-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-10-17 00:01
~税金の使われ方から増税を考える~

震災復興予算19兆円のとんでもない転用が続々と出て国民の怒りを買っています。コンタクトレンズメーカー・メニコンの岐阜工場の製造ライン増設とか、防衛省が自衛隊輸送機の購入にあてたりとか、アジア太平洋地域などの高校生、大学生を招いての交流会の費用だとか、およそ被災地の復興に直接関係の無いでたらめな事業が5000ほどもあるからです。
とんでもない転用の予算案を出した省庁やそれを容認した財務省の官僚達は
『復興増税法には被災地の復興及び「日本の再生のため」と書いてある。これらは転用ではなく「日本の再生」のために使われたので、問題はない。』などと、しらっと、答えて居直っています。このように酷い復興予算を、恥ずかしくもなく要求して、平然としている官僚達が予算を編成しているのですから、日本の税制は出鱈目もいいところでしょう。このままではこの手の官僚達に日本は潰されてしまうでしょう。
震災の復興には、それでなくとも膨大な費用がかかるのに、「経済活性化」、「日本の再生」のためと言う建前のもと、大企業などに儲けさせる為に予算を転用しているのです。
税金を大量に投入する場所に利権が発生し、そこに大企業が群がって、税金を貪る・・・という構造です。各省庁は、どさくさに紛れて災害復興予算を要求し、それぞれの利権団体にばら撒いているのです。今回のとんでも復興予算は、完全に本末転倒してしまって、明らかに被災者以外の人々の利権を作り出しているのです。
これらの震災復興予算の出鱈目な使い途は、国民の大きな怒りを買っていますが、実はこれが現代日本の税金の使われ方の典型例でしょう。つまり、本来の目的の為の費用に何倍も上乗せして、予算を請求し、景気対策と称して、大企業などに税金がばら撒かれているのです。増税によって、パーキンソンの法則よろしく、各省庁の下部組織やわけのわからない法人もどんどん増え、その組織の維持の為にまた税金を増やすと言うスパイラルを作りだしています。
小さな政府のほうが、必ずしも理想だとは思いませんが、現在の日本政府の税の使い方を見る限り、小さな政府のほうが遥かにましだと思うのは私だけではないでしょう。
税金を投入されるから、不要な産業が作られ巨大化されていくのです。その典型例が原発です。税金の投入が無ければ、原発は日本に出来る事は無かったでしょう。そしてこれからでも、税金の投入を止めれば、原発を維持する事は困難になり止めざるを得なくなるでしょう。原発だけではありません。不要な道路、ダム、護岸工事のような仕事が税金の投入によって成り立っているのです。つまり、税金によって必要のない産業が支えられているのです。
これらの不必要な産業は、不必要なだけではなく、税金の投入によって、環境に大きく負荷を掛けて環境破壊を産み出し、文明を崩壊に導いているのです。
現在の利権構造のままで増税すれば、税金は本来の目的以上に利権団体の組織拡大や大企業、グローバル企業の為に使われる事でしょう。税金が強者の経済の膨張の為に使われるのです。膨らみ過ぎた経済を縮小する為には、税金も縮小しなければなりません。だから消費税増税なんて以ての外です。その意味で増税に反対します。増税どころか、減税をして、経済の縮小化を図る事が、現在の日本に必要な事でしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/10/17 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

予算編成
guyver1092
 官僚組織の目的は、経済成長をさせ、日本を豊かにすることでした。ただこの政策が日本人の幸福増進に役立っていたのは1960年代まででしょう。それ以後は、経済成長させること自体が目的となり、不幸な日本人が次第に増える結果となっています。これからは経済成長を目指せば目指すほど日本により大きな不幸が訪れるでしょう。
 官僚組織と官僚に経済成長政策を取らせる勢力は、文明崩壊を目指す推進力です。(彼らのつもりは幸福を目指しているのでしょうが) 文明の暴走とは、止められないから暴走というそうですが、国民の運動でこれらを止めることが出来れば、まだ、現代文明は暴走していないと言えるかもしれませんね。

