-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2012-02-17 00:03
以前より今世紀中に文明の大崩壊が起こると予測していましたが、3.11の原発震災を経て、実感を伴うようになりました。確信に近い感じです。
 【21世紀に文明が崩壊する根拠】 [2010-03-09]
に描いた事は実際にそうなると予測して論じたことですが、臨場感は余りありませんでした。それが最近は実感を伴って現実味を帯びてきた感じです。やはりこのまま行けば21世紀は大崩壊の世紀になるでしょう。
一応断っておきますが、当方は、超巨大隕石が落ちてくるとか、超巨大火山が爆発するとか、超巨大地震、超巨大津波、超巨大台風・・等、その手の超巨大自然災害の可能性は考えていません。勿論、絶対起こらない・・とは言い切れませんが、21世紀に人類が、巨大自然災害が直接の原因で滅びる可能性は考えなくていいでしょう。考えても仕方のない事です。
勿論、今回の原発震災のような災害は、天災の範疇ではなく、当然人災と考えての事です。

世界の最近の大きな人的災害によるシビアな環境破壊を考えると、今回の福島県の原発事故、メキシコ湾の原油流出事故などが挙げられます。しかし、これらの巨大事故のみが大きな環境破壊の要因ではありません。現代人の普段の活動そのものが致命的な環境破壊を生み出しています。核廃棄物に限らず自然の循環に回らないプラスチックやビニール等、人工物質の廃棄物の問題は非常に深刻です。陸地にはゴミの埋立地、不法投棄場に限らずゴミが溢れているのは広く認識されているところです。陸上だけではなく、海にもゴミは沢山溢れています。海の上に浮く途方もない面積のゴミの島があちこちの海域に漂っています。海面だけでなく、海の中にも海底にもゴミが溢れています。新たに作り出される、処理方法も確立していない人工物質も毎日毎日何十種類と作り出されています。地球上での大気と水の循環によって、しっかり宇宙に捨てていた高エントロピーが、現代は地球上にどんどん溜まっているのです。

 人間社会に目をやると、世界的な経済危機が危惧されています。欧米諸国の国債デフォルト、世界の景気を牽引していると言われる中国経済のバブル崩壊など、世界経済の先行きが大きく不安視されています。今回の経済危機を周期的な後退期と考えるのは浅はか過ぎましょう。世界各国の政府は今までの経済のセオリー通り財政出動とか金融緩和で乗り越えようとしているようですが、それは無理と言うものです。もしも一時的に乗り越えたかのように見えたとしても、それは、問題の先送りに過ぎず、問題はもっともっと肥大化するだけです。なぜなら現代の経済システム自体に大きな欠陥があるからです。金融資本主義は根本的に破局へ向かうように出来ているのです。発電方式として原子力発電が根本的に破局した発電方式であるのと同じように、金融資本主義自体もはじめから完全に破綻したシステムなのです。GDPの増加率で定義される経済成長がなければ維持できない金融資本主義は、はじめから破局を迎える運命にあったのです。このシステムの欠陥によって、資源がなければ十分に経済成長できず、高度経済成長がなければ、国がもたないところまで来てしまったのです。先送りしようとしても、成長の限界に達してしまったら、それ以上は先送りできないのです。財閥等の金融資本家達は、前回、1929年からの世界大恐慌のように、一回ダウンしてからまた成長すればいいとも考えているようですが、景気がダウンしても、決して元に戻る訳ではありません。使える資源がなくなり、廃棄物が増えているのです。つまり、エントロピーは増大しているのです。
経済危機から戦争のリスクも高まっています。戦争が広がって、社会崩壊に繋がる可能性もかなり高いでしょう。しかし、戦争に至らなくても、成長の限界で社会は確実に崩壊するのです。
動物と植物の数にアンバランスが生じ、動物の中でも種に大きなアンバランスが生じています。・・つまり人間や家畜が極端に増え過ぎました。何千万年から何億年もの間繋がってきた種が人間の手によって、ここの短い数百年の間に大絶滅しています。21世紀は絶滅の世紀と呼ぶにふさわしいと言えましょう。


 産業革命あたりから始まった工業化と経済膨張の『発展』と言う名の破局への行進が21世紀に限界に達し、大崩壊するのです。
環境破壊に、経済破綻、極端にバランスを欠いた種の偏りと種の絶滅・・・このままの社会システムを維持すれば、21世紀はばら色の未来どころではなく、様々な危機が互いに絡み合って次々に複合的に起こる世紀になると言えましょう。その兆しが至るところで現れています。No Way Out ・・出口無し、逃げ道無し・・・・の綱渡りの世紀になるのです。
この危機は、多くの科学者が最新科学の知識を結集してテクノロジーを駆使しても乗り切る事はできないでしょう。それはこれまでも同じでした。ただ問題を先送りして来ただけです。人類はその付けを21世紀に清算させられる・・と言えましょう。そんな絶望的なシテュエーションから免れる方法は、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・・脱成長路線へのパラダイムシフト以外に私には考えられません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/02/17 00:03】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

暴走
guyver1092
 文明は、必ず暴走寸前までは行くようですね。そこで止められる場合もあるようですが、ほとんどは暴走の果てに文明崩壊を起こしていますね。これは人間の知性が、ほとんどの場合個体の生きている時間プラスアルファぐらいしか及ばないからでしょうね。
 アメリカネイチャーピープルのホピ族は、七代先の子孫の事を考えて方針を決めていたとどこかで聞いたことがありますが、このような寿命の何倍もの時間を検討する思考法を文化の中に組み込むことが出来れば、暴走を起こさない文明が出来るかもしれませんね。

お金が原因だと…
2lyuna5
はじめてコメントします。2lyuna5といいます。
似たような考えの方なので、前から見ていました。

今のような経済システムで得をするのは、お金を持った人たちだと思います。

そして、楽をしたいために、みんながお金を稼ごうとすることで、使えるものは使ってお金にしようと資源を浪費しているところが少なからずあると思います。

金さえあれば、実質何でもできるといったこのシステムは変えるべきです。

http://ameblo.jp/2lyuna5/にブログがありますので、私の考え方に興味がありましたら、見てもらえるとうれしいです(関係ないのもありますが)

問題の先送りが大問題
アルテミス^^
雑草さんこんちは
オキュパイには残念ながらいけませんでしたがしっかりと免許を取得してまいりました。これで本当の意味での除染活動が行われたときに少しはお役に立てるかな?(私生活で一杯一杯かもしれませんが^^;)

<望的なシテュエーションから免れる方法は、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・・脱成長路線へのパラダイムシフト

これは本当に重要ですね!ただ、国家の枠組みを変えない限り、みんな意識をすこしずつ変えないと成し得ない壁だと感じます


Re:暴走
雑草Z
 日本の文明を考えた場合、折角江戸時代に文明の暴走を止め、持続可能な文明を築いて来たのに、明治維新の開国から、持続可能性が次々に壊されてきました。特に第二次世界大戦後のアメリカ文明の導入は、日本に致命的な時限爆弾を仕掛けたようです。

>人間の知性が、ほとんどの場合個体の生きている時間プラスアルファぐらいしか及ばないから

金融資本主義のシステムも、短期的経済競争に追いやられる日常を作り出していますね。長い目で子孫の事を考えた仕事をする者が、自由競争で負けていくと言う弱肉強食システムです。ここにも、

>文明崩壊を回避する自己制御性
>森林等の生産力が豊かになるように積極的に行動するよう強制するシステム
>人間が強欲であればあるほど森林等が豊かになる、自己制御性を持った貨幣システム

が必要ですね。国際社会に導入出来るこのようなシステムを産み出したいものです。

>暴走を起こさない文明

を自己制御システムで作ると言う事になりましょう。

Re:お金が原因だと…
雑草Z
    2lyuna5さん

初めてのコメント、有難う御座います。HN”2lyuna5” は、何と読んでどう言う意味なのでしょうか?

 さて、

>今のような経済システムで得をするのは、お金を持った人たちだと思います。

はその通りでしょうね。お金を持った人々の為に作った理不尽な不平等システムと言えましょう。そればかりか文明を暴走させて崩壊に導くようなプログラムを内包しています。

>金さえあれば、実質何でもできるといったこのシステムは変えるべきです。

全くその通りです。金を持っている人がそれに比例して環境を食い物にする権限があると勘違いするような酷いシステムです。現代金融資本主義ほど欠陥があり、自然破壊するシステムはこれまで無かったでしょうね。


Re:問題の先送りが大問題
雑草Z
 財政出動とか金融緩和が経済危機の対策と考えているエコノミストや各国政府の担当者は本当にレベルが低過ぎますね。それが問題の先送りでしかない事に気付くべきです。

>国家の枠組みを変えない限り、みんな意識をすこしずつ変えないと成し得ない壁

そうですね。今の国家の枠組みや一時的な経済面での利害関係優先の外交では状況は悪くなっていく一方でしょうね。

   +++++++++  +  ++  +++

>しっかりと免許を取得してまいりました。

なんの免許でしょうか?
東京方面へ行かれたようですが、オキュパイは、まだありますので、次の機会もありましょう。オキュパイも色々な危機があるようですが・・・。

HNは特に意味はありません
2lyuna5
コメントの返事ありがとうございます。

"2lyuna5"というのは、特に意味はありません。
私は"リューナ"と読んでいます。敢えて言うなら、こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。

私の周りには、こういった考えの人はおらず、企業に利益をもたらすにはどうすれば良いかや、企業が倒産すると生活できないから、仕方なく従っているという人が多いです。

終いには、「資本主義だから競争に勝たないと生きていけない」、「残業しないと会社がつぶれる」
みたいなことを言われ、私から見れば、お金に洗脳されているように思えます。

法律や制度は、支配者に都合よく出来ているというのはよく聞く話です。この経済システムもお金を持っている人に都合よく出来ているのでしょう。

なんとかして、このシステムを変えることができればいいのですが…


アルテミス^^
こんばんは^^

放射能に関することといえば雑草さんならご理解いただけるかと存じます。超ギリギリだったと思うので勉強は続けていかなければ駄目ですね。(ボランティアで行くとき交通費が優遇してもらえるかもしれませんがイミテーションの除染計画区域は線量が高すぎて、厳しいです)

その講習の際に聞いたのですが、やはり、福島沖海底のセシウム濃度と茨城沖海底のセシウム濃度は同じくらいになってしまっているようです。10年前くらいに良く波乗りに行っていたので理由は理解できますが、岸から沖へ向かう潮の流れと沖から岸へ向かう潮の流れ、それと親潮の海流が重なり、海岸線つたいに汚染が広がっているのだそうです。

茨城も福島と同程度に進んでいるのであれば当然千葉もかなり影響を受けているでしょうし、東京湾は河を伝って流れたものが注がれるので当然汚染されます。

日本は海に囲まれた土地だけあって、主に食文化として、それに付随して育ったものがかなりの土地に根付いているので、そういう面からみても、東日本はお金では換算できない大切なものを壊してしまったといっても過言ではないでしょうね。それをもっと破壊しようとしている政府には日本人としての誇りは感じませんご先祖様も嘆いているでしょう。

スピーディーは児玉教授以外の原子力産業の方々も震災当時は稼働していて、逐一情報を政府に送っていたと聞いておりますので、どこの誰が国民に情報を公開することを拒んだのか?そして、多くの国民を欺く情報を提供したのは誰か、どこの機関か?今後更に明らかになってくるのでは?と感じています。

そのためには、官僚や政治、企業に共通する、大人たちのくだらない慣習、体裁、利権とは対極にあることを一人一人が少しずつ実践するしかないでしょうね。
子供たちの犠牲の上に成り立つまつりごとをしている文化や文明など所詮先が見えています!

Re:HNは特に意味はありません
雑草Z
    2lyuna5さん

>こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。

そういった思いの込められた言葉なのでしょうか?

ここのサイトの常連の方もそのような考え方の方々が集まっています。ちょっと違うとすれば、 2lyuna5さんが、社会的な方面からのアプローチ、私や他の常連さんは地球のキャパや環境からのアプローチが多いと言う事でしょうか?まあ、どちらも互いに関連した事で、切り離しては考えない方がいいですから、同じ方向性と言えましょう。

>私の周りには、こういった考えの人はおらず、

このような考え方は、現在、社会の主流にはなっていませんから、傍目からは孤立して偏った考え方に見えそうです。しかし、記事に描いたように、社会も地球のキャパも、構造的に行き詰っていますから、これからは、このようなオルタナな考え方は重要ですし、早晩そちらが主流になるでしょう。
 地球が環境負荷でやられる前にシフトすべきです。そのような考え方が台頭するまで、お互いに連携して頑張って行きましょう。今後ともよろしくお願い致します。

>なんとかして、このシステムを変えることができればいいのですが…

その為には、多くの人が金融資本主義等、現代の狂ったシステムの洗脳から解放されなくてはなりませんね。そのような記事を発信し続けましょう。




Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

>福島沖海底のセシウム濃度と茨城沖海底のセシウム濃度は同じくらいになってしまっているようです。

今回の事故では、陸よりも海の方が遥かに多くの放射能で汚染されました。汚染は数年後にはアメリカまで広がるとシミュレートされていますね。

>東日本はお金では換算できない大切なものを壊してしまったといっても過言ではない

全くその通りです。お金に換算しても、今まで日本の全ての電力会社の原発が産み出したエネルギーの価格の何倍もの金額の損害でしょう。お金以外の損害はもっと大きいでしょう。

原発政策は失敗は決定しているのですから、推進派は、早く過ちを認め、原発から撤退する勇気が必要です。
 

その通りですね
2lyuna5
>>こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。
>そういった思いの込められた言葉なのでしょうか?

思いつきでつけた名前ですので、深くは考えてませんでした。すいません…

>そのような考え方が台頭するまで、お互いに連携して頑張って行きましょう。今後ともよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。今の状態が続いて将来困るのは私たち自身ですからね。なんとしてもやらないといけません。

>2lyuna5さんが、社会的な方面からのアプローチ、私や他の常連さんは地球のキャパや環境からのアプローチが多いと言う事でしょうか?

