-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-07-05 00:01
野田現首相は、現在多くの国民からマニフェスト違反であると非難されています。消費税を上げないと言っておきながら自ら消費税を上げる法案を出しました。税金の無駄使いや天下りの根絶も全く成し遂げていませんし、企業献金も議員の世襲も禁止していません。・・・どれも公約違反です。しかし彼が行った事で何が最悪か・・・と言えば、詐欺的に原発を再稼働させた事でしょう。この一点だけにおいても、彼は最悪の総理として歴史に名を残さなければなりません。彼はネットの掲示板でけちょんけちょんにけなされてます。正にブタ呼ばわりされています。

 同じように国民の多くから猛烈に非難され続けて、降ろされた首相が管直人前首相です。二人とも原発問題に関しても、猛烈なバッシングを受けていますが、彼ら二人は総理大臣としての資質も、バッシングのされ方も大きく違うのではないでしょうか。

 管直人前首相が首相になった当初は、結構期待感もありましたが、彼が掲げた「強い経済」の為の政府民主党の「新経済成長戦略」は最悪でした。その成長戦略の為の大きな役割を原発に担わせる・・・等と、とんでもない事を主張していました。全発電に占める原発のシェアを2018年までに40%にまで高めるとか、「パッケージ型インフラ海外展開」と銘打ち、官民一体で東南アジアなどに原発輸出を推し進めて、ベトナムでの原子力導入に成功した・・・などと得意になっていました。この事で管直人首相を、かなり嫌いになりました。3.11以前は、管直人氏は、原発についてはまともな知識が殆ど無かったのでしょう。
その後、3.11で原発事故が起きて、政府の酷い隠蔽体質が暴露し、管直人首相の原発事故対応の酷さも連日バッシングされました。
そして、管首相が浜岡原発の全機停止を要請した頃あたりから、マスコミを中心とする一斉の管下ろしキャンペーンがどんどん大きくなりました。世論の多くは、あたかも管首相を擁護する人は馬鹿な非国民で、その人も馬鹿にされるような論調でした。それでも管首相は居座って頑張り、原発の再稼働の阻止を貫きました。(ちょっとお門違いな変な法案も通して行きました。)

 管首相に関しては、3.11以降バッシングが大きくなりましたが、私の場合は逆で、総理就任時から、どんどん評価が下がって行って、どうしようもないと感じておりましたが、3.11以降は、東電や財界からの数々の妨害があったのにも拘らず、首相としては頑張って良くやった方だと思っています。
遡って、管直人氏が厚生大臣のとき、薬害エイズ事件で厚生大臣として謝罪して、大きく評価を上げた実績があります。それに対してスタンドプレーだとか売名行為だとかの批判もありますが、政治家は動機のいかんに関らず、やった事で評価されるべきでしょう。・・英雄的行動をする本人が、自分のヒロイズムに酔ってやったとしても悪くないだろうし非難される事でもないでしょう。寧ろ然るべき事ではないでしょうか?・・そんな事を全く意識しない事は無理でしょう。そう、これは私の以前からの見解ですが、管元総理は、「歴史に名を残す名政治家、名首相」になる願望が非常に強かったのではないでしょうか。だからある意味、偉大な首相になるが為に、あからさまに感じるスタンドプレーを何度もやって、それが多くの人々にとっては鼻についたのかも知れません。・・鼻についたと言うよりも、正義を実行する事よりも、自分達の村社会や地位を守りたい官僚や政治家達にとって、邪魔な存在だったのでしょう。
 そして、浜岡原発を全機止めたり、玄海原発の再稼働を認めなかったり、脱原発の側に翻ってきたので、原子力邑御用達のマスコミが管下ろしの大合唱を始めた・・・と言う構造でしょう。管首相がそのまま踏ん張っていれば、大飯原発も他の原発も再稼働させられる事は無かったでしょう。(政治に「もし」は禁物ですが・・・・)この当時、管直人氏以外に、浜岡原発を停止したり、日本中の原発の再稼働を許さない首相になった可能性のある議員は、民主党には他には殆どみあたりません。管直人首相は、3.11の事故直後の混乱期をある程度過ぎてから、自らの経験も踏まえて、反対派の主張も自らしっかり調べて勉強し、脱原発派に回ったのでしょう。言うなれば、最終的には悪魔に魂を売らずに踏ん張った・・・と言えましょう。私は、3.11以降の管首相は、それなりに評価していたので、管降ろしには反対でした。

原子力邑の要請を受けて管降ろしの大キャンペーンを張ったマスコミに踊らされて、一緒になって管降ろしの大合唱をした人々は、管氏の後の民主党の首相が、彼よりもしっかり脱原発を達成出来るとでも思っていたのでしょうか?
2012年5月28日の国会事故調査委員会での彼の発言は、原発推進だった頃の自分を潔く自己批判し、原子力村の本質を批判しています。テレビや新聞などの大手マスコミの報道は、
「管直人が自己弁護に終始していた」
みたいな感じで、 肝心の部分、
「最も安全なのは原発に依存しない事、脱原発だと確信」
「再稼働急ぐ原子力ムラが深刻な反省もないまま、原子力行政の実権を握り続けている」
などの発言は、殆ど報道されませんでした。
USTREAM  国会事故調 第16回委員会 2012/5/28
この映像は長いのですが、最後の部分[2時間42分20秒~2時間47分15秒くらい]をご覧ください。
→ Youtube などでは、映像が削除されています。

