-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-11-14 00:01
 愚かな人類が科学技術で開けてしまったパンドラの箱は沢山あるけれど、(ほとんどの科学技術かもしれない・・)最も開けるべきでなかったパンドラの箱は一体何だろう?

 産業革命のときに空けてしまったパンドラの箱は化石燃料。 (それ以前から使われていた石油はパンドラの箱を開けたのではなく、隙間からこぼれた程度だろう・・・)
その名の通り燃料として使ってCO2 の増加による地球温暖化、NOx , SOx の排出による酸性雨や人体への影響が出た。さらに腐らない材料として、プラスチック、ビニール、発砲スチロールなどが作られ、腐らないゴミや、それを処理しようと燃やして、ダイオキシンなどの自然に存在するあらゆる毒を遙かに越えた環境ホルモンが出てきた。
 このパンドラの箱は最悪で、かなりの環境破壊がなされた。20世紀までの環境破壊の原因の大部分を作り出したと言っても過言ではない。巨大公共工事も化石燃料がなければあんなに大きく酷くなかったに違いない。・・しかし化石燃料は枯渇し始めた。この量でもかなり危険で、地球が熱暴走したらお仕舞いだ。・・でもパンドラの箱にもっと入っていなくて良かった若しかしたら助かるかも知れない・・。時が解決出来るかも知れない・・。

 しかし20世気の半ばに人類はもっと最悪のパンドラの箱を空けてしまった。・・・原子力・・・これはもう絶対絶命だ!。たとえ原子爆弾を使用しなくても原子力発電で出た放射性核廃棄物は人間の歴史の長さと比べて半永久的になくならない。今だに処理の仕方がはっきり決まらずにどうしていいか分からないでいる。政府は処理の仕方が分からないままに稼働を続けているのだ。廃棄物の処理や事故の危険性を考慮すれば、どう考えても水力や火力より遙かに高い発電施設。いや、経済コストなど大したことはない。 もう消せない危険。人類の滅亡の可能性・・余りに最悪な廃棄物だから宇宙に捨てろとなっってもこれまでに貯めた放射性廃棄物が多過ぎて無理。パンドラの箱には二度と戻らない膨大な量。そして、なくならない・・・この事を思うと真っ暗だ!!
後にも先にも人類の歴史上最悪のパンドラの箱を空けてしまった。太陽で行われていることを地上で行っている訳である。それこそ天罰が下る・・これより酷いパンドラの箱の可能性は・・ウランやプルトニウムの核分裂や水素やヘリウムの核融合以外のもっと強力な核反応くらいか・・つまり核反応である事に変わりない。これから人類が出来る、このパンドラの箱の対策は、早急に閉めて、これ以上増やさない事のみ出てしまった放射能は、気の遠くなるような半永久の時間のみが解決出来る・・出した放射線の分だけ弱まっていくだけ・・つまりこれからの人類の歴史とともにずっと残り続ける・・・それでもまだ使い続け、放射性廃棄物を増やし続ける愚かな行政・・・神話の中のパンドラの箱より現実のパンドラの箱のほうが遙かに酷い・・・核反応から希望なんて出て来やしない。昔は「夢のエネルギー」と言ったらしいけれど、当時からこの抜群の酷さは分かっていた筈。悪夢の始まり・・・

本当にこれだけは 悪い夢であって欲しい と思う。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/11/14 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。