-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-11-23 00:23
3.11の原発震災後は、殆ど原発関連の記事ばかりになってしまいました。
 ここのサイトの大きなテーマは『脱経済成長』であり、3.11以前は『脱原発』はあくまでも『脱成長』の中の一つの分野として記事にしてまいりました。
原発事故はまだまだ収束しておりません。それどころか今後何年にもわたって・・・少なくとも21世紀の間中・・・福島県民のみならず多くの日本人を苦しめ、憂鬱にさせる事でしょう。原発はステレオタイプの経済成長主義の愚行の典型例と言えます。本質的に不用であり、結果として資源とエネルギーの浪費となるのです。そして事故が起これば未曾有の災害になる可能性も高いですし、事故が起こらなくても放射性物質をどんどん作ります。もう日本には原発がいたるところにあり、絶対絶命と言えるレベルまで設置されてしまいました。・・・
脱成長を目指すにあたって、脱原発は避けて通れない課題です。
今現在脱原発は最優先であり、一刻も早く達成しなければなりません。21世紀の前半は、成長の限界に達している事による様々なストレスから、これからも次々と巨大事故、事件が起こるでしょう。原発に気を取られているうちに、無理な経済成長志向による文明崩壊が始まる恐れもあります。もう文明崩壊が始まっているとも言えます。・・・今回の原発事故は、強力な引き金の一つを引いてしまったと言えましょう。

3.11の以前から、メキシコ湾原油流出事故のような目を逸らしたくなるような人災による巨大事故が起こっています。そして3.11以降も、人類の暴走によるカタストロフィーの引き金が次々に引かれていくような気がしております。もう一度巨大地震や大津波が来て福島原発や他の原発、六ヶ所村が大きくやられれば、日本は立ち直れないくらいの大きなダメージを受けるでしょう。
グローバリゼ-ションの一部と考えられるTPP参加などを議論している場合ではないでしょう。TPP参加のメリットの全てを否定する積りはありませんが、ある意味TPP参加は、太平洋戦争敗戦後のアメリカGHQによる日本支配に戻るようなものでしょう。大きな目で見れば、エネルギーの浪費と環境破壊を加速し、結果として殺伐とした砂漠・・・文明の爪痕を残す事になりましょう。TPPに参加する事もまた、日本の崩壊の大きな引き金の一つとなるでしょう。環境問題等グローバルなものの考え方は大切ですが、経済のグローバル化は環境問題を悪化させる事は必至です。多国籍企業や金融資本家が裏で糸を引いているグローバリスト主導の経済のグローバリゼーションは大航海時代以降の植民地主義や帝国主義の延長と言えましょう。

欧州の債務危機も成長の限界から来る必然であり、従来の経済成長理論では乗り切れる筈もないでしょう。いまだに様々な経済成長政策で乗り切ろうと考えている連中が世界の主流ですが、それは単なる問題の先送りであり、問題を膨張させるばかりです。この夏のアメリカの債務上限引き上げもまさしく問題の肥大化、先送りに他なりません。
今現在、殆どの世界の指導者が行っている政策、対策はここの常連のguyver1092さんがブラック的に言うところの、「文明崩壊が目的』としか思えません。

現行の経済システム、金融資本主義を維持して、グローバリズムや経済成長戦略に乗っかっている事は、次々にカタストロフィーの引き金が引かれるのを待っているようなものです。様々な文明崩壊の引き金が引かれて再起不能になる前に、一刻も早く脱成長路線にパラダイムシフトする事です。このパラダイムシフトが間に合うか・・・冷静に考えれば非常に困難な事で、オプティミズムが無ければ絶望しそうです。しかし世の中何が起こるか判りません。脱成長社会にパラダイムシフトする希望は捨てられません。それしか22世紀以降に繋がる持続可能な社会はあり得ないでしょうから。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/11/23 00:23】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

脱経済成長~TPPは悪あがき~
Power
雑草Zさん


TPPなんてデメリットだらけです。既得権益打破によるメリットより、自由貿易によるデメリットの方が遙かに大きいですね。人や物を移動させるのに使うエネルギー(石油など)を考えたら、デメリットしかないです。無駄に資源を浪費するだけで。