私は、経済問題があるから環境問題があると考えています。なので、経済的なアプローチから環境問題を解決できるかもしれないと思っています。

>その為には、多くの人が金融資本主義等、現代の狂ったシステムの洗脳から解放されなくてはなりませんね。そのような記事を発信し続けましょう。

諦めずにお互いに頑張りましょう。諦めたらそれで終わりですから…

資本主義の暴走。
でなしNo.146
資本主義が暴走することは、明治時代の起業家である渋沢栄一も予想していました。

当時は欲望に歯止めがきかなくなることで社会が壊れると予想していたようですが、現代では世界レベルの破壊ですね。

また、政策のほぼすべてが「先送り」であることもハードランディングの可能性を押し上げています。
ここまできて、持続可能な状態にするには多くの人に我慢してもらう必要があるでしょう。

ただ、その我慢を先送りにすれば、さらにひどい我慢が待っているということが世間の人にはわからないというところに悲劇があります。

わかっているのかもしれないですが、「今の生活」を手放せないのでしょうね。負担が子孫にぶつわけですが、おかまいなしです。

早く世界経済に崩壊してもらうしかありません。

Re:その通りですね
雑草Z
>今の状態が続いて将来困るのは私たち自身ですからね。

そう、そして子孫たちも困ります。我々は確実に大きな負の遺産を子孫に残していますね。

>経済問題があるから環境問題があると考えています。

そうですね。特に経済成長主義が最悪でしょう。本文にも描きましたように、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・脱成長路線へのパラダイムシフトが必要です。
ここの常連には、そのような考え方の方々が集まっています。
これからも宜しくお願い致します。

 * ** *** **** *** ** ***

 HNに関してしつこく聞いてすみません。人のHNの由来に興味があったもので・・何か込められた意味がある言葉かと思ったまでです。

Re:資本主義の暴走
雑草Z
 資本主義は、破局に突き進んで暴走する事は、然るべき事ですね。多くの人がそこに気がついたと思うのですが、資本家の強欲に押し切られてこのような切迫した状況にまで来てしまったのでしょうね。

>明治時代の起業家である渋沢栄一

の事は知りませんでしたが、彼がどのように予想したか、知りたいところです。

>政策のほぼすべてが「先送り」であることもハードランディングの可能性を押し上げています。
>ここまできて、持続可能な状態にするには多くの人に我慢してもらう必要があるでしょう。

この部分、圧巻ですね。まさしくその通りです。ここの部分を共通認識として持ち合わせる事が非常に大切な事でしょう。

>早く世界経済に崩壊してもらうしかありません。

よくぞ言いました!!全く以てその通り!今考え得る現実的なベスト解かも知れません。






衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけで崩壊へ…
Power
雑草Zさん


経済膨張を前提とした資本主義は、衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけにして行きました。


中でも、「食」に関するモノやサービスは不要だらけに…。


アルコール・茶・コーヒー・清涼飲料水などの“嗜好飲料“ や菓子などの“嗜好食“は、栄養学から見れば不要なのに永遠に研究開発が続けられています。


サービスについては、中食や外食がそうです。これらも、栄養学から見れば不要です。


人間らしく生活するなら、水(湯)&自炊で十分です。自炊においても、肉や魚は無しで1日2食もとれれば余程の重労働をする人以外は十分でしょう。


街中の至る所に自販機があり、コンビニや飲食店もあぶれています。オフィス街にも、コンビニや飲食店が乱立しています。昼時になると、サラリーマンが弁当を買いに行きます。自炊する時間を考えたら、コンビニや飲食店を利用した方が時間節約できるからです。


正直、これもどうかと思います。現在の技術革新においては、9割以上の人は不要な仕事をしているのですから、わざわざ、時間節約のためにコンビニや飲食店を利用する必要がないのに…と。


21世紀中には、「衣食住」に関するモノやサービスも崩壊に向かって欲しいです。

Re:衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけで崩壊へ…
雑草Z
>経済膨張を前提とした資本主義は、衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけにして行きました。

全く以てその通りですね。

>栄養学から見れば不要なのに永遠に研究開発が続けられています。

なるほどそうですね。嗜好品は大抵そんなものですね。

>現在の技術革新においては、9割以上の人は不要な仕事をしているのですから、わざわざ、時間節約のためにコンビニや飲食店を利用する必要がない

そう、本来そのように根本的な事から議論すべきですが、経済優先の人々は、そこから議論しないようにしているのでしょうね。若しくはそこまで考えられないくらい経済優先に洗脳されているのでしょう。


Powerさんのこの手のコメントは、現在はディープ・エコロジーの範疇なのでしょうが、ここまで徹底しなければ本当のエコロジーではありませんね。世の中に溢れているシャロウ・エコロジーは、殆ど効果無しか、逆効果の欺瞞ですね。
これをディープ・エコロジーとして、マニアックな考えとしている間は本当の解決は無いでしょう。

>21世紀中には、「衣食住」に関するモノやサービスも崩壊に向かって欲しいです。

これを理解できる人はまだまだ少数派でしょうが、今世紀中にメインになるでしょう・・ならざるを得ないでしょう。
非常に本質を突いたコメント、有難う御座います。改めまして記事にしたいくらいです。



食事は自炊で“ゆっくり“取れる時代になって欲しいものです。
Power
雑草Zさん


9割の方は不要な仕事をしているので、食事は自炊(手作り弁当持参)で“ゆっくり“とっても、問題ないのです。不要な仕事のために、食事に関わる時間を節約する必要がないので。


中食や外食の楽しみが無くなるっ!!と言う方もいるでしょうが、正直、自炊で最低でも1日2食取れれば「健康で文化的な最低限度の生活」はできるので、中食や外食は存在自体が無駄なだけでしょう。


人間、1ヶ月間は水だけでも生きられますから、腹が減って自炊するのが面倒だからと中食や外食を利用する必要もないのです。


食に関わる仕事をしている方(コンビニ弁当のパックを製造している人達なども含む)は、人類が生きるために必要な食 に関わっているということで仕事に誇りを持っている方も多いでしょうが、正直、中食や外食に関わる仕事をしている方は「不要な仕事をしている9割の方」に該当するでしょう。

残酷な言い方ですが…


食に関わる仕事でもこれだけ無駄が多いので、資本主義は悪と言えますね。

Re:食事は自炊で“ゆっくり“取れる時代になって欲しいものです。
雑草Z
    Powerさん

 またまた、素敵なタイトルの本質を突いた(通称)ディープ・エコロジーのコメント有難う御座います。

>食事は自炊(手作り弁当持参)で“ゆっくり“とっても、問題ないのです。不要な仕事のために、食事に関わる時間を節約する必要がないので。

おっしゃる事はごもっともです。不用な仕事でエネルギーや資源を浪費するより、自炊を楽しんだ方がよっぽど環境負荷が少ないですね。しかし、かく言う私自身は、料理は苦手で、料理するくらいなら、生や焼くくらいで食べてしまいます。独り暮らししていた頃は外食や未調理が主でした(笑)。

>人間、1ヶ月間は水だけでも生きられますから、腹が減って自炊するのが面倒だからと中食や外食を利用する必要もないのです。

これは究極ですね!これに関連して最近興味深いサイトを読みました。原発関係の記事がメインなのですが、「1度でいいから3日食べないでみろ」と言う事が描かれています。面白いので宜しければ一読下さい。

樋口健二氏講演「ヒバク~放射能の恐怖」
http://ihope.jp/2009/07/06150635.html

>残酷な言い方ですが…

そうですね。反発も多く中々受け入れられない事でしょう。
非常に参考になる御意見でしたが、先ずはもっと無駄な第3次産業から考察した方が軋轢が少ないかもしれませんね。


 

第3次産業は無駄だらけすぎて、
Power
雑草Zさん


以前、お話したモ○ゲーや○リーに代表される「オンライン課金ゲーム」や、m○x○やf○ce○oo○などの「SNS」などが、第3次産業の無駄に該当しますね。


最も、第3次産業は 無駄だらけですが…


一見、必要に思える無駄もあります。大学・大学院に代表される教育機関がそうです。


日本とアメリカに該当しますが、極一部のレベルの高い大学・大学院以外は無駄でしょう。特に、文系は。


こう書くと、学歴差別などと批判されそうですが、レベルの低い大学・大学院に税金を使う(私学助成金など)のは無駄です。そこで働く教職員や、学ぶ学生(と言っても、文系のレベル低い所は学び舎にすらなっていませんが…)も、無駄なことをして失業率を低くすることに貢献しています(笑)

Re:第3次産業は無駄だらけすぎて、
雑草Z
    Powerさん

 またまた的確なディープエコロジーなコメント有難う御座います。

>一見、必要に思える無駄もあります。大学・大学院に代表される教育機関がそうです。

に関しても、その通りだと思います。歯に衣着せぬコメント、いいですね。

>日本とアメリカに該当しますが、極一部のレベルの高い大学・大学院以外は無駄でしょう。特に、文系は。

に関しても、かなり妥当な部分があると思います。
何をもって大学のレベルの高い低いと言うかは難しいところですが、
例えば東京大学も、要らない(あってはならない)研究室だらけだと思います。
典型例が、原子力関連の研究室です。東大が推進派、原子力邑の中心の一つです。原子力推進派の太鼓持ちの輩を直ぐに教授にしてしまいます。(まともな教授もいますが・・)
そういう意味では東大もレベルが低いと言えるのかも知れません。
 福島県川俣町で3.11原発事故前まで自然能を営んでいた佐藤由紀子さんと言う農家の方の教育に関する考え方は素晴らしいと思います。
『教育は義務教育で十分で、それで足りなければ高校に行き、更に大学や大学院と出来が悪ければ行くしかない』
と仰っています。面白い考え方と言うよりも、真を突いている洞察かも知れません。

複合大崩壊に関連。
Power
ここのサイトが詳しいですね。


「名無き仙人の綴る物語」から抜粋↓(他の記事にも多数、良いのがあります)


働きたくない人へ


http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%B8&safe=images&client=ms-kddi_blended-jp&start=1&hl=ja&inlang=ja&ei=LY_BT_jFL8T5kAW9BQ&ved=0CAYQFjAB&rd=1&u=http://tensei.nanaki.biz/zzhata.html


↑何度もしつこくなります(笑)


働く意味など毛頭ない。鉄道会社の電車の運転手などは働く意味はあるでしょうが、駅ナカの商業施設は無駄なだけです。あんなに要りません(笑)東京スカイツリーなんぞ、典型的な無駄ですね。耐震性が優れているだの言う方はいますが、無駄なハコモノを建てる技術が優れていると言った方が正しいでしょう(笑)


最近、議論になっている駅のホームの転落防止柵の設置も不要です。安全を確保する意味で、一見、必要に思えますが無駄な仕事のために通勤ラッシュ(笑)が発生し、そのために人が駅のホームに溢れて危険になっているだけですから、無駄な仕事がなくなれば転落防止柵の設置なんぞ不要なのです。

今日も、働くことが馬鹿らしくなって来ます

Re:複合大崩壊に関連。
雑草Z
Powerさんから、忘れかけた頃に、ここの記事に時々頂く、シリーズ的なコメントは、いつも読み応えあります。

貼り付けて頂いたリンクの

>働きたくない人へ

のサイト、ご紹介有難う御座います。面白く読ませて頂きました。ここでのPowerさんと私とのコメントのやり取りみたいな事を論じている人が増えている事は、いい傾向だと思います。


>「働くことを美徳とする価値観」自体が、もう時代に合っていないのです。
>働かない人や働きたくないから働かない若者がたくさん増えてきても、世の中はまわっていくに決まってるでしょう?
>世界で生み出される富を平等に分けさえすれば、こんなに苦労してまで働く必要はなくなるのに!1部の人間が富を蓄えすぎなんだ!世の中の仕組みが悪い!

も、その通りだと思います。ただ、このサイトを書かれている方は、エントロピーの法則や、「成長の限界」などに対する考察が欠けているように感じました。

>今日も、働くことが馬鹿らしくなって来ます

そうですね!・・・今はそう考える人が少なくても、このような思想は段々膨らんで行くでしょうね!?・・悪い傾向ではありませんね?

