-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2014-06-05 00:01
プラスチックやビニールなどの自然に帰らない使い捨て製品が蔓延っています。食品をはじめさまざまな製品が使い捨て容器に入れて販売されています。かなり昔から問題とされて来た事ですが、一向に改善されていません。改善されるどころか、こんなものにまで・・・という使い捨て製品がどんどん作られてきました。割り箸は昔から使い捨てでしたが、(自然に分解される木で出来ていますので、石油製品よりは許容できます。)今では外食産業のナイフとフォークもプラスチック製の使い捨て製品が出回っています。昔からのカップラーメンのカップから、コンタクトレンズやスリッパまでもが使い捨て製品が作られています。
ただ一回の食事でさえも複数の使い捨て容器が使われています。私はラップやビニール袋でさえ勿体無いと感じます。ホテルなどのアメニティグッズも使い捨て製品で溢れています。こんなものに石油を使っていいのだろうかと常々心を痛めています。石油資源が勿体無い以上にその廃棄物の悪影響が心配です。環境を汚染し生態系を破壊します。

使い捨て製品を頑なに拒否して使わない企業があたとしても、競合する使い捨て製品を販売する企業に販路を拡大されて負けてしまう現実があります。・・・そして、使い捨て容器は常識になってしまいました。
外食産業で割り箸を使うのを止める傾向が見られるようになってからかなり経ちますが、これは半分経済的な理由もあるのでしょう。弁当などではまだまだ割り箸が主流です。(割り箸ではなく、塗り箸などを付けろ・・・という主張ではありません。箸は付けるべきでないという主張です。箸は別売で売れば、本当に必要な者だけが買う事になるでしょう。)

原発での作業服なども放射能汚染されるため、使い捨てにされます。被曝をできるだけ防ぐ為の方法と言う事は十分に理解していますが、そもそも、それは誰かがやらなければならない必要な仕事・・・ではなく、最初から原発そのものが必要なかったのです。被曝労働の存在一つとっても、原発は存在してはならないものなのです。


使い捨て製品による環境汚染はかなり深刻な問題なのですが、現代社会では、もっとほかに問題が多過ぎて、使い捨ての問題が放置されてしまっています。本来は、石油化学製品のような生態系の循環をしない物質の使い捨てはかなり深刻な問題であり、真剣に対峙しなければならない問題ですが、最近は原発問題、異常気象、PM2.5から、経済の停滞問題、国際紛争・・・の影に隠れている感じが致します。更にはもっとどうでもいいエンターテインメント、スポーツや芸能のニュースよりも取り上げられていません。石油化学製品の廃棄物問題は、既に取り返しの効かないところまで来ているのではないか・・・と危惧されます。

使い捨て時代を考える会】こそ現代社会にとって必要で大切な団体である筈です。設立されてだいぶ経つ筈です。然しなかなか広まっていません。ゴミ、廃棄物問題に対する危機意識がもっともっと高くなくては、廃棄物問題でも文明は崩壊するでしょう。


そして最後に、意味合いは違いますが、人間も使い捨てにされる時代になってきました。人間の体は生態系を循環する有機物だから、使い捨てにしても環境汚染は少ない・・・なんてブラック・ジョークになりそうです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/06/05 00:01】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

根本にあるもの
guyver1092
 現代社会の使い捨ての根本にあるものは、石油という資源の安さと考えます。使い捨てにしたほうが安く上がる場合が多いようです。私はしたことがないのですが、自動車のタイヤのホイールは、安いものだと、タイヤをホイールに組み付ける工賃より安いそうです。
 使い捨てにすると、廃棄物の処分費用がごみの量に比例して多くなりますが、このコストは企業のみが負担するのではなく、社会全体で負担するので、企業の会計帳簿には上がりません。これは、排水口が、取水口の下流にあるということと考えます。
 最近、少しづつですが石油が値上がりしていますが、いまだに使い捨てが横行しているということは、まだまだ安いということでしょうね。おそらく、もっと石油が高くなれば、使い捨ては少なくなっていくでしょうが、環境破壊を考えると、人為的に税金をかける等をして、石油等の枯渇の前に、使い捨て社会から脱却しないと、人類に大きな不幸が訪れるでしょうね。
 最近、水野和夫という経済学者を知ったのですが、この人と、白井聡という人との対談の中で、資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制という議論をしていました。

