-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-02-05 00:01
以前、テレビのニュース番組か何かで、都心のビルの地下で人工の光を用いて植物を栽培しているというレポートを見たとき、
「これで都心でも二酸化炭素も減らすことが出来、地球温暖化対策にもなりますね。」みたいなことを取材した女性レポーターが締めの言葉として発した時には唖然としました。こんなお馬鹿な事を言う科学的感覚の無いアナウンサーの言葉、を見ていた視聴者(子供たち)が信じたら、大変です。
 二酸化炭素温暖化仮説がおかしいとか言う話ではありません。エネルギーに対する基礎的な感覚という事です。例えば、火力発電で得た電気で人工の光を起こしたとして、その光を当てた植物が光合成の為に吸収するCO2の量は、火力発電の為に放出するCO2の量と比べて遥かに少ない筈です。これは投入エネルギーと放出エネルギーの関係から考えて明らかです。(後ほど説明)・・・それとも、『だから原発を』・・・でしょうか?ブラックジョークの世界です。

最近またどこかの大学の農学部の研究室のLEDを使った野菜作りが紹介されていたので、どんな事言うのか見てみました。LEDを使って波長をある程度そろえて(光の色をそろえて)効率よくやれば、露地栽培の野菜の何分の一の期間で野菜が育つとか・・・。LEDをメーカーと共同開発して、長持ちするLEDを作ったとか・・。こう言う事を実験調査では無く実用として考える農学者はもはやマッドサイエンティストだと思います。・・・日本も世界もマッドサイエンティストで溢れています。

ネットでも「日本のこれからの主力産業は、野菜工場だ」みたいなものを見つけましたので、さらに調べてみると今ビジネスとしてかなり注目されているようです。あの原発を推進していた経済産業省が植物工場も推進しているようです。あたかも経済産業省は本気で日本の破滅を目論んでいるかのようです。生きている植物を育てるのに、若しくは農作物を作るのに「工場」という言葉を使う事には違和感・抵抗感がある人は私以外にも沢山いると思いますが、その話題はここの主題ではないので止めときます。

植物工場でも 太陽光利用型と 完全制御型 があり、
太陽光利用型のほうが無農薬栽培は無理で  
閉鎖空間で人工光を用いた完全制御型のほうが、無農薬で出来て、コスト面を除けば優れている…のような事が書かれていたのには驚きました。
当方もここで問題にしたいのは、人工光を用いた植物栽培ですので、
以下人工光を用いた完全制御型植物栽培に話を絞ります。

