-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-11-17 00:32
10月25日に、内閣府の原子力委員会の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会が、「原子力発電所の事故リスクコストの試算」を発表しました。この事に関して、前回【日本の原発シビアアクシデントの確率】では、シビアアクシデントの発生確率にのみ絞って論じました。この発表は、元々原発と他の発電方式と発電コストを比較する際、原発事故の損害費用も含まないのはおかしいとの反原発派からの指摘を受けての試算です。結論は、原発事故の損害費用のコストの期待値を含んでも、原子力の発電費用は安いと言う国の始めからの「結論」ありきの試算です。例の如く非常に単純な試算方法に異存はありませんが、笑えるほど簡単にその試算のおかしな点が見えてきます。

先ず、「原子力発電所の事故リスクコストの試算」での原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会の単純な試算を示します。単純と言っても、大したことない試算をわざと判りにくく書いているようにも見えます。モデルプラントは何パターンも示していますが、例えばIAEAの安全目標値である「10万稼働年に1度の事故頻度」や、世界のシビアアクシデント(福島、チェルノブイリとスリーマイル島の3回としている)を用いて損害費用を小さく見せかけようとする試算は、日本には当てはまる筈がないので、最も日本の現状に近い試算を用いてみます。
当方の記事【1000年に一度の天災などというまやかし】のコメント欄に、近藤邦明氏から判り易く解説を頂いたので、それを引用しながら解説致します。先ず、シビアアクシデントの確率、「500稼働年に1原子炉」の計算方法は、【日本の原発シビアアクシデントの確率】に書いた通り非常に判りやすい単純計算です。
1回のシビアアクシデントあたりの事故損害費用を現在政府や東電が今回の福島第一致原発事故で示した3兆8878億円として、500稼働年で割って、
(原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会の試算では、これを福島第一原発のシビアアクシデントを起こした原子炉数3で割ったり割らなかったり色々な試算を示しています。)
3,8878億円÷500稼働年=77.6億円/稼働年 となります。

試算ではモデル原子炉として出力120万kW、稼働率60%としていますので、年間発電量は、
120万kWで、稼働率を60%とすると、年間の発電電力量は、
120万kW×60%×24時間/日×365日=630720万kWh≒63億kWh/稼働年
以上より、発電電力1kWh当たりの事故損害の期待値は、
77.6億円/稼働年÷63億kWh/稼働年 ≒1.2円/kWh
としています。試算は色々な条件で何通りも試算していますが、最高でこの1.2円/kWhです。
(この場合、福島原発事故をシビアアクシデントを起こした原子炉の個数、3件と想定しています。)
経済産業省、エネルギー白書 2008年版(2008)によると、発電方式別発電コストは
水力   8.2~13.3  円/kWh
石油火力 10.0~17.3 円/kWh
LNG火力 5.8~7.1  円/kWh
石炭火力 5.0~6.5 円/kWh
太陽光 46 円/kWh
風力   10~14 円/kWh
原子力 4.8~6.2 円/kWh
(・・と言うかなりアバウトでいい加減な感じ)ですから、原子力委員会の発表した
事故の損害期待値 1.2円/kWh を原子力の発電費用に加えても、原子力の発電費用は、
  6.0~7.4 円/kWh で まだ火力水力発電よりも低コストと言う事になります。
 しかし、事故損害費用を3兆8878億円としている時点でお話にならないと言えましょう。数兆円規模の話になると額が多過ぎて見当がつきにくいのも事実ですが、原子力資料情報室の試算では、損害費用は、政府の試算の10倍以上の48兆円になり、事故の損害期待値は 15円/kWh になります。この値は、事故の期待値のみで、火力や水力発電のコストを上回る事を示しています政府の試算よりも遥かに妥当と言えましょう。その理由は、これからの議論を読んで戴ければ判ると思います。実際に損害賠償するかしないか(出来るか出来ないか)は別として、損害費用は、100兆円を超えても然るべきです。
ECRR(欧州放射線リスク委員会)の科学議長クリストファー・ハズビー博士は、
「原子炉の下を掘って、コンクリートを流し込み、上部を囲むには1兆ドルもかかりますが、やらなければなりません。でなければ、放射性物質は、ずっと放出され続け、だんだんと北日本は放射性物質で使い物にならなくなっていくでしょう。」
と言及しています。円高の現在でも、これだけで70兆円を超します。

