-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-05-29 00:01
21世紀は、環境問題を中心とする様々な危機が、相互に影響しながら複合的に大崩壊へと向かう世紀であると【複合大崩壊】で論じました。
 そんな絶望的な状況から免れる方法は、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・・脱成長路線へのパラダイムシフト以外に私には考えられません・・とも結論付けました。
 しかし、自由経済、現代の資本主義社会のシステムの中では、この暴走する文明に歯止めをかけるのは難しい状況です。
「自由主義」の名のもとに、モラルに反するような事も、法律に触れないからとの理由で次々に行われています。それどころか、それが社会にとっていい事であるようなプロパガンダが、広告代理店などを通してキャンペーンをはって行われています。
歯止めをかけるべき機関も、骨抜き状態であったり、推進派であったりします。
日本で言えば、原子力を規制して来た原子力安全委員会や原子力安全・保安院などは原子力推進派の人事でした。現在の原子力規制委員会なども原子力ムラから独立しているとは言い難い状況です。
日本だけが酷いのかと言えばさにあらず、このような事は世界中に見受けられます。
日本が規制緩和などの参考にするアメリカなどは日本以上に酷く、アメリカ政権と産業界との癒着は、「回転ドア」と揶揄されています。規制当局のトップクラスに、規制されるべき産業界の役員が就任して規制緩和を行い、また業界に戻る・・・と言う事の繰り返しです。モンサントをはじめとするアグリバイオ企業が、しばしば安全性に疑いのある製品の認可を迅速に受けてきたのも、この「回転ドア」による産官人事交流によるところが大きいのです。

化学物質も原子力も、バイオテクノロジーも、安全性に大きく問題があり、何か起これば、人類の存亡に関わるような危機に陥るかも知れないのに、歯止めをかけるべき組織が逆に推進し、歯止めのかからない状況です。倫理の歯止めも効かない状況です。
結局、市民運動で世論を盛り上げるしか有効な方法がない状況です。

これからの時代、いわゆる「進歩」を求めるよりも、その「進歩」によって人類が滅んでしまいそうな大きな危機に陥らないように「歯止め」を掛ける事の方が遥かに有意義で大切な事だと考えているのは私だけではないでしょう。


スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/05/29 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

文明の暴走 
guyver1092
 歯止めがどんどん無くなって行くのは、文明の暴走の証拠ではないでしょうか。今まで得ていた利益が拡大再生産主義の自壊により得られなくなってきたのを補うためには過去に行われた社会を存続させるための規制を廃止していくしかないのでは?
 廃止すれば、破滅の坂の向こうにある断崖絶壁への到達時間が短くなるだけと思うのですが。

お金が天下のまわりものになればいいな
ばあちゃんの畑
こちらには頭の良い方ばかりが参加されていて私など場ちがいですが…
今 本当に「金は天下の回りもの」という考え方が当たり前になれば…
日銀が無制限に大手銀行から国債を買い お札を刷ってばら撒かなくても
良いのでは?いくらばら撒いても本当に本当に必要な人のところには
回って行かないで あるところには使い切れないお金がたまっているとか
そしてバクチのような株取引などに素人までも巻き込んでいく…
こんな暴走を続けられると思うと鳥肌が立つてくる
でも これを止められるのは何処かの誰かではなく 先輩たちが苦労して
私たち一人ひとりに平等に贈ってくれた力を 自分自身が真剣に考えて
発揮することだと思う 無関心でいたらお金持ちのおもいのままに
されてしまう 私は悔しくてそんなことは我慢できない

Re:文明の暴走
雑草Z
>歯止めがどんどん無くなって行くのは、文明の暴走の証拠ではないでしょうか。

そうですね。文明の暴走の証拠とも言えますし、原因とも考えられますね。

>今まで得ていた利益が拡大再生産主義の自壊により得られなくなってきたのを補うためには過去に行われた社会を存続させるための規制を廃止していくしかない

なるほど、鋭い洞察ですね。確かに物が有り余っている現在、拡大再生産はとっくに自壊していますね。・・本来ならここで、拡大再生産の大きな危険性を認識し、脱成長の方向に舵を切るべきなのですが、強欲な指導者達は、拡大再生産の存続の為に・・・もっと言うならば、金融;マネーゲームの存続の為に、越えてはならない一線・・・社会を存続させるための規制 をも廃止しています。これが規制緩和の本質でしょうね。規制緩和が全て悪だとは申しませんが、現在進行している規制緩和の大部分は、アメリカや多国籍企業などの大資本の為であり、庶民の為ではありませんね。
 結果、文明は歯止めがかからず暴走し・・・・断崖から転落ですね・・。

