-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-07-17 00:02
今回の衆議院選挙の争点も、相変わらず経済再生が争点の中心になっているようで残念です。与党はアベノミクスを続けるべきだと言い、野党は、アベノミクスは駄目だから、もっと別の再生の方法を目指す・・・と主張していますが、共に経済再生と言う事で一致しています。その目指すところは、「経済成長を再び」です。高度経済成長時代を再び・・・と主張するアベノミクスを推進する事は時代錯誤も甚だしいと考えている人も多いようですが、21世紀の日本で、「経済成長を再び」・・・と主張する事は、非常に恥ずかしい愚かな事である事に気付くべきです。アベノミクスは近い将来破綻する事は間違いのない事でしょう。続ければ続けるほど、深刻な状況を呈している環境問題は、更に取り返しのつかない状況に陥ります。このまま経済成長路線への復帰政策を続ければ、経済どころか、社会全体が出口無しの状況に陥りましょう。【高度経済成長時代を経ると言う事】は、実質、社会を自給自足出来ない持続不可能な社会構造に作り変えてしまうと言う事です。そればかりか、環境に大きな負荷をかけて、環境、生態系をこれでもかと破壊してきました。短期的な(1世紀スパンの)資源浪費による有り余って処分に困る物資の時代を「物が豊富で生活水準が上がった豊かな時代」と呼んで大げさに歓迎し、その代償に、環境、生態系を破壊してきました。持続可能性はどんどん低くなっています。このままでは現文明は21世紀中に崩壊でしょう。石油化学も原発も、そして遺伝子組み換えも・・世界を脅威に落としめている狂気の科学技術も、大きく言えば(刹那的な)経済成長の為と言えましょう。

ここのサイトでは何度も繰り返し主張して来た事ですが、GDPは、「豊かさの指標」である筈もなく、「浪費指数」と言った方が実態に合っています。
それなのに殆どの政党、候補者は、いまだに「経済再生」を叫んでいます。完全に洗脳され切っています。
「経済再生=持続的な経済成長」 を叫ぶ人々が、日本の政治の舞台、世界の政治の舞台の第一線から退かなければ、成長の限界が近づいてきた現代社会は、確実に崩壊の道を進み続けるでしょう。もう既に、激流の中に入って、崩壊の滝つぼの奈落へと落ちるカウントダウンは始まっているのかも知れません。

「経済再生」=「経済成長を再び」ではなく、消費指数であるGDPを桁違いに減らし、その後、成長の無い「ゼロ成長の定常経済」へ移行すべきです。その機は熟しているのです。あとは時間の問題です。時間との勝負で間に合うかが一番の問題と考えます。

経済再生を叫ぶ人々は、政治家をはじめ、企業のトップも学者も一掃して、「ゼロ成長の定常経済」への移行を!!

勿論今回の選挙では無理でしょうが・・・。このような主張は突然世界にブレイクするでしょう。時間の問題です。そして、時間こそが問題です。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/07/17 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

経済成長を主張する者
guyver1092
 政治家、マスコミ、財界はすべて「経済成長を再び」と言うことで一致団結しているように見えますね。そのためには将来に巨額の付けを押し付けることを当然の義務(将来の世代がどのような苦しみにのたうち回ろうと構わない。現在の支配者が気持ち良くなるようにすることこそ唯一の正義)と考えているように見えます。
 ちなみに職場の人間に聞いたところ、アベノミクスは消費税増税すればこけるという意見が大勢でした。

 経済成長が正しいと定義しても、私は現在のアベノミクスでは経済成長するはずがないと考えています。

http://gcoe.ier.hit-u.ac.jp/vox/009.html

http://honz.jp/20781

上記のページによると、イギリスの産業革命は、労働者が食料以外にもさまざまな物を購入できる高賃金(購買力が高かった)であったからと書かれています。まず最終消費者が購買力を持っていてこそ経済は成長するのです。まず最初に資本化に金を持たせることは間違いです。資本化に金を持たせれば、消費はせずに必ず投資をします。投資した結果どうなるかと言えば、より多く消費をしてもらわなければならなくなります(投資を回収しなければならないので)。これではいつまでたっても成長はしませんね。
 このような状態の低成長は悪い低成長ですね。最終の消費者の消費は少なくても、中間の生産者(資本家)のところで無駄に消費(無駄になる設備投資)をしています。
 正解はこの無駄な中間の消費を、最終の消費者の消費に振り替えることです。

 真の正解はマイナス経済成長ですが。

Re:経済成長を主張する者
雑草Z
    guyver1092さん

 また興味深い参考のサイトの御紹介有難う御座います。guyver1092さんは、ユニークな面白いサイトをよく見つけられますね!長い記事でしたが両者よませていただきました。

