-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-04-05 00:01
 3.11以前は、原発がエコだなんてCMが良く流されていて、目にする度に非常に腹が立ったものです。確かに原発がエコだと言う宣伝は、最悪の詐欺行為です。しかし原発以外でもエコである事を売りにしている企業のCMは沢山あり、その殆どが本当にエコだとは思えません。イメージだけでどこがエコだかよくわからないものから、生産から廃棄までのライフサイクルを考えた場合に、ごく一部のところだけ捉えて「エコだ」と広告されている製品も枚挙に暇がありません。実際は環境破壊の場合が圧倒的に多いと感じます。エコを売りにしている企業のCMの中で、本当に環境にいいと言い切れるものをいくつ挙げる事が出来ましょうか??

グリーンウオッシュとは、企業が環境に配慮して活動しているように装う欺瞞行為の事です。
野生の動物や山や森の大自然の画像、映像、を駆使し、「地球にやさしい」とか「自然との共生」とかの言葉を使ったイメージ戦略・・・。グリーンウオッシュと言えば、このように、企業が環境によくない行為や製品を、環境に良いかのように見せかける宣伝を最初にイメージします。
しかしグリーンウオッシュにはそのようなイメージ戦略以外にも、汚い手法があります。それは、企業が自主規制する振りをしたり、政治運動をする事によって、政府の介入を防ごうとする行為、若しくは法律による規制を免れようとする行為です。環境破壊を行ってきた大企業が、うって変わって環境運動に協力する振りをして、自分達の都合のいい方向に環境運動を方向づけようとするようになりました。リサイクル運動を逆手に取って「エコキャップ運動」「エコ替え、エコポイント」によって物を廃棄させ、新製品をどんどん買わせています。「自主管理」によって法による規制を防いでいます。そして極めつけは、「環境問題を解決しながら、開発、発展して行く」と言う「持続的改良」、「持続的開発」そして「持続可能な経済成長」と言う運動。自分達も環境サミットの類に参加して、真の環境運動が、企業活動を妨げないように見張り、会議の方向を誘導しています。環境サミットの類を丸まる主催する企業も増えました。
これらのグリーンウオッシュの活動により、「自然環境は開発によって守る」と言った誤った認識を人々に植えつけようとしています。それに踊らされている軽薄な環境活動家もごまんといます。世界の強力な企業、多国籍企業は、自分達のどんな経済活動も、「持続的改良」、「持続的開発」そして「持続可能な経済成長」等の言葉で括って正当化する事が出来るようになりました。

大企業や多国籍企業のグリーンウオッシュ戦略には、世界最大級の大手広告会社が使われています。それらの広告会社は、環境破壊の企業活動は殆ど変えずにそのまま続行しているのに、イメージだけをよくして民衆の認識を変える為に努力しているのです。そんなグリーンウオッシュ広告が、今や大手広告会社の大きな収入源になり、世界的な産業の一つにさえなって仕舞いました。・・とんでもない事です。
今や殆どの企業は環境配慮をアピールするようになり、全く環境に配慮していない会社でも、グリーンウオッシュを企業戦略に取り入れています。方法もどんどん巧妙になり、グリーンウオッシュかどうかを見分ける事も難しくなってきました。

本来「エコロジー[Ecology]」とは、「生態学」と言う意味で、それを「環境を考える」と言う意味で使うと言う事は、深い意味があると思っていましたが、今やグリーンウオッシュ企業の宣伝活動により、「エコ」と言う言葉は非常に安っぽい言葉に落ちてしまった感があります。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/04/05 00:01】 | 社会・経済 トラックバック(0) |

資本主義社会
guyver1092
 資本主義を存続させるためには、どうしても必要な政策なのでしょうね。環境破壊がこのまま続けば人類が破滅するとの認識を、二酸化炭素の増加を使ってすり込んでしまったあとですから、環境問題は存在しないなどと到底主張できないですよね。
 資本主義は環境を破壊しない限り存続できませんから(経済成長するためには、人口、都市、農地等すべて増加しなければならないが、地球の面積は有限)取れる対策と言えば記事の通りの政策になるのですね。

