-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-08-29 00:13
~単純構造~
  
ここのサイトでは、原子力に関する議論は、3.11よりかなり以前に一応終わっていました。
2006年に総論として5回に渡って原子力の怖さ、酷さ、愚かさ、理不尽さを述べました。
2007年の東京電力柏崎刈羽事故を受けて、7回シリーズで、項目別に原発をやることの愚かさを繰り返し書きました。(このうち、【原発に代替案は必要か?】にはいまだにときどきコメントを戴いています。)
・・大体ここまでで、原発は世界を汚染する封印すべき技術である事など、原発について書くべき内容は一通り書きました。
更にしつこく、2010年11月に、今までの主な主張をまとめた記事を2つ。さらに年が明けて2011年1月に【狂気の科学技術】として、原発の愚かさを項目別にまとめて一つの記事として書きました。(この記事も3.11以降色々とコメントを頂きました。)
これで、本当に原発の本質・・・負の面しかない事・・を書き尽くした感じでした。理性的結論は撤廃しかない旨も繰り返し強調して述べました。
以上カテゴリー【原子力】のはじめの15個の記事についてです。

そして、3.11の原発震災が起こりました。
それまで散々記事にも書いてきたので、日本の原発行政の酷さはかなり分かっている積りでしたが、東電や国の実際の原発事故の対応は、予想を遥かに超える酷さでした。対応の無能さ、出鱈目さだけでなく、情報隠蔽、言論統制、とんでもない事の連続でした。~その事は書かずとも皆さん十分にお分かりでしょう~。この期に及んでも原発を温存し推進しようとする愚かな原子力邑の人々によって、原発事故は防げなかったばかりでなく、事故も被害も大きく拡大するのを防げませんでした。彼らの罪はかなり重いと言うべきでしょう。

この、3.11を受けて、一旦終了した原発論議を脱原発の為に再開いたしました。・・と言っても、既に原発の本質については書き尽くしていました。そこで新たな参考文献として、3.11以降出版された、今まではあまり表に出て来なかった真実を書いた数少ない良心的な本や雑誌を見つけて参考文献とし、主に原発利権構造の事などを中心に記事を書きました。

 原発には複雑な問題があるように言われますが、根本は単純構造です。複雑な問題にして誤魔化しているのは推進派です。

原発が非常に危険なものである事は、事故が証明しています。これだけで、原発は十分に廃止に値しますが、百歩譲って、原発の是非論議が成立するかどうか考えてみます。その場合、この非常に大きな事故の危険性と比べて天秤にかける価値のあるくらい大きなメリットがなければなりません。即ち、これだけ危険だけれど、その代わり費用対効果が非常にいい(発電単価が安い)とか、環境負荷が極端に小さいとか、・・・しかし現実はこの大きな危険性に見合うだけのメリットは何一つ見い出せません。見出せないどころか、原発の費用対効果は破綻していますし、環境負荷も抜群に高い発電方式で、他の追随を許しません(笑)・・つまり、原発事故の大きなリスクと引き換えに享受出来るメリットが何もないのです。だから、議論の余地も無く、原発は発電手段の候補から真っ先に落ちて然るべき、最低の発電方式なのです。検討の余地が全くない酷い代物なのに、推進派によって推進され続けてきた詐欺的代物なのです。
原発は、他の発電方式と比べてまともなメリットが無く、人類には背負い切れない大きな負の遺産を残すのだから、完全撤廃しかない・・・と言う、極めて単純明快な構造です。

原発の導入を検討し始めた20世紀半ばには、原発に対する間違った認識からくる大きな期待があった事も事実でしょう。その頃は利権だけではなく、過大過ぎる期待から推進された・・という側面もあったでしょう。でもそれは、せいぜいはじめの10年くらいのお話です。その後、原発の手に負えない大きな負の面が、多くの人に認識されるようになりました。
チェルノブイリ原発事故の後、世界は明らかに脱原発の方向に進みました。困った推進派は、1990年代に二酸化炭素温暖化対策として原発が有効である・・・などと言うとんでもないまやかしを言って、原発の巻き返しを図りました。・・驚く事に、日本もそんなふざけた話に本気で乗っかってしまいました。最低の政治家、最低の官僚です。二酸化炭素温暖化説の真偽は置いておいても、原発がエコだとか、地球温暖化防止になるとかを本気にして引っかかる馬鹿者が沢山いた事には呆れるばかりです。この辺りも責任の所在をはっきりさせなければなりません。

