-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2006-11-01 00:01
 
  今の日本の政府の言う「痛みを伴った改革」はしっかり将来を見通したものではなく、愚かな政策です。「痛みを伴った改革」によって構造改革するのは反対ではありませんが、現在の政府の目標とする構造は、全く持続可能ではないからです。
 この21世紀に構造改革と言ったら、
徹底的に持続可能な社会を目指すもの
でなければ話になりません。

 環境先進国と言われているヨーロッパの国々でさえ、まだまだ持続可能なレベルではありません。

 私は本当の「痛みを伴った改革」は、有限の(無限だったらそれも恐い!)地球上では絶対に使ってはいけないねずみ講の経済学、
 ケインズ理論からの脱却
であると確信します。

これを引き延ばせば引き延ばす程、
 環境問題とリンクして絶滅のカタストロフィーが起こる可能性が高まっていくでしょう。

 もうかなり以前から、ケインズ経済学に依るよころの公共工事の肥大化は、自国内では無理になり、他のいわゆる「発展途上国」にまで拡大させています。それらの国でも、既に『No』の言葉が出て来て、日本は訴えられたりもしています。政治家の読みはかなり甘過ぎます。その場しのぎです。
(理不尽な経済学だけで理系的素養がないからでしょうか?それよりも、知識がなくとも自然に備わっているべき大切な感覚の欠如によるものだと思います・・・この事については近いうちに書かせて戴きます・・・アメリカの恐いところは、この肥大化を軍需産業にシフトしていって外国に戦争をしかけている事です。)
 どう頑張ってもそろそろ飽和して拡大出来なくなってきているのです。これを無理に拡大しようとすれば今までにない規模のカタストロフィーが起こります。今世紀中に大破綻します。
 これは私の予言と言うよりも、理性的に状況把握すればわかる筈です。
その回避方法は【カタストロフィーの理論】のところで述べたように、
 経済縮小して、カタストロフィーのストレスを抜いていく事であると確信しています。 

 ねずみ講 痛みがあっても 
               今すぐやめる 
 経済拡大 ケインズ経済

 
 一応、経済発展をやめることを「痛みを伴った改革」と言ったけれど
 そのまま経済成長すれば必ず起こるであろうカタストロフィーと比べれば、大した痛みではないし、
うまくシフト達成出来れば
 新しい持続可能な社会に生まれ変わります。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2006/11/01 00:01】 | 社会・経済 トラックバック(0) |

ノーベル賞経済学者のお話。
でなしNo.146
2008年度ノーベル経済学賞を受賞した某経済学者は、この不況は長引き、脱するためには、60兆円規模の公共事業をする必要があるとネット新聞に載っていました。

とりあえず、
まさか、ダムとか道路なんて作らないよね?

と聞きたいです。
(たぶん、作るんだろうけど…)


60兆円を公共事業に投入するならば、

例えば、過激かもしれませんが、

「石油をまったく用いない世界を創造する事」や、

「一斉に雇用を解除して、必要のない仕事をなくし、経済収縮させるための費用」
(存在理由が「浪費」の仕事の排除&労働時間の短縮とねずみ講経済の廃止)

などに使ってほしいものです。
(要するに、資本主義からシフトするためのお金にするべき)


話は変わりますが、
雑草さんが、これほど前から、予言的な記事を書かれているとは、驚愕しました^^


本当に、アメリカ式資本主義はすでに崩壊寸前ですね。


ただ、
資本主義の歴史を見ると、世界恐慌や急激な経済の変動があった場合、その後に世界大戦になるパターンがあるようです。


カンタンな話、自分の国で「フツー」にものを生産していたら金儲けできないから、武器とかいっぱい作って、戦争に勝った後、他の国の資源とか搾取すればOKというもの。


歴史は繰り返されるとは言いますが、そろそろ、こういうバカらしい戦いと経済の螺旋を終わりにしてほしいと思います。


最後に、
>うまくシフト達成出来れば
 新しい持続可能な社会に生まれ変わります。

との事でしたが、持続可能な社会(脱資本主義社会?)を待っている人は多いと思います。

(潜在的に。だっておかしいですもん。こんな忙しくて、お金に縛られて、ストレスまみれの社会w)


何故そんな人が・・・じゃなくて
雑草Z
    でなしNo.146 さん

 私の知らない情報の提供有難う御座います。

 ノーベル賞を受賞した人が何故そんな愚かな事を・・・?
なんて考えがちですが、ノーベル賞自体、かなり政治色が濃く、現代の経済成長路線を肯定するような浅はかな選考者が、愚かな学者を選ぶのだから、ノーベル賞受賞者のとんでもないお話なんていくらでもあるでしょうね。
 ノーベル経済学賞受賞者なんて一人も知りませんが、平和賞の受賞者も、日本の佐藤栄作元総理とか、最近では「不都合な真実」のアル・ゴアとか、どうしようもない人達が貰っています。