野田佳彦現首相は、首相末期の管元総理以上に、多くの国民から信頼されず、軽蔑され、最低最悪扱いされていますが、それでもマスコミは「野田降ろし」のキャンペーンは張っていません。それは、原発を再稼働させようとしているからに他ならないでしょう。つまり、マスコミは原子力邑の御用報道機関になり下がってしまい、野田首相は原子力邑の操り人形と言う事になりましょう。原子力邑のいいなりの野田佳彦は、官僚に洗脳され切っているのか、元々自ら調べて考える事を放棄した愚か者なのかは分かりませんが、いずれにしても悪魔に魂を売ってしまった政治家と言えましょう。


3.11以前は、共に原子力邑に取り込まれ、明らかに原子力邑の一員でした・・・原発に関する知識も両者とも殆ど無かったでしょう。(管氏は理系で、原発の知識は持っているような事を自負していましたが、非常に薄っぺらな知識であった事は、恐らく現在の本人が一番痛感しているところでしょう・・・野田は、更に原発の知識は殆ど無く、こんな歴史的な大事故の後でも学ぶ事もしないし理解しようともしない輩なのでしょう・・)

 以上、管直人と野田佳彦の違いを一言でいえば・・・
3.11を機に、管直人は脱原発派の主張もよく勉強したようで、自らの判断で脱原発派になりました。一方野田佳彦は、こんな重大な事故の後も、官僚からのレクチャーを鵜呑みにしたまま、若しくは原発の真実から目を逸らしたまま、自ら調べることもせず、官僚に操られるがまま大飯原発を再稼働しました。歴代でも最悪の部類の許されざる首相でありましょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

物事の見方
団塊親爺の遺言
今の民間の技術なら直ちにリコールです
私の5年前の車・・只今リコールです
欠陥が見つかり何かが可怪しい・・?
危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が
世の中には必要なのです・・ 

日常生活に健康に生きる事の権利と信頼は
再稼働を容認するこの様な人間に任せると
政治生命とか命を懸けるとかの虚しい虚言に・・
何か一つでも抑え込める技術も無いのに・・
責任は私が摂ると・・さも原子力の専門機関の
様な組織はいざと成ったら全く機能しません

それらを目の当たりにした官総理は何かに気付いた
此の儘では国が滅ぶと・・コントロール技術は無い事に

栄養過多の後釜は官僚や経済界のタヌキ連中の意見を
取り入れ・・再稼働・・多くの民意は無いのです

手遅れに成らぬ様に次の選挙で闘うしか無いと想う

究極の目的
guyver1092
 おっしゃるように、究極の目的を原発廃止と考えれば、考えるまでもなく、管氏が正しいでしょう。パニックを恐れてSPEEDIを公表しない等、判断ミスもいろいろ犯しているようですが、原発再稼働という過ちは犯していません。
 化石燃料枯渇後の人類のためと考えれば、原発再稼働こそ最大の犯罪でしょう。

悪魔に魂をいくらで売ったの?
さまよい人
なぜマスコミが、管降ろしはしても野田降ろしはしないのか、不思議に思っていましたが、雑草さんの記事でその意味がよくわかりました。雑草さんの言葉にはいつも疑問を解決していただいて助かっています。甘えるようで申し訳ありませんが、まだほかに疑問に思っていることについて、答えがこのブログのどこかにありましたら教えていただきたいのです。友人や知人が官邸前の抗議デモに参加しています。デモの写真には赤ん坊を抱いた女性もいました。外国のデモでは、機動隊がデモ参加者を挑発するようなことをしたり、スパイのようなことをして普通の一般市民を装ってわざと暴力行為をけしかけたりしてデモを混乱させることがあるようです。前にも反原発のデモで逮捕者が出たことについて触れたコメントを書いたかもしれませんが、赤ん坊を抱いてデモに参加することは、赤ん坊を機動隊の盾にすることにならないでしょうか?こんな言い方は大げさですか?私はなりふり構わず原発を動かしたい人たちというのは、野田首相と同じように悪魔に魂を売った人たちだと思うのです。たぶん赤ん坊を抱いてデモに参加した人は、赤ん坊を盾にしようと抱いていたわけでなく、同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行ったのかもしれませんが、何も起こらないという保証は無かったのではないでしょうか?例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために、過激派を装って普通の人に怪我をさせるなど、今後も抗議がずうっと続けばやりかねないと思うのですが、疑り深過ぎますか?


菅さんは良い方へぶれましたね
アルテミス^^
こんばんは

雑草さんと同じく私も地震以前は菅政権に淡い期待を寄せていました。ただ、地震事故以降はその期待を裏切られた気持ちでいっぱいでした。

そもそも官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り、小出さんと同じ京大出だと聞いたので、もう少し期待したのですが・・・。

ちなみに、事故以前は放射性物質に関する色々な決め事は文科省が主体となってまつりごとをしていたのに、なぜか事故後は環境省が出てくる意味が私には理解できません。縦割り行政で連携なんてないはずなのに。

菅さんの脱原発意見には賛同しますが、ソーラー構想には大反対です。理由は太陽光発電はまだまだ効率が悪いからです。

先んずは日本の急流を利用した水力、地熱、波力などを利用できればよいですね。井出治さんの発明したインバーターを実用化できればそれこそ現在のエネルギー利権及び事情がひっくりかえると感じます。水で走る自動車の技術も日本にはありますが、残念ながら海外で活用されているようです。

儲からない、税金が取れないという理由が主たるものかはわかりませんが、なかなか市民に浸透しません。

井出さんの発明を見ると第3次産業革命は、すぐそばにやってきていると個人的に感じます。この革命は今までの自然を無視した効率や利益重視でなく、土や空気や水を汚さない技術若しくは、人に変わる動力などなど地球環境を還元へと導く技術で一杯になる予感です。

新たな技術は今までの科学での限界を破り、新たな素材や加工が可能になるでしょう。それに伴い意識の転換も次々に生まれると感じます。時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれませんね。

