-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-07-17 00:01
この頃よく見ている掲示板の一つのスレッドで、非常に興味深く面白い書き込みを見つけました。
阿修羅♪掲示板 のスレッド<雨を衝いて・・・> の整理番号40. 2012年7月07日 20:45:38 の書き込みです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いまや江戸の観光名所は官邸前となった。しかも参加型の観光地であり、日本人の矜持を表現できる場所となった。韓国の日本大使館前の慰安婦像のように、政府建物は屈辱の場所である。抗議すらできないぼんくら阿呆鳥。この場所が名所になるとはゆめゆめ思わなんだ。有名人とも会えて、友達になれる場所。そして連帯できる場所。本当にこの官邸前の名所は、すばらしい所だ。さぁ、来週も頑張るぞ!!!原発が止まる日まで・・耳をふさぐ野田は、もはや抜けるに抜けられぬ蟻地獄、底なし沼に浸かっている。埋もれて、喰われて死ぬがいい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この書き込みの前半は、なるほど言い得て妙です。後半の野田政権批判も辛辣でいいです。
3.11以降、当方も、東京へ行く機会がぐっと増えましたが、一般的な名所見学などは端からする気になれません。・・対して官邸前の抗議デモなら遠くから時間と交通費をかけても行く価値が十分にあります。
新宿も、六本木も、渋谷も、品川も、敢えて行く気になれません。・・しかし、新橋や銀座、霞が関などは、東電などの電力会社や経産省などがあるので、行く気になれます。そこは、3.11以降、悪名高い旬な場所になりました。・・スポーツ観戦も、映画鑑賞や観劇も、音楽コンサートも、・・昔からファンであった一部のバンドのコンサートは、ついでに観に行ってもいいですが・・・3.11以降は敢えて行く気は致しません。官邸前抗議デモよりも参加する意義のあるエンターテインメントなど思いつきません。金曜日に首都圏に行ったなら、夜は迷わず官邸前でしょう。行くべきだという義務意識も働かないわけではないでしょうが、殆どの人は、行きたくて行っているのでしょう。官邸前の同じ空間を同じ思いの様々な人々と共有する、歴史の瞬間に立ち会うという事は、大きな意義がありましょう。その辺に転がっている商業ベースの虚構の「参加型」イベントではなく、本当の意味での「参加型」の体験が出来ます。原発に反対する人は、今年中に一度は参加したほうがよいでしょう。多くの人がリピーターになっているようです。・・東京の官邸前ばかりではなく、各地方でも次々に、新たな週末抗議行動が始まっています。・・新たな観光名所が生まれているとも言えましょうか??
昨今マスコミなどで騒がれているスカイツリーなどとは比べ物になりません。子供ならいざ知らず、大の大人がマスコミに踊らされて、、この時期にスカイツリー見学に行くなんて、恥ずかしい限りです。親も子をスカイツリー見学に連れて行くよりも、官邸前に連れて行ったほうが、子供達の正義感を育むでしょうし、いい社会勉強にもなるでしょう。後々感慨深いものがあるでしょう。・・・当方も会津鉄道~東武線で首都圏に行く時は、電車の中からスカイツリーが見えますが、周辺からホームレスの人々などを追い払って作ったスカイツリーにはネガティヴな印象のほうが強く沸いて来ます。こんな酷い代物をわざわざ見に行くほど暇でもありません。そう言えば、昨年から今年にかけて、マスコミは、スカイツリーのニュースを優先して、脱原発デモなどを無視したり、ほんの小さくしか報道しない状況が続きました。本当に現在のマスコミの多くは原子力村に取り込まれています。・・そんなこんなで、スカイツリーは原発推進の象徴にさえ見えてしまいます。
 ~スカイツリー 見学に行くほどの 馬鹿でなし~
・・デモはどれほど効果があるのか疑問の余地が残りますが、スカイツリー見学やプロ野球観戦よりは遥かに効果があるに違いありません。今年これからロンドンオリンピックがある事なども、どうでもいいと言うか、そんな場合じゃないだろう…って感じです。

