-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-07-29 00:03
昨年は原発事故で、畑を作る気が起きませんでした。特に大根など土の中に食べる部分が埋まっている根菜類は栽培する気になれませんでした。
しかし今年は、ちょっと実験観察も兼ねて意欲的に作物を植えました。殆ど種から蒔いて育てました。放射性セシウムCs 放射性ストロンチウムSr 対策として、それぞれ同族のアルカリ金属のカリウムk、アルカリ土類のカルシウムCa を畑の土に沢山入れました。カリウムkとしては炭を、カルシウムCaとしては、貝殻とチョークの粉を撒きました。共に一昨年の残りを屋内に保存しておいたものです。畑がアルカリ性になって、セシウムやカリウムの吸着が悪くならないように木酢等も土に撒いて酸性になるようにも調整した積りです。
まだ雪の残る3月から、ミニトマトを家の中の南向きの窓で種から育て、5月の連休後に畝や鉢に植えました。その他、トウモロコシの種や昨年買って蒔かなかったつる無しいんげんの種、一昨年食べた西瓜や瓜から採取した種なども植えました。ついでに一昨年余った秋植え大根や蕪、時無し二十日大根などの種も蒔きました。売っている種には、有効期限が記されていますが、種は保存状態が悪くない限り、数年経ても発芽すると考えています。
勿論無農薬有機栽培です。今年は、カリウム、カルシウムに限らず、米糠や油粕等、有機肥料を多めに入れました。畑の土はふかふかです。ミニトマトの栽培に一番力を入れていますが、その事はまたある程度収穫してから後日報告致します。
秋まき大根は春に撒いても大きくなりました。畑の面から、10cm以上上に突き出て来ました。20cmくらい突き出た大根もあります。驚いた事に、一昨年は全然大きくならなかった蕪が直径10cm近くの大きさまでなりました。
そして、植えた記憶は無いのに、赤紫色の大根が、やはり土の面から外に顔を出していました。葉は大根のようです。抜いて見ると、大根と言うよりもサツマイモのような色と形です。一昨年植えた大根は、全て普通の白い色の大根になりました。その残りの種を蒔いた筈です。このサツマイモのような大根の種は蒔いた記憶はありません。蒔いた種で、赤っぽい色になるのは二十日大根だけです。・・・そう言えば、二十日大根の種も結構蒔いたのに、二十日大根は見当たりません。この紫色の大根は、色と形は確かに二十日大根です。(写真では青紫に写っていますが、実物はもっと赤紫色・・・サツマイモの色です。) 今までに3本収穫し、まだ畑にいくつかあります。これが二十日大根だとしたら、非常に巨大です。巨大過ぎます。長さで通常の5~10倍ですから、体積や質量は、通常の百倍以上あると言う事になりましょうか?・・・巨大過ぎます。・・・放射能で大きくなったのでしょうか???まあ、放射能で大きくなったとしても、中に放射性元素を含まなければ被曝はしないでしょうから、自分で食べてみました。切ってみると普通の二十日大根のように普通の白い大根の色です。味は、辛くて、麺つゆをかけて食べたら美味でした。酒のつまみにも良さげです。

大根3種の収穫

↑ 青い箱の大きさは、40cm[横] × 55cm[縦] × 33㎝[深さ]程度
 この中のサツマイモ大根(仮称)は、長さ25cmほど。 
              7月16日日曜日 収穫・撮影