TPP賛成派はそう言ったデメリットがあっても、自分だけは儲けたいのでしょう。悪あがきで見苦しいだけです。


以前から指摘していますが、資本主義&技術革新が続くのなら「人間にしか出来ない仕事(あるいは、人間がしなければならない仕事)」以外は、機械やロボットにとって代わられます。介護・清掃・警備 ・運転手などは既にロボットが登場しており、技術革新により低コストでロボットの大量生産が可能になれば、肉体的・精神的な負荷が大きくやりたがる人が少ないこれらの仕事でさえ、人間がやる必要が無くなるでしょう。


そうなれば、残るのは「質」をウリにする仕事だけです。介護なら、高級介護施設で介護ロボットを超える介護が出来る人間だけが正社員として働ける様になります。「介護ロボットに介護されるのは嫌だ。金はきちんと払うから、人間に介護して貰いたい」といった、「機械やロボットでも出来るけど、人間にして欲しいニーズ」は残るでしょうから。最も、高級であるが故に利用出来るのは富裕層に限られるため、正社員として働ける人間も極少数になるでしょうが…。


でも、これらも脱成長経済を考えれば「不要」であり「無駄」です。機械やロボットがやることになるとはいえ、中級であっても最低限の質は確保される訳ですから、高級なのは単なる金の無駄使いにしかなりません。自己満足を差し引いても、です。


最低限の衣食住を全員が賄えるようにするには、労働集約型にして高級だのVIPだのは廃止し、中級の物やサービスで皆が我慢するしかないのです。これで、脱成長経済が実現できます。

脱成長経済実現のために~芸能人やスポーツ選手は不要~
Power
雑草Zさん


顰蹙を買うタイトルですが(笑)芸能人やスポーツ選手などは一流で納税額が多い人間であっても、脱成長経済のためには不要です。


いくら人間にしか出来ない仕事であっても、皆が最低限(ここで言う最低限は中の中クラスです)の生活をするのには不要だからです。生活必需品の対極に立つのが、芸能人やスポーツ選手ですから(笑)


さらに顰蹙を買うことを承知で言えば、人間として尊敬出来る芸能人やスポーツ選手でも、脱成長経済のためには不要なのです。人間として尊敬出来ることと、皆が最低限の生活をするのに必要とされるモノやサービスかは別ですから。


倫理的な問題で批判されまくっているAKB48なども、どれだけまともになったとしてもやはり不要なのです。ちなみに、倫理的な問題とは「握手券封入などによる、CD複数枚買わせ 商法」などによる資源の無駄使いについてです。


同じ曲が入っているCDを複数枚買わせることで、握手券だけを抜いてCDは廃棄する&ヤフオクに出すなどで、それらに関わる人件費や設備投資の無駄…冗談ではなく、資源の無駄使いです。最も、これらの無駄を止めても芸能人やスポーツ選手自体が不要ですけどね…

Re:脱経済成長~TPPは悪あがき~
雑草Z
    Powerさん
 お久し振りのコメント有難う御座います。

>TPPなんてデメリットだらけです。既得権益打破によるメリットより、自由貿易によるデメリットの方が遙かに大きいですね。

おっしゃる通りです。郵政民営化の二番煎じを狙った既得権打破は、取って付けた理由でしょうね。国内だけでも既得権打破は十分に可能です。

>人や物を移動させるのに使うエネルギー(石油など)を考えたら、デメリットしかないです。無駄に資源を浪費するだけで。

そうですね。ここが最も重要部分なのに、TPP反対派もここの観点が反対理由に入っていません。意識の低さでしょう。

>資本主義&技術革新が続くのなら「人間にしか出来ない仕事(あるいは、人間がしなければならない仕事)」以外は、機械やロボットにとって代わられます。

この部分は資源やエネルギーが十分にある場合の事で、やはり資源とエネルギーの浪費で、物理的に出来なくなる要因も増えてくるでしょうね。そうすると御指摘のようにますます一部の富裕層の特権になるでしょう。
 お金があれば地球上の限られた資源を浪費しても許されると言った自由資本主義経済は、道理的にもおかしいですね。

