-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-08-11 00:01
二十四節季で、「大暑」は7月23日頃ですが、今年の東北は、その頃はまだ梅雨の真っ最中でした。空には雲が大きく張り出して、時々雨を降らせ、最高気温も30℃に達しませんでした。今年の東北地方は、梅雨が明けたのは遅く、8月に入ってからでした。
東日本では統計的に、8月10日頃の「立秋」が気温のピークで、このころを境にして気温は下がり始めるようです。つまり、「立秋」とは、気温が下がり始めると言う意味での秋の始まりを意味するようです。

 さて、今年の夏も猛暑と言われています。日本各地で蒸し暑い真夏日や熱帯夜が続いています。豪雨による土砂災害等も連日報道されています。熱中症の被害も報道されています。3年前【最近夏が暑いのは・・・】2010-8-9 で、冷房や都市計画の無謀さによるヒートアイランド現象の愚を描かせて頂きました。それから3年経って、日本は相変わらずエアコンをガンガン稼働して暑さを凌ごうと言う愚行にあまり変化は見られません。周りの気温をもっと上げる愚行を主な暑さ凌ぎの対策としています。原発依存もさせたいようです。とんでもない事です。この事を一番主張したいのは今でも同じですが、既に3年前に言及していますので今回は、『冷房依存』に関して描かせて頂きます。

ここ数年は「クールビズ」も定着し、夏場は軽装で、エアコンの設定温度も高く・・となっていますが、そんな事にはお構い無しの、クーラーの効かせ過ぎ、使い過ぎによる無駄使いもいまだに沢山見受けられます。
熱中症の被害は今年も次々に報道されていますが、その陰に報道されていない逆の被害も存在します。それは、クーラーの冷え過ぎによる被害です。学校や職場で、クーラーが効き過ぎて体調を壊したと言う話は日常茶飯事です。熱中症の事例よりも身近なところでよく耳にしますが、それは殆ど報道されません。みんなが低い温度設定に慣れているからとそんな低い温度が不快な人も我慢して、厚着をしたり膝かけをしている場合も珍しくありません。そんな事までしてエアコンを運転するって、狂気の沙汰です。クーラーをかけると寒いと言う人がいるならば、クーラーは使うべきではないでしょう。30℃以下でクーラーを使う必要もないでしょうし、エアコンの設定温度は、一番高い設定温度を希望する人に合わせるべきでしょう。
非常にまずいと思う事は、クーラー無しでも夏を過ごせる人・・・元々殆どの人間がそうだった筈です。さらに、熱帯地方に住む人々は、もっと暑い温度でも冷房は必要としなかった筈です。・・・がクーラーの効いたオフィスや学校で、冷房に慣らされて、暑さに弱く、クーラーが必要な体質になる事です。生まれたての赤ん坊の頃からずっと、冷房の完備した部屋で過ごし、少しでも暑いと冷房を入れる習慣がついてしまっているのは恐ろしい事です。「暑さに対する免疫が出来ていない」と言えましょう。これでは熱中症になり易くなっても当然です。「冷房ドーピング」若しくは「冷房依存症」とでも言うべきでしょう。
私の部屋では、この夏はまだ一度もクーラーを使ってはいませんしこれからも使わない予定です。(若し使うとしても除湿だけにする積りです。)クーラーを封印してからもう数年経ちました。体も慣れて、クーラーが無くても過ごせる体質になっています。まあ、東京都内なら辛いかも知れませんが・・。しかしそんな私も、日々クーラーの効いた場所に行く機会だらけです。職場、公共施設、公共交通機関、お店、喫茶店・・・東北地方でも、クーラーの付いて無い建物は珍しくなりました。(北海道ではどうなのでしょう?)そんな場所では、結構設定温度も低めのところも多いのです。外気温が30℃以下でもクーラーを使っています。そんな場所に行くと、クーラーの設定温度が低過ぎる事に憤りを覚えつつも、体はやはり快適です。そして、そんなクーラーの効いた建物から出るとき、建物に入る前はそれほど暑いと思わなかった部屋の外のむっとした熱気に体が不快さを感じます。そして、もう少しクーラーの効いた部屋に居続けたいと体が感じるのです。そう、やっぱりクーラーはドーピング、麻薬や酒やたばこのように依存症を作り出し、暑さに弱い人間を量産しているのです。元々冷房が必要の無かった健康な大多数の人を、大量の無駄なエネルギーを投入して冷房依存症にさせるのです。
現代社会は、様々な依存症を作り出し、大量のエネルギー、資源投入で一時的に対処しようとしています。それを私は【ドーピング社会】と名付けましたが、この夏の暑さの中で、冷房もドーピング社会の典型的な象徴だと感じています。こんな社会が持続する筈は御座いません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/08/11 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

