-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-10-17 00:01
国会議員から地方自治体の議員まで「何とか経済成長路線に戻したい」「自由な投資・貿易の推進・拡大こそが日本の国益を最大化する」・・と、相変わらずな経済成長、グローバリズムな考えに洗脳されている政治家がいまだに多数派です。私はこの手の考えを持つ人々を「高度経済成長時代の遺物」と呼んでいます。現在の世界の多数派である「高度経済成長時代の遺物」によって、地球環境は大きな打撃を受け続けています。いつカタストロフィーの形になってもおかしくない状況です。
「高度経済成長時代の遺物」と言う表現は、高度経済成長時代には、彼らのような拡大志向の政治家が必要だったが、今は時代錯誤だ・・・と言う表現に聞こえるかもしれませんがそういう事ではありません。(・・そのように考えている人は結構いると思いますが、それはそれで、「現在不必要、いてはならない」と言う意味で同志と考えています。)私は高度経済成長時代とは、文明の麻薬、ドーピングだったと考えています。日本に限らず、世界の多くの国家が「高度経済成長時代」を通過して、自給自足もままならない持続不可能な社会に変貌を遂げています。つまり、元来、いわゆる「高度経済成長時代」はあってはならないものだと考えています。高度経済成長時代がもたらすものは一時的な「豊富な物資」で、それと引き換えに生態系が破壊され、社会の持続可能性が失われ、文明崩壊に足を踏み入れるのです。高度経済成長時代によって「物資が有り余るほど生産され、豊富に使えるようになる」と言うよりも「不要な物まで強迫的に使わせられて、浪費が進む」と言うべきでしょう。【高度経済成長時代を経ると言う事】で描いた通りです。

さて、それは兎も角、現在「経済成長政策を推進している連中を政治の舞台に上げておく事は非常に危険な事です。
アベノミクスでなんて叫んでいる愚かな時代錯誤のどこかの国の首相は、典型的な高度経済成長時代の遺物でしょう。最近は、繰り返し失敗している使い古しの方法を「三本の矢」なんて呼んで、さも素晴らしい政策であるかのように陶酔しているのですから、危険極まりありません。経済成長を企んでいる、高度経済成長を賛美する人々は、近い将来、そしてパロディや笑い物にされるでしょう。しかしそれだけでは済みません。生態系、持続可能な社会を破壊した「主犯」とみなされるでしょう。
社会を崩壊の方向に進めたのに、責任はとらないでしょう・・・とることも出来ません。
これら「高度経済成長時代の遺物」は、現在、国や地方などあらゆる政治の場にいて、当然の主張をしていると思っているのです。彼らを指導者から外していかなければ人類に未来は無いでしょう。その為には大衆も彼等を政治家に選ばないようにしなければなりません。・・そうしなければ民度が低過ぎます。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/10/17 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

繰り返して失敗する
guyver1092
 人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でするそうです。そしてお金が絡むととことん馬鹿になるようですね。

人間の既成概念
団塊親爺の遺言
つい最近のニュースです 私には涙が出る程の出来事

欧州で家畜たちの密飼いが禁止されたニュースです

身動きの出来ない檻の中での飼育が法律で禁止に
人間の考えは家畜たちを運動させなければ早く太る
とか考え 太陽も拝めず自由に運動も出来ずに病気が
蔓延・・薬剤の限界で不健康な家畜の肉を食べる私たち

家畜たちの生命の尊厳が少し見直される様です
草食動物たちも鶏たちも本来の生き方をさせると
ストレスが解消され・・1~2割高い価格が付くと云う

太陽の下で自由に動き廻る事が生命にどれだけ大切か・・
本来の食べ物を食べる事 親子関係の絆が如何に
大切か・・これらを無視して来た人の考えは今やっと
転換期に成りそうですね 食べ物から考える私の考え方は
的外れかもしれません 私たちが知らない間に変な薬剤が
混入されて入る現在の食べ物は信用が出来ません

例えば今のキャベツ畑にモンシロ蝶が飛んでいません
如何なる薬剤が使用されているのか心配です
今年の新しい発見ですが貝の粉を撒くと蝶が卵を産みに来ません
自然の仕組は本当に不思議です・・
経済に疎い私の話 お詫び申しあげます