http://shinsho.shueisha.co.jp/kotoba/tachiyomi/140303.html#1

 資本主義を極限まで突き詰める過程で、人間も使い捨てにすることを選択しようとしているのでしょうね。

使い捨て
東京珈琲
以前、弁当屋に弁当箱を持って行って「これに入れてください」と言ったら変な顔されました。対応はしてもらえましたけれど。プラスチックの容器分安くしてくれたら容器持参の客も増えるとは思うのですが。
昔は油にしろ醤油にしろ自前の容器(一升瓶等)を持って買いに行っていたようですから、そういう事をもう一度復活させたら良いのではないでしょうか。
人間の使い捨ても酷いものです。企業側も大変なのでしょうけれど。職業安定所にいる沢山の中年の人々はいったいどうするのかと心配になります。人のこと言えないのですが。
やはり搾取される側はずっと搾取されつづけるのでしょうね。教育やメディアの洗脳により一揆を起こすこともなく、辛かったら自殺を選ぶ。お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね。

Re:根本にあるもの
雑草Z
>現代社会の使い捨ての根本にあるものは、石油という資源の安さ

 一つに絞れば確かに其の通りでしょうね。いつも、簡潔な言葉でズバリ本質を突いた分析です。有難う御座います。

>使い捨てにすると、廃棄物の処分費用がごみの量に比例して多くなりますが、このコストは企業のみが負担するのではなく、社会全体で負担するので、企業の会計帳簿には上がりません。

このコストを全て企業に持たせないと駄目ですね。それも、原料を購入する時点で、税として徴収しないと色々不正が起こるでしょうね。


>これは、排水口が、取水口の下流にあるということと考えます。

なるほど、これまた鋭い御指摘です。そこまで考えが及びませんでした。脱帽です。

>人為的に税金をかける等をして、石油等の枯渇の前に、使い捨て社会から脱却しないと、人類に大きな不幸が訪れるでしょうね。

全くその通りです。現代社会の石油の浪費は酷過ぎます。愚行極まれり・・・と言う感じです。

>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

貼り付けて頂いたページ、読ませて頂きました。非常に興味深い内容でした。いつもここでguyver1092さん達と議論している内容と本質的には同じですが、より経済論的で、経済学的には専門的ですね。(資源論、エントロピー的には我々の議論のほうが進んでいると感じます。)兎も角、このような事を主張する方が増えて来て嬉しいですね。そう遠くない時期に大転換が始まる確信が持てました。・・・問題は、そう、「間に合うか」「被害をどこまでで食い止められるか」ですね。いっそのこと、アベノミクスで日本経済が立ち直れないまでに潰れたほうがいいかも知れません。経済だけで環境のダメージが大きくなければ何とかなりますが・・・環境破壊も半端じゃないか・・。


PS 貼り付けて頂いた対談中には、
>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

以外にも我々の議論にも通じるキーワードが色々ありましたね。そのうち一つを使って記事を書きませんか?

Re:使い捨て
雑草Z
>弁当屋に弁当箱を持って行って「これに入れてください」

いいですね。素晴らしいです。

>プラスチックの容器分安くしてくれたら容器持参の客も増えるとは思うのですが。

結構容器代も高いですよね。絶対に容器代は割り引くべきです。

>人間の使い捨ても酷いものです。

これは、まさに上のコメントにある

>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

ですね。

>教育やメディアの洗脳により一揆を起こすこともなく、辛かったら自殺を選ぶ。お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね。

いいところ突いてますね。日本のマスメディアは正に国民の「大人しい子羊化」に寄与してますね。いわゆる3S政策はその代表でしょう。
でも、ラテンアメリカをはじめ、東南アジアやアラブ諸国の国民は、もっと闘う民族かとも思います。

>お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね

いや、資本主義社会は崩壊の手前です。崩壊したら、金持ちの思いのままと言う世界でもないでしょう。そこに期待持てるかな????

使い捨て・・・
tukasisutedorei
 使い捨て時代を考える会については2007年5月6日付けの雑草さんのブログで既に出ていますね。
 この会は1973年にできたとのことで、もう40年以上前のことになるんですね。しかし、あの頃よりも更に使い捨ての現状は酷くなるばかり、延々と使い捨て時代が続いています。本当に「使い捨て時代」を考え、また考えるだけでなくいわゆるMOTTAINAIを実践に移さねばと危機感を持ちます。「使い捨て時代」が一刻も早く歴史の1ページになるようにしなければ我々だけではなく地球環境が大変なことになります。

