-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-01-29 00:01
現代の無節操環境破壊の社会において、持続可能な社会へのパラダイムシフトをしなければ人類は滅んでしまうでしょう。・・・その大切なパラダイムシフトは可能な事なのかどうか・・・【ランディングの準備】は出来るのか・・・を考えてみます。

石川英輔氏の著書は最近マイブームです。以前読んだときよりも、私の考え方と非常に近い事が最近分かりました。非常に共感を覚えます。『大江戸リサイクル事情』(・・タイトルから、現代の、プラスチックやアルミ缶などの多くのエネルギーを投入しての小手先の「リサイクル」と誤解されそうです。そうではなくて、太陽エネルギーによる自然の循環を上手く利用した、もっと壮大な社会全体にわたる本質的なリ-サイクルです。)の中に、私がここのブログで繰り返し主張している事と共通する事を、もっと上手い例えで端的に表現している部分がありましたので、ご紹介いたします。
[文庫本版 「人を運ぶ車はなかった」章  p239]

  
 ~ここより引用
(封建社会~完全規制社会~か野放し社会かと言う両極端の二者択一では無くて、)・・・中間のどこかにあるもっと穏やかな状態で止まれないか、と言う人もいるが、それはただの夢物語に過ぎないと思う。
近代文明の導火線は、いったん火を点ければ消すことができず、止めどもなく燃え上がることは今では常識になっている。あまりに目先が便利で快適過ぎるから、現状を維持するだけの為にも成長を続ける必要があり、どこかで踏みとどまることなどできないのである。
もし止まる時があるとすれば、環境の極端な悪化、あるいはエネルギー資源の絶対的な不足などで、強制的にブレーキがかかった状態になり、進みたくても進めなくなるときだけだろう。現代人は、今、目先の利便さばかり追い求めてきた生活のツケを支払うよう求められかけている。古ぼけた問題に、リサイクルなどというカタカナ英語を無理やり当てはめて大騒ぎしなくてはならないのも、燃え上がった炎に手こずっているからにほかならない。
  ・・・・中略・・・
自分達の出したゴミの始末もできなくなりかけているわれわれに、軽率な進歩に対して非常に慎重だった先祖たちの態度を、偉そうな顔で批判する資格があるのだろうか。

   ~引用 ここまで。


 近代文明の導火線に火が点けられてしまった現在、石川英輔氏は、環境悪化やエネルギー資源の不足で、制御不可能な減退をはじめるまで、人類は自らの意思で踏み止まることは不可能と考えているようです。・・・私も踏み止まることは非常に困難な事だと思います。しかし、制御不可能な減退(・・エネルギー資源の不足よりも環境の極端な悪化が原因になる可能性のほうが遥かに高いでしょう。)を始めてからでは、事態はかなり深刻で悲惨なものになりましょうから、出来るだけ制御が可能なうちに踏み止まり、経済縮小を人類自らの意思で選択する必要があります。成長の呪縛からは脱する為に必要な事は、【ランディングの準備】等にも描いたように、成長の限界による環境破壊、崩壊の正当な「恐怖心」を人類が共有できれば、脱成長の合意を得られるかもしれません。そして、経済成長を続けることは、大きな脅威でしかないのに対し、脱経済成長は、早ければ早いほど、安定した平和な社会になれる可能性を秘めていると言う事を多くの人々が理解するように広めなければならないでしょう。石川英輔氏の 大江戸事情シリーズ のようなものがもっともっと世の中に広まる必要がありましょう。でもそこにも大きなパラドックスが存在します。【人類存亡のパラドックス・・・だから人類は滅びる。】つまり、自然の循環に則した持続可能な社会は、近代文明の工業化社会に滅ぼされて来たという痛い歴史があるのです。・・やはり、制御不可能な減退まで脱成長は無理なのでしょうか?・・・それならばいっそのこと制御不可能な減衰が早くやってきて、その犠牲が出来るだけ小さく済む事・・奈落の底に落ちてしまわないようにする事・・を考えるべきなのでしょうか?・・・その時は近づいているのです。

スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/01/29 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |


ほとけの提言
(雑草の言葉さんの記事)・・やはり、制御不可能な減退まで脱成長は無理なのでしょうか?・・・ → とても悲しいコメントです。ガンジーのアシュラムのような(農業を主体にした団体、地域、コミニティー)を発達させ、江戸時代の自然生活を再現して、仲間を増やしながら、一方では政治勢力を結集する。その間にすこしでも制御不能の兆しが出たら、一気に政権を奪取するという筋書きでが・・・・・考えが甘いといわれるかもしれませんが、とりあえずは同志が集まり、ユートピアンの暮らしを再現したいと思います。もう現在スタートしています。