と、とりとめもないことを書いてしまいましたが、何を言いたいかと申しますと、現在の上に立っている方々は希望ある未来の方向をむいておりません。そのような印象を受けます。

原発がこれだけあちらこちらに作れるほどの資金力、科学力、技術力、が少なくともこの日本にはあったのですから、方向性さえ間違えなければ、まだまだ日本は生まれ変われるでしょう。

水を浄化し大地を浄化し空気を浄化することが、今まで人間が破壊した自然達への償いであり恩返しとなり、ひいては未来の子供達の希望に繋がると感じます。

日本独自の伝統や文化を大事に復興させながら、街並みや自然が調和されれば、どんなに風光明媚な世界が顔をだすことやら。私はまだまだそんな世界を日本の未来を願ってやみません


Re:物事の見方
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 確かに、原発も野田総理も、直ちにリコールされるべきものですね。
 欠陥が見つかったけれど、どこが欠陥かははっきりしていない原発を再稼働するなんて、狂気の沙汰もいいところです。

>危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が 世の中には必要なのです・・

仰る通りです。そんなごく当然の事もしない現政権は、狂っていますし腐り切っていますね。

Re:究極の目的
雑草Z
    guyver1092さん

 確かに、管さんは、色々なミスも犯しましたが、国会事故調が結論したように、原発事故対策にに口を出し過ぎたと言うのは違うでしょう。東電も経済産業省も原子力安全・保安院も原子力安全委員会も、無力で無責任で責任も取れない腰抜けだったから、敢えて自分が前面に出たのでしょう。

 管直人氏ならば、彼が自分に抱いている(課している)であろうヒロイズムで、厚生大臣時代に薬害エイズ事件で国の非を認めたように、総理大臣として国の原発政策を国民に謝罪する可能性さえあったと思います。
 浜岡原発を止めると発言した時のように、前もって誰にも言わずにいきなり国民の前でやってしまえばいいのです。・・彼なら出来たんじゃないかと思います。

Re:悪魔に魂をいくらで売ったの?
雑草Z
    さまよい人さん

  コメント有難う御座います。・・初のコメントですね?・・デモ、『さまよい人』と言うHNは何度も見掛けた記憶があります。・・どこのサイトでしたっけね?

野田は、お金も貰ったかも知れませんが、総理の座の為に悪魔に魂を売ったのでしょう。首相としては、大きな汚名だけを残す事になりましょう。そんな野田降ろしキャンペーンを全くしないマスコミって最低ですね。マスコミの信頼も地に落ちました。

さて、さまよい人さんが疑問に思っている事についての答えは記事の性質上ここの記事には書いていませんので、私の見解を改めて述べさせて頂きます。

 官邸前の抗議デモは、今までのところかなりマナー良く為されています。警察も丁寧です。(駅などから官邸前に行く事を妨害する活動をしている警察官もいるようですが・・)そして、おっしゃるるように赤ん坊を抱いた女性や子連れの家族も沢山やってきています。赤ん坊は、勿論機動隊の盾としてではなく、家族の一員として連れて来ているのでしょう。・・・家族みんなで参加する事の意義を感じたり、赤ん坊を一人で家に残してくる方が心配だったり・・もう少し大きい子供は、一緒に再稼働反対のコールを叫んだり、手作りと思われる旗等を振ったりしています。子供自ら参加したいと申し出たり、子供たちにも脱原発運動に参加させたいと親が考えたのではないでしょうか?さまよい人さんのおっしゃるように

>同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行った 

と言った理由も多いと思います。

確かに何も起こらないという保証はありませんが、一般の警察は、子供にまで手を出したりしたりはしないでしょう。それこそ警察の信頼は地に落ちます。
 質が悪いのは、一部の在特会とか公安警察ですが、やはり普通には子供にまでは手を出さないでしょう。

>例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために

逮捕された例は、昨年何度かありましたが、デモの中心人物や、在特会や警察の挑発に乗った人々です。 昨年、原発事故の直後、初期の頃から抗議デモを始めた人物で、デモを盛り上げるアジが上手いデモの中心的な若者は、警察の自作自演の演技で、・・警官が足をひっかけられた振りをして自ら倒れた・・成田闘争のときに機動隊などがよく使った手だそうです。・・・逮捕されそうになった時に、周りの仲間がビデオで撮っていたので逮捕されませんでした。また別の日に警官二人がかりの連係プレー(一人の警官が彼を押してもう一人の警官にぶつからせた・・)で彼を公務執行妨害で逮捕したときも、仲間がビデオに撮っていて、映像を見せたら警察は起訴を断念して、釈放しました。デモの勢いを削ぐために彼を逮捕する作戦が練られたようですが、2度とも失敗したようです。

・・・つまり、今は、多くの人が携帯電話やipadなどで画像や映像を撮っているので、警察もなかなか不当逮捕はしにくいようです。特に官邸前のデモの様子は数え切れない人達が撮影しています。見せしめの為に一般の人に怪我をさせる映像が公開されたら大変でしょう・・・

・・・かと言って、何事も起こらないなどとは言わない方がいいですね。何か起こったら、当局の陰謀である事を追及するぞ・・と言う姿勢を当局に見せる事も大切です。権力側が、何か仕掛けてくるかも知れないと、警戒する事も忘れない事ですね。その意味で、自動車が突っ込んで来るとか、ヘリコプターの事故等も可能性としては否定しません。しかし、だからと言って過剰に萎縮する必要は全くないでしょう。委縮させてデモに参加するのをためらう事こそ当局の思うつぼでしょう。官邸前よりも、大飯原発現地での抗議活動のほうが、気合いが入って真剣ですし、官邸前のように大人数ではないので、より危険なのはそちらの方かも知れません。今後は東京の官邸前だけではなく、日本各地で定期的な金曜抗議デモが同時多発的に行われますから、権力側も収拾が付けられないでしょうね。