現在の東電や政府の示している損害賠償の対象は50万人程度です。しかし、福島県民は200万人以上です。この他福島県以外の東北地方や関東地方にはホットスポットが存在します。福島県民やホットスポットの人々には、損害賠償して然るべきでしょう。自主避難していようがいまいが、一人当たりの損害賠償は100万円でも少な過ぎるでしょう。300万人に放射能被曝と精神的被害に対する損害賠償を1人平均200万円賠償しても6兆円。

不動産価値もかなり下落したでしょうが、これからさらに下落するでしょう。・・・いくら安くてももう売れなくなってしまう不動産も沢山出てくる事でしょう。福島原発から200km以上離れている東京都でさえ不動産価値は大幅下落するでしょう。東京都の不動産価値は2000兆円とも言われています。その一割下落しても200兆円の損害です。東京だけのアバウトな試算でこれですから、放射能汚染による日本全体での不動産価値の下落は200兆円を超すと考えてもいいでしょう。
この他、将来的に癌や白血病を発症した人の治療費、農作物の被害等考えれば、被害総額は、300兆円以上と考えても誰も否定は出来ないでしょう。

 以上、被害総額を低めに見積もって300兆円としても、
300兆円÷500稼働年=6000億円/稼働年 です。
6000億円/稼働年÷63億kwh/稼働年 ≒ 95円/kWh

事故を起こした福島第一原発1号機、2号機、3号機の出力合計は、2028MWe 、 
モデルプラントは1200MWe ですから、 1200MWe/2028MWe ≒ 0.59 を掛けて
 95円/kWh × 0.59 ≒ 56円/kWh 
水力や火力は勿論の事、発電コストが高いと言われている、風力発電や火力発電の発電コストも簡単に超えて仕舞いました。

 それほど高めに試算した訳ではありませんが、このような試算も十分に可能だと言う事です。あくまでもこの試算は東電や国が実際に損害賠償するかどうかではなく、損害をお金に換算するとどうなるかと言う試算です。これだけ広範囲に大量の放射能がばら撒かれ、広い土地が長い年月居住不可能地域になる事や、多くの人間の健康を損ねる事を考えれば損害総額300兆円と言っても、決して高過ぎると思わないのは私だけではないと考えます。寧ろこれだけ放射能がばら撒かれれば、国の存亡にも関わる事態ですから、お金に換算出来ないもっと深刻な損害と言えましょう
少なくとも、内閣府原子力委員会の損害額の試算、3兆8878億円は少な過ぎてお話にならない額と言えましょう。その数十倍の額になって然るべきです。
 今回私が示した56円/kWh よりも内閣府の原子力委員会の試算、1.2円/kWh のほうが、まともな試算だと根拠を示して言い切れる人が何人いる事でしょう?


 因みに、原子力発電のコストは、以前から示されていたフロントエンドのコスト 4.8~6.2 円/kWh に今回試算した、事故の確率の期待値のコスト 56円/kWh を加えてお仕舞いではありません。電源三法などによって、原発立地にばら撒くお金、そして、廃炉処理後の途方もないバックエンドの処理のお金が加算されます。今回の試算で廃炉処理の額は示されましたが、(原子力委員会の試算は、モデルプラントの追加廃炉費用は、3214億円と言う、桁違いに少ない額で話になりませんが・・)その後の廃炉の管理費用は試算されていません。何故なら、その方法は現在、確立されていないからです。(・・現在の技術では不可能と言う事です。)数万年に及ぶその管理期間のかなり早い時期に(数百年以内に)放射能漏れを起こす事は確実でしょう。・・・と言うよりもこれからずっと多少の放射能漏れは続き、数百年以内に大きな放射能漏れも起こす確率が高いと言えましょう。「確実」ではないでしょうか?その廃炉を管理する人々は勿論、多くの国民が深刻な被曝をする事になりましょう。それらの費用が、私がかなりアバウトに試算した事故の確率の期待値のコスト 56円/kWh よりも遥かに大きくなりそうだと言っても誰も否定出来ないでしょう。
 原発は、財政の面でも環境の面でも、これから半永久的に日本を、世界を破綻の危機に追い込んでいくのです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/11/17 00:32】 | 原子力 トラックバック(0) |