ほとけの提言
リベラル21のブログに広原盛明(都市計画・まちづくり研究者)大学教授の記事がありました。

以下です。 -「護憲民主政府」(仮称)の樹立以外に方法はないと考えているが、当面は「準備委員会」や「検討委員会」のレベルでとにかく議論をスタートさせて改憲阻止の世論をつくり、広範な護憲勢力の期待に応えていくことが重要だ。ー  http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2254.html#more

そのブログに対して、私の提言です。
ー 当面は「準備委員会」や「検討委員会」のレベルでとにかく議論をスタートさせて改憲阻止の世論をつくり、ー のご意見に対して再び提言します。

参院選までには、残り5ヶ月ほどしかありません。もう、即日活動しなければなりません。そこで考えましたが、「護憲民主政府)(仮称)を総本山として一人一人が政党の代表になるという考え方です。「護憲民主政府〇〇〇〇党」と言う考え方です。政策は、九条・護憲、原発即日廃止の2点で一致します。その他の政策、思想、運動の仕方はそれぞれの各個人政党に任せます。政治団体の届出は、各個人の意志に任せます。本山、各個人政党との連絡方法は、メール、ツイッター、フエイスブックで行います。あとは、総本山の代表を誰にするかですが・・・・・如何でしょうか!

このような政治活動を成功させて、その他の政策でも一致させれば、新しい政治手法にならないかとも思います。言ってみれば直接民主主義に近い、間接民主主義ともいえます。このような新しい政治思想、経済主義を構築しなければ世の中が変わらないと思います。
又選挙の手法ですがダグラス・スミスさんが提案されている、「政治家をくじ引きで決める」を導入して候補者を決めればよいと思います。くじ引きはとてもよいと思います。これは後日又提案します。



ほとけの提言
ダグラス・スミスさんの記事をアップします。
●経済成長がなければ私達は豊かになれないのだろうか。   ダグラススミス著

今、私達が民主主義と呼んでいるのは代表民主主義です。この代表制がいつから民主主義といわれるようになったのか。アリストテレスが書いていることですが、古代ギリシャでは、選挙で代表を選ぶと言うのは
民主主義ではなかった。選挙は貴族制だとアリストテレスは言っています。なぜかと言うと、選挙をすれば、一番有名な人、一番お金のある人、一番社会で目立つ人が選ばれるのであって、それは貴族だからです。

民主主義でもし代表を選ぶ、民主的に代表を選ぶとしたら、それはくじで選ぶべきである。実際古代ギリシャではくじで選んでいました。そうすれば、目立つ人、金のある人、有名人が選ばれるのではなく、市民なら誰でも選ばれる可能性がある。なぜこれが民主的なのでしょうか。いくつかの側面が有ると思いますが、一つは市民なら全員が、代表になるかもしれないという、心の準備を持たなければならない。どの市民を選んでも代表を務められる、それだけ共同体に対する責任感があるという前提なのです。いつ自分のところに来るか分らない、心の準備が必要なわけです。

もう一つ、そういうふうにくじで選ばれた人は、選ばれたという事を威張る理由がないわけです。選ばれたから自分が優れているということではなく、もうすこし、私でもいいのだろうかという、謙虚の気持ちでやる事になる。そして任期が終わったらまたくじ引きで決めるから、同じ人が続けて選ばれることがほとんどない。だから一人の人間が権力を握ってだんだん堕落していくという可能性はとても低い。

だからギリシャでは昔、代表を選ぶとすればくじ引きで選び、あるいは市民が直接政治に参加する、ということが民主主義だったわけです。民主主義は長い間そういうものを意味していました。その伝統がずっと続いた。


パラドックス
guyver1092
 人類が直面しているパラドックスは、対処がとても難しいですね。私の思いつく対処は、地域通貨で部分的にでも切り離しておくと、引きずられて共倒れになる危険が小さくなるぐらいしか思いつきませんね。この対策は、経済の自滅の対処にはなりますが、資源争奪殲滅戦争の対処にはなりませんし。

Re:一気に政権を奪取するという筋書き
雑草Z
    ほとけの提言さん

 3つのコメントに一気にお返事するか、分けてお返事するか考えましたが、それぞれにお返事する事に致します。コメントにはタイトルを付けて頂くと、お返事もし易く呼応出来ますので以後宜しくお願い致します。

 さて、最初のコメントですが、やはり現在の経済成長路線、工業化社会の未来が、悲惨な破局に至る事をかなり多くの割合の人々が共通認識しなければ無理でしょう。
成長の限界による環境破壊、崩壊の正当な「恐怖心」を人類が共有する事が非常に大切だと思います。そうでなければ、仰るような
>一気に政権を奪取するという筋書き

は無理でしょう。たとえ1カ国が出来たとしても、アメリカのような経済成長主義、工業化の先鋒のような国が放って置かないでしょう。それは、歴史が証明しています。アメリカなどが自ら経済成長と工業化を止めると言う選択をすれば大きな希みが出ますが・・間に合うでしょうか?