一番大切な理念が…
ST
すっぽり抜け落ちている「今時のエコ」、それはズバリ“長寿命化による節約”ではないでしょうか?
企業の行っているエコなイメージ戦略の中では全くと言っていい程出て来ない概念ですが私は最も“キモ”な部分だと考えています。それと「節約」も絡めて全面にアピールして実践している企業のみが“本気で取り組んでいる”とみています。
いくらエコでもやたら新しく買い換えさせるのでは還って「環境への負担」が大きくなります。
需要ばかり増やすようなエコは“偽エコ”ですしそのような手法で企業ををアピールするような現在の企業のあり方は根本的に間違いをしていると言う事ではないでしょうか?
まぁ、例えば今使っている製品に少しアドオンして節約出来るとか長寿命化出来るやり方で製品を提供してくれる企業なんかだと高評価を与えてもイイとは思いますよ、ハイ…

Re:資本主義社会
雑草Z
    guyver1092さん

簡単に言えば、企業が自然環境を破壊するのを、まやかしで正当化するのが、グリーンウオッシュですが、その根本原因は金融業による開発と経済成長策でしょう。それは確かに資本主義にも繋がりますが、

>資本主義を存続させるためには、どうしても必要な政策
>資本主義は環境を破壊しない限り存続できませんから


と言える為には少し前提が必要かと思います。資本主義だろうが共産主義だろうが、経済成長を前提とした開発は環境を破壊するでしょう。現代の資本家の投資は環境破壊の方向に進る事も確かです。しかしこれまた guyver1092 さんの提起するシステムによって、生態系を豊かにする方向にも進められそうですが・・如何でしょうか?


>環境破壊がこのまま続けば人類が破滅するとの認識を、二酸化炭素の増加を使ってすり込んでしまった

この辺り、私は一部逆に捉えています。即ち、地球環境破壊が顕著になり、環境問題が一般大衆の大きな関心事になった1980年頃、様々な環境問題から目を逸らす為に地球温暖化の問題だけに矮小化した側面も大きいと思います。だから二酸化炭素地球温暖化対策はグリーンウオッシュの一例だと思います。特に原発産業の典型的なグリーンウオッシュでしょう。この辺り、意見が違うと言うよりもguyver1092さんもそのような側面もあると考えていらっしゃるかと思います。


Re:一番大切な理念が…
雑草Z
    STさん

>すっぽり抜け落ちている「今時のエコ」、それはズバリ“長寿命化による節約”

全面的にその通りだと思います。仰るところの「今時のエコ」はグリーンウオッシュですね。本文でも触れている

>「エコキャップ運動」「エコ替え、エコポイント」によって物を廃棄させ、新製品をどんどん買わせています。

がそのステレオタイプですね。逆効果で環境を悪化させます。

>今使っている製品に少しアドオンして節約出来るとか長寿命化出来るやり方で製品を提供してくれる企業なんかだと高評価を与えてもイイ

 そうですね。私も大賛成です。何度も修理して、いつまでも長く使える商品、余計な機能の無い商品、買い直す代わりに必要な機能のみ追加できる商品こそ本物の環境配慮商品でしょう。そのような事を実践している企業を具体的にいくつか挙げる事は難しいと思いますが、如何でしょう?
例えば、長持ち電球のLEDランプだとか、今流行りの古本業、BOOK-OFF などは、なかなかいい感じです。動機はあまり問わなくてもいいでしょう。金儲けの為だろうが、「節約、長持ち、再利用」で環境負荷が少なければ評価していいと思います。

Re:Re:資本主義社会
guyver1092
 昨年末から年初にした思考実験ですね? 現在資産となりうるものすべてに保有税を強力にかけ、農地、森林はその例外とすれば、理屈上は農地、森林が最高の資産にはなるでしょうが、私としては、実現はほぼ不可能と考えていました。 少なくとも発展途上国と呼ばれる国々での森林破壊は、森林を破壊しなければ自分たちがすぐに飢え死にするような情勢のように感じられます。
 また、森林、農地等、豊かな生態系を預金元本と考えるような太陽エネルギー缶詰本位システムは、地球の大きさを超えることはできす、現代文明はすでに地球の大きさほぼいっぱいまで成長しているので、このシステムに切り替えたとしても経済成長の余地はないように考えています。

Re:Re:Re:資本主義社会
雑草Z
guyver1092さん

>昨年末から年初にした思考実験

はい、そうです。記事
【特異で短命な時代】2012-12-29
のコメント欄ですね。そして、そこでは大体議論が収束していましたね。当方の若干の勘違いでした。お詫び致します。

