-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-05-11 00:01
5月5日(土)夜23時数分過ぎに北海道電力泊原発3号機が運転を停止し、国内の原発稼働ゼロが実現しました。日本各地で、脱原発派のお祝いがなされました。経済産業省の前のテントでは、甘酒が振舞われ、多くの人々によって、かんしょ踊りが踊られました。 
現場に集まった人々をはじめ、脱原発運動をしている人々の大部分は、全炉停止状態になった現在、これからの脱原発運動のメインは、再稼動を阻止して全炉廃炉を決定することであることを十分に認識しています。
私もその場では他の方々とお祝い致しましたが、本音としては、あまり祝う気分にはなれませんでした。前途を考えると、楽観視出来ないどころか、非常に深刻な展望が浮かんできます。・・・その理由は、推進派が着々と再稼動の準備を進めているから・・・・ではありません。もっともっと、根本的な問題・・・非常に深刻な現実・・が厳としてそこに横たわっているからです。
原発が全部止まった現在以降全ての原発での再稼動を阻止出来て、更に全炉廃炉をすんなり決定したとしても、絶望的な状況が、やっと少しは「まし」になった程度といえましょう。廃炉決定後に非常に深刻な現実が待ち受けているからです。

放射性廃棄物の問題だけで、原発は決して始めてはならない代物でした。それなのに、原発は具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えないままに見切り発車されてしまいました。放射性廃棄物の問題は全く解決もされないままに、どんどん稼動されて、とんでもない量の放射性物質を大量に作ってしまったのです。・・・まさしく悪夢のようです。

廃炉自体が巨大な放射性廃棄物です。放射能だらけの原発を、廃炉、解体しようとしても、造るときの何倍ものお金がかかるので、原発は経済的に破綻している事はだんだん知られつつある事実です。それだけではなく、どうしても大量の被曝が避けられないことも明らかになってきました。停止後暫くは、廃炉、解体が難しいので、被曝を避けるためには、今のところとりあえず「閉鎖」する事になるのです。閉鎖とは発電を止めて、核燃料を取り出しておくことですが、ここからがかなり大変です。放射能まみれになってしまった原発は、発電している時と同じように、水を入れて動かし続けなければなりません。放射能が無くなるまで、発電しているときと同じように監視し、管理を続けなければならないのです。国は止めてから5年から10年間くらい閉鎖して密閉管理してから、粉々にくだいてドラム缶に入れて、原発の敷地内に埋めるなどという案を出していますが、それでも一基で数万トンくらいの放射能まみれの廃材が出るのです。
定期検査で取り出した使用済み核燃料は、原子炉建屋の上の方にある燃料プールで3年間くらい冷却しなければ、メルトダウンの可能性があります。使用済み核燃料でも、一定量以上集めれば再臨界に達し、爆発を起こす可能性があります。建屋が崩れたりして、使用済み核燃料が集まって押しつぶされたりすると、再臨界に達します。地震等でプールが破壊されて水が抜けてしまえばお手上げです。
使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出した後に残った放射性廃棄物である高レベル放射性廃棄物は、どろどろの高レベル廃棄物をガラスと一緒に固めて金属容器に入れた「キャニスター」に入れて、一時的に青森県の六ケ所村に置いて保管しています。この容器の側に2分間いると死んでしまうほどの放射線を出すと言われています。30年から50年間くらい冷やし続け、その後、どこか他の場所に持って行って、地中深く埋める予定だといっていますが、予定地は全く決まっていません。この高レベル廃棄物をしっかり処分した国はありません。
現在、ドラム缶に入れて各地の原発に保存している低レベル放射性廃棄物は、ドラム缶で100万本近い数です。「低レベル」と言っても、中にはこのドラム缶の側に5時間いれば、致死量の被曝するものもあるそうですから、その放射能の強さは、現在問題になっている瓦礫の放射線よりも遥かに強いでしょう。遥かに強力な放射能を帯びています。
将来的には、被曝労働はロボットが行う事になるでしょうが、今のところ研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使えないようです。この問題は、解決不可能ではないでしょうが、それまでに労働者はどのくらい被曝するでしょうか?・・・毎年数万人が被曝し、そのうち何パーセントかは、死亡する事になるでしょう。
冷却に数十年、放射能の閉じ込めに数万年が必要ですが、爆発も放射能漏れも起こさずに、数万年間管理する事は不可能に近いでしょう。核爆発、水蒸気爆発などを起こす可能性も低くはないだろうし、放射能漏れは必ず起こるでしょう。【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく】で描いた通りです。これから先、必ずやってくる原発の閉鎖・・・そして、その後にやらなければならない使用済み核燃料など放射性廃棄物の処理・・・これは本当に深刻な問題です。非常に憂鬱な問題です。これだけで、日本も世界も破滅してしまう可能性はかなり高いと言えましょう。人類が、この危機を数万年間免れ切れるとは考えられません。・・・今世紀すら乗り越えられない可能性のほうが高いのではないでしょうか?

