-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-09-17 00:11
3.11以前、政府が主催する原発に関する公聴会の類は、ほとんどがやらせであり、原発推進の「結論ありき」であった事は、殆どの人が認めるところです。そしてこれほど深刻な原発震災が起こってしまった3.11以後、政府の方針は変わると思いきや、その体質は殆ど変わっていません。呆れる事に、いまだに原発生き残りの画策に明けくれています。

原発震災発生から1年以上が経った7月に行われたエネルギー・環境の選択に関する意見聴取会も、何とか少しでも原発の延命を図ろうとあの手この手のペテンを行いました。
 この意見聴取会は、事前に入札にかけられ、博報堂が7854万円で落札しました。博報堂はこれまでずっと電力会社の広告で甘い汁を吸ってきた大手広告代理店の一つです。中立性を保てる筈もありません。・・余談ですが、そもそもこんなものは外注などせずに経済産業省・資源エネルギー庁の官僚が自分たちでやるべき事でしょう。税金の無駄遣いもいいところです・・・政府が注文を付けたのか、博報堂が、経済産業省や電力会社の思惑を図って意を汲んだのかは知りませんが、2重の罠を仕組んでいました。
先ず、原発依存の比率の選択肢は、①0% , ②15% , ③20~25% の3択でした。政府と博報堂は、落としどころを3.11以前よりは依存度の低い(「依存」と言う言葉は間違いですが・・)15%に持ってこようと画策したのでしょう。これまでの依存率の公称値30%の半分15% の選択肢を真ん中に入れておけば、極端な、①0%を選ばずに、②15%を選ぶ人が増えるだろうと言う誘導の意味があったのでしょう。「読み」がかなり甘かったようです。
しかし一方、博報堂はもう一つ「仕掛け」をしていました。それは「2030の全電力に占める原発の割合について国民の声を聴く」と言う前提です。これでは、たとえ①0% シナリオを選んだとしても2030年まで原発を動かしてもいいと言う事になってしまいます。原発に関して、そんな20年も先の事を論じてもあまり意味がないでしょう。どうせ現政権ももう直ぐ幕を閉じます。2030年ではなく、直近の今年後半の事とか来年2013年の事を問うべきです。そしてもっと具体的に、現在止まっている原発の再稼働について、問うほうが、よっぽど有効でしょう。(・・勿論原子力ムラの一員の政府にとっては都合が悪い事でしょう・・。)
① 全機再稼働させない , ②安全で新しいものだけ再稼働させる , ③全炉再稼働 
のような選択肢にするべきでした。それでも①全機再稼働させない を選ぶ人が、過半数を超えた事でしょう・・・と言うよりも 2030年に ①0% を選んだ大部分の人は、
今現在でも ①全炉再稼働させない を選んだ事でしょう。
つまり、この意見聴取会は、①0% , ②15% , ③20~25% と言う3つのシナリオと、2030年と言う見え見えのダブルのトリックがあったのです。そして、最悪の場合でも・・どう転んでも、2030年までのおよそ20年間は、原発を稼働させる意図でやったのでしょう。そんな博報堂も政府も最低です。博報堂は、現政権と共に潰れて欲しいものです・・。
それから、もう一つ勘繰っている事は、「原発依存の比率の選択肢」と言う曖昧な表現です。
前提として、「全使用電力に於ける」と記されていないので、後から「全エネルギーにおける割合」とでも言われたら、②15% でも 電力に占める割合は現在の公称の割合30%と余り変わりません。

この罠だらけの、エネルギー・環境の選択に関する意見聴取会 で、やっと民意の脱原発の意思の強さを知った野田政権は、8月末に予定していた「2030年の原発割合を定める新たなエネルギー政策の策定」を先送りし、9月半ばに、「2030年代に原発稼働ゼロを可能とする」との目標を掲げた新たなエネルギー戦略を決めました。脱電発を掲げないと選挙で大敗すると悟ったのでしょう。
しかし、この『脱原発宣言』も罠ばかりでした。2030年から「2030年代」に変更しました。これは「2030年代の終わりまでには」と言う事と同じですから、実質「2040年には」と変わりありません。更に「脱原発を可能にする」と言う表現は、馬鹿にし過ぎです。まやかし以外の何ものでもないでしょう。何故なら、今現在でも脱原発は十分に可能だからです。もう原発が必要ない事は多くのデータから明らかで、十分に実証もされています。
今回の野田内閣の脱原発宣言は、2040年前までは全54機を全て動かしても構わないと言う事と変わりないでしょう。一応3原則として、
(1) 運転を40年に制限 (2)安全が確認された原発のみ再稼働 (3)新増設はしない
と挙げられていますが、現在作られようとしている 委員長を始め、原子力ムラの出身者で固められたどうしようもない原子力規制委員会では、幾らでもペテンが出来ます。
おまけに現在建設中の青森県東通原発や大間原発などの工事の続行も認められました。大間原発が予定通り2014年に運転開始しても、40年後は2054年です。2040年時点で、「止めるのは可能だが、経済の為に動かす」・・・とも言えるのです。
 野田政権はこの期に及んでも、電事連や経団連の忠実な犬であり続ける事を優先しているようです。政府として初めて(・・やっと・・)『脱原発』を宣言したものの、政府民主党の実体はいまだに「推進派」にしか見えません。。出来るだけ長く、多くの原発の延命を図ろうと躍起なのですから、お話になりません・・。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/09/17 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

