-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-03-05 00:01
2012年暮れに誕生した第2次安倍内閣の大きな売りは経済政策です。この経済最優先内閣と言える安倍内閣の推進する経済政策は、誰が命名したのかアベノミクスと呼ばれています。
「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」という「3本の矢」で、長期のデフレを脱却し、名目経済成長率3%を目指すと公言しています。この「3本の矢」と言う表現は、積極的な攻めの武器と言う意味でしょうけれど、私には庶民を貫き、生活の安定や環境を破壊する武器に感じます。

 この、アベノミクスに対して、マスコミなどから賛否両論が出ています。当初は、大々的に持ち上げていたマスコミも最近は批判が多くなったようです。

1本目の矢;ばら撒きによる「財政出動」は、投入される20兆円以上に経済効果はなく、国民の税金を投入して、大部分を資本家、投資家、大企業に回す・・・と言う結果に終わるでしょう。つまり、逆の「富の再分配」を図り、格差を更に拡大する結果となりましょう。
2本目の矢;「金融緩和による脱デフレ政策」のインフレターゲット2%は、多くの人が論じているように現実化の可能性も小さいかも知れませんが、もし仮にインフレ目標を達成しても、物価上昇によって大部分の庶民の生活は更に苦しくなるでしょう。株高や円安も、一部の投資家や輸出関連の大企業が儲けるだけでしょう。
3本目の矢;経済成長戦略に関しても、出来ないのではないかと冷ややかに見ている方々も多いようですが、もしも経済成長戦略が達成されても、ごく短期間のバブルで終わり、またたく間に崩壊するでしょう。もう、成長の限界に近づいているからです。そして短いバブルの後には途方もない負の遺産が残る事になりましょう。
アベノミクスの3本の矢は、「高度経済成長時代を再び」という頭が固くて古い政治家の旧態依然とした時代錯誤の政策と言えましょう。普通に理性で考えれば、アベノミクスは早晩・・・かなり早い時期に・・必ず破綻するでしょう。アベノミクスにより日本が取り返しのつかない事になる可能性も低くは無いでしょう。

以上簡単にアベノミクスの3本の矢に対する失敗予測を連ねましたが、様々な見解がある中で、上のような厳しい見解も、斬新な分析でも無く、よくある失敗予測の中の一つでしょう。
しかし、これまでのように、この経済政策に関して経済の側面からばかり批判しては、もっと重要な問題が見落とされます。経済面からだけではなく、資源、環境負荷の側面からも考えるべきでしょう。

3本の矢によって、不要な公共工事が次々に行われ、資源が浪費され、また高度経済成長時代のように大きく環境が破壊されていくでしょう。(勿論本当に修復しなければならないインフラもあるでしょう。)20世紀にこれでもかとばかり破壊された生態系が、更に破壊され、瀕死の状態になるやも知れません。生物が生きていける環境が破壊され、多くの動植物が絶滅に追いやられ、作物も育たなくなったら大変です。生態系が再起不能となれば、勿論ヒトも生きていけません。これからの経済政策はそこまで考えるべきですが、今までの多くの経済政策がそうであったように、アベノミクスにもその配慮が一切ありません。

さて、この記事のタイトルを「アベノミクスの功罪」としましたが、これまで、「罪」の部分しか言及、列挙しておりません。「功」の部分は何もないのでしょうか?・・・
上にも書きましたようにアベノミクスは見掛け上の短い成功の後に大失敗に終わるでしょう。このアベノミクスの大失敗によって、大多数の人間が、アベノミクスのような経済政策は愚かである事に気が付けば怪我の巧妙、最高の「功」となるでしょう。・・・まあ、そのように上手くいくとしても、「大怪我の巧妙」という事で犠牲も甚大となるでしょうけれど・・・そして、2度とこのような経済政策は取らない事を確認し、アベノミクスを反面教師として経済成長社会から脱経済成長社会へとパラダイムシフトする事が出来れば、理想です。・・・まあ実現性の低い、かなり強引な「功」ですが・・。


 兎にも角にも、アベノミクスのような典型的なお馬鹿な経済政策はこれを最後にして欲しいものです。
このような経済優先政策を繰り返していれば、いずれは、生態系がズタズタに破壊され、社会に破局が訪れるでしょう。・・それが今回のアベノミクスで無い事を祈り、アベノミクスの失敗を機に、縮小のパラダイムシフトの考え方が広まれば、それがアベノミクスの「功」だと考えます。

スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/03/05 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

皮肉的な言い方でもある「怪我の巧妙」
ST
「怪我」「大怪我」「重傷」「重体」「瀕死」…
一体何処まで行った時点で“方向転換”が出来るのか
そこがポイントになるでしょう。私なりの推測では
アベノミクス+幾つかの度重なる「失敗」で気づくが
その時はもはや乗っ引きならない状況と思えますね。
まぁ当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?
このカテゴリーにいる人のある指標が危険度の尺度と
なるでしょうね、あまりに意外で思いも付かない尺度…

うーん、コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
むしろこれは「例外中の例外」と考えた方がいいです。
輸出で稼げたとしても円安の恩恵でしかありません、
あとあと輸入品価格が高騰すれば「元の黙阿弥」です。
もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…

いでよ・人類の救世主!
ほとけの提言
アベノミクスに対して、資源、環境負荷の側面から追求する他の政治家がいないことに驚きと、失望、落胆、怒りを覚えます。全政治家の頭の構造を疑います。こんなことなら、以前このブログで提案しました「政治家をくじ引きで選ぶ」の方がはるかに期待できると思います。それが出来ないとしたら、正義、誠実、智恵があるリーダーが早急に名乗り出て、地球環境改革を行っていただきたい。勿論リベラル派で。いでよ人類の救世主!

信じるものは騙される
guyver1092
 少し前、週刊誌で「信じるものは騙される」とのタイトルの記事を見かけましたが、信じる者がいるからこそ「功」があるように見えるのでしょうね。(ただし、期間限定)
 現代社会のように状況が煮詰まってきた状態では、予想外の出来事で景気回復と言うことも望めないでしょうし。
 アベノミクスの言う三本の矢は、共産党に言わせると折れた矢なので効果なしとのことですが、私もそう思いますし、ネット上では、「アベノミクスでスタグフレーションが起きる」との説もいくつか出ているようです。(彼らの分析が絶対正しいというものでもないでしょうが)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130117-00000561-playboyz-bus_all

http://traderlive.doorblog.jp/archives/21578916.html

 文明崩壊的に見てみると、アベノミクスの成功は最悪の事態でしょうし、失敗しても巨大企業だけは肥え太るでしょうから、特権階級に富が集中するのはやはり文明崩壊にとって危険な兆候でしょう。
 これまで、第三極と主張してきた者は既存勢力が化粧して別人のふりをしていただけですね。真に第三極になりえる者は、地球の限界を計算に入れた経済システムを掲げる必要があるでしょうね。

蛇足 三本の矢というのは毛利家三子教訓状の事だと思います

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AD%90%E6%95%99%E8%A8%93%E7%8A%B6

Re:皮肉的な言い方でもある「怪我の巧妙」
雑草Z
 STさん の今回のコメントのタイトル通り、アベノミクスの「功」の部分は皮肉的な意味合いも込められていますね。

>一体何処まで行った時点で“方向転換”が出来るのか

「怪我」「大怪我」「重傷」「重体」「瀕死」…
のそれぞれの定義にも依りますが、「怪我」程度では済まないでしょうね。 このままでは「瀕死」まで行きそうで怖いですね。

>アベノミクス+幾つかの度重なる「失敗」で気づくが その時はもはや乗っ引きならない状況と思えますね。

私もそう推測します。

>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?