「新型うつ」などが増えているのも、
power
雑草Zさん


働くことが馬鹿らしいと感じる人が増えたからだと思ってます。薬漬け医療で儲けたい精神科医の利権のために、「新型うつ」という病気が考案されたというのもあるでしょうが、それ以前に、働くことが馬鹿らしいのです。


いくら支配層による搾取が無くなったとしても、不要な仕事をし続けるのは馬鹿らしい。そう感じる人が増え続ければ、一気に大崩壊するでしょうね。

Re:「新型うつ」などが増えているのも、
雑草Z
    powerさん

 なるほど、「新型うつ」については殆ど知りませんでしたが、単なるわがままや自己中心的な行動と捉えられても仕方がない部分もありそうです。だから、powerさんのおっしゃるように

>薬漬け医療で儲けたい精神科医の利権のために、「新型うつ」という病気が考案されたというのもある

と言う側面も否定出来ないでしょうね。これを病気と言ってしまったら、どんなサボりも病気と言えそうです。
その上で、

>働くことが馬鹿らしいと感じる人が増えたから、

と言う power さんの分析も一理ありそうですね。
「不要な仕事」と言うよりも、長い目で見れば「社会の害悪になる仕事」と言える仕事も多いですからね。そんな仕事に使命感なんて持てませんね。ただ、生活して食べていくお金を稼ぐために、不要で何の役にも立たない、逆に社会の害悪になる仕事をするのですからね。・・・そのような仕事に何の疑問も持たずに、仕事で評価される事を生き甲斐にバリバリ仕事をするほうが、「健全な社会人」と考えられる現代的価値観のほうが狂っているのかも知れませんね。

>不要な仕事をし続けるのは馬鹿らしい。そう感じる人が増え続ければ、一気に大崩壊するでしょうね。

環境破壊される前にこのような社会システムの崩壊が起こって、ある程度不要なものが取り除かれた社会が確立されるほうが好ましいでしょうね。

powerさんから頂く、『無駄・不要 論』は、毎回読み応え有ります。

若者を中心に、
power
雑草Zさん


既に、無駄な消費を抑える傾向となっています。老人と若者の世代間格差や、正社員と非正社員の所得格差により、金を掛けられない人が増えたのもありますが、金があっても無駄な消費をしたくないと考える人が増えているように思いますね。


約半数の婚姻者は結婚式をしないですし、結婚式をするにしても簡素化が進んでいます。葬式も、直葬や家族葬など簡素なのを選ぶ人が増え続けています。


人生の一大イベントである結婚式や葬式でさえ、する義務はないこともあり豪華な料理やドレスや会場などの「無駄な消費」を避ける人が多くなっているのです。


思っているよりも、資本主義の崩壊は早いかも知れませんね。

Re:若者を中心に、
雑草Z
確かに、無駄な消費を押さえる人が増えてきましたね。消費を煽る企業の戦略に引っ掛からなくなって来ましたね。若者のマイカー離れも顕著になって来ました。それでいいのに、企業だけではなく、国家ぐるみで消費を煽っている現状は、酷いものです。『如何にしてニーズを創り出すか?』なんて事が、平然と論じられていますが、『ニーズ』なんて出来るだけないほうがいいですよね。最小限の衣食住は、必要に決まっているのですから、それ以上生活必需品を創り出す事は、愚の骨頂でしょう。
>約半数の婚姻者は結婚式をしないですし、結婚式をするにしても簡素化が進んでいます。葬式も、直葬や家族葬など簡素なのを選ぶ人が増え続けています。

そうなんですか??みんな賢くなってきましたね?!・・・いい傾向です。
資本主義の崩壊の兆しはあちこちに見られますが、強欲な資本家や財界人が資本主義にしがみついて、国家を動かしているのが現状ですね。その体制を早く壊さなければ、みんなで地獄に道ずれですね。
資本主義の狂暴性は十分に実証されていますね。

戦争で需要を作る
Power
雑草Zさん


資本主義を維持するために、幾度となく戦争に介入して来たアメリカ…それも限界のようです。


戦地に派遣されるアメリカ兵でさえ、「戦争をする理由は需要を作り出すためだ。跡形もなく破壊して、アメリカ資本で復興させる。現地人に恨みは全くない」などと、インタビューしているのを見たことがあります。無駄なことをしていると彼らも分かっているようです。最も、貧困層出身が多いため彼らも生活のために止むを得ず、戦争に参加しているのが現実ですが…それでも、無駄なことをしていることに馬鹿らしさを感じ、戦地で精神がヤラれてしまい母国に帰国後も苦しむようです。


既に、ここまで来ています。とにかく無駄だと分かっているのに、仕事をするのは馬鹿らしいと。戦争であっても、です。

Re:戦争で需要を作る
雑草Z
    Powerさん

 アメリカは戦争で、国内景気を良くしようとしているとは良く聞く話ですが、アメリカ兵士でさえ

>「戦争をする理由は需要を作り出すためだ。跡形もなく破壊して、アメリカ資本で復興させる。現地人に恨みは全くない

よ言うようになったのですね。アメリカ人、特に兵士は『アメリカの正義』をすりこまれている筈なのに、真実は見えてしまうのでしょうね。

>貧困層出身が多いため彼らも生活のために止むを得ず、戦争に参加しているのが現実

サブプライムローンの破綻で、住宅のローンが払えない人の多くも志願兵に応募している(させられている)と聞きました。貧困層の若者が大学の学費を稼ぐために先ず戦争に行くという話も書いてありました。
 資本家、富裕層は、戦争要員や被曝労働要員として、貧困層が必要なのでしょうね。

>無駄なことをしていることに馬鹿らしさを感じ、戦地で精神がヤラれてしまい母国に帰国後も苦しむようです。

頗るやるせない話です。アメリカの正義は本質的に欺瞞だらけですね。

>既に、ここまで来ています。とにかく無駄だと分かっているのに、仕事をするのは馬鹿らしい

全くその通りです。Powerさんの、『無駄・不要 シリーズ』は、ついに戦争まで来ましたが、もっと続けて欲しいと思います。記事にしたいですね。

収入口を複数にしてリスクを下げる!?
Power
雑草Zさん


一般論として、収入口が1つだけというのは極めて危険なため、副業や週末起業などで収入口を複数にしてリスクを下げようとする人が増加し続けている昨今…

が、収入口を複数にしようにも大多数の平日勤務のサラリーマンにとっては、土日祝で出来る仕事しかなく、殆どは不要な仕事(サービス業が多い)ばかり。期待する儲けは上げられず、殆どの人は失敗するのが現実…


副業や週末起業などで不要な仕事をしなければならないほど、失業リスクが高まっています。おかしいですよね。


私事になりますが、私も、本業である「安全装置の定期点検・修理・メンテナンス」の仕事だけでは先行き不安のため、司会業をしたいと考えて某スクールで指導を受けているのですが、正直、馬鹿らしくなってきました。不要な仕事だと解りきっているので。それでも、リスクを下げるためにはやらざるを得ない。


司会業を選んだのは、「人間がしなければならない仕事(人工知能により、将来的には機械やロボットでも司会は出来るようになるでしょうが、それだとつまらない。感情がないので)」だからであり、何が何でもやりたいっ!!という特別な思い入れは全くないのです。不要な仕事に思

→続き
Power
雑草Zさん


不要な仕事に思い入れなんて持てません。が、資本主義においては何かをして対価を頂くことから逃れられないため、不要な仕事だと分かっていても「人間にしか出来ない仕事、人間がするニーズがある仕事」をしなければ、低賃金労働と失業の恐怖に永遠に甘んじることになります。


…もう、馬鹿らしいです。言っちゃあ悪いですが、スポーツ選手と芸能人とそれらに関わる仕事(審判員や芸能マネージャーなど)は無くなって欲しい。オリンピックなんぞ無駄そのものです。審判員なんて、ビデオ判定でも要りません。プロスポーツ自体が無駄なので。


そう思いつつ、リスクを下げるために司会業のスクールは続けます。馬鹿らしいのは招致で。

Re:収入口を複数にしてリスクを下げる!?
雑草Z
    Powerさん

またまた興味深い情報、及び持論の展開、有難う御座います。世間一般では偏屈な理論に感じる人が多いでしょうが(・・そこが現代無駄社会の洗脳でしょう・・)非常に共感の持てる内容です。

>副業や週末起業などで収入口を複数にしてリスクを下げようとする人が増加し続けている昨今…

そうですか。週末起業と言うのも増えているのですね!?
土日も仕事するのはしんどいと思いますが、そうせざるを得ない現代社会って確かにおかしいですね。・・そしておっしゃるように、その副業が

>殆どは不要な仕事(サービス業が多い)ばかり。

では、やるせないですね。社会正義の心を持った人ほど、挫折感が強く、鬱になりそうですね。

>司会業を選んだのは、「人間がしなければならない仕事

と言う選択は、いいですね。それにこのような仕事は、直接無駄なものを生産する事はありませんから、環境破壊には直接は繋がりませんしね。

>何が何でもやりたいっ!!という特別な思い入れは全くないのです。

その感覚、よくわかります。副業でなく本業でもそのような感覚は持っています。私の持論は、【ホームレスより役に立つ仕事】などなかなか見つからない・・・と言う事です。ごく初期の頃記事にしています。 ⇒ http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-9.html

副業の為の某スクールなども不要な存在かも知れませんね。スクールで習っても仕事が無いなんて事も往々にしてあるでしょうね。

>資本主義においては何かをして対価を頂くことから逃れられないため、不要な仕事だと分かっていても「人間にしか出来ない仕事、人間がするニーズがある仕事」をしなければ、低賃金労働と失業の恐怖に永遠に甘んじることになります。

この文こそ、資本主義、経済成長主義の矛盾、狂気を端的に表現した好例ですね。

>言っちゃあ悪いですが、スポーツ選手と芸能人とそれらに関わる仕事(審判員や芸能マネージャーなど)は無くなって欲しい。オリンピックなんぞ無駄そのものです。

歯に衣着せず、ズバッとおっしゃってますね。まさにその通りだと思います。スポーツは本来自分達が健康と楽しみの為にやるもので、プロがやるのを見るというのもおかしな話ですね。・・しかし、ニーズがあるのも確かです・・・しかしそのニーズそのものがマスコミによって作りだされたものでしょうね。

>不要な仕事に思い入れなんて持てません。

それでいいんだと思います。不要な仕事・・・と言うよりもあってはならない仕事を精力的にやる人々が、大局的に社会を駄目にしているのでしょうね。その典型例が、「原子力村」と呼ばれるところに属する人々でしょう。

ただ、仕事は楽しくやりたいものです。必要最小限の本当にやるべき仕事だけをやる社会なら、仕事をする時間はあまり要らないでしょうね。余暇やボランティア、その他の活動に割ける時間もずっと増えるでしょうね。馬鹿らしいのは承知で続けるのは大変ですが、そこに楽しみを見つけられればいいですね。でも、やはり週末は自分がやるべきだ・・と考える事をやりたいものですね。

週末起業や副業の無駄
Power
雑草Zさん


情報起業(殆どは詐欺)・コーチングやカウンセリング・個人向けセミナーの講師・カメラマン・アロマやヘアメイクの出張サービス・楽器演奏・結婚式やパーティーの司会…


↑どれも、不要な仕事ばかりです。情報起業だけは「原子力村」と同じくらい質が悪いですね。有害すぎて。

東日本大震災直後に、計画停電や震災による被害を理由にした不当解雇が横行したこともあり、リスクを下げるために止むなく上記の週末起業や副業を始める方が増えました。日本においては、年齢が上がるほど再就職が厳しくなる上に、再就職できたとしても前職よりも労働条件&待遇が下がることが多いため、先手を打ってリスクを下げるのです。

が、情報起業はまともな内容であってもリピーターが得られないというデメリット(ダイエットに成功した人が、再び、ダイエットの情報を買うことはない)があり、殆どの方は失敗します。

コーチングなども、情報起業よりはマシですがそれでも殆どの方は失敗します。不要な仕事ですしね(笑)

これらの仕事に思い入れなど持てる訳もなく…正直、世の中に本当に必要な仕事で衣食住が賄えるのなら、週末起業や副業なんてしたくない人が多いでしょう。

→続き
Power
雑草Zさん


週末起業や副業をしてリスクを下げなければならないほど、追い詰められている人が増えているのです。かなり身分の高い武士でも内職をして収入を補っていた江戸時代の再来ですね。違いは、現代は不要な仕事で週末起業や副業をしているだけ(笑)


原子力村や情報起業のような「有害すぎる仕事」ほどではありませんが、無駄に時間と資源を消費している点では、週末起業も副業も「有害」ではありますね。

世の中に本当に必要な仕事は、最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究くらいでしょう。基礎研究は利益には結び付かないと言われますが、人間が馬鹿にならないためにも必要です。「基礎」研究と言われるだけはありますね。


原子力に関しても、基礎研究だけは確実に必要ですね。

Re:週末起業や副業の無駄
雑草Z
    Powerさん

>情報起業はまともな内容であってもリピーターが得られないというデメリット(ダイエットに成功した人が、再び、ダイエットの情報を買うことはない)があり、殆どの方は失敗します。

なるほど、ここに資本主義経済の矛盾の集約を見ました。リピーターがいないと言う事は、その目的を達成したという事で、本来はいいことですね。例えば、一度シロアリ退治を業者にして貰ったとして、シロアリが二度と発生しなかったら、そのシロアリ退治は成功して、依頼した家主も喜ぶ筈ですが、シロアリ業者としてはまた白アリが発生してリピーターになって欲しい訳ですね。・・・これは何事に関しても言えますね。病院、カウンセリング、探偵、調査・・・みんな解決しないで長くかかる方がリピーターが増えて儲かるのですからね。

>基礎研究は利益には結び付かないと言われますが、人間が馬鹿にならないためにも必要です。

この辺りのPowerさんの持論は、参考になります。

>世の中に本当に必要な仕事は、最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究くらいでしょう。

そうですね。Powerさんの「不要な仕事論」は徹底していますね。私も考え方として、失業者のほうが世の中を駄目にしない・・・などの持論を持っていますが、Powerさんの不要な仕事論は私よりも徹底していそうです。

不要な仕事を削って行けば、時間的な余裕が出来ますが・・・その分、余暇にはする事が増えますね。楽器演奏、スポーツ・・・

素人の趣味レベルならOKですが、仕事では不用・・・と言う主張と考えて宜しいですね。・・・どこまでが「プロ」を認めるか認めないか・・・と言う事は非常に難しい問題ですね。Powerさんの基準は、

>最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究

と言う事になりましょう。その他はどうでしょうか?
具体的な目安としては、日本で言えば江戸時代にあった仕事なら、大体プロもあってもいいでしょうかね?