さきしなてるりん
はじめまして。単純な頭には、金額が飛び散って把握できませんでした。
ただ、膨大なお金が本来必要なのにそれを出す気がない政府だということはわかりました。
リスクははかりしれず、それが想定できるまでは原発はなくすべきだということですね。


アルテミス^^
福島県民他、汚染地域の方への損害賠償額。は1人あたり200万でも少ないですね…。企業の払う金額=誠意と捉える風潮があったはずなのですが、それを煽らないでどうでも良いことを煽る、もみ消すマスコミも東電の片棒を担いでます。
人類の健康を尊重する。本来の管理を行うとすれば、後処理にとんでもない金額の掛かる56円/kwh妥当な数字だと感じます。

Re:
雑草Z
    さきしなてるりんさん

 初めまして、率直なコメント有難う御座います。

 何兆と言う金額は、大き過ぎてピンときませんね。当方も感覚的にはわかりませんが、おっしゃるように

>膨大なお金が本来必要なのにそれを出す気がない政府

と言う事、及び、「原発のコストは安い」と言うプロパガンダが出鱈目でとんでもない嘘である事が分かって戴ければ十分です。
 原子力委員会のリスクコストの試算に従って、電力量1kWhあたりのコストで計算したのでちょっと繁雑になりましたが、総額で示せば原子力委員会の試算が余りに過小過ぎますね。実際の損害額は、原子力委員会の示した事故損害費用、3兆8878億の数十倍でも割に合わないでしょう。
 原発は、とっくの昔に破綻した発電方式だったのです。
さきしなてるりん さんのおっしゃるように

>リスクははかりしれず

ですね。原子力委員会の試算は低過ぎてお話になりません。よくもこんな試算を恥ずかしくもなく抜け抜けと出したものです。



Re:
雑草Z
アルテミスさんこんにちは。コメント有難う御座います。

>福島県民他、汚染地域の方への損害賠償額。は1人あたり200万でも少ないですね

やはりそう思われますか?・・・比較的汚染の少ない会津地方や千葉県の柏、流山あたりでもこのくらいでいいと思います。郡山市や福島市はこの倍以上に相当するでしょう。

>企業の払う金額=誠意と捉える風潮

この頃そのような風潮はありませんね。特に東電は、誠意ある振りをして、いまだに賠償額を如何に低くするかを考えて、生き残りを図っているところがモラルハザードですね。

>煽らないでどうでも良いことを煽る、もみ消すマスコミも東電の片棒を担いでます。

>後処理にとんでもない金額の掛かる56円/kwh妥当な数字だと感じます。

賛同戴き有難う御座います。この記事を書きながらちょっと計算して出したかなりアバウトな試算ですが、それでも原子力委員会の出した 1.2円/kWh よりは現実を反映した数値だと思います。これはシビアアクシデント処理の費用であって、恐ろしい事に、原発立地の交付金やバックエンド処理をまともに試算したら(・・バックエンド処理は安全な方法すら決まってないので不可能ですか・・・)更にコストは上がるのですから、原発は真に財政破綻をもたらすでしょう。・・・でも財政破綻だけならまだ何とかなりますが、原発の環境破壊は人類社会の存続も大きく脅かします。
・・本当に狂気です。


東電に巣食う魑魅魍魎/東電を存続させる奇怪な国
近藤邦明
■誰が見ても福島第一原発の事故処理費用は、まともに対応すれば日本という国の富の多くを投入しても尚、技術的な困難さから簡単には原状回復できない深刻なものであることは明らかです。とても東電という民間企業の手に負えるものではありません。

■しかしながら、この事故を引き起こしたのは東京電力ですから、全ての損害賠償・原状復帰処置の責任は東電が負わなければなりません。

■以上を考慮すれば、本来選択できる処理方法は一つしかありません。民間企業としての東電を解体し、国家管理下におき、国家の責任で国民に理解を求めた上で国費を投入して処理を行うことです。

■しかし現実には、原発事故を自然災害と敢えて混同させて、東京電力を民間企業として存続させつつ、国費をなし崩し的に投入するという脱法行為に基づく処理が行われています。本来今回の事故は原賠法の対象ですらありません。単なる東電という企業による過失による事故なのです。

■「東京電力に関する経営・財務調査委員会」という組織は東電を存続させることを前提=今回の原発事故処理費用を国庫が負担することを前提に、東電の経営改善を検討するという、とんでもないことを行っています。よほど東電を残しておくことによってうまい汁を吸える連中=魑魅魍魎が多いのでしょう。