参考HP  原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/05/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |


ぜんまい
初めて書込みします。
私も雑草さんがおっしゃっているように、
最近の再稼働への動きを見ていて前途多難だと不安になっています。
原子力ムラは最初から国民全体のことなど考えない人たちだから
いかにまともな理論が示されても昔と同じ根回しで潰せる自信があるようで困ったものです。
脱原発の声が弱まらないよう出来る人だけでも何らかのアクションを続けていきましょう!

同感です
アルテミス^^
雑草さん

おはようございます!
精力的に活動されているようで頭が下がります。
停止することは稼働よりも前進していることとなりますが、
その状態でも監視をしていないといけませんし、最低限の工程管理は必要ですものね。

それに雑草さんの言及されている放射性廃棄物。これは終生日本につきまとう問題であると私も感じております。科学技術が発達して今までの常識の枠を超えた技術が出てくれば解決可能かもしれませんが、それに期待しすぎるのも非現実的ですし・・・。

先日久々に東京の地を踏みました。改正放射線障害防止法の講義を聞くためです。放射化物という文言が新たに加えられるようですね。かと言って現在日本の国土を汚染しているものについては、現時点ではこの言葉の対象ではないみたいです。

都会はあくせくした流れで、一見すると平常通りに動いている様に感じました。行き交う人々に目を向けると疲れている人が多かったです。生き生きしている人も1/3位はいたと思います。

元気だそうぜ日本!
から元気でもいいからサ・・・と心でつぶやいておりました。

贅沢の限界
団塊親爺の遺言
子供の頃のランプ生活から電灯が点いた時・・
眩しかった記憶があります 水道も無く井戸水だった
テレビもラジオも無かったが 今思うと幸せとか不幸
とか考えもしない時代でした 御飯は麦飯で魚やおかずは
ショツパイものが多かった・・家族も多く早く食べないと
その少ないおかずも直ぐに無くなった・・

今の生活からは考えられない終戦後の時代・・
何の不便も感じ無かったが ラジオが来て相撲放送が聞けた時の
感動やテレビが来てポパイのアニメが見られた時は
何か幸せの時代でしたね 一つ一つのものが便利に楽しみが増える
喜びが在りました でもいつか機械は壊れる事を知り性能が良く
丈夫な製品を選ぶ様に値段と価値で買うように成りました
 壊れても永久にお金を払いなさいと言われたら
誰も買う人はいないでしよう まして壊れたら毒が発生
するから家や故郷を棄て直ぐに遠くへ逃げてね・・
こんな製品やモノなら誰も買いませんよね・・でも売り手は絶対に
壊れない安全と云い買わせるのです 
永久に私たちからお金を取る時代に成ってしまいました・・ 

