-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-10-29 00:04
原子力は化石燃料に変わって文明を支えられるか-3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原子力が石油や石炭の代替となり得るか?原子力が新たな文明のエネルギーになり得るかと言う事を、HN guyver1092さんに論じて頂く記事の第3回、最終回のまとめです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで考えてきたことをまとめると、原子力は石油のすべての能力の代替は不可能で、代替可能な物についても、石油を使うより効率が悪くなる、即ち無駄に資源を消費しなければならないことが導き出されます。同じ結果を得るために、余分にエネルギーを使わなければいけない原子力文明は、実現するのでしょうか。
 実は、文明を支えるエネルギーには共通の重要な性質が無ければなりません。それは自己再生産出来る事です。例えば石油は、動力源、熱源、材料として使っても、一部残しておけば、その石油で石油を掘り出す事が出来るのです。1の石油を使って地面に穴を堀り、100の石油がとれたとします。そうすれば1を残して99までを使うことが出来るということになります。例えば掘り出した100の石油をすべて使いきってしまえば、次に石油を掘ることは出来ず、石油資源がどれだけあっても石油はもう使えないということになります。1の石油を使って、1の石油しかとれなければどうなるでしょうか。この場合もやはり、どれだけの石油があっても石油は使えないことになります。これをエネルギー産出比といいます。
 原子力文明でこのことを考えてみましょう。原子力燃料を作るために必要なエネルギーと、その燃料を使って出てくる電力を比較すれば自分でも計算できると考えますが、検索を掛けてもウラン濃縮に必要な電力がトンあたりどれだけ必要かは出てきません。しかたがないので、インターネットでエネルギー産出比またはEPRで検索してみるとまったく相反する結果のページがみつかりました。
エネルギー収支比から見た石油の代替エネルギー
石油代替エネルギー供給技術
 結論の桁が違いすぎて笑ってしまいますが、どちらが正しいのが、次のページを参考にして考えてみます。
エネルギー供給の『電力化』は石油利用効率を悪化させる

 原発とその他の発電原価から考えると、EPRが28もある原発が6~8ほどの石油石炭火力発電(原油から計算)とほぼ同じ発電原価であるはずが無いのは、会計法に置き換えて考えてみれば明らかでしょう。投入エネルギーを必要経費、産出エネルギーが粗利益、純益がEPRと考えるとこれほど利益率に差のある商品がこの価格差はありえません。このEPRが真実なら原発の発電単価は高すぎます。この様な計算結果は原子力村の常套手段でコストの付け替え、除外で下駄を履かせた物と考えます。真実のEPRは発電原価から推測するに、石油火力発電(発電用の重油から計算)のEPR0.35とほぼ変わらない数値と考えます。石油がなくなったら原子力が文明を支えるという主張は誤りで原子力文明は成立しないと考えます。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/10/29 00:04】 | 原子力 トラックバック(0) |

>この様な計算結果は原子力村の常套手段でコストの付け替え、除外で下駄を履かせた物と考えます。
雑草Z
原発に関しては、あまりに隠蔽している数値が多過ぎますね。だから私はEPRが破綻していると考えています。それは、

>原子力は石油のすべての能力の代替は不可能で、代替可能な物についても、石油を使うより効率が悪くなる、即ち無駄に資源を消費しなければならないことが導き出されます。

からも間接的に判りますね。まして、バックエンドの処理を考えれば原発をやるぞと考える事の愚かさは自明と言えましょう。駄目なものは駄目としっかり判断する事も科学な筈ですが、原発利権はその科学の常識(良識)も失わせてしまうもののようですね。

RE:常識(良識)
guyver1092
 推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。
 現状の政党から選択するなら、日本国民は放射能の塵の下に埋もれるか、若しくはこの政党の政府だけは許せない(共産党)政党を選ぶかの二者択一を迫られているみたいですね。国民のかなりの部分が、共産党を選ぶなら、放射能の塵を選ぶような気がしますが。どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。

地球のタバコ?
CRM
体に悪いとは分かっていてもなかなか止められないものらしい。じわじわと肩身が狭くなるかもだけど。一度吸ったらやめられない。吸わない人も吸ってみたくなる?
そんな感じですかねぇ。

