-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2014-07-17 00:00
『開墾』は大げさですが、庭の荒れ地・・・おそらく何年か前・・・5年前か10年前か・・・・は花壇のように花や木が植えられていた場所・・・現在は雑草や雑木が生い茂った場所・・・を「開墾」して畑にしました。庭の東側と西側の2ヶ所、それぞれ、一坪程(3畳くらいかも知れません)の小さな土地です。雑草を抜き、土を掘って石ころや木や草の根っこを取り去りました。ススキの根と大きな石や瓦のかけらがなかなかしぶとかったし、以前に切った木の根っこが地中に残っていたり、コンクリートの塊を取り去るのに一苦労でした。・・・石ころや地中の根っこは十分には取り切れないのでまだまだ地中に残っているでしょう。・・・そして、鶏糞や牛糞を撒き、米糠や油粕を入れました。
たった一坪×2くらいの土地を2日がかりで・・・と言ってもそれぞれ午後2,3時間ずつ・・の作業でしたが、まあ面白いし遣り甲斐もありました。

開墾西1

  西側の荒れ地  ↑開墾前     ↓開墾後

開墾西2

↓ これだけの石ころや瓦、コンクリートを掘り出しました。↓
開墾西3

東側の土地   ↓開墾途中(開墾前に写撮りませんでした)
開墾東1


そして、今年やっと種を購入出来て、ポットに植えて育てた食用ホオズキの苗を植えました。
後日、みずほニューメロンと言う固定種のメロン(・・「ニュー」と言うネーミングはかなり昔に付けたようで、古い品種だと思います。)の種も蒔きました。食用ホオズキも、メロンも、全て野口のタネに売っているような種採りの出来る固定種です。

東側の土地   ↓開墾後
 食用ホオズキを定植した後
開墾東2


食用ほおずき定植後↓ 
  土に混ざった白い粉は、酒蔵で働いている方から頂いたぼかし肥料
  ・・・米糠を酒酵母で発酵させて作ったぼかし肥料だそうです。
開墾鬼灯


この作業は5月の上旬の事です。あれから2ヵ月ほど経って、食用ホオズキも大きく育ち(直ぐに枯れてしまったものや枝が大きくなって折れてしまったものもあります。)雑草も生い茂り、草取りも追いつきません。その様子は時間があればまたアップします。

人間はこのような「開拓作業」が好きなのかも知れません。でも、やり過はよくありません。これからの日本では、せいぜい耕作放棄地を開墾(・・・耕作放棄地なので「開墾」と言う言葉は不適切かも知れませんが・・・)するくらいがいいでしょう。それから、ゴルフ場や工場跡地など、人間が破壊してしまった自然の跡地を「開墾」して農地にするのもいいでしょう。新たに山や森を開墾する時代ではないでしょう。


スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/07/17 00:00】 | 作物、畑 トラックバック(0) |

開コン
東京珈琲
土いじりは楽しいですよね。幼い頃にやった泥遊びの延長のような感覚です。
新たに森を開墾するのは無駄ですね。それよりコンクリートで固められた使っていないような所を『開コン』したら良いと思います。土は死んでいるでしょうが、数年経てば使えるようになるでしょう。ゴルフ場は農薬が気になりますね。ゴルフクラブ振るんなら鍬を振れば良いのにとは思います。
ホオズキ、楽しみですね。もう実はなっているのでしょうか。ニューメロンも気になります。
今住んでいる所に小さい畑があって雑草ぼうぼうなので近いうちに耕してなにか植えたいと思っています。