■このような世界中を放射能で汚染するという巨大な環境汚染事故を起こした東電という私企業の存続を許すなど、とてもまともな法治国家ではありえないことです。日本は既に法治国家として崩壊しています。私たちはこの無法国家において、如何に対応すべきかの戦略をもたなくてはならないようです。

試算
guyver1092
 事故損害費用を3兆8878億円とした根拠を明確にすべきですね。この金額の根拠が試算の信頼性を左右するでしょう。
 あくまで推進側の試算なので、現実に合わず、原子力発電所の建設費と同じく、後で増えるのは確実でしょうね。
 本当にまじめに推進するのなら、国民の信頼が必要です。後で現実の金額と違う試算をしていては、地に落ちた信頼をさらに落とすことになるでしょう。

Re:東電に巣食う魑魅魍魎/東電を存続させる奇怪な国
雑草Z
    近藤邦明さん

 また、貴重なコメント有難う御座います。
項目に分けての理路整然とした御説明、焦点が見えて全ての項目、一つ一つ御尤もな内容です。

>まともに対応すれば日本という国の富の多くを投入しても尚、技術的な困難さから簡単には原状回復できない深刻なものであることは明らか

この、明らかな事をしっかり述べるマスコミがいない事は非常に嘆かわしい事です。それどころか、今回の事故を過去のものとしようと言う意思が働いているようです。だから、この頃段々と原発事故のニュースよりもどうでもいいニュースを優先するようになっています。脱原発デモなどはあまり取り上げていません。日本のマスコミがここまで政府や財界に手なずけられているとは、情けなさ過ぎます。

>■以上を考慮すれば、本来選択できる処理方法は一つしかありません。民間企業としての東電を解体し、国家管理下におき、国家の責任で国民に理解を求めた上で国費を投入して処理を行うことです。

全く以てその通りです。そうしない政府は本当に原子力邑の一部と言えましょう。自民党の尻拭いを民主党がするなんて狂っている・・・と言うよりも同じ穴の狢だったと言う事ですね。

>よほど東電を残しておくことによってうまい汁を吸える連中=魑魅魍魎が多い

原子力マフィアは麻薬のマフィアのようなものですね。麻薬のマフィアよりも遥かに巨大ですが・・この手の人間が牛耳っている間は世の中は破局に向かい続けるでしょうね。

>私たちはこの無法国家において、如何に対応すべきかの戦略をもたなくてはならないようです。

はい、その戦略が難しいところでしょう。多くの人が洗脳されていますから・・。一口では言えないでしょうが、戦略の方向性の一部のヒントでも示して戴ければ幸いです。

私は大局的に言えばやはり経済成長主義からの脱却が大切だと思います。・・その機は熟しつつあると考えます・・。





Re:試算
雑草Z
    guyver1092さん

>事故損害費用を3兆8878億円とした根拠を明確にすべきですね。

原子力委員会は彼らなりに一応明確にした積りでしょうが、はじめから破綻しています。つまり、損害賠償の対象人数が50万人と言う事や、事故による追加廃炉費用は、3214億円と言う時点でお話になりません。損害賠償対象人数は少なくとも数100万人でしょうし、追加廃炉費用は数十兆円でしょう。

>現実に合わず、原子力発電所の建設費と同じく、後で増えるのは確実でしょうね。

明らかにその通りですが、賠償金額を増やさずに押し切ろうともするでしょうね。きっと数百兆円までは出す積りは無いでしょうし、出すのも困難でしょう。…だったらせめて直ぐに原発撤廃するのが政治家や官僚の良心だと思うのですが、そのような良心が無いからこそこんな試算をするのでしょうね。

>地に落ちた信頼をさらに落とすことになるでしょう。

それは確実でしょうね。若い官僚達は、過去の原発行政は自分達の責任ではないのですから、先輩の悪行を洗い出して反省し、追放すればいいのですが、逆に毒まんじゅうを食べて同じ穴の狢になり下がって行くのでしょうか?・・電力会社も官僚も、原発の汚れ仕事を上手くやった者が出世するシステムにしがみついてはいけないし、そんなシステムはもう崩れ去る事をしっかり認識すべきですね。



