-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-03-29 00:01
日本各地で震災の瓦礫を受け入れる、受け入れないの議論が巻き起こっています。
当方も津波の被災地を訪れて1年も経っていまだに瓦礫の処理が殆ど進んでいない実態を目のあたりにしました。4トラックで数百万回分くらい運ばなければならない量です。エネルギー、石油の無駄遣いもいいところだと思います。従来よりゴミも地産地消すべきだと考えていますので、瓦礫が放射性物質で汚染されていなくとも、瓦礫を遠くに持っていって処分する事には反対です。一体あの膨大な瓦礫に膨大な石油を使って、他所に持って行くメリットがあるのでしょうか?まして、放射性物質の処理は拡散させないのが原則です。そうでなくともかなり拡散してしまった放射性物質を遠くまで・・・北海道や西日本にまで・・持って言って拡散させるとは、何たる愚行か!?と感じます。
3.11から1年が経とうとする頃から、政府、環境省による瓦礫受け入れキャンペーンが、メディアを通して怒涛の如く流されるようになりました。そして、あたかも瓦礫を受け入れないのは、非国民であると言わんばかりの論調もまかり通り始めています。しかしこれは必ずしも被災地の要望ではありません。瓦礫をよそに持って行かないで、地元で処分しよう、堤防とか高台を作るのに利用しようと言う案も出ています。
戸羽太・陸前高田市長は
「現行の処理場のキャパシティーを考えれば、全ての瓦礫が片付くまでに3年は掛かる。そこで陸前高田市内に瓦礫処理専門のプラントを作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る。国と県に相談したら、門前払いで断られました。」
と怒ってます。
伊達勝身・岩泉町長は
「現場からは納得出来ない事が多々有る。山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?」
と述べています。
彼らの言う事はもっともだと思います。
東日本大震災の瓦礫の広域処理の対象は、2300万トンの瓦礫の内、400万トンだけと言う事です。この400万トンだけ他の地域に持って行って処理する意味が分かりません。
1995年の阪神淡路大震災の瓦礫の量も2000万トンくらいで、今回の東日本大震災の瓦礫の量と比べて多いとは言えません。ただ、今回の東日本大震災の被災地域は、神戸よりも遥かに広いし、人口はずっと少ないのであるから、瓦礫処理も地元で出来る筈ですし、その方が遥かに能率もいい筈です。まして、津波の被災地は、またその土地に町を作るかどうかもはっきり決まっていません。そこに瓦礫があって困っているという地域ばかりではありません。
誰のための瓦礫の広域処理なのでしょうか?
例えば、東京都に搬入予定の瓦礫処理を受け入れる元請け企業は、東京電力が95.5%の株式を保有する東京臨海リサイクルパワーです。この期に及んでも政府は東電に儲けさせたいようです。(賠償金の捻出なら、東電を解体したほうがよっぽど効果的です。)広域瓦礫処理が利権の為に為されようとしている側面も否定出来ないのです。

放射能汚染物質処理の大原則は、拡散させずに自然の循環・・大気・水の循環、生態系の循環・・から隔離することです。
放射能が許容量を超えた瓦礫は、現時点では事故を起こした福島第一原発の周りに、自然の循環から隔離して管理することが、最も有効な方法でしょう。政府・環境省の要請は結果的に日本全土に放射能汚染物質をばら撒き、汚染地帯にすることになるのです。

細野豪志原発事故担当相が「福島の皆さんには一番つらい思いをさせてしまっているので、そこを分かち合う部分が必要」「福島を最終処分場にすべきではない」と述べ、汚染瓦礫の県外処分を検討する考えを明らかにしましたが、それは逆に許されざる事でしょう。最終処分場をどこかに決めなくてはならないとしたら、最も処理しやすいと言う意味でも(それでさえも困難を極めますが・・)拡散を防ぐという意味でも原発事故現場周辺にするのが一番いい方法でしょう。・・・これは将来的に他の原発立地でも言える事になりましょう。

他の遠くの地域は、瓦礫を引き受けて、日本中を放射能汚染するのではなく、土地の被曝は出来るだけ押さえて、被災者・・放射能からの避難民受け入れ、支援に尽力すべきです。

 原則として瓦礫を地元で全て処分するとして、自治体は自ずと処分の困難な自然の循環を回らない物質は、放射性物質も含めて、使わないようにするべきでしょう。首都圏なども、今回瓦礫の受け入れなどを表明する事はせずに、その代わりこれからは自分の自治体で出たゴミを東北地方などに持って行って捨てる事(不法投棄等)を止めるべきです。
日本では、大津波で海辺の町が壊滅的な被害を受けたと言う話は昔から各地に残っていますが、昔は、瓦礫をそのままにして置いても、浜は数年で自然に帰って行った事でしょう。
「瓦礫」がその漢字通り、瓦と小石だけなら、波に洗われているうちに自然に戻るのも早いでしょうが、現代の化学物質だらけの瓦礫は、なかなか自然には帰らないばかりか、周りの環境を更に汚染します。波に洗われて、放射性物質でなくとも有毒物質も撒き散らします。「科学の時代」は、田舎の海辺の小さな町ですら、有毒な、自然の循環に回らない化学物質だらけの町にしてしまいました。

 地元で瓦礫を「処理」する事によって、廃棄物を含めた総合的な「地産地消」を目指すべきでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/03/29 00:01】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

