-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-11-08 00:01
 地球を完全に2つに分けられるなら---- 
-------完全にとは、分子もエネルギーも何の交流もなくという意味です。2つの地球を存在させると考えてもいいと思います。----
----今すぐにでも分けて欲しいと考えます。


1つは、今のまま経済成長続ける地球。

もう一つは、

経済成長をストップし、ひたすら持続の可能性を追う地球。

 全ての人にどちらへ行きたいか決めてもらって、移動し、そこで交流を絶ちます。子供は親に決めさせるかとか、動物はどうするかとか、いままで築き上げたものはどうするかとか--化石燃料と核燃料はすべて経済推進地球へあげます--細かい問題もあろうけれど、兎も角2つの世界に分けるのです。

 その場合大半の人がこのままの経済成長推進地球に残るでしょうか?
 しっかり説明すると、経済成長ストップ持続可能な地球に来る人も多いのではないでしょうか?
 そう、内容が分かれば、きっと気付く筈です。経済活動など優先していれば、環境破壊によって絶滅する事を・・・

 地球を2つに分ける事は勿論不可能です。でも。そのような仮定のもとでもいいからしっかり考えて貰い、理性的に二者択一を考えれば、過半数の人が経済成長ストップの方を選ぶのではないでしょうか。
地球は破局の暴走をはじめて、後戻り出来なくなりそうです。
 もうすぐです。100年後は終わっているかも知れません。50年後でも手遅れでしょう。きっと2、30年後でも遅過ぎるに違いありません。ここ数年のうちにも何とかすべきです。
(そのことは、【Point Of No Return】や【未来予測】で書かせて戴きました。)

  立ち止まって考えてみませんか?

スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/11/08 00:01】 | 環境総論 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。