選挙のための罠
guyver1092
 政府の原発政策は、一年以内にある総選挙のための罠でしょうね。「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策に感じます。
 自民の総裁選挙で、すべての候補者が原発推進と言ったようですね。原発推進派である財界にすり寄ってもう一度政権与党をという魂胆でしょうね。国民がどこまで賢いかが問われる選挙ですね。やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと、日本は死の灰に埋もれる可能性が高いですね。

Re:選挙のための罠
雑草Z
お気づきかと思いますが、今回の記事は、一つ前の記事【原発の知識と賛否の相関関係】へのguyver1092 さんのコメント 
>推進派
>私の価値判断基準からすると、政府方針は立派な原子力推進政策

に対するアンサー記事でもあります。ただ、この期に及んでも、政府の読みは甘過ぎますね!?
>「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策

の積りでしょうが、大多数の再稼働反対の脱原発派は、

>2030年代に原発稼働ゼロを可能とする
では、納得しないでしょう。
これじゃあ、地に落ちた現政権の支持率回復は無理でしょう。更に本日民主党は脱原発政策も白紙撤回するかもしれないとぶれています。経団連や電事連の支持が他の多数の国民の支持よりも大切なようです。かなり洗脳されて、理性が働かず、潮流も読めないようです。

>やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと

そうですね。自民党も民主党もしっかりした脱原発は望めませんね。新勢力の台頭がし易くなっているのではないでしょうか?

原発政策
guyver1092
 yahoo!ニュースで、原子力規制委員人事、原発依存度ゼロを目指す等のニュースのコメントを見る限りは、政府の魂胆を見破っている意見ばかりでしたので、政府の読みは甘かったようにも思いますが、過去の消費税導入等の国民が騙された経緯を思い出す限り、わたしは安心できないのです。まして、自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外のようですので、二重の意味で不安を感じています。

Re:原発政策
雑草Z
なるほど、

>政府の魂胆を見破っている意見ばかり

でも、

>自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外

と言う事ですね。了解致しました。これは、御用マスコミを通しての経団連やアメリカの「教育=洗脳」の賜物でしょうね。
 しかし、この、アメリカ流自由主義、換言すると、独占資本帝国主義が、強欲な人々の為に作られた不平等システムである事に気が付いている人は多いわけですから、各地で反乱が起こっています。氾濫が大きくならない為に「貧しく忙しく、そして愚民化」の政策で、「現体制維持」を図っているのは、資本主義国家も(似非)社会主義国家も一緒ですね。どの国がこの体制を打ち破るでしょうか?・・・ラテンアメリカはどうでしょう??

Re:「教育=洗脳」
guyver1092
 この「教育=洗脳」の呪縛を破らない限り、日本の未来は文明崩壊への一本道しかないという事態になるでしょうね。当然、全世界でも各国政府が、それぞれの財界と一体になって「教育=洗脳」しているでしょうから、世界中でも同じでしょうね。
 洗脳を打ち破った国はこの地球上にあるのでしょうか。ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事がありますし。

Re:Re:「教育=洗脳」
雑草Z
この頃つくづく考える事は、現代の主義や価値観が、昔よりも優れてはいないと言う事です。地球の大きさや限界などを知るようになった現代人が、切りがない拡大再生産を是とする経済成長主義を推進するとは、何と愚かな事でしょう?・・江戸時代の人もそれ以前の古代の人も、そんなことやったら危険な事は感覚として認識していたのではないかと思います。現代人もそれが分かっている人も沢山いるのに、経済成長、資本主義に翻弄されています。財閥や資本家と言った種類の人間が、生態系の事よりもお金を大切にして、最も愚かで強欲なのかもしれません。世界は、人間の中でも最も愚かで利己主義の人々に動かされているように感じます。
「善良な市民」と言う言葉は、美化され過ぎですが、一般のそれほど悪くない人々は、資本家や財閥の作った不公平な流れに身を任せている状態です。

>ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事があります

「人間の性」と言えるのでしょうか??地球の有限性をしっかり認識し、指数関数的増加の恐ろしさ、破局性をしっかり把握するべきですね。基本です。

どこの社会でも欲に目がくらむ人はいます。・・というよりも、金持ちを美化したり、搾取型資本主義を「是」とする社会である限り、「やった者勝ち」ですね。「金持ちはずるい=よくない」と言った共通認識が必要かもしれません。

福一は政府の失敗です
地下水
 「福一は政府の失敗です。」
 緑の風が国会質問をするのを見て泣きました。
 なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのかと思いました。


 「福一は政府の…」 、さて…
ST
“政府”とは推進した政府、即ち「自民党」と解釈してもいいのでしょうか? それとそれを支持し続けた「国民自体」もその一翼を間接的に担ってたと拡大して解釈していいのか?
とすれば「やや自業自得気味」になってしまうのですがね…
うーんその時の言葉に「当時推進を続けた」と言う言葉は挟まってはいなかったのですかね… いたとしたら直接「自民党の大チョンボ」を痛烈に批判し、責任を問う言葉ですね。

Re:福一は政府の失敗です
雑草Z
    地下水さん

いつも遡って関連のある記事を探してのコメント有難う御座います。

>なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのか

やはり、話し方は重要ですね。分かりやすく、そして説得力が無ければなりません。どこまでを自明として、どこから説明するかによって人を惹きつけられるか否かが決まります。重要な要素です。しかし話す相手に拠っても評価が大きく変わります。
私は自分自身、最近反原発の話が上手くないなと感じています。話は出尽くしたような感じで、どこから話すべきか決まらないからです。
脱原発にこそ『理』があるのですから、あとはしっかり伝えてより多くの人の理解を得る事でしょう。

 その緑の風の国会質問を見てみたかったと思います。


Re:「福一は政府の…」 、さて…
雑草Z
    STさん

このお答えは、地下水さんがされるのが妥当と思いましたので昨日はお返事しませんでしたが、簡単に私の思うところを書かせて頂きます。

一般の国民、特に原発に反対を表明していた人達は

>「やや自業自得気味」

になるのは避けるべきだと考えます。
反原発の雄、小出裕章さんも、原発を廃止出来なかった事に責任を感じている旨をよく発言されますが、これは推進派を助長させてしまいます。みんなで推進して来たから、何が起こっても全て我々(全国民)が悪い・・・では、モラルハザードも甚だしいと思います。やはり、推進派の責任はしっかり個人レベルで追及すべきです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
選挙のための罠
 政府の原発政策は、一年以内にある総選挙のための罠でしょうね。「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策に感じます。
 自民の総裁選挙で、すべての候補者が原発推進と言ったようですね。原発推進派である財界にすり寄ってもう一度政権与党をという魂胆でしょうね。国民がどこまで賢いかが問われる選挙ですね。やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと、日本は死の灰に埋もれる可能性が高いですね。
2012/09/18(Tue) 19:53 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:選挙のための罠
お気づきかと思いますが、今回の記事は、一つ前の記事【原発の知識と賛否の相関関係】へのguyver1092 さんのコメント 
>推進派
>私の価値判断基準からすると、政府方針は立派な原子力推進政策

に対するアンサー記事でもあります。ただ、この期に及んでも、政府の読みは甘過ぎますね!?
>「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策

の積りでしょうが、大多数の再稼働反対の脱原発派は、

>2030年代に原発稼働ゼロを可能とする
では、納得しないでしょう。
これじゃあ、地に落ちた現政権の支持率回復は無理でしょう。更に本日民主党は脱原発政策も白紙撤回するかもしれないとぶれています。経団連や電事連の支持が他の多数の国民の支持よりも大切なようです。かなり洗脳されて、理性が働かず、潮流も読めないようです。

>やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと

そうですね。自民党も民主党もしっかりした脱原発は望めませんね。新勢力の台頭がし易くなっているのではないでしょうか?
2012/09/19(Wed) 21:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
原発政策
 yahoo!ニュースで、原子力規制委員人事、原発依存度ゼロを目指す等のニュースのコメントを見る限りは、政府の魂胆を見破っている意見ばかりでしたので、政府の読みは甘かったようにも思いますが、過去の消費税導入等の国民が騙された経緯を思い出す限り、わたしは安心できないのです。まして、自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外のようですので、二重の意味で不安を感じています。
2012/09/20(Thu) 22:56 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:原発政策
なるほど、