廃炉及び核廃物
guyver1092
 全国民がこのどうしようもない現実を、真に理解する日はいつになるのでしょうか。最近話をした人は、高速増殖炉に永遠のエネルギーとしての期待を抱いていました。小出氏の本で「騙されたあなたにも責任がある」のタイトル通り、まだまだ多くの人々が原子力に未来のエネルギーとしての期待を抱いているのでしょう。
 日本人は精神力を強く持って、この厳しい現実と向き合う必要があるのでしょう。 


kurohune0702
日本人は基本的に科学的な判断のできない民族だと承知しております。
政府をはじめ経済界の人間は原発を廃止にするにしても、すぐに全機停止にするのは極端な判断との認識があると思われます。福島にてあんなに不幸な事が起こってしまいましたが、原発事故で多くの人が故郷を追われたという事実がありますが、多くの国民が亡くなったという事はありません。東京電力を強気にさせている原因はここにあるのかもしれません。
日本に原爆が落とされてやっと日本は戦争を止めました。これから類推するに、原発にて本当に悲惨な事故が起きてはじめて日本人は原発が危ないのかな
と気がつくのではないかと悲観しています。


知らないって怖い…
でなしNo.146
これから放射線を出す廃棄物を監視し続けなければいけないとわかっている日本人は少ないと思います。

こういう時代だからこそ、国民ひとりひとりが真実を知る努力をするべきだと思いますし、マスコミから得た情報を鵜呑みにしないことが大事だと思います。

負の遺産が人の住める場所をなくさないことを祈るばかりです。

Re:
雑草Z
    ぜんまいさん

 初めての書き込み有難う御座います。

おっしゃる事は同感です。その通りだと思います。

>脱原発の声が弱まらないよう出来る人だけでも何らかのアクションを続けていきましょう!

そうですね。これも大切な事だと思います。
ただ、私は今回の記事では、最近の再稼働の動きを憂えたわけではなく、(それはそれで酷いものですが・・)たとえ今年中に原子力村を解体して、日本の原発の全炉の廃炉を決定したとしても・・・つまり、脱原発運動の目標を早期達成出来たとしても、作り過ぎた過剰な原発の全炉の廃炉作業は非常に困難であるという事を述べています。そう、原発は既に作り過ぎて首が回らない状態なのです。

Re:同感です
雑草Z
    アルテミスさん

 早く全炉廃炉を決定しなければならない事は当然の事ですが、廃炉決定の後原発が安全になるまでに・・・数十万年・・全原発を安全に管理する事は不可能に近いでしょう。

>最低限の工程管理は必要ですものね。

この「最低限の管理」が結構大変でしょう。正に大きな「負の遺産」です。子孫にとって、堪ったものではありません。

>科学技術が発達して今までの常識の枠を超えた技術が出てくれば解決可能かもしれませんが、それに期待しすぎるのも非現実的ですし・・・。

可能性としては、否定出来ないでしょうが、エントロピーから考えても、放射能を除去出来ても、他が放射化するでしょうね。

現代は、ひと昔、二昔前よりも酷い時代になっていると感じる事が多いこの頃です。

Re:贅沢の限界
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

「贅沢の限界」と言うタイトルはまさしく現代の「先進国」と自ら呼んでいる狂った国々の現状ですね。

>壊れても永久にお金を払いなさいと言われたら 誰も買う人はいないでしよう まして壊れたら毒が発生するから家や故郷を棄て直ぐに遠くへ逃げてね・・
>こんな製品やモノなら誰も買いませんよね・・でも売り手は絶対に壊れない安全と云い買わせるのです

非常に的確な表現ですね。言い得て妙です。原発推進は、本当に騙しと脅しの世界ですね。酷い代物です。東電も政府も、放射能が安全になるまで管理する積りは無いでしょうし、管理も出来ないでしょう。・・どちらも今世紀中には無くなるでしょうしね。

>今思うと幸せとか不幸とか考えもしない時代でした

今のように世界の絶滅の危機感が無いだけでも、第二次世界大戦後のほうがいい時代でしたね。人類はいつから道を踏み外してしまったのでしょうね。

 郷愁を誘う素敵な文章、有難う御座いました。 
 


Re:廃炉及び核廃物
雑草Z
    guyver1092さん

>最近話をした人は、高速増殖炉に永遠のエネルギーとしての期待を抱いていました。

このような科学の法則を無視するどうしようもない人が原発を「最新科学」などと言って妄信する姿は呆れるばかりです。

>全国民がこのどうしようもない現実を、真に理解する日はいつになるのでしょうか。

もしかしたら、日本が滅びる直前でしょうか??

