-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-08-29 00:02
現代社会で使われている科学技術は「必要」で「需要」があったから作られたというよりも、企業が儲けたいが為に、様々な「工夫」をして、ニーズを作り出して使われるようになったもののほうが圧倒的に多いように感じます。
その代表例の一つが農薬ではないでしょうか。農薬は必要悪ともいわれますし、もっと肯定的に農業の救世主のように言われ続けてきました。本当に農薬が農業の救世主なのかを考えてみます。

農家にとって、農作物を食い荒らす「害虫」は、大変厄介な代物の一つに違いはないでしょう。自分の作った農作物に、害虫がつかなければ、大抵の農家は嬉しいに違いありません。しかし一方、農薬は、害虫を殺すのですから、生体にとって有毒です。人間にも何らかの害があるでしょう。「益虫」と呼ばれる虫も殺すでしょう。生態系を破壊しますし、大地も川も沼も湖も海も・・・地上の土地を汚染します。その大きな「負の面」と比較しても、農薬は「必要悪」であったと言えるとは到底考えられません。
害虫に農作物を食い荒らされて農家が大変であったので、農家を救うために化学者達が研究を重ねて農薬を作ってきた・・・漠然とそう思っている人は少なくないでしょう。しかし実際は、第二次世界大戦等で化学兵器;神経ガスなどの毒ガスを作って大きくなった化学企業(モンサントが典型例)が、戦争が終わって化学兵器の需要が減ったので、生き残りも掛けて化学兵器を農薬に技術転用したものが農薬です。ベトナム戦争で散布して、奇形児が沢山生まれてしまった原因となった「枯れ葉剤」もモンサントなどの農薬生産企業が製造したものです。つまり、農薬はもともと人や植物を殺すのが目的で作られたものの技術転用で、「害虫駆除」が目的ではなかったのです。その意味では、「破壊と殺人」が目標であった「原子爆弾」の転用で「原子力発電」が作られたのと似ています。

この、化学兵器から転用された農薬には本当の「需要」があったのでしょうか?「害虫」に作物が食い荒らされるという被害は農業が始まった古代よりあったでしょう。しかし、害虫に食い荒らされることによって、食料が不足し、飢餓になったという事件が頻繁に起こってていたという史実はありません。もっと大きな獣による被害のほうが多かったかも知れません。水不足などによる作物の成長不順のほうが飢饉の主な原因だったのではないでしょうか。農薬散布は、「害虫」が減るばかりか、同時に「害虫」を食べる「益虫」も減ります。勿論、「害虫」を食する鳥や魚、蛙や蛇も減るでしょう。生物どうしの繋がりが断ち切られ、生態系が破壊されるのです。
農薬によって害虫が減ったとしても、農薬による「毒」の被害のほうが嫌だと思うのは私だけではないでしょう。農薬が沢山ついている見かけが「きれい」な果物と、無農薬で虫食いの跡が見られる見かけが「汚い」果物とどちらを食べたいかと尋ねられたら、人にも程度にも依るでしょうが、私は迷わず無農薬を選びます。農薬果物を選ぶ人も多いでしょうが、それは農薬会社の刷り込み等があるからではないでしょうか?「見かけの汚さ」を強調して農薬を使うことを奨励してきたのは農薬関連企業のプロパガンダに負うところが大きいのではないでしょうか?無農薬で見かけが汚い「果物」よりも、農薬を使った見かけがきれいな「果物」のほうが、よっぽど健康に悪い場合が多いでしょう。現代の潔癖症による、判断ミスだと思います。(潔癖症も、コマーシャルなどによる影響でしょう。)

第二次世界大戦で負けた日本は、戦勝国の欧米(特にアメリカ)の化学会社の戦略に乗って、大量に農薬を導入してきました。情けない事に、日本の農協もその戦略に乗っかって、大量に農薬を推奨し、自ら積極的に販売してきました。「防除暦」なるものまで作って、日本の農家を農薬漬けにしてきました。防除暦は、農協が作る作物別の薬剤散布計画です。毎年末に次年度の病害虫の発生予想をもとにして作られます。それに従って農家は、翌年の農薬や防除器具を前もって調達するのです。病害虫の発生予測が、正確に為される筈もないでしょう。害虫が殆ど発生しなくても、「予防」の意味で無駄で有害な農薬が散布されてきたのです。これでは過剰散布になってしまうのは明らかです。今では日本は、単位面積当たり世界一農薬を使う国になってしまいました。なんと情けないことでしょう。農家の為と言うよりも、農薬を作る化学会社や、そこへ天下る農水官僚、農薬を販売する農協等の利権の為の過剰農薬散布です。日本の農家7軒に1人の割合で、農水官僚や農協職員が農家におんぶしていると聞いたことがあります。
日本に限らず、農薬は、害虫による害を大げさにプロパガンダして、農薬の素晴らしさを誇大広告し普及されていったのでしょう。メリットばかり強調した宣伝、売り込み、押し付けによる刷り込まれて世界中に普及してきたということです。農家の切実なる願いで普及したものではないでしょう。