暑いと言ってない
東京珈琲
今年はまだ自分から「暑い」とは言っていません。人から「暑いですね」と言われて「そうですねー」とは言いますけれど。
本当の暑さを知らないのです。炎天下何時間も農作業する暑さに比べたら普通に生活している暑さなんて快適です。とは言っても扇風機は使いますが。
人間は汗で体温調節しますが、その汗の出る汗腺は3歳頃までの環境で数が決まるようで、今の子供は冷房の中育つ為に汗腺が普通の人の半分位になってしまうそうです。なのでそういった人は熱中症になったり暑さに弱いようです。

森の中なんかは本当に涼しいですよね。農作業疲れてきたら歩いて数分の神社に行って手水舎の水飲んで涼んでます。
森の中に街を作れないのでしょうかね。
家もコンクリートでなく木の方が熱の吸収も少ないし、壁は断熱と湿気対策にもなる土壁にするべきです。日本の昔の建物はこうして作られて何百年と持ちます。
先人たちの知恵も交えながら上手く科学技術を取り入れたいですね。

Re:暑いと言ってない
雑草Z
    東京珈琲さん

>炎天下何時間も農作業する暑さに比べたら普通に生活している暑さなんて快適です。

なるほど、納得です。炎天下で農作業をしていれば、他の日常生活等大した暑さでは無いのですね!!素晴らしい事です。

>汗の出る汗腺は3歳頃までの環境で数が決まるようで、今の子供は冷房の中育つ為に汗腺が普通の人の半分位になってしまうそうです。なのでそういった人は熱中症になったり暑さに弱いようです。

子供を過保護に育てて弱くしてしまうのは何とも情けないお話ですね。これが「文明的な快適な生活」でしょうか?

>森の中なんかは本当に涼しいですよね。農作業疲れてきたら歩いて数分の神社に行って手水舎の水飲んで涼んでます

素晴らしい生活をなさっていますね。本当に森の中はいいですね!(・・・でも、蚊とか蚋御は大丈夫ですか?)

生物種としての生命力
guyver1092
 冷房が快適と言うのは認めざるを得ませんね。しかしおっしゃる通り、冷房の害はいろいろあるようです。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#bav=on.2,or.r_qf.&fp=3875f22daf702525&hl=ja&q=%E5%86%B7%E6%88%BF%E3%80%80%E5%AE%B3

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127128612

 また、 東京珈琲さんの言うように、汗腺の数を減らしてしまうと言うのでは、種としての生命力を損なっているということで、冷房の使用はもっと厳格な基準のもとに使用することにすべきですね(熱中症対策だけにするとか)。

 ちなみに私の職場は、建前にうるさいところで、エアコン温度は28度を守っています。私ではないのですが、この温度に慣れると、冷え過ぎず体が楽だと言う人もいました。

Re:生物種としての生命力
雑草Z
>冷房が快適と言うのは認めざるを得ませんね。

そうですね。しかし、その為に暑さに対する抵抗力が弱くなりますから、やっぱりドーピングの類ですね。

>汗腺の数を減らしてしまうと言うのでは、種としての生命力を損なっているということで、冷房の使用はもっと厳格な基準のもとに使用することにすべきですね

そうですね。抗生物質も乱用して、効かなくなってきていますが、乱用は良くないですね。エネルギーも浪費するし、熱も放出してエントロピーの増加を早めます。

>私の職場は、建前にうるさいところで、エアコン温度は28度を守っています。

それはとてもいい事だと思います。28℃で十分でしょう。28℃くらいで冷房を入れたがる人もいますが、そんな人に限って、冬は10℃くらいでも暖房を入れたがりますね。服で調整できる範囲ですけどね。彼等は、外気温に体温調整で適温出来るレンジが極めて低いと思います。生まれつきと言うよりも、自分の体を過保護にし過ぎたせいでしょう。(東京珈琲さんが言うように、赤ん坊の頃に汗腺の数を減らしてしまった場合は、親の過保護ですね。)

ところで、3年前の記事【最近夏が暑いのは・・・】に頂いたコメントに、guyver1092 さんは、
>この四月から転勤で片道12キロほどを自転車で通勤することにしたのですが、人が言うほどこの夏も暑くは感じません。

と、書かれていましたが、自転車通勤はまだ続けていらっしゃいますか?通勤日の半分でも自転車通勤出来ればいいですね。当時の私は通勤距離が長かったので、自転車通勤は夏場にたまに程度でした。

>クロスバイクにかえて、車道を走るようにしたところ30分にまでスピードアップしました。

と書かれていましたが、12kmで30分と言うのはかなり速いですね。平均時速24kmです。この速さで30分漕ぐのならかなり筋力を使いますね。途中、信号機などで何度も止まるのなら、走行中のスピードは30km/h近くなりましょうか。かなりな筋持久力がありますね。
  