Re:お金が天下のまわりものになればいいな
雑草Z
>いくらばら撒いても本当に本当に必要な人のところには
回って行かないで あるところには使い切れないお金がたまっているとか
>そしてバクチのような株取引などに素人までも巻き込んでいく…

そうですね。アベノミクスなどは所詮マネーゲームをやっている資本家や投資家を儲けさせる為のもので、マネーゲームと無縁な庶民にとっては、物価が上がって生活は苦しくなる一方です。早晩アベノミクスは崩壊し、莫大な負の遺産を残す事になりましょう・・・これで日本沈没かも知れません。

 ばあちゃんの畑さんの意図するところとは違いましょうが、一応現在の景気対策は、建前上全て金回りをよくする為のものでしょう。・・・少し理想論になりますが、本来は、お金が無くても生きていける世の中がいいと思います。具体例を示せば、昔・・数十年前まではアフリカではお金など無くても自給自足で十分に楽しく暮らすことが出来ました。貨幣経済の導入により、今は1日2,3ドル以下しか稼げない人々はどん底の生活を強いられています。・・・これはかつて世界中至る所で起こった事です・・。
 繰り返しますが、ばあちゃんの畑さんの意図されているところとは全く違うでしょうけれど、「お金を回す」と言う考え方は、現代経済の基本でしょうが、そこに大きな危険性が潜みますし、マネーゲームの匂いがします。

昨日のネギ
団塊親爺の遺言
何だ~~~これはネギじゃ 無いよ・・
スーパーで購入したネギの味 固くて風味無し

これが大量生産・消費の産み出すもの ガックリ
この食品が学校給食や食卓に利用されているのかな
いやタマタマなのだろうと 思いたい ネギの味
残り捨てました モンサント製のネギかもネ・・!!

気付けば買い物も車で行く様な距離 豆腐やネギに・・
大手の店に遣られ小さな店は消えました
年寄たちは大変です 何とか辿り着いても こんな味
喰えたもんじゃ無い 近所に八百屋 カムバックと叫んでも
もう遅い 昔の味よ・・もう一度と云っても・・同じ

そりゃあ・・弱肉強食の世界とは言ってもね・・

食品の害はじっくりと体を蝕み 病に懸り・・
病院は待ってましたと 薬売り・・人体実験 苦しみ薬代は
亡くなる迄・・大体は お決まりのパターンなのね

病の起源と云う番組で 癌遺伝子は人間の宿命だそうです
私達は健全な食べ物を採る事で正常な細胞は造られます
しかし今の食品は農薬漬けの大量生産商品です

無農薬の生産者が余りにも少ない 我が家の無農薬10年
のビワも色づいた あれぇ~通りすがりの人が食べている
好いんです 子供たちは我が家の味を知っているんです

本当に安全な自然の表害虫に負けない食べ物造り
我が家のほったらかしの果樹類には病害は無くなりました
好いものが広まらなければ企業の餌食に・・
そして就職難の若者たちよ 軽トラに無農薬の旨い食べ物を
積んで売りに来い 東京の爺婆が大変なのだ



ばあちゃんの畑
言葉の解釈を間違えて使ってしまったようです
私も自給のための畑をやるようになってから お金は最低限あれば余分
にはいらないなと思うようになりました しかしその人間らしく暮らす
ことさえもままならない人たちのところになんで回って行かないんだ
ろうと思うわけです よく とことんまで落ちてみないと気がつかない
から仕方がないという方もおられますが可愛い孫たちと一緒に暮らし
ていてそんなことは言いたくない 私にも出来ることは何かを考えたい