>高級だのVIPだのは廃止し、中級の物やサービスで皆が我慢するしかないのです。

そうですね。そして、それを「我慢」だと思う富裕層は要らないですね。この意味でも「富裕層」は「搾取階級」と同意語ですね。




Re:脱成長経済実現のために~芸能人やスポーツ選手は不要~
雑草Z
>顰蹙を買うタイトルですが

この手の議論はして然るべきでしょうね。現在スポーツは政治に利用されて、スポーツニュースだけではなく、一般の大きなニュースと一緒に報道するのはおかしな事です。観戦の為のスポーツはただのエンターテインメントな筈ですが、神聖化されてタブー化されている部分はカルトっぽいと感じます。芸能人に関しても同じような事は言えますが、プロスポーツよりはましかとも思います。

>倫理的な問題で批判されまくっているAKB48なども

この辺りのお話は知りませんが、

>握手券封入などによる、CD複数枚買わせ 商法

は、全く馬鹿みたいなお話ですね。この手の商法は現代の無駄浪費商法の典型で、世の中に溢れていますね。抱き合わせ商法と言えますから、公正取引法でしっかり規制すべきですね。 

>冗談ではなく、資源の無駄使い

ですね。

末期的症状
guyver1092
 少なくとも、資本主義は末期的症状を示していますね。第二次世界大戦の前は、近隣窮乏策を全世界が取り、結果、世界大戦に至ったとのことですが、現代は各国が自国の企業以外の窮乏策を取り(自国の国民の富をすべて企業に付け替える)、すべての富を企業に集めようとしています。TPPについて日本の場合は、一部の大企業とアメリカの企業に付け替えるための手段でしょうね。
 たぶん、もっとも少ない制度の変更で危機を乗り越える方法は、税金の取り方を老化貨幣的にすることが一番でしょう。すなわち、溜め込んだ資産が(大企業のですよ)目減りするような方向で課税し、貨幣の蓄積機能を消してしまうのです。さもなくば、第二次大戦時のように経済システムが破綻し、そのつけを外国から強奪してつじつま合わせをすることになるでしょうね

崩壊寸前の行き過ぎた競争社会
アルテミス^^
この状況下で生活を送ることは、私にとっては楽観でなく達観ではないと厳しいと感じています…。
まさに雑草さんの仰るパラダイムシフトすることはどんな局面においても必要だと思います!

Re:末期的症状
雑草Z
>資本主義は末期的症状を示していますね。
結局資本主義ははじめから大きな矛盾を抱えていたから、早く終焉を迎える事になっていたのでしょうね。
こんなシステムに支配されている現代の大部分の国はかなり野蛮な国と言うべきでしょう。共産主義的原始社会のほうがまだまともかと思います。

>第二次世界大戦の前は、近隣窮乏策を全世界が取り、結果、世界大戦に至ったとのことですが、現代は各国が自国の企業以外の窮乏策を取り(自国の国民の富をすべて企業に付け替える)、すべての富を企業に集めようとしています。

なるほど、鋭い洞察です。そのように考えると問題の本質が見えてきますね。

>もっとも少ない制度の変更で危機を乗り越える方法は、税金の取り方を老化貨幣的にすることが一番でしょう。

このあたり、guyver1092 さんの持論ですね。より詳しく知りたいと思います。コメント欄に書いて戴くよりも記事にして頂いた方がいいかも知れません。

Re:崩壊寸前の行き過ぎた競争社会
雑草Z
>楽観でなく達観ではないと厳しいと感じています

「楽観」出来る筈が無いのに、「ビジネスチャンス」だなんて言っている馬鹿が蔓延っていますね。確かにビジネス的には刹那的なチャンスに溢れているでしょうが、個人的に儲かる人間が出ても、大きな目で見れば環境負荷がより増えて、環境破壊の速さが増すだけですね。

「達観する」のも自分や家族などを捨てないと難しいでしょうね。積極的にパラダイムシフトしていくべきでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
脱経済成長~TPPは悪あがき~
雑草Zさん


TPPなんてデメリットだらけです。既得権益打破によるメリットより、自由貿易によるデメリットの方が遙かに大きいですね。人や物を移動させるのに使うエネルギー(石油など)を考えたら、デメリットしかないです。無駄に資源を浪費するだけで。


