-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-12-11 00:01
今回の衆議院選挙の争点は【一つに絞るべき今回の衆議院選挙の争点】で脱原発一つに絞るべきだと主張しましたが、国民の大部分(8割以上)が脱原発派である事を受けて、殆どの政党が票の確保も狙って、程度の差こそあれ脱原発を掲げています。笑ってしまうのは、「脱原発を主張するのはポピュリズムだ」等と批判していた政党までが、曖昧な形で脱原発を主張するようになりました。「脱原発は全ての政党が主張しているからもはや争点では無い。」等とのたまう輩まで現れましたが、それは勿論まやかしです。自民党や維新は勿論、大飯原発を再稼動させ、大間原発などの建設も再開させた民主党も選挙後に積極的に脱原発に動く事はないでしょう。1930年代までに脱原発などと言っている民主党は、今回もしも政権を取ったとしても(その可能性はほとんどありませんが・・)1930年まで政権を維持する事は無いでしょうから公約を守るも守らないもありません。マニフェスト破りを堂々と行った野田政権の公約が信じられる筈もありません。自民、民主、維新は、脱原発どころか現在停止中の原発を次々に再稼働させ、震災後に建設中断していた着工中の原発の着工を再開させる可能性が高いでしょう。この3つの政党は、脱原発派とはみなせません。だから、脱原発は今回の選挙の争点に十分になり得ます。
では、「卒原発」を唱えている「日本未来の党」はどうか・・?「10年で卒原発」と言うキャッチフレーズはあまり戴けませんが、「10年以内に完全廃炉」と言っていますから、(「完全廃炉」の定義が曖昧ですが、)着工中の原発工事は中止にし、再稼働もしないと言う事になりましょう。即撤廃を主張している共産党や次いで強固な反原発の社民党、新党大地、新党日本など、原発撤廃を強く主張する党と原発政策に置いては協力し、脱原発を目指し、尽力する党になりましょう・・・、議員数の数で言えば、最も勢力のある脱原発政党になるでしょう。「日本未来の党」は、新しく結党された政党の中で、最も期待が出来るでしょう。頂けない主張もありますが、脱原発、反TPP、反消費税増税の大同で最も力のある政党になるでしょう。今回は無理でも次の選挙以降政権を取れるかも知れません。この政党が出て、今回の選挙はそれ以前よりは希望が持てるようになりました。

 さて、今回の選挙の最も重要な争点は原発で、次いでTPP、消費税の順だと考えられますが、大手マスコミの世論調査の争点では、景気・経済対策が大体トップです。マスコミの作為も感じる世論調査ですが、国民の関心事の上位である事に間違いはないでしょう。自民党は、景気対策として、規制緩和、金融緩和でデフレ脱却、そして極めつけは旧態依然とした公共工事を挙げています。「事前防災」のため10年間で200兆円を投資する「国土強靭化」を主張しています。TPPに参加せず、日本は内需拡大にシフトすべき・・・と言う部分は反対ではありません。ただ、同じ内需拡大でも、もっと別の政策があるでしょう。山梨県の中央自動車道・笹子トンネル崩落事故を受け、道路などの点検、メンテナンスに力を入れるのは結構な事ですが、新規道路や橋、河川工事は必要ないものが殆どでしょう。財源として大量の国債を発行する積りでしょうが、結局それは税金で払われることになります。つまり消費税を上げて、直接間接、そこから支払う事になるのです。社会福祉の為の増税と言いながら、実質はゼネコンや大企業減税の穴埋めに使われるのです。つまり内需拡大でも何でもなく、ただ、国民から集めた税金をゼネコンなどの大企業に回すだけです。だから消費税増税は反対です。震災復興予算もあれほど出鱈目に使われている現在、消費税増税はなかなか国民の理解は得られないでしょう。右肩上がりの経済成長は望めませんから、それでなくとも膨大な国の借金が、更に膨らむ一方です。

先に、「TPPに参加せず、日本は内需拡大にシフトすべき」と書きましたが、厳密に言えば単に「内需拡大」でかなく「外需から内需へのシフト」するべきだと考えます。即ち、内需拡大によって経済成長させるのではなく、経済のグローバル化を止めて、経済の殆ど・・需要も供給も・・・国内でまかなうと言う事です。