私は経済的な崩壊だけではなく全地球規模の環境破壊も起きると考えますので、安泰な層があるとは考えません。比較的「有利」な層はいるでしょうけれど・・。
ただ、世界には、莫大な経済力があるから自分達だけは安泰だと考えるお気楽で利己的な人々が沢山いるから、環境破壊や文明崩壊を中々止められないのでしょうね。

>コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
>もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…

「ベア」って「ベースアップ」の略語何ですね?・・知りませんでした。
・・それは兎も角、コンビニはアルバイト、パートが主ですから、仰るように働いている一部の人だけが恩恵に預かるだけで、しわ寄せが非正規社員に来るのではないでしょうか?・・・つまり会社内での格差がいっそう開く結果になりそうです。




 

Re:いでよ・人類の救世主!
雑草Z
    ほとけの提言さん

>アベノミクスに対して、資源、環境負荷の側面から追求する他の政治家がいないことに驚きと、失望、落胆、怒りを覚えます。

全くその通りですね。経済的にも酷い話ですが、本文にも書きました通り、アベノミクスは環境負荷もかなり大きくし、文明崩壊の引き金にもなりそうです。

>「政治家をくじ引きで選ぶ」の方がはるかに期待できると思います。

そうですね。仰る通りです。これまた本文にも書いたっとおり、、「高度経済成長時代を再び」という頭が固くて旧態依然とした時代錯誤の政治家達には早く引退して貰う必要がありますね。(・・・「引退」では無く監獄行きがお似合いでしょう。)

Re:信じるものは騙される
雑草Z
    guyver1092さん

 まさに「信じるものは騙される」ですね。言い得て妙です。ただ、「騙す」というよりも、安部政権下の政治家や官僚達も経済成長にどっぷりと洗脳され切っていて、本気で信じているのかもしれません。まあ、資本家や経営者の立場から見ているのでしょうけれど・・。

>共産党に言わせると折れた矢なので効果なしとのこと

確かにそのような見解もまともだとは思いますが、私は本文にも触れましたように「どちらに飛んでいくか分からない「矢」で、一般庶民のほうへ飛んでくる矢だと思います。

>文明崩壊的に見てみると、アベノミクスの成功は最悪の事態でしょうし、失敗しても巨大企業だけは肥え太るでしょうから、特権階級に富が集中するのはやはり文明崩壊にとって危険な兆候でしょう。

お見事な分析です。私もその通りだと思います。つまり、アベノミクスはその成否に関らず、文明崩壊に導く最悪の経済対策という事でしょうね。

プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…
ST
>>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?
>私は経済的な崩壊だけではなく全地球規模の環境破壊も起きると考えますので、安泰な層があるとは考えません。
比較的「有利」な層はいるでしょうけれど・・。
ただ、世界には、莫大な経済力があるから自分達だけは安泰だと考えるお気楽で利己的な人々が沢山いるから、
環境破壊や文明崩壊を中々止められないのでしょうね。

経済的な部分のみで崩壊したとしても現状の日本の状態のまま行けば「その時にもどうにか安泰か?」と言う層でも
最悪に近い場合を想定した場合はたった5%程度ではないかと思っています。その第一候補は「専業農家」かと…
どうも「洗脳されてしまっている人(特に日本人?)は超お気楽な人ばかりですね、危機感を持ってる人は1%以下?

更に「福一・チェルノブイリ」、核にまつわるリスクがより一層明らかになった現在、エネルギー問題は深刻です。
特に日本は本当に安全なものとなると電力を例にとった場合は現在10%程度の自給率しかなくより深刻な問題です。
(化石系エネルギー資源の殆ど全てを輸入に頼っていますので何も発電だけに留まらず、社会全体に影響します。)

各国にしても資源が逼迫すれば「輸出する余裕」がなくなり「輸入価格」が著しく高騰するのでダブルパンチです。
考えて見ると特に日本では「国産のエネルギー資源」は当面「太陽や風力他の再生可能エネルギーしか無いのです。
(メタンハイドレートについては利用可能なものなのかさえハッキリしていませんのでここでは除外対象とします。)

食糧については自給率の前に「廃棄食糧問題」があります、日本の農業生産額とほぼ同量の廃棄があるという現実…
ほかにカロリーベースでの自給率が低い原因としては多量の飼肥料を輸入に頼っていると言う重い現実があります。
自給をしようにもそれには多量の「資源・エネルギー」を輸入に頼らなければならない現実が今ここにあります。
従って我が国のような元々国土が狭く人口が多い場合は他の国よりも増して節約の意識が必要だと考え、更には…
そこでそれを発展させ他の国でも持続的な継続性を高める為の「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。
思い切って食文化とかエネルギーとか広範に考えてこれからのライフスタイルを徐々に変える必要性を感じてます。

>>コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
>>もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…
>「ベア」って「ベースアップ」の略語何ですね?・・知りませんでした。
・・それは兎も角、コンビニはアルバイト、パートが主ですから、仰るように働いている一部の人だけが恩恵に預かる
だけで、しわ寄せが非正規社員に来るのではないでしょうか?
・・・つまり会社内での格差がいっそう開く結果になりそうです。

うーん、先に書いた問題解決の妨げになるものとして「格差」があると考えています。極論すれば全て見合っただけの
質と量で平等になれば今現在でもすぐにグローバルに貧困や飢餓を解消出来ると考えているからです。
一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。
解決の手段としてジニ係数を少しでも小さくする事も大切な方策と私は考えています。
それがなければいくら(仮に)経済発展をしたところで何の意味も無いと思っています。

Re:プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…
雑草Z
>その第一候補は「専業農家」かと…

なるほど、第一候補が専業農家ならば一理ありますね。しかし、放射能汚染等からは専業農家も免れませんね。

>「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。

それは過渡期のお話で、日本も食料もエネルギーも自給自足しなければならないと思います。

 日本は資源に乏しい国だとか小さい国だとか言う考えは、外貨を稼いだり加工貿易を推進する為のプロパガンダで、殆どの日本人に染みついている「常識」ですが、それは危険な発想です。どのような国であろうと、その国に適正な人口レベル、生活レベルで自給自足すべきでしょう。

>プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…

プラウトを知りませんので通じません。何度も申しましているように、具体的にどのような事か説明願います。「プラウト的」という言葉を分かりやすい言葉に言い換えてご説明願います。よく知らなくて申し訳ありませんが、STさんの御説明では、「プラウト的」というのは到達点では無くて、過渡期の経過の状況に感じます。
私以外のここのサイトの常連の方々は:「プラウト的」と言えば概要が把握できるのでしょうか?・・どなたかお返事頂ければ嬉しいですね。