魑魅魍魎と如何に闘うか?
近藤邦明
> はい、その戦略が難しいところでしょう。多くの人が洗脳されていますから・・。一口では言えないでしょうが、戦略の方向性の一部のヒントでも示して戴ければ幸いです。
■通常の法治国家であれば、国家政策を立案する国会議員を国民の投票によって選挙することによって国民の意思を国家政策に反映させ、司法によって規則違反を取り締まることによって国が運営されます。

■原子力発電所事故後の経緯を見て明らかになったことは、日本では国会議員、そして政府は国民の信任を無視して、専ら資本と企業に奉仕することを至上命題としていることが分かりました。

■更に、例えば二本松市のゴルフ場が東電に対して原状復帰・損害賠償の仮処分請求した事件に対して東京地裁が却下したように、既に司法は行政の補完機関に成り下がっています。

■このような状況では正規の機関・制度によってこの国の方向を変えることは出来ないようです。

■このような場合、超法規的な方法として可能なのは一般大衆が直接意思表示をすることしかないのでしょう。時間はかかるでしょうが、地道に国民一人ひとりに語りかけ、賛同者を増やし、声を上げていくことだと思います。具体的にどのような方法があるのかは、個人個人で工夫するしかないように思います。下手に組織化を急ぐと新たな教条主義を生みかねませんので、注意が必要だと思っています。

> 私は大局的に言えばやはり経済成長主義からの脱却が大切だと思います。・・その機は熟しつつあると考えます・・。
■理論的には過度な工業的な生産構造からの脱却が必要条件だと思います。

■資本主義的博打経済学は既に破綻が明らかです。投資家の思惑で不安定化するフィクションに過ぎない現在の経済システムは物理的な実体経済を表現できませんから、早急に破棄すべきだと考えます。


Re:魑魅魍魎と如何に闘うか?
雑草Z
    近藤邦明さん

 大変難しく、簡単には言及出来ない質問に、簡潔に論理的にお答え戴き恐縮です。

>■原子力発電所事故後の経緯を見て明らかになったことは、日本では国会議員、そして政府は国民の信任を無視して、専ら資本と企業に奉仕することを至上命題としていることが分かりました。


 やはり選挙だけでは話にならないと言う事ですね。今までも国会議員と官僚は金融資本家の犬が多いと感じていましたが、ここまで良心を捨てているとは思いませんでした。それこそが「想定外」だったかも知れません。

>既に司法は行政の補完機関に成り下がっています。

日本のこれまでの環境裁判を見ていれば、殆ど行政や大企業の御用達ですね。

>■このような状況では正規の機関・制度によってこの国の方向を変えることは出来ないようです。

ずばり、お見事に断言されましたね。

>このような場合、超法規的な方法として可能なのは一般大衆が直接意思表示をすることしかないのでしょう。

う~ん、踏みこまれたご発言です。デモやネットは法規的な方法だと思いますが、革命的なものを指すのでしょうか??

>下手に組織化を急ぐと新たな教条主義を生みかねません

心したいと思います。歴史はこの繰り返しでしたね。人間の性なのかも知れません。・・一方、脱原発に関しては、超法規的にあらゆる堰くと意識を一端しまって、団結して一刻も早く原発撤廃に持って行きたいところです。

>■理論的には過度な工業的な生産構造からの脱却が必要条件だと思います。

ここのサイトのテーマです。

>■資本主義的博打経済学は既に破綻が明らかです。投資家の思惑で不安定化するフィクションに過ぎない現在の経済システムは物理的な実体経済を表現できませんから、早急に破棄すべきだと考えます。

ここのサイトのテーマを短い表現の中に要点を突いて凝縮して描かれていますね。使わせて戴きたい表現です。
 そう、現代の金融資本主義は、賭博ですよね。そんなものを社会の基本原理とする事がまともな発想とは思えません。でも、そんな明らかな事に気が付かないで、若しくは目を逸らせて資本主義に賛成している者が多いのが現代社会ですね。