>現代文明はすでに地球の大きさほぼいっぱいまで成長しているので、このシステムに切り替えたとしても経済成長の余地はないように考えています。

のお考えに賛同致します。これは経済成長が不可能と言う事ですが、これは資本主義の持続の不可能と一致すると考えていらっしゃるのですね?経済成長無しに資本主義はあり得ないと考えていらっしゃるのでしょうか?
例えば、現代はゼロサムゲームの資本主義に近い状態とも考えられませんか?
guyver1092さんは、【特異で短命な時代】のコメント欄で

>地球の生態系が一兆円の預金であり、人類社会はこの預金を取り崩しているのに、自力でお金を稼いでいると認識しているのです。金融資本主義は、預金を一度により多く取り崩す手段であろうと私は考えます。

と、述べられてますが、これぞゼロサムゲームの資本主義ですよね? 



結局の所はどんな主義にせよ…
ST
食い潰し経済であるか、そうでないかの違いになると考えています。
資本主義、共産主義、また第3以降の新しい主義だとしても「そこの違いが寿命を決定する」のでは無いでしょうか?
主義によって多少の違いが出るものの僅差であるとも考えられます。
最優先すべきモノを環境やエネルギー等に筆頭として置かなければどれも皆「ドングリの背比べ」なのではないでしょうかね。
つまりは時代の逆行を覚悟するくらいでなければ「これらの問題は到底解決出来ない」でしょう。
企業がやっている小手先の見せかけのエコでは何の足しにもならず返って誤解されて悪弊を生ずる…
もし仮に「本当のエコは絶対に経済成長と相反するという原理がどうしても存在する」としても尚、
「敢えて成長を捨て長寿命化しなければ」益々文明や生態系の寿命がドンドン縮まってしまう…
と私は考えて居るのですが…
「エコに名を借りた錬金術さえ存在」しているようでは折角の「真のエコ」がなされぬ侭になるかと…

Re:結局の所はどんな主義にせよ…
雑草Z
>食い潰し経済であるか、そうでないかの違い

そうですね。地下資源を当てにしている限りすべて食い潰し経済でしょう。

>時代の逆行を覚悟するくらいでなければ「これらの問題は到底解決出来ない」

食いつぶしで無い、循環型社会を『時代に逆行』と捉える社会は、もうどうしようもない末期症状なのかも知れませんね。理性で考えれば当然の帰着点ですが。・・・

>「エコに名を借りた錬金術さえ存在」している

存在していると言うよりも、残念な事に現状は大部分その状態ですね。

>「本当のエコは絶対に経済成長と相反するという原理がどうしても存在する」としても

STさんはどう思われますか??

“「本当のエコは…」という原理が存在”する前提で…
ST
そう言う原理が証明されていない段階でも「その可能性が0でない以上」その前提で物事を考えていく必要があると思います。
いずれにせよ“経済成長を犠牲にしてでも”取り組まなければならないと言う事です。
もし余裕が出来たなら人口問題や格差解消にも寄与する部分が有るとも考えられるので“真のエコロジー推進”こそが緊急の課題かつ必須の事であると考えております。

>食い潰し経済であるか、そうでないかの違い
地下資源を当てにしている限りすべて食い潰し経済…

リサイクル等と「節約・長寿命化」どちらが環境負荷を掛けないのか再考するべきでもありましょう。
エネルギーにおいては何より節約が最優先で「代替不可能な部分に限って使用を認めるべき」かと…

>時代の逆行を覚悟するくらいでなければ…
まずは「食い潰し無しの循環型社会を『時代の趨勢』となる社会でなければ、末期症状を抜け出せない」と考えています。

>「エコに名を借りた錬金術…」 …現状は大部分その状態…
ここまでくると開いた口が塞がらないレベルですが悲しい現実です、如何にこれを打開するかです。

Re:“「本当のエコは…」という原理が存在”する前提で…
雑草Z
    STさん

 本当の意味の「エコ」は Ecologyですから、やはり環境が生態系の豊かさを保つ方向を指すべきでしょう。

>“経済成長を犠牲にしてでも”取り組まなければならない

そうですね。そんな事は当然の筈なのですが、「経済優先」と言う狂った呪縛が世界を支配していますね。支配しているのは、ただの強欲な財界、経済界のやからなのですけどね。

>リサイクル等と「節約・長寿命化」どちらが環境負荷を掛けないのか再考するべき

そうですね。リサイクルの前に先ずはリペアとリユースですね。

>エネルギーにおいては何より節約が最優先

その通りですね。その為には、グローバル化からの脱却が必要ですね。海外との取引はエネルギーの浪費です。遠距離通勤やマイカー通勤も無くすべきです。石油をこれだけ浪費してすべき仕事なんて殆ど無い事をみんなが認識すべきです。 