申し訳ありません
団塊親爺の遺言
福島の現状を見るに 余りにも・・

雑草さんの言葉は 他人に迷惑を懸けない・・
覚悟と言うか 無駄は駄目と言う普段の考えに
沿った主張に驚きました 何も出来無い私たち
本当に頭が下がります・・

子供たちでも遊んだ後に親は片付けなさいと言う
片付け無ければ もう遊ばせませんよと・・

原発を推進して来た大人たちは片付けようともせずに
再稼働を目論む・・悲しい人たちの言い分は虚しい・・

せめて今の子供たちの未来に責任を持って言って欲しい
こうすれば・・福島は元通りに・・安心ですと

福島を棄てての再稼働は有り得ません


Re:申し訳ありません
雑草Z
団塊親爺の遺言様に謝って頂く必要はありません。
謝るべきは、原子力邑の原子力推進の人々でしょう。・・謝って済む話ではありませんが・・。

何の因縁か自分の住む県が原発事故に遭いましたが、もしこれが他の遠くの県で起こっても私は同じ主張をします。
ゴミを遠くに運ぶために石油などのエネルギー源を浪費する事は愚かな事だと思いますし、放射性物質は拡散させてはいけません。日本中住めない場所になったら大変です。
(・・日本中の原発の核のゴミの事を考えれば、日本中住めなくなる可能性も高いと考えます。)

 本文にも書きました通り、放射性物質を帯びた瓦礫は地元に置いて(若しくは、原発近くに持って行って)遠くの地域では、放射能汚染の高い地域の人々を受け入れてくれた方が遥かにいいでしょう・。

目的
guyver1092
 瓦礫処理に関するいろいろな記事を読んで出た結論は、「ズバリ復興特需を我々にもくれ」だと思います。運送屋がもうかりますし、処理能力を超えた地方は、新たにプラントを作ってそこでゼネコンがもうかりますし、国策ですから、補助金も出るのでしょうね。相変わらず、人類の将来を削って、今儲けましょうという政策ですね。

Re:目的
雑草Z
>ズバリ復興特需

その通りですね。震災で多くの財産が奪われ、それでなくても財政が破綻しかけているのに、復興特需は税金の投入が主ですから、日本の膨大な累積赤字が更に増えて、首が回らなくなるでしょうね。現在議論されている消費税の値上げもこの為ですね。

大きな資源、財政の投入があるのですから、出来るだけ無駄を省いてやらなければならないのに、迂回政策ばかりしています。・・電気エネルギーの話と共通しますね。(笑)

>相変わらず、人類の将来を削って、今儲けましょうという政策

全くその通りです。ネズミ講のような破局に向かう政策です。

guyver1092さんがよく使われるブラックのように、人類の絶滅が目的としか考えられないような政策です。・・他の国が日本の破局を目論んでいるとも言えそうな危険な政策です。・・これで日本がデフォルトに陥らないという確信があるのでしょうか??

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
申し訳ありません
福島の現状を見るに 余りにも・・

雑草さんの言葉は 他人に迷惑を懸けない・・
覚悟と言うか 無駄は駄目と言う普段の考えに
沿った主張に驚きました 何も出来無い私たち
本当に頭が下がります・・

子供たちでも遊んだ後に親は片付けなさいと言う
片付け無ければ もう遊ばせませんよと・・

原発を推進して来た大人たちは片付けようともせずに
再稼働を目論む・・悲しい人たちの言い分は虚しい・・

せめて今の子供たちの未来に責任を持って言って欲しい
こうすれば・・福島は元通りに・・安心ですと

福島を棄てての再稼働は有り得ません
2012/03/29(Thu) 19:02 | URL  | 団塊親爺の遺言 #-[ 編集]
Re:申し訳ありません
団塊親爺の遺言様に謝って頂く必要はありません。
謝るべきは、原子力邑の原子力推進の人々でしょう。・・謝って済む話ではありませんが・・。

何の因縁か自分の住む県が原発事故に遭いましたが、もしこれが他の遠くの県で起こっても私は同じ主張をします。
ゴミを遠くに運ぶために石油などのエネルギー源を浪費する事は愚かな事だと思いますし、放射性物質は拡散させてはいけません。日本中住めない場所になったら大変です。
(・・日本中の原発の核のゴミの事を考えれば、日本中住めなくなる可能性も高いと考えます。)

 本文にも書きました通り、放射性物質を帯びた瓦礫は地元に置いて(若しくは、原発近くに持って行って)遠くの地域では、放射能汚染の高い地域の人々を受け入れてくれた方が遥かにいいでしょう・。
2012/03/30(Fri) 19:47 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
目的
 瓦礫処理に関するいろいろな記事を読んで出た結論は、「ズバリ復興特需を我々にもくれ」だと思います。運送屋がもうかりますし、処理能力を超えた地方は、新たにプラントを作ってそこでゼネコンがもうかりますし、国策ですから、補助金も出るのでしょうね。相変わらず、人類の将来を削って、今儲けましょうという政策ですね。
2012/03/30(Fri) 22:33 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:目的
>ズバリ復興特需

その通りですね。震災で多くの財産が奪われ、それでなくても財政が破綻しかけているのに、復興特需は税金の投入が主ですから、日本の膨大な累積赤字が更に増えて、首が回らなくなるでしょうね。現在議論されている消費税の値上げもこの為ですね。

大きな資源、財政の投入があるのですから、出来るだけ無駄を省いてやらなければならないのに、迂回政策ばかりしています。・・電気エネルギーの話と共通しますね。(笑)

>相変わらず、人類の将来を削って、今儲けましょうという政策

全くその通りです。ネズミ講のような破局に向かう政策です。

guyver1092さんがよく使われるブラックのように、人類の絶滅が目的としか考えられないような政策です。・・他の国が日本の破局を目論んでいるとも言えそうな危険な政策です。・・これで日本がデフォルトに陥らないという確信があるのでしょうか??
2012/03/31(Sat) 11:26 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。