 敢えて官邸前行動に参加する事を目的にして東京に行ってもいいし、週末に首都圏に用があったついでに、足を運んでもいいですし、兎も角、大多数見知らぬ人々同士で一緒になって再稼働に反対し、一点、脱原発で空間と時間を共有する事は、大きな意義がある事でしょう。
脱原発を支持する人々の、新参加型観光地巡りとして、官邸前に加えて、東電前や関電前など電力会社の東京支店、経済産業省前とそこにあるOccupyテント・・・などいかがでしょうか?・・・どれも互いに近くにあり、歩いて回ることもさほど大変ではありません。便利なロケーションです。(・・元々東電などの電力会社は、経済産業省などと、密に連絡をとり、色々便宜を図って貰う為に、経済産業省などの近くに建てた・・と言う話です。・・)・・『原子力村街』とでも言えましょうか?(「村」と「街」の逆の意味が融合していい味を出しています(笑)
社会人は勿論、学生も暇つぶしに繁華街に遊びに行くよりも、原子力邑街に出向いて、責任を追及し、再稼動反対、脱原発を叫んだほうが、社会に対する自己主張が出来、社会参加する(国政を考える)事にもなるでしょう。勿論、ストレス発散にもなるでしょう。

官邸前抗議デモの複数の主催者達も、多くの参加者達も、原発撤廃が正式に決まるまで毎週続ける決意のようです。早くとも、野田政権が倒れるまでは、終わる事はないでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

原発廃止の方向
上々
原発反対のデモも10万人に参加者が達したようです。
以前から、数十万人規模のデモが連日続くようなら影響力も出るだろうと予想していたので、その点では第一歩が始まったかと思います。

しかし、その参加者は原発が危険でありこの島の住人にとって致命傷になる可能性があるという点でのみ一致して集合しているようで、だからこそこれだけの人数にもなるのでしょうが、その先への展望を見ることはできません。

この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

集まった十万人の中で、今後の発電をどのようにするか他人事でなく自分たちのこととして考えた人間が何人いるでしょうか。
考えたところでせいぜい火力発電所増強というのが大半、自然エネルギーなんていうおとぎ話を信じているおめでたいのが数割でしょう。

本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換こそが国家百年とまでは言わずとも10年先を見越した政策であるということが理解できる人は少しでも居るのでしょうか。

デモは示威行動ではあっても実の伴う社会運動としては弱いものです。やはり明確な社会像を示しそこにたどり着くための道筋を提示できるような政治運動化が必要です。

国会の場で国会議員の立場で疑問を晴らしていき、不正があれば暴いていく、そのためには十分な審議時間を与えられるほどの議員を抱えた政党として政治活動化していくことが必要です。

今の状態で衆議院解散となっても民主・自公・その他乱立保守系など、どれをとっても原発推進です。
時間はあまり残されていないように思います。

野田首相
guyver1092
 野田首相は、官邸前デモのシュプレヒルコールを聞いて「大きな音だね」言い、後で批判され「多くの声をしっかりと受け止めていきます」と言いなおしたようです。
 しかし、野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。理由は原発再稼働に責任をもつと言い切りましたがこの「責任の範囲と内容」について、福島みずほ参議院議員が質問にたいして「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」としか回答していないそうです。つまり「何の責任も取りません」と国会で回答しているのです。たぶん受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。

 日本は間接民主主義の国で、本来、国民の声をくみ取った政党が公約にし、それを受けて得票し政権をとればその主張が国の政策になるはずですが、公約をほごにされ、公約にないことを強行されれば、国民の側としてはデモをするしか方法がないと雑誌にのつていましたが、現在まさしくその状況ですね。
 話は関係していつつ少しずれますが、ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。ツイッタ―等でも言われているようですが、私は今日まで知りませんでした。野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。
http://ameblo.jp/egoemo/entry-11160296349.html