どこまで「プロ」を認めるか。
Power
雑草Zさん


独断と偏見で↓


・スポーツは全て×
・芸術(お笑い、映画、音楽、美術など)も全て×

・知的ゲーム(チェス、将棋、麻雀など)も全て×

です。どれも素人レベルの趣味で楽しむのは○です。


非常に味気ないですが…知的ゲームは迷うところですが、それでも「プロ」はいらないと思います。

スポーツも芸術も知的ゲームも、感情のある人間がやるから楽しいのでしょうが、「プロ」は不要です。こういう職業に憧れる人がいるから、資本主義が崩壊しないのです。

→追加
Power
雑草Zさん


宮大工、棒手降り、人力車などは「文化財保護」のために、認めるのは○とします。


趣味でやる人はいないと思われる(趣味で出来るレベルではない)ので、さすがにこれらの仕事まで×にしてしまうと文化の発展の面で悪影響が出て来ますので…。


資本主義崩壊後は、飽きるくらい余暇をする時間があるため、行き着く先は(生涯学習としての)勉強をする人が多くなるでしょう。スポーツは趣味でやる分では、長時間は出来ない(体力が持たない)ので。

Re:どこまで「プロ」を認めるか。
雑草Z
    Powerさん

 私よりもずっと徹底した不要論になりましたね。

>独断と偏見で↓
>非常に味気ないですが…

と、ご自分でも認められておりますが、このくらい徹底しないと、世の中の無駄を一掃する事は不可能でしょうね。

>知的ゲームは迷うところですが、それでも「プロ」はいらないと思います。

のご意見には私も賛成致します。しかし私は寧ろ、

>芸術(お笑い、映画、音楽、美術など)

の部分のほうが迷うところです。これらは、スポーツとは違い、元々人間を楽しませる為に出来た職業ですから、あってもいいかなとも思います。・・ただ、現代社会は過剰である事は確かでしょうね。ただ、

>スポーツも芸術も知的ゲームも、感情のある人間がやるから楽しいのでしょうが、「プロ」は不要です。

も、なるほど、理があるなと感じます。

>宮大工、棒手降り、人力車などは「文化財保護」のために、認めるのは○とします。

なるほど、興味深いご意見です。でもそれならば、芸術も同様と考えられましょう。
・・この辺りまで煮詰めると、境界を決めるのは難しい作業ですね。

ここまで、徹底している Power さんのご意見は、興味深く面白いですね。
次の展開も楽しみです。

 

「芸術」のプロを認める難しさ
Power
雑草Zさん


芸術そのものは、人間を楽しませるために必要ですが、芸術だけで食っていける「プロ」を認めるのはどうかの線引きが難しいですね。


楽しませるだけなら、本業を持ちながら副業として芸術をすることも可能ですし…


不要な仕事が無くなれば、「副業で芸術をして人間を楽しませて、本業の収入で生活費を賄う」いう図式が十分成り立つので、最低限の生活に必要なモノやサービス&基礎研究の仕事に該当しない、「芸術」にプロを認めなくても十分ではないかと。


その仕事だけで十分食っていけるのが「プロ」ですが、芸術は「プロ」がいない方が純粋に人間を楽しませることができると思うのです。「生活費を得るために仕事しよう」という考えがないので。


スポーツと知的ゲームは、プロであっても自分が楽しむ要素が強いので、プロは不要ですね。両方とも、人間を楽しませる目的でプロが出来た訳ではないので。

Re:「芸術」のプロを認める難しさ
雑草Z
    Powerさん

芸術にはプロがあってもいいかと考えていた私ですが、今回のPower さんのコメントには説得力があって、その通りだと考え直しました。

>スポーツと知的ゲームは、プロであっても自分が楽しむ要素が強いので、プロは不要ですね。

は私も以前よりそう思っていましたが、芸術家、個人的好みでは、特に音楽家はプロもありだと考えていました。しかし、Powerさんの主張には理があります。

>楽しませるだけなら、本業を持ちながら副業として芸術をすることも可能

確かにそうですね。音楽家でも、プロのほうがいいという訳でもなく、素人で魅力的なミュージシャンは沢山いますね。逆に只でも聴きたくないミュージシャンも沢山います。

>その仕事だけで十分食っていけるのが「プロ」ですが、芸術は「プロ」がいない方が純粋に人間を楽しませることができると思うのです。

その通りだと思います。


 芸術家で許せないものは、『芸術』の名のもとならば、資源の無駄使いや環境破壊(彼等は環境美化だと考えている・・)を何とも思わず正当化する連中です。大きい筆ででかい紙の上に足で上がって書道をするのも流行っていますが、ただの資源の無駄遣いです。廃止すべき日本の文化です。ラップの芸術家と称して、橋とかビルディングをラップで包む芸術家もいましたが、お金に物を言わせてゴミを出しているだけです。最低な芸術の一つかと思います。欧米人にこの手の資源浪費型美術家は多いのですが、日本などアジア人も真似しているのが嫌ですね。実際に使う建物などは別ですが、巨大な像とかモニュメントなども資源の無駄遣いで必要ありません。『美術』の名のもとに巨大なオブジェなどを作る資源の無駄遣いは禁止すべきだと考えています。

あらゆる場面で、時間の無駄が発生している現状
Power
雑草Zさん


以前にもお話しましたが、現代はあらゆる場面で時間の無駄が発生しています。

不要な仕事をしている時間はもちろんのこと、娯楽にまで時間の無駄が発生…


しつこくなりますが、YouTubeやニコニコ動画などを延々と閲覧したり、Facebookやtwitterなどの「SNS」で一般人がどうでもいい日常を書き込んだり閲覧したりするのは、殆どの場合、時間の無駄です。新しい知識や知恵を得られることは殆どないので。


大多数の方はかなりの時間を無駄にしています。時間を無駄にする行為が堂々と?出来るようになっているという点で、資本主義は崩壊中なのでしょう。


資本主義崩壊後は、SNSやYouTubeやニコニコ動画は今よりもっと廃れるでしょう。他者からの承認欲求を満たすために利用されているこれらのサービスは、生活のために最低限必要な仕事+基礎研究の仕事のみになれば、不要になるからです。


生活のために最低限必要な仕事+基礎研究の仕事で、他者からの承認欲求を得ても「必要なのだから承認されて当然」で終わってしまうので…

資本主義崩壊後の余暇の過ごし方
Power
雑草Zさん


他人からの承認欲求を満たすことを気にしない場合、小説を読むかスポーツジムで体を鍛えるくらい…


スポーツや知的ゲームは勝敗が関わるため、純粋に楽しむのは難しい。


生涯学習(趣味としての資格取得含む)は、成績を気にしないのであればともかく、大抵の人は成績を気にする上にブログなどで成績や勉強方法を載せるなど、やはり、他者からの承認欲求を非常に気にするため、これも純粋に楽しむのは難しいです。


現時点でも学歴や資格においては、レベルの高い大学&大学院や難易度の高い資格以外は、完全なる趣味と言っていいほど(レベルの低い大学&大学院は、時間と資源の無駄遣いですが)なので、資本主義崩壊後の余暇の過ごし方は、思っているよりつまらないものになるかも知れませんね。

Re:あらゆる場面で、時間の無駄が発生している現状
雑草Z
    Powerさん

またまたコアなご発言ですね。

>不要な仕事をしている時間はもちろんのこと、娯楽にまで時間の無駄が発生…

娯楽に関しては、時間の無駄とか言うのも考えものですね。そこも含めて「娯楽」ではないですか??・・・確かに目玉商品を買う為とか、何かのチケットをとる為に何日も前から並ぶのは馬鹿みたく感じます。飛行機や自家用車などを用いて、長距離を時間をかけて娯楽に行くのもどうかとは思います。しかし、資源の無駄遣いは非難すべき事ですが、時間の浪費とかは、本人の価値観に任せてもいいかも知れません。

>他者からの承認欲求

と言うのも、人間の本性の部分もあるでしょうから、あって当然の部分もあるでしょう。

仕事ではない娯楽の部分に関しては、「時間の無駄にならない」と言う縛りは必要ないのではないかと思います。
ただ寝転がっている状態も、「時間の無駄」か「体を休めているのか」区別する必要はないと思います。

Re:資本主義崩壊後の余暇の過ごし方
雑草Z
    Powerさん

連続してコアなご発言です。

>大抵の人は成績を気にする上にブログなどで成績や勉強方法を載せるなど、やはり、他者からの承認欲求を非常に気にするため、これも純粋に楽しむのは難しいです。

他者からの承認欲求は否定出来ませんし、しなくてもいいのでは・・??
 競争心も否定出来るものでもありません。「弱肉強食」もある意味世の常です。しかし、建前とは裏腹に「弱肉強食」が日常的に行われている社会は、住みにくいですね。

競争心や他人からの承認欲求を満たす行為は認めて、それによって大きな格差が出来る社会構造を改革すればいいのではないでしょうか?

承認欲求と時間の無駄をどこまで認めるか。
Power
雑草Zさん


よく言われることですが、時間の無駄がありすぎる(要するに、暇)と、「ろくなことを考えない」のが人間ですので、あまりにも時間の無駄が出来る状態なのもまずいのです。


ただ、資本主義崩壊後はかなりの時間が余るため、時間の無駄をどこまで認めるかも論点となってきます。さすがに、寝っころがるだけの状態を何日間も出来るぐらいの時間の無駄はまずいですね。


承認欲求においては、現時点では「成績が良いから褒められる(大学&大学院はレベルの高いところ限定)」「仕事で成果を出しているりから、報酬が上がる(上位2割限定)」ぐらいのレベル以外では満たすのがキツくなっているため、facebookやtwitterやブログなどの「プロフィール欄」では、嘘ばかり書いている人が多く(特に、学歴と経歴の嘘は多い)、リア充を演じて完全に病んでいる人ばかり…行きすぎた資本主義の弊害と言えましょう。


かつての日本のように、普通に働いて普通に趣味を持つ程度で承認欲求が満たされるようにする必要がありますね。嘘ばかりついてでも、承認欲求を満たしたい人がネット上に溢れているのは、病気ですわ。

Re:承認欲求と時間の無駄をどこまで認めるか。
雑草Z
    Powerさん

>時間の無駄がありすぎる(要するに、暇)と、「ろくなことを考えない」のが人間ですので

『時間の無駄』の言葉の定義にも拠りますが、私は逆に『時間の無駄』は、余暇の時間を無くすると考えます。その典型例が「ワーキング・プア」です。仕事に追われて、社会問題や政治に関して、無関心、もしくは口出ししない人が大多数です。・・・そんな中で、アルバイト程度で、ほぼ毎日脱原発運動などに励んでいる少数の方々には頭が下がる思いです。
 しょうもないのは、そこそこの収入があって、時間的余裕のある連中が、スポーツ(・・実際にやること及び、サポーターや観戦)とか、旅行とか、ゲームとか、趣味の時間に多大な時間を忙殺されている状況です。Power さんは、このあたりの連中のことを、以前言及されていたのかと思います。
霞ヶ関などの省庁も、夜遅くまで電気が点いているようですが、官僚たちが残業して、与えられた「仕事」の内容に疑問を持たずに無駄な、若しくは社会を悪くする仕事を日々やっていますね。彼らのその行為は承認欲求に留まらず、自らの出世の為ですね。

こう考えていくと、『時間の無駄』には2種類あり、一つは、社会的には本来要らない、若しくはやってはならないことに時間を費やし忙殺されること。もう一つは、たた寝ころがってぼんやりするようなことでしょうか。
前者が、現代社会が病んでる部分かと思います。後者は、心身を休める事にもなり、動物としての人間には必要な部分でもあり、社会的にもあまり害にはならないでしょう。寧ろ社会の要らない仕事を削る役割も担っていると思います。・・・ただし、それは程度問題で、 それも行き過ぎるとPowerさんのおっしゃるところの問題も発生するでしょうね。

>かつての日本のように、普通に働いて普通に趣味を持つ程度で承認欲求が満たされるようにする必要がありますね。

そうですね。そのような健全な社会がいいですね。現代社会は無駄な仕事などに時間を忙殺されて病んでいますね。
 
  Power さんの「無駄論」も、行き着くところまで来たかとも感じましたがまだまだ面白い展開がありそうです。 

遂に、オリンピックも崩壊へ
Power
雑草Zさん


度重なる誤審や無気力試合が報道されていますが、遂にオリンピックも崩壊したようです。


以前、オリンピックなんぞは無駄そのものだとお話ししましたが、本当に無駄だということを認識した人々が増えたと思います。


欧米に有利になるような度重なるルール改正云々ではなく、金メダル至上主義で総合的に有利になるために、あからさまな無気力試合までやるというのでは…


ネット上でニュースを見ただけの感想です。


ドロドロの利権を考慮しても、今回のオリンピックはあまりにも酷い。


オリンピックまで崩壊。資本主義崩壊は近いようです。

Re:遂に、オリンピックも崩壊へ
雑草Z
Power #さん

 原発問題のほうが遥かに重要なのに、日本の政府もマスコミも、オリンピックの話題に熱心ですね。
 日本に限らず、たかがスポーツの試合に国の威信を賭けて戦うなんて馬鹿げています。自国の選手がメダルを取ろうが予選で落ちようが、どうでもいい事です。ただのエンターテインメントの一つですから、スポーツニュースでやる程度で十分でしょう。
 こんな事に労力と時間をかけるほど、世界は平和でも暇でもない筈です。



2時間の会議に10時間の議事録作成…
Power
雑草Zさん


「スマホは「声」で動かせ(鈴木 清幸 著 ダイヤモンド社)」の事例で、2時間の会議に10時間の議事録作成をしていたが、音声認識技術の導入で作業時間を40%削減できたと…


40%削減の部分が強調されている本書ですが、正直、議事録作成の時間が会議の時間の5倍掛かっている時点でヤバいと思いました。


私も議事録作成はしたことありますが、掛ける時間は会議の時間より遥かに短いです。


嫌なことに気付きました。完全規制業種である公務員や、電気・水道・ガスなどの独占業種インフラや、既得権益型大企業の多くは、「2時間の会議に10時間の議事録作成」みたいな仕事をしているのだろうと。


技術革新が進んでも、このザマです。

Re:2時間の会議に10時間の議事録作成…
雑草Z
    Power #さん

 また、お久し振りにユニークな視点からの『無駄』の御指摘有難う御座います。今回は、「スマホは「声」で動かせ(鈴木 清幸 著 ダイヤモンド社)」と言う書物に書かれていた事例が、もともとは必要ない時間の4割削減だから、意味がないと言う事をおっしゃりたいわけですね。つまり、スマートフォンで色々便利になったけれども、元々が必要ない事をやっている場合が多いと言う事ですね。言われてみればおっしゃる通りです。