>日本人は精神力を強く持って、この厳しい現実と向き合う必要があるのでしょう。

このように書くしかないでしょうけれど、もう「出口なし」と感じている事を口にしたのが、この記事です。guyver1092さんもこの現実は、厳し過ぎるとお考えでしょう?出口、逃げ道はありましょうか?? 

Re:
雑草Z
    kurohune0702さん

お久し振りのコメント有難う御座います。確かだいぶ以前にも本質を突いたコメント頂いた記憶があります。

>政府をはじめ経済界の人間は原発を廃止にするにしても、すぐに全機停止にするのは極端な判断との認識があると思われます。

そうですね。作ってしまったものは使い切ろう・・・と言う考えなのでしょうけれど、原発は、放射性物質製造マシーンである事を理解すれば、一刻も早く全炉廃炉にするべきですね。

>多くの国民が亡くなったという事はありません。

そうですね。被曝の被害はこれから次第に出てくるでしょうね。

>原発にて本当に悲惨な事故が起きてはじめて日本人は原発が危ないのかなと気がつくのではないかと悲観しています。

福島第一よりも深刻な事故が起きたら、日本もお仕舞いかも知れませんね。気付いた時には既に遅し・・・私は現在でもそれに近い状態になりそうだと危惧しております。



Re:知らないって怖い…
雑草Z
    でなしNo.146さん

 お久し振りのコメント有難う御座います。

>これから放射線を出す廃棄物を監視し続けなければいけないとわかっている日本人は少ないと思います。

福島原発事故から1年以上も経って、放射性廃棄物の問題を知らない人が多いとすれば、まずい現実です。
再稼働問題でも、安全かどうかの話だけですが、放射性廃棄物の問題を考えれば、原発の稼働は狂気の沙汰ですね。

>負の遺産が人の住める場所をなくさないことを祈るばかりです。

福島第一原発だけでなく、日本17か所の原発立地のどこかでもいつか大きな放射能漏れが起こるでしょうね。現実は深刻です。おっしゃるように、日本に人が棲める空間が無くならない事を祈るばかりです。 

現実は悪夢か
guyver1092
 現状を評価して見れば、まず国家の中枢は完全に破滅を指向する政策を採用していますね。
 地方の首長は、一部は完全に脱原発派で、これには多少の期待ができます。
 国民は原発反対か推進かとの選択肢では、反原発派が半分以上のようですが、マスコミが推進派一色で、国民を洗脳しようと全力を挙げていますね。国民が賢ければ、騙されずにすむでしょうが、長年かけて文部省が国民を騙されやすく教育してきているので予断を許さないと考えています。
 放射性廃棄物ですが、陸上での百万年近くの管理は不可能でしょう。石油の有る間に、絶対環境内に逆流しない捨て場所に捨てることが出来ない限り、地球の高等生命体の将来は悲観的にならざるを得ないでしょうね。私は、人類の技術の海面下2000mからさらに5000メートルまで掘り下げられる技術に多少の期待を抱いています。海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋めることが出来れば、少なくとも二億年は地表に出てきません。技術的に可能かどうかまでは分かりませんが。
 ちなみに私はフィンランドでしようとしている地下500mに十万年保管というのは、プルトニウムの四半減周期しかなく、これでは意味がないと思っています。
 全体的には、希望より絶望のほうがはるかに大きいと考えています。

Re:現実は悪夢か
雑草Z
    guyver1092さん

 こちらにお返事頂き、有難う御座います。

>国家の中枢は完全に破滅を指向する政策を採用していますね。

確かに、いつものguyver1092さん一流のブラックを国家ぐるみでやっていますね。本当にブラックパロディーを素でいってますね。悪夢のようです。

>マスコミが推進派一色で、国民を洗脳しようと全力を挙げていますね。

東京新聞や中日新聞は頑張っているのですがね。この期に及んで再稼働なんて、頭がおかしいとしか思えません。

>石油の有る間に、絶対環境内に逆流しない捨て場所に捨てることが出来ない限り、地球の高等生命体の将来は悲観的にならざるを得ないでしょうね。

そうです。だから現実は非常に深刻です。

>海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋めることが出来れば、少なくとも二億年は地表に出てきません。

このアイディアは、初めて聞きましたが、今までに聞いた放射性廃棄物の最終処理の中で、一番見込みがあるかも知れません。どなたの案でしょうか?