>一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。

それはその通りだと思いますが、この発想は経済的に限定されるでしょう。総量としては、持続可能なフローを越えていますから、経済もエネルギー消費レベルも人口も縮小せざるを得ないでしょう。


果たしてお答え出来てるか心配ですが…
ST
>>その第一候補は「専業農家」かと…
>なるほど、第一候補が専業農家ならば一理ありますね。しかし、放射能汚染等からは専業農家も免れませんね。

放射能の問題は農家は愚か、人類等も超えた「生態系そのもの」を破壊する危険性さえあります、勿論「封印すべきもの」と考えています。
況してや、原子力自体「エネルギーのうちほぼ電力に限り」震災以前の日本では電力の3割しか担っていなかったのです、必要なしと考えます。
その上で「知的財産」等を当面の間、開発、実証、実践していく事が大切なのではないでしょうか? 被災地復興にも活用出来るのではと思います。

>>「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。
>それは過渡期のお話で、日本も食料もエネルギーも自給自足しなければならないと思います。

この部分は自給自足のベース的な処と考えています、ノウハウを構築し実証していく過程でもあります。 「プラウト+α-β的な感じ」が過渡期かと思います。

>日本は資源に乏しい国だとか小さい国だとか言う考えは、外貨を稼いだり加工貿易を推進する為のプロパガンダで、殆どの日本人に染みついている「常識」ですが、
それは危険な発想です。どのような国であろうと、その国に適正な人口レベル、生活レベルで自給自足すべきでしょう。

勿論「適正な人口、生活のレベル」の中でではあります。しかし“エネルギー”を考えた場合は確かに「乏しい」のではないでしょうか?
適正なレベルがかなりエネルギー面での制限で下がってしまう場合は本気で「太陽利用」を考えて行かなければならないと感じています。
食糧生産のみを見ても「エネルギーに依存」している面が多く、抜本的な対策が必要と思われます。“江戸時代”が究極的なモデルではないかと私は見ています。

>」プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…

>プラウトを知りませんので通じません。何度も申しましているように、具体的にどのような事か説明願います。
「プラウト的」という言葉を分かりやすい言葉に言い換えてご説明願います。
よく知らなくて申し訳ありませんが、STさんの御説明では、「プラウト的」というのは到達点では無くて、過渡期の経過の状況に感じます。

正直な処、私自身も「プラウト」をハッキリ認識し初めたのは半年程度前位からです。
それまでに私なりに考えて来た事がほぼ「プラウト」に似ている事から、「プラウト的」と言う形で表現しています。

私なりに考えるに…

① 資源の温存を図り、持続性を高める為に、節約を初め今は忘れられている(江戸のエコロジー生活とか…)ものを復活? させる事が肝要。
② ①の実現と共に必要なのは江戸? (近代)とは違う、より進んだ現代生活の部分も維持する為に必要な技術は徐々に進展させると言う事。
③ 人口抑制は出来るだけ控える為に積極的に自給自足を進める事。「それに資する為の意識改革等」も同時進行で進めると言う事。
④ それら等を実践する時に無用な摩擦や軋轢を生じないよう平等を図る上でも「格差の解消」を積極的に進め円滑に出来るようする事。

まだまだあるのではありますがとりあえず…

環境保護等の面からも生態系の維持の点からも「特に危険な科学技術も封印する必要がある」と考えています。
まずその筆頭は「原子力」なのですが他にも人工的過ぎる近・現代科学の多用があると思います、特に純人工的な化学物質とか…
スピリチュアルな点から考えず、科学的に見ても環境、生態系に重大な影響を及ぼす科学技術については特に慎重な対応が必要かと…
化学的なテクノロジーのみの場合は人類も「何とか抑える」事が出来るのでは? と考えます、それでもそれなりの慎重さは必要ですが。
それに関して、「太陽光発電」ついては色々賛否両論がありますね。私の主張としては節約と共に大切と思って居りますが如何ですか?

まぁ、そう言った事を考えて来ると日本人のみならず「人類」全体のライフスタイルが根底から問われているのだとも思いますがね…


>>一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。
>それはその通りだと思いますが、この発想は経済的に限定されるでしょう。
総量としては、持続可能なフローを越えていますから、経済もエネルギー消費レベルも人口も縮小せざるを得ないでしょう。

うーん、エネルギーについては多分そうでしょうが食料については十分改善の余地が残されているのではないかと考えています。
例えば肉食による飼料分の生産を生食用に切り替えるとか、特に日本の場合は食料品の廃棄の問題とか様々対応可ではないでしょうか?
さらに肥料分の穀物生産分も食料に切り替えが出来れば余裕が増えるのではとも考えられます、最大の問題はエネルギー投入問題かも…

いずれにしても維持のためとは言え急激な人口抑制は要らざる摩擦や軋轢(究極は戦火)をまねく危険性があると考えています。
まずは「贅沢な人達」の贅沢削ぎ落としが必要なのではないでしょうかね、格差是正にも繋がります、牽いては生態系の為にも…

Re:果たしてお答え出来てるか心配ですが…
雑草Z
    STさん

また長いお返事有難う御座います。

>原子力自体「エネルギーのうちほぼ電力に限り」震災以前の日本では電力の3割しか担っていなかったのです、必要なしと考えます。

そうですね。必要無しです。

>日本では電力の3割しか担っていなかった

と言う事もまやかしで、火力と水力を止めて原子力を優先して稼働してせいぜい30%です。火力と水力で賄え切れます。・・・しかし、今ここではそんな議論をしているのではなくて、原発事故を一例に、

>>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程

というSTさんの主張に対して、安泰な層はいないと言う事を言いたかっただけです。安泰だと思い込んでいる層はいますが・・。

>その上で「知的財産」等を当面の間、開発、実証、実践していく事が大切

はい、「当面の間」とおっしゃるのなら賛成です。それをキープするのは大変な事ですし、アメリカのように知的財産権でアフリカなどの国々を苛めるのはフェアじゃないですね。

>しかし“エネルギー”を考えた場合は確かに「乏しい」のではないでしょうか?

そのお考えは現在一般的には正しいとされていますが、私はそれを乏しいと考えるのではなく、輸入などせずそれに見合った生活をすべきだと考えます。例としてSTさんが仰るような

>食糧生産のみを見ても「エネルギーに依存」している面が多く、抜本的な対策が必要と思われます。“江戸時代”が究極的なモデルではないかと私は見ています。

のような事です。
STさんが

>「プラウト的」

と表現された内容の①~④を特に『プラウト的』と呼ぶ理由がまだよくわかりません。その考え方は、多くの人から言われている事ですが、プラウトがその先駆者と言う事でしょうか?

それから

③ 人口抑制は出来るだけ控える為に積極的に自給自足を進める事。

が良く判りません。
人口抑制は出来るだけ控える⇒抑制はしない方向
ですよね?