 人工光を用いた植物工場のメリットを読んでみると
天候に左右されずに狭い土地で大量生産、 
無農薬、新鮮、清潔等高付加価値作物の安定供給・・・
などとあります。確かに短期的にはそのメリットは嘘とは言えないでしょう。
さらに
問題点はコストが高いから採算が合わない
とあります。・・・それは当然です。
しかし、それに続き、コストダウンして何年か後には実用可能としています。…高コスト新技術導入の際のお決まりの文句です。更に続けて
植物工場をモジュール化、標準化して、初期投資の壁さえ越えれば、採算は合う・・・とさえ書いてあるサイトもありました。
「えっ」
人工光を用いた完全制御型植物栽培が、採算が合うと言う事は、最初に出した地球温暖化対策と言ったレポーター並みにとんでもない事です。
熱力学の法則の名を出すまでもなく、エネルギー収支はマイナスである事は明らかです。つまり、発電の為に投入されたエネルギーよりも作られた電気エネルギーは小さいし、その電気エネルギーを投入されて作られた光のエネルギーは更に小さく、その光のエネルギーによって光合成で作られた炭水化物に蓄えられたポテンシャルエネルギー(化学エネルギー)は更に小さくなります。ロス(排熱)があるから当然のお話です。1段階ごとに指数関数的に減っていきます。
極端な例になりますが、こうやって人工の光を当てて育てた植物をバイオマスとして(燃やして)作った電気エネルギーだけを工場に再投入したら次に育てられる植物の量は極端に少なくなるでしょう。超縮小再生産しか出来ません。
光合成には、生物の活動のエネルギーの根本となるエネルギーを生態系に注入すると言う、地上の生物にとって非常に重要な働きがあります。いくら生物の活動のエネルギー効率がいいと言っても、これらの生物の活動のエネルギーは、それぞれの生物の活動の段階で、使えないエネルギー(排熱)として出される訳ですから、絶えず外部から使える新たなエネルギーの注入が必要です。それが光合成です。光合成無くして生態系の循環はあり得ません。この光合成を太陽で無く、地球の貯蓄として存在するポテンシャルエネルギー(・・このような表現にしたのは、炭化水素[化石燃料]の化学エネルギーのほかに、原子内部のポテンシャルエネルギー原子力も考慮したからです。)を投入すれば、地球の貯蓄が減るだけでなく、地球のエントロピーが増加し、地球は汚染される一方です。地球のポテンシャルエネルギーを投入しての植物栽培は持続不可能と言えましょう。
では、太陽光発電や風力発電で発電した電気エネルギーを植物工場に用いる場合はどうでしょう?・・・・太陽の光のエネルギーを一端他のエネルギーに変換して、更に電気エネルギーに変換して、光のエネルギーに変換して戻すまでにどれだけのロスがあるでしょう?先ほど議論したように指数関数的に減ってしまいます。そのまま太陽光を使うほうが何倍も有効に使えるのです。  もしもLEDを使った方が、色(波長)を選べて効率が良い・・・と言うなら、場合によっては太陽光を直接フィルター等を通して波長帯を限定すればいいだけの話でしょう。太陽光を一端他のエネルギーに変換して、電気に変換してまた光に戻すのは愚の骨頂というものです。科学の威力を示す為に、非効率を追及しているようなものです。
 以上、だからこそ植物の光合成は、太陽光でやらなければなりません。

そして、その方が採算性もずっといい筈です。・・いや、それでも現代の露地栽培、ハウス栽培よりも採算がいい・・・というのが本当なら、それは現代農業が土での植物栽培でもエネルギーを投入し過ぎであると言う事です。・・残念な事ですがそれは十分にあり得る事です。植物栽培にまで石油をどんどん使う暴挙が普通に為されているのが現代農業です。その作物が光合成で得た太陽エネルギー以上に地球のポテンシャルエネルギーを投入して作物を作っている現代農業は、直ちに改めなければ、石油の不足が食料不足・・と言った事態になります(・・今のままでは実際になるでしょう。)農業の近代化がそこまで農業をドーピングしてしまったのならば、農業の近代化は大失敗という事になりましょう。

地上に降り注ぐ太陽光は十二分に光合成に利用させるのが最優先でしょう。こうやって取り入れた太陽光のエネルギーで、人類の食料が作られている事は勿論、これが生態系の循環のエネルギーの大本です・・・勿論、光合成に利用されない分も、「暖める」という作用そのものが、生態を暖め、生物を活動できるようにもしています。地球外の太陽エネルギーで、地球の生態系の循環をさせていると言う素晴らしく完璧な仕組みの地球の循環を、お馬鹿な植物工場や近代農法で壊してはならないのです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/02/05 00:01】 | 太陽エネルギー トラックバック(0) |

昔読んだ本
guyver1092
 1989年発行の「地球環境・読本」でこの野菜工場についての文章を読んだことがあります。
 おっしゃるように、エネルギー浪費であると言っています。
 野菜工場の利点の嘘についても書かれています。
1 急速成長させればさせるほど、栄養分が少なく、不味い。
2 無農薬にするためには、外界と完全に分離する必要があるが、収穫、種まきするときは、必ず外界とつながってしまう。いったん病原菌、害虫に侵入されると、病害虫にとっても良い環境なので爆発的に増える。
3 現代の規格に合う物しか売れない流通システムの中では、歩留まりが悪くて商売にならない。
※規格に合う物が、3分の1以下しか取れない。