Re:護憲民主政府
雑草Z
    ほとけの提言さん

>「護憲民主政府)(仮称)を総本山として一人一人が政党の代表になるという考え方

一つの理想的な考え方かも知れませんが、現在の多数決民主主義選挙では、議席を確保する事は難しいでしょう。

>一人一人が政党の代表になる

は現在の選挙制度ではかなり不利でしょう。立候補の調整も難しいでしょう。現在の選挙制度も良くありませんが、変える為には多数派にならなければならないと言うパラドックス。

Re:くじで選ぶ政治家
雑草Z
 お金が無ければ選挙に勝てなかったり、地盤のある2世議員やタレント候補など有名人が多数の票を獲得して議員になる現在の選挙よりはくじで政治家を選んだほうがましだと思います。
 くじで政治家を選ぶと言う事もやってみる価値はありそうです。でもそれはそれで大きな不安が出てくるでしょうね。官僚にいいように操られる心配も出てきますね・・・今の政治家も変わりありませんが・・・。 

Re:パラドックス
雑草Z
    guyver1092さん

 経済自滅のパラドックスの対処法有難う御座います。結局、グローバル化による連鎖崩壊を防ぐと言う事ですね。
経済に限らず多くの問題でグローバル化による連鎖崩壊を防ぐことはこれからの時代に非常に大切な事でしょう。


「生態系の循環を尊重した持続可能な社会が、工業化の進んだ経済成長主義の持続不可能な崩壊社会に滅ぼされる」
という大きなパラドックスの解決策を見出すことがここのサイトの大きな目標になっています。これからも共に考えていきましょう。宜しくお願い致します。

石川英輔氏の著書
ほとけの提言
図書館で借りて「大江戸えねるぎー事情」と「大江戸えころじー事情」を読んでいます。とても感動する内容です。何回も読んで自分のものに致します。昭和30年に戻る、江戸時代に戻る、縄文時代に戻るという私の目標に取り入れたいと思います。今後ともご指導ください。有難うございました。

Re:石川英輔氏の著書
雑草Z
    ほとけの提言さん

 石川英輔さんは、著作を読む以前は江戸を研究されている作家程度の認識しかありませんでしたが、著書を読んでみると面白くて興味深く、非常に共感出来ます。

ほとけの提言さんが借りて来られたという

「大江戸えねるぎー事情」と「大江戸えころじー事情」
は共に名著だと思います。石川英輔氏の著書の中でも特に読む価値があると思います。「大江戸えころじー事情」は、本文にも描いた通り、今流行っている小手先の「リサイクル」では無く、石油など他のエネルギーの投入なく、太陽エネルギーだけによる自然の循環を利用した、社会全体にわたる本格的なリ-サイクルの事が述べられています。
ほとけの提言さんの描く
>昭和30年に戻る、江戸時代に戻る
という目標の方向がはっきりと見えますね。
その方法として、『2050年は江戸時代』は、大刷新など参考になるでしょう。本書は小説ですし、原発の事がすっぽりと抜けていて、現実と比べてかなり甘めの前提によるソフトランディングの成功例としての「大刷新」ですが、大きな方向としては間違っていないでしょう。
石川英輔さんの著書を読んで何か素晴らしい発見があればお知らせください。

私は以前、槌田敦氏の著書のファンで、めぼしい書物は大方読んで仕舞いちょっと残念でしたが、石川英輔氏の読みでのある著作を見つけて嬉しく思っています。
槌田敦氏も石川英輔氏も、著書は金太郎飴状態で、数冊読めば、彼らの優れた考え方、哲学は大体掴めます。