>フィンランドでしようとしている地下500mに十万年保管というのは、プルトニウムの四半減周期しかなく、これでは意味がない

フィンランドのオルキルオトのオンカロ処分場は、10万年保管出来れば上出来でしょうね。1000年先の事も考えられません。現代文明が22世紀まで続くかどうかも怪しいものです。21世紀は人類の綱渡りの世紀となるでしょう。

海溝
guyver1092
 世界で初めてかどうかは知りませんが、これは私が槌田氏や自民党の河野氏の主張と、メキシコ湾海底油田のための掘削技術を組み合わせて考えました。海溝の地球に潜って行くような厳しい環境にこのような穴が掘れるかどうかは疑問もありますが。

Re:海溝
雑草Z
    guyver1092さん

素早いお返事有難う御座います。そうでしたか!guyver1092さんのオリジナルでしたか!?・・・アイディアマンですね。お見事です。

放射性廃棄物の最終処分の方法は、ロケットで宇宙のかなたに飛ばすとか、南極の氷に埋め込むとか、どうしようもない愚策しかありませんでしたが、その中で、フィンランドのオンカロ処分場は、ちょっとはましな、仕方のない方法かとも考えていました。しかし、オンカロよりも、海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋める方法は、もっと良い方法ではないかと考えます。水圧の問題がかなり大変でしょうけど・・勿論、原発の費用対効果は既に破綻していますが、この「危険極まりない半永久的な負の遺産」を人間が近づかない場所に半永久的に封じ込める事が出来れば、この期に及んで石油の浪費はいた仕方のない事でしょう。かなり上出来でしょう。実現見込みが出来ればいいですね。
 いずれにしても原発は、放射性廃棄物の処理だけで、発電のメリットの何倍もの負の遺産を残す事になりますね。

 兎も角、原発によって、未来の世代はどうしようもなく大きくて深刻な負の遺産を押し付けられる事になりますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めて書込みします。
私も雑草さんがおっしゃっているように、
最近の再稼働への動きを見ていて前途多難だと不安になっています。
原子力ムラは最初から国民全体のことなど考えない人たちだから
いかにまともな理論が示されても昔と同じ根回しで潰せる自信があるようで困ったものです。
脱原発の声が弱まらないよう出来る人だけでも何らかのアクションを続けていきましょう!
2012/05/11(Fri) 12:50 | URL  | ぜんまい #1wpe6iCY[ 編集]
同感です
雑草さん

おはようございます!
精力的に活動されているようで頭が下がります。
停止することは稼働よりも前進していることとなりますが、
その状態でも監視をしていないといけませんし、最低限の工程管理は必要ですものね。

それに雑草さんの言及されている放射性廃棄物。これは終生日本につきまとう問題であると私も感じております。科学技術が発達して今までの常識の枠を超えた技術が出てくれば解決可能かもしれませんが、それに期待しすぎるのも非現実的ですし・・・。

先日久々に東京の地を踏みました。改正放射線障害防止法の講義を聞くためです。放射化物という文言が新たに加えられるようですね。かと言って現在日本の国土を汚染しているものについては、現時点ではこの言葉の対象ではないみたいです。

都会はあくせくした流れで、一見すると平常通りに動いている様に感じました。行き交う人々に目を向けると疲れている人が多かったです。生き生きしている人も1/3位はいたと思います。

元気だそうぜ日本!
から元気でもいいからサ・・・と心でつぶやいておりました。
2012/05/12(Sat) 07:23 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
贅沢の限界
子供の頃のランプ生活から電灯が点いた時・・
眩しかった記憶があります 水道も無く井戸水だった
テレビもラジオも無かったが 今思うと幸せとか不幸
とか考えもしない時代でした 御飯は麦飯で魚やおかずは
ショツパイものが多かった・・家族も多く早く食べないと
その少ないおかずも直ぐに無くなった・・