>環境保護等の面からも生態系の維持の点からも「特に危険な科学技術も封印する必要がある」と考えています。

それは私も同意見です。そのような記事を書いてきましたし、改めて描こうかとも考えています。


>「太陽光発電」ついては色々賛否両論がありますね。私の主張としては節約と共に大切と思って居りますが如何ですか?

私は太陽光は地球の生態系などの循環系に対して沢山の役割があり、発電に使う余地はそれほどないと考えています。先ずは何と言っても光合成に使うべきでしょう。地面を太陽光パネルで覆って農作物等植物が生えなくする事は、本末転倒だと考えます。・・・砂漠なら・・・とも思いますが、砂漠の緑化のほうが大切だと考えます。
 太陽光から派生した2次、3次のエネルギー、水力や風力の適正利用はいいと思いますが・・。

>エネルギーについては多分そうでしょうが食料については十分改善の余地が残されているのではないかと考えています。

???・・・エネルギーに関しても食料に関しても、改善の余地は大量にあると考えています。

>まずは「贅沢な人達」の贅沢削ぎ落としが必要なのではないでしょうかね

はい、その通りだと思いますし、お返事でもその旨申した積りです。その上で、環境負荷や持続可能性を考えればそれだけでは不十分で、絶対量の縮小が必要だと言う事です。


まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が良く判りません。私が知らないだけかも知れませんが、敢えて「プラウト」と言う言葉を使う必要性が分かりません。STさんのコメントやネットでちょっと調べたところでは、これまでの持続可能な方向の考え方に、スピリチャルな事を追加しただけのような感じです。経済的なアプローチが強くも感じます。これまでにあったサステイナブルな社会の構築論と差別化される新たな概念は何なのでしょうか?


TPP、原発
地下水
 TPPで、日本の農林水産業が3兆円も縮小する事を、政府が発表しました。日本の一昨年の農林水産業の総生産額は10兆839億円です。つまり、日本の農林水産業が3割減少し、倒産する事になります。
 考えられるのは、安いコメなどが大量に低い関税障壁を乗り越えて入り、日本中の山間部で丁寧に作られてきた、棚田や山の畠などが放棄されて、保水力を失い、荒れ地になる事です。
 食の国防は、さらに危うくなります、日本は大丈夫でしょうか。農林水産業を今以上いじめて、どうするのでしょう。

 また、関電が、経費に全く発電していない原発の維持費を、466億円計上していました。今日本中の原発維持費を合わせると、さらにかなりの額になりそうです。全部止まっていても、原発は高くつきます。

 管理人さんの指摘された問題が、次々現実になりそうです、一体日本はだいじょうぶなのでしょうか。(^^;;


“まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が”の部分について…
ST
上記の事について…「プラウト」に“的”をつけたのは部分的に
「ボトムアップに適さないやり方」であったり「スピリチュアルに
傾き過ぎている感が拭えない」等、またその後(時間の経過等から)
の“情勢”を鑑みて修正が必要ではないかと思っているからなのですが…
大体のバックボーン(但し“世界連邦”まで行く考えには懐疑的です。)
等はご紹介したいサイト“ポスト資本主義…”
http://www1.vecceed.ne.jp/~kyusei/sub28.htm

及び“経済改革最終章…”
http://www1.vecceed.ne.jp/~kyusei/sub27.htm
などを参考にお汲み取り頂ければありがたいと思っております。

またその辺の子細な論議については別項を立てて進めるのが
好いのではと思っております。
取り敢えずと言ってはなんですが一応のコメントとさせて
頂ければ幸いと思っておりますが如何でしょうか?


Re:TPP、原発
雑草Z
  地下水さん の危惧するところはごもっともです。

>日本の農林水産業が3兆円も縮小する事を、政府が発表しました。

 この期に及んでも相変わらず政府は工業優先ですね。農林水産業が3兆円縮小と言う金額よりも遥かに食料自給率の更なる減少と農地の縮小は、主権国家日本にとって大きな痛手でしょうね。主権国家とも言えなくなりそうです。

>日本中の山間部で丁寧に作られてきた、棚田や山の畠などが放棄されて、保水力を失い、荒れ地になる事です。

それが非常に痛いですね。大規模農家で無く、自給的農業、小農も日本が生き残る為には大切な事なのに、目先の経済効率しか考えていませんね。その結果持続不可能な農業が蔓延る事となりましょう。

>一体日本はだいじょうぶなのでしょうか。

日本崩壊のカウントダウンが始まった感じです。崩壊が始まってやっと大部分の人が気が付いて、多くの犠牲のもとに目が覚めるしかないでしょうか。


Re:“まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が”の部分について…
雑草Z
    STさん

 色々考慮して頂き有難う御座いました。御紹介のページもざっと目を通させて頂きましたが、STさんの言わんとしている事が分かりました。やはりスピリチャルなものが大きく出てくるので私としては入り込む事が出来かねます。しかし、目指す方向は大筋で一緒と言えそうですね。
スピリチャルな部分に「プラウト的」の特徴があると感じました。だから今のところそこから距離を置かせて頂きます。


>一応のコメントとさせて頂ければ幸いと思っておりますが如何でしょうか?

了解です。

>またその辺の子細な論議については別項を立てて進めるのが好いのではと思っております。

そうですね。機会があればそうしたいと思いますが、項目は立てにくい感もあります。

STさんのコメントの中には、日本の現状を主観を離れて第3者的に捉えた個性的なコメントが時々見受けられますが、日本以外に在住でしょうか?(過去かな?)


STさん… 日本以外に在住…?(+α)
ST
日本在住ですし留学も海外居住も、旅行さえした事がない
首都圏在住の一庶民ですよ、大卒でもないぺーぺーの高卒者…

しかし首相はトンでもない「誤断」をやらかしましたねぇ…
原発と言いTPPと言い、自公他各政党でまともなのが無い。
いや、一番まともなグループが一番マイナーな今の現実か…


Re:STさん… 日本以外に在住…?(+α)
雑草Z
ここにコメント下さる常連の方は、現在の日本の世間一般の常識とは距離を置いた理性からの独自の発想を書きこまれる場合が多く、それなのにそれがここでの共通認識となっている場合が殆どです。
 STさんのコメントもその一つに入ろうかと思いますが、プラウトをはじめ、私が知らなかった内容が多く、斬新な発想に感じたもので、他の地域からのコメントかな?と思い尋ねました。・・私の発想、考え方も現代日本の常識とはかなりかけ離れていますが・・・これからも独自の発想のコメント期待しています。大変刺激になり楽しみに致しております。

>首相はトンでもない「誤断」をやらかしましたねぇ…

現政権に変わったときから、このようなとんでもない事をする事はほぼ明らかだったですね。どこまで日本を破壊しましょうか?