Re:地球のタバコ
guyver1092
「解っちゃいるけど止められない」というのは実はとてつもない問題です。タバコ程度の害なら知れていますが、これが寿命に直接に関わる毒物なら(麻薬の類)大問題です。地球のタバコというからには地球を一つの命と仮定されていると考えますが、地球という命が麻薬に蝕まれているということで、このまま手をこまねいていると、地球全体が、かつてのイースーター島のようになり、すべての文明が消失するという事態になりかねないと私は危惧しています。

Re:RE:常識(良識)
雑草Z
>推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。

全くそうですね。推進派に原発を推進するまともな理が無いのですから、それでも推進するということは、文明崩壊が目的と見なされても然るべきですね。

>どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。

一見そんな感じもしますが、第三の方法もあります。即ち以前も言及致しましたように緑の党系の政党も既にだいぶ以前から日本にも存在します。今は風前の灯火ですが、これから台頭していくでしょう。今は大転換の過渡期と言えましょう。問題は間に合うかどうかです。

Re:Re:RE:常識(良識)
guyver1092
分かりにくい書き方をして住みません。
1 嫌いな政党の政府を受け入れる
2 放射能の塵の下に埋もれる
3 全国区の認められる政党を作る
の三つのつもりで書きました。
 ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。かりに共産主義の政党が政権をとっても、現在の閉塞状態を解決できないと考えています。共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
 今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが、選択肢にゲゼル主義があるならゲゼル主義を選びます。以前にも書きましたが、緑の党の根本にはゲゼル主義があるそうですので、緑の党には期待しています。


Re:Re:Re:RE:常識(良識)
雑草Z
はい、よくわかりました。guyver1092さんの選択肢という感じが強いですね。
>ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。
このあたりの事、もう少し具体的に説明頂けますか?
即ち、シルビオ・ゲゼルの考えと共産主義の顕著な違いについて、改めてご説明頂ければ幸いです。私はシルビオ・ゲゼルの考えというものの知識がありません。特に
>共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
の部分です。私は中国共産党や北朝鮮、ソ連などの共産主義は、労働者の社会というよりも官僚主義的という意味で保守的なので嫌いですが、キューバの社会主義はある意味理想型かと思います。カストロやゲバラの生き方は極端過ぎますが、好きです。

>今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが

そういえる部分はありますね。特に反原発という意味では、日本の共産党や社会党は他の多くの政党よりは遥かに良識的だと思います。・・・というか、他の大きな政党が原発に関しては愚か過ぎます。

>緑の党には期待しています。

日本では、みどり未来 が緑の政党と言えます。頑張って欲しいです。脱成長や生態系の主張は大賛成ですが、他に色々主張が加わって、脱成長や生態系の色が薄まる事を危惧しています。


Re:Re:地球のタバコ
雑草Z
 地球を一つの生命体ガイアと考えた場合、私もguyver1092さん同様、原子力は、地球のタバコ程度には考えられないと思います。決して地球がやめられないものではなく、地球に棲みついた最悪の病原菌であるある種のヒト種が作る強い毒素のようなものと考えるほうが妥当かと考えます。完治するまで数万年、数億年・・・やっぱり、病原菌の人間の排除が必要なのでしょうか・?・・悲しいものがありますね。

マルクスとゲゼル
guyver1092
マルクス
 労働には価値があり、労働によって生み出される(余剰)価値を立場を利用して搾取すると考えた。余剰価値は常にプラスであると考えている。
ゲゼル
 状況によっては余剰価値はプラスとは限らず、マイナスの場合もある。余剰価値をマイナスにする方法を探すべき。(例として賃貸住宅を作りすぎると、競争が激化し家賃が下がる)
 貨幣と物の間には貨幣はインフレが起きない限り、価値はどれだけ持っていても下がらないが、物は(例として生鮮食品等)は時間とともに、物理法則に従って価値が下がっていく。この結果、人は貨幣を常に欲しがり、この結果高い金利が発生し、貨幣を多く持っている者が金利という料金を徴収することが出きるようになる。(巧妙な支配方法)