自転車
guyver1092
 この四月にまた転勤になり、片道20キロほどの職場になりました。自転車だと片道1時間近くかかる計算で、朝の忙しいときに一時間はないだろうと言うことで、自転車通勤は止めました。
 現在、自転車は休日に、時間に余裕があるときに乗っています。ちなみに自動車に乗る代わりですので、汗をかき過ぎないよう、速度を抑えて乗っています。頑張れば今でも12kmで30分は可能とは思いますが、試していません。

Re:自転車
雑草Z
    guyver1092さん

>片道20キロほどの職場になりました。自転車だと片道1時間近くかかる計算で、朝の忙しいときに一時間はないだろうと言うことで、自転車通勤は止めました。

それは残念なことです。片道20kmでは、往復で2時間くらいかかりますね。確かに毎日40km2時間の自転車漕ぎでは負担が大き過ぎます。・・・でも、ごくたまに、仕事があまりない時、月に1、2回でも自転車通勤試してみて下さい。週末がいいかも知れません。 
 私も前の職場は片道20km以上ありましたが、一シーズン(春~秋)で10回以上の自転車通勤が目標でした。(3.11以降は止めました。)最近の田舎のよくないところは、「自動車通勤前提」に作られている事ですね。自動車通勤ならば45分のところを、電車とバスなど公共交通機関を乗り継いでいくと倍の1時間半以上かかりました。始発に乗っても勤務時間に間に合わないと言う異常な状況でした。おかしな話です。

guyver1092 さんの前の職場、12kmで30分は自転車通勤には若干遠い感じもしますが、ある程度理想的でもありますね。(もっと短くて徒歩で通えたほうがいいですが・・)おそらく、その道のりで信号待ち等も考慮すれば、自動車でも20~30分かかるでしょうから、時間的にも車に劣りませんね。自転車ならガソリンも使わないし、体力も付きます・・。

私の持論は、たかが通勤に自家用車を使うべきでないと言う事です。(通勤に限らず、自家用車はなるべく使わない方向にしたいものです。)でも、今の田舎ではそういう訳にはいきませんね。残念な事です。・・・それどころか、田舎の人に限って、1km未満でも・・・数百mでさえ・・・自動車を使いがちですね。これまたよくないドーピングです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
暑いと言ってない
今年はまだ自分から「暑い」とは言っていません。人から「暑いですね」と言われて「そうですねー」とは言いますけれど。
本当の暑さを知らないのです。炎天下何時間も農作業する暑さに比べたら普通に生活している暑さなんて快適です。とは言っても扇風機は使いますが。
人間は汗で体温調節しますが、その汗の出る汗腺は3歳頃までの環境で数が決まるようで、今の子供は冷房の中育つ為に汗腺が普通の人の半分位になってしまうそうです。なのでそういった人は熱中症になったり暑さに弱いようです。

森の中なんかは本当に涼しいですよね。農作業疲れてきたら歩いて数分の神社に行って手水舎の水飲んで涼んでます。
森の中に街を作れないのでしょうかね。
家もコンクリートでなく木の方が熱の吸収も少ないし、壁は断熱と湿気対策にもなる土壁にするべきです。日本の昔の建物はこうして作られて何百年と持ちます。
先人たちの知恵も交えながら上手く科学技術を取り入れたいですね。
2013/08/12(Mon) 05:16 | URL  | 東京珈琲 #A1vz8dvw[ 編集]
Re:暑いと言ってない
    東京珈琲さん

>炎天下何時間も農作業する暑さに比べたら普通に生活している暑さなんて快適です。

なるほど、納得です。炎天下で農作業をしていれば、他の日常生活等大した暑さでは無いのですね!!素晴らしい事です。

>汗の出る汗腺は3歳頃までの環境で数が決まるようで、今の子供は冷房の中育つ為に汗腺が普通の人の半分位になってしまうそうです。なのでそういった人は熱中症になったり暑さに弱いようです。

子供を過保護に育てて弱くしてしまうのは何とも情けないお話ですね。これが「文明的な快適な生活」でしょうか?