Re:昨日のネギ
雑草Z
団塊親爺の遺言さん

 大変面白いコメント有難う御座います。記事の趣旨からはちょっと外れてますが、ブラックジョークみたいなのもあり、楽しませて頂きました。
 書き出しから、

>何だ~~~これは

って思っちゃいますね。

私は田舎住まいの為か、それほどまずいネギに遭遇した事は有りませんが、素人の私が、自分の家の庭で有機無農薬で作った、形のあまりよくない野菜のほうが、スーパーなどで売っている形の良い揃ったっ野菜より美味しい事のほうが多いですね。
 化学肥料と農薬で作った野菜は、化学肥料の窒素分で無理やりに早く成長させられたと言うのは本当のようで、味が薄かったり、味気ないものが多いですね。それに対して、無農薬で殆ど有機肥料だけで作った作物は、虫食いなどがあっても味が濃くて美味しいですね。まさに

>これが大量生産・消費の産み出すもの ガックリ

ですね。

>モンサント製のネギかもネ・・!!

は受けました。いいですね。

>気付けば買い物も車で行く様な距離

日常的な買い物を自動車で行くって、おかしいですね。・・・それを普通だと思っている人間のほうが多いようですから世も末です。

>そりゃあ・・弱肉強食の世界とは言ってもね・・

弱肉強食は嫌ですが、その意図を隠して、世の中を救うため・・・と言って遺伝子組み換え作物等をプロパガンダしているのですから、酷いものです。

>我が家の無農薬10年のビワ

それは凄く羨ましいです。

>我が家のほったらかしの果樹類には病害は無くなりました

これぞ果樹園の理想ですね!!

>そして就職難の若者たちよ 軽トラに無農薬の旨い食べ物を積んで売りに来い 東京の爺婆が大変なのだ

この締めの言葉も凄くいいですね。
有機無農薬作物のような、食べ甲斐のある大変味の濃いコメント、有難う御座いました。大変味のある文章です。






Re:
雑草Z
    ばあちゃんの畑さん

 またコメント、有難う御座います。

>人間らしく暮らすことさえもままならない人たちのところになんで回って行かないんだろうと思うわけです

御もっともなお考えだと思います。何故そういう人達の所へ回っていかないのかと一言で言えば、それは資本主義社会だからでしょう。 具体的に言えば、金回りをよくしようとする景気対策が、トリクルダウン・セオリー[滴下理論]のように、先ずは金持ち資本家が沢山儲けて、おこぼれを貧乏人に回す・・・と言うような資本家中心の政策だからでしょう。欺瞞に満ちた政策です。だからこそ、ばあちゃんの畑さんは、もっと貧しい人達にお金を回すべきだ・・・と言うお考えで先のコメントを下さったのでしょう。御もっともです。その意味で、言葉の解釈は間違っていないでしょう。

 
 前の御返事にも書きましたが、このような現在となっては理想論と言われましょうが、お金が無くても生きていける社会がいいと思います。だから私は、お金を回すと言う景気対策法には賛同しません。お金をどんどん回すと言う事は、物をどんどん消費すると言う事にも繋がります。

>とことんまで落ちてみないと気がつかないから仕方がないという方もおられますが

底まで落ちれば、後は登るだけ・・・・と言う考え方もあるでしょうが、底まで落ちて死んでしまったり、登る気力が無くなる場合も多々あるのではないでしょうか。そんな辛い目には逢いたくないし逢う必要もないですね。

>私にも出来ることは何かを考えたい

ばあちゃんの畑さんも色々社会活動に励まれていて素晴らしいなと感じます。仰るように、環境、生態系の為に出来る事はどんどんやっていくべきですね。

 

再び;Re:お金が天下のまわりものになればいいな
雑草Z
    ばあちゃんの畑さん

この記事に関するコメントへの2年越しの再びのお返事です。
その後、「循環の経済学」とか参考になる本を色々読んでいるうちに、

>お金が天下のまわりもの

という考え方も非常に大切である事が判って来ました。

>お金が天下のまわりもの

という表現は江戸時代あたりから使われた言葉ではないかと思いますが、同じ頃と考えられる言葉に

>宵越しの銭は持たない

という表現もあります。その日に得た収入はその日のうちに使い果たすと言う意味で、金銭に執着しない江戸っ子の気質を表現した言葉です。
その逆の人を揶揄した
「江戸者の生まれそこない金の為」(誹風柳多留)と言う川柳もあるそうです。金に執着して貯め込むのは粋な江戸っ子では無いと言う意味でしょう。そんな粋とは遠くかけ離れた強欲な金融資本家達が貯め込んだお金をもっと増やす為に利己的なシステムをどんどん作って行った社会が、今日の金融資本主義でしょう。
だから、ばあちゃんの畑さんのおっしゃるように先ずは