 1989年から研究していてモノにならないのは、致命的な欠陥があるからだと判らないのでしょうか。

ハッキリ言えば…
ST
同じお金を照明用LEDの効率化研究や太陽光発電用セルの効率向上とかのほかの使途にしたほうがいいですよ、全く…
しかし大多数の人はマスコミの表面的な報道、情報で「洗脳」されまくってます。ちょっと理科系の知識があれば見破れるのに、理科離れと相まって誠に嘆かわしい事ですねぇ…
これからもこれらを「打破」しないと未来は無いですね。

Re:昔読んだ本
雑草Z
    guyver1092さんの読まれた

>1989年発行の「地球環境・読本」

は、私も全記事隅々まで読んだ筈でしたので、早速見直ししてみたら、確かに記事はありましたし、私が引いた線も残っていましたが、本書に記事があった事はすっかり忘れておりました。そして、guyver1092 さんが御指摘された野菜工場の嘘についても、記事の指摘は今でも大筋であっていると思います。著者は工学者のようですが、土にも拘っていて、いいなと思いました。御指摘有難う御座います。
 この記事で抜けている重要な点を今回の私の記事が描いていて、丁度補えて良かったと思います。それは、光合成は太陽光でやる事に大きな意味があると言う事です。地球外部から入ってくる太陽光を光合成のエネルギーにしなければ、光合成も地球のエネルギーを浪費する事になってしまうと言う事です。これこそ持続可能なエネルギー、生態系の循環の基本でしょう。

Re:ハッキリ言えば…
雑草Z
    STさん

 光が少なくて済む植物・・・種を挙げよと言われれば詳しくないので分かりませんが、コケ類とか藻類、シダ類等でしょうか?・・・が、家の中まで入ってくる光や、家の照明でも育っている…くらいなら許容できますが、光合成の為にわざわざ光を当てるのは愚の骨頂ですね。

>マスコミの表面的な報道、情報で「洗脳」されまくってます。

それも大いにありますが、やはり国がずっと推進して補助金まで出しているから駄目なのでしょうね。官僚のお馬鹿な政策にはしっかりとペナルティを課すべきです。責任を取らせるべきですね。

植物工場の休業
地下水
 また恐ろしい事に、雑草Z管理人さんの予測が一つ現実になりました。京都北部の植物工場が一つ休業しました。
 6人の地域の作業者は全員解雇になりました。工場主も良かれと思って投資して始めた植物工場が赤字になって、地域にも迷惑をかける結果になり、心苦しいとおっしゃっていました。
 僅かに利益のある、ベビーレタスの生産でしたが、人工光などの為、電力が900万円かかっていましたが、電気料金の二割程の値上げで、1095万円かかる様になり、採算がとれなくなり、休業となったのです。(^^; 
 自然光にすれば良いのに、何をやっているのでしょうね。
(^^;;


Re:植物工場の休業
雑草Z
    地下水さん

 また、貴重な情報有難う御座います。

>工場主も良かれと思って投資して始めた植物工場が赤字になって、地域にも迷惑をかける結果になり、心苦しいとおっしゃっていました。

大体そういう風になるとは分かっていても本当になんか心苦しい結果ですね。

>電気料金の二割程の値上げで、1095万円かかる様になり、採算がとれなくなり、

「これも原発を止めているからだ」と、電力会社や原子力ムラの人々は言いそうですね。地下水さんのおっしゃるように、作物栽培には自然の太陽光を使えばいいだけなのですがね。