Re:原発廃止の方向
雑草Z
    上々さん

 今年野田愚首相が再稼働を容認してから、10万人を超すデモが行われるようになりましたね。デモが行われる場所も増えてきて、毎週同時多発的に行われています。

参加者の様子からすれば、日本中全ての原発を止めて廃炉にする事を希望する人が圧倒的に多いように感じます。

>この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

と言う事はそれほどないかと思います。完全なる脱原発を目標にしているデモ参加者が多いと感じます。・・ただ、それは私の顔見知りの人達だけの事かも知れません。

>本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換

仰るようにこれが何よりも大切ですね。やはり脱成長の理をしっかり理解してもらわなければなりませんね。

>時間はあまり残されていないように思います。

それは本当に深刻な問題です。今直ぐに全原発の廃炉を決めてそれに向かって動き出しても、かなり深刻な現実が待っていると考えています。人類の歴史上最悪の愚行をしてしまったと思っています。人類史上最大の危機でしょう。


  + ++  +++    ++++   +++  

 改めまして、上々さん、お久し振りのコメント有難う御座います。1年振り位ですね。ずっとレギュラー的に、非常に参考になるコメントを戴いておりました上々さんからのコメントが途絶えて非常に残念に思っておりました。また色々コメント頂ければ嬉しく思います。




 

Re:野田首相
雑草Z
    guyver1092さん

野田首相の演説などは胸糞悪くて聴くに堪えません。彼ほど、嫌悪を感じる総理はいなかったように思います。

>野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。
>受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。
>公約をほごにされ、公約にないことを強行

本当にここまで品位の無い下衆な総理大臣は日本の恥ですね。

>ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。

これは私も初耳です。非常に由々しき事ですね。それならなおの事、日本がTPPに参加したら、絶体絶命ですね。

>野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。

あの財界の操り人形の愚首相だったらやりそうです。
日本にとどめを刺す総理大臣になりそうです。早く降ろすべきですね。





ISD条項
guyver1092
 TPPにはISD条項と言う条項があり、ひらたくいうと、「自由貿易協定を結んだから、あたしたち外国企業だけいじめないでね!いじめたら賠償請求しちゃうから!!」ということらしいです。

http://dic.nicovideo.jp/a/isd%E6%9D%A1%E9%A0%85

 検索語「tpp isd条項 脱原発」で検索をかけると次のような結果になります。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&gs_nf=1&gs_is=1&pq=tpp%20isd%E6%9D%A1%E9%A0%85&cp=10&gs_id=w1&xhr=t&q=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&pf=p&sclient=psy-ab&oq=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&fp=eb207382119eaa0d&biw=1280&bih=689&bs=1

 いろいろ読んでみたところ、外国企業が訴えない限りは、国内法は有効ですが、訴えられたらほとんど外国企業が勝っているようで、訴えられた国の国内法は無効になり、外国企業に巨額の損害賠償を支払わなければならないようです。
 TPPと脱原発は両立しません。効果は分かりませんが、やらないよりはやるほうがはるかにましで、デモで積極的に訴えていくべきでしょうね。

Re:ISD条項
雑草Z
    guyver1092さん

ISD条項に関する色々な情報有難う御座います。
昨年、TPPに関して騒がれていた頃色々読んだときは、
遺伝子組み換え作物や農薬漬け作物の輸入規制が困難になる事、健康保険制度と年金制度の廃止の強要をされる事などっを情報として得ていましたが、アメリカでも処分に困っているプルトニウムなどの日本での廃棄までは言及されていませんでした。言われてみれば、十分にあり得る事ですね。