今の生活からは考えられない終戦後の時代・・
何の不便も感じ無かったが ラジオが来て相撲放送が聞けた時の
感動やテレビが来てポパイのアニメが見られた時は
何か幸せの時代でしたね 一つ一つのものが便利に楽しみが増える
喜びが在りました でもいつか機械は壊れる事を知り性能が良く
丈夫な製品を選ぶ様に値段と価値で買うように成りました
 壊れても永久にお金を払いなさいと言われたら
誰も買う人はいないでしよう まして壊れたら毒が発生
するから家や故郷を棄て直ぐに遠くへ逃げてね・・
こんな製品やモノなら誰も買いませんよね・・でも売り手は絶対に
壊れない安全と云い買わせるのです 
永久に私たちからお金を取る時代に成ってしまいました・・ 
2012/05/13(Sun) 07:53 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
廃炉及び核廃物
 全国民がこのどうしようもない現実を、真に理解する日はいつになるのでしょうか。最近話をした人は、高速増殖炉に永遠のエネルギーとしての期待を抱いていました。小出氏の本で「騙されたあなたにも責任がある」のタイトル通り、まだまだ多くの人々が原子力に未来のエネルギーとしての期待を抱いているのでしょう。
 日本人は精神力を強く持って、この厳しい現実と向き合う必要があるのでしょう。 
2012/05/13(Sun) 20:34 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
日本人は基本的に科学的な判断のできない民族だと承知しております。
政府をはじめ経済界の人間は原発を廃止にするにしても、すぐに全機停止にするのは極端な判断との認識があると思われます。福島にてあんなに不幸な事が起こってしまいましたが、原発事故で多くの人が故郷を追われたという事実がありますが、多くの国民が亡くなったという事はありません。東京電力を強気にさせている原因はここにあるのかもしれません。
日本に原爆が落とされてやっと日本は戦争を止めました。これから類推するに、原発にて本当に悲惨な事故が起きてはじめて日本人は原発が危ないのかな
と気がつくのではないかと悲観しています。
2012/05/15(Tue) 11:08 | URL  | kurohune0702 #-[ 編集]
知らないって怖い…
これから放射線を出す廃棄物を監視し続けなければいけないとわかっている日本人は少ないと思います。

こういう時代だからこそ、国民ひとりひとりが真実を知る努力をするべきだと思いますし、マスコミから得た情報を鵜呑みにしないことが大事だと思います。

負の遺産が人の住める場所をなくさないことを祈るばかりです。
2012/05/15(Tue) 19:20 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:
    ぜんまいさん

 初めての書き込み有難う御座います。

おっしゃる事は同感です。その通りだと思います。

>脱原発の声が弱まらないよう出来る人だけでも何らかのアクションを続けていきましょう!

そうですね。これも大切な事だと思います。
ただ、私は今回の記事では、最近の再稼働の動きを憂えたわけではなく、(それはそれで酷いものですが・・)たとえ今年中に原子力村を解体して、日本の原発の全炉の廃炉を決定したとしても・・・つまり、脱原発運動の目標を早期達成出来たとしても、作り過ぎた過剰な原発の全炉の廃炉作業は非常に困難であるという事を述べています。そう、原発は既に作り過ぎて首が回らない状態なのです。
2012/05/15(Tue) 21:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:同感です
    アルテミスさん

 早く全炉廃炉を決定しなければならない事は当然の事ですが、廃炉決定の後原発が安全になるまでに・・・数十万年・・全原発を安全に管理する事は不可能に近いでしょう。

>最低限の工程管理は必要ですものね。

この「最低限の管理」が結構大変でしょう。正に大きな「負の遺産」です。子孫にとって、堪ったものではありません。

>科学技術が発達して今までの常識の枠を超えた技術が出てくれば解決可能かもしれませんが、それに期待しすぎるのも非現実的ですし・・・。

可能性としては、否定出来ないでしょうが、エントロピーから考えても、放射能を除去出来ても、他が放射化するでしょうね。

現代は、ひと昔、二昔前よりも酷い時代になっていると感じる事が多いこの頃です。
2012/05/15(Tue) 21:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:贅沢の限界
    団塊親爺の遺言さん