>議事録作成の時間が会議の時間の5倍掛かっている時点でヤバい

議事録作成にどの位時間がかかるのが適正かの判断は付きにくいですが、議事録は、リアルタイム・・・会議の最中に作成するのも可能ですね。会議の後に長い時間かけて作ると言う事は、作為的にそれぞれの発言を都合のいいように書きかえることも可能です。言った言葉をそのまま書いた方が遥かに信頼がおけますね。挙げ句の果てに都合が悪ければ「議事録を作りませんでした」とまでしますから、会議の録音をそのまま保存しておいた方が遥かにましですね。

>完全規制業種である公務員や、電気・水道・ガスなどの独占業種インフラや、既得権益型大企業の多くは、「2時間の会議に10時間の議事録作成」みたいな仕事をしている

そんな例は枚挙に暇がないでしょう。更に、天下り組織の特殊法人なんか、まるまる必要のない仕事であるばかりか、環境破壊のデメリットしかない「仕事」を作っていますね。

>技術革新が進んでも、このザマです。

この総括、ごもっともです。技術革新で解決するよりも先ず、その仕事自体のやり方を変えたり削除するほうが有効な場合が沢山ありますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
暴走
 文明は、必ず暴走寸前までは行くようですね。そこで止められる場合もあるようですが、ほとんどは暴走の果てに文明崩壊を起こしていますね。これは人間の知性が、ほとんどの場合個体の生きている時間プラスアルファぐらいしか及ばないからでしょうね。
 アメリカネイチャーピープルのホピ族は、七代先の子孫の事を考えて方針を決めていたとどこかで聞いたことがありますが、このような寿命の何倍もの時間を検討する思考法を文化の中に組み込むことが出来れば、暴走を起こさない文明が出来るかもしれませんね。
2012/02/18(Sat) 00:22 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
お金が原因だと…
はじめてコメントします。2lyuna5といいます。
似たような考えの方なので、前から見ていました。

今のような経済システムで得をするのは、お金を持った人たちだと思います。

そして、楽をしたいために、みんながお金を稼ごうとすることで、使えるものは使ってお金にしようと資源を浪費しているところが少なからずあると思います。

金さえあれば、実質何でもできるといったこのシステムは変えるべきです。

http://ameblo.jp/2lyuna5/にブログがありますので、私の考え方に興味がありましたら、見てもらえるとうれしいです(関係ないのもありますが)
2012/02/18(Sat) 13:15 | URL  | 2lyuna5 #j0rLZRog[ 編集]
問題の先送りが大問題
雑草さんこんちは
オキュパイには残念ながらいけませんでしたがしっかりと免許を取得してまいりました。これで本当の意味での除染活動が行われたときに少しはお役に立てるかな?(私生活で一杯一杯かもしれませんが^^;)

<望的なシテュエーションから免れる方法は、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・・脱成長路線へのパラダイムシフト

これは本当に重要ですね!ただ、国家の枠組みを変えない限り、みんな意識をすこしずつ変えないと成し得ない壁だと感じます
2012/02/19(Sun) 09:37 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:暴走
 日本の文明を考えた場合、折角江戸時代に文明の暴走を止め、持続可能な文明を築いて来たのに、明治維新の開国から、持続可能性が次々に壊されてきました。特に第二次世界大戦後のアメリカ文明の導入は、日本に致命的な時限爆弾を仕掛けたようです。

>人間の知性が、ほとんどの場合個体の生きている時間プラスアルファぐらいしか及ばないから

金融資本主義のシステムも、短期的経済競争に追いやられる日常を作り出していますね。長い目で子孫の事を考えた仕事をする者が、自由競争で負けていくと言う弱肉強食システムです。ここにも、

>文明崩壊を回避する自己制御性
>森林等の生産力が豊かになるように積極的に行動するよう強制するシステム
>人間が強欲であればあるほど森林等が豊かになる、自己制御性を持った貨幣システム

が必要ですね。国際社会に導入出来るこのようなシステムを産み出したいものです。

>暴走を起こさない文明

を自己制御システムで作ると言う事になりましょう。
2012/02/19(Sun) 20:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:お金が原因だと…
    2lyuna5さん

初めてのコメント、有難う御座います。HN”2lyuna5” は、何と読んでどう言う意味なのでしょうか?

 さて、

>今のような経済システムで得をするのは、お金を持った人たちだと思います。

はその通りでしょうね。お金を持った人々の為に作った理不尽な不平等システムと言えましょう。そればかりか文明を暴走させて崩壊に導くようなプログラムを内包しています。

>金さえあれば、実質何でもできるといったこのシステムは変えるべきです。

全くその通りです。金を持っている人がそれに比例して環境を食い物にする権限があると勘違いするような酷いシステムです。現代金融資本主義ほど欠陥があり、自然破壊するシステムはこれまで無かったでしょうね。
2012/02/19(Sun) 20:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:問題の先送りが大問題
 財政出動とか金融緩和が経済危機の対策と考えているエコノミストや各国政府の担当者は本当にレベルが低過ぎますね。それが問題の先送りでしかない事に気付くべきです。

>国家の枠組みを変えない限り、みんな意識をすこしずつ変えないと成し得ない壁

そうですね。今の国家の枠組みや一時的な経済面での利害関係優先の外交では状況は悪くなっていく一方でしょうね。

   +++++++++  +  ++  +++

>しっかりと免許を取得してまいりました。

なんの免許でしょうか?
東京方面へ行かれたようですが、オキュパイは、まだありますので、次の機会もありましょう。オキュパイも色々な危機があるようですが・・・。
2012/02/19(Sun) 20:55 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
HNは特に意味はありません
コメントの返事ありがとうございます。

"2lyuna5"というのは、特に意味はありません。
私は"リューナ"と読んでいます。敢えて言うなら、こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。

私の周りには、こういった考えの人はおらず、企業に利益をもたらすにはどうすれば良いかや、企業が倒産すると生活できないから、仕方なく従っているという人が多いです。

終いには、「資本主義だから競争に勝たないと生きていけない」、「残業しないと会社がつぶれる」
みたいなことを言われ、私から見れば、お金に洗脳されているように思えます。

法律や制度は、支配者に都合よく出来ているというのはよく聞く話です。この経済システムもお金を持っている人に都合よく出来ているのでしょう。

なんとかして、このシステムを変えることができればいいのですが…
2012/02/19(Sun) 23:26 | URL  | 2lyuna5 #j0rLZRog[ 編集]
こんばんは^^

放射能に関することといえば雑草さんならご理解いただけるかと存じます。超ギリギリだったと思うので勉強は続けていかなければ駄目ですね。(ボランティアで行くとき交通費が優遇してもらえるかもしれませんがイミテーションの除染計画区域は線量が高すぎて、厳しいです)

その講習の際に聞いたのですが、やはり、福島沖海底のセシウム濃度と茨城沖海底のセシウム濃度は同じくらいになってしまっているようです。10年前くらいに良く波乗りに行っていたので理由は理解できますが、岸から沖へ向かう潮の流れと沖から岸へ向かう潮の流れ、それと親潮の海流が重なり、海岸線つたいに汚染が広がっているのだそうです。

茨城も福島と同程度に進んでいるのであれば当然千葉もかなり影響を受けているでしょうし、東京湾は河を伝って流れたものが注がれるので当然汚染されます。

日本は海に囲まれた土地だけあって、主に食文化として、それに付随して育ったものがかなりの土地に根付いているので、そういう面からみても、東日本はお金では換算できない大切なものを壊してしまったといっても過言ではないでしょうね。それをもっと破壊しようとしている政府には日本人としての誇りは感じませんご先祖様も嘆いているでしょう。

スピーディーは児玉教授以外の原子力産業の方々も震災当時は稼働していて、逐一情報を政府に送っていたと聞いておりますので、どこの誰が国民に情報を公開することを拒んだのか?そして、多くの国民を欺く情報を提供したのは誰か、どこの機関か?今後更に明らかになってくるのでは?と感じています。

そのためには、官僚や政治、企業に共通する、大人たちのくだらない慣習、体裁、利権とは対極にあることを一人一人が少しずつ実践するしかないでしょうね。
子供たちの犠牲の上に成り立つまつりごとをしている文化や文明など所詮先が見えています!
2012/02/20(Mon) 21:26 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:HNは特に意味はありません
    2lyuna5さん

>こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。

そういった思いの込められた言葉なのでしょうか?

ここのサイトの常連の方もそのような考え方の方々が集まっています。ちょっと違うとすれば、 2lyuna5さんが、社会的な方面からのアプローチ、私や他の常連さんは地球のキャパや環境からのアプローチが多いと言う事でしょうか?まあ、どちらも互いに関連した事で、切り離しては考えない方がいいですから、同じ方向性と言えましょう。

>私の周りには、こういった考えの人はおらず、

このような考え方は、現在、社会の主流にはなっていませんから、傍目からは孤立して偏った考え方に見えそうです。しかし、記事に描いたように、社会も地球のキャパも、構造的に行き詰っていますから、これからは、このようなオルタナな考え方は重要ですし、早晩そちらが主流になるでしょう。
 地球が環境負荷でやられる前にシフトすべきです。そのような考え方が台頭するまで、お互いに連携して頑張って行きましょう。今後ともよろしくお願い致します。

>なんとかして、このシステムを変えることができればいいのですが…

その為には、多くの人が金融資本主義等、現代の狂ったシステムの洗脳から解放されなくてはなりませんね。そのような記事を発信し続けましょう。


2012/02/20(Mon) 22:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:
    アルテミス^^ #さん

>福島沖海底のセシウム濃度と茨城沖海底のセシウム濃度は同じくらいになってしまっているようです。

今回の事故では、陸よりも海の方が遥かに多くの放射能で汚染されました。汚染は数年後にはアメリカまで広がるとシミュレートされていますね。

>東日本はお金では換算できない大切なものを壊してしまったといっても過言ではない

全くその通りです。お金に換算しても、今まで日本の全ての電力会社の原発が産み出したエネルギーの価格の何倍もの金額の損害でしょう。お金以外の損害はもっと大きいでしょう。

原発政策は失敗は決定しているのですから、推進派は、早く過ちを認め、原発から撤退する勇気が必要です。
 
2012/02/20(Mon) 22:10 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
その通りですね
>>こういった考えの人が集まって何かできればという思いでつけました。
>そういった思いの込められた言葉なのでしょうか?

思いつきでつけた名前ですので、深くは考えてませんでした。すいません…

>そのような考え方が台頭するまで、お互いに連携して頑張って行きましょう。今後ともよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。今の状態が続いて将来困るのは私たち自身ですからね。なんとしてもやらないといけません。

>2lyuna5さんが、社会的な方面からのアプローチ、私や他の常連さんは地球のキャパや環境からのアプローチが多いと言う事でしょうか?

私は、経済問題があるから環境問題があると考えています。なので、経済的なアプローチから環境問題を解決できるかもしれないと思っています。

>その為には、多くの人が金融資本主義等、現代の狂ったシステムの洗脳から解放されなくてはなりませんね。そのような記事を発信し続けましょう。

諦めずにお互いに頑張りましょう。諦めたらそれで終わりですから…
2012/02/21(Tue) 21:56 | URL  | 2lyuna5 #j0rLZRog[ 編集]
資本主義の暴走。
資本主義が暴走することは、明治時代の起業家である渋沢栄一も予想していました。

当時は欲望に歯止めがきかなくなることで社会が壊れると予想していたようですが、現代では世界レベルの破壊ですね。

また、政策のほぼすべてが「先送り」であることもハードランディングの可能性を押し上げています。
ここまできて、持続可能な状態にするには多くの人に我慢してもらう必要があるでしょう。

ただ、その我慢を先送りにすれば、さらにひどい我慢が待っているということが世間の人にはわからないというところに悲劇があります。

わかっているのかもしれないですが、「今の生活」を手放せないのでしょうね。負担が子孫にぶつわけですが、おかまいなしです。

早く世界経済に崩壊してもらうしかありません。
2012/02/22(Wed) 21:38 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:その通りですね
>今の状態が続いて将来困るのは私たち自身ですからね。

そう、そして子孫たちも困ります。我々は確実に大きな負の遺産を子孫に残していますね。

>経済問題があるから環境問題があると考えています。

そうですね。特に経済成長主義が最悪でしょう。本文にも描きましたように、脱工業化と脱人工物質、経済の縮小・・脱成長路線へのパラダイムシフトが必要です。
ここの常連には、そのような考え方の方々が集まっています。
これからも宜しくお願い致します。

 * ** *** **** *** ** ***

 HNに関してしつこく聞いてすみません。人のHNの由来に興味があったもので・・何か込められた意味がある言葉かと思ったまでです。
2012/02/22(Wed) 23:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:資本主義の暴走
 資本主義は、破局に突き進んで暴走する事は、然るべき事ですね。多くの人がそこに気がついたと思うのですが、資本家の強欲に押し切られてこのような切迫した状況にまで来てしまったのでしょうね。

>明治時代の起業家である渋沢栄一

の事は知りませんでしたが、彼がどのように予想したか、知りたいところです。

>政策のほぼすべてが「先送り」であることもハードランディングの可能性を押し上げています。
>ここまできて、持続可能な状態にするには多くの人に我慢してもらう必要があるでしょう。

この部分、圧巻ですね。まさしくその通りです。ここの部分を共通認識として持ち合わせる事が非常に大切な事でしょう。

>早く世界経済に崩壊してもらうしかありません。

よくぞ言いました!!全く以てその通り!今考え得る現実的なベスト解かも知れません。




2012/02/22(Wed) 23:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけで崩壊へ…
雑草Zさん