Re:開コン
雑草Z
   東京珈琲さんなら、この手の記事にコメント下さると思っていました。

>土いじりは楽しいですよね。幼い頃にやった泥遊びの延長のような感覚です。

 始めから「開墾する」と言う目的があると、最初は億劫ですが、一端始めれば、日が暮れるまで続けられますね。終わってみるとなかなかの重労働だった事に気が付きます。

>コンクリートで固められた使っていないような所を『開コン』

上手い表現ですね。どんどん使いましょう。実際には「開アスファルト」のほうが多いかも知れませんが、象徴的に「開コン」がいい言い回しですね。

>ゴルフクラブ振るんなら鍬を振れば良い

全くです。生態系の事を考えずにゴルフをやるような輩にはなりたくないものです。

コンクリートで覆われて「死んだ土地」は、農薬で「死んだ土地」よりは蘇りが速いでしょうね。

>ホオズキ、楽しみですね。もう実はなっているのでしょうか。

はい、緑色の袋が沢山なっています。だんだんクリーム色になってカサカサと乾燥した状態になると、中の実もミニトマト大のきれいなオレンジ色になり、収穫出来るとの事です。
最初の収穫は8月には出来るでしょうか?
今度また記事としてアップ致します。その時はまた宜しく。


開コン
でなしNo.146
「開コン」

この響きが、私には少し前まで流行っていた「街コン」を思い出させました。

街起こしで耕作放棄地で作物(農地)と出会いを作る。なんて企画があっても良いと思います。

というか、街でお酒を飲むより、さまざまな面が見えていいのでは?と思いました。

・・・話があらぬ方向へ脱線してすみませんでした。

さて、現在、耕作放棄地を蘇らせるというプロジェクトも大学が進めていたり、農業の6次産業化として農業体験などに取り組んでいる農家も本当に少しつづですが、増えております。

知り合いの中には、若い農家の跡継ぎの方が積極的に6次産業化を進めたいがノウハウがないので困っているという相談があったと聞きますから、農家側の潜在的なニーズはあると思っています。

バブルの頃は、ゴルフの会員権が売れていましたが、今後は耕作地の農作権&収穫権が売れるような世の中になれば良いなと思いました。
(食料不足が露見すれば最初の頃は飛ぶように売れるでしょう。その後は略奪が横行して売れなくなるでしょうけど。)

やり方によっては、無理じゃない気がしています。

他にもニートとか軽い精神疾患の人の社会復帰&治療にも良いと思いますし。

Re:開コン
雑草Z
なるほど、同じ掛け言葉でも、でなしNo.146 さんのほんの「開コン」は「開拓コンパ」ですね。面白い発想ですし、これから需要が出来るかも知れません。・・と言うか、やれば流行るでしょうね。それも、第6次産業になるんでしょうかね?(6次産業と言う言葉は初めて聞きました。第4次、第5次産業ってあるんでしたか??)

 そう言えば、似たような企画は既にあります。以前、有機農業研究会のたねとりくらぶのつどい に参加したとき、「農こん」と言うのをやっていると聞きました。「街コン」よりも良さげですね。ネットで調べたら「濃こんツアー」と言うのも各地でやっているようです。脱サラして農業をやる人が増えてくるのはいい傾向です。就農者の高齢化が問題になっていますが、そろそろ農業就業者の若返りが始まるのではないでしょうか?
国はそれに対して変な支援はしなくてよいからTPP不参加とか、遺伝子組み換え作物の禁止だとか、日本の農業を滅ぼすような真似をしないで欲しいですね。それから、大規模農家にだけ有利になるような農政も止めて欲しいですね。有機無農薬は小農のほうが多いですしね。政府はアメリカの農業を真似るのは良くないことが分からないのでしょうか?? 

第六次産業化。。。
でなしNo.146
実は、この単語は役人が作った造語です。

今だと、二次産業と三次産業を掛け合わせたもの、というなんとも広義な言葉となっております。
(広義すぎて何を定義しているのか、多少不明瞭なところがあります。)

言葉としては農水大臣が発した言葉で、農業の加工~流通までを取り仕切ったり、ブランド化も含む言葉です。

第4次、第5次産業についても。。。これも得ないの知れない定義がされているようですので、一度お調べしてみることをオススメします笑

Re:第六次産業化。。。
雑草Z
なるほど、第6次産業は、こじつけた言葉で正式な用語では無いのですね?
 