>自公他各政党でまともなのが無い。一番まともなグループが一番マイナーな今の現実か…

そうですね。仰る通りです。STさんのおっしゃるようにアベノミクス+α で日本が崩壊の危機に立って初めて、自公民以外のマイナーな党が台頭するのかも知れませんね。

 +  +++    +++++    +++  +

御紹介のプラウトのページの一つをもう一度読ませて頂きました。前回はざっと流し読みでしたが、今回はちょっとだけ丁寧に読ませて頂きました。現在、世界を支配している資本主義経済が崩壊し、ポスト資本主義として、経済民主主義の導入が必要と言う事は分かりましたが、それを「霊性に基盤を置く事が当然」と言う事には賛同致しかねます。STさんは、この霊的世界に関してどうお考えになりますか?
 私は、特に唯物論者のわけでもなく神の存在を安易に否定する積りは御座いません。少なくとも 経済成長の呪縛から逃れられず、経済成長が、幸福をもたらすなどとのたまっている今日の多くの政治家や財界人よりは、神を信じた方が遥かにまともだと思っています。しかし、それでも今のところプラウトの霊的世界観からは少し距離を置きたい感じです。

貿易赤字
地下水
 アベノミクスの円を増刷してつぎ込んだ円安誘導で、そこの空いたバケツの様に、貿易赤字が拡大しています。このままでは大変な事になるのではないでしょうか。

Re:貿易赤字
雑草Z
    地下水さん

 またまた、的確なコメント有難う御座います。確かにアベノミクスの円安誘導は、酷い愚策ですね。一部のマネーゲームをやっている投資家や輸出関連企業だけを儲けさせているように思えます。
日本全体で考えれば、地下水さんがおっしゃるように貿易赤字が拡大してアメリカのようになるでしょうね。円安の先にはデフォルトが待っていそうです。円安政策に限らずアベノミクスは、軽率な愚策ばかりです。まるで日本の破綻を狙っているようです。
アベノミクスによる強引な「プチバブル」の後には大きな負の遺産が残るでしょうね。日本人はどこまで支え切れるのでしょう?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
皮肉的な言い方でもある「怪我の巧妙」
「怪我」「大怪我」「重傷」「重体」「瀕死」…
一体何処まで行った時点で“方向転換”が出来るのか
そこがポイントになるでしょう。私なりの推測では
アベノミクス+幾つかの度重なる「失敗」で気づくが
その時はもはや乗っ引きならない状況と思えますね。
まぁ当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?
このカテゴリーにいる人のある指標が危険度の尺度と
なるでしょうね、あまりに意外で思いも付かない尺度…

うーん、コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
むしろこれは「例外中の例外」と考えた方がいいです。
輸出で稼げたとしても円安の恩恵でしかありません、
あとあと輸入品価格が高騰すれば「元の黙阿弥」です。
もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…
2013/03/06(Wed) 14:25 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
いでよ・人類の救世主!
アベノミクスに対して、資源、環境負荷の側面から追求する他の政治家がいないことに驚きと、失望、落胆、怒りを覚えます。全政治家の頭の構造を疑います。こんなことなら、以前このブログで提案しました「政治家をくじ引きで選ぶ」の方がはるかに期待できると思います。それが出来ないとしたら、正義、誠実、智恵があるリーダーが早急に名乗り出て、地球環境改革を行っていただきたい。勿論リベラル派で。いでよ人類の救世主!
2013/03/07(Thu) 11:44 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
信じるものは騙される
 少し前、週刊誌で「信じるものは騙される」とのタイトルの記事を見かけましたが、信じる者がいるからこそ「功」があるように見えるのでしょうね。(ただし、期間限定)
 現代社会のように状況が煮詰まってきた状態では、予想外の出来事で景気回復と言うことも望めないでしょうし。
 アベノミクスの言う三本の矢は、共産党に言わせると折れた矢なので効果なしとのことですが、私もそう思いますし、ネット上では、「アベノミクスでスタグフレーションが起きる」との説もいくつか出ているようです。(彼らの分析が絶対正しいというものでもないでしょうが)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130117-00000561-playboyz-bus_all

http://traderlive.doorblog.jp/archives/21578916.html

 文明崩壊的に見てみると、アベノミクスの成功は最悪の事態でしょうし、失敗しても巨大企業だけは肥え太るでしょうから、特権階級に富が集中するのはやはり文明崩壊にとって危険な兆候でしょう。
 これまで、第三極と主張してきた者は既存勢力が化粧して別人のふりをしていただけですね。真に第三極になりえる者は、地球の限界を計算に入れた経済システムを掲げる必要があるでしょうね。

蛇足 三本の矢というのは毛利家三子教訓状の事だと思います

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AD%90%E6%95%99%E8%A8%93%E7%8A%B6
2013/03/07(Thu) 21:17 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:皮肉的な言い方でもある「怪我の巧妙」
 STさん の今回のコメントのタイトル通り、アベノミクスの「功」の部分は皮肉的な意味合いも込められていますね。

>一体何処まで行った時点で“方向転換”が出来るのか

「怪我」「大怪我」「重傷」「重体」「瀕死」…
のそれぞれの定義にも依りますが、「怪我」程度では済まないでしょうね。 このままでは「瀕死」まで行きそうで怖いですね。

>アベノミクス+幾つかの度重なる「失敗」で気づくが その時はもはや乗っ引きならない状況と思えますね。

私もそう推測します。

>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?

私は経済的な崩壊だけではなく全地球規模の環境破壊も起きると考えますので、安泰な層があるとは考えません。比較的「有利」な層はいるでしょうけれど・・。
ただ、世界には、莫大な経済力があるから自分達だけは安泰だと考えるお気楽で利己的な人々が沢山いるから、環境破壊や文明崩壊を中々止められないのでしょうね。

>コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
>もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…

「ベア」って「ベースアップ」の略語何ですね?・・知りませんでした。
・・それは兎も角、コンビニはアルバイト、パートが主ですから、仰るように働いている一部の人だけが恩恵に預かるだけで、しわ寄せが非正規社員に来るのではないでしょうか?・・・つまり会社内での格差がいっそう開く結果になりそうです。




 
2013/03/08(Fri) 20:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:いでよ・人類の救世主!
    ほとけの提言さん

>アベノミクスに対して、資源、環境負荷の側面から追求する他の政治家がいないことに驚きと、失望、落胆、怒りを覚えます。

全くその通りですね。経済的にも酷い話ですが、本文にも書きました通り、アベノミクスは環境負荷もかなり大きくし、文明崩壊の引き金にもなりそうです。

>「政治家をくじ引きで選ぶ」の方がはるかに期待できると思います。

そうですね。仰る通りです。これまた本文にも書いたっとおり、、「高度経済成長時代を再び」という頭が固くて旧態依然とした時代錯誤の政治家達には早く引退して貰う必要がありますね。(・・・「引退」では無く監獄行きがお似合いでしょう。)
2013/03/08(Fri) 20:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:信じるものは騙される
    guyver1092さん

 まさに「信じるものは騙される」ですね。言い得て妙です。ただ、「騙す」というよりも、安部政権下の政治家や官僚達も経済成長にどっぷりと洗脳され切っていて、本気で信じているのかもしれません。まあ、資本家や経営者の立場から見ているのでしょうけれど・・。

