-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-04-05 00:01
今回の福島原発事故処理は、廃炉処理まで考えれば、数十年かかる事になりましょう。政府で発表した30年と言う年月は最短の場合と考えて良さそうです。その間、何万、何十万の人が廃炉処理で被曝労働しなければなりません。癌などの病気に罹る人も沢山出る事でしょう。
一方、事故を起こさなかった、そしてこれからも起こさずに廃炉となる原子炉の廃炉処理もやはり数十年かかります。そしてその間、やはり沢山の被曝労働が必要になります。
使用済み核燃料は崩壊熱が出ますから、30年間から50年間程度、冷却のための貯蔵を行わなければなりません。この冷却の為にも電力が必要だと言いますから馬鹿げています。(この為にも電力を作り続ける必要があるから、原発が必要だという無茶苦茶な輩まで現れています。)そしてその後、深地層処分となります。地層処分と言いますが、処分場にどこも名乗りを挙げない現在、結局廃炉はその場で埋め立てする事になりましょう。もしも遠くの処分場に運ぶのならば、その作業にまた放射能拡散が伴いますし、処分もより一層困難になるでしょう。費用も現地処理よりもずっと膨れ上がるでしょう。だから最も『まし』と思われる処分場は、原子力発電所の立地その場所と言う事になりましょう。廃炉処理が終わった後、冷却貯蔵も終わり原子炉の崩壊熱も殆ど無くなり地層処分となった使用済み核燃料などの高レベル放射性廃棄物は、それからも何万年もの間、放射能漏えいの危機にさらされる事になります。日本の地層に数万年間安定した場所などありません。
確実に電力会社が無くなった後もずっと放射能漏れのリスクは続くのです。【事故が起こらなくとも、棲めなくなる空間が増えていく】に書きました。

5月で全て停止する原発を、二度と再稼働させずに廃炉処理する事を決定したとしても、54炉全ての廃炉処理の為の被曝労働者は、毎年数万人から十万人が必要になるでしょう。
原発推進派は、この被曝労働さえも全て他人に押し付けて、自分達は利権に群がっています。非常に理不尽な事です。そして、常套句として、「原発反対するなら電気を使うな・・」
「経済を駄目にする気か」等と低レベルな事を言い出します。
そんな推進派の人々には、リスクだけ他の人に押し付けるような真似は止めてもらいましょう。原発の恩恵を受けた(・・恩恵と言っても、発電による電気使用の恩恵ではなく、原発利権の恩恵が主です。)推進派には、放射能のリスクも背負って貰うのは当然でしょう。
そこで提案ですが、原発推進派は、通産省の官僚だろうが電力会社の役員だろうが、プラント会社の人だろうが、放射能守りを代々受け継いでやる事にするのです。
廃炉処理は勿論のこと、廃炉後の原子炉の管理も使用済み核燃料の管理も、放射能漏れの危険が無くなる数万年後まで、数百代に渡って、放射能を管理する、放射線守りになって頂きましょう。それぐらいの覚悟が無くて、原発推進するのは身勝手極まりないと言えましょう。誰もそんな覚悟は無いでしょう。・・・自分がやりたくない事を人に押し付けてはいけません。末代まで放射能守りをする積りが無い方は、決して原発を推進してはいけない筈です。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/04/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

覚悟
guyver1092
 近藤邦明氏のホームページで「フクシマの嘘」を見ましたが、東京電力に「原発を日本で稼働させる覚悟が東電にできているとお考えですか?」と訊ねているシーンがありましたが、何とも情けない回答をしていました。
 間違いなく、彼らに覚悟はできていませんね。興味があるのは利権のみと言って間違いないでしょう。

Re:覚悟
雑草Z
 原発を稼働させるという事は、非常に重大な事で、それ相応の覚悟無しでは、やってはいけない事でしょう。その覚悟の内容は、事故が起きれば責任を取る事は勿論、放射性廃棄物の処理にも責任を持つ事も含まれましょうが、それは個人だろうが法人だろうが、責任を負い切れるものではありません。つまり、覚悟があっても稼働してはいけない代物を覚悟無しで、利権や立場で推進するなんて事は許されざる事ですね。
近藤邦明氏のHPにアップされていた ドイツZDF『フクシマの嘘』は見るべき価値の高い内容ですね。多くの方に見て欲しいと思います。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
覚悟
 近藤邦明氏のホームページで「フクシマの嘘」を見ましたが、東京電力に「原発を日本で稼働させる覚悟が東電にできているとお考えですか?」と訊ねているシーンがありましたが、何とも情けない回答をしていました。
 間違いなく、彼らに覚悟はできていませんね。興味があるのは利権のみと言って間違いないでしょう。
2012/04/06(Fri) 20:28 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:覚悟
 原発を稼働させるという事は、非常に重大な事で、それ相応の覚悟無しでは、やってはいけない事でしょう。その覚悟の内容は、事故が起きれば責任を取る事は勿論、放射性廃棄物の処理にも責任を持つ事も含まれましょうが、それは個人だろうが法人だろうが、責任を負い切れるものではありません。つまり、覚悟があっても稼働してはいけない代物を覚悟無しで、利権や立場で推進するなんて事は許されざる事ですね。
近藤邦明氏のHPにアップされていた ドイツZDF『フクシマの嘘』は見るべき価値の高い内容ですね。多くの方に見て欲しいと思います。 
2012/04/07(Sat) 11:07 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。