有機無農薬農法、有機自然農法をやっている人達の中には、無農薬でも、ほとんど虫食いのない作物を作っている人が沢山います。化学農薬を使わなくても、方法は色々あるのです。(遺伝子組み換え作物は論外です。)自然の植物や岩石、貝殻を使う方法から、コンパニオンプラント、天敵を利用する方法などが様々です。有機肥料の配合割合で、細胞壁をしっかり作り、害虫の侵入を防ぐ方法などを直に聞いたこともあります。工夫は様々です。それら様々な方法を発展させて行く方が、安易に農薬に頼るよりも安全である事に間違いはないでしょう。化学兵器の転用で作った農薬よりも、すこしぐらい虫食いがあっても、無農薬作物のほうが遥かに体にいい筈です。化学農薬がこれほど普及されなければ、もっと有効で害の少ない方法が研究され、普及したのではないかと考えます。

農薬に限らず、現在普及している様々な「必需品」が、実は業界によるニーズの開拓による「不必要品の必需品化」によるものが多いと考えています。
Powerさんのコメント「不要な仕事シリーズ」も参考に他の例も、考察しアップしていく予定です。

参考文献;自殺する種   安田節子著 平凡社
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/08/29 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

何一つ解決出来ない
団塊親爺の遺言
昨日帰って来ました2週間程、北海道、青森の農家へ説明し
前もって送っていたサンプルの効果を聴いて来ました
農薬ではもうアブラムシもハダニも効果が全く無い現状
農家の経費は年々増え限界を超えていました
今の農薬は全く効果が無い事 堆肥を入れても良質な堆肥は
時間が懸かりそれに農薬を撒く有様・・TPP反対の旗が
あちらこちらに立っていましたが農家に私は言いました
農協の前に置かれた農薬はアメリカから来たものですよね
既にTPP反対を言う前にアメリカに支配されているのでは
と・・農家に成す術は無い様でした 農家の利益は組織に
搾取され組織の利益は雪だるまの支配構造 これが日本の
農業の指導者なのです 机の上で自分たちの利益を眺め
ほくそ笑む指導者たち・・本当の害虫はこの組織だ
私は自分の目で見る安全な害虫対策ですと貝と岩を撒いた
農家から歓待されました 農薬なんて要らなかった・・
青虫にだけは効果が無いと思われたモンシロチョウの舞う
畑の一部に粉を撒くと不思議な事が起きました
粉の撒いた処に蝶が来ないのです 卵を産みに畑を乱舞
していた蝶たちがそこだけ来ない 新しい発見でした
無農薬農家へも寄りご馳走に成った野菜は干ばつでも
皮は柔らかく幾らでもお腹に入りました 今後の協力を
約束し原料を仕入れ戻って来ましたが益々確信が持てました
TPP反対の前に日本独自の技術を持つ事が大切
政治家や利権組織の人間は安全な食べ物造りを知らない
利益だけしか考え無い者たちを農業の指導者とし御用農学者を
排斥しなければ全て農薬漬けに成った食べ物 そこから
起こる様々な私たちの病気の解決は出来ません
既に薬剤メーカーに支配された社会 許せません

Re:何一つ解決出来ない
雑草Z
    団塊親爺の遺さん

 アップ早々の長文のコメント、有難う御座います。

近代農業は、細かい事で改良した事は色々あるでしょうが、大きな事は何一つ解決していないと言うのは当たってるでしょうね。それどころか状況は悪くなる一方ですね。化学農業は農業を改悪したと言っても過言ではないでしょう。

>今の農薬は全く効果が無い事 堆肥を入れても良質な堆肥は時間が懸かりそれに農薬を撒く有様

農薬と化学肥料で土の中の生態系が壊されているから、堆肥を入れても駄目なのでしょうね。それゆえ更に化学肥料と農薬に依存する悪循環・・・まさに薬物ドーピングです。

>本当の害虫はこの組織

全くその通りだと思います。化学メーカー、アグリバイオ企業と官僚の癒着は日本だけでは無く、多くの国の害虫だと思います。これからの御活躍を期待いたします。

害虫の範疇
guyver1092
 現在米の害虫と認識されている虫の中には、江戸時代には害虫と認識されていなかった虫もいるようです。ツマグロヨコバエなどは、米に汁を吸った跡が付き、それが汚いという理由で害虫ですが、これは異常な潔癖症の結果でしょうね。他にもあったような気がしますが、覚えていません。
 蜂群崩壊症候群も農薬の所為と疑われていますし、長い目で見れば思わぬところからしっぺ返しがくることもあるでしょう。というか蜂群崩壊症候群が農薬の所為ならもうすでにしっぺ返しを食らっているということですね。