 >60兆円規模の公共事業をする必要

この時代にケインズ経済路線を主張する既成概念から抜け出せない人間がノーベル賞ですから本当に情けない賞ですね。

>例えば、過激かもしれませんが、
 ~
>要するに、資本主義からシフトするためのお金にするべき

でなしNo.146 さんも私と一緒で、夢想家・・・と言われそうですね(笑)でも、こう言う発想でパラダイム・シフトが出来なければ人類はお仕舞いでしょうね。

>雑草さんが、これほど前から、予言的な記事を書かれているとは、驚愕しました^^

有難う御座います・・・と言いたいところですが、本文にも書いているとおり、これは予言ではなく、しっかり状況判断して理性で考えればわかる事でしょう。・・・いつまでも続く成長はあり得ないし、環境問題をはじめとする現代の社会問題の多くは、成長の限界によるものでしょう。


>そろそろ、こういうバカらしい戦いと経済の螺旋を終わりにしてほしいと思います。

 全くその通り。そろそろ終わりにしないと人類社会がお仕舞いになりますね。

>だっておかしいですもん。こんな忙しくて、お金に縛られて、ストレスまみれの社会w

 そうですね。経済が成長して不況を脱すれば上手くいく・・・と言う社会の搾取階級の洗脳に乗せられてはいけませんね。社会は発展したと言われて、だんだん住みやすくなったとは思えませんね。
 脱経済成長路線に賛同する人はどのくらいいるのでしょうね?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ノーベル賞経済学者のお話。
2008年度ノーベル経済学賞を受賞した某経済学者は、この不況は長引き、脱するためには、60兆円規模の公共事業をする必要があるとネット新聞に載っていました。

とりあえず、
まさか、ダムとか道路なんて作らないよね?

と聞きたいです。
(たぶん、作るんだろうけど…)


60兆円を公共事業に投入するならば、

例えば、過激かもしれませんが、

「石油をまったく用いない世界を創造する事」や、

「一斉に雇用を解除して、必要のない仕事をなくし、経済収縮させるための費用」
(存在理由が「浪費」の仕事の排除&労働時間の短縮とねずみ講経済の廃止)

などに使ってほしいものです。
(要するに、資本主義からシフトするためのお金にするべき)


話は変わりますが、
雑草さんが、これほど前から、予言的な記事を書かれているとは、驚愕しました^^


本当に、アメリカ式資本主義はすでに崩壊寸前ですね。


ただ、
資本主義の歴史を見ると、世界恐慌や急激な経済の変動があった場合、その後に世界大戦になるパターンがあるようです。


カンタンな話、自分の国で「フツー」にものを生産していたら金儲けできないから、武器とかいっぱい作って、戦争に勝った後、他の国の資源とか搾取すればOKというもの。


歴史は繰り返されるとは言いますが、そろそろ、こういうバカらしい戦いと経済の螺旋を終わりにしてほしいと思います。


最後に、
>うまくシフト達成出来れば
 新しい持続可能な社会に生まれ変わります。

との事でしたが、持続可能な社会(脱資本主義社会?)を待っている人は多いと思います。

(潜在的に。だっておかしいですもん。こんな忙しくて、お金に縛られて、ストレスまみれの社会w)
2008/11/18(Tue) 23:10 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
何故そんな人が・・・じゃなくて
    でなしNo.146 さん

 私の知らない情報の提供有難う御座います。

 ノーベル賞を受賞した人が何故そんな愚かな事を・・・?
なんて考えがちですが、ノーベル賞自体、かなり政治色が濃く、現代の経済成長路線を肯定するような浅はかな選考者が、愚かな学者を選ぶのだから、ノーベル賞受賞者のとんでもないお話なんていくらでもあるでしょうね。
 ノーベル経済学賞受賞者なんて一人も知りませんが、平和賞の受賞者も、日本の佐藤栄作元総理とか、最近では「不都合な真実」のアル・ゴアとか、どうしようもない人達が貰っています。

 >60兆円規模の公共事業をする必要

この時代にケインズ経済路線を主張する既成概念から抜け出せない人間がノーベル賞ですから本当に情けない賞ですね。

>例えば、過激かもしれませんが、
 ~
>要するに、資本主義からシフトするためのお金にするべき

でなしNo.146 さんも私と一緒で、夢想家・・・と言われそうですね(笑)でも、こう言う発想でパラダイム・シフトが出来なければ人類はお仕舞いでしょうね。

>雑草さんが、これほど前から、予言的な記事を書かれているとは、驚愕しました^^

有難う御座います・・・と言いたいところですが、本文にも書いているとおり、これは予言ではなく、しっかり状況判断して理性で考えればわかる事でしょう。・・・いつまでも続く成長はあり得ないし、環境問題をはじめとする現代の社会問題の多くは、成長の限界によるものでしょう。


>そろそろ、こういうバカらしい戦いと経済の螺旋を終わりにしてほしいと思います。

 全くその通り。そろそろ終わりにしないと人類社会がお仕舞いになりますね。

>だっておかしいですもん。こんな忙しくて、お金に縛られて、ストレスまみれの社会w

 そうですね。経済が成長して不況を脱すれば上手くいく・・・と言う社会の搾取階級の洗脳に乗せられてはいけませんね。社会は発展したと言われて、だんだん住みやすくなったとは思えませんね。
 脱経済成長路線に賛同する人はどのくらいいるのでしょうね?
2008/11/20(Thu) 00:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。