-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-11-05 00:11
10月25日に、国の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会が、
原子力発電所の事故リスクコストの試算」を発表しました。(HN地下水さんから情報を戴きました。)シビアアクシデントが500年に1回とは、訳の分からない数字だな・・・と思っていたところ、近藤邦明氏が自らのサイト<『環境問題』を考える>の【HP管理者から】 「No682原発事故処理費を確率論で論じる愚」でその計算方法を丁寧に解説して下さっていました。それによると500年に1度と言うのは、なんと日本の原発1炉あたりの確率でした。この試算は、試算としてはアバウト過ぎるものです。近藤邦明氏が、御自分のサイト<『環境問題』を考える>・・・で論じているように様々な問題が含まれていて、信頼性が高い確率とは到底言えないでしょう。ただ、事故発生頻度については、実績に基づく評価を行っており、非常に単純化された計算式ですが、一応統計データによる実績からの計算方法として原子力委員会の発表するデータとしてはましな方法だと考えます。非常にシンプルなその計算方法には一応納得致しましたので、その計算データを元に考察してみます。今回は、シビアアクシデントの発生確率にのみ絞って論じます。・・・すぐにとんでもない結果が見えました。

先ず、シビアアクシデントの発生確率の彼等の単純な計算方法を示します。
これは近藤邦明氏の<『環境問題』を考える>の【HP管理者から】 No682 の計算方法の通りです。

日本での廃炉になった原子炉も含めて、今までの全ての原子炉の稼働時間の合計は、1494稼働年です。このうち福島原発のメルトダウンした3炉がシビアアクシデントを起こしたとみなして、
1494稼働年÷3炉=498年≒500稼働年/1炉  と見る訳です。
(原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会はこれ以外に、10万年に1炉と言う数値も使っていますが、これはIAEAの安全目標値ですから、確率計算に使う何の根拠もありません。)
シビアアクシデントを3炉と見ていると言う事は、福島原発の4号機や、頻繁に起こっていた過去の事故は全て含まないと言う事になりますから、シビアアクシデントとは、メルトダウン以上の、本当に深刻な事故だけを対象に考えていると言う事になりましょう。

この計算式が意味するところは、日本の原発全体で500年に一度ではなくて、1炉1炉の稼働時間を足して500年稼働すると1炉の割合でシビアアクシデントが起こると言う意味です。これだけで、あまりに高過ぎる数値と言えましょう。日本の各原子炉1機1機が、毎年シビアアクシデントを起こす確率が500分の1と言う事ですから・・・。
日本の原子炉を50基と考え、原子炉の平均稼働率を60%として、
 1年間の日本の全原子炉の稼働時間の合計は 1年×50炉×60%=30稼働年 です。
500÷30=16.66・ となり、
日本に現役の原発が50基あれば、およそ17年に一度 シビアアクシデントが起こる事になります。・・・なんとも高い数値です。

 また、原発一機あたり実質30年間稼働すると考えると、やはり
 500÷30=16.66・・ つまり、日本の原子炉は、稼働を始めてから廃炉まで実質30年間稼働するとすれば、1機あたりその間にシビアアクシデントを起こす確率が17分の1と言う事になります。別な言い方をすれば、日本の原子炉の17機に1機は、稼働を始めてから廃炉までの30年間の稼働時間の間にシビアアクシデントを起こす事になります。
原発1機について、17分の1のロシアンルーレットと言う事になりましょう。ロシアンルーレットとの違いは、弾が一発の代わりに、広島原発数十、数百、数千発分のオーダーの放射性物質を撒き散らすと言う事です。・・こんな大きな確率を示されれば、どの自治体も原発稼働を許可する事はないでしょう。彼等は絶対安全と言う虚言を信じて原発設置に同意したのでしょうから・・これからは、福島県のように原発を設置してしまった事を後悔する事になりましょう。

 日本の原発は54炉、日本の原発立地は13道県に17か所です。つまり1か所に複数の原子炉があるわけですから、そのうちどれかの原子炉がシビアアクシデントを起こす可能性は更に高くなります。近くの原子炉事故は互いに独立とは考えられませんから単純に掛け算にはならないでしょうが、簡単に考える為にそれぞれの原子炉の事故の確率を独立として考えてみます。日本の原発1機につき、稼働年数の30年間無事故である確率は1 - 1/17=16/17
福島第一原発は6機、第二原発は4機、福島県には合計10機の原発が存在しますから、その10機が全てシビアアクシデントを起こさずに可動期間を終える確率は
(16/17)^10)≒0.55 6割の確率もなかったのです。
少なくとも1機事故を起こす確率は    1-0.55=0.45
即ち、福島県内の原発10機のうち、少なくとも一機、可動期間中にシビアアクシデントを起こす確率は45% と言う事だったのです。それぞれの原子炉の事故の確率を独立と考えなければ事故の確率は更に増える事になりましょう。そして、今回の福島原発事故は、この 45%というフィフティフィフティに近い確率のロシアンルーレットに当たってしまった・・・と考える事も出来ると言う事です。・・・これは私の仮定による試算ではありません。(3.11以前の私の適当な仮定による試算も20年に1度【大事故までやめない積もりでせうか?】で、ほぼ一致しておりましたが・・)あくまで内閣府原子力委員会の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会が発表した数値を基に計算したものです。・・・色々考慮するとこの数値はそれほどお門違いではないのではないでしょうか?・・・1桁も違う事はない様に感じます。
起きてはならない深刻な事故が起きてしまったのは、実は日本全体54炉で20年に1度程度の大きな確率通りだったからかも知れません。体中の血の気が引くような大きな確率です。兎も角、こんな危険な代物は、一刻も早く撤廃しないとある日突然日本中放射能汚染されてしまいます。

