-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-10-23 00:01
昔は、そこら辺の川の水や井戸水を飲まなければならなかったけれど、上水道が引かれて水道の水が飲めるようになりました。そして今ではペットボトルで水が売られています。飲める水を売るだけでお金になります。だから川の水が汚れても平気です。川はどんどん汚れてきました。
 昔は、子供はその辺の木の実を採ったりしておやつにしていたけれど、今ではいろんなお菓子がお店で沢山売られています。だから道端の木の実は必要ありません。どんどん伐採されて、道が拡張され、コンクリートで固められています。
 今は、お金さえあれば色んなものが簡単に手に入るようになりました。経済が成長したおかげさまで、昔は只だった物が、有料になってきています。そのおかげで商売をしてお金を儲けられます。ビジネスチャンスがあちらこちらに転がっています。水も売れます。土も売れます。石も売れます。そのうち空気も売れるでしょう。色んな物がお金になるから、さらにもっと働いてもっとお金を稼げます。そして、もっともっと物を所有できます。物をどんどん所有する為にお金を稼ぐのです。買った物を使う時間がないくらい働いてお金を稼いで物を買います。昔は資産としての価値は無かった物の所有権を現代は主張すればお金を儲けられます。物ではなくて、知的所有権などと言うものもビジネスチャンスです。色んな物に資産価値が付けられます。・・・こうしてもっとどんどん経済は成長します。・・・そしてそこにはビジネスチャンスがあちらこちらに転がっています。そう、新たなビジネスが生まれれば経済は成長するのです。
 ふと気が付くと、様々なビジネスの為にかけがえのない自然が破壊されてしまいました。・・・でも、「災い転じて福となす」です。・・破壊された自然を取り戻す為に環境再生事業をすれば、また儲けられます。ビジネスチャンスです!・・・昔はどこにでもあった里山の風景も今ではすっかり影をひそめてしまった・・・懐かしくて郷愁を誘うから、里山もこれからは十分お金になります。…ビジネスチャンスです!!
昔、只で幾らでも手に入った物が、手に入りにくくなくなったらビジネスチャンス。環境が悪化したらビジネスチャンス。困った事が起こったらビジネスチャンス・・・・。
ビジネスチャンスが多ければそれだけ経済も成長します。一石二鳥です。


以上、現代の経済活動と経済成長の構造をデフォルメして描いてみました。デフォルメとは言いましたが、現代の経済成長主義、ビジネスチャンスの本質だと考えます。上に描いた事以上に崇高な概念など何一つないでしょう。経済成長しなければ、お金はあまり儲けられないけれど、高度経済成長時代以前はお金をあまり使わなくとも暮らせる社会でした。
現代主流の経済成長主義にどっぷりと浸かった人々は、物が溢れ、何でもお金に出来る現代社会を豊かな社会と呼んでいますが、お金が無ければ暮らしていけない社会よりも、有り余る物資やお金が無くても暮らしていける社会のほうがよっぽど豊かな社会と呼ぶのにふさわしいのではないでしょうか。

 勿論、これらのビジネスチャンスには大きな犠牲を伴う事は忘れてはいけません。個人の金儲けの為に、環境に負荷が掛けられ、破壊されていくのですから、こんな事が続く筈もございません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/10/23 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

同感です
アルテミス^^
自然と共にあった時代に育った人と不自然さと共にある時代に育った人とは若干価値観や感性が違うかもしれません。

しかし、日本人のDNAに刻まれた深い部分まで染めることはないと感じます。

なぜなら、現代社会は目に入るものは、さして必要のない情報が多く、多くの人が目を晦まされたり惑わされたりして、自己の本心から欲する情報や気づきに対して中々たどり着きにくいのかな、流されやすいのかな?と感じているからです。

日本だでなく他の国に対しても当てはまりますが、方向性さえ間違えなければ、楽しく、心から豊かになれるのかも?と考える私は平和ボケしているのかな?