Re:ゼロサムゲームの資本主義
guyver1092
 知らなかったのでゼロサムゲームを調べてみましたが、なるほど私の考えた例えはゼロサムゲームと言ってよいでしょうね。ただし、ゲーム参加者はプラスサムゲームと考えているようですね。

http://www.finance-dictionay.com/2009/10/post_456.html

 このような世界の真実が見えていないものが支配する人類社会に、破滅の坂を転がり落ちていることを認識させるには何をしたらよいかわかりませんね。

Re:Re:ゼロサムゲームの資本主義
雑草Z
    guyver1092さん

 成長の限界が見えてきた現代社会においては経済もゼロサムゲームとみなせるようになってきました。しかし、guyver1092さんの御紹介のページにも、

>資産運用市場において「株式市場」は非ゼロサムゲームである。

とあるように、guyver1092さんの仰るように

>ゲーム参加者はプラスサムゲームと考えている

ですね。アベノミクスを歓迎している人々もプラスサムゲームと捉えているでしょう・・・それどころか、安部首相自身が、プラスサムゲームである事を信じている事でしょう。この手の旧態依然とした政治家が、社会を住みにくい場所にして、文明崩壊を呼び込むのでしょう。guyver1092さんの仰るように

>世界の真実が見えていないものが支配する人類社会

ですね。

>破滅の坂を転がり落ちていることを認識させるには何をしたらよいか

やはり、理性よりくる正当な恐怖心でしょう。


本当に有効なエコを選択出来るのは?
ST
そう考えるとどう見ても「企業側では有り得ない」、唯一可能なのは我々市井の「庶民の“消費者”なのではないでしょうか?
つまりは「市民の視点からのみ」しか“真のエコは判断出来ない”と言うことです。
企業のカッコいい半分まやかしのエコはそうやって淘汰されて行かない限り「本来のエコと逆行して行ってしまう」…
私は「売上減少覚悟で節約のキャンペーンを張る企業」を全面的に支持したいと考えておりますが…
でもエネルギーコストが上昇したため致し方無く節約を余儀無くされる部分も結構難しい問題ではあります。
これからはエネルギーコスト上昇も踏まえた上でのエコが要諦になってくるのではないでしょうか?
例えばエネルギーがボトルネックになり食糧が逼迫するなどと言う事態を避けねばならないとかの要求からも大切かと…
そう考えるとどう考えても第一次産業(特に農業)の再興は必須だと考え、実践して行かなければ必ず破滅の時が訪れます。それもそうそう遠くない将来だと思っていなければなりません、虫食いでもいいからコツコツと、そして次第に広げていかなければならない時代がもう既に来ているのです。


