-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2013-01-17 00:01
現代社会は殆ど全てが短期的合理性で動いていると言っても過言ではないでしょう。
例を挙げれば枚挙に暇がありません。例えばゴミ問題。要らないもの、汚いもの、臭い物は目の前から無くなればいいとゴミを大量に集めて遠くに持っていって捨てています。自然界に回らないプラスチックやビニールを短期的に便利だからと沢山作ってどんどん使い、直ぐに使い捨てにしてゴミにして遠くに捨てる。最近は資源が勿体無いからとエネルギーを沢山投入してのリサイクルで誤魔化していますが、根本解決には程遠い状態です。究極が核のゴミでしょう。安全に処理する方法がないのに原発を見切り発車してしまって、日本では未だに最終処分の場所も方法も決まっていません。

現代農業は、農薬、化学肥料を使って農地の単位面積当たりの収穫率を飛躍的に上げましたが、生態系が壊され土地も痩せて、使用量がどんどん増えていくと言うスパイラルに陥ってしまいました。免疫が出来た害虫に対してはより強い農薬を作って使用しています。まさにイタチごっこです。毎年毎年の「短期的合理性」によって長期的には農地が使いものにならなくなるのです。土壌の流出が起こり、土地(の生態系)が死んで不毛になり、行き着く先は、砂漠化です。

経済政策などは短期的合理性のオンパレードです。同じ失敗にも懲りずに「経済の活性化」と称してその場凌ぎの公共事業をどんどん行い、税金で集めたり増量して刷ったお金をばら撒き借金を増やして、インフレを引き起こしデフォルト危機に陥ります。一時的な景気の為に環境破壊と資源の枯渇を引き起こしています。特に、経済成長戦略こそ短期の合理性の極みでしょう。経済成長政策によって経済が肥大化すればするほど、市場に投入しなければならない物資、資金は多くなります。資源の投入が無くなれば、バブル経済になります。最近の日本では、投入した資金以上に景気は良くならず、お金は一定方向に多く流れ、富の偏在・・格差を助長を繰り返しています。もし投入した資金以上に景気が拡大すれば拡大したで、それを維持するのが更に難しくなるだけです。

地下資源の開発など全て「短期の合理性」でしょう。地下資源を掘り起こして、地球の貯蓄を崩して使っているだけです。その為に資源が一方的に減少するのは勿論の事、採掘が終わってからもずっと続く環境汚染を引き起こしています。

現在行われている政策で、長期的合理性・・・何世代も下の子孫にとっても良いと思われる政策は殆ど見当たりません。企業や政府が言うところの「長期的展望」はせいぜい数十年の話です。そして大部分が長期的合理性など似非に過ぎません。彼らの言うところの「合理性」は我田引水的で、企業自らの利益の為、特定の企業の利益の為の合理性に過ぎません。世界の多くの人々にとっては「不合理」極まりないのです。

現代社会では選挙制度にも大きな問題がありそうです。選ばれる方も選ぶ方にも問題があるでしょう。候補者は短期的合理性を叫び、長期的展望は、具体的政策には決して触れずに、抽象的な理想論を語るだけです。曰く、「よりよい未来の為に」「未来の子供たちの為に」
 そして、選ぶ有権者も短期的な自分の利益だけで投票する人が多数派です。

現代社会の様々に肥大化した深刻な問題の多くは、人類の純粋な理性、英知の失敗と言うよりも、この『短期的合理性』の積み重ねによるものでしょう。
昔の人よりも賢くなったと自負している現代人は、雑学的知識の量だけ増えて、集団で短期的利益しか考えられない思考回路になってしまったようです。「短期的合理性」の発想は、そこから生まれる新たな問題はすべて無視して後の世代に先送りしてきました。そして先送りされた問題は肥大化する一方です。
現代社会では、 『短期的合理性』は『問題の先送りによる肥大化』 と同じ意味になってしまっていると言えましょう。

江戸時代には長期の展望に立って森林を守り、人口の増加を抑制して循環型社会を維持していました。【江戸時代の日本の文明崩壊回避策】。アメリカの先住民は七代先の事まで考えて物事を決めていたと言われています。
それに対して、現代人はほんの目先の事しか考えていません。超短期の合理性で動いていると言えましょう。
人類の活動が大きくなり、大きな科学技術を手に入れた現代こそ、短期的合理性による活動は危険極まりありません。一歩間違えば、人類の滅亡まで導いてしまうでしょう。もう手遅れに近い状態のものもあります。原発によって作られた放射性廃棄物などは、既に手の施しようが無い段階まで来ています。
人類が生き残り、持続可能な文明にシフトする為には、今こそ本当の意味での長期的展望が必要です。