貧乏恐怖症
東京珈琲
子供の頃、秋になったら祖父母とその知り合いとで、山に栗拾いに行ってました。その他色んな山菜も山で採っていました。
最近、栗が食べたくてスーパーで値段見たら結構高くて買うのを諦めました。米二キロ買えるやん…と
中国の剥かれている甘栗なんか買いたくも無いし、やはり山で栗を拾えることは幸せなことです。
水だって、水道水なんて不味いから本当は飲みたくないです。市販の水は論外。山で汲んだ水や綺麗な地下水が飲みたいですよ。
だったら山で生活しろ?
誰かが所有しているため、金が要ります。
豊かな貧乏を選択したいけれど、そのためにはお金がいるってひどいです。
みんな、金が、物が欲しい。貧乏恐怖症みたいだ。

足を知る事を知らない

Re:同感です
雑草Z
    アルテミス^^さん

 いつもと違った表現の記事でしたので、受け入れて貰えるかな?と思っていましたが、記事をアップして直ぐコメント頂き、有難う御座います。

>日本人のDNAに刻まれた深い部分まで染めることはないと感じます。

そうかも知れませんが、社会のシステムが経済成長しなければ成り立たないようにえげつなく作られてしまったので、軋轢無く生きるには順応して染まるしかない様な現代社会です。こんなシステムを作り上げたのは、ビジネスチャンスで一攫千金を得、そのお金を死守し、更に増やしたいと考えている強欲な人々です。

>方向性さえ間違えなければ、楽しく、心から豊かになれるのかも?

現在その方向が間違っていて、方向転換しようにも、急流に押し流されている状態ですが、どうしましょうか?

Re:貧乏恐怖症
雑草Z
    東京珈琲さん

>子供の頃、秋になったら祖父母とその知り合いとで、山に栗拾いに行ってました。その他色んな山菜も山で採っていました。

いい経験しましたね。私は家族ではなく、友達と木の実採りをしましたね。初夏には、桑の実採りや山苺採り、蕨採り、秋には栗拾いやあけび採り・・・私は小中学校、高校は岩手県で、通学路でも、桑の実採りや栗拾いが出来ました。・・いい時代でした・・・これぞ豊かな子供時代だったと思います。

>市販の水は論外

前にも記事にしましたが、市販の水は古くなったものが多く、ちょっとした水道水よりも不味い水ばかりです。実際効き水して確かめました。・・あんな不味い水を買うのは、騙されているとしか思えません。

>山で汲んだ水

福島県には美味しい山の清水があちこちに湧いていたのですが・・・原発事故で放射能の危険性が・・・・今度、私が会津の銘水と考えている清水をアイソトープセンターで調べて貰おうと考えています。

>豊かな貧乏を選択したいけれど、そのためにはお金がいるってひどいです。

全く以てその通り。…ビジネスチャンスとばかりに何でもビジネスにしてしまった強欲な人々がそのようなシステムを作ってしまったのです。

>みんな、金が、物が欲しい。貧乏恐怖症みたいだ。

これまた全く以てその通り!・・「貧乏恐怖症」よりもしっくりする表現は、「金欠恐怖症」でしょう。

>足るを知るを知らない

"Never say never" のように上手い言い回しです。
この表現使って行きたいです。



どうしましょう・・・?
アルテミス^^
こんばんは^^

個人的には雑草さんのこの記事の内容。好きですよ♪

<現在その方向が間違っていて、方向転換しようにも、急流に押し流されている状態ですが、どうしましょうか?
ほんとですね。なかなかわかりやすい表現でごもっともと感じた次第です。急流じゃなくて激流かもです。

流されて流されて鮭のように海に出て逞しくなってから遡上しましょうか・・・?それとも流れの上に出てしまいましょうか?

いずれにしても、意識、行動の大転換が必要ということですね。
答えは・・・模索中です。

Re:どうしましょう・・・?
雑草Z
    アルテミス^^さん

 早速のお返事有難う御座います。

>急流じゃなくて激流かもです。

そうですね。その表現のほうがあってるかも。

>流されて流されて鮭のように海に出て逞しくなってから遡上しましょうか・・・?それとも流れの上に出てしまいましょうか?