Re:Re:根本にあるもの
guyver1092
 実は、水野氏の本は買ってあります。これまでに得た知識と併せてより深く現状分析できたらと考えています。

Re:使い捨て・・
雑草Z
    tukasisutedoreiさん

 このHNでは、初めてのコメントですが、初めまして・・・でしょうか?それともブログを始めた当初に近い頃(からの)読者の方でしょうか?・・以前、確かに【使い捨て時代を考える会】に関して記事にしました。・・・HNは、『使い捨て奴隷』ですね?・・正に現代人を表現するHNですね。兎も角、素晴らしいコメント、有難う御座います。
今年、【使い捨て時代を考える会】の代表者であった槌田劭さんにお遭いしてお話する機会がありましたので、再度記事に取り上げさせて頂きました。

>あの頃よりも更に使い捨ての現状は酷くなるばかり、延々と使い捨て時代が続いています

其の通りなんですね。使い捨てを止めようと言う動きは非常に鈍いと感じております。

>使い捨て時代」が一刻も早く歴史の1ページになるようにしなければ我々だけではなく地球環境が大変なことになります。

全くおっしゃる通りです。21世紀は、この使い捨てによる環境の悪化(資源の枯渇よりも環境汚染のほうが深刻だと考えます。)によって望む望まざるに関らず、人類社会は縮退するでしょうね。問題は、文明が崩壊して絶滅まで行くか、縮小の後、定常社会に移行できるかでしょうね。

tukasisutedoreiさん、また、コメント頂ければ嬉しく思います。 

Re:Re:Re:根本にあるもの
雑草Z
 そうでしたか!?・・読書家のguyver1092さんならさもありなんですね。では是非ともその中のキーワードなどを題材に、記事を書いて頂ければ幸いです。

毛虫対策に行ったO村は・・
団塊親爺の遺言
先日 毛虫に困っているお客様がいて行って来ました

山奥で無農薬の農業を目指し自給自足に近い若者の家族でした
味噌も手作り 都会から3年前に移住し米も野菜も果樹も生産
幼い子供たちも元気一杯の子でした病弱な子供たちの為に移住

私たちはスーパー等に並ぶ農薬剤タップリのモノを食べています
初めは安く設定された燃料等も普及すると大幅な値上がり
便利さを武器に環境破壊を進める今の社会は狂っています

今の社会はこの若者に見捨てられた環境なのです
将来は無農薬の食べ物を広めると言い切る若者に感動
私の毛虫対策にも喜んで頂き村の名所を案内して貰いました
村内でも注目の若者でした この出会いは本当に良かった

私も現場で病害虫に取り組み お客に喜んで貰った経験は
一生のお付き合いに成りそうです この自然の仕組の病害対策は
一切の農薬剤は必要が無い事の私の自信にも成りました

Re:毛虫対策に行ったO村は・・
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 日々の雑事に追われて記事の更新が大幅に遅れているのに、コメント有難う御座います。

>山奥で無農薬の農業を目指し自給自足に近い若者の家族でした味噌も手作り 都会から3年前に移住し米も野菜も果樹も生産幼い子供たちも元気一杯の子でした病弱な子供たちの為に移住

素晴らしい若者ですね。現代の工業化社会、何でも経済に換算する社会に慣れた人々(実際は「洗脳された人々」と言うべき・・)かわすれば、ただの「物好き、社会からの逃避者」としか目に映らないでしょうが、このような人々の生活こそ持続可能で、人に迷惑を掛けない責任ある生き方だと思います。このような人が増えればいいですね・・・昔は普通に沢山いたでしょうね。私も彼等にお会いしたいです。

>便利さを武器に環境破壊を進める今の社会は狂っています

全く同感です。そんな社会が持続する筈がないですね。そろそろ終焉を迎えるでしょう。

私も細々と無農薬作物を作っていますが、趣味程度で、自給自足には程遠い状態です。

お互いこれからも無農薬の作物作りを頑張りましょう。

団塊親爺の遺言 さんの今回のコメントを見て、速く記事を更新しようと思いました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
根本にあるもの
 現代社会の使い捨ての根本にあるものは、石油という資源の安さと考えます。使い捨てにしたほうが安く上がる場合が多いようです。私はしたことがないのですが、自動車のタイヤのホイールは、安いものだと、タイヤをホイールに組み付ける工賃より安いそうです。
 使い捨てにすると、廃棄物の処分費用がごみの量に比例して多くなりますが、このコストは企業のみが負担するのではなく、社会全体で負担するので、企業の会計帳簿には上がりません。これは、排水口が、取水口の下流にあるということと考えます。
 最近、少しづつですが石油が値上がりしていますが、いまだに使い捨てが横行しているということは、まだまだ安いということでしょうね。おそらく、もっと石油が高くなれば、使い捨ては少なくなっていくでしょうが、環境破壊を考えると、人為的に税金をかける等をして、石油等の枯渇の前に、使い捨て社会から脱却しないと、人類に大きな不幸が訪れるでしょうね。
 最近、水野和夫という経済学者を知ったのですが、この人と、白井聡という人との対談の中で、資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制という議論をしていました。