道路をいきなり工事中にして閉鎖したり、警察が駅から官邸前に出してくれずに追い払ったり、色々な妨害があっても、今後もずっと原発が止まるまで官邸前抗議デモは続くでしょう。・・・少なくとも、官邸前抗議デモが無くなるよりも先に野田内閣が潰れるでしょうね。


Re:菅さんは良い方へぶれましたね
雑草Z
    アルテミス^^さん

 恐らく官僚は総理大臣を舐めてかかって、「悪魔のささやき」で取り込むのが上手いのでしょうね。民主党の議員達もシロアリ官僚を撃退するどころか、みんな取り込まれましたが、管さんは、自分のヒロイズムのほうが勝って、官僚の洗脳から離れる事が出来たのでしょうね。一方野田は、官僚の好き放題に操られています。

>官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り

なるほどそうですね。そこに経産省の海江田万里も含めましょう。私はこの人物が最悪だと考えています。元々財テク屋です。相場師とかサラ金業者の類です。自分の周りにこれらの人物を配置しなければならなかったのは、色々な思惑以外に、単純に人材が不足していた事もあるでしょうね。

>井出さんの発明

については知りませんが、ネットでちょっと見たところ、
>入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せる
などと書かれてありましたので、眉唾かと思います。

>時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれません

の意図するところがよくわかりません。出来ればご説明を・・。 


アルテミス^^
こんばんは

そうだ海江田さんを忘れていました!当時の経産省大臣。色々と責任が誰がどこまでとるのか?国会事故調の報告を見る限り、色々な人の責任が問われそうですね?

さて、時間の枠ですが・・・
私の頭がすっとぼけているのでまぁあまり気になさらないでください。

あえていうならば好きなことをしている時って時間をあまりかんじませんでしょう?「あれ?もうこんな時間か?」と・・・

あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていたのでなんですが、

色々な技術が革新されて必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、限りなく時間という枠にとらわれなくなりそうな予感がしませんか?ま、これは私の感覚ですが^^;

Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

 わかったような、わからないような・・(笑)

>あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていた

そのような前提が出来るような希望が持てればいいですね。

>必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、

世の中がこのような方向へ進めばいいですね。その前提としてこれからも

>色々な技術が革新

される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか?


アルテミス^^
雑草さん

こんばんは^^
>色々な技術が革新
される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか

なるほど仰りたいこともよく解ります。
言葉足らずかもしれませんね。
日本の原点。物を大切にする文化の視点での技術革新といえば少しはご理解いただけますかね?

わかりやすく・・・例えば今建築メーカーが建てている家なんてせいぜい20年や30年しか持ちません。酷いメーカーだと10年代もあります。

家は壊すときに大量に不燃物や資源にできないようなゴミをだします。これを技術を見直して、100年持つ住宅、300年持つ住宅にして、それを一人一人が採用したらどうなるのでしょうか?意外とこれに目を向けると日本の木造建築の素晴らしさが蘇ります。勿論建築に使う木材は大量植林された軟弱に育った木材でなくしっかりと手入れの行き届いた木材を材料として使います。

日本の建築技術は京都や奈良、それ以外の神社や仏閣などで理解できるかと思います。いい木材を手に入れるためにはそれなりに山の手入れが必要となってきます。山が元気になれば水も綺麗になりますし、川も元気にそして海も元気になります。そのためにはコンクリートダムなど自然環境や生態系を大きく変えるような構造物は、理想とする時代には好まれないと感じます。

実は雑草さんが眉唾と仰った井出治さんの技術はアメリカではかなり注目されている技術なのですよ(科学者達が注目してます)それ以外にもアインシュタインのE=mc2を覆す、光速の100倍以上に速度をあげることができる技術を日本の他の科学者が発明して特許をとっているみたいですね。

まぁこれがトンデモやデマをつかまされているとしたらどうぞ笑ってください。

いずれにしてもこのような技術が表にでてくれば社会変革はいやでも起きるでしょうね。

もし出てこなかったとしても、社会変革は別の形でもたらされると感じています。多分決まっていることだと思います。

菅さん、見ました。
地下水
 菅さんの最後のしっかりした答弁を見ました。今の国の根幹を蝕む腐敗した軍産複合体に気付かれた様です。ゴルバチョフさんも、やはりこの事に気付かれたので、実際にソ連を崩壊する方に、行政の舵をとられたのではないでしょうか。日本も崩壊するかもしれません。

 今、シリコンオイルを使った新たな太陽電池の作成方法では、原料や電気代が従来の百分の1で済むので、全く新たな
環境を考えた、安価な時代が来ます。
 プラズマ焼結を使った旧来からの方法は、原料も電気も垂れ流す環境を考えない技術で、核融合のプラズマに代表される、軍産複合的な資源を食い潰す技術です。

 私も学生実験でシリコン上に炭素薄膜を作るのに、核融合の点火に使うレーザーから縮小した様なエキシマレーザーを使った実験を繰り返しましたが、原料ガスの垂れ流しがもったいなくて、最後の方はやる気が無くなり、他の方法があるだろうと、止めました。
 

Re: (何かタイトル付いているといいですね。)
雑草Z
    アルテミス^^さん

 何度もお返事有難う御座います。

>日本の原点。物を大切にする文化の視点での技術革新

と言えば、仰りたい事は分かりました。しかしそれでも技術革新はあまり必要ないと思います。何故ならば、

>今建築メーカーが建てている家なんてせいぜい20年や30年しか持ちません。

と言うのは、今の技術が悪くなったからであって、昔の建物でも、長持ちするものはありました。・・それに長持ちする住宅よりも、腐ったりして自然に返る住宅のほうが重要だと思います。・・昔の家は100%自然に帰っていおました。