>先輩たちが苦労して私たち一人ひとりに平等に贈ってくれた力を 自分自身が真剣に考えて発揮することだと思う

ですね。御返事で、ちょっと否定的な事を書いてしまい、非常に気になっておりました。ばあちゃんの畑さんのご意見は、正しいと思います。

私が

>お金が無くても生きていける世の中がいいと思います。

と書いたのは、それはそれでまともな意見だとは思いますが、あくまで理想ですね。先ずは、一般庶民にお金が回る事が優先ですね。

ずっと気になっておりましたので、再びお返事させて戴きました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
文明の暴走 
 歯止めがどんどん無くなって行くのは、文明の暴走の証拠ではないでしょうか。今まで得ていた利益が拡大再生産主義の自壊により得られなくなってきたのを補うためには過去に行われた社会を存続させるための規制を廃止していくしかないのでは?
 廃止すれば、破滅の坂の向こうにある断崖絶壁への到達時間が短くなるだけと思うのですが。
2013/05/30(Thu) 21:30 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
お金が天下のまわりものになればいいな
こちらには頭の良い方ばかりが参加されていて私など場ちがいですが…
今 本当に「金は天下の回りもの」という考え方が当たり前になれば…
日銀が無制限に大手銀行から国債を買い お札を刷ってばら撒かなくても
良いのでは?いくらばら撒いても本当に本当に必要な人のところには
回って行かないで あるところには使い切れないお金がたまっているとか
そしてバクチのような株取引などに素人までも巻き込んでいく…
こんな暴走を続けられると思うと鳥肌が立つてくる
でも これを止められるのは何処かの誰かではなく 先輩たちが苦労して
私たち一人ひとりに平等に贈ってくれた力を 自分自身が真剣に考えて
発揮することだと思う 無関心でいたらお金持ちのおもいのままに
されてしまう 私は悔しくてそんなことは我慢できない
2013/05/30(Thu) 23:00 | URL  | ばあちゃんの畑 #-[ 編集]
Re:文明の暴走
>歯止めがどんどん無くなって行くのは、文明の暴走の証拠ではないでしょうか。

そうですね。文明の暴走の証拠とも言えますし、原因とも考えられますね。

>今まで得ていた利益が拡大再生産主義の自壊により得られなくなってきたのを補うためには過去に行われた社会を存続させるための規制を廃止していくしかない

なるほど、鋭い洞察ですね。確かに物が有り余っている現在、拡大再生産はとっくに自壊していますね。・・本来ならここで、拡大再生産の大きな危険性を認識し、脱成長の方向に舵を切るべきなのですが、強欲な指導者達は、拡大再生産の存続の為に・・・もっと言うならば、金融;マネーゲームの存続の為に、越えてはならない一線・・・社会を存続させるための規制 をも廃止しています。これが規制緩和の本質でしょうね。規制緩和が全て悪だとは申しませんが、現在進行している規制緩和の大部分は、アメリカや多国籍企業などの大資本の為であり、庶民の為ではありませんね。
 結果、文明は歯止めがかからず暴走し・・・・断崖から転落ですね・・。
2013/05/31(Fri) 06:03 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:お金が天下のまわりものになればいいな
>いくらばら撒いても本当に本当に必要な人のところには
回って行かないで あるところには使い切れないお金がたまっているとか
>そしてバクチのような株取引などに素人までも巻き込んでいく…

そうですね。アベノミクスなどは所詮マネーゲームをやっている資本家や投資家を儲けさせる為のもので、マネーゲームと無縁な庶民にとっては、物価が上がって生活は苦しくなる一方です。早晩アベノミクスは崩壊し、莫大な負の遺産を残す事になりましょう・・・これで日本沈没かも知れません。