どうすれば儲かる
団塊親爺の遺言
世界中が平和になったら・・

世界中の人間が健康になったら・・

兵器メーカーも製薬剤メーカーも利益は上げられない

1%の人間の考え方 まさに今の世の中は破壊から生まれる様です 
昔の本当の自然を知らない人が増え富を追い求める強欲な
人々に支配された様です 田舎は昔は井戸水が当たり前
今は水が汚染され水道が引かれています 環境汚染は甚大な
様相です 無農薬農家は種は昔からの種でないと育たないと
自家採集農法が増えています 未来に向かって何が本当なのか・・
問われています


Re:害虫の範疇
雑草Z
    guyver1092 #さん

>現在米の害虫と認識されている虫の中には、江戸時代には害虫と認識されていなかった虫もいるようです。

へえ~そうだのですか!?考えた事はありませんでしたが、言われてみればあり得る話ですね。

>ツマグロヨコバエなどは、米に汁を吸った跡が付き、それが汚いという理由で害虫ですが、これは異常な潔癖症の結果

それは意外でした。ツマグロヨコバエは、私が子供の頃、夜によく家の網戸に沢山くっついていました。一部家の中にも入って来ましたが、可愛い感じでした。米の害虫の代表のように言われていましたが、汁を吸った跡が出来るだけなのですね!?

関連して、「自殺する種」に書いてありましたが、米の品質検査も「防除暦」と並ぶ農薬散布を強いる元凶の一つだそうです。カメムシによる吸汁跡が残った「斑点米」1000粒に1粒だと1等米、2粒だと2等米となり、価格が60kgで1000円も違うそうです。だから農家はカメムシ防除に大量の農薬を散布するそうです。しかし、斑点のある玄米も、精米すれば跡も残らないし食べても害が無いそうです。潔癖症の結果もあるかも知れませんが、明らかに農薬会社に儲けさせる為の癒着した政府、農協の陰謀ですね。酷い実態です。

なお、輸入米の品位検査での斑点米基準は、日本の10倍緩い100粒に1粒で、アメリカに有利にする為のダブルスタンダードがまかり通っているそうです。国は、自国の農家を保護する振りをして、実質アメリカのアグリ企業の手先と化しているようです。


Re:どうすれば儲かる
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

引き続きのコメント有難う御座います。

>1%の人間の考え方 まさに今の世の中は破壊から生まれる様です
>昔の本当の自然を知らない人が増え富を追い求める強欲な
人々に支配された様です  

殆どモラルの無い強欲な人間は存在して、彼らが理不尽な企業の論理で世の中を駄目にしていますね。

>自家採集農法が増えています

それならば嬉しい事です。しかし、TPPに参加すると、自家採種農作物の販売禁止・・と言う理不尽な事もまかり通るようです。モラル無き強欲な人々がTPPを悪用しようと狙ってます。日本も第二次世界大戦前は殆ど自家採種農家だったでしょうね。それはごく当たり前の当然の権利でしょう。 


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
何一つ解決出来ない
昨日帰って来ました2週間程、北海道、青森の農家へ説明し
前もって送っていたサンプルの効果を聴いて来ました
農薬ではもうアブラムシもハダニも効果が全く無い現状
農家の経費は年々増え限界を超えていました
今の農薬は全く効果が無い事 堆肥を入れても良質な堆肥は
時間が懸かりそれに農薬を撒く有様・・TPP反対の旗が
あちらこちらに立っていましたが農家に私は言いました
農協の前に置かれた農薬はアメリカから来たものですよね
既にTPP反対を言う前にアメリカに支配されているのでは
と・・農家に成す術は無い様でした 農家の利益は組織に
搾取され組織の利益は雪だるまの支配構造 これが日本の
農業の指導者なのです 机の上で自分たちの利益を眺め
ほくそ笑む指導者たち・・本当の害虫はこの組織だ
私は自分の目で見る安全な害虫対策ですと貝と岩を撒いた
農家から歓待されました 農薬なんて要らなかった・・
青虫にだけは効果が無いと思われたモンシロチョウの舞う
畑の一部に粉を撒くと不思議な事が起きました
粉の撒いた処に蝶が来ないのです 卵を産みに畑を乱舞
していた蝶たちがそこだけ来ない 新しい発見でした
無農薬農家へも寄りご馳走に成った野菜は干ばつでも
皮は柔らかく幾らでもお腹に入りました 今後の協力を
約束し原料を仕入れ戻って来ましたが益々確信が持てました
TPP反対の前に日本独自の技術を持つ事が大切
政治家や利権組織の人間は安全な食べ物造りを知らない
利益だけしか考え無い者たちを農業の指導者とし御用農学者を
排斥しなければ全て農薬漬けに成った食べ物 そこから
起こる様々な私たちの病気の解決は出来ません
既に薬剤メーカーに支配された社会 許せません
2013/08/29(Thu) 08:04 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:何一つ解決出来ない
    団塊親爺の遺さん