 丁寧なお返事有難う御座いました。これからも宜しくお願い致します。

 この戦略に関しては改めて記事にして揉む必要があると感じました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。単純な頭には、金額が飛び散って把握できませんでした。
ただ、膨大なお金が本来必要なのにそれを出す気がない政府だということはわかりました。
リスクははかりしれず、それが想定できるまでは原発はなくすべきだということですね。
2011/11/18(Fri) 18:36 | URL  | さきしなてるりん #-[ 編集]
福島県民他、汚染地域の方への損害賠償額。は1人あたり200万でも少ないですね…。企業の払う金額=誠意と捉える風潮があったはずなのですが、それを煽らないでどうでも良いことを煽る、もみ消すマスコミも東電の片棒を担いでます。
人類の健康を尊重する。本来の管理を行うとすれば、後処理にとんでもない金額の掛かる56円/kwh妥当な数字だと感じます。
2011/11/18(Fri) 21:10 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:
    さきしなてるりんさん

 初めまして、率直なコメント有難う御座います。

 何兆と言う金額は、大き過ぎてピンときませんね。当方も感覚的にはわかりませんが、おっしゃるように

>膨大なお金が本来必要なのにそれを出す気がない政府

と言う事、及び、「原発のコストは安い」と言うプロパガンダが出鱈目でとんでもない嘘である事が分かって戴ければ十分です。
 原子力委員会のリスクコストの試算に従って、電力量1kWhあたりのコストで計算したのでちょっと繁雑になりましたが、総額で示せば原子力委員会の試算が余りに過小過ぎますね。実際の損害額は、原子力委員会の示した事故損害費用、3兆8878億の数十倍でも割に合わないでしょう。
 原発は、とっくの昔に破綻した発電方式だったのです。
さきしなてるりん さんのおっしゃるように

>リスクははかりしれず

ですね。原子力委員会の試算は低過ぎてお話になりません。よくもこんな試算を恥ずかしくもなく抜け抜けと出したものです。

2011/11/19(Sat) 12:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:
アルテミスさんこんにちは。コメント有難う御座います。

>福島県民他、汚染地域の方への損害賠償額。は1人あたり200万でも少ないですね

やはりそう思われますか?・・・比較的汚染の少ない会津地方や千葉県の柏、流山あたりでもこのくらいでいいと思います。郡山市や福島市はこの倍以上に相当するでしょう。

>企業の払う金額=誠意と捉える風潮

この頃そのような風潮はありませんね。特に東電は、誠意ある振りをして、いまだに賠償額を如何に低くするかを考えて、生き残りを図っているところがモラルハザードですね。

>煽らないでどうでも良いことを煽る、もみ消すマスコミも東電の片棒を担いでます。

>後処理にとんでもない金額の掛かる56円/kwh妥当な数字だと感じます。

賛同戴き有難う御座います。この記事を書きながらちょっと計算して出したかなりアバウトな試算ですが、それでも原子力委員会の出した 1.2円/kWh よりは現実を反映した数値だと思います。これはシビアアクシデント処理の費用であって、恐ろしい事に、原発立地の交付金やバックエンド処理をまともに試算したら(・・バックエンド処理は安全な方法すら決まってないので不可能ですか・・・)更にコストは上がるのですから、原発は真に財政破綻をもたらすでしょう。・・・でも財政破綻だけならまだ何とかなりますが、原発の環境破壊は人類社会の存続も大きく脅かします。
・・本当に狂気です。
2011/11/19(Sat) 13:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
東電に巣食う魑魅魍魎/東電を存続させる奇怪な国
■誰が見ても福島第一原発の事故処理費用は、まともに対応すれば日本という国の富の多くを投入しても尚、技術的な困難さから簡単には原状回復できない深刻なものであることは明らかです。とても東電という民間企業の手に負えるものではありません。

■しかしながら、この事故を引き起こしたのは東京電力ですから、全ての損害賠償・原状復帰処置の責任は東電が負わなければなりません。

■以上を考慮すれば、本来選択できる処理方法は一つしかありません。民間企業としての東電を解体し、国家管理下におき、国家の責任で国民に理解を求めた上で国費を投入して処理を行うことです。

■しかし現実には、原発事故を自然災害と敢えて混同させて、東京電力を民間企業として存続させつつ、国費をなし崩し的に投入するという脱法行為に基づく処理が行われています。本来今回の事故は原賠法の対象ですらありません。単なる東電という企業による過失による事故なのです。

■「東京電力に関する経営・財務調査委員会」という組織は東電を存続させることを前提=今回の原発事故処理費用を国庫が負担することを前提に、東電の経営改善を検討するという、とんでもないことを行っています。よほど東電を残しておくことによってうまい汁を吸える連中=魑魅魍魎が多いのでしょう。