 共産主義者は、貨幣の性質を使って世界を支配している事を問題にしていません。
 真実は、資本家は貨幣の性質、すなわち、価値の劣化の差と、貨幣に対する需要からくる金利で世界を支配していると考えます。

 前回書き忘れましたが、自民党、民主党よりも共産党の方が好きです。理由は雑草Zさんと同じく、より理論的で、良識があると感じるからです。ただ考えつく最上は、ゲゼル氏の方が上と感じるのです。
 みどり未来について、ホームページ見ました。資本家に騙されたような主張もありますね。ヨーロッパの緑の党のようにゲゼル理論をもっと研究し、主張の方向を吟味しないと、資本家にいいように操られる恐れもあると感じます。


Re:Re:Re:地球のタバコ
guyver1092
 ガイアの癌細胞の出す毒は、100万年以上で、既にたまってしまっているので、癌細胞を切除してもあまり意味が無いのが困った物ですね。切除すれば、これ以上毒物を出すのを止めると言うことは可能でしょうが、癌の勢いが強すぎて、切除はなかなか難しそうですね。

Re:マルクスとゲゼル
雑草Z
 短いご説明で本質が垣間見られました。有り難うございます。
マルクスの
>余剰価値は常にプラスであると考えている。

は、現代の当然の考え方のようですが、実はguyver1092 さん同様、現代社会が嵌ってしまった危険な洗脳だと考えます。

ゲセルの
>余剰価値をマイナスにする方法を探すべき。
は、非常に大切な発想方法かと思います。現代社会の欠落していった大切な事と言えましょう。「余剰価値」という表現自体が洗脳だと思います。ただの「余剰」というべきでしょう。
「余剰」は人間社会に余裕をもたらし、潤いももたらしますが、この「余剰」が人間社会の様々な問題の主因とも言えましょう。経済成長主義もこの余剰が大きな牽引力になりますね。
経済成長志向の大きな牽引となっている金融業も余剰財産から発生したとも言えますね。

>みどり未来について、ホームページ見ました。資本家に騙されたような主張もありますね。

鋭いご指摘です。確かにそのような面は否定出来ないだろうと思いますが、

guyver1092さんは、具体的にどの部分にそれを感じましたか??





Re:Re:Re:Re:地球のタバコ
雑草Z
>切除すれば、これ以上毒物を出すのを止めると言うことは可能でしょうが、癌の勢いが強すぎて、切除はなかなか難しそうですね。

私も似たような事を感じております。愚かなヒト類が存続する限り、もう手遅れかとも思いますが、兎も角人類は、一刻も早く科学万能主義と経済成長主義の洗脳から抜けるべきでしょう。

みどり未来について
guyver1092
 自然エネルギー買い取りと言う主張は、近藤邦明氏のホームページにもあるように、石油の無駄遣いとなる場合が多いにもかかわらず、一まとめに推進というところが問題有と感じます。
 ちななみに、木質バイオマス、小水力、地熱は研究の価値があると考えます。
 木質バイオマスを進めるに当たって気をつけなければいけないことは、木材の加工はしない方向で研究すべきでしょう。ここの常連にとっては当たり前と感じるでしょうが、加工度を上げると、そこで無駄(エントロピー)が発生し、利用できる有効部分が減ってしまいます。
 小水力については、農業用水と組み合わせの連結経営で行う方向が正しい方向でしょう。以前の議論のとおり風力もうまくいくと組み合わせることがか可能かもしれません。

http://www.asahi-net.or.jp/~pv3n-situ/sodky.htm

地熱はシステムのエネルギー産出比の研究が重要ですね。取り出せる温度によっては、設備の方が高価になる場合もあるかもしれません。

 地球温暖化と言うのもいただけません。理由はこのホームページでも何度も取り上げられていますよね。
 その他の部分は、部分部分それぞれ見ていくとそれぞれもっともなのですが、ゲゼル主義というには少し支配の根本原則に対する認識が甘いと感じます。(貨幣と税の仕組みに対する考察)


Re:みどり未来について
雑草Z
 非常に的確と思われる御指摘有難う御座います。
 私はみどりのテーブルが他の団体と合流して「みどり未来」になってからの事は良く知りませんでした。だからHPも確認していませんでした。・・・guyver1092さんの御指摘のように、軽率に、資本家と言うか、グローバリストの財閥に騙されたような主張が相変わらず多いですね。