サツマイモ大根1 生えているところ

↑ 別のサツマイモ大根が畑に生えているところ。
  この状態では、ただの赤紫首の大根にしか見えない。
  6月23日土曜日 撮影

サツマイモ大根2 蕪との比較

 ↑ 更にまた別のサツマイモ大根と蕪 添えてある定規は30cm 
                  6月23日土曜日収穫 ・撮影  

サツマイモ大根3

 ↑ 6月23日 土曜日 収穫・撮影 の 上と同じサツマイモ大根
添えてあるのは30cm定規 と 5円玉、10円玉 


サツマイモ大根4 切り口


 ↑ 6月23日 土曜日 収穫した サツマイモ大根 の切り口
                 6月25日月曜日 試食・撮影

 緑色の茎と葉の部分がなければ、見掛けはホント、サツマイモ。

蕪がこれだけ大きく育った事にも驚きですが、このサツマイモ大根が二十日大根だとしたら、大きくなり方は半端ではありません。カリウムは『根肥え』と言いますから、カリウム(木炭や燻炭・)を大量に入れたから、根が肥え過ぎたのでしょうか?
ネットで調べると、今年は放射能の影響の為か茨城県辺りでも巨大野菜が色々発生しているようです。家の庭では、ミニトマトも大きくなってはきましたが、まだ正常な範囲の大きさでしょう。やはり根菜の蕪や二十日大根が大きくなっています。・・蕪は異常なほどの大きさではないでしょう。やはりこの紫のサツマイモ二十日大根が尋常でない感じです。そういう種でしょうか??この根の写真を見て、何かお分かりか情報のある方は、是非お知らせください。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/29 00:03】 | 一寸日常生活 トラックバック(0) |

美味しそうですね
アルテミス^^
写真綺麗撮れてます!美味しそうですね。
葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ^^b

福島県でとれる貝化石がいいですよー。って何回か言っているかもですが…。放射能は結構泥とかに固着するみたいですね。
ですが・・・セシウムは水に溶けやすいのはデータで出ていますので注意が必要ですね。
成長ぶりをみると放射能は一部の土壌微生物を活性化するみたいですね。

仰る通り中に放射性元素を含まなければ被曝はしないでしょうから安全です!福島でも大丈夫な果物野菜お米はありますものね^^。

あ、品種詳しくないのでそちらの情報提供はできません。あしからず・・・。

Re:美味しそうですね
雑草Z
    アルテミス^^さん

>葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ

そんな事まで分かるのですね!?・・流石です!
肥料は、石灰(炭酸カルシウム)以外は有機肥料です。米糠や油粕は、過剰に入れ過ぎたかな・・とも思っていましたが、アルテミスさんのこのコメントを読んで安心いたしました。でも、土はかなりふかふかで、如何にも肥えた感じの土になりました。

>福島県でとれる貝化石がいいですよ

これは、放射能に効くと言う事でしょうか?それとも肥料としていいと言う事でしょうか??
福島県と言っても広いですが、いわきのほうの化石の事でしょうか???…でも何となく、化石を土に撒くのは勿体ないと言うか贅沢な感じが致します。

しかし、この紫色のサツマイモ大根の正体は一体何なのでしょうか??・・サツマイモ大根は辛くて美味いです。

 農業=作物作り の先輩からのコメント有難う御座います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
美味しそうですね
写真綺麗撮れてます!美味しそうですね。
葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ^^b

福島県でとれる貝化石がいいですよー。って何回か言っているかもですが…。放射能は結構泥とかに固着するみたいですね。
ですが・・・セシウムは水に溶けやすいのはデータで出ていますので注意が必要ですね。
成長ぶりをみると放射能は一部の土壌微生物を活性化するみたいですね。

仰る通り中に放射性元素を含まなければ被曝はしないでしょうから安全です!福島でも大丈夫な果物野菜お米はありますものね^^。

あ、品種詳しくないのでそちらの情報提供はできません。あしからず・・・。
2012/07/30(Mon) 21:31 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:美味しそうですね
    アルテミス^^さん

>葉色も肥料が効きすぎていなくていい感じ

そんな事まで分かるのですね!?・・流石です!
肥料は、石灰(炭酸カルシウム)以外は有機肥料です。米糠や油粕は、過剰に入れ過ぎたかな・・とも思っていましたが、アルテミスさんのこのコメントを読んで安心いたしました。でも、土はかなりふかふかで、如何にも肥えた感じの土になりました。

>福島県でとれる貝化石がいいですよ

これは、放射能に効くと言う事でしょうか?それとも肥料としていいと言う事でしょうか??
福島県と言っても広いですが、いわきのほうの化石の事でしょうか???…でも何となく、化石を土に撒くのは勿体ないと言うか贅沢な感じが致します。

しかし、この紫色のサツマイモ大根の正体は一体何なのでしょうか??・・サツマイモ大根は辛くて美味いです。

 農業=作物作り の先輩からのコメント有難う御座います。
2012/07/31(Tue) 20:41 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。