Re:予算編成
雑草Z
>それ以後は、経済成長させること自体が目的となり、不幸な日本人が次第に増える結果となっています。

経済成長しないと破綻する経済の仕組みを作ってしまって、それに縛られている現在社会は、昔の様々な迷信よりも遥かに愚かだと思います。

>これからは経済成長を目指せば目指すほど日本により大きな不幸が訪れるでしょう。

何故、こんな簡単な事に多くの人が気が付かないのでしょうか?・・・経済成長は、現代の「迷信」ですね。


>国民の運動でこれらを止めることが出来れば、まだ、現代文明は暴走していないと言えるかもしれませんね。

難しい事ですが、そこに希望を見出せればいいですね。


宗門人別改め帖in土建業
環境大学新聞
94年春から上場ゼネコン等の防水元請会社の営業として若宮桃園信濃守太子家
第41代目糸屋葛野守太子大里陛下(若宮、主権者/太子大里=身分、日本皇族=民族/昭和37年生)
待機電力の削減やマテリアル・リサイクルに産業廃棄物の削減に依る
現場利潤の向上と温室効果ガス(CO2ナド)削減や
公共工事以外では大型開発工事でも御座成な契約現場への施工要領書の提出に
下請(会社・個人事業主)に対する注文書(請書)の発行と受取に下ずく出来高査定支払に
注文書(請書)の発行と受取や基本取引契約書の締結に下ずく出来高査定支払に出面月極支払
契約現場などで職長間や作業員の労務請負常用(日雇)雇用
(日本の建設現場で現実的なワークシェアー)
躯体(設備)工事からサッシ(ガラス)、左官、タイル・塗装、防水工事迄の一体化と標準化に取組

94年晩秋頃には柏市教育委員会後援の下に環境大学新聞頒布地域限定で開講した=森の講座=で
東京水産試験場の加藤氏や自然環境研究センターの千石氏と
博士山ブナを守る会々長の菅家氏に由る記念講座から受講されている
省庁に都と皇宮や赤旗・聖教・リビングの代表や宗教から上場ゼネコン等の代表と
行幸された数カ国の大里と2人の内裏(内親王皇后)と長王子と
天皇、皇長子、皇太子(長皇子)、親王、内親王と王、王子と
2人の皇后(日本民族、地士ト平民)、后(日本民族以外、平民以上)、皇爵士(日本民族以外、平民以上)、
妃(日本民族等、平民以上)、爵士(日本民族以外、平民以上)や
北朝鮮、大韓民国、台湾を除く外国々家代表(提督、大統領、議長、主席ナド国家元首=主権者)等や
全権特命大使や全権特命公使に総領事等と大使館付部隊長、駐在武官に在日米軍、在韓米軍、GHQ司令官等

1人の賤民内親王(賤民日本皇族=民族)、
皇太子賤民妃(賤民朝鮮籍=民族身分)1人、賤民妃(賤民朝鮮籍=同)1人に

企画委員会事務局長として特別講座で
北朝鮮、大韓民国、台湾を除く発券銀行、再保険会社等の外国金融機関と東京支店や
ILO、労働基準監督署、労政事務所等と取組み杉並区で扱った行倒保護の手法や
連鎖倒産防止問題と不正競争防止問題等と
糸屋(呉服)の売出の件に糸屋安全衛生協議会の発足に伴う祭事(催事)の件と
ISO9000問題に建設現場で取組でいる問題等を話た事も有
上場/大手建設会社は下より上場/大手設計会社や上場/大手開発会社に国・地方・公団と
大韓民国、台湾を除く外国施設(大使館・基地)からISO認定機関まで
会計方法等の手法を含め直接・間接の特許の認識と確認や検証と確立が出来上っていて

94年春頃から糸屋が飛地領主として企画委員会、実行委員会事務局長として
又、荘園時代から代々守る草薙の剣等からジューネーブ条約等に
葛野藩家訓律令・法度、天皇家法度、親王家(分家)法度、国際庄屋組法度、国別5人組法度、
庄屋組法度、5人組法度、海外5人組法度、国際5人組法度等から皇室典範等に下ずき