そうですね。そのように「再生」が利けばいいのですが、
この場合、急流に流されて滝から落ちる先は、川や湖や海ではなくて、地の底です・・・非常に落差の大きい滝は、水も拡散して吹っ飛び、地面に叩きつけられるのです。即ち破滅を意味します。

>答えは・・・模索中です。

そうですね。ここのサイトのテーマですから簡単に答えるのは難しいですね。・・・経済成長を止めてあるレベル以下まで縮小する事が必須条件ですが、その具体的方法が問題です。




経済成長
guyver1092
 昔、経済成長に関する小話の類を読んで、非常に面白かったので、それを紹介します。(概要のみです)

 隣合った二軒の家があり、それぞれ夫婦が住んでいました。彼らは世帯の収入を増やすため、共働きを選択しました。方法は、それぞれの妻が、互いの家の家政婦として就職したのです。確かに世帯の収入は増えましたが支出も増え、可処分所得は増えませんでした。

 これに落ちがついて小話になっているのですが、経済成長の核心をついた話と思います。自給できるものを商品に置き換えるだけで経済は拡大しますが、当たり前に自給できるものまで商品にすることは無駄が拡大しているだけです。まして生存基盤を壊して商品に置き換えるなど狂気の沙汰以外の何物でもありません。

Re:経済成長
雑草Z
 経済成長主義は本当に愚かですね。ブラック・ジョークのような事が沢山まかり通っています。

>それぞれの妻が、互いの家の家政婦として就職したのです。確かに世帯の収入は増えましたが支出も増え、可処分所得は増えませんでした。

このような馬鹿げた事と本質的に変わりのない事が実社会で普通にまかり通っていますね。

>経済成長の核心をついた話

の通りですね。

>生存基盤を壊して商品に置き換えるなど狂気の沙汰以外の何物でもありません。

実際にこんな事がまかり通っているのですから、経済成長主義もどうしようもない末期状態ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
同感です
自然と共にあった時代に育った人と不自然さと共にある時代に育った人とは若干価値観や感性が違うかもしれません。

しかし、日本人のDNAに刻まれた深い部分まで染めることはないと感じます。

なぜなら、現代社会は目に入るものは、さして必要のない情報が多く、多くの人が目を晦まされたり惑わされたりして、自己の本心から欲する情報や気づきに対して中々たどり着きにくいのかな、流されやすいのかな?と感じているからです。

日本だでなく他の国に対しても当てはまりますが、方向性さえ間違えなければ、楽しく、心から豊かになれるのかも?と考える私は平和ボケしているのかな?
2012/10/23(Tue) 04:11 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
貧乏恐怖症
子供の頃、秋になったら祖父母とその知り合いとで、山に栗拾いに行ってました。その他色んな山菜も山で採っていました。
最近、栗が食べたくてスーパーで値段見たら結構高くて買うのを諦めました。米二キロ買えるやん…と
中国の剥かれている甘栗なんか買いたくも無いし、やはり山で栗を拾えることは幸せなことです。
水だって、水道水なんて不味いから本当は飲みたくないです。市販の水は論外。山で汲んだ水や綺麗な地下水が飲みたいですよ。
だったら山で生活しろ?
誰かが所有しているため、金が要ります。
豊かな貧乏を選択したいけれど、そのためにはお金がいるってひどいです。
みんな、金が、物が欲しい。貧乏恐怖症みたいだ。

足を知る事を知らない
2012/10/23(Tue) 18:42 | URL  | 東京珈琲 #JalddpaA[ 編集]
Re:同感です
    アルテミス^^さん

 いつもと違った表現の記事でしたので、受け入れて貰えるかな?と思っていましたが、記事をアップして直ぐコメント頂き、有難う御座います。

>日本人のDNAに刻まれた深い部分まで染めることはないと感じます。

そうかも知れませんが、社会のシステムが経済成長しなければ成り立たないようにえげつなく作られてしまったので、軋轢無く生きるには順応して染まるしかない様な現代社会です。こんなシステムを作り上げたのは、ビジネスチャンスで一攫千金を得、そのお金を死守し、更に増やしたいと考えている強欲な人々です。

>方向性さえ間違えなければ、楽しく、心から豊かになれるのかも?