「贅沢の限界」と言うタイトルはまさしく現代の「先進国」と自ら呼んでいる狂った国々の現状ですね。

>壊れても永久にお金を払いなさいと言われたら 誰も買う人はいないでしよう まして壊れたら毒が発生するから家や故郷を棄て直ぐに遠くへ逃げてね・・
>こんな製品やモノなら誰も買いませんよね・・でも売り手は絶対に壊れない安全と云い買わせるのです

非常に的確な表現ですね。言い得て妙です。原発推進は、本当に騙しと脅しの世界ですね。酷い代物です。東電も政府も、放射能が安全になるまで管理する積りは無いでしょうし、管理も出来ないでしょう。・・どちらも今世紀中には無くなるでしょうしね。

>今思うと幸せとか不幸とか考えもしない時代でした

今のように世界の絶滅の危機感が無いだけでも、第二次世界大戦後のほうがいい時代でしたね。人類はいつから道を踏み外してしまったのでしょうね。

 郷愁を誘う素敵な文章、有難う御座いました。 
 
2012/05/15(Tue) 22:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:廃炉及び核廃物
    guyver1092さん

>最近話をした人は、高速増殖炉に永遠のエネルギーとしての期待を抱いていました。

このような科学の法則を無視するどうしようもない人が原発を「最新科学」などと言って妄信する姿は呆れるばかりです。

>全国民がこのどうしようもない現実を、真に理解する日はいつになるのでしょうか。

もしかしたら、日本が滅びる直前でしょうか??

>日本人は精神力を強く持って、この厳しい現実と向き合う必要があるのでしょう。

このように書くしかないでしょうけれど、もう「出口なし」と感じている事を口にしたのが、この記事です。guyver1092さんもこの現実は、厳し過ぎるとお考えでしょう?出口、逃げ道はありましょうか?? 
2012/05/15(Tue) 22:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:
    kurohune0702さん

お久し振りのコメント有難う御座います。確かだいぶ以前にも本質を突いたコメント頂いた記憶があります。

>政府をはじめ経済界の人間は原発を廃止にするにしても、すぐに全機停止にするのは極端な判断との認識があると思われます。

そうですね。作ってしまったものは使い切ろう・・・と言う考えなのでしょうけれど、原発は、放射性物質製造マシーンである事を理解すれば、一刻も早く全炉廃炉にするべきですね。

>多くの国民が亡くなったという事はありません。

そうですね。被曝の被害はこれから次第に出てくるでしょうね。

>原発にて本当に悲惨な事故が起きてはじめて日本人は原発が危ないのかなと気がつくのではないかと悲観しています。

福島第一よりも深刻な事故が起きたら、日本もお仕舞いかも知れませんね。気付いた時には既に遅し・・・私は現在でもそれに近い状態になりそうだと危惧しております。

2012/05/15(Tue) 22:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:知らないって怖い…
    でなしNo.146さん

 お久し振りのコメント有難う御座います。

>これから放射線を出す廃棄物を監視し続けなければいけないとわかっている日本人は少ないと思います。

福島原発事故から1年以上も経って、放射性廃棄物の問題を知らない人が多いとすれば、まずい現実です。
再稼働問題でも、安全かどうかの話だけですが、放射性廃棄物の問題を考えれば、原発の稼働は狂気の沙汰ですね。