>井出治さんの技術はアメリカではかなり注目されている技術なのですよ(科学者達が注目してます)

何人の科学者が注目しようが眉唾は眉唾です。(どんな科学者なんでしょうか?)もし井出さんの言う通りの素晴らしい技術なら、とっくの昔にブレイクしている筈です。
井出氏の技術理論通りならば、永久運動機関も作れるでしょう。当方も子供の頃に散々永久運動機関を考えたので、システムを見れば偽物は大体直ぐに判断出来ると思います。何故永久機関になり得ないか指摘できます。力学的なシステムであれば、眉唾でしょう。熱力学第2法則(いわゆるエントロピーの法則)に反する永久機関は一見可能性がありそうですが、それもシステムを見れば判断出来ると思います。
 十年ほど前に、やはり入力よりも出力が大きいモーターか何かのシステムで、実験の結果、証拠のデータも得られている・・・という機関を作られた方の発表を見に行った方から、その「素晴らしい永久機関」を紹介をされた事がありました。(それが井出さんだった可能性も無きにしも非ずですね。)パンフレットを見たら、その発明者は、「宇宙空間のフリーエネルギーを取り入れる・・」とか説明していたようですが、描かれたシステムを見たら、永久磁石を用いたシステムで、私が子供の頃考えたシステムと同じ原理を使っていました。「宇宙空間のフリーエネルギー」が聴いて呆れました。単なる偽力学的永久機関システムで、データを誤魔化しているだけだろうと思いまいた。井出治氏のシステムがどのようなものか分かりませんが、システムを公開すればたちどころにばれてしまうので、システム非公開と言う事にはなっていませんか?抽象的な言葉で騙されないようにしなければなりません。もし「宇宙空間のフリーエネルギー」を否定しないとしても、そこからエネルギーを無尽蔵に引きだすシステムが作れるかと言う問題もあります。それこそエントロピー増大則に反しそうです。そのシステムは、決して複雑なシステムではないでしょうが、「ホワイトホール」のように、人間が作れるものでも利用できるものでもないでしょう。

 ただ、私も子供の頃から暫くは永久運動機関を考える事に熱を上げていましたので、そんな夢を持つ事も否定はしません。『本物』ならば、これまでのどの発明も遥かに凌ぐ世紀の大発明でしょう。同時に「ホワイトホール」のような巨大な危険も伴うでしょう。


Re:菅さん、見ました。
雑草Z
    地下水さん

>菅さんの最後のしっかりした答弁を見ました。

見て頂けましたか。。。マスコミではこの肝心なところを無視して、報道しませんでしたね。酷いものです。
管氏が頑張って首相を続けていれば、まだ再稼働は無かったでしょうね。

>日本も崩壊するかもしれません。

私もそう思います。21世紀中に崩壊する可能性は、かなり高いと思います。

>環境を考えた、安価な時代が来ます。

そんな時代が来ればいいですね。

  ××××   ××××   ×××× ××××

P.S.
・・・ここの記事とは関係ありませんが
今年はミニトマトなど沢山作ったので沢山お裾分け出来そうです。



 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
物事の見方
今の民間の技術なら直ちにリコールです
私の5年前の車・・只今リコールです
欠陥が見つかり何かが可怪しい・・?
危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が
世の中には必要なのです・・ 

日常生活に健康に生きる事の権利と信頼は
再稼働を容認するこの様な人間に任せると
政治生命とか命を懸けるとかの虚しい虚言に・・
何か一つでも抑え込める技術も無いのに・・
責任は私が摂ると・・さも原子力の専門機関の
様な組織はいざと成ったら全く機能しません

それらを目の当たりにした官総理は何かに気付いた
此の儘では国が滅ぶと・・コントロール技術は無い事に

栄養過多の後釜は官僚や経済界のタヌキ連中の意見を
取り入れ・・再稼働・・多くの民意は無いのです

手遅れに成らぬ様に次の選挙で闘うしか無いと想う
2012/07/06(Fri) 18:44 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
究極の目的
 おっしゃるように、究極の目的を原発廃止と考えれば、考えるまでもなく、管氏が正しいでしょう。パニックを恐れてSPEEDIを公表しない等、判断ミスもいろいろ犯しているようですが、原発再稼働という過ちは犯していません。
 化石燃料枯渇後の人類のためと考えれば、原発再稼働こそ最大の犯罪でしょう。
2012/07/06(Fri) 23:48 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
悪魔に魂をいくらで売ったの?
なぜマスコミが、管降ろしはしても野田降ろしはしないのか、不思議に思っていましたが、雑草さんの記事でその意味がよくわかりました。雑草さんの言葉にはいつも疑問を解決していただいて助かっています。甘えるようで申し訳ありませんが、まだほかに疑問に思っていることについて、答えがこのブログのどこかにありましたら教えていただきたいのです。友人や知人が官邸前の抗議デモに参加しています。デモの写真には赤ん坊を抱いた女性もいました。外国のデモでは、機動隊がデモ参加者を挑発するようなことをしたり、スパイのようなことをして普通の一般市民を装ってわざと暴力行為をけしかけたりしてデモを混乱させることがあるようです。前にも反原発のデモで逮捕者が出たことについて触れたコメントを書いたかもしれませんが、赤ん坊を抱いてデモに参加することは、赤ん坊を機動隊の盾にすることにならないでしょうか?こんな言い方は大げさですか?私はなりふり構わず原発を動かしたい人たちというのは、野田首相と同じように悪魔に魂を売った人たちだと思うのです。たぶん赤ん坊を抱いてデモに参加した人は、赤ん坊を盾にしようと抱いていたわけでなく、同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行ったのかもしれませんが、何も起こらないという保証は無かったのではないでしょうか?例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために、過激派を装って普通の人に怪我をさせるなど、今後も抗議がずうっと続けばやりかねないと思うのですが、疑り深過ぎますか?
2012/07/07(Sat) 18:37 | URL  | さまよい人 #7M5gXems[ 編集]
菅さんは良い方へぶれましたね
こんばんは