Re:繰り返して失敗する
雑草Z
>人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする

これは一部の人間の事でしょうけれど、「お金で殺人」が、ニュースになる一方、水俣病等の公害病の隠蔽や原発での被曝労働などは大企業や政府によって組織的に行われて来ました。非常に残酷な事です。より沢山の人が被害を被りますし罪の意識が低い分、後者のほうが酷いかも知れません。

古代ローマのコロッセオ等での残酷な見世物の殺人が許されなくなった一方で、労働者の商品化や庶民の犠牲を黙認した産業は無くなっていませんね。

Re:人間の既成概念
雑草Z
>欧州で家畜たちの密飼いが禁止されたニュース

そうでしたか。・・それは団塊親爺の遺言さんと一緒に私も嬉しいです。

>身動きの出来ない檻の中での飼育

は非常に残酷でしたからね。それに密飼いは、家畜達に大きなストレスを与え、病気が蔓延するので、抗生物質が大量に投与され抗生物質に対する抗体をもった細菌も次々に現れていました。密飼いは動物に対して余りに残酷なだけでは無く、この不自然さは、人間にとっても非常に良くないですね。
廃肉処理で草食動物に共食いを強いて、狂牛病が発生したと言う話も否定出来ません。鳥インフルエンザの蔓延も密飼いが原因のようです。
フォアグラの作り方も動物に対する虐待ですし、不健康で贅沢なものだと思います。フォアグラなんかも禁止されればいいと思います。

>病気が 蔓延・・薬剤の限界で不健康な家畜の肉を食べる私たち

本当に酷い話です。密飼いなどで、日本の牛、豚の6割が病気と言う統計データもあります。

>今やっと転換期に成りそうですね

是非ともこの方向で進んで欲しいですね。 
 

Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
guyver1092
 この元ネタは「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」で、被験者に他人に電気ショックを与えるか、もしくはお金をあきらめるかの決断を迫る実験によります。事前に全く仮定の話として選択させた場合は64%の人が電気ショックを与えない選択をしましたが、実際にお金を絡ませると、96%の人が他人に電気ショックを与える選択をしたそうです。
 大企業、政府による残虐行為はまさしく法人(集団的頭脳)の暗黒面でしょう。集団的頭脳では、組織存続のためのルールが優先され、組織の末端、あるいは組織の外の者は搾り取り、使い捨てるための消耗品にすぎません。今回はつぶれたようですが、解雇特区などはその典型でしょう。

Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
雑草Z
なるほど、・・・と、すると

>人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする

は、ごく一部の人では無く大多数の人に言える事となりましょうか?・・・その場合、対策はどうすればいいのでしょう?

また、

>集団的頭脳では、組織存続のためのルールが優先され、組織の末端、あるいは組織の外の者は搾り取り、使い捨てるための消耗品

のような事が起こらないようにする為にはどうすればいいのでしょうね?

Re:Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
guyver1092
 対策としては、この本に紹介されていた別の実験がヒントになると思います。実験内容は、ある会社のセールスマンの報酬の分け方について評価するものです。十人のセールスマンがいたと仮定して、業績はトップと最下位との売り上げが100倍あり、その他の者はこの間に散らばっているとの仮定です。報酬はチョコレートの場合、休暇の場合、貨幣の場合のそれぞれで、すべて均等に支給します。この分け方が公平か不公平かを判断してもらうと言う物です。チョコレートと休暇の場合は、おおむね公平だけどちょっと不公平か、との評価に対して、貨幣の場合はこの分け方は不公平だ、との評価になりました。人はお金に対して特別の評価をしているとの結果でした。これは現代社会では貨幣が不滅で、プラス金利であることからの判断と考えます。ゲゼル主義を採用し、貨幣の特権を廃止すればこの人間の残酷さ対策になると考えます。
 集団的頭脳の暗黒面対策は、例えば政府が何らかの悪事を働けば、落選し、次の政権により必ず断罪されることになればこのような使い捨てはしなくなるでしょうが、日本人はこのような選択は出来ないようですね(歴史的に見て)。

Re:Re:Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
雑草Z
>人はお金に対して特別の評価をしている