日本政府がモンゴルなどに核廃棄物を押し付ける・・などととんでもない策を練ってたら、自国にプルトニウムを押し付けられる・・・と言う因果応報の事をされそうなわけですね。ゴミを他国に押し付ける、以前よりいわゆる先進国のやり方は酷いと思っていましたが、放射性廃棄物の押し付け合いにまでなってしまいました。・・正に世も末ですね。
ISD条項とは、Investor State Dispute Settlement(投資家対国家間の紛争解決条項)の略語であることも、ご紹介のサイトで知りましたが、最も資本家を優遇する資本主義国家、アメリカならではのとんでもない「資本家」の権利ですね。国家を資本家が占領すると言う構造の典型例ですね。考えてみれば、アメリカと言う国は既に資本家が国家を操っています。資本主義自体、英語は、capitalist society 「資本家の国家」とも解釈出来ますからね。世界中資本家が支配する体制を整えようと企てていますね。とんでもない事です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
原発廃止の方向
原発反対のデモも10万人に参加者が達したようです。
以前から、数十万人規模のデモが連日続くようなら影響力も出るだろうと予想していたので、その点では第一歩が始まったかと思います。

しかし、その参加者は原発が危険でありこの島の住人にとって致命傷になる可能性があるという点でのみ一致して集合しているようで、だからこそこれだけの人数にもなるのでしょうが、その先への展望を見ることはできません。

この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

集まった十万人の中で、今後の発電をどのようにするか他人事でなく自分たちのこととして考えた人間が何人いるでしょうか。
考えたところでせいぜい火力発電所増強というのが大半、自然エネルギーなんていうおとぎ話を信じているおめでたいのが数割でしょう。

本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換こそが国家百年とまでは言わずとも10年先を見越した政策であるということが理解できる人は少しでも居るのでしょうか。

デモは示威行動ではあっても実の伴う社会運動としては弱いものです。やはり明確な社会像を示しそこにたどり着くための道筋を提示できるような政治運動化が必要です。

国会の場で国会議員の立場で疑問を晴らしていき、不正があれば暴いていく、そのためには十分な審議時間を与えられるほどの議員を抱えた政党として政治活動化していくことが必要です。

今の状態で衆議院解散となっても民主・自公・その他乱立保守系など、どれをとっても原発推進です。
時間はあまり残されていないように思います。
2012/07/17(Tue) 15:56 | URL  | 上々 #-[ 編集]
野田首相
 野田首相は、官邸前デモのシュプレヒルコールを聞いて「大きな音だね」言い、後で批判され「多くの声をしっかりと受け止めていきます」と言いなおしたようです。
 しかし、野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。理由は原発再稼働に責任をもつと言い切りましたがこの「責任の範囲と内容」について、福島みずほ参議院議員が質問にたいして「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」としか回答していないそうです。つまり「何の責任も取りません」と国会で回答しているのです。たぶん受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。

 日本は間接民主主義の国で、本来、国民の声をくみ取った政党が公約にし、それを受けて得票し政権をとればその主張が国の政策になるはずですが、公約をほごにされ、公約にないことを強行されれば、国民の側としてはデモをするしか方法がないと雑誌にのつていましたが、現在まさしくその状況ですね。
 話は関係していつつ少しずれますが、ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。ツイッタ―等でも言われているようですが、私は今日まで知りませんでした。野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。
http://ameblo.jp/egoemo/entry-11160296349.html
2012/07/17(Tue) 23:05 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:原発廃止の方向
    上々さん

 今年野田愚首相が再稼働を容認してから、10万人を超すデモが行われるようになりましたね。デモが行われる場所も増えてきて、毎週同時多発的に行われています。

参加者の様子からすれば、日本中全ての原発を止めて廃炉にする事を希望する人が圧倒的に多いように感じます。

>この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

と言う事はそれほどないかと思います。完全なる脱原発を目標にしているデモ参加者が多いと感じます。・・ただ、それは私の顔見知りの人達だけの事かも知れません。

>本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換

仰るようにこれが何よりも大切ですね。やはり脱成長の理をしっかり理解してもらわなければなりませんね。

>時間はあまり残されていないように思います。

それは本当に深刻な問題です。今直ぐに全原発の廃炉を決めてそれに向かって動き出しても、かなり深刻な現実が待っていると考えています。人類の歴史上最悪の愚行をしてしまったと思っています。人類史上最大の危機でしょう。