雑草さんと同じく私も地震以前は菅政権に淡い期待を寄せていました。ただ、地震事故以降はその期待を裏切られた気持ちでいっぱいでした。

そもそも官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り、小出さんと同じ京大出だと聞いたので、もう少し期待したのですが・・・。

ちなみに、事故以前は放射性物質に関する色々な決め事は文科省が主体となってまつりごとをしていたのに、なぜか事故後は環境省が出てくる意味が私には理解できません。縦割り行政で連携なんてないはずなのに。

菅さんの脱原発意見には賛同しますが、ソーラー構想には大反対です。理由は太陽光発電はまだまだ効率が悪いからです。

先んずは日本の急流を利用した水力、地熱、波力などを利用できればよいですね。井出治さんの発明したインバーターを実用化できればそれこそ現在のエネルギー利権及び事情がひっくりかえると感じます。水で走る自動車の技術も日本にはありますが、残念ながら海外で活用されているようです。

儲からない、税金が取れないという理由が主たるものかはわかりませんが、なかなか市民に浸透しません。

井出さんの発明を見ると第3次産業革命は、すぐそばにやってきていると個人的に感じます。この革命は今までの自然を無視した効率や利益重視でなく、土や空気や水を汚さない技術若しくは、人に変わる動力などなど地球環境を還元へと導く技術で一杯になる予感です。

新たな技術は今までの科学での限界を破り、新たな素材や加工が可能になるでしょう。それに伴い意識の転換も次々に生まれると感じます。時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれませんね。

と、とりとめもないことを書いてしまいましたが、何を言いたいかと申しますと、現在の上に立っている方々は希望ある未来の方向をむいておりません。そのような印象を受けます。

原発がこれだけあちらこちらに作れるほどの資金力、科学力、技術力、が少なくともこの日本にはあったのですから、方向性さえ間違えなければ、まだまだ日本は生まれ変われるでしょう。

水を浄化し大地を浄化し空気を浄化することが、今まで人間が破壊した自然達への償いであり恩返しとなり、ひいては未来の子供達の希望に繋がると感じます。

日本独自の伝統や文化を大事に復興させながら、街並みや自然が調和されれば、どんなに風光明媚な世界が顔をだすことやら。私はまだまだそんな世界を日本の未来を願ってやみません
2012/07/07(Sat) 21:24 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:物事の見方
    団塊親爺の遺言さん

 確かに、原発も野田総理も、直ちにリコールされるべきものですね。
 欠陥が見つかったけれど、どこが欠陥かははっきりしていない原発を再稼働するなんて、狂気の沙汰もいいところです。

>危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が 世の中には必要なのです・・

仰る通りです。そんなごく当然の事もしない現政権は、狂っていますし腐り切っていますね。
2012/07/08(Sun) 00:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:究極の目的
    guyver1092さん

 確かに、管さんは、色々なミスも犯しましたが、国会事故調が結論したように、原発事故対策にに口を出し過ぎたと言うのは違うでしょう。東電も経済産業省も原子力安全・保安院も原子力安全委員会も、無力で無責任で責任も取れない腰抜けだったから、敢えて自分が前面に出たのでしょう。

 管直人氏ならば、彼が自分に抱いている(課している)であろうヒロイズムで、厚生大臣時代に薬害エイズ事件で国の非を認めたように、総理大臣として国の原発政策を国民に謝罪する可能性さえあったと思います。
 浜岡原発を止めると発言した時のように、前もって誰にも言わずにいきなり国民の前でやってしまえばいいのです。・・彼なら出来たんじゃないかと思います。
2012/07/08(Sun) 01:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:悪魔に魂をいくらで売ったの?
    さまよい人さん

  コメント有難う御座います。・・初のコメントですね?・・デモ、『さまよい人』と言うHNは何度も見掛けた記憶があります。・・どこのサイトでしたっけね?

野田は、お金も貰ったかも知れませんが、総理の座の為に悪魔に魂を売ったのでしょう。首相としては、大きな汚名だけを残す事になりましょう。そんな野田降ろしキャンペーンを全くしないマスコミって最低ですね。マスコミの信頼も地に落ちました。

さて、さまよい人さんが疑問に思っている事についての答えは記事の性質上ここの記事には書いていませんので、私の見解を改めて述べさせて頂きます。

 官邸前の抗議デモは、今までのところかなりマナー良く為されています。警察も丁寧です。(駅などから官邸前に行く事を妨害する活動をしている警察官もいるようですが・・)そして、おっしゃるるように赤ん坊を抱いた女性や子連れの家族も沢山やってきています。赤ん坊は、勿論機動隊の盾としてではなく、家族の一員として連れて来ているのでしょう。・・・家族みんなで参加する事の意義を感じたり、赤ん坊を一人で家に残してくる方が心配だったり・・もう少し大きい子供は、一緒に再稼働反対のコールを叫んだり、手作りと思われる旗等を振ったりしています。子供自ら参加したいと申し出たり、子供たちにも脱原発運動に参加させたいと親が考えたのではないでしょうか?さまよい人さんのおっしゃるように