TPP賛成派はそう言ったデメリットがあっても、自分だけは儲けたいのでしょう。悪あがきで見苦しいだけです。


以前から指摘していますが、資本主義&技術革新が続くのなら「人間にしか出来ない仕事(あるいは、人間がしなければならない仕事)」以外は、機械やロボットにとって代わられます。介護・清掃・警備 ・運転手などは既にロボットが登場しており、技術革新により低コストでロボットの大量生産が可能になれば、肉体的・精神的な負荷が大きくやりたがる人が少ないこれらの仕事でさえ、人間がやる必要が無くなるでしょう。


そうなれば、残るのは「質」をウリにする仕事だけです。介護なら、高級介護施設で介護ロボットを超える介護が出来る人間だけが正社員として働ける様になります。「介護ロボットに介護されるのは嫌だ。金はきちんと払うから、人間に介護して貰いたい」といった、「機械やロボットでも出来るけど、人間にして欲しいニーズ」は残るでしょうから。最も、高級であるが故に利用出来るのは富裕層に限られるため、正社員として働ける人間も極少数になるでしょうが…。


でも、これらも脱成長経済を考えれば「不要」であり「無駄」です。機械やロボットがやることになるとはいえ、中級であっても最低限の質は確保される訳ですから、高級なのは単なる金の無駄使いにしかなりません。自己満足を差し引いても、です。


最低限の衣食住を全員が賄えるようにするには、労働集約型にして高級だのVIPだのは廃止し、中級の物やサービスで皆が我慢するしかないのです。これで、脱成長経済が実現できます。
2011/11/23(Wed) 15:27 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
脱成長経済実現のために~芸能人やスポーツ選手は不要~
雑草Zさん


顰蹙を買うタイトルですが(笑)芸能人やスポーツ選手などは一流で納税額が多い人間であっても、脱成長経済のためには不要です。


いくら人間にしか出来ない仕事であっても、皆が最低限(ここで言う最低限は中の中クラスです)の生活をするのには不要だからです。生活必需品の対極に立つのが、芸能人やスポーツ選手ですから(笑)


さらに顰蹙を買うことを承知で言えば、人間として尊敬出来る芸能人やスポーツ選手でも、脱成長経済のためには不要なのです。人間として尊敬出来ることと、皆が最低限の生活をするのに必要とされるモノやサービスかは別ですから。


倫理的な問題で批判されまくっているAKB48なども、どれだけまともになったとしてもやはり不要なのです。ちなみに、倫理的な問題とは「握手券封入などによる、CD複数枚買わせ 商法」などによる資源の無駄使いについてです。


同じ曲が入っているCDを複数枚買わせることで、握手券だけを抜いてCDは廃棄する&ヤフオクに出すなどで、それらに関わる人件費や設備投資の無駄…冗談ではなく、資源の無駄使いです。最も、これらの無駄を止めても芸能人やスポーツ選手自体が不要ですけどね…
2011/11/23(Wed) 15:53 | URL  | Power #qbq6I53Q[ 編集]
Re:脱経済成長~TPPは悪あがき~
    Powerさん
 お久し振りのコメント有難う御座います。

>TPPなんてデメリットだらけです。既得権益打破によるメリットより、自由貿易によるデメリットの方が遙かに大きいですね。

おっしゃる通りです。郵政民営化の二番煎じを狙った既得権打破は、取って付けた理由でしょうね。国内だけでも既得権打破は十分に可能です。

>人や物を移動させるのに使うエネルギー(石油など)を考えたら、デメリットしかないです。無駄に資源を浪費するだけで。

そうですね。ここが最も重要部分なのに、TPP反対派もここの観点が反対理由に入っていません。意識の低さでしょう。

>資本主義&技術革新が続くのなら「人間にしか出来ない仕事(あるいは、人間がしなければならない仕事)」以外は、機械やロボットにとって代わられます。

この部分は資源やエネルギーが十分にある場合の事で、やはり資源とエネルギーの浪費で、物理的に出来なくなる要因も増えてくるでしょうね。そうすると御指摘のようにますます一部の富裕層の特権になるでしょう。
 お金があれば地球上の限られた資源を浪費しても許されると言った自由資本主義経済は、道理的にもおかしいですね。