Re:本当に有効なエコを選択出来るのは?
雑草Z
    STさんの仰るように、利益を追及する企業では、本来の意味でのエコの選択は極めて難しいでしょうね。

>「売上減少覚悟で節約のキャンペーンを張る企業」を全面的に支持したいと考えておりますが…

そんな良識的な企業は中々無いでしょうね。NPOになるしかないでしょう。しかし今のNPOにもあまりないですね。

>第一次産業(特に農業)の再興は必須だと考え、実践して行かなければ必ず破滅の時が訪れます。

その通りですね。工業的農業から脱しないと大変な破局がやってくるでしょうね。やはり、有機無農薬農業と自然農業に戻るべきですね。

>虫食いでもいいからコツコツと、そして次第に広げていかなければならない時代がもう既に来ている

これまた仰る通りですが、その事に気が付かない間抜けな政府、若しくは気が付いても舵を切れないその場凌ぎの政府が多過ぎますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
資本主義社会
 資本主義を存続させるためには、どうしても必要な政策なのでしょうね。環境破壊がこのまま続けば人類が破滅するとの認識を、二酸化炭素の増加を使ってすり込んでしまったあとですから、環境問題は存在しないなどと到底主張できないですよね。
 資本主義は環境を破壊しない限り存続できませんから(経済成長するためには、人口、都市、農地等すべて増加しなければならないが、地球の面積は有限)取れる対策と言えば記事の通りの政策になるのですね。
2013/04/05(Fri) 23:16 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
一番大切な理念が…
すっぽり抜け落ちている「今時のエコ」、それはズバリ“長寿命化による節約”ではないでしょうか?
企業の行っているエコなイメージ戦略の中では全くと言っていい程出て来ない概念ですが私は最も“キモ”な部分だと考えています。それと「節約」も絡めて全面にアピールして実践している企業のみが“本気で取り組んでいる”とみています。
いくらエコでもやたら新しく買い換えさせるのでは還って「環境への負担」が大きくなります。
需要ばかり増やすようなエコは“偽エコ”ですしそのような手法で企業ををアピールするような現在の企業のあり方は根本的に間違いをしていると言う事ではないでしょうか?
まぁ、例えば今使っている製品に少しアドオンして節約出来るとか長寿命化出来るやり方で製品を提供してくれる企業なんかだと高評価を与えてもイイとは思いますよ、ハイ…
2013/04/06(Sat) 09:00 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:資本主義社会
    guyver1092さん

簡単に言えば、企業が自然環境を破壊するのを、まやかしで正当化するのが、グリーンウオッシュですが、その根本原因は金融業による開発と経済成長策でしょう。それは確かに資本主義にも繋がりますが、

>資本主義を存続させるためには、どうしても必要な政策
>資本主義は環境を破壊しない限り存続できませんから


と言える為には少し前提が必要かと思います。資本主義だろうが共産主義だろうが、経済成長を前提とした開発は環境を破壊するでしょう。現代の資本家の投資は環境破壊の方向に進る事も確かです。しかしこれまた guyver1092 さんの提起するシステムによって、生態系を豊かにする方向にも進められそうですが・・如何でしょうか?


>環境破壊がこのまま続けば人類が破滅するとの認識を、二酸化炭素の増加を使ってすり込んでしまった

この辺り、私は一部逆に捉えています。即ち、地球環境破壊が顕著になり、環境問題が一般大衆の大きな関心事になった1980年頃、様々な環境問題から目を逸らす為に地球温暖化の問題だけに矮小化した側面も大きいと思います。だから二酸化炭素地球温暖化対策はグリーンウオッシュの一例だと思います。特に原発産業の典型的なグリーンウオッシュでしょう。この辺り、意見が違うと言うよりもguyver1092さんもそのような側面もあると考えていらっしゃるかと思います。
2013/04/07(Sun) 15:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:一番大切な理念が…
    STさん

>すっぽり抜け落ちている「今時のエコ」、それはズバリ“長寿命化による節約”

全面的にその通りだと思います。仰るところの「今時のエコ」はグリーンウオッシュですね。本文でも触れている

>「エコキャップ運動」「エコ替え、エコポイント」によって物を廃棄させ、新製品をどんどん買わせています。

がそのステレオタイプですね。逆効果で環境を悪化させます。

>今使っている製品に少しアドオンして節約出来るとか長寿命化出来るやり方で製品を提供してくれる企業なんかだと高評価を与えてもイイ

 そうですね。私も大賛成です。何度も修理して、いつまでも長く使える商品、余計な機能の無い商品、買い直す代わりに必要な機能のみ追加できる商品こそ本物の環境配慮商品でしょう。そのような事を実践している企業を具体的にいくつか挙げる事は難しいと思いますが、如何でしょう?
例えば、長持ち電球のLEDランプだとか、今流行りの古本業、BOOK-OFF などは、なかなかいい感じです。動機はあまり問わなくてもいいでしょう。金儲けの為だろうが、「節約、長持ち、再利用」で環境負荷が少なければ評価していいと思います。
2013/04/07(Sun) 16:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:資本主義社会
 昨年末から年初にした思考実験ですね? 現在資産となりうるものすべてに保有税を強力にかけ、農地、森林はその例外とすれば、理屈上は農地、森林が最高の資産にはなるでしょうが、私としては、実現はほぼ不可能と考えていました。 少なくとも発展途上国と呼ばれる国々での森林破壊は、森林を破壊しなければ自分たちがすぐに飢え死にするような情勢のように感じられます。
 また、森林、農地等、豊かな生態系を預金元本と考えるような太陽エネルギー缶詰本位システムは、地球の大きさを超えることはできす、現代文明はすでに地球の大きさほぼいっぱいまで成長しているので、このシステムに切り替えたとしても経済成長の余地はないように考えています。
2013/04/09(Tue) 22:32 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:Re:資本主義社会
guyver1092さん