>同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行った 

と言った理由も多いと思います。

確かに何も起こらないという保証はありませんが、一般の警察は、子供にまで手を出したりしたりはしないでしょう。それこそ警察の信頼は地に落ちます。
 質が悪いのは、一部の在特会とか公安警察ですが、やはり普通には子供にまでは手を出さないでしょう。

>例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために

逮捕された例は、昨年何度かありましたが、デモの中心人物や、在特会や警察の挑発に乗った人々です。 昨年、原発事故の直後、初期の頃から抗議デモを始めた人物で、デモを盛り上げるアジが上手いデモの中心的な若者は、警察の自作自演の演技で、・・警官が足をひっかけられた振りをして自ら倒れた・・成田闘争のときに機動隊などがよく使った手だそうです。・・・逮捕されそうになった時に、周りの仲間がビデオで撮っていたので逮捕されませんでした。また別の日に警官二人がかりの連係プレー(一人の警官が彼を押してもう一人の警官にぶつからせた・・)で彼を公務執行妨害で逮捕したときも、仲間がビデオに撮っていて、映像を見せたら警察は起訴を断念して、釈放しました。デモの勢いを削ぐために彼を逮捕する作戦が練られたようですが、2度とも失敗したようです。

・・・つまり、今は、多くの人が携帯電話やipadなどで画像や映像を撮っているので、警察もなかなか不当逮捕はしにくいようです。特に官邸前のデモの様子は数え切れない人達が撮影しています。見せしめの為に一般の人に怪我をさせる映像が公開されたら大変でしょう・・・

・・・かと言って、何事も起こらないなどとは言わない方がいいですね。何か起こったら、当局の陰謀である事を追及するぞ・・と言う姿勢を当局に見せる事も大切です。権力側が、何か仕掛けてくるかも知れないと、警戒する事も忘れない事ですね。その意味で、自動車が突っ込んで来るとか、ヘリコプターの事故等も可能性としては否定しません。しかし、だからと言って過剰に萎縮する必要は全くないでしょう。委縮させてデモに参加するのをためらう事こそ当局の思うつぼでしょう。官邸前よりも、大飯原発現地での抗議活動のほうが、気合いが入って真剣ですし、官邸前のように大人数ではないので、より危険なのはそちらの方かも知れません。今後は東京の官邸前だけではなく、日本各地で定期的な金曜抗議デモが同時多発的に行われますから、権力側も収拾が付けられないでしょうね。

道路をいきなり工事中にして閉鎖したり、警察が駅から官邸前に出してくれずに追い払ったり、色々な妨害があっても、今後もずっと原発が止まるまで官邸前抗議デモは続くでしょう。・・・少なくとも、官邸前抗議デモが無くなるよりも先に野田内閣が潰れるでしょうね。
2012/07/08(Sun) 03:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:菅さんは良い方へぶれましたね
    アルテミス^^さん

 恐らく官僚は総理大臣を舐めてかかって、「悪魔のささやき」で取り込むのが上手いのでしょうね。民主党の議員達もシロアリ官僚を撃退するどころか、みんな取り込まれましたが、管さんは、自分のヒロイズムのほうが勝って、官僚の洗脳から離れる事が出来たのでしょうね。一方野田は、官僚の好き放題に操られています。

>官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り

なるほどそうですね。そこに経産省の海江田万里も含めましょう。私はこの人物が最悪だと考えています。元々財テク屋です。相場師とかサラ金業者の類です。自分の周りにこれらの人物を配置しなければならなかったのは、色々な思惑以外に、単純に人材が不足していた事もあるでしょうね。

>井出さんの発明

については知りませんが、ネットでちょっと見たところ、
>入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せる
などと書かれてありましたので、眉唾かと思います。

>時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれません

の意図するところがよくわかりません。出来ればご説明を・・。 
2012/07/08(Sun) 03:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
こんばんは

そうだ海江田さんを忘れていました!当時の経産省大臣。色々と責任が誰がどこまでとるのか?国会事故調の報告を見る限り、色々な人の責任が問われそうですね?

さて、時間の枠ですが・・・
私の頭がすっとぼけているのでまぁあまり気になさらないでください。

あえていうならば好きなことをしている時って時間をあまりかんじませんでしょう?「あれ?もうこんな時間か?」と・・・

あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていたのでなんですが、

色々な技術が革新されて必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、限りなく時間という枠にとらわれなくなりそうな予感がしませんか?ま、これは私の感覚ですが^^;
2012/07/09(Mon) 20:38 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:
    アルテミス^^ #さん

 わかったような、わからないような・・(笑)

>あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていた

そのような前提が出来るような希望が持てればいいですね。

>必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、

世の中がこのような方向へ進めばいいですね。その前提としてこれからも

>色々な技術が革新

される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか?
2012/07/10(Tue) 00:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
雑草さん

こんばんは^^
>色々な技術が革新
される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか

なるほど仰りたいこともよく解ります。
言葉足らずかもしれませんね。
日本の原点。物を大切にする文化の視点での技術革新といえば少しはご理解いただけますかね?

