに近い麺類を米から作るべきでしょう。


日本に於いては、米の消費量の増加が食料自給率のアップに繋がるであろうと考えています。
そうやって、米粉の活用範囲を増やしていって、休耕地も活用し、日本の食料自給率を大きく上げて、近い将来の食料不足に備えておくべきでしょう。みなさん、米で作った食品を沢山食べましょう。

・・・勿論、米の最も有効な食べ方は炊飯器で炊いてご飯として食べることだと思っています。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/09/17 00:01】 | 農業 トラックバック(0) |

米という作物
guyver1092
 米という作物は、麦よりも圧倒的に優れた性質があるようです。

http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html

 上記ページの終わりぐらいに紹介されていますが、麦を作物として利用してきた文明では、荒廃させてしまった農地は現時点で復活させることはできていませんが、古代中国では、曲がりなりにも農地の保全が出来たようです(槌田氏の本によると殷、周の跡地は砂漠だそうですが)。
 にもかかわらず、現代日本ではコメの消費が減少し、パン食が増えているそうです。また、外国ではパン食が減り、米を食べる者が増えているそうですが、日本では逆の傾向があるのは、理解に苦しみます。

Re:米という作物
雑草Z
    guyver1092さん

 最近、水田による稲作を増やすべきだと考えています。休耕田になっている水田を復活させれば食糧自給も絵に描いた餅では無いようです。(・・だからと言って、現在の日本の人口を維持すべきではないと考えます。現在よりも減って然るべきです。少子化対策は依然愚策だと考えています。)

またまた非常に有意義な知識を得ることが出来るサイトの御紹介有難う御座います。

>米という作物は、麦よりも圧倒的に優れた性質があるようです。

と言う事を根拠に水田での米作に関して、記事を書く積りでしたので、御紹介のサイトも参考にさせていただきます。


>外国ではパン食が減り、米を食べる者が増えているそうですが、日本では逆の傾向があるのは、理解に苦しみます。

その辺りも参考意見にさせていただきます。有難う御座います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
米という作物
 米という作物は、麦よりも圧倒的に優れた性質があるようです。

http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html

 上記ページの終わりぐらいに紹介されていますが、麦を作物として利用してきた文明では、荒廃させてしまった農地は現時点で復活させることはできていませんが、古代中国では、曲がりなりにも農地の保全が出来たようです(槌田氏の本によると殷、周の跡地は砂漠だそうですが)。
 にもかかわらず、現代日本ではコメの消費が減少し、パン食が増えているそうです。また、外国ではパン食が減り、米を食べる者が増えているそうですが、日本では逆の傾向があるのは、理解に苦しみます。
2014/09/17(Wed) 22:15 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:米という作物
    guyver1092さん

 最近、水田による稲作を増やすべきだと考えています。休耕田になっている水田を復活させれば食糧自給も絵に描いた餅では無いようです。(・・だからと言って、現在の日本の人口を維持すべきではないと考えます。現在よりも減って然るべきです。少子化対策は依然愚策だと考えています。)

またまた非常に有意義な知識を得ることが出来るサイトの御紹介有難う御座います。

>米という作物は、麦よりも圧倒的に優れた性質があるようです。

と言う事を根拠に水田での米作に関して、記事を書く積りでしたので、御紹介のサイトも参考にさせていただきます。


>外国ではパン食が減り、米を食べる者が増えているそうですが、日本では逆の傾向があるのは、理解に苦しみます。

その辺りも参考意見にさせていただきます。有難う御座います。
2014/09/18(Thu) 06:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。