>負の遺産が人の住める場所をなくさないことを祈るばかりです。

福島第一原発だけでなく、日本17か所の原発立地のどこかでもいつか大きな放射能漏れが起こるでしょうね。現実は深刻です。おっしゃるように、日本に人が棲める空間が無くならない事を祈るばかりです。 
2012/05/15(Tue) 22:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
現実は悪夢か
 現状を評価して見れば、まず国家の中枢は完全に破滅を指向する政策を採用していますね。
 地方の首長は、一部は完全に脱原発派で、これには多少の期待ができます。
 国民は原発反対か推進かとの選択肢では、反原発派が半分以上のようですが、マスコミが推進派一色で、国民を洗脳しようと全力を挙げていますね。国民が賢ければ、騙されずにすむでしょうが、長年かけて文部省が国民を騙されやすく教育してきているので予断を許さないと考えています。
 放射性廃棄物ですが、陸上での百万年近くの管理は不可能でしょう。石油の有る間に、絶対環境内に逆流しない捨て場所に捨てることが出来ない限り、地球の高等生命体の将来は悲観的にならざるを得ないでしょうね。私は、人類の技術の海面下2000mからさらに5000メートルまで掘り下げられる技術に多少の期待を抱いています。海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋めることが出来れば、少なくとも二億年は地表に出てきません。技術的に可能かどうかまでは分かりませんが。
 ちなみに私はフィンランドでしようとしている地下500mに十万年保管というのは、プルトニウムの四半減周期しかなく、これでは意味がないと思っています。
 全体的には、希望より絶望のほうがはるかに大きいと考えています。
2012/05/20(Sun) 20:54 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:現実は悪夢か
    guyver1092さん

 こちらにお返事頂き、有難う御座います。

>国家の中枢は完全に破滅を指向する政策を採用していますね。

確かに、いつものguyver1092さん一流のブラックを国家ぐるみでやっていますね。本当にブラックパロディーを素でいってますね。悪夢のようです。

>マスコミが推進派一色で、国民を洗脳しようと全力を挙げていますね。

東京新聞や中日新聞は頑張っているのですがね。この期に及んで再稼働なんて、頭がおかしいとしか思えません。

>石油の有る間に、絶対環境内に逆流しない捨て場所に捨てることが出来ない限り、地球の高等生命体の将来は悲観的にならざるを得ないでしょうね。

そうです。だから現実は非常に深刻です。

>海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋めることが出来れば、少なくとも二億年は地表に出てきません。

このアイディアは、初めて聞きましたが、今までに聞いた放射性廃棄物の最終処理の中で、一番見込みがあるかも知れません。どなたの案でしょうか?

>フィンランドでしようとしている地下500mに十万年保管というのは、プルトニウムの四半減周期しかなく、これでは意味がない

フィンランドのオルキルオトのオンカロ処分場は、10万年保管出来れば上出来でしょうね。1000年先の事も考えられません。現代文明が22世紀まで続くかどうかも怪しいものです。21世紀は人類の綱渡りの世紀となるでしょう。
2012/05/21(Mon) 20:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
海溝
 世界で初めてかどうかは知りませんが、これは私が槌田氏や自民党の河野氏の主張と、メキシコ湾海底油田のための掘削技術を組み合わせて考えました。海溝の地球に潜って行くような厳しい環境にこのような穴が掘れるかどうかは疑問もありますが。
2012/05/21(Mon) 23:00 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:海溝
    guyver1092さん

素早いお返事有難う御座います。そうでしたか!guyver1092さんのオリジナルでしたか!?・・・アイディアマンですね。お見事です。

放射性廃棄物の最終処分の方法は、ロケットで宇宙のかなたに飛ばすとか、南極の氷に埋め込むとか、どうしようもない愚策しかありませんでしたが、その中で、フィンランドのオンカロ処分場は、ちょっとはましな、仕方のない方法かとも考えていました。しかし、オンカロよりも、海溝とかトラフの地球内に巻き込まれていく部分深くに長い穴を掘り、ここに放射性廃棄物を埋める方法は、もっと良い方法ではないかと考えます。水圧の問題がかなり大変でしょうけど・・勿論、原発の費用対効果は既に破綻していますが、この「危険極まりない半永久的な負の遺産」を人間が近づかない場所に半永久的に封じ込める事が出来れば、この期に及んで石油の浪費はいた仕方のない事でしょう。かなり上出来でしょう。実現見込みが出来ればいいですね。
 いずれにしても原発は、放射性廃棄物の処理だけで、発電のメリットの何倍もの負の遺産を残す事になりますね。

 兎も角、原発によって、未来の世代はどうしようもなく大きくて深刻な負の遺産を押し付けられる事になりますね。
2012/05/21(Mon) 23:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。