>部分部分それぞれ見ていくとそれぞれもっともなのですが、ゲゼル主義というには少し支配の根本原則に対する認識が甘いと感じます。

の御指摘通りだと思います。
 実は、以前、みどりのテーブル時代には、名前だけ所属して様子見していた時期がありましたが、メインの脱成長以外にguyver1092さんが御指摘するような事など様々な・・当方から言えばどうでもいい様な・・・イデオロギー、主張がどんどん盛り込まれて、他の政党との差別化があまり顕著で無くなって、みどり未来に移行した時に手続きをしないで自然脱会状態となりました。
 しかし、現在国会議員を送り出しているどの政党よりも期待しています。勿論脱原発です。脱成長メインのしっかりした政党に成長して欲しいと期待しております。
他の方向へ行ってしまったら、新たな政党に期待するしかありませんね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>この様な計算結果は原子力村の常套手段でコストの付け替え、除外で下駄を履かせた物と考えます。
原発に関しては、あまりに隠蔽している数値が多過ぎますね。だから私はEPRが破綻していると考えています。それは、

>原子力は石油のすべての能力の代替は不可能で、代替可能な物についても、石油を使うより効率が悪くなる、即ち無駄に資源を消費しなければならないことが導き出されます。

からも間接的に判りますね。まして、バックエンドの処理を考えれば原発をやるぞと考える事の愚かさは自明と言えましょう。駄目なものは駄目としっかり判断する事も科学な筈ですが、原発利権はその科学の常識(良識)も失わせてしまうもののようですね。
2011/10/30(Sun) 23:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
RE:常識(良識)
 推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。
 現状の政党から選択するなら、日本国民は放射能の塵の下に埋もれるか、若しくはこの政党の政府だけは許せない(共産党)政党を選ぶかの二者択一を迫られているみたいですね。国民のかなりの部分が、共産党を選ぶなら、放射能の塵を選ぶような気がしますが。どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。
2011/10/31(Mon) 22:35 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
地球のタバコ?
体に悪いとは分かっていてもなかなか止められないものらしい。じわじわと肩身が狭くなるかもだけど。一度吸ったらやめられない。吸わない人も吸ってみたくなる?
そんな感じですかねぇ。
2011/11/01(Tue) 02:50 | URL  | CRM #AGI7I832[ 編集]
Re:地球のタバコ
「解っちゃいるけど止められない」というのは実はとてつもない問題です。タバコ程度の害なら知れていますが、これが寿命に直接に関わる毒物なら(麻薬の類)大問題です。地球のタバコというからには地球を一つの命と仮定されていると考えますが、地球という命が麻薬に蝕まれているということで、このまま手をこまねいていると、地球全体が、かつてのイースーター島のようになり、すべての文明が消失するという事態になりかねないと私は危惧しています。
2011/11/01(Tue) 22:42 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:RE:常識(良識)
>推進派の目的は文明崩壊が目的と考えるとすべてのつじつまが合う、との皮肉が本気で言ってもそのまま通るようなやり口ですね。