■このような世界中を放射能で汚染するという巨大な環境汚染事故を起こした東電という私企業の存続を許すなど、とてもまともな法治国家ではありえないことです。日本は既に法治国家として崩壊しています。私たちはこの無法国家において、如何に対応すべきかの戦略をもたなくてはならないようです。
2011/11/19(Sat) 13:47 | URL  | 近藤邦明 #oIGQ13Pg[ 編集]
試算
 事故損害費用を3兆8878億円とした根拠を明確にすべきですね。この金額の根拠が試算の信頼性を左右するでしょう。
 あくまで推進側の試算なので、現実に合わず、原子力発電所の建設費と同じく、後で増えるのは確実でしょうね。
 本当にまじめに推進するのなら、国民の信頼が必要です。後で現実の金額と違う試算をしていては、地に落ちた信頼をさらに落とすことになるでしょう。
2011/11/19(Sat) 21:56 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:東電に巣食う魑魅魍魎/東電を存続させる奇怪な国
    近藤邦明さん

 また、貴重なコメント有難う御座います。
項目に分けての理路整然とした御説明、焦点が見えて全ての項目、一つ一つ御尤もな内容です。

>まともに対応すれば日本という国の富の多くを投入しても尚、技術的な困難さから簡単には原状回復できない深刻なものであることは明らか

この、明らかな事をしっかり述べるマスコミがいない事は非常に嘆かわしい事です。それどころか、今回の事故を過去のものとしようと言う意思が働いているようです。だから、この頃段々と原発事故のニュースよりもどうでもいいニュースを優先するようになっています。脱原発デモなどはあまり取り上げていません。日本のマスコミがここまで政府や財界に手なずけられているとは、情けなさ過ぎます。

>■以上を考慮すれば、本来選択できる処理方法は一つしかありません。民間企業としての東電を解体し、国家管理下におき、国家の責任で国民に理解を求めた上で国費を投入して処理を行うことです。

全く以てその通りです。そうしない政府は本当に原子力邑の一部と言えましょう。自民党の尻拭いを民主党がするなんて狂っている・・・と言うよりも同じ穴の狢だったと言う事ですね。

>よほど東電を残しておくことによってうまい汁を吸える連中=魑魅魍魎が多い

原子力マフィアは麻薬のマフィアのようなものですね。麻薬のマフィアよりも遥かに巨大ですが・・この手の人間が牛耳っている間は世の中は破局に向かい続けるでしょうね。

>私たちはこの無法国家において、如何に対応すべきかの戦略をもたなくてはならないようです。

はい、その戦略が難しいところでしょう。多くの人が洗脳されていますから・・。一口では言えないでしょうが、戦略の方向性の一部のヒントでも示して戴ければ幸いです。

私は大局的に言えばやはり経済成長主義からの脱却が大切だと思います。・・その機は熟しつつあると考えます・・。



2011/11/20(Sun) 01:28 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:試算
    guyver1092さん

>事故損害費用を3兆8878億円とした根拠を明確にすべきですね。

原子力委員会は彼らなりに一応明確にした積りでしょうが、はじめから破綻しています。つまり、損害賠償の対象人数が50万人と言う事や、事故による追加廃炉費用は、3214億円と言う時点でお話になりません。損害賠償対象人数は少なくとも数100万人でしょうし、追加廃炉費用は数十兆円でしょう。

>現実に合わず、原子力発電所の建設費と同じく、後で増えるのは確実でしょうね。

明らかにその通りですが、賠償金額を増やさずに押し切ろうともするでしょうね。きっと数百兆円までは出す積りは無いでしょうし、出すのも困難でしょう。…だったらせめて直ぐに原発撤廃するのが政治家や官僚の良心だと思うのですが、そのような良心が無いからこそこんな試算をするのでしょうね。

>地に落ちた信頼をさらに落とすことになるでしょう。

それは確実でしょうね。若い官僚達は、過去の原発行政は自分達の責任ではないのですから、先輩の悪行を洗い出して反省し、追放すればいいのですが、逆に毒まんじゅうを食べて同じ穴の狢になり下がって行くのでしょうか?・・電力会社も官僚も、原発の汚れ仕事を上手くやった者が出世するシステムにしがみついてはいけないし、そんなシステムはもう崩れ去る事をしっかり認識すべきですね。