>共産党に言わせると折れた矢なので効果なしとのこと

確かにそのような見解もまともだとは思いますが、私は本文にも触れましたように「どちらに飛んでいくか分からない「矢」で、一般庶民のほうへ飛んでくる矢だと思います。

>文明崩壊的に見てみると、アベノミクスの成功は最悪の事態でしょうし、失敗しても巨大企業だけは肥え太るでしょうから、特権階級に富が集中するのはやはり文明崩壊にとって危険な兆候でしょう。

お見事な分析です。私もその通りだと思います。つまり、アベノミクスはその成否に関らず、文明崩壊に導く最悪の経済対策という事でしょうね。
2013/03/08(Fri) 20:54 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…
>>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程かな?
>私は経済的な崩壊だけではなく全地球規模の環境破壊も起きると考えますので、安泰な層があるとは考えません。
比較的「有利」な層はいるでしょうけれど・・。
ただ、世界には、莫大な経済力があるから自分達だけは安泰だと考えるお気楽で利己的な人々が沢山いるから、
環境破壊や文明崩壊を中々止められないのでしょうね。

経済的な部分のみで崩壊したとしても現状の日本の状態のまま行けば「その時にもどうにか安泰か?」と言う層でも
最悪に近い場合を想定した場合はたった5%程度ではないかと思っています。その第一候補は「専業農家」かと…
どうも「洗脳されてしまっている人(特に日本人?)は超お気楽な人ばかりですね、危機感を持ってる人は1%以下?

更に「福一・チェルノブイリ」、核にまつわるリスクがより一層明らかになった現在、エネルギー問題は深刻です。
特に日本は本当に安全なものとなると電力を例にとった場合は現在10%程度の自給率しかなくより深刻な問題です。
(化石系エネルギー資源の殆ど全てを輸入に頼っていますので何も発電だけに留まらず、社会全体に影響します。)

各国にしても資源が逼迫すれば「輸出する余裕」がなくなり「輸入価格」が著しく高騰するのでダブルパンチです。
考えて見ると特に日本では「国産のエネルギー資源」は当面「太陽や風力他の再生可能エネルギーしか無いのです。
(メタンハイドレートについては利用可能なものなのかさえハッキリしていませんのでここでは除外対象とします。)

食糧については自給率の前に「廃棄食糧問題」があります、日本の農業生産額とほぼ同量の廃棄があるという現実…
ほかにカロリーベースでの自給率が低い原因としては多量の飼肥料を輸入に頼っていると言う重い現実があります。
自給をしようにもそれには多量の「資源・エネルギー」を輸入に頼らなければならない現実が今ここにあります。
従って我が国のような元々国土が狭く人口が多い場合は他の国よりも増して節約の意識が必要だと考え、更には…
そこでそれを発展させ他の国でも持続的な継続性を高める為の「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。
思い切って食文化とかエネルギーとか広範に考えてこれからのライフスタイルを徐々に変える必要性を感じてます。

>>コンビニ2社がベア宣言をしましたが…
>>もともとベアなんて非正規労働者には恩恵など無い由…
>「ベア」って「ベースアップ」の略語何ですね?・・知りませんでした。
・・それは兎も角、コンビニはアルバイト、パートが主ですから、仰るように働いている一部の人だけが恩恵に預かる
だけで、しわ寄せが非正規社員に来るのではないでしょうか?
・・・つまり会社内での格差がいっそう開く結果になりそうです。

うーん、先に書いた問題解決の妨げになるものとして「格差」があると考えています。極論すれば全て見合っただけの
質と量で平等になれば今現在でもすぐにグローバルに貧困や飢餓を解消出来ると考えているからです。
一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。
解決の手段としてジニ係数を少しでも小さくする事も大切な方策と私は考えています。
それがなければいくら(仮に)経済発展をしたところで何の意味も無いと思っています。
2013/03/10(Sun) 11:10 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…
>その第一候補は「専業農家」かと…

なるほど、第一候補が専業農家ならば一理ありますね。しかし、放射能汚染等からは専業農家も免れませんね。

>「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。

それは過渡期のお話で、日本も食料もエネルギーも自給自足しなければならないと思います。

 日本は資源に乏しい国だとか小さい国だとか言う考えは、外貨を稼いだり加工貿易を推進する為のプロパガンダで、殆どの日本人に染みついている「常識」ですが、それは危険な発想です。どのような国であろうと、その国に適正な人口レベル、生活レベルで自給自足すべきでしょう。

>プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…

プラウトを知りませんので通じません。何度も申しましているように、具体的にどのような事か説明願います。「プラウト的」という言葉を分かりやすい言葉に言い換えてご説明願います。よく知らなくて申し訳ありませんが、STさんの御説明では、「プラウト的」というのは到達点では無くて、過渡期の経過の状況に感じます。
私以外のここのサイトの常連の方々は:「プラウト的」と言えば概要が把握できるのでしょうか?・・どなたかお返事頂ければ嬉しいですね。


>一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。

それはその通りだと思いますが、この発想は経済的に限定されるでしょう。総量としては、持続可能なフローを越えていますから、経済もエネルギー消費レベルも人口も縮小せざるを得ないでしょう。
2013/03/11(Mon) 20:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
果たしてお答え出来てるか心配ですが…
>>その第一候補は「専業農家」かと…
>なるほど、第一候補が専業農家ならば一理ありますね。しかし、放射能汚染等からは専業農家も免れませんね。

放射能の問題は農家は愚か、人類等も超えた「生態系そのもの」を破壊する危険性さえあります、勿論「封印すべきもの」と考えています。
況してや、原子力自体「エネルギーのうちほぼ電力に限り」震災以前の日本では電力の3割しか担っていなかったのです、必要なしと考えます。
その上で「知的財産」等を当面の間、開発、実証、実践していく事が大切なのではないでしょうか? 被災地復興にも活用出来るのではと思います。

>>「知的財産」を売りにして稼ぐしか無いと思います。
>それは過渡期のお話で、日本も食料もエネルギーも自給自足しなければならないと思います。

この部分は自給自足のベース的な処と考えています、ノウハウを構築し実証していく過程でもあります。 「プラウト+α-β的な感じ」が過渡期かと思います。

>日本は資源に乏しい国だとか小さい国だとか言う考えは、外貨を稼いだり加工貿易を推進する為のプロパガンダで、殆どの日本人に染みついている「常識」ですが、
それは危険な発想です。どのような国であろうと、その国に適正な人口レベル、生活レベルで自給自足すべきでしょう。

勿論「適正な人口、生活のレベル」の中でではあります。しかし“エネルギー”を考えた場合は確かに「乏しい」のではないでしょうか?
適正なレベルがかなりエネルギー面での制限で下がってしまう場合は本気で「太陽利用」を考えて行かなければならないと感じています。
食糧生産のみを見ても「エネルギーに依存」している面が多く、抜本的な対策が必要と思われます。“江戸時代”が究極的なモデルではないかと私は見ています。