全くそうですね。推進派に原発を推進するまともな理が無いのですから、それでも推進するということは、文明崩壊が目的と見なされても然るべきですね。

>どちらも嫌だというなら、自分たちで政党を作るしかありません。

一見そんな感じもしますが、第三の方法もあります。即ち以前も言及致しましたように緑の党系の政党も既にだいぶ以前から日本にも存在します。今は風前の灯火ですが、これから台頭していくでしょう。今は大転換の過渡期と言えましょう。問題は間に合うかどうかです。
2011/11/02(Wed) 06:34 | URL  | 雑草Z #5uiXo0oE[ 編集]
Re:Re:RE:常識(良識)
分かりにくい書き方をして住みません。
1 嫌いな政党の政府を受け入れる
2 放射能の塵の下に埋もれる
3 全国区の認められる政党を作る
の三つのつもりで書きました。
 ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。かりに共産主義の政党が政権をとっても、現在の閉塞状態を解決できないと考えています。共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
 今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが、選択肢にゲゼル主義があるならゲゼル主義を選びます。以前にも書きましたが、緑の党の根本にはゲゼル主義があるそうですので、緑の党には期待しています。
2011/11/02(Wed) 21:55 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:Re:RE:常識(良識)
はい、よくわかりました。guyver1092さんの選択肢という感じが強いですね。
>ちなみに私は共産主義者の搾取についての考えは誤りで、シルビオ・ゲゼルの考えが正しいと考えています。
このあたりの事、もう少し具体的に説明頂けますか?
即ち、シルビオ・ゲゼルの考えと共産主義の顕著な違いについて、改めてご説明頂ければ幸いです。私はシルビオ・ゲゼルの考えというものの知識がありません。特に
>共産主義者は搾取の構造等、現在の苦境をもたらしている原因を誤って理解しているであろうと推測しています。
の部分です。私は中国共産党や北朝鮮、ソ連などの共産主義は、労働者の社会というよりも官僚主義的という意味で保守的なので嫌いですが、キューバの社会主義はある意味理想型かと思います。カストロやゲバラの生き方は極端過ぎますが、好きです。

>今ある全国区の政党の中から選ぶとすれば共産党しかないと考えていますが

そういえる部分はありますね。特に反原発という意味では、日本の共産党や社会党は他の多くの政党よりは遥かに良識的だと思います。・・・というか、他の大きな政党が原発に関しては愚か過ぎます。

>緑の党には期待しています。

日本では、みどり未来 が緑の政党と言えます。頑張って欲しいです。脱成長や生態系の主張は大賛成ですが、他に色々主張が加わって、脱成長や生態系の色が薄まる事を危惧しています。
2011/11/03(Thu) 23:59 | URL  | 雑草Z #5uiXo0oE[ 編集]
Re:Re:地球のタバコ
 地球を一つの生命体ガイアと考えた場合、私もguyver1092さん同様、原子力は、地球のタバコ程度には考えられないと思います。決して地球がやめられないものではなく、地球に棲みついた最悪の病原菌であるある種のヒト種が作る強い毒素のようなものと考えるほうが妥当かと考えます。完治するまで数万年、数億年・・・やっぱり、病原菌の人間の排除が必要なのでしょうか・?・・悲しいものがありますね。
2011/11/04(Fri) 09:35 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
マルクスとゲゼル
マルクス
 労働には価値があり、労働によって生み出される(余剰)価値を立場を利用して搾取すると考えた。余剰価値は常にプラスであると考えている。
ゲゼル
 状況によっては余剰価値はプラスとは限らず、マイナスの場合もある。余剰価値をマイナスにする方法を探すべき。(例として賃貸住宅を作りすぎると、競争が激化し家賃が下がる)
 貨幣と物の間には貨幣はインフレが起きない限り、価値はどれだけ持っていても下がらないが、物は(例として生鮮食品等)は時間とともに、物理法則に従って価値が下がっていく。この結果、人は貨幣を常に欲しがり、この結果高い金利が発生し、貨幣を多く持っている者が金利という料金を徴収することが出きるようになる。(巧妙な支配方法)

 共産主義者は、貨幣の性質を使って世界を支配している事を問題にしていません。
 真実は、資本家は貨幣の性質、すなわち、価値の劣化の差と、貨幣に対する需要からくる金利で世界を支配していると考えます。

 前回書き忘れましたが、自民党、民主党よりも共産党の方が好きです。理由は雑草Zさんと同じく、より理論的で、良識があると感じるからです。ただ考えつく最上は、ゲゼル氏の方が上と感じるのです。
 みどり未来について、ホームページ見ました。資本家に騙されたような主張もありますね。ヨーロッパの緑の党のようにゲゼル理論をもっと研究し、主張の方向を吟味しないと、資本家にいいように操られる恐れもあると感じます。
2011/11/04(Fri) 23:18 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:Re:Re:地球のタバコ
 ガイアの癌細胞の出す毒は、100万年以上で、既にたまってしまっているので、癌細胞を切除してもあまり意味が無いのが困った物ですね。切除すれば、これ以上毒物を出すのを止めると言うことは可能でしょうが、癌の勢いが強すぎて、切除はなかなか難しそうですね。
2011/11/04(Fri) 23:27 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:マルクスとゲゼル
 短いご説明で本質が垣間見られました。有り難うございます。
マルクスの
>余剰価値は常にプラスであると考えている。