>政府の魂胆を見破っている意見ばかり

でも、

>自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外

と言う事ですね。了解致しました。これは、御用マスコミを通しての経団連やアメリカの「教育=洗脳」の賜物でしょうね。
 しかし、この、アメリカ流自由主義、換言すると、独占資本帝国主義が、強欲な人々の為に作られた不平等システムである事に気が付いている人は多いわけですから、各地で反乱が起こっています。氾濫が大きくならない為に「貧しく忙しく、そして愚民化」の政策で、「現体制維持」を図っているのは、資本主義国家も(似非)社会主義国家も一緒ですね。どの国がこの体制を打ち破るでしょうか?・・・ラテンアメリカはどうでしょう??
2012/09/22(Sat) 10:29 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:「教育=洗脳」
 この「教育=洗脳」の呪縛を破らない限り、日本の未来は文明崩壊への一本道しかないという事態になるでしょうね。当然、全世界でも各国政府が、それぞれの財界と一体になって「教育=洗脳」しているでしょうから、世界中でも同じでしょうね。
 洗脳を打ち破った国はこの地球上にあるのでしょうか。ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事がありますし。
2012/09/24(Mon) 22:47 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:「教育=洗脳」
この頃つくづく考える事は、現代の主義や価値観が、昔よりも優れてはいないと言う事です。地球の大きさや限界などを知るようになった現代人が、切りがない拡大再生産を是とする経済成長主義を推進するとは、何と愚かな事でしょう?・・江戸時代の人もそれ以前の古代の人も、そんなことやったら危険な事は感覚として認識していたのではないかと思います。現代人もそれが分かっている人も沢山いるのに、経済成長、資本主義に翻弄されています。財閥や資本家と言った種類の人間が、生態系の事よりもお金を大切にして、最も愚かで強欲なのかもしれません。世界は、人間の中でも最も愚かで利己主義の人々に動かされているように感じます。
「善良な市民」と言う言葉は、美化され過ぎですが、一般のそれほど悪くない人々は、資本家や財閥の作った不公平な流れに身を任せている状態です。

>ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事があります

「人間の性」と言えるのでしょうか??地球の有限性をしっかり認識し、指数関数的増加の恐ろしさ、破局性をしっかり把握するべきですね。基本です。

どこの社会でも欲に目がくらむ人はいます。・・というよりも、金持ちを美化したり、搾取型資本主義を「是」とする社会である限り、「やった者勝ち」ですね。「金持ちはずるい=よくない」と言った共通認識が必要かもしれません。
2012/09/25(Tue) 06:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
福一は政府の失敗です
 「福一は政府の失敗です。」
 緑の風が国会質問をするのを見て泣きました。
 なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのかと思いました。
2013/02/06(Wed) 13:10 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
 「福一は政府の…」 、さて…
“政府”とは推進した政府、即ち「自民党」と解釈してもいいのでしょうか? それとそれを支持し続けた「国民自体」もその一翼を間接的に担ってたと拡大して解釈していいのか?
とすれば「やや自業自得気味」になってしまうのですがね…
うーんその時の言葉に「当時推進を続けた」と言う言葉は挟まってはいなかったのですかね… いたとしたら直接「自民党の大チョンボ」を痛烈に批判し、責任を問う言葉ですね。
2013/02/06(Wed) 14:24 | URL  | ST #oTy1E5II[ 編集]
Re:福一は政府の失敗です
    地下水さん

いつも遡って関連のある記事を探してのコメント有難う御座います。

>なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのか

やはり、話し方は重要ですね。分かりやすく、そして説得力が無ければなりません。どこまでを自明として、どこから説明するかによって人を惹きつけられるか否かが決まります。重要な要素です。しかし話す相手に拠っても評価が大きく変わります。
私は自分自身、最近反原発の話が上手くないなと感じています。話は出尽くしたような感じで、どこから話すべきか決まらないからです。
脱原発にこそ『理』があるのですから、あとはしっかり伝えてより多くの人の理解を得る事でしょう。

 その緑の風の国会質問を見てみたかったと思います。
2013/02/06(Wed) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:「福一は政府の…」 、さて…
    STさん

このお答えは、地下水さんがされるのが妥当と思いましたので昨日はお返事しませんでしたが、簡単に私の思うところを書かせて頂きます。

一般の国民、特に原発に反対を表明していた人達は

>「やや自業自得気味」

になるのは避けるべきだと考えます。
反原発の雄、小出裕章さんも、原発を廃止出来なかった事に責任を感じている旨をよく発言されますが、これは推進派を助長させてしまいます。みんなで推進して来たから、何が起こっても全て我々(全国民)が悪い・・・では、モラルハザードも甚だしいと思います。やはり、推進派の責任はしっかり個人レベルで追及すべきです。
2013/02/07(Thu) 21:29 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。