>」プラウト(的考え)で5%以上にしなければ…

>プラウトを知りませんので通じません。何度も申しましているように、具体的にどのような事か説明願います。
「プラウト的」という言葉を分かりやすい言葉に言い換えてご説明願います。
よく知らなくて申し訳ありませんが、STさんの御説明では、「プラウト的」というのは到達点では無くて、過渡期の経過の状況に感じます。

正直な処、私自身も「プラウト」をハッキリ認識し初めたのは半年程度前位からです。
それまでに私なりに考えて来た事がほぼ「プラウト」に似ている事から、「プラウト的」と言う形で表現しています。

私なりに考えるに…

① 資源の温存を図り、持続性を高める為に、節約を初め今は忘れられている(江戸のエコロジー生活とか…)ものを復活? させる事が肝要。
② ①の実現と共に必要なのは江戸? (近代)とは違う、より進んだ現代生活の部分も維持する為に必要な技術は徐々に進展させると言う事。
③ 人口抑制は出来るだけ控える為に積極的に自給自足を進める事。「それに資する為の意識改革等」も同時進行で進めると言う事。
④ それら等を実践する時に無用な摩擦や軋轢を生じないよう平等を図る上でも「格差の解消」を積極的に進め円滑に出来るようする事。

まだまだあるのではありますがとりあえず…

環境保護等の面からも生態系の維持の点からも「特に危険な科学技術も封印する必要がある」と考えています。
まずその筆頭は「原子力」なのですが他にも人工的過ぎる近・現代科学の多用があると思います、特に純人工的な化学物質とか…
スピリチュアルな点から考えず、科学的に見ても環境、生態系に重大な影響を及ぼす科学技術については特に慎重な対応が必要かと…
化学的なテクノロジーのみの場合は人類も「何とか抑える」事が出来るのでは? と考えます、それでもそれなりの慎重さは必要ですが。
それに関して、「太陽光発電」ついては色々賛否両論がありますね。私の主張としては節約と共に大切と思って居りますが如何ですか?

まぁ、そう言った事を考えて来ると日本人のみならず「人類」全体のライフスタイルが根底から問われているのだとも思いますがね…


>>一部の人の贅沢の影響でその数倍、いや数十倍、数百倍、数千倍の人々が困窮に喘いでいるのです。
>それはその通りだと思いますが、この発想は経済的に限定されるでしょう。
総量としては、持続可能なフローを越えていますから、経済もエネルギー消費レベルも人口も縮小せざるを得ないでしょう。

うーん、エネルギーについては多分そうでしょうが食料については十分改善の余地が残されているのではないかと考えています。
例えば肉食による飼料分の生産を生食用に切り替えるとか、特に日本の場合は食料品の廃棄の問題とか様々対応可ではないでしょうか?
さらに肥料分の穀物生産分も食料に切り替えが出来れば余裕が増えるのではとも考えられます、最大の問題はエネルギー投入問題かも…

いずれにしても維持のためとは言え急激な人口抑制は要らざる摩擦や軋轢(究極は戦火)をまねく危険性があると考えています。
まずは「贅沢な人達」の贅沢削ぎ落としが必要なのではないでしょうかね、格差是正にも繋がります、牽いては生態系の為にも…
2013/03/12(Tue) 11:06 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:果たしてお答え出来てるか心配ですが…
    STさん

また長いお返事有難う御座います。

>原子力自体「エネルギーのうちほぼ電力に限り」震災以前の日本では電力の3割しか担っていなかったのです、必要なしと考えます。

そうですね。必要無しです。

>日本では電力の3割しか担っていなかった

と言う事もまやかしで、火力と水力を止めて原子力を優先して稼働してせいぜい30%です。火力と水力で賄え切れます。・・・しかし、今ここではそんな議論をしているのではなくて、原発事故を一例に、

>>当初から最後まで安泰なのは全体の5%程

というSTさんの主張に対して、安泰な層はいないと言う事を言いたかっただけです。安泰だと思い込んでいる層はいますが・・。

>その上で「知的財産」等を当面の間、開発、実証、実践していく事が大切

はい、「当面の間」とおっしゃるのなら賛成です。それをキープするのは大変な事ですし、アメリカのように知的財産権でアフリカなどの国々を苛めるのはフェアじゃないですね。

>しかし“エネルギー”を考えた場合は確かに「乏しい」のではないでしょうか?

そのお考えは現在一般的には正しいとされていますが、私はそれを乏しいと考えるのではなく、輸入などせずそれに見合った生活をすべきだと考えます。例としてSTさんが仰るような

>食糧生産のみを見ても「エネルギーに依存」している面が多く、抜本的な対策が必要と思われます。“江戸時代”が究極的なモデルではないかと私は見ています。

のような事です。
STさんが

>「プラウト的」

と表現された内容の①~④を特に『プラウト的』と呼ぶ理由がまだよくわかりません。その考え方は、多くの人から言われている事ですが、プラウトがその先駆者と言う事でしょうか?

それから

③ 人口抑制は出来るだけ控える為に積極的に自給自足を進める事。

が良く判りません。
人口抑制は出来るだけ控える⇒抑制はしない方向
ですよね?

>環境保護等の面からも生態系の維持の点からも「特に危険な科学技術も封印する必要がある」と考えています。

それは私も同意見です。そのような記事を書いてきましたし、改めて描こうかとも考えています。


>「太陽光発電」ついては色々賛否両論がありますね。私の主張としては節約と共に大切と思って居りますが如何ですか?

私は太陽光は地球の生態系などの循環系に対して沢山の役割があり、発電に使う余地はそれほどないと考えています。先ずは何と言っても光合成に使うべきでしょう。地面を太陽光パネルで覆って農作物等植物が生えなくする事は、本末転倒だと考えます。・・・砂漠なら・・・とも思いますが、砂漠の緑化のほうが大切だと考えます。
 太陽光から派生した2次、3次のエネルギー、水力や風力の適正利用はいいと思いますが・・。

>エネルギーについては多分そうでしょうが食料については十分改善の余地が残されているのではないかと考えています。

???・・・エネルギーに関しても食料に関しても、改善の余地は大量にあると考えています。

>まずは「贅沢な人達」の贅沢削ぎ落としが必要なのではないでしょうかね

はい、その通りだと思いますし、お返事でもその旨申した積りです。その上で、環境負荷や持続可能性を考えればそれだけでは不十分で、絶対量の縮小が必要だと言う事です。


まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が良く判りません。私が知らないだけかも知れませんが、敢えて「プラウト」と言う言葉を使う必要性が分かりません。STさんのコメントやネットでちょっと調べたところでは、これまでの持続可能な方向の考え方に、スピリチャルな事を追加しただけのような感じです。経済的なアプローチが強くも感じます。これまでにあったサステイナブルな社会の構築論と差別化される新たな概念は何なのでしょうか?
2013/03/12(Tue) 22:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
TPP、原発
 TPPで、日本の農林水産業が3兆円も縮小する事を、政府が発表しました。日本の一昨年の農林水産業の総生産額は10兆839億円です。つまり、日本の農林水産業が3割減少し、倒産する事になります。
 考えられるのは、安いコメなどが大量に低い関税障壁を乗り越えて入り、日本中の山間部で丁寧に作られてきた、棚田や山の畠などが放棄されて、保水力を失い、荒れ地になる事です。
 食の国防は、さらに危うくなります、日本は大丈夫でしょうか。農林水産業を今以上いじめて、どうするのでしょう。

