-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-12-29 23:49
福島県の浜通りの立ち入り禁止区域の人通りのない町には「原子力明るい未来」などと言うゲートが虚しく残っています。きっと福島県に限らず日本中の原発立地地域には,同じような看板が立っていることでしょう。   
「福島原発推進県議会議員」でネットで検索すると原発推進議員が続々と出てきます。
3.11の事故が起こるまで、福島県の議員の大多数は原発推進派でした。推進派でなかった議員を探すのが困難なくらいです。
そんな中で、1970年代半ばから、県会議員の座を降りる1980年代半ばまで、反原発を貫いてきた社会党の議員がいました。
今回は、ひょんなことから知りあう事となった彼の家を訪問して、御伺いした貴重なお話です。彼のお名前は一応伏せさせて戴きます。


県会議員になって反原発運動を始めた彼は、同僚の議員からは常々「原発の事だけは取り上げるのはやめろ、殺させるぞ。」と忠告されていたそうです。同じ社会党の数少ない反原発議員の仲間も、次々に推進派に懐柔されていったそうです。暴力団から脅迫されて、旅館を転々としたり、警察の宿舎で寝泊りしていた時期もあったそうです。(・・・その頃の県警は、反原発派の議員をしっかりと守ってくれたようです・・)。調査課を活用して情報を集めていましたが、暴力団に誰が頼んだかは判らず仕舞いだったそうです。


~彼が告発した原発の問題をいくつか挙げさせて頂きます。

先ず、川内村の青年から呼ばれて泊まりに行った双葉町の宿で、東京電力の福島原発(福島第一原発・・当時は福島第二原発はまだ稼動していませんでした。)の敷地に低レベル放射能のドラム缶が13万本放置されている事を聞き、ご自分の目でも確かめに行きました。(勿論13万本までは数えていませんが・・)そして、低レベルと言っても万が一の事があったら大変なので、この事を県議会で追求すると、後日、当時の福島県木村守江知事が 報告書を書いた紙を親指と人差し指でつまんでひらひらさせながら勝ち誇ったように登壇し、
「安全性に問題は無い。○○議員の告発は県民の不安と恐怖を煽るだけのものだ」と鬱陶しそうに答えたそうです。


また、当初、耐用年数は十数年程度(16年)と考えられていた東京電力福島第一原発に関して、残り十年ほどで廃炉に持ってくべき時期に、県議会で
「あと10年後に廃炉に持って行く準備が出来ているのか?双葉断層は危険だが地震の危険性に関して対処しているのか、震度7以上の地震に耐えうるのか?津波に対する防波堤の高さは十分ではないのではないか?補助電源が喪失したらどうするのか?・・・」などと質問をしましたが、これについても木村守江県知事は、
「只今の○○議員の質問は、根拠もなく県民の不安と恐怖を煽るだけのものである。」と一蹴したそうです。企画調整部(エネルギー課)の部長も、マグニチュード7は想定外だと証言したそうです。
・・・今聞きなおせば、正に今回の福島原発事故を想定したような質問です。・・福島県や国、東電がこの質問に真摯に対処していれば、今回の原発事故も起こらなかったでしょう。福島県議会で2007年に共産党の議員がこの手の質問状を出したという事は何度か目にした事がありましたが、この社会党の議員は、それよりも30年近く前にこのような質問をしていのです。正に先見の明があった事になりましょう。そして、東電も福島県も国さえも根拠のない安全神話にこの頃からしがみついていた事が見えてきます。


当時、福島原発に7年勤めて、配管の水の抜き取り作業に携わってきた作業員が、急性白血病で亡くなりました。残された妻と4人の子供は生活に困り窮乏生活を強いられました。この議員がこの事を県議会で言及し、因果関係について明らかにすべきであると追及すると、知事派は、調査の結果、病院も因果関係はないと報告したので労災には認めないと答えたそうです。仕方なく、この議員は残された家族に生活保護を認定して貰ったとの事です。
当時から双葉病院の医者達も、原発労働者達にまともな診断書は書かずに、早くそんな仕事は辞めるべきだ・・・とだけアドバイスしていたそうです。ある意味ここの医者達も原子力邑の住人とも言えそうです。ただ、良心の呵責はあったのでしょう。

 
この他にも彼は、様々な事を調べていましたが、議会で追及するまでには至らなかったそうです。(この辺りの事は、現在、福島原発周辺から避難して来た方々の中にも言及している方がいます。)