は、現代の当然の考え方のようですが、実はguyver1092 さん同様、現代社会が嵌ってしまった危険な洗脳だと考えます。

ゲセルの
>余剰価値をマイナスにする方法を探すべき。
は、非常に大切な発想方法かと思います。現代社会の欠落していった大切な事と言えましょう。「余剰価値」という表現自体が洗脳だと思います。ただの「余剰」というべきでしょう。
「余剰」は人間社会に余裕をもたらし、潤いももたらしますが、この「余剰」が人間社会の様々な問題の主因とも言えましょう。経済成長主義もこの余剰が大きな牽引力になりますね。
経済成長志向の大きな牽引となっている金融業も余剰財産から発生したとも言えますね。

>みどり未来について、ホームページ見ました。資本家に騙されたような主張もありますね。

鋭いご指摘です。確かにそのような面は否定出来ないだろうと思いますが、

guyver1092さんは、具体的にどの部分にそれを感じましたか??



2011/11/05(Sat) 00:54 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:Re:地球のタバコ
>切除すれば、これ以上毒物を出すのを止めると言うことは可能でしょうが、癌の勢いが強すぎて、切除はなかなか難しそうですね。

私も似たような事を感じております。愚かなヒト類が存続する限り、もう手遅れかとも思いますが、兎も角人類は、一刻も早く科学万能主義と経済成長主義の洗脳から抜けるべきでしょう。
2011/11/05(Sat) 00:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
みどり未来について
 自然エネルギー買い取りと言う主張は、近藤邦明氏のホームページにもあるように、石油の無駄遣いとなる場合が多いにもかかわらず、一まとめに推進というところが問題有と感じます。
 ちななみに、木質バイオマス、小水力、地熱は研究の価値があると考えます。
 木質バイオマスを進めるに当たって気をつけなければいけないことは、木材の加工はしない方向で研究すべきでしょう。ここの常連にとっては当たり前と感じるでしょうが、加工度を上げると、そこで無駄(エントロピー)が発生し、利用できる有効部分が減ってしまいます。
 小水力については、農業用水と組み合わせの連結経営で行う方向が正しい方向でしょう。以前の議論のとおり風力もうまくいくと組み合わせることがか可能かもしれません。

http://www.asahi-net.or.jp/~pv3n-situ/sodky.htm

地熱はシステムのエネルギー産出比の研究が重要ですね。取り出せる温度によっては、設備の方が高価になる場合もあるかもしれません。

 地球温暖化と言うのもいただけません。理由はこのホームページでも何度も取り上げられていますよね。
 その他の部分は、部分部分それぞれ見ていくとそれぞれもっともなのですが、ゲゼル主義というには少し支配の根本原則に対する認識が甘いと感じます。(貨幣と税の仕組みに対する考察)
2011/11/06(Sun) 23:17 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:みどり未来について
 非常に的確と思われる御指摘有難う御座います。
 私はみどりのテーブルが他の団体と合流して「みどり未来」になってからの事は良く知りませんでした。だからHPも確認していませんでした。・・・guyver1092さんの御指摘のように、軽率に、資本家と言うか、グローバリストの財閥に騙されたような主張が相変わらず多いですね。

>部分部分それぞれ見ていくとそれぞれもっともなのですが、ゲゼル主義というには少し支配の根本原則に対する認識が甘いと感じます。

の御指摘通りだと思います。
 実は、以前、みどりのテーブル時代には、名前だけ所属して様子見していた時期がありましたが、メインの脱成長以外にguyver1092さんが御指摘するような事など様々な・・当方から言えばどうでもいい様な・・・イデオロギー、主張がどんどん盛り込まれて、他の政党との差別化があまり顕著で無くなって、みどり未来に移行した時に手続きをしないで自然脱会状態となりました。
 しかし、現在国会議員を送り出しているどの政党よりも期待しています。勿論脱原発です。脱成長メインのしっかりした政党に成長して欲しいと期待しております。
他の方向へ行ってしまったら、新たな政党に期待するしかありませんね。
2011/11/07(Mon) 09:15 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。