予言めいた事を書くのは、ちょっと躊躇しますが、今回自民党が(連立)政権与党となる可能性は高いでしょうが、彼らの旧態依然としたやり方はことごとく失敗し、大きな危機を招く事になりましょう。麻生内閣や今回の民主党政権のような感じで、大部分の国民からスカンを食らう事になりましょう。それだけならまだやり直しが効きますが、3.11のような日本の存亡に関る一大事にまで発展するかも知れません。その次の選挙まで日本が持ちこたえ、まともな政府が出来る事を祈ります。

残念なことは、今回の選挙でも相変わらずどの政党も、経済成長策を訴えている事です。GDPの増加率で定義される経済成長は、国民の豊かさの指標ではなく、実体は浪費指数です。経済が成長すればするほど、環境は破壊され、文明崩壊へ近づいている事に気付くべきです。・・・多くの国民…世界の多くの人々が気付き始めています。脱原発、反TPPに続いて、脱成長まで掲げる政党が現れるのは時期尚早なのでしょうか?・・否、機は熟してきています。脱原発論議のように脱成長論議がなされ、今回の脱原発のように、経済成長主義派もいつの間にか経済成長を否定する時が来るでしょう。早晩・・・遅くとも今世紀中には、脱経済成長路線に変更せざるを得なくなるでしょうし、それが主流になるでしょう。そこまで見極めたいものです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/12/11 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

Re:予言めいたもの
guyver1092
 当たるでしょうね。理論的に考えて、過去と同じことをしたら同じ結果にしかならないですよね。過去に失敗した政策なら、今回も失敗するでしょう。
 自民党は明らかに原発推進派ですので、自民党が政権を取れば原発はどんどん再稼働します。自民党の支持者は、もう一度過酷事故を起こせば日本は終わりだとは考えないのでしょうかね。

Re:Re:予言めいたもの
雑草Z
主題とは少し外れた面白い部分へのコメント、有難う御座います。

>過去と同じことをしたら同じ結果にしかならない

更に、現状は経済成長と人口圧で、環境負荷が大きくなりましたので、公共工事の拡大は、長い目で見れば自殺行為でしょう。投入資金は回収出来ずにどぶに捨てるようなものです。・・と言うよりも税金を使ってゼネコン業者に環境破壊させるようなものです。借金は膨らむ一方です。

>自民党の支持者は、もう一度過酷事故を起こせば日本は終わりだとは考えないのでしょうか

巨大地震などが起きずに、原発事故が起こらない事を前提にしているだけでしょう。つまり、運を天に任せているだけでしょう。そして、実際にシビアアクシデントが起こっても責任を取ろうとさえしない事は、福島第一原発事故で実証されました。過酷事故が起こらなくても放射性廃棄物を出し続けるだけで、運転すべき代物ではありません。

緑の党
地下水
 世界のコンセンサスを構築しはじめた、緑の党に一票を入れてはどうでしょう。クリーンでグリーンを目指す・・・。 今回の擁立に日本の緑の党は間に合いませんでしたけども、無理なエコ、エコノミーは目指さないそうですので。
 各地に生まれた脱原発政党が、近い将来、緑の党にまとまれば、・・・。
 宇宙から見れば、地球はクリーンでグリーンでないと困りますから、・・・。でも放射能汚染はすぐには目に見えないから、たちが悪いですけども、・・・。

Re:緑の党
雑草Z
 日本の緑の党は、他の既存政党と比べて期待が持てると思う団体だと思います。
 その前身のさらに前身のみどりのテーブルの頃は期待感を持って、私も若干関わってきました。それが 似たような団体と合流して『みどりの未来』になり、今年、日本の 『緑の党』 が結成されました。結成式には参加しました。
脱原発は強く主張しているものの、太陽光や風力の自然エネルギーを強く推進しています。それは他の既存政党と差別化出来ません。重要な脱成長を全然前面に押し出さなくなってきました。それはドイツの本家の緑の党も同じで、ドイツの緑の党の方の講演も、ひたすら自然エネルギー推進でした。脱経済成長にはあまり関心がないようで、残念でした。
 これでは、今回結成された 『日本未来の党』 とあまり変わりません。だから、若干『緑の党』は期待外れの面があります。