 私は御紹介のサイトに書かれている事guyver1092さんの解釈とはちょっと違うのではないかと思いました。即ち、御紹介のサイトでは、イギリスの労働者が高賃金で、エネルギーが安かったから、労働者に変わる機械の開発が進んだ・・・と書いてあるように思います。
 しかし、guyver1092 さんの解釈では、

>食料以外にもさまざまな物を購入できる高賃金(購買力が高かった)であったから

とあります。私はこれは guyver1092さんの洞察が入った解釈かと思います。そして、guyver1092さんの解釈のほうが、御紹介のサイトよりも実情をよく反映していると思います。

>最終消費者が購買力を持っていてこそ経済は成長

>資本化に金を持たせれば、消費はせずに必ず投資をします。投資した結果どうなるかと言えば、より多く消費をしてもらわなければならなくなります(投資を回収しなければならないので)。これではいつまでたっても成長はしませんね。

の洞察はなるほどと納得致しました。そして、資本家のこの投資こそが、環境破壊から文明崩壊に繋がるスパイラルでしょう。資本主義は、文明崩壊の原動力と言う事です。
 こんな不合理なハスラー的システムを続けている人類は、・・・特に指導者達は、理性よりも刹那的な強欲が勝つのでしょう。

やはり経済再生を叫ぶ人々は、政治家をはじめ、企業のトップも学者も一掃しなければ文明崩壊は避けられないでしょう。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
経済成長を主張する者
 政治家、マスコミ、財界はすべて「経済成長を再び」と言うことで一致団結しているように見えますね。そのためには将来に巨額の付けを押し付けることを当然の義務(将来の世代がどのような苦しみにのたうち回ろうと構わない。現在の支配者が気持ち良くなるようにすることこそ唯一の正義)と考えているように見えます。
 ちなみに職場の人間に聞いたところ、アベノミクスは消費税増税すればこけるという意見が大勢でした。

 経済成長が正しいと定義しても、私は現在のアベノミクスでは経済成長するはずがないと考えています。

http://gcoe.ier.hit-u.ac.jp/vox/009.html

http://honz.jp/20781

上記のページによると、イギリスの産業革命は、労働者が食料以外にもさまざまな物を購入できる高賃金(購買力が高かった)であったからと書かれています。まず最終消費者が購買力を持っていてこそ経済は成長するのです。まず最初に資本化に金を持たせることは間違いです。資本化に金を持たせれば、消費はせずに必ず投資をします。投資した結果どうなるかと言えば、より多く消費をしてもらわなければならなくなります(投資を回収しなければならないので)。これではいつまでたっても成長はしませんね。
 このような状態の低成長は悪い低成長ですね。最終の消費者の消費は少なくても、中間の生産者(資本家)のところで無駄に消費(無駄になる設備投資)をしています。
 正解はこの無駄な中間の消費を、最終の消費者の消費に振り替えることです。

 真の正解はマイナス経済成長ですが。
2013/07/18(Thu) 21:01 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:経済成長を主張する者
    guyver1092さん

 また興味深い参考のサイトの御紹介有難う御座います。guyver1092さんは、ユニークな面白いサイトをよく見つけられますね!長い記事でしたが両者よませていただきました。

 私は御紹介のサイトに書かれている事guyver1092さんの解釈とはちょっと違うのではないかと思いました。即ち、御紹介のサイトでは、イギリスの労働者が高賃金で、エネルギーが安かったから、労働者に変わる機械の開発が進んだ・・・と書いてあるように思います。
 しかし、guyver1092 さんの解釈では、

>食料以外にもさまざまな物を購入できる高賃金(購買力が高かった)であったから

とあります。私はこれは guyver1092さんの洞察が入った解釈かと思います。そして、guyver1092さんの解釈のほうが、御紹介のサイトよりも実情をよく反映していると思います。

>最終消費者が購買力を持っていてこそ経済は成長

>資本化に金を持たせれば、消費はせずに必ず投資をします。投資した結果どうなるかと言えば、より多く消費をしてもらわなければならなくなります(投資を回収しなければならないので)。これではいつまでたっても成長はしませんね。

の洞察はなるほどと納得致しました。そして、資本家のこの投資こそが、環境破壊から文明崩壊に繋がるスパイラルでしょう。資本主義は、文明崩壊の原動力と言う事です。
 こんな不合理なハスラー的システムを続けている人類は、・・・特に指導者達は、理性よりも刹那的な強欲が勝つのでしょう。

やはり経済再生を叫ぶ人々は、政治家をはじめ、企業のトップも学者も一掃しなければ文明崩壊は避けられないでしょう。

2013/07/19(Fri) 23:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。