 ばあちゃんの畑さんの意図するところとは違いましょうが、一応現在の景気対策は、建前上全て金回りをよくする為のものでしょう。・・・少し理想論になりますが、本来は、お金が無くても生きていける世の中がいいと思います。具体例を示せば、昔・・数十年前まではアフリカではお金など無くても自給自足で十分に楽しく暮らすことが出来ました。貨幣経済の導入により、今は1日2,3ドル以下しか稼げない人々はどん底の生活を強いられています。・・・これはかつて世界中至る所で起こった事です・・。
 繰り返しますが、ばあちゃんの畑さんの意図されているところとは全く違うでしょうけれど、「お金を回す」と言う考え方は、現代経済の基本でしょうが、そこに大きな危険性が潜みますし、マネーゲームの匂いがします。
2013/05/31(Fri) 06:24 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
昨日のネギ
何だ~~~これはネギじゃ 無いよ・・
スーパーで購入したネギの味 固くて風味無し

これが大量生産・消費の産み出すもの ガックリ
この食品が学校給食や食卓に利用されているのかな
いやタマタマなのだろうと 思いたい ネギの味
残り捨てました モンサント製のネギかもネ・・!!

気付けば買い物も車で行く様な距離 豆腐やネギに・・
大手の店に遣られ小さな店は消えました
年寄たちは大変です 何とか辿り着いても こんな味
喰えたもんじゃ無い 近所に八百屋 カムバックと叫んでも
もう遅い 昔の味よ・・もう一度と云っても・・同じ

そりゃあ・・弱肉強食の世界とは言ってもね・・

食品の害はじっくりと体を蝕み 病に懸り・・
病院は待ってましたと 薬売り・・人体実験 苦しみ薬代は
亡くなる迄・・大体は お決まりのパターンなのね

病の起源と云う番組で 癌遺伝子は人間の宿命だそうです
私達は健全な食べ物を採る事で正常な細胞は造られます
しかし今の食品は農薬漬けの大量生産商品です

無農薬の生産者が余りにも少ない 我が家の無農薬10年
のビワも色づいた あれぇ~通りすがりの人が食べている
好いんです 子供たちは我が家の味を知っているんです

本当に安全な自然の表害虫に負けない食べ物造り
我が家のほったらかしの果樹類には病害は無くなりました
好いものが広まらなければ企業の餌食に・・
そして就職難の若者たちよ 軽トラに無農薬の旨い食べ物を
積んで売りに来い 東京の爺婆が大変なのだ
2013/05/31(Fri) 08:07 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
言葉の解釈を間違えて使ってしまったようです
私も自給のための畑をやるようになってから お金は最低限あれば余分
にはいらないなと思うようになりました しかしその人間らしく暮らす
ことさえもままならない人たちのところになんで回って行かないんだ
ろうと思うわけです よく とことんまで落ちてみないと気がつかない
から仕方がないという方もおられますが可愛い孫たちと一緒に暮らし
ていてそんなことは言いたくない 私にも出来ることは何かを考えたい
2013/05/31(Fri) 13:15 | URL  | ばあちゃんの畑 #-[ 編集]
Re:昨日のネギ
団塊親爺の遺言さん

 大変面白いコメント有難う御座います。記事の趣旨からはちょっと外れてますが、ブラックジョークみたいなのもあり、楽しませて頂きました。
 書き出しから、

>何だ~~~これは

って思っちゃいますね。

私は田舎住まいの為か、それほどまずいネギに遭遇した事は有りませんが、素人の私が、自分の家の庭で有機無農薬で作った、形のあまりよくない野菜のほうが、スーパーなどで売っている形の良い揃ったっ野菜より美味しい事のほうが多いですね。
 化学肥料と農薬で作った野菜は、化学肥料の窒素分で無理やりに早く成長させられたと言うのは本当のようで、味が薄かったり、味気ないものが多いですね。それに対して、無農薬で殆ど有機肥料だけで作った作物は、虫食いなどがあっても味が濃くて美味しいですね。まさに

>これが大量生産・消費の産み出すもの ガックリ

ですね。

>モンサント製のネギかもネ・・!!