http://shinsho.shueisha.co.jp/kotoba/tachiyomi/140303.html#1

 資本主義を極限まで突き詰める過程で、人間も使い捨てにすることを選択しようとしているのでしょうね。
2014/06/05(Thu) 22:31 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
使い捨て
以前、弁当屋に弁当箱を持って行って「これに入れてください」と言ったら変な顔されました。対応はしてもらえましたけれど。プラスチックの容器分安くしてくれたら容器持参の客も増えるとは思うのですが。
昔は油にしろ醤油にしろ自前の容器(一升瓶等)を持って買いに行っていたようですから、そういう事をもう一度復活させたら良いのではないでしょうか。
人間の使い捨ても酷いものです。企業側も大変なのでしょうけれど。職業安定所にいる沢山の中年の人々はいったいどうするのかと心配になります。人のこと言えないのですが。
やはり搾取される側はずっと搾取されつづけるのでしょうね。教育やメディアの洗脳により一揆を起こすこともなく、辛かったら自殺を選ぶ。お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね。
2014/06/06(Fri) 19:27 | URL  | 東京珈琲 #A1vz8dvw[ 編集]
Re:根本にあるもの
>現代社会の使い捨ての根本にあるものは、石油という資源の安さ

 一つに絞れば確かに其の通りでしょうね。いつも、簡潔な言葉でズバリ本質を突いた分析です。有難う御座います。

>使い捨てにすると、廃棄物の処分費用がごみの量に比例して多くなりますが、このコストは企業のみが負担するのではなく、社会全体で負担するので、企業の会計帳簿には上がりません。

このコストを全て企業に持たせないと駄目ですね。それも、原料を購入する時点で、税として徴収しないと色々不正が起こるでしょうね。


>これは、排水口が、取水口の下流にあるということと考えます。

なるほど、これまた鋭い御指摘です。そこまで考えが及びませんでした。脱帽です。

>人為的に税金をかける等をして、石油等の枯渇の前に、使い捨て社会から脱却しないと、人類に大きな不幸が訪れるでしょうね。

全くその通りです。現代社会の石油の浪費は酷過ぎます。愚行極まれり・・・と言う感じです。

>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

貼り付けて頂いたページ、読ませて頂きました。非常に興味深い内容でした。いつもここでguyver1092さん達と議論している内容と本質的には同じですが、より経済論的で、経済学的には専門的ですね。(資源論、エントロピー的には我々の議論のほうが進んでいると感じます。)兎も角、このような事を主張する方が増えて来て嬉しいですね。そう遠くない時期に大転換が始まる確信が持てました。・・・問題は、そう、「間に合うか」「被害をどこまでで食い止められるか」ですね。いっそのこと、アベノミクスで日本経済が立ち直れないまでに潰れたほうがいいかも知れません。経済だけで環境のダメージが大きくなければ何とかなりますが・・・環境破壊も半端じゃないか・・。


PS 貼り付けて頂いた対談中には、
>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

以外にも我々の議論にも通じるキーワードが色々ありましたね。そのうち一つを使って記事を書きませんか?
2014/06/08(Sun) 23:23 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:使い捨て
>弁当屋に弁当箱を持って行って「これに入れてください」

いいですね。素晴らしいです。

>プラスチックの容器分安くしてくれたら容器持参の客も増えるとは思うのですが。

結構容器代も高いですよね。絶対に容器代は割り引くべきです。

>人間の使い捨ても酷いものです。

これは、まさに上のコメントにある

>資本主義の究極的な行きつく先は、奴隷制

ですね。

>教育やメディアの洗脳により一揆を起こすこともなく、辛かったら自殺を選ぶ。お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね。

いいところ突いてますね。日本のマスメディアは正に国民の「大人しい子羊化」に寄与してますね。いわゆる3S政策はその代表でしょう。
でも、ラテンアメリカをはじめ、東南アジアやアラブ諸国の国民は、もっと闘う民族かとも思います。