これは、お金は何にでも換えられる権利のような存在と位置づけているからでしょう。

だから、お金に対する価値観を低くするのは難しい事かも知れません。なかなか具体策が思いつきませんね。

>ゲゼル主義を採用し、貨幣の特権を廃止すればこの人間の残酷さ対策になると考えます。

は、guyver1092さんが以前にも似たような事を主張されて丁寧に御説明もして頂きましたが、なかなか具体的に想像しにくい感じです。改めまして考えるヒントを頂ければ幸いです。

>集団的頭脳の暗黒面対策は、例えば政府が何らかの悪事を働けば、落選し、次の政権により必ず断罪されることになればこのような使い捨てはしなくなるでしょうが、日本人はこのような選択は出来ないようですね(歴史的に見て)。

確かに断罪されるべき政治家、官僚、そして企業の役員が、断罪されていないケースが目立ちますね。今回の原発事故でも訴訟団が結成されて訴えたのに、いまだに誰一人罰せられていません。これではモラルハザードが助長されてしまいます。司法がしっかり罰すべきですが、三権分立も曖昧な日本ではなかなか望めません。



ゲゼル主義
guyver1092
 人間は、物が劣化していくのは経験として理解しているので、お金についても、物と同等に劣化するよう約束を変えようと言うのが根本と理解しています。
 実はギリシャ悲劇もプラス金利のお金の発生によって生み出されたとありました(検証はしていませんが)。

Re:ゲゼル主義
雑草Z
ゲゼル主義に関しては、以前にも説明頂きましたが、ちょっと具体的な感覚が掴みにくい感じです。

それとはまた違った疑問ですが、劣化するお金を使用した場合、それを貯め込もうと言う心理は働かなくなるかもしれませんが、逆に直ぐに使ってしまおう・・・と言う心理は働きそうですね。・・・その場合また、お金、資源の浪費に繋がらないでしょうか?

過去の例
guyver1092
 過去の例としてヴェルクルでは、住民は一通り欲しいものを手に入れた後は、木を植え始めたそうです。中世ヨーロッパでは、人々はお金ではなく、教会等、価値が永続すると考えた物に投資したそうです。古代エジプトでは、用水路等に投資したとか。
 私も浪費につながらないかとの疑問はもちましたが、読んだことのある本の中では、浪費は起こらないと思わせることが書かれていました。実際にどうかまでは想像がつきません。
 固定した太陽エネルギーに一致した額だけ貨幣を発行するようになれば、浪費は起こらないだろうと想像しますが。

Re:過去の例
雑草Z
>住民は一通り欲しいものを手に入れた後は、木を植え始めた
>中世ヨーロッパでは、人々はお金ではなく、教会等、価値が永続すると考えた物に投資した

過去は望ましい方向へ向かったのですね。現代のように病んでいなかったのでしょうか?それとも現代でも

>一通り欲しいものを手に入れた後は、

そのような方向へ進むのでしょうか?・・・現代でも多くの人はきっと過去の例のように社会福祉の方向へ進むと思いますが一部の強欲な輩が、巨万の富を求めて暴走しているのでしょう。強欲者対策として富の上限を決めた方が良いと思われますが、如何に?

>読んだことのある本の中では、浪費は起こらないと思わせることが書かれていました。

それは非常に気になります。具体的にどのような事がかかれていたのでしょうか?

>固定した太陽エネルギーに一致した額だけ貨幣を発行するようになれば、浪費は起こらないだろうと想像

なるほど、そうかも知れません。その場合、浪費出来るほどの貨幣を手に入れる事自体難しいでしょうね・・・その意味でもいい方策かも知れません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
繰り返して失敗する
 人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でするそうです。そしてお金が絡むととことん馬鹿になるようですね。
2013/10/19(Sat) 13:12 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
人間の既成概念
つい最近のニュースです 私には涙が出る程の出来事

欧州で家畜たちの密飼いが禁止されたニュースです

身動きの出来ない檻の中での飼育が法律で禁止に
人間の考えは家畜たちを運動させなければ早く太る
とか考え 太陽も拝めず自由に運動も出来ずに病気が
蔓延・・薬剤の限界で不健康な家畜の肉を食べる私たち

家畜たちの生命の尊厳が少し見直される様です
草食動物たちも鶏たちも本来の生き方をさせると
ストレスが解消され・・1~2割高い価格が付くと云う

太陽の下で自由に動き廻る事が生命にどれだけ大切か・・
本来の食べ物を食べる事 親子関係の絆が如何に
大切か・・これらを無視して来た人の考えは今やっと
転換期に成りそうですね 食べ物から考える私の考え方は
的外れかもしれません 私たちが知らない間に変な薬剤が
混入されて入る現在の食べ物は信用が出来ません