今回のタイトル『短期的合理性』は、石川英輔著【大江戸リサイクル事情】から、引用させて頂きました。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/01/17 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |


ほとけの提言
去年から読ませていただいていますが、本当に素晴らしい。いつも感激して読んでいます。今後ともよろしくお願いします。

歴史に学ぶ
guyver1092
 歴史的には、マイナス金利の社会では、人々の価値判断基準は長期的なものになるそうです。いきなりすべての貨幣をマイナス金利にするのは難しいでしょうが、地域通貨をマイナス金利にして導入することから初める必要があるでしょうね。これには、世界的な通貨危機に対する、防壁にもなります。地域通貨が導入されていれば、その地域は、地域通貨の割合だけ世界から切り離されていますので、影響がそれだけ小さくなります。

Re:
雑草Z
    ほとけの提言さま

こちらこそ、宜しくお願い致します。

Re:歴史に学ぶ
雑草Z
>地域通貨をマイナス金利にして導入することから初める

 単純な疑問ですが、この場合、そこの地域に住んでいる人で、金利で損をしたくないと思う人々などは「地域外貨」を購入するようになると思われますが、如何でしょうか?

金利で儲けようと考えた資産家を中心に、今日の歪んだ金融中心社会が作られてきたのが大きな問題です。これこそ経済の「短期的合理性」でしょうね。

Re:Re:歴史に学ぶ
guyver1092
 ヴェルクルの例では、導入時に入念な準備を行い、住民からは非常に高い評価を受けていたようです。また、「エンデの遺言」だったと思いますが、現代でもマイナス金利を採用している地域通貨では、好況時には、政府通貨が好まれ、不況時には地域通貨が好まれるそうです。理由は、政府通貨は不況時には中央に吸い上げられ、地方は使いたくても使えず、価値の受け渡しをするためには、地域通貨を利用するしかなくなるからのようです。

不正選挙疑惑の会社情報です
トモ
19日は誠にに有難う御座いました!
お話しました開票集計に関する疑惑を調べた方のブログ記事が大変興味深いです。
コメント欄にも有効の情報がありました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2682.html


Re:Re:Re:歴史に学ぶ
雑草Z
>導入時に入念な準備を行い、住民からは非常に高い評価を受けていたようです。

なるほど、どう言った準備なのでしょうね。入念な準備が必要ではないでしょうか?・・・内容とメリットを周知するとかそのような事でしょうか?

>現代でもマイナス金利を採用している地域通貨

あるのですね!?・・以前も触れた事がありますが、マイナス金利として、穀物の兌換紙幣とかが有効でしょうか?

Re:Re:Re:Re:歴史に学ぶ
guyver1092
 入念な準備とは、多くの人に老化貨幣の理解を高め、多くの人、商店に受け入れてもらう約束を取り付けたようです。その結果、町の経済のいわば血液として、スムーズな循環をして経済を助けたようです。
 少し記憶違いをしていました。「エンデの遺言」ではなく、「シルビオゲゼル入門」でした。現在も利用されている老化貨幣は、キームガウアーといいます。記憶違いはもう一つあって、好況不況によって支持が変わるのは、利息ゼロのヴィアという通貨でした。

 マイナス金利の地域通貨と言うだけでは、役に立たないと考えます。利息と言うよりも、循環するかどうかが一番の問題と考えます。ヴェルクルの例でいうと、最大の理由は税金もこれで納められたことだと考えています。町から労働者、労働者から商店、商店から町と言うように、循環が保障されていたから大きな効果を発したと考えています。

Re:不正選挙疑惑の会社情報です
雑草Z
    トモさん

 
お世話になりました。今回の衆議院選挙が不正選挙だとしたら由々しき事です。
確かにムサシは胡散臭い会社です。業者選定の経緯も不透明です。
無きにしもあらず・・です。情報あればまた宜しくお願い致します。