>各地に生まれた脱原発政党が、近い将来、緑の党にまとまれば

それは賛成ですが情勢的には、『日本未来の党』にまとまるかも知れませんね。


地下水さん

 コメントお待ちしておりました。お久し振りのコメント有難う御座います。
 別件ですが、今年は、ミニトマトのお裾分けが多くの人に何度も出来ました。お裾分けはいいものですね。来年も目指します。 

Re:Re:緑の党
地下水
 選挙結果は過半数で自民法案が無批判にドンドン成立する事態になりました。
 御存知かと思いますが、参照を広める必要があると思うので、緑の党の結成宣言をうつします。雑草Zさんの考えと重なるところのある貴重な宣言だと思います。

3.11 後の 今 ここに
新たな道を歩み出す

森を奪う都市文明から
森に寄り添う文明 数多(あまた)へ
答えを生きる 時がきた

果てない世界市場化と
経済成長呪縛から
世界各地が共に奏でる
色どる経済成熟へ
答えを生きる 時がきた

いのち汚す原発と
奪い合いの地下資源より
太陽による 永遠の平和へ
答えを生きる 時がきた

はやさ 大きさ 効率主義 から
スロー スモール シンプル で
適正規模と多様性へ
答えを生きる 時がきた

過剰なほどに カネ追わず
過剰なほどに モノ造らず
過剰なほどに 働かず
仕事と時間を 分かち合い
豊かなこころを 蘇らせる
答えを生きる 時がきた

買うしか術ない暮らしより
手 足 知恵で 創るを楽しみ
与え 支え いのちを謳歌し
自立しあう 安心へ
地域でつながる 循環へ
答えを生きる 時がきた

色んな人と 色んな生き方
互いに凸凹△ 認め合い
組み合わさって 補い合い
使命を宿し おのおの輝く
答えを生きる 時がきた

テレビの向こうに 決断任せず
自ら責任 引き寄せて
足元からの 微力をつらね
笑顔の未来 えらびとる
答えを生きる 時がきた

今日から土に 種を蒔き
こころに緑を 育てよう
いのちにぎわう 豊かな地球を
いのちみんなで 分かち楽しみ
100年先を 見渡して
答えを生きる 一歩をここに
歩み出したい 一歩をここに


「緑の党」を 立ち上げる



          2012年7月28日緑の党結成総会


Re:Re:Re:緑の党
雑草Z
    地下水さん

緑の党の結成宣言のうつし、有難う御座います。確かに私の考え方と重なる部分があり、地下水さんのお考えとも重なる部分も多々あるでしょう。
 そして、江戸時代の日本人も、言葉に出して明確化しなくとも、このような考えは漠然とした常識としてあったと思います。このように考えられなくなった現代人は病んでいると言えましょう。今こそこの考え方に回帰すべき時でしょう。
 それを破壊した考え方が、GDPの増加で定義される経済成長信仰とか科学万能主義、工業化でしょう。現代は狂った特殊な時代です。

反核
地下水
 脱原発も、反核で結集することで、より大きな力にする必要があります。
 ヒロシマ・ナガサキの年代の人や、原水爆実験の地域の方は被爆の恐さを伝えて下さいますし、組織もありますし、歌も文学もあります。原水禁と原水協も分裂していますが、今回の反核の選挙の足並みの乱れを見ると、おもうものがあります。
 沖縄基地や、各地の基地の地域の方は、核持ち込みの怖れや、核標的の怖れを伝えて下さいます。
 福島や、ホットスポットの地域の方は、汚染被害や避難生活の困窮を伝えて下さいます。
 自然エネルギーの開発や、普及に努められている方や団体や企業の方は、反核に賛同して下さいます。
 チェルノブイリのホットスポットの地域の方や、ドイツの緑の党の方などは、反核政治の実現への道のりを伝えて下さいます。
 原発の下請けや、核開発をされてきた方で、被爆されてきた方の、声無き話を集めて伝えねばなりません。
 反核、反核戦、反核開発、核被害、反核政治を結集した、目的と効果と期限の明確な団体が必要です。
 