わかりやすく・・・例えば今建築メーカーが建てている家なんてせいぜい20年や30年しか持ちません。酷いメーカーだと10年代もあります。

家は壊すときに大量に不燃物や資源にできないようなゴミをだします。これを技術を見直して、100年持つ住宅、300年持つ住宅にして、それを一人一人が採用したらどうなるのでしょうか?意外とこれに目を向けると日本の木造建築の素晴らしさが蘇ります。勿論建築に使う木材は大量植林された軟弱に育った木材でなくしっかりと手入れの行き届いた木材を材料として使います。

日本の建築技術は京都や奈良、それ以外の神社や仏閣などで理解できるかと思います。いい木材を手に入れるためにはそれなりに山の手入れが必要となってきます。山が元気になれば水も綺麗になりますし、川も元気にそして海も元気になります。そのためにはコンクリートダムなど自然環境や生態系を大きく変えるような構造物は、理想とする時代には好まれないと感じます。

実は雑草さんが眉唾と仰った井出治さんの技術はアメリカではかなり注目されている技術なのですよ(科学者達が注目してます)それ以外にもアインシュタインのE=mc2を覆す、光速の100倍以上に速度をあげることができる技術を日本の他の科学者が発明して特許をとっているみたいですね。

まぁこれがトンデモやデマをつかまされているとしたらどうぞ笑ってください。

いずれにしてもこのような技術が表にでてくれば社会変革はいやでも起きるでしょうね。

もし出てこなかったとしても、社会変革は別の形でもたらされると感じています。多分決まっていることだと思います。
2012/07/10(Tue) 19:38 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
菅さん、見ました。
 菅さんの最後のしっかりした答弁を見ました。今の国の根幹を蝕む腐敗した軍産複合体に気付かれた様です。ゴルバチョフさんも、やはりこの事に気付かれたので、実際にソ連を崩壊する方に、行政の舵をとられたのではないでしょうか。日本も崩壊するかもしれません。

 今、シリコンオイルを使った新たな太陽電池の作成方法では、原料や電気代が従来の百分の1で済むので、全く新たな
環境を考えた、安価な時代が来ます。
 プラズマ焼結を使った旧来からの方法は、原料も電気も垂れ流す環境を考えない技術で、核融合のプラズマに代表される、軍産複合的な資源を食い潰す技術です。

 私も学生実験でシリコン上に炭素薄膜を作るのに、核融合の点火に使うレーザーから縮小した様なエキシマレーザーを使った実験を繰り返しましたが、原料ガスの垂れ流しがもったいなくて、最後の方はやる気が無くなり、他の方法があるだろうと、止めました。
 
2012/07/11(Wed) 19:46 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re: (何かタイトル付いているといいですね。)
    アルテミス^^さん

 何度もお返事有難う御座います。

>日本の原点。物を大切にする文化の視点での技術革新

と言えば、仰りたい事は分かりました。しかしそれでも技術革新はあまり必要ないと思います。何故ならば、

>今建築メーカーが建てている家なんてせいぜい20年や30年しか持ちません。

と言うのは、今の技術が悪くなったからであって、昔の建物でも、長持ちするものはありました。・・それに長持ちする住宅よりも、腐ったりして自然に返る住宅のほうが重要だと思います。・・昔の家は100%自然に帰っていおました。

>井出治さんの技術はアメリカではかなり注目されている技術なのですよ(科学者達が注目してます)

何人の科学者が注目しようが眉唾は眉唾です。(どんな科学者なんでしょうか?)もし井出さんの言う通りの素晴らしい技術なら、とっくの昔にブレイクしている筈です。
井出氏の技術理論通りならば、永久運動機関も作れるでしょう。当方も子供の頃に散々永久運動機関を考えたので、システムを見れば偽物は大体直ぐに判断出来ると思います。何故永久機関になり得ないか指摘できます。力学的なシステムであれば、眉唾でしょう。熱力学第2法則(いわゆるエントロピーの法則)に反する永久機関は一見可能性がありそうですが、それもシステムを見れば判断出来ると思います。
 十年ほど前に、やはり入力よりも出力が大きいモーターか何かのシステムで、実験の結果、証拠のデータも得られている・・・という機関を作られた方の発表を見に行った方から、その「素晴らしい永久機関」を紹介をされた事がありました。(それが井出さんだった可能性も無きにしも非ずですね。)パンフレットを見たら、その発明者は、「宇宙空間のフリーエネルギーを取り入れる・・」とか説明していたようですが、描かれたシステムを見たら、永久磁石を用いたシステムで、私が子供の頃考えたシステムと同じ原理を使っていました。「宇宙空間のフリーエネルギー」が聴いて呆れました。単なる偽力学的永久機関システムで、データを誤魔化しているだけだろうと思いまいた。井出治氏のシステムがどのようなものか分かりませんが、システムを公開すればたちどころにばれてしまうので、システム非公開と言う事にはなっていませんか?抽象的な言葉で騙されないようにしなければなりません。もし「宇宙空間のフリーエネルギー」を否定しないとしても、そこからエネルギーを無尽蔵に引きだすシステムが作れるかと言う問題もあります。それこそエントロピー増大則に反しそうです。そのシステムは、決して複雑なシステムではないでしょうが、「ホワイトホール」のように、人間が作れるものでも利用できるものでもないでしょう。

 ただ、私も子供の頃から暫くは永久運動機関を考える事に熱を上げていましたので、そんな夢を持つ事も否定はしません。『本物』ならば、これまでのどの発明も遥かに凌ぐ世紀の大発明でしょう。同時に「ホワイトホール」のような巨大な危険も伴うでしょう。
2012/07/12(Thu) 22:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:菅さん、見ました。
    地下水さん

>菅さんの最後のしっかりした答弁を見ました。

見て頂けましたか。。。マスコミではこの肝心なところを無視して、報道しませんでしたね。酷いものです。
管氏が頑張って首相を続けていれば、まだ再稼働は無かったでしょうね。

>日本も崩壊するかもしれません。

私もそう思います。21世紀中に崩壊する可能性は、かなり高いと思います。

>環境を考えた、安価な時代が来ます。

そんな時代が来ればいいですね。

  ××××   ××××   ×××× ××××

P.S.
・・・ここの記事とは関係ありませんが
今年はミニトマトなど沢山作ったので沢山お裾分け出来そうです。



 
2012/07/12(Thu) 23:13 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。