Re:Re:Re:Re:Re:歴史に学ぶ
雑草Z
>入念な準備とは、多くの人に老化貨幣の理解を高め、多くの人、商店に受け入れてもらう約束を取り付けた

なるほど、やはりかなり入念に説明し、色々約束しなければ導入は難しいでしょうね。

>マイナス金利の地域通貨と言うだけでは、役に立たないと考えます。

やはりそうですね。私もそう思います。

>循環が保障されていたから大きな効果を発した

これが達成できるかどうかが導入の最大の試金石ですね。
実のところ、マイナス金利の通貨に関しては、まだまだ導入のイメージが湧きません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
去年から読ませていただいていますが、本当に素晴らしい。いつも感激して読んでいます。今後ともよろしくお願いします。
2013/01/18(Fri) 11:58 | URL  | ほとけの提言 #-[ 編集]
歴史に学ぶ
 歴史的には、マイナス金利の社会では、人々の価値判断基準は長期的なものになるそうです。いきなりすべての貨幣をマイナス金利にするのは難しいでしょうが、地域通貨をマイナス金利にして導入することから初める必要があるでしょうね。これには、世界的な通貨危機に対する、防壁にもなります。地域通貨が導入されていれば、その地域は、地域通貨の割合だけ世界から切り離されていますので、影響がそれだけ小さくなります。
2013/01/18(Fri) 21:10 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:
    ほとけの提言さま

こちらこそ、宜しくお願い致します。
2013/01/19(Sat) 08:37 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:歴史に学ぶ
>地域通貨をマイナス金利にして導入することから初める

 単純な疑問ですが、この場合、そこの地域に住んでいる人で、金利で損をしたくないと思う人々などは「地域外貨」を購入するようになると思われますが、如何でしょうか?

金利で儲けようと考えた資産家を中心に、今日の歪んだ金融中心社会が作られてきたのが大きな問題です。これこそ経済の「短期的合理性」でしょうね。
2013/01/19(Sat) 08:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:歴史に学ぶ
 ヴェルクルの例では、導入時に入念な準備を行い、住民からは非常に高い評価を受けていたようです。また、「エンデの遺言」だったと思いますが、現代でもマイナス金利を採用している地域通貨では、好況時には、政府通貨が好まれ、不況時には地域通貨が好まれるそうです。理由は、政府通貨は不況時には中央に吸い上げられ、地方は使いたくても使えず、価値の受け渡しをするためには、地域通貨を利用するしかなくなるからのようです。
2013/01/19(Sat) 22:06 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
不正選挙疑惑の会社情報です
19日は誠にに有難う御座いました!
お話しました開票集計に関する疑惑を調べた方のブログ記事が大変興味深いです。
コメント欄にも有効の情報がありました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2682.html
2013/01/20(Sun) 21:12 | URL  | トモ #3/2tU3w2[ 編集]
Re:Re:Re:歴史に学ぶ
>導入時に入念な準備を行い、住民からは非常に高い評価を受けていたようです。

なるほど、どう言った準備なのでしょうね。入念な準備が必要ではないでしょうか?・・・内容とメリットを周知するとかそのような事でしょうか?

>現代でもマイナス金利を採用している地域通貨

あるのですね!?・・以前も触れた事がありますが、マイナス金利として、穀物の兌換紙幣とかが有効でしょうか?
2013/01/20(Sun) 21:35 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:Re:歴史に学ぶ
 入念な準備とは、多くの人に老化貨幣の理解を高め、多くの人、商店に受け入れてもらう約束を取り付けたようです。その結果、町の経済のいわば血液として、スムーズな循環をして経済を助けたようです。
 少し記憶違いをしていました。「エンデの遺言」ではなく、「シルビオゲゼル入門」でした。現在も利用されている老化貨幣は、キームガウアーといいます。記憶違いはもう一つあって、好況不況によって支持が変わるのは、利息ゼロのヴィアという通貨でした。

 マイナス金利の地域通貨と言うだけでは、役に立たないと考えます。利息と言うよりも、循環するかどうかが一番の問題と考えます。ヴェルクルの例でいうと、最大の理由は税金もこれで納められたことだと考えています。町から労働者、労働者から商店、商店から町と言うように、循環が保障されていたから大きな効果を発したと考えています。
2013/01/22(Tue) 22:28 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:不正選挙疑惑の会社情報です
    トモさん

 
お世話になりました。今回の衆議院選挙が不正選挙だとしたら由々しき事です。
確かにムサシは胡散臭い会社です。業者選定の経緯も不透明です。
無きにしもあらず・・です。情報あればまた宜しくお願い致します。
2013/01/24(Thu) 01:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:Re:Re:歴史に学ぶ
>入念な準備とは、多くの人に老化貨幣の理解を高め、多くの人、商店に受け入れてもらう約束を取り付けた

なるほど、やはりかなり入念に説明し、色々約束しなければ導入は難しいでしょうね。

>マイナス金利の地域通貨と言うだけでは、役に立たないと考えます。

やはりそうですね。私もそう思います。

>循環が保障されていたから大きな効果を発した

これが達成できるかどうかが導入の最大の試金石ですね。
実のところ、マイナス金利の通貨に関しては、まだまだ導入のイメージが湧きません。
2013/01/24(Thu) 01:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。