原子力委員会も事故リスクの賠償金の期待値を計算して、発電コストの上乗せ分がまだまだ低いからと、安易に物凄い数値を発表してしまったものです。(・・誰にでも考えつく単純計算ですが・)こんな数値を公表するとは、推進派は墓穴を掘ったと言えそうです。後悔する事になりましょう。・・そのうちHPから削除されるかも知れません。みなさん、証拠のバックアップも取って置きましょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/11/05 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |


Anthony
あまりの高確率にビックリであります。(泣)





アルテミス^^
雑草さん

こんばんは^^真面目に報道できる内容なのか…?と言えるレベルですね。ふくいちは1〜4まで壊滅的な状態が連鎖的に起きたことを踏まえると…う〜ん考えたくないです。

雑草Z管理人さん有難うございます。
地下水
 なるほど、そういう計算だったのですね、報道では分かりませんでしたが、真意が今解かりました。
 でも今、体の血が逆上する思いです。(^^;;;;;これでは日本では事故が起きて当然です。
 以前の管理人さんの累乗計算の方がまだ高等ですね。
 でも、この単純計算も、真に迫っていますね。この計算では、このまま放置すると17年経つまでに、またメルトダウンが起きてしまうのですね。幾つか原子炉が集まっている所では、連鎖事故も起きるのですね。
 早く廃炉にしないと、恐過ぎます。もう起きてますけども。(××;

Re:
雑草Z
    Anthonyさん

 500稼働年で一機シビアアクシデントを起こした事は、実際の統計データなわけですから、過去のデータとしては正確なわけですね。本当はもっと低い確率であるとかそんな事は誰も証明出来ないわけです。日本の3.11以降の原発の総稼働年数は3.11以前ほど(1500稼働年)にはならないでしょうから・・・どんなに酷くてもその前に原発は撤廃でしょうね。結局日本の原発は、1000稼働年で1機以上の割合で起きた事になりましょう。勿論原発は失敗で終わったと言う結果は決まったと言えましょう。・・・これからどれだけ放射能の影響が出てくるか考えただけでも憂鬱です。

Re:
雑草Z
    アルテミスさん

「原子力発電所の事故リスクコストの試算」は、素人でも一日で書き上げられる単純計算ですね。まあ、複雑にして煙に巻くような姑息な手を使わないだけいいと思います。非常に単純ですが、統計手法としてはまともと言えると思います。
 もともと原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会は、「事故の期待値を考慮しても、原発は発電コストが安い」・・・と言う事を示そうとして、この「原子力発電所の事故リスクコストの試算」を発表したわけですが、そこにとんでもない事故発生確率が見えてしまったわけです。今回はその部分のみをクローズアップしましたが、事故リスクコストをまともに考えれば非常に大きくなり、他の発電方法よりも悪くなる事も簡単に示せます。それはまた改めて記事に致します。兎も角、原子力邑の人々は墓穴を掘った事になりましょう。 

Re:雑草Z管理人さん有難うございます。
雑草Z
    地下水さん

 当方こそ、今回の記事を考えるきっかけとなったコメントを戴き、有難う御座います。

>以前の管理人さんの累乗計算の方がまだ高等ですね。

この確率計算も、データは原子力安全基盤機構の40年間で2.4%という数字を使ったわけです。つまりこの以前の計算も、今回の計算も、使ったデータは国の(実質)原子力推進組織のデータを使ったのですから、彼らに反論されるいわれは、計算方法が違っていない限りないわけです。累乗計算方法は、独立事象の確率の計算の一般的な、理性的な方法ですから、間違ってはいないでしょう・・・・今回の本文の福島原発6機+4機=10機のうち少なくとも一機事故に遭う確率計算もも、今回の地下水さんのコメントを受け、累乗計算に訂正させて戴きました。有難う御座います。