 また、関電が、経費に全く発電していない原発の維持費を、466億円計上していました。今日本中の原発維持費を合わせると、さらにかなりの額になりそうです。全部止まっていても、原発は高くつきます。

 管理人さんの指摘された問題が、次々現実になりそうです、一体日本はだいじょうぶなのでしょうか。(^^;;
2013/03/15(Fri) 20:25 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
“まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が”の部分について…
上記の事について…「プラウト」に“的”をつけたのは部分的に
「ボトムアップに適さないやり方」であったり「スピリチュアルに
傾き過ぎている感が拭えない」等、またその後(時間の経過等から)
の“情勢”を鑑みて修正が必要ではないかと思っているからなのですが…
大体のバックボーン(但し“世界連邦”まで行く考えには懐疑的です。)
等はご紹介したいサイト“ポスト資本主義…”
http://www1.vecceed.ne.jp/~kyusei/sub28.htm

及び“経済改革最終章…”
http://www1.vecceed.ne.jp/~kyusei/sub27.htm
などを参考にお汲み取り頂ければありがたいと思っております。

またその辺の子細な論議については別項を立てて進めるのが
好いのではと思っております。
取り敢えずと言ってはなんですが一応のコメントとさせて
頂ければ幸いと思っておりますが如何でしょうか?
2013/03/16(Sat) 09:50 | URL  | ST #ukmR3SMc[ 編集]
Re:TPP、原発
  地下水さん の危惧するところはごもっともです。

>日本の農林水産業が3兆円も縮小する事を、政府が発表しました。

 この期に及んでも相変わらず政府は工業優先ですね。農林水産業が3兆円縮小と言う金額よりも遥かに食料自給率の更なる減少と農地の縮小は、主権国家日本にとって大きな痛手でしょうね。主権国家とも言えなくなりそうです。

>日本中の山間部で丁寧に作られてきた、棚田や山の畠などが放棄されて、保水力を失い、荒れ地になる事です。

それが非常に痛いですね。大規模農家で無く、自給的農業、小農も日本が生き残る為には大切な事なのに、目先の経済効率しか考えていませんね。その結果持続不可能な農業が蔓延る事となりましょう。

>一体日本はだいじょうぶなのでしょうか。

日本崩壊のカウントダウンが始まった感じです。崩壊が始まってやっと大部分の人が気が付いて、多くの犠牲のもとに目が覚めるしかないでしょうか。
2013/03/16(Sat) 18:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:“まだ「プラウト的」と言う言葉を使う意味が”の部分について…
    STさん

 色々考慮して頂き有難う御座いました。御紹介のページもざっと目を通させて頂きましたが、STさんの言わんとしている事が分かりました。やはりスピリチャルなものが大きく出てくるので私としては入り込む事が出来かねます。しかし、目指す方向は大筋で一緒と言えそうですね。
スピリチャルな部分に「プラウト的」の特徴があると感じました。だから今のところそこから距離を置かせて頂きます。


>一応のコメントとさせて頂ければ幸いと思っておりますが如何でしょうか?

了解です。

>またその辺の子細な論議については別項を立てて進めるのが好いのではと思っております。

そうですね。機会があればそうしたいと思いますが、項目は立てにくい感もあります。

STさんのコメントの中には、日本の現状を主観を離れて第3者的に捉えた個性的なコメントが時々見受けられますが、日本以外に在住でしょうか?(過去かな?)
2013/03/16(Sat) 19:07 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
STさん… 日本以外に在住…?(+α)
日本在住ですし留学も海外居住も、旅行さえした事がない
首都圏在住の一庶民ですよ、大卒でもないぺーぺーの高卒者…

しかし首相はトンでもない「誤断」をやらかしましたねぇ…
原発と言いTPPと言い、自公他各政党でまともなのが無い。
いや、一番まともなグループが一番マイナーな今の現実か…
2013/03/17(Sun) 09:51 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:STさん… 日本以外に在住…?(+α)
ここにコメント下さる常連の方は、現在の日本の世間一般の常識とは距離を置いた理性からの独自の発想を書きこまれる場合が多く、それなのにそれがここでの共通認識となっている場合が殆どです。
 STさんのコメントもその一つに入ろうかと思いますが、プラウトをはじめ、私が知らなかった内容が多く、斬新な発想に感じたもので、他の地域からのコメントかな?と思い尋ねました。・・私の発想、考え方も現代日本の常識とはかなりかけ離れていますが・・・これからも独自の発想のコメント期待しています。大変刺激になり楽しみに致しております。

>首相はトンでもない「誤断」をやらかしましたねぇ…

現政権に変わったときから、このようなとんでもない事をする事はほぼ明らかだったですね。どこまで日本を破壊しましょうか?

>自公他各政党でまともなのが無い。一番まともなグループが一番マイナーな今の現実か…

そうですね。仰る通りです。STさんのおっしゃるようにアベノミクス+α で日本が崩壊の危機に立って初めて、自公民以外のマイナーな党が台頭するのかも知れませんね。

 +  +++    +++++    +++  +

御紹介のプラウトのページの一つをもう一度読ませて頂きました。前回はざっと流し読みでしたが、今回はちょっとだけ丁寧に読ませて頂きました。現在、世界を支配している資本主義経済が崩壊し、ポスト資本主義として、経済民主主義の導入が必要と言う事は分かりましたが、それを「霊性に基盤を置く事が当然」と言う事には賛同致しかねます。STさんは、この霊的世界に関してどうお考えになりますか?
 私は、特に唯物論者のわけでもなく神の存在を安易に否定する積りは御座いません。少なくとも 経済成長の呪縛から逃れられず、経済成長が、幸福をもたらすなどとのたまっている今日の多くの政治家や財界人よりは、神を信じた方が遥かにまともだと思っています。しかし、それでも今のところプラウトの霊的世界観からは少し距離を置きたい感じです。
2013/03/17(Sun) 19:42 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
貿易赤字
 アベノミクスの円を増刷してつぎ込んだ円安誘導で、そこの空いたバケツの様に、貿易赤字が拡大しています。このままでは大変な事になるのではないでしょうか。
2014/02/20(Thu) 19:09 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:貿易赤字
    地下水さん

 またまた、的確なコメント有難う御座います。確かにアベノミクスの円安誘導は、酷い愚策ですね。一部のマネーゲームをやっている投資家や輸出関連企業だけを儲けさせているように思えます。
日本全体で考えれば、地下水さんがおっしゃるように貿易赤字が拡大してアメリカのようになるでしょうね。円安の先にはデフォルトが待っていそうです。円安政策に限らずアベノミクスは、軽率な愚策ばかりです。まるで日本の破綻を狙っているようです。
アベノミクスによる強引な「プチバブル」の後には大きな負の遺産が残るでしょうね。日本人はどこまで支え切れるのでしょう?
2014/02/21(Fri) 00:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。