 今、日中は石原にダマされて、何百億円も損をしましたが、さらに大損に拡大しそうです。

Re:反核
雑草Z
    地下水さん

>脱原発も、反核で結集することで、より大きな力にする必要があります。

おっしゃるように、小異に拘らず反核で結集すべけでしょうね。

>原水禁と原水協も分裂

この辺りの経緯は知りませんが、原水協がソ連の核開発を認めたので原水禁が出来たと言われていますね。
それから現在でも一方は原発は認めていると聞きました。(どちらかご存知ですか?)
兎も角、反核と言ったら、原爆も原発も認めてはいけませんね。「核の平和利用」はまやかしですからね。

>反核政治を結集した、目的と効果と期限の明確な団体が必要です。

これが緑の党と言う事になりましょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re:予言めいたもの
 当たるでしょうね。理論的に考えて、過去と同じことをしたら同じ結果にしかならないですよね。過去に失敗した政策なら、今回も失敗するでしょう。
 自民党は明らかに原発推進派ですので、自民党が政権を取れば原発はどんどん再稼働します。自民党の支持者は、もう一度過酷事故を起こせば日本は終わりだとは考えないのでしょうかね。
2012/12/12(Wed) 22:19 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:予言めいたもの
主題とは少し外れた面白い部分へのコメント、有難う御座います。

>過去と同じことをしたら同じ結果にしかならない

更に、現状は経済成長と人口圧で、環境負荷が大きくなりましたので、公共工事の拡大は、長い目で見れば自殺行為でしょう。投入資金は回収出来ずにどぶに捨てるようなものです。・・と言うよりも税金を使ってゼネコン業者に環境破壊させるようなものです。借金は膨らむ一方です。

>自民党の支持者は、もう一度過酷事故を起こせば日本は終わりだとは考えないのでしょうか

巨大地震などが起きずに、原発事故が起こらない事を前提にしているだけでしょう。つまり、運を天に任せているだけでしょう。そして、実際にシビアアクシデントが起こっても責任を取ろうとさえしない事は、福島第一原発事故で実証されました。過酷事故が起こらなくても放射性廃棄物を出し続けるだけで、運転すべき代物ではありません。
2012/12/13(Thu) 21:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
緑の党
 世界のコンセンサスを構築しはじめた、緑の党に一票を入れてはどうでしょう。クリーンでグリーンを目指す・・・。 今回の擁立に日本の緑の党は間に合いませんでしたけども、無理なエコ、エコノミーは目指さないそうですので。
 各地に生まれた脱原発政党が、近い将来、緑の党にまとまれば、・・・。
 宇宙から見れば、地球はクリーンでグリーンでないと困りますから、・・・。でも放射能汚染はすぐには目に見えないから、たちが悪いですけども、・・・。
2012/12/15(Sat) 20:02 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:緑の党
 日本の緑の党は、他の既存政党と比べて期待が持てると思う団体だと思います。
 その前身のさらに前身のみどりのテーブルの頃は期待感を持って、私も若干関わってきました。それが 似たような団体と合流して『みどりの未来』になり、今年、日本の 『緑の党』 が結成されました。結成式には参加しました。
脱原発は強く主張しているものの、太陽光や風力の自然エネルギーを強く推進しています。それは他の既存政党と差別化出来ません。重要な脱成長を全然前面に押し出さなくなってきました。それはドイツの本家の緑の党も同じで、ドイツの緑の党の方の講演も、ひたすら自然エネルギー推進でした。脱経済成長にはあまり関心がないようで、残念でした。
 これでは、今回結成された 『日本未来の党』 とあまり変わりません。だから、若干『緑の党』は期待外れの面があります。

>各地に生まれた脱原発政党が、近い将来、緑の党にまとまれば

それは賛成ですが情勢的には、『日本未来の党』にまとまるかも知れませんね。


地下水さん

 コメントお待ちしておりました。お久し振りのコメント有難う御座います。
 別件ですが、今年は、ミニトマトのお裾分けが多くの人に何度も出来ました。お裾分けはいいものですね。来年も目指します。 
2012/12/16(Sun) 19:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:緑の党
 選挙結果は過半数で自民法案が無批判にドンドン成立する事態になりました。
 御存知かと思いますが、参照を広める必要があると思うので、緑の党の結成宣言をうつします。雑草Zさんの考えと重なるところのある貴重な宣言だと思います。