 アップ早々の長文のコメント、有難う御座います。

近代農業は、細かい事で改良した事は色々あるでしょうが、大きな事は何一つ解決していないと言うのは当たってるでしょうね。それどころか状況は悪くなる一方ですね。化学農業は農業を改悪したと言っても過言ではないでしょう。

>今の農薬は全く効果が無い事 堆肥を入れても良質な堆肥は時間が懸かりそれに農薬を撒く有様

農薬と化学肥料で土の中の生態系が壊されているから、堆肥を入れても駄目なのでしょうね。それゆえ更に化学肥料と農薬に依存する悪循環・・・まさに薬物ドーピングです。

>本当の害虫はこの組織

全くその通りだと思います。化学メーカー、アグリバイオ企業と官僚の癒着は日本だけでは無く、多くの国の害虫だと思います。これからの御活躍を期待いたします。
2013/08/30(Fri) 21:07 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
害虫の範疇
 現在米の害虫と認識されている虫の中には、江戸時代には害虫と認識されていなかった虫もいるようです。ツマグロヨコバエなどは、米に汁を吸った跡が付き、それが汚いという理由で害虫ですが、これは異常な潔癖症の結果でしょうね。他にもあったような気がしますが、覚えていません。
 蜂群崩壊症候群も農薬の所為と疑われていますし、長い目で見れば思わぬところからしっぺ返しがくることもあるでしょう。というか蜂群崩壊症候群が農薬の所為ならもうすでにしっぺ返しを食らっているということですね。
2013/08/30(Fri) 22:18 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
どうすれば儲かる
世界中が平和になったら・・

世界中の人間が健康になったら・・

兵器メーカーも製薬剤メーカーも利益は上げられない

1%の人間の考え方 まさに今の世の中は破壊から生まれる様です 
昔の本当の自然を知らない人が増え富を追い求める強欲な
人々に支配された様です 田舎は昔は井戸水が当たり前
今は水が汚染され水道が引かれています 環境汚染は甚大な
様相です 無農薬農家は種は昔からの種でないと育たないと
自家採集農法が増えています 未来に向かって何が本当なのか・・
問われています
2013/08/31(Sat) 04:43 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:害虫の範疇
    guyver1092 #さん

>現在米の害虫と認識されている虫の中には、江戸時代には害虫と認識されていなかった虫もいるようです。

へえ~そうだのですか!?考えた事はありませんでしたが、言われてみればあり得る話ですね。

>ツマグロヨコバエなどは、米に汁を吸った跡が付き、それが汚いという理由で害虫ですが、これは異常な潔癖症の結果

それは意外でした。ツマグロヨコバエは、私が子供の頃、夜によく家の網戸に沢山くっついていました。一部家の中にも入って来ましたが、可愛い感じでした。米の害虫の代表のように言われていましたが、汁を吸った跡が出来るだけなのですね!?

関連して、「自殺する種」に書いてありましたが、米の品質検査も「防除暦」と並ぶ農薬散布を強いる元凶の一つだそうです。カメムシによる吸汁跡が残った「斑点米」1000粒に1粒だと1等米、2粒だと2等米となり、価格が60kgで1000円も違うそうです。だから農家はカメムシ防除に大量の農薬を散布するそうです。しかし、斑点のある玄米も、精米すれば跡も残らないし食べても害が無いそうです。潔癖症の結果もあるかも知れませんが、明らかに農薬会社に儲けさせる為の癒着した政府、農協の陰謀ですね。酷い実態です。

なお、輸入米の品位検査での斑点米基準は、日本の10倍緩い100粒に1粒で、アメリカに有利にする為のダブルスタンダードがまかり通っているそうです。国は、自国の農家を保護する振りをして、実質アメリカのアグリ企業の手先と化しているようです。
2013/08/31(Sat) 23:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:どうすれば儲かる
    団塊親爺の遺言さん

引き続きのコメント有難う御座います。

>1%の人間の考え方 まさに今の世の中は破壊から生まれる様です
>昔の本当の自然を知らない人が増え富を追い求める強欲な
人々に支配された様です  

殆どモラルの無い強欲な人間は存在して、彼らが理不尽な企業の論理で世の中を駄目にしていますね。

>自家採集農法が増えています

それならば嬉しい事です。しかし、TPPに参加すると、自家採種農作物の販売禁止・・と言う理不尽な事もまかり通るようです。モラル無き強欲な人々がTPPを悪用しようと狙ってます。日本も第二次世界大戦前は殆ど自家採種農家だったでしょうね。それはごく当たり前の当然の権利でしょう。 
2013/08/31(Sat) 23:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。