は受けました。いいですね。

>気付けば買い物も車で行く様な距離

日常的な買い物を自動車で行くって、おかしいですね。・・・それを普通だと思っている人間のほうが多いようですから世も末です。

>そりゃあ・・弱肉強食の世界とは言ってもね・・

弱肉強食は嫌ですが、その意図を隠して、世の中を救うため・・・と言って遺伝子組み換え作物等をプロパガンダしているのですから、酷いものです。

>我が家の無農薬10年のビワ

それは凄く羨ましいです。

>我が家のほったらかしの果樹類には病害は無くなりました

これぞ果樹園の理想ですね!!

>そして就職難の若者たちよ 軽トラに無農薬の旨い食べ物を積んで売りに来い 東京の爺婆が大変なのだ

この締めの言葉も凄くいいですね。
有機無農薬作物のような、食べ甲斐のある大変味の濃いコメント、有難う御座いました。大変味のある文章です。




2013/06/01(Sat) 00:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:
    ばあちゃんの畑さん

 またコメント、有難う御座います。

>人間らしく暮らすことさえもままならない人たちのところになんで回って行かないんだろうと思うわけです

御もっともなお考えだと思います。何故そういう人達の所へ回っていかないのかと一言で言えば、それは資本主義社会だからでしょう。 具体的に言えば、金回りをよくしようとする景気対策が、トリクルダウン・セオリー[滴下理論]のように、先ずは金持ち資本家が沢山儲けて、おこぼれを貧乏人に回す・・・と言うような資本家中心の政策だからでしょう。欺瞞に満ちた政策です。だからこそ、ばあちゃんの畑さんは、もっと貧しい人達にお金を回すべきだ・・・と言うお考えで先のコメントを下さったのでしょう。御もっともです。その意味で、言葉の解釈は間違っていないでしょう。

 
 前の御返事にも書きましたが、このような現在となっては理想論と言われましょうが、お金が無くても生きていける社会がいいと思います。だから私は、お金を回すと言う景気対策法には賛同しません。お金をどんどん回すと言う事は、物をどんどん消費すると言う事にも繋がります。

>とことんまで落ちてみないと気がつかないから仕方がないという方もおられますが

底まで落ちれば、後は登るだけ・・・・と言う考え方もあるでしょうが、底まで落ちて死んでしまったり、登る気力が無くなる場合も多々あるのではないでしょうか。そんな辛い目には逢いたくないし逢う必要もないですね。

>私にも出来ることは何かを考えたい

ばあちゃんの畑さんも色々社会活動に励まれていて素晴らしいなと感じます。仰るように、環境、生態系の為に出来る事はどんどんやっていくべきですね。

 
2013/06/01(Sat) 00:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
再び;Re:お金が天下のまわりものになればいいな
    ばあちゃんの畑さん

この記事に関するコメントへの2年越しの再びのお返事です。
その後、「循環の経済学」とか参考になる本を色々読んでいるうちに、

>お金が天下のまわりもの

という考え方も非常に大切である事が判って来ました。

>お金が天下のまわりもの

という表現は江戸時代あたりから使われた言葉ではないかと思いますが、同じ頃と考えられる言葉に

>宵越しの銭は持たない

という表現もあります。その日に得た収入はその日のうちに使い果たすと言う意味で、金銭に執着しない江戸っ子の気質を表現した言葉です。
その逆の人を揶揄した
「江戸者の生まれそこない金の為」(誹風柳多留)と言う川柳もあるそうです。金に執着して貯め込むのは粋な江戸っ子では無いと言う意味でしょう。そんな粋とは遠くかけ離れた強欲な金融資本家達が貯め込んだお金をもっと増やす為に利己的なシステムをどんどん作って行った社会が、今日の金融資本主義でしょう。
だから、ばあちゃんの畑さんのおっしゃるように先ずは

>先輩たちが苦労して私たち一人ひとりに平等に贈ってくれた力を 自分自身が真剣に考えて発揮することだと思う

ですね。御返事で、ちょっと否定的な事を書いてしまい、非常に気になっておりました。ばあちゃんの畑さんのご意見は、正しいと思います。

私が

>お金が無くても生きていける世の中がいいと思います。

と書いたのは、それはそれでまともな意見だとは思いますが、あくまで理想ですね。先ずは、一般庶民にお金が回る事が優先ですね。

ずっと気になっておりましたので、再びお返事させて戴きました。
2015/07/21(Tue) 06:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。