若宮様、(若子様)、御子様・皇子様ご誕生に礼式に合せて明治以前に組織した
葛野藩国際庄屋組講は環境大学新聞と森の講座の企画委員会と実行委員会事務局として
国別5人組講と庄屋組、5人組、海外5人組は
維新後直に結成した庄屋組講・5人組講と海外5人組講を兼務して国際5人組講と共に
環境大学新聞と森の講座の企画委員会と実行委員会として
読者等で組織した環境大学新聞企画森の講座実行委員会とは別に
94年春頃から松戸市等で発刊した環境大学新聞は96年晩秋頃には3万6千部に成っていました。



昭和20年迄は日本の戸籍、旅券も国際標準で民族・身分欄が有
君主国家に相応しく
昭和22年迄は主権者(皇族や国家元首/皇太子賤民妃等を除く)に対する罪(大逆・不敬)も
有ったのを憶ていますか。


天皇陛下は世界中の主権者(若宮ト大里ト王や提督、大統領ナド国家元首)は権利として
兵役義務の有る国は兵役と納税義務等の義務有る市民は義務として
献血、臍帯血を行った人々の功績に藍綬褒章を叙されのは
明治元年から変っていず
其の後独立した国々の主権者(議長、主席ナド)も良く知っているのを御存知ですか。


=民族に平民以上か移民と賤民、賤民朝鮮籍等が分無い国は存在しない筈です=

Re: 宗門人別改め帖in土建業
雑草Z
    環境大学新聞 さん

 この記事に対して何を言いたいのか分かりません。ただのスパムコメントと言う認識です。少し前の記事に、別名で同じようなコメントを貼り付けましたね。記事の内容に対するコメントで無いようなので削除しましたが、記事の内容に関係のあるのならご説明を。
当方がまともと考える理由が無ければまた削除するかも知れません。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
予算編成
 官僚組織の目的は、経済成長をさせ、日本を豊かにすることでした。ただこの政策が日本人の幸福増進に役立っていたのは1960年代まででしょう。それ以後は、経済成長させること自体が目的となり、不幸な日本人が次第に増える結果となっています。これからは経済成長を目指せば目指すほど日本により大きな不幸が訪れるでしょう。
 官僚組織と官僚に経済成長政策を取らせる勢力は、文明崩壊を目指す推進力です。(彼らのつもりは幸福を目指しているのでしょうが) 文明の暴走とは、止められないから暴走というそうですが、国民の運動でこれらを止めることが出来れば、まだ、現代文明は暴走していないと言えるかもしれませんね。
2012/10/17(Wed) 21:19 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:予算編成
>それ以後は、経済成長させること自体が目的となり、不幸な日本人が次第に増える結果となっています。

経済成長しないと破綻する経済の仕組みを作ってしまって、それに縛られている現在社会は、昔の様々な迷信よりも遥かに愚かだと思います。

>これからは経済成長を目指せば目指すほど日本により大きな不幸が訪れるでしょう。

何故、こんな簡単な事に多くの人が気が付かないのでしょうか?・・・経済成長は、現代の「迷信」ですね。


>国民の運動でこれらを止めることが出来れば、まだ、現代文明は暴走していないと言えるかもしれませんね。

難しい事ですが、そこに希望を見出せればいいですね。
2012/10/18(Thu) 21:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
宗門人別改め帖in土建業
94年春から上場ゼネコン等の防水元請会社の営業として若宮桃園信濃守太子家
第41代目糸屋葛野守太子大里陛下(若宮、主権者/太子大里=身分、日本皇族=民族/昭和37年生)
待機電力の削減やマテリアル・リサイクルに産業廃棄物の削減に依る
現場利潤の向上と温室効果ガス(CO2ナド)削減や
公共工事以外では大型開発工事でも御座成な契約現場への施工要領書の提出に
下請(会社・個人事業主)に対する注文書(請書)の発行と受取に下ずく出来高査定支払に
注文書(請書)の発行と受取や基本取引契約書の締結に下ずく出来高査定支払に出面月極支払
契約現場などで職長間や作業員の労務請負常用(日雇)雇用
(日本の建設現場で現実的なワークシェアー)
躯体(設備)工事からサッシ(ガラス)、左官、タイル・塗装、防水工事迄の一体化と標準化に取組