Anthony
報道で、東京やら千葉やらで放射線がどうたらラジウムがどうたらって、やってるけど、肝心の原発撤廃が、置き去りなのが悲しい。




放射能の塵
guyver1092
 推進派はこの計算について、自分ではとこまで理解しているのでしょうか。理解していないからこそ、放射能の塵に日本を埋めるのに等しい原発再開を画策するのでしょうね。

>肝心の原発撤廃
雑草Z
    Anthonyさん

日本の国会議員の多くや官僚の多くは、原発の是非を考えるのでは無くて原発存続が目的となっていますね。
 日本国民が安全に安心して暮らせる事よりも原発存続優先と言う狂ったロートル達に日本は滅茶苦茶にされてきました。あと数年で原発撤廃に進まなければ日本政府は愚の極みと言えましょう。 

Re:放射能の塵
雑草Z
>推進派はこの計算について、自分ではとこまで理解しているのでしょうか。

  彼等は事故の損害額の期待値を計算して、発電コストに上乗せしても原発の発電コストは火力や水力よりも安いと言いたいが為だけに、恐ろしい事故の確率を露呈してしまったと言えましょう。目的の為に他の事が見えないと言う原子力推進官僚の典型例とも言えましょう。
・・・この試算の数字を妥当な数値に置き換えることで、発電コストも実は非常に高い事を示すのも簡単ですね。


アルテミス^^
<事故リスクコスト
本当に、原子力発電はとても高くつくと思います。火力は火が消えれば発電が終わり、せいぜい灰や水酸化マグネシウムと排気ガスが合わさってできた汚泥くらいがでるくらいですが、原子力は使用済の燃料棒ですら、バンバン放射能が飛び散っていますし、反応の臨界を迎えないように、常に監視及び管理しなければならない代物ですからね…。ちょっと原理原則を見比べるだけで、ある程度の人もわかると思います。

>事故リスクコスト
雑草Z
今回の記事は、内閣府の試算した事故リスクのコストの試算の一部のシビアアクシデントの確率の部分のみクローズアップしましたが、とんでもなく大きな確率でした。これでは逆に嘘で固めた安全神話を作らなければ、自治体からは設置許可が出なかったでしょうね。


アルテミス^^
雑草さん!!!

<これでは逆に嘘で固めた安全神話を作らなければ、自治体からは設置許可が出なかったでしょうね。

このコメントの一部分だけでも、声を大にして、電力会社社員の方々の良心(あるのならば)へ訴えたいです!!!


嘘で塗り固めた安全神話
雑草Z
 電力会社の幹部も官僚もみんな知ってて当然の筈ですが、安全神話をプロパガンダしているうちに自己暗示で洗脳されてしまった人もいたかも知れません。
 何れにしても、事故は起こってしまったのだから、東電幹部も経済産業省の幹部も一生かかっても全く償いきれない罪を犯した事になります。潔く認めて謝罪し、早急に原発を止めて撤廃するのがせめてもの償いでしょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あまりの高確率にビックリであります。(泣)


2011/11/05(Sat) 14:07 | URL  | Anthony #-[ 編集]
雑草さん

こんばんは^^真面目に報道できる内容なのか…?と言えるレベルですね。ふくいちは1〜4まで壊滅的な状態が連鎖的に起きたことを踏まえると…う〜ん考えたくないです。
2011/11/05(Sat) 19:31 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
雑草Z管理人さん有難うございます。
 なるほど、そういう計算だったのですね、報道では分かりませんでしたが、真意が今解かりました。
 でも今、体の血が逆上する思いです。(^^;;;;;これでは日本では事故が起きて当然です。
 以前の管理人さんの累乗計算の方がまだ高等ですね。
 でも、この単純計算も、真に迫っていますね。この計算では、このまま放置すると17年経つまでに、またメルトダウンが起きてしまうのですね。幾つか原子炉が集まっている所では、連鎖事故も起きるのですね。
 早く廃炉にしないと、恐過ぎます。もう起きてますけども。(××;
2011/11/05(Sat) 20:07 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:
    Anthonyさん

 500稼働年で一機シビアアクシデントを起こした事は、実際の統計データなわけですから、過去のデータとしては正確なわけですね。本当はもっと低い確率であるとかそんな事は誰も証明出来ないわけです。日本の3.11以降の原発の総稼働年数は3.11以前ほど(1500稼働年)にはならないでしょうから・・・どんなに酷くてもその前に原発は撤廃でしょうね。結局日本の原発は、1000稼働年で1機以上の割合で起きた事になりましょう。勿論原発は失敗で終わったと言う結果は決まったと言えましょう。・・・これからどれだけ放射能の影響が出てくるか考えただけでも憂鬱です。
2011/11/06(Sun) 15:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:
    アルテミスさん