植物工場が電力値上げで頓挫…
ST
規模が不明なので月に900万の電気量がどのくらいのウェイトを占めたのかはちと分かりませんが…
まず事業自体として「電力コストが掛り過ぎ」だったのではないですかね。
でもこんなビジネスモデルを信じて来て「想定外とも言えない事」で敢え無く頓挫してしまった。
これ自体が最初から問題ありの事業だったのではないでしょうか?
(電力使用の人工光を使う“愚”を犯し、それが原因なのですから半分「自業自得」になるのですかね?)
しかし「使っていた光源」がニュース映像を見た限りでは「LEDではない」ようで…
最先端の割にはチクハグさを感じました。
もしもLEDを使っていれば事業存続が出来ていたかも知れませんけどつくづく自業自得を感じます。

それと本当に従業員の方にはお気の毒ですよね、全く…
それから「廃業に伴い産業廃棄物も」出てくるんでしょう。

「月に900万…」
ST
「月に900万の電気量」ではなく“電気料”でした。
どうも申し訳ございません。
大口との事なので「電力量」も相当なものだったのでは?
と勝手に推測しておりますが多分その中には「空調分」も入っていたのでしょうね…

Re:植物工場が電力値上げで頓挫…
雑草Z
   STさん

>事業自体として「電力コストが掛り過ぎ」だったのではないですかね。

私もそう思います。電力の値上げ以前に、電力コストがかかり過ぎだったと思います、。そしてあたかも原発が止まっていて電気料金が高くなったかのようなプロパガンダに暗に使われているようです。(ライフサイクルで言えば、原発のほうが話にならないくらい高くなるのですがね。)

>電力使用の人工光を使う“愚”を犯し、それが原因なのですから半分「自業自得」

厳しい言い方ですが、その通りだと思います。一言で言えば無知でしょう。植物工場のプラントを作っている企業の口車にのって騙されたと言ったところでしょうか。


 工業的な作物栽培には危機感を持っております。ここのところずっと、有機無農薬農法や自然農法が見直されているのに、TPPで、工業的農法に(一時的に)押されて小規模有機農家が潰されていったら嫌ですね。遺伝子組み換え作物もどんどん入って来そうです。
原発と双璧の危機となるかも知れません。

昨日、LED使用の“工場”の報道が再び
ST
されて、確かに消費電力は蛍光灯の数分の1程度ですが…
何か違和感を感じました。新規参入のようでしたが何かズレている…
その上コメントしていた栄養士の反応が「シャキシャキ」してて???
そんなところでしか評価出来ない栄養士は失格だと思います。
栄養士なんだから健康面でのツッコミを入れられないようでは… と感じました。
私なら「これは駄作、やはり太陽光!!」と一刀両断で即切り捨てますけどね…

Re:昨日、LED使用の“工場”の報道が再び
雑草Z
    STさん

情報有難う御座います。地上で発電した光で光合成をさせると言う発想自体が狂ってますね。太陽光があるのにそんな事に電力を使うなと言う感じです。

>栄養士なんだから健康面でのツッコミを入れられないようでは

そうですね。「シャキシャキ」してて、・・では料理人とか味の評論家ですね。

>私なら「これは駄作、やはり太陽光!!」と一刀両断で即切り捨てますけどね…

それが最も理性的な評価でしょう。光合成のシステムなどを調べるのなら兎も角、作物作りの光合成に発電した電力を使った光源を用いる事が根本的に愚かである事に気付くべきですね。 

ネットサーフィンで見つけました
guyver1092
 参考に貼り付けておきます。

http://www.facebook.com/notes/%E9%A3%9F%E7%B3%A7%E5%8D%B1%E6%A9%9F/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E3%81%AF%E5%8A%B9%E7%8E%87%E7%9A%84%E3%81%8B%E4%B8%80%E5%95%8F%E4%B8%80%E7%AD%94ver2/428555950514498

あきれるほど変わっていませんね。

いい資料を見つけて頂き…
ST
どうも有難うございます、益々「我が意を得たり」です。
しかし貼り付けて頂いたURLは痛快に弱点を突いてますね。
特に可能なのはレタス、でもそれでも「やっとこ」な点、
と言う指摘です。
事によると植物工場は「事業化詐欺」ではないですか?
所詮投資しても回収不能なシロモノとしか思えませんな…