94年晩秋頃には柏市教育委員会後援の下に環境大学新聞頒布地域限定で開講した=森の講座=で
東京水産試験場の加藤氏や自然環境研究センターの千石氏と
博士山ブナを守る会々長の菅家氏に由る記念講座から受講されている
省庁に都と皇宮や赤旗・聖教・リビングの代表や宗教から上場ゼネコン等の代表と
行幸された数カ国の大里と2人の内裏(内親王皇后)と長王子と
天皇、皇長子、皇太子(長皇子)、親王、内親王と王、王子と
2人の皇后(日本民族、地士ト平民)、后(日本民族以外、平民以上)、皇爵士(日本民族以外、平民以上)、
妃(日本民族等、平民以上)、爵士(日本民族以外、平民以上)や
北朝鮮、大韓民国、台湾を除く外国々家代表(提督、大統領、議長、主席ナド国家元首=主権者)等や
全権特命大使や全権特命公使に総領事等と大使館付部隊長、駐在武官に在日米軍、在韓米軍、GHQ司令官等

1人の賤民内親王(賤民日本皇族=民族)、
皇太子賤民妃(賤民朝鮮籍=民族身分)1人、賤民妃(賤民朝鮮籍=同)1人に

企画委員会事務局長として特別講座で
北朝鮮、大韓民国、台湾を除く発券銀行、再保険会社等の外国金融機関と東京支店や
ILO、労働基準監督署、労政事務所等と取組み杉並区で扱った行倒保護の手法や
連鎖倒産防止問題と不正競争防止問題等と
糸屋(呉服)の売出の件に糸屋安全衛生協議会の発足に伴う祭事(催事)の件と
ISO9000問題に建設現場で取組でいる問題等を話た事も有
上場/大手建設会社は下より上場/大手設計会社や上場/大手開発会社に国・地方・公団と
大韓民国、台湾を除く外国施設(大使館・基地)からISO認定機関まで
会計方法等の手法を含め直接・間接の特許の認識と確認や検証と確立が出来上っていて

94年春頃から糸屋が飛地領主として企画委員会、実行委員会事務局長として
又、荘園時代から代々守る草薙の剣等からジューネーブ条約等に
葛野藩家訓律令・法度、天皇家法度、親王家(分家)法度、国際庄屋組法度、国別5人組法度、
庄屋組法度、5人組法度、海外5人組法度、国際5人組法度等から皇室典範等に下ずき

若宮様、(若子様)、御子様・皇子様ご誕生に礼式に合せて明治以前に組織した
葛野藩国際庄屋組講は環境大学新聞と森の講座の企画委員会と実行委員会事務局として
国別5人組講と庄屋組、5人組、海外5人組は
維新後直に結成した庄屋組講・5人組講と海外5人組講を兼務して国際5人組講と共に
環境大学新聞と森の講座の企画委員会と実行委員会として
読者等で組織した環境大学新聞企画森の講座実行委員会とは別に
94年春頃から松戸市等で発刊した環境大学新聞は96年晩秋頃には3万6千部に成っていました。



昭和20年迄は日本の戸籍、旅券も国際標準で民族・身分欄が有
君主国家に相応しく
昭和22年迄は主権者(皇族や国家元首/皇太子賤民妃等を除く)に対する罪(大逆・不敬)も
有ったのを憶ていますか。


天皇陛下は世界中の主権者(若宮ト大里ト王や提督、大統領ナド国家元首)は権利として
兵役義務の有る国は兵役と納税義務等の義務有る市民は義務として
献血、臍帯血を行った人々の功績に藍綬褒章を叙されのは
明治元年から変っていず
其の後独立した国々の主権者(議長、主席ナド)も良く知っているのを御存知ですか。


=民族に平民以上か移民と賤民、賤民朝鮮籍等が分無い国は存在しない筈です=
2012/10/21(Sun) 11:02 | URL  | 環境大学新聞 #/.OuxNPQ[ 編集]
Re: 宗門人別改め帖in土建業
    環境大学新聞 さん

 この記事に対して何を言いたいのか分かりません。ただのスパムコメントと言う認識です。少し前の記事に、別名で同じようなコメントを貼り付けましたね。記事の内容に対するコメントで無いようなので削除しましたが、記事の内容に関係のあるのならご説明を。
当方がまともと考える理由が無ければまた削除するかも知れません。
2012/10/21(Sun) 18:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。