>昨年末から年初にした思考実験

はい、そうです。記事
【特異で短命な時代】2012-12-29
のコメント欄ですね。そして、そこでは大体議論が収束していましたね。当方の若干の勘違いでした。お詫び致します。

>現代文明はすでに地球の大きさほぼいっぱいまで成長しているので、このシステムに切り替えたとしても経済成長の余地はないように考えています。

のお考えに賛同致します。これは経済成長が不可能と言う事ですが、これは資本主義の持続の不可能と一致すると考えていらっしゃるのですね?経済成長無しに資本主義はあり得ないと考えていらっしゃるのでしょうか?
例えば、現代はゼロサムゲームの資本主義に近い状態とも考えられませんか?
guyver1092さんは、【特異で短命な時代】のコメント欄で

>地球の生態系が一兆円の預金であり、人類社会はこの預金を取り崩しているのに、自力でお金を稼いでいると認識しているのです。金融資本主義は、預金を一度により多く取り崩す手段であろうと私は考えます。

と、述べられてますが、これぞゼロサムゲームの資本主義ですよね? 

2013/04/10(Wed) 21:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
結局の所はどんな主義にせよ…
食い潰し経済であるか、そうでないかの違いになると考えています。
資本主義、共産主義、また第3以降の新しい主義だとしても「そこの違いが寿命を決定する」のでは無いでしょうか?
主義によって多少の違いが出るものの僅差であるとも考えられます。
最優先すべきモノを環境やエネルギー等に筆頭として置かなければどれも皆「ドングリの背比べ」なのではないでしょうかね。
つまりは時代の逆行を覚悟するくらいでなければ「これらの問題は到底解決出来ない」でしょう。
企業がやっている小手先の見せかけのエコでは何の足しにもならず返って誤解されて悪弊を生ずる…
もし仮に「本当のエコは絶対に経済成長と相反するという原理がどうしても存在する」としても尚、
「敢えて成長を捨て長寿命化しなければ」益々文明や生態系の寿命がドンドン縮まってしまう…
と私は考えて居るのですが…
「エコに名を借りた錬金術さえ存在」しているようでは折角の「真のエコ」がなされぬ侭になるかと…
2013/04/11(Thu) 16:18 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:結局の所はどんな主義にせよ…
>食い潰し経済であるか、そうでないかの違い

そうですね。地下資源を当てにしている限りすべて食い潰し経済でしょう。

>時代の逆行を覚悟するくらいでなければ「これらの問題は到底解決出来ない」

食いつぶしで無い、循環型社会を『時代に逆行』と捉える社会は、もうどうしようもない末期症状なのかも知れませんね。理性で考えれば当然の帰着点ですが。・・・

>「エコに名を借りた錬金術さえ存在」している

存在していると言うよりも、残念な事に現状は大部分その状態ですね。

>「本当のエコは絶対に経済成長と相反するという原理がどうしても存在する」としても

STさんはどう思われますか??
2013/04/12(Fri) 22:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
“「本当のエコは…」という原理が存在”する前提で…
そう言う原理が証明されていない段階でも「その可能性が0でない以上」その前提で物事を考えていく必要があると思います。
いずれにせよ“経済成長を犠牲にしてでも”取り組まなければならないと言う事です。
もし余裕が出来たなら人口問題や格差解消にも寄与する部分が有るとも考えられるので“真のエコロジー推進”こそが緊急の課題かつ必須の事であると考えております。

>食い潰し経済であるか、そうでないかの違い
地下資源を当てにしている限りすべて食い潰し経済…

リサイクル等と「節約・長寿命化」どちらが環境負荷を掛けないのか再考するべきでもありましょう。
エネルギーにおいては何より節約が最優先で「代替不可能な部分に限って使用を認めるべき」かと…

>時代の逆行を覚悟するくらいでなければ…
まずは「食い潰し無しの循環型社会を『時代の趨勢』となる社会でなければ、末期症状を抜け出せない」と考えています。

>「エコに名を借りた錬金術…」 …現状は大部分その状態…
ここまでくると開いた口が塞がらないレベルですが悲しい現実です、如何にこれを打開するかです。
2013/04/13(Sat) 19:57 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:“「本当のエコは…」という原理が存在”する前提で…
    STさん

 本当の意味の「エコ」は Ecologyですから、やはり環境が生態系の豊かさを保つ方向を指すべきでしょう。

>“経済成長を犠牲にしてでも”取り組まなければならない

そうですね。そんな事は当然の筈なのですが、「経済優先」と言う狂った呪縛が世界を支配していますね。支配しているのは、ただの強欲な財界、経済界のやからなのですけどね。