経済膨張を前提とした資本主義は、衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけにして行きました。


中でも、「食」に関するモノやサービスは不要だらけに…。


アルコール・茶・コーヒー・清涼飲料水などの“嗜好飲料“ や菓子などの“嗜好食“は、栄養学から見れば不要なのに永遠に研究開発が続けられています。


サービスについては、中食や外食がそうです。これらも、栄養学から見れば不要です。


人間らしく生活するなら、水(湯)&自炊で十分です。自炊においても、肉や魚は無しで1日2食もとれれば余程の重労働をする人以外は十分でしょう。


街中の至る所に自販機があり、コンビニや飲食店もあぶれています。オフィス街にも、コンビニや飲食店が乱立しています。昼時になると、サラリーマンが弁当を買いに行きます。自炊する時間を考えたら、コンビニや飲食店を利用した方が時間節約できるからです。


正直、これもどうかと思います。現在の技術革新においては、9割以上の人は不要な仕事をしているのですから、わざわざ、時間節約のためにコンビニや飲食店を利用する必要がないのに…と。


21世紀中には、「衣食住」に関するモノやサービスも崩壊に向かって欲しいです。
2012/03/02(Fri) 23:43 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけで崩壊へ…
>経済膨張を前提とした資本主義は、衣食住でさえ、不要なモノやサービスだらけにして行きました。

全く以てその通りですね。

>栄養学から見れば不要なのに永遠に研究開発が続けられています。

なるほどそうですね。嗜好品は大抵そんなものですね。

>現在の技術革新においては、9割以上の人は不要な仕事をしているのですから、わざわざ、時間節約のためにコンビニや飲食店を利用する必要がない

そう、本来そのように根本的な事から議論すべきですが、経済優先の人々は、そこから議論しないようにしているのでしょうね。若しくはそこまで考えられないくらい経済優先に洗脳されているのでしょう。


Powerさんのこの手のコメントは、現在はディープ・エコロジーの範疇なのでしょうが、ここまで徹底しなければ本当のエコロジーではありませんね。世の中に溢れているシャロウ・エコロジーは、殆ど効果無しか、逆効果の欺瞞ですね。
これをディープ・エコロジーとして、マニアックな考えとしている間は本当の解決は無いでしょう。

>21世紀中には、「衣食住」に関するモノやサービスも崩壊に向かって欲しいです。

これを理解できる人はまだまだ少数派でしょうが、今世紀中にメインになるでしょう・・ならざるを得ないでしょう。
非常に本質を突いたコメント、有難う御座います。改めまして記事にしたいくらいです。

2012/03/03(Sat) 12:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
食事は自炊で“ゆっくり“取れる時代になって欲しいものです。
雑草Zさん


9割の方は不要な仕事をしているので、食事は自炊(手作り弁当持参)で“ゆっくり“とっても、問題ないのです。不要な仕事のために、食事に関わる時間を節約する必要がないので。


中食や外食の楽しみが無くなるっ!!と言う方もいるでしょうが、正直、自炊で最低でも1日2食取れれば「健康で文化的な最低限度の生活」はできるので、中食や外食は存在自体が無駄なだけでしょう。


人間、1ヶ月間は水だけでも生きられますから、腹が減って自炊するのが面倒だからと中食や外食を利用する必要もないのです。


食に関わる仕事をしている方(コンビニ弁当のパックを製造している人達なども含む)は、人類が生きるために必要な食 に関わっているということで仕事に誇りを持っている方も多いでしょうが、正直、中食や外食に関わる仕事をしている方は「不要な仕事をしている9割の方」に該当するでしょう。

残酷な言い方ですが…


食に関わる仕事でもこれだけ無駄が多いので、資本主義は悪と言えますね。
2012/03/03(Sat) 22:40 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:食事は自炊で“ゆっくり“取れる時代になって欲しいものです。
    Powerさん

 またまた、素敵なタイトルの本質を突いた(通称)ディープ・エコロジーのコメント有難う御座います。

>食事は自炊(手作り弁当持参)で“ゆっくり“とっても、問題ないのです。不要な仕事のために、食事に関わる時間を節約する必要がないので。

おっしゃる事はごもっともです。不用な仕事でエネルギーや資源を浪費するより、自炊を楽しんだ方がよっぽど環境負荷が少ないですね。しかし、かく言う私自身は、料理は苦手で、料理するくらいなら、生や焼くくらいで食べてしまいます。独り暮らししていた頃は外食や未調理が主でした(笑)。

>人間、1ヶ月間は水だけでも生きられますから、腹が減って自炊するのが面倒だからと中食や外食を利用する必要もないのです。

これは究極ですね!これに関連して最近興味深いサイトを読みました。原発関係の記事がメインなのですが、「1度でいいから3日食べないでみろ」と言う事が描かれています。面白いので宜しければ一読下さい。

樋口健二氏講演「ヒバク~放射能の恐怖」
http://ihope.jp/2009/07/06150635.html

>残酷な言い方ですが…

そうですね。反発も多く中々受け入れられない事でしょう。
非常に参考になる御意見でしたが、先ずはもっと無駄な第3次産業から考察した方が軋轢が少ないかもしれませんね。


 
2012/03/04(Sun) 12:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
第3次産業は無駄だらけすぎて、
雑草Zさん


以前、お話したモ○ゲーや○リーに代表される「オンライン課金ゲーム」や、m○x○やf○ce○oo○などの「SNS」などが、第3次産業の無駄に該当しますね。


最も、第3次産業は 無駄だらけですが…


一見、必要に思える無駄もあります。大学・大学院に代表される教育機関がそうです。


日本とアメリカに該当しますが、極一部のレベルの高い大学・大学院以外は無駄でしょう。特に、文系は。


こう書くと、学歴差別などと批判されそうですが、レベルの低い大学・大学院に税金を使う(私学助成金など)のは無駄です。そこで働く教職員や、学ぶ学生(と言っても、文系のレベル低い所は学び舎にすらなっていませんが…)も、無駄なことをして失業率を低くすることに貢献しています(笑)
2012/03/14(Wed) 12:58 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:第3次産業は無駄だらけすぎて、
    Powerさん

 またまた的確なディープエコロジーなコメント有難う御座います。

>一見、必要に思える無駄もあります。大学・大学院に代表される教育機関がそうです。

に関しても、その通りだと思います。歯に衣着せぬコメント、いいですね。

>日本とアメリカに該当しますが、極一部のレベルの高い大学・大学院以外は無駄でしょう。特に、文系は。

に関しても、かなり妥当な部分があると思います。
何をもって大学のレベルの高い低いと言うかは難しいところですが、
例えば東京大学も、要らない(あってはならない)研究室だらけだと思います。
典型例が、原子力関連の研究室です。東大が推進派、原子力邑の中心の一つです。原子力推進派の太鼓持ちの輩を直ぐに教授にしてしまいます。(まともな教授もいますが・・)
そういう意味では東大もレベルが低いと言えるのかも知れません。
 福島県川俣町で3.11原発事故前まで自然能を営んでいた佐藤由紀子さんと言う農家の方の教育に関する考え方は素晴らしいと思います。
『教育は義務教育で十分で、それで足りなければ高校に行き、更に大学や大学院と出来が悪ければ行くしかない』
と仰っています。面白い考え方と言うよりも、真を突いている洞察かも知れません。
2012/03/18(Sun) 02:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
複合大崩壊に関連。
ここのサイトが詳しいですね。


「名無き仙人の綴る物語」から抜粋↓(他の記事にも多数、良いのがあります)


働きたくない人へ


http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%B8&safe=images&client=ms-kddi_blended-jp&start=1&hl=ja&inlang=ja&ei=LY_BT_jFL8T5kAW9BQ&ved=0CAYQFjAB&rd=1&u=http://tensei.nanaki.biz/zzhata.html


↑何度もしつこくなります(笑)


働く意味など毛頭ない。鉄道会社の電車の運転手などは働く意味はあるでしょうが、駅ナカの商業施設は無駄なだけです。あんなに要りません(笑)東京スカイツリーなんぞ、典型的な無駄ですね。耐震性が優れているだの言う方はいますが、無駄なハコモノを建てる技術が優れていると言った方が正しいでしょう(笑)


最近、議論になっている駅のホームの転落防止柵の設置も不要です。安全を確保する意味で、一見、必要に思えますが無駄な仕事のために通勤ラッシュ(笑)が発生し、そのために人が駅のホームに溢れて危険になっているだけですから、無駄な仕事がなくなれば転落防止柵の設置なんぞ不要なのです。

今日も、働くことが馬鹿らしくなって来ます
2012/05/31(Thu) 08:41 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:複合大崩壊に関連。
Powerさんから、忘れかけた頃に、ここの記事に時々頂く、シリーズ的なコメントは、いつも読み応えあります。

貼り付けて頂いたリンクの

>働きたくない人へ

のサイト、ご紹介有難う御座います。面白く読ませて頂きました。ここでのPowerさんと私とのコメントのやり取りみたいな事を論じている人が増えている事は、いい傾向だと思います。


>「働くことを美徳とする価値観」自体が、もう時代に合っていないのです。
>働かない人や働きたくないから働かない若者がたくさん増えてきても、世の中はまわっていくに決まってるでしょう?
>世界で生み出される富を平等に分けさえすれば、こんなに苦労してまで働く必要はなくなるのに!1部の人間が富を蓄えすぎなんだ!世の中の仕組みが悪い!

も、その通りだと思います。ただ、このサイトを書かれている方は、エントロピーの法則や、「成長の限界」などに対する考察が欠けているように感じました。

>今日も、働くことが馬鹿らしくなって来ます

そうですね!・・・今はそう考える人が少なくても、このような思想は段々膨らんで行くでしょうね!?・・悪い傾向ではありませんね?
2012/05/31(Thu) 22:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
「新型うつ」などが増えているのも、
雑草Zさん


働くことが馬鹿らしいと感じる人が増えたからだと思ってます。薬漬け医療で儲けたい精神科医の利権のために、「新型うつ」という病気が考案されたというのもあるでしょうが、それ以前に、働くことが馬鹿らしいのです。


いくら支配層による搾取が無くなったとしても、不要な仕事をし続けるのは馬鹿らしい。そう感じる人が増え続ければ、一気に大崩壊するでしょうね。
2012/06/10(Sun) 17:06 | URL  | power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:「新型うつ」などが増えているのも、
    powerさん

 なるほど、「新型うつ」については殆ど知りませんでしたが、単なるわがままや自己中心的な行動と捉えられても仕方がない部分もありそうです。だから、powerさんのおっしゃるように

>薬漬け医療で儲けたい精神科医の利権のために、「新型うつ」という病気が考案されたというのもある

と言う側面も否定出来ないでしょうね。これを病気と言ってしまったら、どんなサボりも病気と言えそうです。
その上で、

>働くことが馬鹿らしいと感じる人が増えたから、

と言う power さんの分析も一理ありそうですね。
「不要な仕事」と言うよりも、長い目で見れば「社会の害悪になる仕事」と言える仕事も多いですからね。そんな仕事に使命感なんて持てませんね。ただ、生活して食べていくお金を稼ぐために、不要で何の役にも立たない、逆に社会の害悪になる仕事をするのですからね。・・・そのような仕事に何の疑問も持たずに、仕事で評価される事を生き甲斐にバリバリ仕事をするほうが、「健全な社会人」と考えられる現代的価値観のほうが狂っているのかも知れませんね。

>不要な仕事をし続けるのは馬鹿らしい。そう感じる人が増え続ければ、一気に大崩壊するでしょうね。

環境破壊される前にこのような社会システムの崩壊が起こって、ある程度不要なものが取り除かれた社会が確立されるほうが好ましいでしょうね。

powerさんから頂く、『無駄・不要 論』は、毎回読み応え有ります。
2012/06/11(Mon) 05:38 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
若者を中心に、
雑草Zさん


既に、無駄な消費を抑える傾向となっています。老人と若者の世代間格差や、正社員と非正社員の所得格差により、金を掛けられない人が増えたのもありますが、金があっても無駄な消費をしたくないと考える人が増えているように思いますね。


約半数の婚姻者は結婚式をしないですし、結婚式をするにしても簡素化が進んでいます。葬式も、直葬や家族葬など簡素なのを選ぶ人が増え続けています。


人生の一大イベントである結婚式や葬式でさえ、する義務はないこともあり豪華な料理やドレスや会場などの「無駄な消費」を避ける人が多くなっているのです。


思っているよりも、資本主義の崩壊は早いかも知れませんね。
2012/06/11(Mon) 18:42 | URL  | power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:若者を中心に、
確かに、無駄な消費を押さえる人が増えてきましたね。消費を煽る企業の戦略に引っ掛からなくなって来ましたね。若者のマイカー離れも顕著になって来ました。それでいいのに、企業だけではなく、国家ぐるみで消費を煽っている現状は、酷いものです。『如何にしてニーズを創り出すか?』なんて事が、平然と論じられていますが、『ニーズ』なんて出来るだけないほうがいいですよね。最小限の衣食住は、必要に決まっているのですから、それ以上生活必需品を創り出す事は、愚の骨頂でしょう。
>約半数の婚姻者は結婚式をしないですし、結婚式をするにしても簡素化が進んでいます。葬式も、直葬や家族葬など簡素なのを選ぶ人が増え続けています。

そうなんですか??みんな賢くなってきましたね?!・・・いい傾向です。
資本主義の崩壊の兆しはあちこちに見られますが、強欲な資本家や財界人が資本主義にしがみついて、国家を動かしているのが現状ですね。その体制を早く壊さなければ、みんなで地獄に道ずれですね。
資本主義の狂暴性は十分に実証されていますね。
2012/06/12(Tue) 18:32 | URL  | 雑草Z #-[ 編集]
戦争で需要を作る
雑草Zさん