2011/11/20(Sun) 01:42 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
魑魅魍魎と如何に闘うか?
> はい、その戦略が難しいところでしょう。多くの人が洗脳されていますから・・。一口では言えないでしょうが、戦略の方向性の一部のヒントでも示して戴ければ幸いです。
■通常の法治国家であれば、国家政策を立案する国会議員を国民の投票によって選挙することによって国民の意思を国家政策に反映させ、司法によって規則違反を取り締まることによって国が運営されます。

■原子力発電所事故後の経緯を見て明らかになったことは、日本では国会議員、そして政府は国民の信任を無視して、専ら資本と企業に奉仕することを至上命題としていることが分かりました。

■更に、例えば二本松市のゴルフ場が東電に対して原状復帰・損害賠償の仮処分請求した事件に対して東京地裁が却下したように、既に司法は行政の補完機関に成り下がっています。

■このような状況では正規の機関・制度によってこの国の方向を変えることは出来ないようです。

■このような場合、超法規的な方法として可能なのは一般大衆が直接意思表示をすることしかないのでしょう。時間はかかるでしょうが、地道に国民一人ひとりに語りかけ、賛同者を増やし、声を上げていくことだと思います。具体的にどのような方法があるのかは、個人個人で工夫するしかないように思います。下手に組織化を急ぐと新たな教条主義を生みかねませんので、注意が必要だと思っています。

> 私は大局的に言えばやはり経済成長主義からの脱却が大切だと思います。・・その機は熟しつつあると考えます・・。
■理論的には過度な工業的な生産構造からの脱却が必要条件だと思います。

■資本主義的博打経済学は既に破綻が明らかです。投資家の思惑で不安定化するフィクションに過ぎない現在の経済システムは物理的な実体経済を表現できませんから、早急に破棄すべきだと考えます。
2011/11/20(Sun) 09:52 | URL  | 近藤邦明 #oIGQ13Pg[ 編集]
Re:魑魅魍魎と如何に闘うか?
    近藤邦明さん

 大変難しく、簡単には言及出来ない質問に、簡潔に論理的にお答え戴き恐縮です。

>■原子力発電所事故後の経緯を見て明らかになったことは、日本では国会議員、そして政府は国民の信任を無視して、専ら資本と企業に奉仕することを至上命題としていることが分かりました。


 やはり選挙だけでは話にならないと言う事ですね。今までも国会議員と官僚は金融資本家の犬が多いと感じていましたが、ここまで良心を捨てているとは思いませんでした。それこそが「想定外」だったかも知れません。

>既に司法は行政の補完機関に成り下がっています。

日本のこれまでの環境裁判を見ていれば、殆ど行政や大企業の御用達ですね。

>■このような状況では正規の機関・制度によってこの国の方向を変えることは出来ないようです。

ずばり、お見事に断言されましたね。

>このような場合、超法規的な方法として可能なのは一般大衆が直接意思表示をすることしかないのでしょう。

う~ん、踏みこまれたご発言です。デモやネットは法規的な方法だと思いますが、革命的なものを指すのでしょうか??

>下手に組織化を急ぐと新たな教条主義を生みかねません

心したいと思います。歴史はこの繰り返しでしたね。人間の性なのかも知れません。・・一方、脱原発に関しては、超法規的にあらゆる堰くと意識を一端しまって、団結して一刻も早く原発撤廃に持って行きたいところです。

>■理論的には過度な工業的な生産構造からの脱却が必要条件だと思います。

ここのサイトのテーマです。

>■資本主義的博打経済学は既に破綻が明らかです。投資家の思惑で不安定化するフィクションに過ぎない現在の経済システムは物理的な実体経済を表現できませんから、早急に破棄すべきだと考えます。

ここのサイトのテーマを短い表現の中に要点を突いて凝縮して描かれていますね。使わせて戴きたい表現です。
 そう、現代の金融資本主義は、賭博ですよね。そんなものを社会の基本原理とする事がまともな発想とは思えません。でも、そんな明らかな事に気が付かないで、若しくは目を逸らせて資本主義に賛成している者が多いのが現代社会ですね。

 丁寧なお返事有難う御座いました。これからも宜しくお願い致します。

 この戦略に関しては改めて記事にして揉む必要があると感じました。
2011/11/21(Mon) 20:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。