例えば今のキャベツ畑にモンシロ蝶が飛んでいません
如何なる薬剤が使用されているのか心配です
今年の新しい発見ですが貝の粉を撒くと蝶が卵を産みに来ません
自然の仕組は本当に不思議です・・
経済に疎い私の話 お詫び申しあげます
2013/10/20(Sun) 18:37 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:繰り返して失敗する
>人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする

これは一部の人間の事でしょうけれど、「お金で殺人」が、ニュースになる一方、水俣病等の公害病の隠蔽や原発での被曝労働などは大企業や政府によって組織的に行われて来ました。非常に残酷な事です。より沢山の人が被害を被りますし罪の意識が低い分、後者のほうが酷いかも知れません。

古代ローマのコロッセオ等での残酷な見世物の殺人が許されなくなった一方で、労働者の商品化や庶民の犠牲を黙認した産業は無くなっていませんね。
2013/10/21(Mon) 06:21 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:人間の既成概念
>欧州で家畜たちの密飼いが禁止されたニュース

そうでしたか。・・それは団塊親爺の遺言さんと一緒に私も嬉しいです。

>身動きの出来ない檻の中での飼育

は非常に残酷でしたからね。それに密飼いは、家畜達に大きなストレスを与え、病気が蔓延するので、抗生物質が大量に投与され抗生物質に対する抗体をもった細菌も次々に現れていました。密飼いは動物に対して余りに残酷なだけでは無く、この不自然さは、人間にとっても非常に良くないですね。
廃肉処理で草食動物に共食いを強いて、狂牛病が発生したと言う話も否定出来ません。鳥インフルエンザの蔓延も密飼いが原因のようです。
フォアグラの作り方も動物に対する虐待ですし、不健康で贅沢なものだと思います。フォアグラなんかも禁止されればいいと思います。

>病気が 蔓延・・薬剤の限界で不健康な家畜の肉を食べる私たち

本当に酷い話です。密飼いなどで、日本の牛、豚の6割が病気と言う統計データもあります。

>今やっと転換期に成りそうですね

是非ともこの方向で進んで欲しいですね。 
 
2013/10/21(Mon) 06:45 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
 この元ネタは「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」で、被験者に他人に電気ショックを与えるか、もしくはお金をあきらめるかの決断を迫る実験によります。事前に全く仮定の話として選択させた場合は64%の人が電気ショックを与えない選択をしましたが、実際にお金を絡ませると、96%の人が他人に電気ショックを与える選択をしたそうです。
 大企業、政府による残虐行為はまさしく法人(集団的頭脳)の暗黒面でしょう。集団的頭脳では、組織存続のためのルールが優先され、組織の末端、あるいは組織の外の者は搾り取り、使い捨てるための消耗品にすぎません。今回はつぶれたようですが、解雇特区などはその典型でしょう。
2013/10/22(Tue) 23:10 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
なるほど、・・・と、すると

>人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする

は、ごく一部の人では無く大多数の人に言える事となりましょうか?・・・その場合、対策はどうすればいいのでしょう?

また、

>集団的頭脳では、組織存続のためのルールが優先され、組織の末端、あるいは組織の外の者は搾り取り、使い捨てるための消耗品

のような事が起こらないようにする為にはどうすればいいのでしょうね?
2013/10/22(Tue) 23:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
 対策としては、この本に紹介されていた別の実験がヒントになると思います。実験内容は、ある会社のセールスマンの報酬の分け方について評価するものです。十人のセールスマンがいたと仮定して、業績はトップと最下位との売り上げが100倍あり、その他の者はこの間に散らばっているとの仮定です。報酬はチョコレートの場合、休暇の場合、貨幣の場合のそれぞれで、すべて均等に支給します。この分け方が公平か不公平かを判断してもらうと言う物です。チョコレートと休暇の場合は、おおむね公平だけどちょっと不公平か、との評価に対して、貨幣の場合はこの分け方は不公平だ、との評価になりました。人はお金に対して特別の評価をしているとの結果でした。これは現代社会では貨幣が不滅で、プラス金利であることからの判断と考えます。ゲゼル主義を採用し、貨幣の特権を廃止すればこの人間の残酷さ対策になると考えます。
 集団的頭脳の暗黒面対策は、例えば政府が何らかの悪事を働けば、落選し、次の政権により必ず断罪されることになればこのような使い捨てはしなくなるでしょうが、日本人はこのような選択は出来ないようですね(歴史的に見て)。
2013/10/24(Thu) 21:31 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:Re:Re:人間はお金が絡むと、残虐なことでも平気でする
>人はお金に対して特別の評価をしている