>お金をいっぱい持っている人の思いのままの世界になって行くのですね

いや、資本主義社会は崩壊の手前です。崩壊したら、金持ちの思いのままと言う世界でもないでしょう。そこに期待持てるかな????
2014/06/08(Sun) 23:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
使い捨て・・・
 使い捨て時代を考える会については2007年5月6日付けの雑草さんのブログで既に出ていますね。
 この会は1973年にできたとのことで、もう40年以上前のことになるんですね。しかし、あの頃よりも更に使い捨ての現状は酷くなるばかり、延々と使い捨て時代が続いています。本当に「使い捨て時代」を考え、また考えるだけでなくいわゆるMOTTAINAIを実践に移さねばと危機感を持ちます。「使い捨て時代」が一刻も早く歴史の1ページになるようにしなければ我々だけではなく地球環境が大変なことになります。
2014/06/10(Tue) 20:26 | URL  | tukasisutedorei #-[ 編集]
Re:Re:根本にあるもの
 実は、水野氏の本は買ってあります。これまでに得た知識と併せてより深く現状分析できたらと考えています。
2014/06/11(Wed) 20:49 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:使い捨て・・
    tukasisutedoreiさん

 このHNでは、初めてのコメントですが、初めまして・・・でしょうか?それともブログを始めた当初に近い頃(からの)読者の方でしょうか?・・以前、確かに【使い捨て時代を考える会】に関して記事にしました。・・・HNは、『使い捨て奴隷』ですね?・・正に現代人を表現するHNですね。兎も角、素晴らしいコメント、有難う御座います。
今年、【使い捨て時代を考える会】の代表者であった槌田劭さんにお遭いしてお話する機会がありましたので、再度記事に取り上げさせて頂きました。

>あの頃よりも更に使い捨ての現状は酷くなるばかり、延々と使い捨て時代が続いています

其の通りなんですね。使い捨てを止めようと言う動きは非常に鈍いと感じております。

>使い捨て時代」が一刻も早く歴史の1ページになるようにしなければ我々だけではなく地球環境が大変なことになります。

全くおっしゃる通りです。21世紀は、この使い捨てによる環境の悪化(資源の枯渇よりも環境汚染のほうが深刻だと考えます。)によって望む望まざるに関らず、人類社会は縮退するでしょうね。問題は、文明が崩壊して絶滅まで行くか、縮小の後、定常社会に移行できるかでしょうね。

tukasisutedoreiさん、また、コメント頂ければ嬉しく思います。 
2014/06/11(Wed) 23:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:根本にあるもの
 そうでしたか!?・・読書家のguyver1092さんならさもありなんですね。では是非ともその中のキーワードなどを題材に、記事を書いて頂ければ幸いです。
2014/06/11(Wed) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
毛虫対策に行ったO村は・・
先日 毛虫に困っているお客様がいて行って来ました

山奥で無農薬の農業を目指し自給自足に近い若者の家族でした
味噌も手作り 都会から3年前に移住し米も野菜も果樹も生産
幼い子供たちも元気一杯の子でした病弱な子供たちの為に移住

私たちはスーパー等に並ぶ農薬剤タップリのモノを食べています
初めは安く設定された燃料等も普及すると大幅な値上がり
便利さを武器に環境破壊を進める今の社会は狂っています

今の社会はこの若者に見捨てられた環境なのです
将来は無農薬の食べ物を広めると言い切る若者に感動
私の毛虫対策にも喜んで頂き村の名所を案内して貰いました
村内でも注目の若者でした この出会いは本当に良かった

私も現場で病害虫に取り組み お客に喜んで貰った経験は
一生のお付き合いに成りそうです この自然の仕組の病害対策は
一切の農薬剤は必要が無い事の私の自信にも成りました
2014/06/21(Sat) 08:38 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:毛虫対策に行ったO村は・・
    団塊親爺の遺言さん

 日々の雑事に追われて記事の更新が大幅に遅れているのに、コメント有難う御座います。

>山奥で無農薬の農業を目指し自給自足に近い若者の家族でした味噌も手作り 都会から3年前に移住し米も野菜も果樹も生産幼い子供たちも元気一杯の子でした病弱な子供たちの為に移住

素晴らしい若者ですね。現代の工業化社会、何でも経済に換算する社会に慣れた人々(実際は「洗脳された人々」と言うべき・・)かわすれば、ただの「物好き、社会からの逃避者」としか目に映らないでしょうが、このような人々の生活こそ持続可能で、人に迷惑を掛けない責任ある生き方だと思います。このような人が増えればいいですね・・・昔は普通に沢山いたでしょうね。私も彼等にお会いしたいです。

>便利さを武器に環境破壊を進める今の社会は狂っています

全く同感です。そんな社会が持続する筈がないですね。そろそろ終焉を迎えるでしょう。

私も細々と無農薬作物を作っていますが、趣味程度で、自給自足には程遠い状態です。

お互いこれからも無農薬の作物作りを頑張りましょう。

団塊親爺の遺言 さんの今回のコメントを見て、速く記事を更新しようと思いました。
2014/06/23(Mon) 06:32 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。