>森の中なんかは本当に涼しいですよね。農作業疲れてきたら歩いて数分の神社に行って手水舎の水飲んで涼んでます

素晴らしい生活をなさっていますね。本当に森の中はいいですね!(・・・でも、蚊とか蚋御は大丈夫ですか?)
2013/08/12(Mon) 11:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
生物種としての生命力
 冷房が快適と言うのは認めざるを得ませんね。しかしおっしゃる通り、冷房の害はいろいろあるようです。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#bav=on.2,or.r_qf.&fp=3875f22daf702525&hl=ja&q=%E5%86%B7%E6%88%BF%E3%80%80%E5%AE%B3

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127128612

 また、 東京珈琲さんの言うように、汗腺の数を減らしてしまうと言うのでは、種としての生命力を損なっているということで、冷房の使用はもっと厳格な基準のもとに使用することにすべきですね(熱中症対策だけにするとか)。

 ちなみに私の職場は、建前にうるさいところで、エアコン温度は28度を守っています。私ではないのですが、この温度に慣れると、冷え過ぎず体が楽だと言う人もいました。
2013/08/12(Mon) 20:52 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:生物種としての生命力
>冷房が快適と言うのは認めざるを得ませんね。

そうですね。しかし、その為に暑さに対する抵抗力が弱くなりますから、やっぱりドーピングの類ですね。

>汗腺の数を減らしてしまうと言うのでは、種としての生命力を損なっているということで、冷房の使用はもっと厳格な基準のもとに使用することにすべきですね

そうですね。抗生物質も乱用して、効かなくなってきていますが、乱用は良くないですね。エネルギーも浪費するし、熱も放出してエントロピーの増加を早めます。

>私の職場は、建前にうるさいところで、エアコン温度は28度を守っています。

それはとてもいい事だと思います。28℃で十分でしょう。28℃くらいで冷房を入れたがる人もいますが、そんな人に限って、冬は10℃くらいでも暖房を入れたがりますね。服で調整できる範囲ですけどね。彼等は、外気温に体温調整で適温出来るレンジが極めて低いと思います。生まれつきと言うよりも、自分の体を過保護にし過ぎたせいでしょう。(東京珈琲さんが言うように、赤ん坊の頃に汗腺の数を減らしてしまった場合は、親の過保護ですね。)

ところで、3年前の記事【最近夏が暑いのは・・・】に頂いたコメントに、guyver1092 さんは、
>この四月から転勤で片道12キロほどを自転車で通勤することにしたのですが、人が言うほどこの夏も暑くは感じません。

と、書かれていましたが、自転車通勤はまだ続けていらっしゃいますか?通勤日の半分でも自転車通勤出来ればいいですね。当時の私は通勤距離が長かったので、自転車通勤は夏場にたまに程度でした。

>クロスバイクにかえて、車道を走るようにしたところ30分にまでスピードアップしました。

と書かれていましたが、12kmで30分と言うのはかなり速いですね。平均時速24kmです。この速さで30分漕ぐのならかなり筋力を使いますね。途中、信号機などで何度も止まるのなら、走行中のスピードは30km/h近くなりましょうか。かなりな筋持久力がありますね。
  
2013/08/13(Tue) 15:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
自転車
 この四月にまた転勤になり、片道20キロほどの職場になりました。自転車だと片道1時間近くかかる計算で、朝の忙しいときに一時間はないだろうと言うことで、自転車通勤は止めました。
 現在、自転車は休日に、時間に余裕があるときに乗っています。ちなみに自動車に乗る代わりですので、汗をかき過ぎないよう、速度を抑えて乗っています。頑張れば今でも12kmで30分は可能とは思いますが、試していません。
2013/08/13(Tue) 20:45 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:自転車
    guyver1092さん

>片道20キロほどの職場になりました。自転車だと片道1時間近くかかる計算で、朝の忙しいときに一時間はないだろうと言うことで、自転車通勤は止めました。

それは残念なことです。片道20kmでは、往復で2時間くらいかかりますね。確かに毎日40km2時間の自転車漕ぎでは負担が大き過ぎます。・・・でも、ごくたまに、仕事があまりない時、月に1、2回でも自転車通勤試してみて下さい。週末がいいかも知れません。 
 私も前の職場は片道20km以上ありましたが、一シーズン(春~秋)で10回以上の自転車通勤が目標でした。(3.11以降は止めました。)最近の田舎のよくないところは、「自動車通勤前提」に作られている事ですね。自動車通勤ならば45分のところを、電車とバスなど公共交通機関を乗り継いでいくと倍の1時間半以上かかりました。始発に乗っても勤務時間に間に合わないと言う異常な状況でした。おかしな話です。

guyver1092 さんの前の職場、12kmで30分は自転車通勤には若干遠い感じもしますが、ある程度理想的でもありますね。(もっと短くて徒歩で通えたほうがいいですが・・)おそらく、その道のりで信号待ち等も考慮すれば、自動車でも20~30分かかるでしょうから、時間的にも車に劣りませんね。自転車ならガソリンも使わないし、体力も付きます・・。

私の持論は、たかが通勤に自家用車を使うべきでないと言う事です。(通勤に限らず、自家用車はなるべく使わない方向にしたいものです。)でも、今の田舎ではそういう訳にはいきませんね。残念な事です。・・・それどころか、田舎の人に限って、1km未満でも・・・数百mでさえ・・・自動車を使いがちですね。これまたよくないドーピングです。
2013/08/14(Wed) 14:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。