>高級だのVIPだのは廃止し、中級の物やサービスで皆が我慢するしかないのです。

そうですね。そして、それを「我慢」だと思う富裕層は要らないですね。この意味でも「富裕層」は「搾取階級」と同意語ですね。


2011/11/24(Thu) 06:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:脱成長経済実現のために~芸能人やスポーツ選手は不要~
>顰蹙を買うタイトルですが

この手の議論はして然るべきでしょうね。現在スポーツは政治に利用されて、スポーツニュースだけではなく、一般の大きなニュースと一緒に報道するのはおかしな事です。観戦の為のスポーツはただのエンターテインメントな筈ですが、神聖化されてタブー化されている部分はカルトっぽいと感じます。芸能人に関しても同じような事は言えますが、プロスポーツよりはましかとも思います。

>倫理的な問題で批判されまくっているAKB48なども

この辺りのお話は知りませんが、

>握手券封入などによる、CD複数枚買わせ 商法

は、全く馬鹿みたいなお話ですね。この手の商法は現代の無駄浪費商法の典型で、世の中に溢れていますね。抱き合わせ商法と言えますから、公正取引法でしっかり規制すべきですね。 

>冗談ではなく、資源の無駄使い

ですね。
2011/11/24(Thu) 06:47 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
末期的症状
 少なくとも、資本主義は末期的症状を示していますね。第二次世界大戦の前は、近隣窮乏策を全世界が取り、結果、世界大戦に至ったとのことですが、現代は各国が自国の企業以外の窮乏策を取り(自国の国民の富をすべて企業に付け替える)、すべての富を企業に集めようとしています。TPPについて日本の場合は、一部の大企業とアメリカの企業に付け替えるための手段でしょうね。
 たぶん、もっとも少ない制度の変更で危機を乗り越える方法は、税金の取り方を老化貨幣的にすることが一番でしょう。すなわち、溜め込んだ資産が(大企業のですよ)目減りするような方向で課税し、貨幣の蓄積機能を消してしまうのです。さもなくば、第二次大戦時のように経済システムが破綻し、そのつけを外国から強奪してつじつま合わせをすることになるでしょうね
2011/11/24(Thu) 20:47 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
崩壊寸前の行き過ぎた競争社会
この状況下で生活を送ることは、私にとっては楽観でなく達観ではないと厳しいと感じています…。
まさに雑草さんの仰るパラダイムシフトすることはどんな局面においても必要だと思います!
2011/11/24(Thu) 23:22 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:末期的症状
>資本主義は末期的症状を示していますね。
結局資本主義ははじめから大きな矛盾を抱えていたから、早く終焉を迎える事になっていたのでしょうね。
こんなシステムに支配されている現代の大部分の国はかなり野蛮な国と言うべきでしょう。共産主義的原始社会のほうがまだまともかと思います。

>第二次世界大戦の前は、近隣窮乏策を全世界が取り、結果、世界大戦に至ったとのことですが、現代は各国が自国の企業以外の窮乏策を取り(自国の国民の富をすべて企業に付け替える)、すべての富を企業に集めようとしています。

なるほど、鋭い洞察です。そのように考えると問題の本質が見えてきますね。

>もっとも少ない制度の変更で危機を乗り越える方法は、税金の取り方を老化貨幣的にすることが一番でしょう。

このあたり、guyver1092 さんの持論ですね。より詳しく知りたいと思います。コメント欄に書いて戴くよりも記事にして頂いた方がいいかも知れません。
2011/11/25(Fri) 22:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:崩壊寸前の行き過ぎた競争社会
>楽観でなく達観ではないと厳しいと感じています

「楽観」出来る筈が無いのに、「ビジネスチャンス」だなんて言っている馬鹿が蔓延っていますね。確かにビジネス的には刹那的なチャンスに溢れているでしょうが、個人的に儲かる人間が出ても、大きな目で見れば環境負荷がより増えて、環境破壊の速さが増すだけですね。

「達観する」のも自分や家族などを捨てないと難しいでしょうね。積極的にパラダイムシフトしていくべきでしょうね。
2011/11/25(Fri) 22:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。