1970年代から、このような気骨のある議員が福島県にもいたのです。彼のような議員がもっと沢山いたら、福島原発は今回のような悲惨な事故を起こさないで済んだであろうし、福島第一原発の1号機や2号機はとっくに廃炉になっていたかも知れません。3号機でプルサーマルも行われていなかったかも知れません。(この辺りは現福島県知事の佐藤雄平が福島県の直接の稼働責任者でしょう。)福島第二原発も稼働されなかったかも知れません。そうであれば結果として多くの福島県民が救われたであろうし、東電も途方もなく巨額な損害賠償を負わなくて済んだ事になりましょう。
一方殆どの県議会議員は、当時から原子力邑の一員や手先になっていたのです。この頃から原子力邑は強固なマフィア体制を敷いていた事も窺い知ることが出来ます。

1970年代から、原発の酷さ、虚構を知って追及して来た議員の存在に感服するとともに、原発推進と言う巨額の利権に群がった巨悪によって潰されたり、懐柔されていった原発反対派も沢山いたのです。福島県のみならず、このような事は日本全国の原発立地で行われてきた事でしょう。原子力邑は、麻薬組織よりも遥かに巨大なマフィア組織と言えましょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/12/29 23:49】 | 原子力 トラックバック(0) |

洗脳
guyver1092
 私は小学生のころに初めて原子力のことを知りましたが、(漫画でした)当然子供向けの漫画は洗脳装置として作られていますから、原発は必要と信じ込んでいました。(ちょうどこのころですね)
そのような時分は、まだ大きな事故はなかったと(隠されていて)思いますから、反原発を貫くのは並大抵のことではないですね。
 日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、見た限りのブログ等では、思い切りと言うか、覚悟が不足している人が多いですね。本当に原発を止めようと考えるのなら現状では、与党の最大の敵の共産党に投票する必要があると考えますが、そこまで思い切ったことを書いている人はいないようですね。

 近藤邦明氏のホームページで紹介されていた、たけしのガチバトルを探してみたところ、以下のブログで

http://blog.livedoor.jp/kuroiamakitune/archives/51640811.html

>22時38分ごろ TBS・ビートたけしのガチバトルで、原発止まると電力料金高くなるとの澤田たちの発言に、武田邦彦(中部大学教授)が

”日本の電力価格が高いんで、日本から電気の缶詰と呼ばれる アルミ精錬工場は無くなっちゃった。”

と発言したら、原子力村沈黙。

とのシーンを紹介していたので、探してみたところ、以下のページを見つけました。

http://savechild.net/archives/14383.html

 問題のシーンはなぜか中途半端で、原子力邑が電力料金高くなるとの発言は録画されていませんでした。原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。
 ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。


Re:洗脳
雑草Z
1970年代ころはまだ、原子力は夢のエネルギーと呼ばれていた頃で、その危険性を叫ぶ声は少なかったでしょうから、反原発派として闘う事は大きな勇気のいる事だったでしょうね。勿論反原発運動も各地で起こっていましたが、裁判で勝つ事も難しかった時代です。だから彼も

>同僚の議員からは常々「原発の事だけは取り上げるのはやめろ、殺させるぞ。」と忠告されていた

のでしょうね。私も1980年代のチェルノブイリの事故が起こる頃までは、原子力に将来性をを感じていたと思います。

>日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、

3.11以降に原発を推進する輩は本当に無知だと思います。

>原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。

彼等は自分の利益しか考えないエゴイストの面もあると考えていましたが、これ以上原発を続けたら、冗談抜きで日本は将来的に人の棲めなくなる地域になるかも知れませんし、人類が滅んで仕舞うかもしれませんのに、この期に及んで原発を推進する原子力邑の住人達は、真性の馬鹿でしょうね。
彼らが自滅するのは勝手ですが、反原発の人々も巻きこんで原発で文明崩壊にしては欲しくはないですね。


アルテミス^^
こんばんは^^

この議員さん、本当に立派な方ですね!このような貴重な話題の提供をありがとうございました^^国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。ただし、そのための、「愚かな利権構造の破壊」は避けては通れない課題となりそうです。

゚Д゚)<私、実は結構「馬鹿」って言葉は好きなので「愚か者」という表現が巷で言う馬鹿と同レベルの扱いになります。

ですから今も国民の目線に立たずに、混乱の元となる判断の片棒を担いでいる、東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です!!