Re:いい資料を見つけて頂き…
guyver1092
 どういたしまして。特にコメントはしませんでしたが、STさんの情報いろいろ参考になっています。
 「事業化詐欺」とは上手い表現ですね。
 このページにある植物工場のダメな点は、人類は地球の大きさを技術によって超えることが出来ないということを、少なくとも疎明していると考えます。(仮にこの欠点を解消できれば地球の面積を何倍かに増やせたと同じことになる)

Re:Re:いい資料を見つけて頂き…
雑草Z
 最近コメントのお返事が遅れ気味ですみません。(最近だけではありませんが・・)コメントだけでなく、記事も定時にアップ出来なくなってきました。
 ここの常連であるguyver1092さんと、STさんで、コメントのやり取りをして頂く事は大歓迎です。これからも是非どうぞ!

 さて、当方も、guyver1092 さんの貼り付けて下さったサイトを読ませて頂きましたが、大いに参考になりました。やはり

>植物工場が効率的だ、植物工場を見習え、という報道には、眉に唾をつけて聞くべき

ですね。ただ、このサイトに描かれている費用対効果等の問題を別にしても、
光合成で太陽光を生態系に取り込む事に大きな意義がある事で、
仮に一時的にコストパフォーマンスが良くても、電気の光で作物を栽培する事は邪道以外の何ものでもなく、実験としては別として、作物生産手段としてはやってはいけないものですね。それは中東の金持ち国だろうが同じでしょう。

本文中の
>大事に育てられた人のことを「温室栽培」と呼ぶことがありますが、植物工場では温室栽培以上に野菜が甘やかされています

と言う表現、当然のことながらいい表現です。「費用対効果が破綻している」と言う意味にも使えますね。現代人は「植物工場育ち」みたいな人間が多いのかも知れません。この表現を用いて記事を描けそうです。


植物工場の概算?
matsui M
 初めての者です。
震災の復興でも、植物工場が採用されているとのことでおおよそのコストを計算してみました。
[発電効率50%][発光効率20%][照射効率50%][光合成効率(高濃度CO2)3%][代謝残留率67%][可食部率33%]と仮定すれば0.033%。
一人1日の食糧の熱量は3000kcal。
即ち、人工照明だけで900万kcal≒石油900L
照明費は、生産コストの25%程度のようです。
日本人一人の石油の消費は約3トン/年です。
1日分の食材で1年分の石油を消費する勘定です。
個人的な好みでならよいのですが、「公的」には止めてほしい事案です。

Re:植物工場の概算?
雑草Z
    matsui Mさん

 初めまして。かなり核心に迫ったコメント共感致します。植物工場の概算の計算有難う御座います。

植物工場は石油の無駄使いである事は承知でしたが、

>1日分の食材で1年分の石油を消費する勘定です。

はかなり多過ぎますね。ちょっと驚きの結果で、信じ難いですね。

>「公的」には止めてほしい事案です。

個人的にもやって欲しくない事ですね。資源の浪費と環境破壊ですね。費用対効果もエネルギー産出比も完全に破綻ですね。

ところで、リンクのURLをちょっと拝見させて頂きましたが、非常に素晴らしいサイトですね。多くの人達見て欲しいです。これは、 matsui M さんが運営されているサイトでしょうか?・・私もじっくり読ませて頂きたいと思います。
このサイトの内容を記事でも引用させて頂きたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
昔読んだ本
 1989年発行の「地球環境・読本」でこの野菜工場についての文章を読んだことがあります。
 おっしゃるように、エネルギー浪費であると言っています。
 野菜工場の利点の嘘についても書かれています。
1 急速成長させればさせるほど、栄養分が少なく、不味い。
2 無農薬にするためには、外界と完全に分離する必要があるが、収穫、種まきするときは、必ず外界とつながってしまう。いったん病原菌、害虫に侵入されると、病害虫にとっても良い環境なので爆発的に増える。
3 現代の規格に合う物しか売れない流通システムの中では、歩留まりが悪くて商売にならない。
※規格に合う物が、3分の1以下しか取れない。

