-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-10-23 00:01
アメリカや中国、ヨーロッパの国々などの経済危機から経済崩壊が始まり、それが世界に波及すると言うような経済のグローバル崩壊が危惧される機会が増えてきました。確かに経済のグローバルな崩壊は、早晩・・・遠くない将来にやってくるでしょう。

元来「グローバル化」と言う言葉は、環境問題から、戦争、貧困の問題などを地球全体で考えると言う意味で言われ始めた言葉だったのかも知れませんが、何でも悪用する輩はいます。財閥、金融界の巨大企業や多国籍企業は「経済のグローバル化」と言う言葉を使って、金融の自由化を進め、世界を市場として投資を繰り広げ、マネーゲームを拡大してきました。経済のグローバル化は、本質的には多国籍企業、資本家の欲望の実現の為の手段に他ならないでしょう。

現在の経済システムは矛盾だらけで、持続可能な筈がありません。数年前、アメリカの住宅ローンの一種、サブブライムローンが破綻しただけで、世界経済にあれだけ衝撃を与えました。しかし、あの程度の破局はまだまだ序の口でしょう。もっともっと大きな経済の破局がやってくる事でしょう。

しかし、ここで今論じようとしているグローバル崩壊は、経済の崩壊だけの事ではありません。人類社会のグローバル崩壊、地球生態系の崩壊、更に大げさに言えば、その言葉のまま「地球の崩壊」と言うような崩壊の危機に面しているのが21世紀と言えましょう。

ここのサイトで散々論じてきたように、グローバル化の大きな問題点は、『問題の先送り肥大化』です。ゴミ問題から、資源不足、環境破壊、環境汚染も、大問題になる前に国内であれば田舎とか僻地と呼ばれる地域、国外であれば「発展途上」と呼ばれている国々に押し付けて問題を先送りして、根本的な解決の無いままに肥大化させてきたのが「グローバル化」でした。地球規模までに肥大化してしまった問題は、地球全体に蔓延してしまったら、もうよそへ押し付けるわけにはいきません・・・「宇宙に送る」と言う選択肢があると考えている人も多いようですか、それはかなり甘い考えでしょう。確かに日々、地球のエントロピーは宇宙に捨てられていますが、それは地球上での大きな自然の循環・・・大気の循環、水の循環、生態系の循環・・・を通してです。人間が科学技術を使って人工的にそれを行うのは、困難でしょう・・・エネルギーの投入/産出 比をしっかり計算すれば、より多くのエントロピーを排出する事になって仕舞います。人間の出来る事は、その自然の循環を破壊せず、更に豊かになるようにする事です。・・しかし現在はその循環さえ破壊しています。
環境問題は、経済等のグローバル化によって、より酷くなっています。もう既に地球規模の問題になっている環境問題も沢山あります。いよいよその負荷に地球の生態系も耐えきれなくなり、グローバルな崩壊が始まろうとしています。【複合大崩壊】・・非常に恐ろしい事です。

反グローバリズムも世界中の多くの国で主張されるようになって久しくなります。(日本ではまだまだ、反グローバリズムはメジャーになっていません。だから、それほど抵抗も無く愚かなTPPに突入しようとしているのでしょう。)
「逃げ場無し」のグローバリズム崩壊を防ぐ(予防する)為には、グローバル化の流れは止めなければなりません。その為には先ずはグローバル崩壊の【正当な恐怖心】を共通認識とするべきでしょう。


スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/10/23 00:01】 | 国際社会 トラックバック(0) |

原因は何か
guyver1092
 同意します。なぜこのような選択になるか理解に苦しみます。日本人(人間)が洗脳されているからか、もしくは自らの強欲のため自縄自縛になっているのか、どちらでしょうか?


Re:
雑草Z
 確かに原因を考えるべきですね。guyver1092さんのおっしゃるところの

>日本人(人間)が洗脳されているからか、もしくは自らの強欲のため自縄自縛になっているのか


は、どちらも主因でしょう。・・よく当てはまっていると思います。江戸時代の日本人が出来た事を今の世界の人々は出来なくなってきているのは、自然をも征服しようとする欲望を戦争の得意な白人が世界に蔓延させたからと言う事が大きな原因だと考えますが、如何でしょうか?

洗脳
guyver1092
 原因を考えてみました。理論構成は次の通りです。
 現代人は現代の会計規則にしたがった世の中に生まれ、その中で育ち、教育を受けるわけですから、拡大再生産の世の中が当たり前であると刷り込まれます。大人になればなったで、拡大再生産の理屈に異議を唱えるだけなら可能でしょうが、行動として実行すれば、社会からはじき出され生きるのが非常に難しくなります。また、良い生活をしようとの欲望があれば、拡大再生産の社会を認めたうえでよく研究し、自分がフリーライダーになれば文字通りの濡れ手に粟のぼろ儲けが出来、現在のシステムを変えようと言う気にはなりません。
となりましょうか?

Re:洗脳
雑草Z
guyver1092さん、大変わかり易く、説得力のある理論構成、有難う御座います。納得致しました。

>拡大再生産の理屈に異議を唱えるだけなら可能でしょうが、行動として実行すれば、社会からはじき出され生きるのが非常に難しくなります。

ここが最大のポイントですね。持続可能でない生き方

>拡大再生産の社会を認めたうえでよく研究し、自分がフリーライダーになれば

を実現してきた人々が自ら「成功者」と呼んで、「目標とする生き方」として来た事が諸悪の根源ですね。
やっぱり、高度経済成長の遺物を一掃する必要がありますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
原因は何か
 同意します。なぜこのような選択になるか理解に苦しみます。日本人(人間)が洗脳されているからか、もしくは自らの強欲のため自縄自縛になっているのか、どちらでしょうか?
2013/10/24(Thu) 21:37 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:
 確かに原因を考えるべきですね。guyver1092さんのおっしゃるところの

>日本人(人間)が洗脳されているからか、もしくは自らの強欲のため自縄自縛になっているのか


は、どちらも主因でしょう。・・よく当てはまっていると思います。江戸時代の日本人が出来た事を今の世界の人々は出来なくなってきているのは、自然をも征服しようとする欲望を戦争の得意な白人が世界に蔓延させたからと言う事が大きな原因だと考えますが、如何でしょうか?
2013/10/25(Fri) 01:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
洗脳
 原因を考えてみました。理論構成は次の通りです。
 現代人は現代の会計規則にしたがった世の中に生まれ、その中で育ち、教育を受けるわけですから、拡大再生産の世の中が当たり前であると刷り込まれます。大人になればなったで、拡大再生産の理屈に異議を唱えるだけなら可能でしょうが、行動として実行すれば、社会からはじき出され生きるのが非常に難しくなります。また、良い生活をしようとの欲望があれば、拡大再生産の社会を認めたうえでよく研究し、自分がフリーライダーになれば文字通りの濡れ手に粟のぼろ儲けが出来、現在のシステムを変えようと言う気にはなりません。
となりましょうか?
2013/10/27(Sun) 20:55 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:洗脳
guyver1092さん、大変わかり易く、説得力のある理論構成、有難う御座います。納得致しました。

>拡大再生産の理屈に異議を唱えるだけなら可能でしょうが、行動として実行すれば、社会からはじき出され生きるのが非常に難しくなります。

ここが最大のポイントですね。持続可能でない生き方

>拡大再生産の社会を認めたうえでよく研究し、自分がフリーライダーになれば

を実現してきた人々が自ら「成功者」と呼んで、「目標とする生き方」として来た事が諸悪の根源ですね。
やっぱり、高度経済成長の遺物を一掃する必要がありますね。
2013/10/28(Mon) 20:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。