3.11 後の 今 ここに
新たな道を歩み出す

森を奪う都市文明から
森に寄り添う文明 数多(あまた)へ
答えを生きる 時がきた

果てない世界市場化と
経済成長呪縛から
世界各地が共に奏でる
色どる経済成熟へ
答えを生きる 時がきた

いのち汚す原発と
奪い合いの地下資源より
太陽による 永遠の平和へ
答えを生きる 時がきた

はやさ 大きさ 効率主義 から
スロー スモール シンプル で
適正規模と多様性へ
答えを生きる 時がきた

過剰なほどに カネ追わず
過剰なほどに モノ造らず
過剰なほどに 働かず
仕事と時間を 分かち合い
豊かなこころを 蘇らせる
答えを生きる 時がきた

買うしか術ない暮らしより
手 足 知恵で 創るを楽しみ
与え 支え いのちを謳歌し
自立しあう 安心へ
地域でつながる 循環へ
答えを生きる 時がきた

色んな人と 色んな生き方
互いに凸凹△ 認め合い
組み合わさって 補い合い
使命を宿し おのおの輝く
答えを生きる 時がきた

テレビの向こうに 決断任せず
自ら責任 引き寄せて
足元からの 微力をつらね
笑顔の未来 えらびとる
答えを生きる 時がきた

今日から土に 種を蒔き
こころに緑を 育てよう
いのちにぎわう 豊かな地球を
いのちみんなで 分かち楽しみ
100年先を 見渡して
答えを生きる 一歩をここに
歩み出したい 一歩をここに


「緑の党」を 立ち上げる



          2012年7月28日緑の党結成総会
2012/12/17(Mon) 00:54 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:Re:Re:緑の党
    地下水さん

緑の党の結成宣言のうつし、有難う御座います。確かに私の考え方と重なる部分があり、地下水さんのお考えとも重なる部分も多々あるでしょう。
 そして、江戸時代の日本人も、言葉に出して明確化しなくとも、このような考えは漠然とした常識としてあったと思います。このように考えられなくなった現代人は病んでいると言えましょう。今こそこの考え方に回帰すべき時でしょう。
 それを破壊した考え方が、GDPの増加で定義される経済成長信仰とか科学万能主義、工業化でしょう。現代は狂った特殊な時代です。
2012/12/18(Tue) 22:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
反核
 脱原発も、反核で結集することで、より大きな力にする必要があります。
 ヒロシマ・ナガサキの年代の人や、原水爆実験の地域の方は被爆の恐さを伝えて下さいますし、組織もありますし、歌も文学もあります。原水禁と原水協も分裂していますが、今回の反核の選挙の足並みの乱れを見ると、おもうものがあります。
 沖縄基地や、各地の基地の地域の方は、核持ち込みの怖れや、核標的の怖れを伝えて下さいます。
 福島や、ホットスポットの地域の方は、汚染被害や避難生活の困窮を伝えて下さいます。
 自然エネルギーの開発や、普及に努められている方や団体や企業の方は、反核に賛同して下さいます。
 チェルノブイリのホットスポットの地域の方や、ドイツの緑の党の方などは、反核政治の実現への道のりを伝えて下さいます。
 原発の下請けや、核開発をされてきた方で、被爆されてきた方の、声無き話を集めて伝えねばなりません。
 反核、反核戦、反核開発、核被害、反核政治を結集した、目的と効果と期限の明確な団体が必要です。
 
 今、日中は石原にダマされて、何百億円も損をしましたが、さらに大損に拡大しそうです。
2012/12/21(Fri) 17:42 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:反核
    地下水さん

>脱原発も、反核で結集することで、より大きな力にする必要があります。

おっしゃるように、小異に拘らず反核で結集すべけでしょうね。

>原水禁と原水協も分裂

この辺りの経緯は知りませんが、原水協がソ連の核開発を認めたので原水禁が出来たと言われていますね。
それから現在でも一方は原発は認めていると聞きました。(どちらかご存知ですか?)
兎も角、反核と言ったら、原爆も原発も認めてはいけませんね。「核の平和利用」はまやかしですからね。

>反核政治を結集した、目的と効果と期限の明確な団体が必要です。

これが緑の党と言う事になりましょうか。
2012/12/23(Sun) 21:35 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。