 1989年から研究していてモノにならないのは、致命的な欠陥があるからだと判らないのでしょうか。
2013/02/05(Tue) 22:55 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
ハッキリ言えば…
同じお金を照明用LEDの効率化研究や太陽光発電用セルの効率向上とかのほかの使途にしたほうがいいですよ、全く…
しかし大多数の人はマスコミの表面的な報道、情報で「洗脳」されまくってます。ちょっと理科系の知識があれば見破れるのに、理科離れと相まって誠に嘆かわしい事ですねぇ…
これからもこれらを「打破」しないと未来は無いですね。
2013/02/06(Wed) 12:01 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:昔読んだ本
    guyver1092さんの読まれた

>1989年発行の「地球環境・読本」

は、私も全記事隅々まで読んだ筈でしたので、早速見直ししてみたら、確かに記事はありましたし、私が引いた線も残っていましたが、本書に記事があった事はすっかり忘れておりました。そして、guyver1092 さんが御指摘された野菜工場の嘘についても、記事の指摘は今でも大筋であっていると思います。著者は工学者のようですが、土にも拘っていて、いいなと思いました。御指摘有難う御座います。
 この記事で抜けている重要な点を今回の私の記事が描いていて、丁度補えて良かったと思います。それは、光合成は太陽光でやる事に大きな意味があると言う事です。地球外部から入ってくる太陽光を光合成のエネルギーにしなければ、光合成も地球のエネルギーを浪費する事になってしまうと言う事です。これこそ持続可能なエネルギー、生態系の循環の基本でしょう。
2013/02/06(Wed) 22:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:ハッキリ言えば…
    STさん

 光が少なくて済む植物・・・種を挙げよと言われれば詳しくないので分かりませんが、コケ類とか藻類、シダ類等でしょうか?・・・が、家の中まで入ってくる光や、家の照明でも育っている…くらいなら許容できますが、光合成の為にわざわざ光を当てるのは愚の骨頂ですね。

>マスコミの表面的な報道、情報で「洗脳」されまくってます。

それも大いにありますが、やはり国がずっと推進して補助金まで出しているから駄目なのでしょうね。官僚のお馬鹿な政策にはしっかりとペナルティを課すべきです。責任を取らせるべきですね。
2013/02/06(Wed) 22:52 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
植物工場の休業
 また恐ろしい事に、雑草Z管理人さんの予測が一つ現実になりました。京都北部の植物工場が一つ休業しました。
 6人の地域の作業者は全員解雇になりました。工場主も良かれと思って投資して始めた植物工場が赤字になって、地域にも迷惑をかける結果になり、心苦しいとおっしゃっていました。
 僅かに利益のある、ベビーレタスの生産でしたが、人工光などの為、電力が900万円かかっていましたが、電気料金の二割程の値上げで、1095万円かかる様になり、採算がとれなくなり、休業となったのです。(^^; 
 自然光にすれば良いのに、何をやっているのでしょうね。
(^^;;
2013/04/01(Mon) 19:38 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:植物工場の休業
    地下水さん