>リサイクル等と「節約・長寿命化」どちらが環境負荷を掛けないのか再考するべき

そうですね。リサイクルの前に先ずはリペアとリユースですね。

>エネルギーにおいては何より節約が最優先

その通りですね。その為には、グローバル化からの脱却が必要ですね。海外との取引はエネルギーの浪費です。遠距離通勤やマイカー通勤も無くすべきです。石油をこれだけ浪費してすべき仕事なんて殆ど無い事をみんなが認識すべきです。 
2013/04/14(Sun) 22:45 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:ゼロサムゲームの資本主義
 知らなかったのでゼロサムゲームを調べてみましたが、なるほど私の考えた例えはゼロサムゲームと言ってよいでしょうね。ただし、ゲーム参加者はプラスサムゲームと考えているようですね。

http://www.finance-dictionay.com/2009/10/post_456.html

 このような世界の真実が見えていないものが支配する人類社会に、破滅の坂を転がり落ちていることを認識させるには何をしたらよいかわかりませんね。
2013/04/15(Mon) 22:35 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:ゼロサムゲームの資本主義
    guyver1092さん

 成長の限界が見えてきた現代社会においては経済もゼロサムゲームとみなせるようになってきました。しかし、guyver1092さんの御紹介のページにも、

>資産運用市場において「株式市場」は非ゼロサムゲームである。

とあるように、guyver1092さんの仰るように

>ゲーム参加者はプラスサムゲームと考えている

ですね。アベノミクスを歓迎している人々もプラスサムゲームと捉えているでしょう・・・それどころか、安部首相自身が、プラスサムゲームである事を信じている事でしょう。この手の旧態依然とした政治家が、社会を住みにくい場所にして、文明崩壊を呼び込むのでしょう。guyver1092さんの仰るように

>世界の真実が見えていないものが支配する人類社会

ですね。

>破滅の坂を転がり落ちていることを認識させるには何をしたらよいか

やはり、理性よりくる正当な恐怖心でしょう。
2013/04/16(Tue) 22:45 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
本当に有効なエコを選択出来るのは?
そう考えるとどう見ても「企業側では有り得ない」、唯一可能なのは我々市井の「庶民の“消費者”なのではないでしょうか?
つまりは「市民の視点からのみ」しか“真のエコは判断出来ない”と言うことです。
企業のカッコいい半分まやかしのエコはそうやって淘汰されて行かない限り「本来のエコと逆行して行ってしまう」…
私は「売上減少覚悟で節約のキャンペーンを張る企業」を全面的に支持したいと考えておりますが…
でもエネルギーコストが上昇したため致し方無く節約を余儀無くされる部分も結構難しい問題ではあります。
これからはエネルギーコスト上昇も踏まえた上でのエコが要諦になってくるのではないでしょうか?
例えばエネルギーがボトルネックになり食糧が逼迫するなどと言う事態を避けねばならないとかの要求からも大切かと…
そう考えるとどう考えても第一次産業(特に農業)の再興は必須だと考え、実践して行かなければ必ず破滅の時が訪れます。それもそうそう遠くない将来だと思っていなければなりません、虫食いでもいいからコツコツと、そして次第に広げていかなければならない時代がもう既に来ているのです。
2013/04/17(Wed) 09:48 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:本当に有効なエコを選択出来るのは?
    STさんの仰るように、利益を追及する企業では、本来の意味でのエコの選択は極めて難しいでしょうね。

>「売上減少覚悟で節約のキャンペーンを張る企業」を全面的に支持したいと考えておりますが…

そんな良識的な企業は中々無いでしょうね。NPOになるしかないでしょう。しかし今のNPOにもあまりないですね。

>第一次産業(特に農業)の再興は必須だと考え、実践して行かなければ必ず破滅の時が訪れます。

その通りですね。工業的農業から脱しないと大変な破局がやってくるでしょうね。やはり、有機無農薬農業と自然農業に戻るべきですね。

>虫食いでもいいからコツコツと、そして次第に広げていかなければならない時代がもう既に来ている

これまた仰る通りですが、その事に気が付かない間抜けな政府、若しくは気が付いても舵を切れないその場凌ぎの政府が多過ぎますね。
2013/04/18(Thu) 22:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。