資本主義を維持するために、幾度となく戦争に介入して来たアメリカ…それも限界のようです。


戦地に派遣されるアメリカ兵でさえ、「戦争をする理由は需要を作り出すためだ。跡形もなく破壊して、アメリカ資本で復興させる。現地人に恨みは全くない」などと、インタビューしているのを見たことがあります。無駄なことをしていると彼らも分かっているようです。最も、貧困層出身が多いため彼らも生活のために止むを得ず、戦争に参加しているのが現実ですが…それでも、無駄なことをしていることに馬鹿らしさを感じ、戦地で精神がヤラれてしまい母国に帰国後も苦しむようです。


既に、ここまで来ています。とにかく無駄だと分かっているのに、仕事をするのは馬鹿らしいと。戦争であっても、です。
2012/06/14(Thu) 19:57 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:戦争で需要を作る
    Powerさん

 アメリカは戦争で、国内景気を良くしようとしているとは良く聞く話ですが、アメリカ兵士でさえ

>「戦争をする理由は需要を作り出すためだ。跡形もなく破壊して、アメリカ資本で復興させる。現地人に恨みは全くない

よ言うようになったのですね。アメリカ人、特に兵士は『アメリカの正義』をすりこまれている筈なのに、真実は見えてしまうのでしょうね。

>貧困層出身が多いため彼らも生活のために止むを得ず、戦争に参加しているのが現実

サブプライムローンの破綻で、住宅のローンが払えない人の多くも志願兵に応募している(させられている)と聞きました。貧困層の若者が大学の学費を稼ぐために先ず戦争に行くという話も書いてありました。
 資本家、富裕層は、戦争要員や被曝労働要員として、貧困層が必要なのでしょうね。

>無駄なことをしていることに馬鹿らしさを感じ、戦地で精神がヤラれてしまい母国に帰国後も苦しむようです。

頗るやるせない話です。アメリカの正義は本質的に欺瞞だらけですね。

>既に、ここまで来ています。とにかく無駄だと分かっているのに、仕事をするのは馬鹿らしい

全くその通りです。Powerさんの、『無駄・不要 シリーズ』は、ついに戦争まで来ましたが、もっと続けて欲しいと思います。記事にしたいですね。
2012/06/17(Sun) 17:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
収入口を複数にしてリスクを下げる!?
雑草Zさん


一般論として、収入口が1つだけというのは極めて危険なため、副業や週末起業などで収入口を複数にしてリスクを下げようとする人が増加し続けている昨今…

が、収入口を複数にしようにも大多数の平日勤務のサラリーマンにとっては、土日祝で出来る仕事しかなく、殆どは不要な仕事(サービス業が多い)ばかり。期待する儲けは上げられず、殆どの人は失敗するのが現実…


副業や週末起業などで不要な仕事をしなければならないほど、失業リスクが高まっています。おかしいですよね。


私事になりますが、私も、本業である「安全装置の定期点検・修理・メンテナンス」の仕事だけでは先行き不安のため、司会業をしたいと考えて某スクールで指導を受けているのですが、正直、馬鹿らしくなってきました。不要な仕事だと解りきっているので。それでも、リスクを下げるためにはやらざるを得ない。


司会業を選んだのは、「人間がしなければならない仕事(人工知能により、将来的には機械やロボットでも司会は出来るようになるでしょうが、それだとつまらない。感情がないので)」だからであり、何が何でもやりたいっ!!という特別な思い入れは全くないのです。不要な仕事に思
2012/06/24(Sun) 19:31 | URL  | Power #-[ 編集]
→続き
雑草Zさん


不要な仕事に思い入れなんて持てません。が、資本主義においては何かをして対価を頂くことから逃れられないため、不要な仕事だと分かっていても「人間にしか出来ない仕事、人間がするニーズがある仕事」をしなければ、低賃金労働と失業の恐怖に永遠に甘んじることになります。


…もう、馬鹿らしいです。言っちゃあ悪いですが、スポーツ選手と芸能人とそれらに関わる仕事(審判員や芸能マネージャーなど)は無くなって欲しい。オリンピックなんぞ無駄そのものです。審判員なんて、ビデオ判定でも要りません。プロスポーツ自体が無駄なので。


そう思いつつ、リスクを下げるために司会業のスクールは続けます。馬鹿らしいのは招致で。
2012/06/25(Mon) 08:08 | URL  | Power #-[ 編集]
Re:収入口を複数にしてリスクを下げる!?
    Powerさん

またまた興味深い情報、及び持論の展開、有難う御座います。世間一般では偏屈な理論に感じる人が多いでしょうが(・・そこが現代無駄社会の洗脳でしょう・・)非常に共感の持てる内容です。

>副業や週末起業などで収入口を複数にしてリスクを下げようとする人が増加し続けている昨今…

そうですか。週末起業と言うのも増えているのですね!?
土日も仕事するのはしんどいと思いますが、そうせざるを得ない現代社会って確かにおかしいですね。・・そしておっしゃるように、その副業が

>殆どは不要な仕事(サービス業が多い)ばかり。

では、やるせないですね。社会正義の心を持った人ほど、挫折感が強く、鬱になりそうですね。

>司会業を選んだのは、「人間がしなければならない仕事

と言う選択は、いいですね。それにこのような仕事は、直接無駄なものを生産する事はありませんから、環境破壊には直接は繋がりませんしね。

>何が何でもやりたいっ!!という特別な思い入れは全くないのです。

その感覚、よくわかります。副業でなく本業でもそのような感覚は持っています。私の持論は、【ホームレスより役に立つ仕事】などなかなか見つからない・・・と言う事です。ごく初期の頃記事にしています。 ⇒ http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-9.html

副業の為の某スクールなども不要な存在かも知れませんね。スクールで習っても仕事が無いなんて事も往々にしてあるでしょうね。

>資本主義においては何かをして対価を頂くことから逃れられないため、不要な仕事だと分かっていても「人間にしか出来ない仕事、人間がするニーズがある仕事」をしなければ、低賃金労働と失業の恐怖に永遠に甘んじることになります。

この文こそ、資本主義、経済成長主義の矛盾、狂気を端的に表現した好例ですね。

>言っちゃあ悪いですが、スポーツ選手と芸能人とそれらに関わる仕事(審判員や芸能マネージャーなど)は無くなって欲しい。オリンピックなんぞ無駄そのものです。

歯に衣着せず、ズバッとおっしゃってますね。まさにその通りだと思います。スポーツは本来自分達が健康と楽しみの為にやるもので、プロがやるのを見るというのもおかしな話ですね。・・しかし、ニーズがあるのも確かです・・・しかしそのニーズそのものがマスコミによって作りだされたものでしょうね。

>不要な仕事に思い入れなんて持てません。

それでいいんだと思います。不要な仕事・・・と言うよりもあってはならない仕事を精力的にやる人々が、大局的に社会を駄目にしているのでしょうね。その典型例が、「原子力村」と呼ばれるところに属する人々でしょう。

ただ、仕事は楽しくやりたいものです。必要最小限の本当にやるべき仕事だけをやる社会なら、仕事をする時間はあまり要らないでしょうね。余暇やボランティア、その他の活動に割ける時間もずっと増えるでしょうね。馬鹿らしいのは承知で続けるのは大変ですが、そこに楽しみを見つけられればいいですね。でも、やはり週末は自分がやるべきだ・・と考える事をやりたいものですね。
2012/06/26(Tue) 22:19 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
週末起業や副業の無駄
雑草Zさん


情報起業(殆どは詐欺)・コーチングやカウンセリング・個人向けセミナーの講師・カメラマン・アロマやヘアメイクの出張サービス・楽器演奏・結婚式やパーティーの司会…


↑どれも、不要な仕事ばかりです。情報起業だけは「原子力村」と同じくらい質が悪いですね。有害すぎて。

東日本大震災直後に、計画停電や震災による被害を理由にした不当解雇が横行したこともあり、リスクを下げるために止むなく上記の週末起業や副業を始める方が増えました。日本においては、年齢が上がるほど再就職が厳しくなる上に、再就職できたとしても前職よりも労働条件&待遇が下がることが多いため、先手を打ってリスクを下げるのです。

が、情報起業はまともな内容であってもリピーターが得られないというデメリット(ダイエットに成功した人が、再び、ダイエットの情報を買うことはない)があり、殆どの方は失敗します。

コーチングなども、情報起業よりはマシですがそれでも殆どの方は失敗します。不要な仕事ですしね(笑)

これらの仕事に思い入れなど持てる訳もなく…正直、世の中に本当に必要な仕事で衣食住が賄えるのなら、週末起業や副業なんてしたくない人が多いでしょう。
2012/07/01(Sun) 08:55 | URL  | Power #-[ 編集]
→続き
雑草Zさん


週末起業や副業をしてリスクを下げなければならないほど、追い詰められている人が増えているのです。かなり身分の高い武士でも内職をして収入を補っていた江戸時代の再来ですね。違いは、現代は不要な仕事で週末起業や副業をしているだけ(笑)


原子力村や情報起業のような「有害すぎる仕事」ほどではありませんが、無駄に時間と資源を消費している点では、週末起業も副業も「有害」ではありますね。

世の中に本当に必要な仕事は、最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究くらいでしょう。基礎研究は利益には結び付かないと言われますが、人間が馬鹿にならないためにも必要です。「基礎」研究と言われるだけはありますね。


原子力に関しても、基礎研究だけは確実に必要ですね。
2012/07/01(Sun) 09:09 | URL  | Power #-[ 編集]
Re:週末起業や副業の無駄
    Powerさん

>情報起業はまともな内容であってもリピーターが得られないというデメリット(ダイエットに成功した人が、再び、ダイエットの情報を買うことはない)があり、殆どの方は失敗します。

なるほど、ここに資本主義経済の矛盾の集約を見ました。リピーターがいないと言う事は、その目的を達成したという事で、本来はいいことですね。例えば、一度シロアリ退治を業者にして貰ったとして、シロアリが二度と発生しなかったら、そのシロアリ退治は成功して、依頼した家主も喜ぶ筈ですが、シロアリ業者としてはまた白アリが発生してリピーターになって欲しい訳ですね。・・・これは何事に関しても言えますね。病院、カウンセリング、探偵、調査・・・みんな解決しないで長くかかる方がリピーターが増えて儲かるのですからね。

>基礎研究は利益には結び付かないと言われますが、人間が馬鹿にならないためにも必要です。

この辺りのPowerさんの持論は、参考になります。

>世の中に本当に必要な仕事は、最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究くらいでしょう。

そうですね。Powerさんの「不要な仕事論」は徹底していますね。私も考え方として、失業者のほうが世の中を駄目にしない・・・などの持論を持っていますが、Powerさんの不要な仕事論は私よりも徹底していそうです。

不要な仕事を削って行けば、時間的な余裕が出来ますが・・・その分、余暇にはする事が増えますね。楽器演奏、スポーツ・・・

素人の趣味レベルならOKですが、仕事では不用・・・と言う主張と考えて宜しいですね。・・・どこまでが「プロ」を認めるか認めないか・・・と言う事は非常に難しい問題ですね。Powerさんの基準は、

>最低限の衣食住を賄うための仕事&基礎研究

と言う事になりましょう。その他はどうでしょうか?
具体的な目安としては、日本で言えば江戸時代にあった仕事なら、大体プロもあってもいいでしょうかね?
2012/07/01(Sun) 17:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
どこまで「プロ」を認めるか。
雑草Zさん


独断と偏見で↓


・スポーツは全て×
・芸術(お笑い、映画、音楽、美術など)も全て×

・知的ゲーム(チェス、将棋、麻雀など)も全て×

です。どれも素人レベルの趣味で楽しむのは○です。


非常に味気ないですが…知的ゲームは迷うところですが、それでも「プロ」はいらないと思います。

スポーツも芸術も知的ゲームも、感情のある人間がやるから楽しいのでしょうが、「プロ」は不要です。こういう職業に憧れる人がいるから、資本主義が崩壊しないのです。
2012/07/11(Wed) 13:09 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
→追加
雑草Zさん


宮大工、棒手降り、人力車などは「文化財保護」のために、認めるのは○とします。


趣味でやる人はいないと思われる(趣味で出来るレベルではない)ので、さすがにこれらの仕事まで×にしてしまうと文化の発展の面で悪影響が出て来ますので…。


資本主義崩壊後は、飽きるくらい余暇をする時間があるため、行き着く先は(生涯学習としての)勉強をする人が多くなるでしょう。スポーツは趣味でやる分では、長時間は出来ない(体力が持たない)ので。
2012/07/12(Thu) 18:57 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:どこまで「プロ」を認めるか。
    Powerさん

 私よりもずっと徹底した不要論になりましたね。

>独断と偏見で↓
>非常に味気ないですが…

と、ご自分でも認められておりますが、このくらい徹底しないと、世の中の無駄を一掃する事は不可能でしょうね。

>知的ゲームは迷うところですが、それでも「プロ」はいらないと思います。

のご意見には私も賛成致します。しかし私は寧ろ、

>芸術(お笑い、映画、音楽、美術など)

の部分のほうが迷うところです。これらは、スポーツとは違い、元々人間を楽しませる為に出来た職業ですから、あってもいいかなとも思います。・・ただ、現代社会は過剰である事は確かでしょうね。ただ、

>スポーツも芸術も知的ゲームも、感情のある人間がやるから楽しいのでしょうが、「プロ」は不要です。

も、なるほど、理があるなと感じます。

>宮大工、棒手降り、人力車などは「文化財保護」のために、認めるのは○とします。

なるほど、興味深いご意見です。でもそれならば、芸術も同様と考えられましょう。
・・この辺りまで煮詰めると、境界を決めるのは難しい作業ですね。

ここまで、徹底している Power さんのご意見は、興味深く面白いですね。
次の展開も楽しみです。

 
2012/07/12(Thu) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
「芸術」のプロを認める難しさ
雑草Zさん