 また、貴重な情報有難う御座います。

>工場主も良かれと思って投資して始めた植物工場が赤字になって、地域にも迷惑をかける結果になり、心苦しいとおっしゃっていました。

大体そういう風になるとは分かっていても本当になんか心苦しい結果ですね。

>電気料金の二割程の値上げで、1095万円かかる様になり、採算がとれなくなり、

「これも原発を止めているからだ」と、電力会社や原子力ムラの人々は言いそうですね。地下水さんのおっしゃるように、作物栽培には自然の太陽光を使えばいいだけなのですがね。
2013/04/01(Mon) 23:14 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
植物工場が電力値上げで頓挫…
規模が不明なので月に900万の電気量がどのくらいのウェイトを占めたのかはちと分かりませんが…
まず事業自体として「電力コストが掛り過ぎ」だったのではないですかね。
でもこんなビジネスモデルを信じて来て「想定外とも言えない事」で敢え無く頓挫してしまった。
これ自体が最初から問題ありの事業だったのではないでしょうか?
(電力使用の人工光を使う“愚”を犯し、それが原因なのですから半分「自業自得」になるのですかね?)
しかし「使っていた光源」がニュース映像を見た限りでは「LEDではない」ようで…
最先端の割にはチクハグさを感じました。
もしもLEDを使っていれば事業存続が出来ていたかも知れませんけどつくづく自業自得を感じます。

それと本当に従業員の方にはお気の毒ですよね、全く…
それから「廃業に伴い産業廃棄物も」出てくるんでしょう。
2013/04/02(Tue) 20:00 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
「月に900万…」
「月に900万の電気量」ではなく“電気料”でした。
どうも申し訳ございません。
大口との事なので「電力量」も相当なものだったのでは?
と勝手に推測しておりますが多分その中には「空調分」も入っていたのでしょうね…
2013/04/02(Tue) 20:06 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:植物工場が電力値上げで頓挫…
   STさん

>事業自体として「電力コストが掛り過ぎ」だったのではないですかね。

私もそう思います。電力の値上げ以前に、電力コストがかかり過ぎだったと思います、。そしてあたかも原発が止まっていて電気料金が高くなったかのようなプロパガンダに暗に使われているようです。(ライフサイクルで言えば、原発のほうが話にならないくらい高くなるのですがね。)

>電力使用の人工光を使う“愚”を犯し、それが原因なのですから半分「自業自得」

厳しい言い方ですが、その通りだと思います。一言で言えば無知でしょう。植物工場のプラントを作っている企業の口車にのって騙されたと言ったところでしょうか。


 工業的な作物栽培には危機感を持っております。ここのところずっと、有機無農薬農法や自然農法が見直されているのに、TPPで、工業的農法に(一時的に)押されて小規模有機農家が潰されていったら嫌ですね。遺伝子組み換え作物もどんどん入って来そうです。
原発と双璧の危機となるかも知れません。
2013/04/03(Wed) 06:13 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
昨日、LED使用の“工場”の報道が再び
されて、確かに消費電力は蛍光灯の数分の1程度ですが…
何か違和感を感じました。新規参入のようでしたが何かズレている…
その上コメントしていた栄養士の反応が「シャキシャキ」してて???
そんなところでしか評価出来ない栄養士は失格だと思います。
栄養士なんだから健康面でのツッコミを入れられないようでは… と感じました。
私なら「これは駄作、やはり太陽光!!」と一刀両断で即切り捨てますけどね…
2013/04/19(Fri) 08:08 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:昨日、LED使用の“工場”の報道が再び
    STさん