 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
(雑草の言葉さんの記事)・・やはり、制御不可能な減退まで脱成長は無理なのでしょうか?・・・ → とても悲しいコメントです。ガンジーのアシュラムのような(農業を主体にした団体、地域、コミニティー)を発達させ、江戸時代の自然生活を再現して、仲間を増やしながら、一方では政治勢力を結集する。その間にすこしでも制御不能の兆しが出たら、一気に政権を奪取するという筋書きでが・・・・・考えが甘いといわれるかもしれませんが、とりあえずは同志が集まり、ユートピアンの暮らしを再現したいと思います。もう現在スタートしています。
2013/01/29(Tue) 12:04 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
リベラル21のブログに広原盛明(都市計画・まちづくり研究者)大学教授の記事がありました。

以下です。 -「護憲民主政府」(仮称)の樹立以外に方法はないと考えているが、当面は「準備委員会」や「検討委員会」のレベルでとにかく議論をスタートさせて改憲阻止の世論をつくり、広範な護憲勢力の期待に応えていくことが重要だ。ー  http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2254.html#more

そのブログに対して、私の提言です。
ー 当面は「準備委員会」や「検討委員会」のレベルでとにかく議論をスタートさせて改憲阻止の世論をつくり、ー のご意見に対して再び提言します。

参院選までには、残り5ヶ月ほどしかありません。もう、即日活動しなければなりません。そこで考えましたが、「護憲民主政府)(仮称)を総本山として一人一人が政党の代表になるという考え方です。「護憲民主政府〇〇〇〇党」と言う考え方です。政策は、九条・護憲、原発即日廃止の2点で一致します。その他の政策、思想、運動の仕方はそれぞれの各個人政党に任せます。政治団体の届出は、各個人の意志に任せます。本山、各個人政党との連絡方法は、メール、ツイッター、フエイスブックで行います。あとは、総本山の代表を誰にするかですが・・・・・如何でしょうか!

このような政治活動を成功させて、その他の政策でも一致させれば、新しい政治手法にならないかとも思います。言ってみれば直接民主主義に近い、間接民主主義ともいえます。このような新しい政治思想、経済主義を構築しなければ世の中が変わらないと思います。
又選挙の手法ですがダグラス・スミスさんが提案されている、「政治家をくじ引きで決める」を導入して候補者を決めればよいと思います。くじ引きはとてもよいと思います。これは後日又提案します。
2013/01/29(Tue) 18:45 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
ダグラス・スミスさんの記事をアップします。
●経済成長がなければ私達は豊かになれないのだろうか。   ダグラススミス著

今、私達が民主主義と呼んでいるのは代表民主主義です。この代表制がいつから民主主義といわれるようになったのか。アリストテレスが書いていることですが、古代ギリシャでは、選挙で代表を選ぶと言うのは
民主主義ではなかった。選挙は貴族制だとアリストテレスは言っています。なぜかと言うと、選挙をすれば、一番有名な人、一番お金のある人、一番社会で目立つ人が選ばれるのであって、それは貴族だからです。

民主主義でもし代表を選ぶ、民主的に代表を選ぶとしたら、それはくじで選ぶべきである。実際古代ギリシャではくじで選んでいました。そうすれば、目立つ人、金のある人、有名人が選ばれるのではなく、市民なら誰でも選ばれる可能性がある。なぜこれが民主的なのでしょうか。いくつかの側面が有ると思いますが、一つは市民なら全員が、代表になるかもしれないという、心の準備を持たなければならない。どの市民を選んでも代表を務められる、それだけ共同体に対する責任感があるという前提なのです。いつ自分のところに来るか分らない、心の準備が必要なわけです。

もう一つ、そういうふうにくじで選ばれた人は、選ばれたという事を威張る理由がないわけです。選ばれたから自分が優れているということではなく、もうすこし、私でもいいのだろうかという、謙虚の気持ちでやる事になる。そして任期が終わったらまたくじ引きで決めるから、同じ人が続けて選ばれることがほとんどない。だから一人の人間が権力を握ってだんだん堕落していくという可能性はとても低い。

だからギリシャでは昔、代表を選ぶとすればくじ引きで選び、あるいは市民が直接政治に参加する、ということが民主主義だったわけです。民主主義は長い間そういうものを意味していました。その伝統がずっと続いた。
2013/01/29(Tue) 18:55 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
パラドックス
 人類が直面しているパラドックスは、対処がとても難しいですね。私の思いつく対処は、地域通貨で部分的にでも切り離しておくと、引きずられて共倒れになる危険が小さくなるぐらいしか思いつきませんね。この対策は、経済の自滅の対処にはなりますが、資源争奪殲滅戦争の対処にはなりませんし。
2013/01/29(Tue) 21:06 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:一気に政権を奪取するという筋書き
    ほとけの提言さん