「原子力発電所の事故リスクコストの試算」は、素人でも一日で書き上げられる単純計算ですね。まあ、複雑にして煙に巻くような姑息な手を使わないだけいいと思います。非常に単純ですが、統計手法としてはまともと言えると思います。
 もともと原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会は、「事故の期待値を考慮しても、原発は発電コストが安い」・・・と言う事を示そうとして、この「原子力発電所の事故リスクコストの試算」を発表したわけですが、そこにとんでもない事故発生確率が見えてしまったわけです。今回はその部分のみをクローズアップしましたが、事故リスクコストをまともに考えれば非常に大きくなり、他の発電方法よりも悪くなる事も簡単に示せます。それはまた改めて記事に致します。兎も角、原子力邑の人々は墓穴を掘った事になりましょう。 
2011/11/06(Sun) 15:54 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:雑草Z管理人さん有難うございます。
    地下水さん

 当方こそ、今回の記事を考えるきっかけとなったコメントを戴き、有難う御座います。

>以前の管理人さんの累乗計算の方がまだ高等ですね。

この確率計算も、データは原子力安全基盤機構の40年間で2.4%という数字を使ったわけです。つまりこの以前の計算も、今回の計算も、使ったデータは国の(実質)原子力推進組織のデータを使ったのですから、彼らに反論されるいわれは、計算方法が違っていない限りないわけです。累乗計算方法は、独立事象の確率の計算の一般的な、理性的な方法ですから、間違ってはいないでしょう・・・・今回の本文の福島原発6機+4機=10機のうち少なくとも一機事故に遭う確率計算もも、今回の地下水さんのコメントを受け、累乗計算に訂正させて戴きました。有難う御座います。
2011/11/06(Sun) 16:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
報道で、東京やら千葉やらで放射線がどうたらラジウムがどうたらって、やってるけど、肝心の原発撤廃が、置き去りなのが悲しい。


2011/11/06(Sun) 19:05 | URL  | Anthony #-[ 編集]
放射能の塵
 推進派はこの計算について、自分ではとこまで理解しているのでしょうか。理解していないからこそ、放射能の塵に日本を埋めるのに等しい原発再開を画策するのでしょうね。
2011/11/06(Sun) 23:25 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
>肝心の原発撤廃
    Anthonyさん

日本の国会議員の多くや官僚の多くは、原発の是非を考えるのでは無くて原発存続が目的となっていますね。
 日本国民が安全に安心して暮らせる事よりも原発存続優先と言う狂ったロートル達に日本は滅茶苦茶にされてきました。あと数年で原発撤廃に進まなければ日本政府は愚の極みと言えましょう。 
2011/11/07(Mon) 08:27 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:放射能の塵
>推進派はこの計算について、自分ではとこまで理解しているのでしょうか。

  彼等は事故の損害額の期待値を計算して、発電コストに上乗せしても原発の発電コストは火力や水力よりも安いと言いたいが為だけに、恐ろしい事故の確率を露呈してしまったと言えましょう。目的の為に他の事が見えないと言う原子力推進官僚の典型例とも言えましょう。
・・・この試算の数字を妥当な数値に置き換えることで、発電コストも実は非常に高い事を示すのも簡単ですね。
2011/11/07(Mon) 08:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
<事故リスクコスト
本当に、原子力発電はとても高くつくと思います。火力は火が消えれば発電が終わり、せいぜい灰や水酸化マグネシウムと排気ガスが合わさってできた汚泥くらいがでるくらいですが、原子力は使用済の燃料棒ですら、バンバン放射能が飛び散っていますし、反応の臨界を迎えないように、常に監視及び管理しなければならない代物ですからね…。ちょっと原理原則を見比べるだけで、ある程度の人もわかると思います。
2011/11/07(Mon) 17:45 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
>事故リスクコスト
今回の記事は、内閣府の試算した事故リスクのコストの試算の一部のシビアアクシデントの確率の部分のみクローズアップしましたが、とんでもなく大きな確率でした。これでは逆に嘘で固めた安全神話を作らなければ、自治体からは設置許可が出なかったでしょうね。
2011/11/07(Mon) 20:11 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
雑草さん!!!

<これでは逆に嘘で固めた安全神話を作らなければ、自治体からは設置許可が出なかったでしょうね。

このコメントの一部分だけでも、声を大にして、電力会社社員の方々の良心(あるのならば)へ訴えたいです!!!
2011/11/07(Mon) 23:15 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
嘘で塗り固めた安全神話
 電力会社の幹部も官僚もみんな知ってて当然の筈ですが、安全神話をプロパガンダしているうちに自己暗示で洗脳されてしまった人もいたかも知れません。
 何れにしても、事故は起こってしまったのだから、東電幹部も経済産業省の幹部も一生かかっても全く償いきれない罪を犯した事になります。潔く認めて謝罪し、早急に原発を止めて撤廃するのがせめてもの償いでしょう。
2011/11/08(Tue) 13:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。