オススメに従って、調べましたところ

第4次産業とは:
>ソフトウエア産業とか、情報通信産業、技術開発など、物質やエネルギーなどの大量消費を伴わない産業。マスコミや芸能界なども含まれる

とのことで、以前に聞いたり目にしたりした記憶があります。割とまともな感じがしますが、第3次産業との区別がはっきりしませんね。マスコミや芸能界は第3次産業に区分されていたと思います。

第五次産業の定義は無理があっていい加減ぽいですね。
第4次以降、次数が進むに従って、変な分類になって来ますね。お遊びの領域でしょうね。


食べられるもの
天地 はるな
こんばんわ。
庭があるって羨ましい。
うちも、ほんのちょっとですが、食べられる植物を育てています。
バジル、パセリ、ネギ、それに、枇杷に葡萄にムカゴ。
雑草と喧嘩しながら、いえ、共存しながら元気にしています。

仙台が「杜の都」と言われたわけは、昔、城主が、飢きんに備えて、庭に果実の実る木を植えるようにと言ったからとか。

戦争で焼けた後、今のような植栽になったのですが、
今の世でも必要ですよね。

Re:食べられるもの
雑草Z
    天地 はるな さま

 かなりお久し振りのコメント有難う御座います。大変嬉しく思います。

 やっぱり「花より団子」ですね。・・・をちょっと残念に思いつつも、庭に咲いている花を抜いて食べられる植物を植えているのですが、1年野菜は手入れも大変なので、毎年収穫出来る木を植えたいと思っています。そんな折、天地はるなさんが、抜かれようとしていたブドウを貰って来て植えたりとなさっていた事を丁度思い出していたところです。
 枇杷は種を植えたのでしょうか?

「ムカゴ」って何だか判らなかったんで、ネットで調べてみたら、里山で良く目にしていたような感じです。食べられるのですね!?

>雑草と喧嘩しながら、いえ、共存しながら元気にしています。

っていい表現です。とっても素敵な表現です。私の家の庭では、いつの間にか雑草が蔓延ってしまいます。

これからも宜しくお願い致します。


イタドリも
天地 はるな
もうひとつ、忘れていました、イタドリも植えています。
ごめんよ、イタドリ・・・。
枇杷は、ゴミを減らすために、埋めたら出てきました。
その時は、カボチャの種も埋めたので、カボチャもとれました。
ムカゴは、庭が狭いので、フェンスの伝って生えるのを利用しようと、空き地で見つけて植えています。
どこに行っても、
「これ食べられる、あれも・・・」とすぐ見つけます。
サバイバル婆さんです(^-^)

Re:イタドリも
雑草Z
    天地 はるなさん

 またまた追加コメント有難う御座います。
「イタドリ」もよく分からなかったので調べてみると 「すかんぽ」の事ですね。子供の頃茎を折って舐めると酸っぱかった記憶があります。・・・でもそれは「スイバ」でしょうか?
はるなさんは、イタドリをどのようにしてお召し上がりになるのでしょうか?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
開コン
土いじりは楽しいですよね。幼い頃にやった泥遊びの延長のような感覚です。
新たに森を開墾するのは無駄ですね。それよりコンクリートで固められた使っていないような所を『開コン』したら良いと思います。土は死んでいるでしょうが、数年経てば使えるようになるでしょう。ゴルフ場は農薬が気になりますね。ゴルフクラブ振るんなら鍬を振れば良いのにとは思います。
ホオズキ、楽しみですね。もう実はなっているのでしょうか。ニューメロンも気になります。
今住んでいる所に小さい畑があって雑草ぼうぼうなので近いうちに耕してなにか植えたいと思っています。
2014/07/19(Sat) 23:01 | URL  | 東京珈琲 #A1vz8dvw[ 編集]
Re:開コン
   東京珈琲さんなら、この手の記事にコメント下さると思っていました。