 3つのコメントに一気にお返事するか、分けてお返事するか考えましたが、それぞれにお返事する事に致します。コメントにはタイトルを付けて頂くと、お返事もし易く呼応出来ますので以後宜しくお願い致します。

 さて、最初のコメントですが、やはり現在の経済成長路線、工業化社会の未来が、悲惨な破局に至る事をかなり多くの割合の人々が共通認識しなければ無理でしょう。
成長の限界による環境破壊、崩壊の正当な「恐怖心」を人類が共有する事が非常に大切だと思います。そうでなければ、仰るような
>一気に政権を奪取するという筋書き

は無理でしょう。たとえ1カ国が出来たとしても、アメリカのような経済成長主義、工業化の先鋒のような国が放って置かないでしょう。それは、歴史が証明しています。アメリカなどが自ら経済成長と工業化を止めると言う選択をすれば大きな希みが出ますが・・間に合うでしょうか?

2013/01/31(Thu) 17:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:護憲民主政府
    ほとけの提言さん

>「護憲民主政府)(仮称)を総本山として一人一人が政党の代表になるという考え方

一つの理想的な考え方かも知れませんが、現在の多数決民主主義選挙では、議席を確保する事は難しいでしょう。

>一人一人が政党の代表になる

は現在の選挙制度ではかなり不利でしょう。立候補の調整も難しいでしょう。現在の選挙制度も良くありませんが、変える為には多数派にならなければならないと言うパラドックス。
2013/01/31(Thu) 17:23 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:くじで選ぶ政治家
 お金が無ければ選挙に勝てなかったり、地盤のある2世議員やタレント候補など有名人が多数の票を獲得して議員になる現在の選挙よりはくじで政治家を選んだほうがましだと思います。
 くじで政治家を選ぶと言う事もやってみる価値はありそうです。でもそれはそれで大きな不安が出てくるでしょうね。官僚にいいように操られる心配も出てきますね・・・今の政治家も変わりありませんが・・・。 
2013/01/31(Thu) 17:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:パラドックス
    guyver1092さん

 経済自滅のパラドックスの対処法有難う御座います。結局、グローバル化による連鎖崩壊を防ぐと言う事ですね。
経済に限らず多くの問題でグローバル化による連鎖崩壊を防ぐことはこれからの時代に非常に大切な事でしょう。


「生態系の循環を尊重した持続可能な社会が、工業化の進んだ経済成長主義の持続不可能な崩壊社会に滅ぼされる」
という大きなパラドックスの解決策を見出すことがここのサイトの大きな目標になっています。これからも共に考えていきましょう。宜しくお願い致します。
2013/01/31(Thu) 17:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
石川英輔氏の著書
図書館で借りて「大江戸えねるぎー事情」と「大江戸えころじー事情」を読んでいます。とても感動する内容です。何回も読んで自分のものに致します。昭和30年に戻る、江戸時代に戻る、縄文時代に戻るという私の目標に取り入れたいと思います。今後ともご指導ください。有難うございました。
2013/02/09(Sat) 12:18 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
Re:石川英輔氏の著書
    ほとけの提言さん

 石川英輔さんは、著作を読む以前は江戸を研究されている作家程度の認識しかありませんでしたが、著書を読んでみると面白くて興味深く、非常に共感出来ます。

ほとけの提言さんが借りて来られたという

「大江戸えねるぎー事情」と「大江戸えころじー事情」
は共に名著だと思います。石川英輔氏の著書の中でも特に読む価値があると思います。「大江戸えころじー事情」は、本文にも描いた通り、今流行っている小手先の「リサイクル」では無く、石油など他のエネルギーの投入なく、太陽エネルギーだけによる自然の循環を利用した、社会全体にわたる本格的なリ-サイクルの事が述べられています。
ほとけの提言さんの描く
>昭和30年に戻る、江戸時代に戻る
という目標の方向がはっきりと見えますね。
その方法として、『2050年は江戸時代』は、大刷新など参考になるでしょう。本書は小説ですし、原発の事がすっぽりと抜けていて、現実と比べてかなり甘めの前提によるソフトランディングの成功例としての「大刷新」ですが、大きな方向としては間違っていないでしょう。
石川英輔さんの著書を読んで何か素晴らしい発見があればお知らせください。

私は以前、槌田敦氏の著書のファンで、めぼしい書物は大方読んで仕舞いちょっと残念でしたが、石川英輔氏の読みでのある著作を見つけて嬉しく思っています。
槌田敦氏も石川英輔氏も、著書は金太郎飴状態で、数冊読めば、彼らの優れた考え方、哲学は大体掴めます。

 
2013/02/10(Sun) 17:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。