現在その方向が間違っていて、方向転換しようにも、急流に押し流されている状態ですが、どうしましょうか?
2012/10/23(Tue) 19:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:貧乏恐怖症
    東京珈琲さん

>子供の頃、秋になったら祖父母とその知り合いとで、山に栗拾いに行ってました。その他色んな山菜も山で採っていました。

いい経験しましたね。私は家族ではなく、友達と木の実採りをしましたね。初夏には、桑の実採りや山苺採り、蕨採り、秋には栗拾いやあけび採り・・・私は小中学校、高校は岩手県で、通学路でも、桑の実採りや栗拾いが出来ました。・・いい時代でした・・・これぞ豊かな子供時代だったと思います。

>市販の水は論外

前にも記事にしましたが、市販の水は古くなったものが多く、ちょっとした水道水よりも不味い水ばかりです。実際効き水して確かめました。・・あんな不味い水を買うのは、騙されているとしか思えません。

>山で汲んだ水

福島県には美味しい山の清水があちこちに湧いていたのですが・・・原発事故で放射能の危険性が・・・・今度、私が会津の銘水と考えている清水をアイソトープセンターで調べて貰おうと考えています。

>豊かな貧乏を選択したいけれど、そのためにはお金がいるってひどいです。

全く以てその通り。…ビジネスチャンスとばかりに何でもビジネスにしてしまった強欲な人々がそのようなシステムを作ってしまったのです。

>みんな、金が、物が欲しい。貧乏恐怖症みたいだ。

これまた全く以てその通り!・・「貧乏恐怖症」よりもしっくりする表現は、「金欠恐怖症」でしょう。

>足るを知るを知らない

"Never say never" のように上手い言い回しです。
この表現使って行きたいです。

2012/10/23(Tue) 19:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
どうしましょう・・・?
こんばんは^^

個人的には雑草さんのこの記事の内容。好きですよ♪

<現在その方向が間違っていて、方向転換しようにも、急流に押し流されている状態ですが、どうしましょうか?
ほんとですね。なかなかわかりやすい表現でごもっともと感じた次第です。急流じゃなくて激流かもです。

流されて流されて鮭のように海に出て逞しくなってから遡上しましょうか・・・?それとも流れの上に出てしまいましょうか?

いずれにしても、意識、行動の大転換が必要ということですね。
答えは・・・模索中です。
2012/10/24(Wed) 21:55 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:どうしましょう・・・?
    アルテミス^^さん

 早速のお返事有難う御座います。

>急流じゃなくて激流かもです。

そうですね。その表現のほうがあってるかも。

>流されて流されて鮭のように海に出て逞しくなってから遡上しましょうか・・・?それとも流れの上に出てしまいましょうか?

そうですね。そのように「再生」が利けばいいのですが、
この場合、急流に流されて滝から落ちる先は、川や湖や海ではなくて、地の底です・・・非常に落差の大きい滝は、水も拡散して吹っ飛び、地面に叩きつけられるのです。即ち破滅を意味します。

>答えは・・・模索中です。

そうですね。ここのサイトのテーマですから簡単に答えるのは難しいですね。・・・経済成長を止めてあるレベル以下まで縮小する事が必須条件ですが、その具体的方法が問題です。


2012/10/25(Thu) 06:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
経済成長
 昔、経済成長に関する小話の類を読んで、非常に面白かったので、それを紹介します。(概要のみです)

 隣合った二軒の家があり、それぞれ夫婦が住んでいました。彼らは世帯の収入を増やすため、共働きを選択しました。方法は、それぞれの妻が、互いの家の家政婦として就職したのです。確かに世帯の収入は増えましたが支出も増え、可処分所得は増えませんでした。

 これに落ちがついて小話になっているのですが、経済成長の核心をついた話と思います。自給できるものを商品に置き換えるだけで経済は拡大しますが、当たり前に自給できるものまで商品にすることは無駄が拡大しているだけです。まして生存基盤を壊して商品に置き換えるなど狂気の沙汰以外の何物でもありません。
2012/10/26(Fri) 22:24 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:経済成長
 経済成長主義は本当に愚かですね。ブラック・ジョークのような事が沢山まかり通っています。

>それぞれの妻が、互いの家の家政婦として就職したのです。確かに世帯の収入は増えましたが支出も増え、可処分所得は増えませんでした。

このような馬鹿げた事と本質的に変わりのない事が実社会で普通にまかり通っていますね。

>経済成長の核心をついた話

の通りですね。

>生存基盤を壊して商品に置き換えるなど狂気の沙汰以外の何物でもありません。

実際にこんな事がまかり通っているのですから、経済成長主義もどうしようもない末期状態ですね。
2012/10/27(Sat) 10:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。