>土いじりは楽しいですよね。幼い頃にやった泥遊びの延長のような感覚です。

 始めから「開墾する」と言う目的があると、最初は億劫ですが、一端始めれば、日が暮れるまで続けられますね。終わってみるとなかなかの重労働だった事に気が付きます。

>コンクリートで固められた使っていないような所を『開コン』

上手い表現ですね。どんどん使いましょう。実際には「開アスファルト」のほうが多いかも知れませんが、象徴的に「開コン」がいい言い回しですね。

>ゴルフクラブ振るんなら鍬を振れば良い

全くです。生態系の事を考えずにゴルフをやるような輩にはなりたくないものです。

コンクリートで覆われて「死んだ土地」は、農薬で「死んだ土地」よりは蘇りが速いでしょうね。

>ホオズキ、楽しみですね。もう実はなっているのでしょうか。

はい、緑色の袋が沢山なっています。だんだんクリーム色になってカサカサと乾燥した状態になると、中の実もミニトマト大のきれいなオレンジ色になり、収穫出来るとの事です。
最初の収穫は8月には出来るでしょうか?
今度また記事としてアップ致します。その時はまた宜しく。
2014/07/20(Sun) 16:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
開コン
「開コン」

この響きが、私には少し前まで流行っていた「街コン」を思い出させました。

街起こしで耕作放棄地で作物(農地)と出会いを作る。なんて企画があっても良いと思います。

というか、街でお酒を飲むより、さまざまな面が見えていいのでは?と思いました。

・・・話があらぬ方向へ脱線してすみませんでした。

さて、現在、耕作放棄地を蘇らせるというプロジェクトも大学が進めていたり、農業の6次産業化として農業体験などに取り組んでいる農家も本当に少しつづですが、増えております。

知り合いの中には、若い農家の跡継ぎの方が積極的に6次産業化を進めたいがノウハウがないので困っているという相談があったと聞きますから、農家側の潜在的なニーズはあると思っています。

バブルの頃は、ゴルフの会員権が売れていましたが、今後は耕作地の農作権&収穫権が売れるような世の中になれば良いなと思いました。
(食料不足が露見すれば最初の頃は飛ぶように売れるでしょう。その後は略奪が横行して売れなくなるでしょうけど。)

やり方によっては、無理じゃない気がしています。

他にもニートとか軽い精神疾患の人の社会復帰&治療にも良いと思いますし。
2014/07/20(Sun) 21:20 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:開コン
なるほど、同じ掛け言葉でも、でなしNo.146 さんのほんの「開コン」は「開拓コンパ」ですね。面白い発想ですし、これから需要が出来るかも知れません。・・と言うか、やれば流行るでしょうね。それも、第6次産業になるんでしょうかね?(6次産業と言う言葉は初めて聞きました。第4次、第5次産業ってあるんでしたか??)

 そう言えば、似たような企画は既にあります。以前、有機農業研究会のたねとりくらぶのつどい に参加したとき、「農こん」と言うのをやっていると聞きました。「街コン」よりも良さげですね。ネットで調べたら「濃こんツアー」と言うのも各地でやっているようです。脱サラして農業をやる人が増えてくるのはいい傾向です。就農者の高齢化が問題になっていますが、そろそろ農業就業者の若返りが始まるのではないでしょうか?
国はそれに対して変な支援はしなくてよいからTPP不参加とか、遺伝子組み換え作物の禁止だとか、日本の農業を滅ぼすような真似をしないで欲しいですね。それから、大規模農家にだけ有利になるような農政も止めて欲しいですね。有機無農薬は小農のほうが多いですしね。政府はアメリカの農業を真似るのは良くないことが分からないのでしょうか?? 
2014/07/21(Mon) 00:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
第六次産業化。。。
実は、この単語は役人が作った造語です。