情報有難う御座います。地上で発電した光で光合成をさせると言う発想自体が狂ってますね。太陽光があるのにそんな事に電力を使うなと言う感じです。

>栄養士なんだから健康面でのツッコミを入れられないようでは

そうですね。「シャキシャキ」してて、・・では料理人とか味の評論家ですね。

>私なら「これは駄作、やはり太陽光!!」と一刀両断で即切り捨てますけどね…

それが最も理性的な評価でしょう。光合成のシステムなどを調べるのなら兎も角、作物作りの光合成に発電した電力を使った光源を用いる事が根本的に愚かである事に気付くべきですね。 
2013/04/19(Fri) 22:47 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ネットサーフィンで見つけました
2013/04/25(Thu) 22:23 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
いい資料を見つけて頂き…
どうも有難うございます、益々「我が意を得たり」です。
しかし貼り付けて頂いたURLは痛快に弱点を突いてますね。
特に可能なのはレタス、でもそれでも「やっとこ」な点、
と言う指摘です。
事によると植物工場は「事業化詐欺」ではないですか?
所詮投資しても回収不能なシロモノとしか思えませんな…
2013/04/26(Fri) 09:08 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:いい資料を見つけて頂き…
 どういたしまして。特にコメントはしませんでしたが、STさんの情報いろいろ参考になっています。
 「事業化詐欺」とは上手い表現ですね。
 このページにある植物工場のダメな点は、人類は地球の大きさを技術によって超えることが出来ないということを、少なくとも疎明していると考えます。(仮にこの欠点を解消できれば地球の面積を何倍かに増やせたと同じことになる)
2013/04/26(Fri) 21:44 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:いい資料を見つけて頂き…
 最近コメントのお返事が遅れ気味ですみません。(最近だけではありませんが・・)コメントだけでなく、記事も定時にアップ出来なくなってきました。
 ここの常連であるguyver1092さんと、STさんで、コメントのやり取りをして頂く事は大歓迎です。これからも是非どうぞ!

 さて、当方も、guyver1092 さんの貼り付けて下さったサイトを読ませて頂きましたが、大いに参考になりました。やはり

>植物工場が効率的だ、植物工場を見習え、という報道には、眉に唾をつけて聞くべき

ですね。ただ、このサイトに描かれている費用対効果等の問題を別にしても、
光合成で太陽光を生態系に取り込む事に大きな意義がある事で、
仮に一時的にコストパフォーマンスが良くても、電気の光で作物を栽培する事は邪道以外の何ものでもなく、実験としては別として、作物生産手段としてはやってはいけないものですね。それは中東の金持ち国だろうが同じでしょう。

本文中の
>大事に育てられた人のことを「温室栽培」と呼ぶことがありますが、植物工場では温室栽培以上に野菜が甘やかされています

と言う表現、当然のことながらいい表現です。「費用対効果が破綻している」と言う意味にも使えますね。現代人は「植物工場育ち」みたいな人間が多いのかも知れません。この表現を用いて記事を描けそうです。
2013/04/27(Sat) 12:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
植物工場の概算?
 初めての者です。
震災の復興でも、植物工場が採用されているとのことでおおよそのコストを計算してみました。
[発電効率50%][発光効率20%][照射効率50%][光合成効率(高濃度CO2)3%][代謝残留率67%][可食部率33%]と仮定すれば0.033%。
一人1日の食糧の熱量は3000kcal。
即ち、人工照明だけで900万kcal≒石油900L
照明費は、生産コストの25%程度のようです。
日本人一人の石油の消費は約3トン/年です。
1日分の食材で1年分の石油を消費する勘定です。
個人的な好みでならよいのですが、「公的」には止めてほしい事案です。
2013/07/28(Sun) 14:34 | URL  | matsui M #-[ 編集]
Re:植物工場の概算?
    matsui Mさん

 初めまして。かなり核心に迫ったコメント共感致します。植物工場の概算の計算有難う御座います。

植物工場は石油の無駄使いである事は承知でしたが、

>1日分の食材で1年分の石油を消費する勘定です。

はかなり多過ぎますね。ちょっと驚きの結果で、信じ難いですね。

>「公的」には止めてほしい事案です。

個人的にもやって欲しくない事ですね。資源の浪費と環境破壊ですね。費用対効果もエネルギー産出比も完全に破綻ですね。

ところで、リンクのURLをちょっと拝見させて頂きましたが、非常に素晴らしいサイトですね。多くの人達見て欲しいです。これは、 matsui M さんが運営されているサイトでしょうか?・・私もじっくり読ませて頂きたいと思います。
このサイトの内容を記事でも引用させて頂きたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

2013/07/28(Sun) 23:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。