Re:
雑草Z
>国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。

そうですね。半分もいれば社会は改善されますね。
実は、
>この他にも彼は、様々な事を調べていましたが、議会で追及するまでには至らなかったそうです。

で、もっと色々踏み込んだ事をお聞きしたのですが、今回は描きませんでした。

>東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です

愚か者と言うだけでなく、大罪人ですね。多くの犯罪者よりも悪質ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
洗脳
 私は小学生のころに初めて原子力のことを知りましたが、(漫画でした)当然子供向けの漫画は洗脳装置として作られていますから、原発は必要と信じ込んでいました。(ちょうどこのころですね)
そのような時分は、まだ大きな事故はなかったと(隠されていて)思いますから、反原発を貫くのは並大抵のことではないですね。
 日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、見た限りのブログ等では、思い切りと言うか、覚悟が不足している人が多いですね。本当に原発を止めようと考えるのなら現状では、与党の最大の敵の共産党に投票する必要があると考えますが、そこまで思い切ったことを書いている人はいないようですね。

 近藤邦明氏のホームページで紹介されていた、たけしのガチバトルを探してみたところ、以下のブログで

http://blog.livedoor.jp/kuroiamakitune/archives/51640811.html

>22時38分ごろ TBS・ビートたけしのガチバトルで、原発止まると電力料金高くなるとの澤田たちの発言に、武田邦彦(中部大学教授)が

”日本の電力価格が高いんで、日本から電気の缶詰と呼ばれる アルミ精錬工場は無くなっちゃった。”

と発言したら、原子力村沈黙。

とのシーンを紹介していたので、探してみたところ、以下のページを見つけました。

http://savechild.net/archives/14383.html

 問題のシーンはなぜか中途半端で、原子力邑が電力料金高くなるとの発言は録画されていませんでした。原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。
 ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。
2011/12/31(Sat) 00:07 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:洗脳
1970年代ころはまだ、原子力は夢のエネルギーと呼ばれていた頃で、その危険性を叫ぶ声は少なかったでしょうから、反原発派として闘う事は大きな勇気のいる事だったでしょうね。勿論反原発運動も各地で起こっていましたが、裁判で勝つ事も難しかった時代です。だから彼も

>同僚の議員からは常々「原発の事だけは取り上げるのはやめろ、殺させるぞ。」と忠告されていた

のでしょうね。私も1980年代のチェルノブイリの事故が起こる頃までは、原子力に将来性をを感じていたと思います。

>日本人は今回の事故で、多くの人の洗脳が解けたようですが、

3.11以降に原発を推進する輩は本当に無知だと思います。

>原子力邑はまだ原発は安いと言っているのですね。もうパレパレなのに。ひょっとして彼らは本当に馬鹿なのでしょうか。

彼等は自分の利益しか考えないエゴイストの面もあると考えていましたが、これ以上原発を続けたら、冗談抜きで日本は将来的に人の棲めなくなる地域になるかも知れませんし、人類が滅んで仕舞うかもしれませんのに、この期に及んで原発を推進する原子力邑の住人達は、真性の馬鹿でしょうね。
彼らが自滅するのは勝手ですが、反原発の人々も巻きこんで原発で文明崩壊にしては欲しくはないですね。
2011/12/31(Sat) 00:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
こんばんは^^

この議員さん、本当に立派な方ですね!このような貴重な話題の提供をありがとうございました^^国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。ただし、そのための、「愚かな利権構造の破壊」は避けては通れない課題となりそうです。

゚Д゚)<私、実は結構「馬鹿」って言葉は好きなので「愚か者」という表現が巷で言う馬鹿と同レベルの扱いになります。

ですから今も国民の目線に立たずに、混乱の元となる判断の片棒を担いでいる、東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です!!
2012/01/09(Mon) 22:42 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:
>国の議員の半分が、せめてこのような気骨の持ち主になってくれれば、庶民が選抜すれば、この国も変わることができるのに・・・と感じます。

そうですね。半分もいれば社会は改善されますね。
実は、
>この他にも彼は、様々な事を調べていましたが、議会で追及するまでには至らなかったそうです。

で、もっと色々踏み込んだ事をお聞きしたのですが、今回は描きませんでした。

>東電、政治家、官僚、マスコミは「最悪の愚か者」です

愚か者と言うだけでなく、大罪人ですね。多くの犯罪者よりも悪質ですね。
2012/01/12(Thu) 21:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。