今だと、二次産業と三次産業を掛け合わせたもの、というなんとも広義な言葉となっております。
(広義すぎて何を定義しているのか、多少不明瞭なところがあります。)

言葉としては農水大臣が発した言葉で、農業の加工~流通までを取り仕切ったり、ブランド化も含む言葉です。

第4次、第5次産業についても。。。これも得ないの知れない定義がされているようですので、一度お調べしてみることをオススメします笑
2014/07/22(Tue) 21:15 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:第六次産業化。。。
なるほど、第6次産業は、こじつけた言葉で正式な用語では無いのですね?
 
オススメに従って、調べましたところ

第4次産業とは:
>ソフトウエア産業とか、情報通信産業、技術開発など、物質やエネルギーなどの大量消費を伴わない産業。マスコミや芸能界なども含まれる

とのことで、以前に聞いたり目にしたりした記憶があります。割とまともな感じがしますが、第3次産業との区別がはっきりしませんね。マスコミや芸能界は第3次産業に区分されていたと思います。

第五次産業の定義は無理があっていい加減ぽいですね。
第4次以降、次数が進むに従って、変な分類になって来ますね。お遊びの領域でしょうね。
2014/07/23(Wed) 19:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
食べられるもの
こんばんわ。
庭があるって羨ましい。
うちも、ほんのちょっとですが、食べられる植物を育てています。
バジル、パセリ、ネギ、それに、枇杷に葡萄にムカゴ。
雑草と喧嘩しながら、いえ、共存しながら元気にしています。

仙台が「杜の都」と言われたわけは、昔、城主が、飢きんに備えて、庭に果実の実る木を植えるようにと言ったからとか。

戦争で焼けた後、今のような植栽になったのですが、
今の世でも必要ですよね。
2014/08/02(Sat) 20:53 | URL  | 天地 はるな #-[ 編集]
Re:食べられるもの
    天地 はるな さま

 かなりお久し振りのコメント有難う御座います。大変嬉しく思います。

 やっぱり「花より団子」ですね。・・・をちょっと残念に思いつつも、庭に咲いている花を抜いて食べられる植物を植えているのですが、1年野菜は手入れも大変なので、毎年収穫出来る木を植えたいと思っています。そんな折、天地はるなさんが、抜かれようとしていたブドウを貰って来て植えたりとなさっていた事を丁度思い出していたところです。
 枇杷は種を植えたのでしょうか?

「ムカゴ」って何だか判らなかったんで、ネットで調べてみたら、里山で良く目にしていたような感じです。食べられるのですね!?

>雑草と喧嘩しながら、いえ、共存しながら元気にしています。

っていい表現です。とっても素敵な表現です。私の家の庭では、いつの間にか雑草が蔓延ってしまいます。

これからも宜しくお願い致します。
2014/08/02(Sat) 22:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
イタドリも
もうひとつ、忘れていました、イタドリも植えています。
ごめんよ、イタドリ・・・。
枇杷は、ゴミを減らすために、埋めたら出てきました。
その時は、カボチャの種も埋めたので、カボチャもとれました。
ムカゴは、庭が狭いので、フェンスの伝って生えるのを利用しようと、空き地で見つけて植えています。
どこに行っても、
「これ食べられる、あれも・・・」とすぐ見つけます。
サバイバル婆さんです(^-^)
2014/08/03(Sun) 17:41 | URL  | 天地 はるな #-[ 編集]
Re:イタドリも
    天地 はるなさん

 またまた追加コメント有難う御座います。
「イタドリ」もよく分からなかったので調べてみると 「すかんぽ」の事ですね。子供の頃茎を折って舐めると酸っぱかった記憶があります。・・・でもそれは「スイバ」でしょうか?
はるなさんは、イタドリをどのようにしてお召し上がりになるのでしょうか?
2014/08/03(Sun) 22:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。