  + ++  +++    ++++   +++  

 改めまして、上々さん、お久し振りのコメント有難う御座います。1年振り位ですね。ずっとレギュラー的に、非常に参考になるコメントを戴いておりました上々さんからのコメントが途絶えて非常に残念に思っておりました。また色々コメント頂ければ嬉しく思います。




 
2012/07/18(Wed) 22:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:野田首相
    guyver1092さん

野田首相の演説などは胸糞悪くて聴くに堪えません。彼ほど、嫌悪を感じる総理はいなかったように思います。

>野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。
>受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。
>公約をほごにされ、公約にないことを強行

本当にここまで品位の無い下衆な総理大臣は日本の恥ですね。

>ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。

これは私も初耳です。非常に由々しき事ですね。それならなおの事、日本がTPPに参加したら、絶体絶命ですね。

>野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。

あの財界の操り人形の愚首相だったらやりそうです。
日本にとどめを刺す総理大臣になりそうです。早く降ろすべきですね。



2012/07/18(Wed) 23:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ISD条項
 TPPにはISD条項と言う条項があり、ひらたくいうと、「自由貿易協定を結んだから、あたしたち外国企業だけいじめないでね!いじめたら賠償請求しちゃうから!!」ということらしいです。

http://dic.nicovideo.jp/a/isd%E6%9D%A1%E9%A0%85

 検索語「tpp isd条項 脱原発」で検索をかけると次のような結果になります。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&gs_nf=1&gs_is=1&pq=tpp%20isd%E6%9D%A1%E9%A0%85&cp=10&gs_id=w1&xhr=t&q=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&pf=p&sclient=psy-ab&oq=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&fp=eb207382119eaa0d&biw=1280&bih=689&bs=1

 いろいろ読んでみたところ、外国企業が訴えない限りは、国内法は有効ですが、訴えられたらほとんど外国企業が勝っているようで、訴えられた国の国内法は無効になり、外国企業に巨額の損害賠償を支払わなければならないようです。
 TPPと脱原発は両立しません。効果は分かりませんが、やらないよりはやるほうがはるかにましで、デモで積極的に訴えていくべきでしょうね。
2012/07/19(Thu) 19:49 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:ISD条項
    guyver1092さん

ISD条項に関する色々な情報有難う御座います。
昨年、TPPに関して騒がれていた頃色々読んだときは、
遺伝子組み換え作物や農薬漬け作物の輸入規制が困難になる事、健康保険制度と年金制度の廃止の強要をされる事などっを情報として得ていましたが、アメリカでも処分に困っているプルトニウムなどの日本での廃棄までは言及されていませんでした。言われてみれば、十分にあり得る事ですね。

日本政府がモンゴルなどに核廃棄物を押し付ける・・などととんでもない策を練ってたら、自国にプルトニウムを押し付けられる・・・と言う因果応報の事をされそうなわけですね。ゴミを他国に押し付ける、以前よりいわゆる先進国のやり方は酷いと思っていましたが、放射性廃棄物の押し付け合いにまでなってしまいました。・・正に世も末ですね。
ISD条項とは、Investor State Dispute Settlement(投資家対国家間の紛争解決条項)の略語であることも、ご紹介のサイトで知りましたが、最も資本家を優遇する資本主義国家、アメリカならではのとんでもない「資本家」の権利ですね。国家を資本家が占領すると言う構造の典型例ですね。考えてみれば、アメリカと言う国は既に資本家が国家を操っています。資本主義自体、英語は、capitalist society 「資本家の国家」とも解釈出来ますからね。世界中資本家が支配する体制を整えようと企てていますね。とんでもない事です。
2012/07/20(Fri) 07:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。