芸術そのものは、人間を楽しませるために必要ですが、芸術だけで食っていける「プロ」を認めるのはどうかの線引きが難しいですね。


楽しませるだけなら、本業を持ちながら副業として芸術をすることも可能ですし…


不要な仕事が無くなれば、「副業で芸術をして人間を楽しませて、本業の収入で生活費を賄う」いう図式が十分成り立つので、最低限の生活に必要なモノやサービス&基礎研究の仕事に該当しない、「芸術」にプロを認めなくても十分ではないかと。


その仕事だけで十分食っていけるのが「プロ」ですが、芸術は「プロ」がいない方が純粋に人間を楽しませることができると思うのです。「生活費を得るために仕事しよう」という考えがないので。


スポーツと知的ゲームは、プロであっても自分が楽しむ要素が強いので、プロは不要ですね。両方とも、人間を楽しませる目的でプロが出来た訳ではないので。
2012/07/14(Sat) 15:01 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:「芸術」のプロを認める難しさ
    Powerさん

芸術にはプロがあってもいいかと考えていた私ですが、今回のPower さんのコメントには説得力があって、その通りだと考え直しました。

>スポーツと知的ゲームは、プロであっても自分が楽しむ要素が強いので、プロは不要ですね。

は私も以前よりそう思っていましたが、芸術家、個人的好みでは、特に音楽家はプロもありだと考えていました。しかし、Powerさんの主張には理があります。

>楽しませるだけなら、本業を持ちながら副業として芸術をすることも可能

確かにそうですね。音楽家でも、プロのほうがいいという訳でもなく、素人で魅力的なミュージシャンは沢山いますね。逆に只でも聴きたくないミュージシャンも沢山います。

>その仕事だけで十分食っていけるのが「プロ」ですが、芸術は「プロ」がいない方が純粋に人間を楽しませることができると思うのです。

その通りだと思います。


 芸術家で許せないものは、『芸術』の名のもとならば、資源の無駄使いや環境破壊(彼等は環境美化だと考えている・・)を何とも思わず正当化する連中です。大きい筆ででかい紙の上に足で上がって書道をするのも流行っていますが、ただの資源の無駄遣いです。廃止すべき日本の文化です。ラップの芸術家と称して、橋とかビルディングをラップで包む芸術家もいましたが、お金に物を言わせてゴミを出しているだけです。最低な芸術の一つかと思います。欧米人にこの手の資源浪費型美術家は多いのですが、日本などアジア人も真似しているのが嫌ですね。実際に使う建物などは別ですが、巨大な像とかモニュメントなども資源の無駄遣いで必要ありません。『美術』の名のもとに巨大なオブジェなどを作る資源の無駄遣いは禁止すべきだと考えています。
2012/07/14(Sat) 18:06 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
あらゆる場面で、時間の無駄が発生している現状
雑草Zさん


以前にもお話しましたが、現代はあらゆる場面で時間の無駄が発生しています。

不要な仕事をしている時間はもちろんのこと、娯楽にまで時間の無駄が発生…


しつこくなりますが、YouTubeやニコニコ動画などを延々と閲覧したり、Facebookやtwitterなどの「SNS」で一般人がどうでもいい日常を書き込んだり閲覧したりするのは、殆どの場合、時間の無駄です。新しい知識や知恵を得られることは殆どないので。


大多数の方はかなりの時間を無駄にしています。時間を無駄にする行為が堂々と?出来るようになっているという点で、資本主義は崩壊中なのでしょう。


資本主義崩壊後は、SNSやYouTubeやニコニコ動画は今よりもっと廃れるでしょう。他者からの承認欲求を満たすために利用されているこれらのサービスは、生活のために最低限必要な仕事+基礎研究の仕事のみになれば、不要になるからです。


生活のために最低限必要な仕事+基礎研究の仕事で、他者からの承認欲求を得ても「必要なのだから承認されて当然」で終わってしまうので…
2012/07/24(Tue) 22:43 | URL  | Power #-[ 編集]
資本主義崩壊後の余暇の過ごし方
雑草Zさん


他人からの承認欲求を満たすことを気にしない場合、小説を読むかスポーツジムで体を鍛えるくらい…


スポーツや知的ゲームは勝敗が関わるため、純粋に楽しむのは難しい。


生涯学習(趣味としての資格取得含む)は、成績を気にしないのであればともかく、大抵の人は成績を気にする上にブログなどで成績や勉強方法を載せるなど、やはり、他者からの承認欲求を非常に気にするため、これも純粋に楽しむのは難しいです。


現時点でも学歴や資格においては、レベルの高い大学&大学院や難易度の高い資格以外は、完全なる趣味と言っていいほど(レベルの低い大学&大学院は、時間と資源の無駄遣いですが)なので、資本主義崩壊後の余暇の過ごし方は、思っているよりつまらないものになるかも知れませんね。
2012/07/25(Wed) 10:54 | URL  | Power #-[ 編集]
Re:あらゆる場面で、時間の無駄が発生している現状
    Powerさん

またまたコアなご発言ですね。

>不要な仕事をしている時間はもちろんのこと、娯楽にまで時間の無駄が発生…

娯楽に関しては、時間の無駄とか言うのも考えものですね。そこも含めて「娯楽」ではないですか??・・・確かに目玉商品を買う為とか、何かのチケットをとる為に何日も前から並ぶのは馬鹿みたく感じます。飛行機や自家用車などを用いて、長距離を時間をかけて娯楽に行くのもどうかとは思います。しかし、資源の無駄遣いは非難すべき事ですが、時間の浪費とかは、本人の価値観に任せてもいいかも知れません。

>他者からの承認欲求

と言うのも、人間の本性の部分もあるでしょうから、あって当然の部分もあるでしょう。

仕事ではない娯楽の部分に関しては、「時間の無駄にならない」と言う縛りは必要ないのではないかと思います。
ただ寝転がっている状態も、「時間の無駄」か「体を休めているのか」区別する必要はないと思います。
2012/07/25(Wed) 23:24 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:資本主義崩壊後の余暇の過ごし方
    Powerさん

連続してコアなご発言です。

>大抵の人は成績を気にする上にブログなどで成績や勉強方法を載せるなど、やはり、他者からの承認欲求を非常に気にするため、これも純粋に楽しむのは難しいです。

他者からの承認欲求は否定出来ませんし、しなくてもいいのでは・・??
 競争心も否定出来るものでもありません。「弱肉強食」もある意味世の常です。しかし、建前とは裏腹に「弱肉強食」が日常的に行われている社会は、住みにくいですね。

競争心や他人からの承認欲求を満たす行為は認めて、それによって大きな格差が出来る社会構造を改革すればいいのではないでしょうか?
2012/07/25(Wed) 23:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
承認欲求と時間の無駄をどこまで認めるか。
雑草Zさん


よく言われることですが、時間の無駄がありすぎる(要するに、暇)と、「ろくなことを考えない」のが人間ですので、あまりにも時間の無駄が出来る状態なのもまずいのです。


ただ、資本主義崩壊後はかなりの時間が余るため、時間の無駄をどこまで認めるかも論点となってきます。さすがに、寝っころがるだけの状態を何日間も出来るぐらいの時間の無駄はまずいですね。


承認欲求においては、現時点では「成績が良いから褒められる(大学&大学院はレベルの高いところ限定)」「仕事で成果を出しているりから、報酬が上がる(上位2割限定)」ぐらいのレベル以外では満たすのがキツくなっているため、facebookやtwitterやブログなどの「プロフィール欄」では、嘘ばかり書いている人が多く(特に、学歴と経歴の嘘は多い)、リア充を演じて完全に病んでいる人ばかり…行きすぎた資本主義の弊害と言えましょう。


かつての日本のように、普通に働いて普通に趣味を持つ程度で承認欲求が満たされるようにする必要がありますね。嘘ばかりついてでも、承認欲求を満たしたい人がネット上に溢れているのは、病気ですわ。
2012/07/28(Sat) 18:11 | URL  | Power #-[ 編集]
Re:承認欲求と時間の無駄をどこまで認めるか。
    Powerさん

>時間の無駄がありすぎる(要するに、暇)と、「ろくなことを考えない」のが人間ですので

『時間の無駄』の言葉の定義にも拠りますが、私は逆に『時間の無駄』は、余暇の時間を無くすると考えます。その典型例が「ワーキング・プア」です。仕事に追われて、社会問題や政治に関して、無関心、もしくは口出ししない人が大多数です。・・・そんな中で、アルバイト程度で、ほぼ毎日脱原発運動などに励んでいる少数の方々には頭が下がる思いです。
 しょうもないのは、そこそこの収入があって、時間的余裕のある連中が、スポーツ(・・実際にやること及び、サポーターや観戦)とか、旅行とか、ゲームとか、趣味の時間に多大な時間を忙殺されている状況です。Power さんは、このあたりの連中のことを、以前言及されていたのかと思います。
霞ヶ関などの省庁も、夜遅くまで電気が点いているようですが、官僚たちが残業して、与えられた「仕事」の内容に疑問を持たずに無駄な、若しくは社会を悪くする仕事を日々やっていますね。彼らのその行為は承認欲求に留まらず、自らの出世の為ですね。

こう考えていくと、『時間の無駄』には2種類あり、一つは、社会的には本来要らない、若しくはやってはならないことに時間を費やし忙殺されること。もう一つは、たた寝ころがってぼんやりするようなことでしょうか。
前者が、現代社会が病んでる部分かと思います。後者は、心身を休める事にもなり、動物としての人間には必要な部分でもあり、社会的にもあまり害にはならないでしょう。寧ろ社会の要らない仕事を削る役割も担っていると思います。・・・ただし、それは程度問題で、 それも行き過ぎるとPowerさんのおっしゃるところの問題も発生するでしょうね。

>かつての日本のように、普通に働いて普通に趣味を持つ程度で承認欲求が満たされるようにする必要がありますね。

そうですね。そのような健全な社会がいいですね。現代社会は無駄な仕事などに時間を忙殺されて病んでいますね。
 
  Power さんの「無駄論」も、行き着くところまで来たかとも感じましたがまだまだ面白い展開がありそうです。 
2012/07/29(Sun) 11:27 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
遂に、オリンピックも崩壊へ
雑草Zさん


度重なる誤審や無気力試合が報道されていますが、遂にオリンピックも崩壊したようです。


以前、オリンピックなんぞは無駄そのものだとお話ししましたが、本当に無駄だということを認識した人々が増えたと思います。


欧米に有利になるような度重なるルール改正云々ではなく、金メダル至上主義で総合的に有利になるために、あからさまな無気力試合までやるというのでは…


ネット上でニュースを見ただけの感想です。


ドロドロの利権を考慮しても、今回のオリンピックはあまりにも酷い。


オリンピックまで崩壊。資本主義崩壊は近いようです。
2012/08/03(Fri) 00:20 | URL  | Power #-[ 編集]
Re:遂に、オリンピックも崩壊へ
Power #さん

 原発問題のほうが遥かに重要なのに、日本の政府もマスコミも、オリンピックの話題に熱心ですね。
 日本に限らず、たかがスポーツの試合に国の威信を賭けて戦うなんて馬鹿げています。自国の選手がメダルを取ろうが予選で落ちようが、どうでもいい事です。ただのエンターテインメントの一つですから、スポーツニュースでやる程度で十分でしょう。
 こんな事に労力と時間をかけるほど、世界は平和でも暇でもない筈です。

2012/08/04(Sat) 10:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
2時間の会議に10時間の議事録作成…
雑草Zさん


「スマホは「声」で動かせ(鈴木 清幸 著 ダイヤモンド社)」の事例で、2時間の会議に10時間の議事録作成をしていたが、音声認識技術の導入で作業時間を40%削減できたと…


40%削減の部分が強調されている本書ですが、正直、議事録作成の時間が会議の時間の5倍掛かっている時点でヤバいと思いました。


私も議事録作成はしたことありますが、掛ける時間は会議の時間より遥かに短いです。


嫌なことに気付きました。完全規制業種である公務員や、電気・水道・ガスなどの独占業種インフラや、既得権益型大企業の多くは、「2時間の会議に10時間の議事録作成」みたいな仕事をしているのだろうと。


技術革新が進んでも、このザマです。
2012/12/14(Fri) 09:00 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:2時間の会議に10時間の議事録作成…
    Power #さん

 また、お久し振りにユニークな視点からの『無駄』の御指摘有難う御座います。今回は、「スマホは「声」で動かせ(鈴木 清幸 著 ダイヤモンド社)」と言う書物に書かれていた事例が、もともとは必要ない時間の4割削減だから、意味がないと言う事をおっしゃりたいわけですね。つまり、スマートフォンで色々便利になったけれども、元々が必要ない事をやっている場合が多いと言う事ですね。言われてみればおっしゃる通りです。

>議事録作成の時間が会議の時間の5倍掛かっている時点でヤバい

議事録作成にどの位時間がかかるのが適正かの判断は付きにくいですが、議事録は、リアルタイム・・・会議の最中に作成するのも可能ですね。会議の後に長い時間かけて作ると言う事は、作為的にそれぞれの発言を都合のいいように書きかえることも可能です。言った言葉をそのまま書いた方が遥かに信頼がおけますね。挙げ句の果てに都合が悪ければ「議事録を作りませんでした」とまでしますから、会議の録音をそのまま保存しておいた方が遥かにましですね。

>完全規制業種である公務員や、電気・水道・ガスなどの独占業種インフラや、既得権益型大企業の多くは、「2時間の会議に10時間の議事録作成」みたいな仕事をしている

そんな例は枚挙に暇がないでしょう。更に、天下り組織の特殊法人なんか、まるまる必要のない仕事であるばかりか、環境破壊のデメリットしかない「仕事」を作っていますね。

>技術革新が進んでも、このザマです。

この総括、ごもっともです。技術革新で解決するよりも先ず、その仕事自体のやり方を変えたり削除するほうが有効な場合が沢山ありますね。
2012/12/15(Sat) 06:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。