これは、お金は何にでも換えられる権利のような存在と位置づけているからでしょう。

だから、お金に対する価値観を低くするのは難しい事かも知れません。なかなか具体策が思いつきませんね。

>ゲゼル主義を採用し、貨幣の特権を廃止すればこの人間の残酷さ対策になると考えます。

は、guyver1092さんが以前にも似たような事を主張されて丁寧に御説明もして頂きましたが、なかなか具体的に想像しにくい感じです。改めまして考えるヒントを頂ければ幸いです。

>集団的頭脳の暗黒面対策は、例えば政府が何らかの悪事を働けば、落選し、次の政権により必ず断罪されることになればこのような使い捨てはしなくなるでしょうが、日本人はこのような選択は出来ないようですね(歴史的に見て)。

確かに断罪されるべき政治家、官僚、そして企業の役員が、断罪されていないケースが目立ちますね。今回の原発事故でも訴訟団が結成されて訴えたのに、いまだに誰一人罰せられていません。これではモラルハザードが助長されてしまいます。司法がしっかり罰すべきですが、三権分立も曖昧な日本ではなかなか望めません。

2013/10/25(Fri) 01:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ゲゼル主義
 人間は、物が劣化していくのは経験として理解しているので、お金についても、物と同等に劣化するよう約束を変えようと言うのが根本と理解しています。
 実はギリシャ悲劇もプラス金利のお金の発生によって生み出されたとありました(検証はしていませんが)。
2013/10/27(Sun) 20:44 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:ゲゼル主義
ゲゼル主義に関しては、以前にも説明頂きましたが、ちょっと具体的な感覚が掴みにくい感じです。

それとはまた違った疑問ですが、劣化するお金を使用した場合、それを貯め込もうと言う心理は働かなくなるかもしれませんが、逆に直ぐに使ってしまおう・・・と言う心理は働きそうですね。・・・その場合また、お金、資源の浪費に繋がらないでしょうか?
2013/10/28(Mon) 19:52 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
過去の例
 過去の例としてヴェルクルでは、住民は一通り欲しいものを手に入れた後は、木を植え始めたそうです。中世ヨーロッパでは、人々はお金ではなく、教会等、価値が永続すると考えた物に投資したそうです。古代エジプトでは、用水路等に投資したとか。
 私も浪費につながらないかとの疑問はもちましたが、読んだことのある本の中では、浪費は起こらないと思わせることが書かれていました。実際にどうかまでは想像がつきません。
 固定した太陽エネルギーに一致した額だけ貨幣を発行するようになれば、浪費は起こらないだろうと想像しますが。
2013/10/30(Wed) 22:27 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:過去の例
>住民は一通り欲しいものを手に入れた後は、木を植え始めた
>中世ヨーロッパでは、人々はお金ではなく、教会等、価値が永続すると考えた物に投資した

過去は望ましい方向へ向かったのですね。現代のように病んでいなかったのでしょうか?それとも現代でも

>一通り欲しいものを手に入れた後は、

そのような方向へ進むのでしょうか?・・・現代でも多くの人はきっと過去の例のように社会福祉の方向へ進むと思いますが一部の強欲な輩が、巨万の富を求めて暴走しているのでしょう。強欲者対策として富の上限を決めた方が良いと思われますが、如何に?

>読んだことのある本の中では、浪費は起こらないと思わせることが書かれていました。

それは非常に気になります。具体的にどのような事がかかれていたのでしょうか?

>固定した太陽エネルギーに一致した額だけ貨幣を発行するようになれば、浪費は起こらないだろうと想像

なるほど、そうかも知れません。その場合、浪費出来るほどの貨幣を手に入れる事自体難しいでしょうね・・・その意味でもいい方策かも知れません。
2013/10/31(Thu) 22:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。