理性で考えれば、どんなに遅くとも、20世紀末までには、原発の真の姿・・・役に立たないばかりか危険極まりない手に負えない代物・・・が見えた筈です。原発は駄目だ、論外だ・・と言う結論に到達出来た筈です。日本も理性的結論に従って脱原発に舵を切っていれば、今回の福島原発事故は無くて済んだ筈です。それを阻んだのが、利権です。だから3.11の原発事故は明らかに人災です。
3.11で日本以外の多くの国が脱原発を決めました。それは、理性で考えれば当然の成り行きです。原発の真の姿を知れば当然の選択です。
3.11でこれだけ大きな原発事故を起こした時点で推進派は負けです。失敗です。もはや、議論の余地はありません。背負い切れない大きな責任を負うべきです。官僚や企業の推進派のトップは全員切腹ものでしょう。
 
 当方の記事【原発に代替案は必要か?】などのコメント欄にも、何故か反論をよこす人が今でもときどきいますが、まともな反論を出来ている人は皆無です。大抵の輩は恥ずかしいステレオタイプの、既に破綻している事を根拠に、お門違いな反論になっていない反論を試みているだけです。
 脱原発に関して、推進派の方々と議論しても負ける事は無いでしょう。それは、私の議論の方法が上手いのでは無く、脱原発は、理性的正論だから反論の余地がないのです。原発推進派には、原発を推進するだけのまともな根拠が示せないのは当然です。
人々は、原発の現実、真の姿をしっかり把握すべきです。原発の真実の姿を知れば、原発がどれだけ愚かな発電方式であるかがわかり、推進する理が無い事がわかる筈です。つまり結論は、原発撤廃しかあり得ません。

 もうとっくの昔に結論は出ていますから、とっとと原発は撤廃すべきです。原発を稼働すれば、一日一日と、半永久的管理が必要な、極めて有害な使用済み核燃料が増えていくのです。
脱原発は理性的方向なのですから、くどくどと議論する必要は無いのですが、原発撤廃の日までは、当然過ぎる主張を繰り返す事になりましょうか?
一刻の猶予もありません。放射性廃棄物を出し過ぎて、日本は、地球は、放射能汚染地域だらけで、人も他の生物も棲めなくなってしまうかも知れません。
成長の限界による複合的カタストロフィーももう始まって仕舞うかも知れません。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/08/29 00:13】 | 原子力 トラックバック(0) |

自滅を目指す思考の原因
guyver1092
 原発推進派は、自分自身を洗脳しているのかも知れませんね。自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するためです。当然自己洗脳している者は、原子力村のトップ連中だけではなく、裾野の原子力関連産業で生活を成り立たせている者もです。この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。これは突き詰めると、経済成長路線にも関連しているのでしょう。すなわち、「原子力発電は、経済成長に欠かせないものである。」のでしょう。
 脱経済成長は、脱原発でもあると考えます。

Re:自滅を目指す思考の原因
雑草Z
>自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するため

 直ぐに自己を洗脳出来るのは、幸せな方かも知れませんね。自己正当化が上手いというか、理性で考えることを放棄しているというか・・・

>この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。

そうですね。全くお門違いで反論にならないコメントばかりです。単純に(騙されて?、思い込んで?)自己正当化する連中は、理性で思考することを放棄しているからあんなコメントを恥ずかしくもなく出来るのでしょうね。
・・あんな反論になっていない脱力コメントでは、脱原発派は勿論の事、ニュートラル派も如何に原発推進の理がないかを確認するだけですね。ギャグ効果の自滅ですね。(笑)

私も原発は経済成長主義の典型的な自滅の例だと考えています。

>脱経済成長は、脱原発でもある

私も全くの同感です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自滅を目指す思考の原因
 原発推進派は、自分自身を洗脳しているのかも知れませんね。自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するためです。当然自己洗脳している者は、原子力村のトップ連中だけではなく、裾野の原子力関連産業で生活を成り立たせている者もです。この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。これは突き詰めると、経済成長路線にも関連しているのでしょう。すなわち、「原子力発電は、経済成長に欠かせないものである。」のでしょう。
 脱経済成長は、脱原発でもあると考えます。
2011/09/03(Sat) 19:33 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:自滅を目指す思考の原因
>自己洗脳の目的は、自分の生活を支えている、自分の職業をを正当化するため

 直ぐに自己を洗脳出来るのは、幸せな方かも知れませんね。自己正当化が上手いというか、理性で考えることを放棄しているというか・・・

>この裾野連中が原発推進の脱力コメントをしているように思います。

そうですね。全くお門違いで反論にならないコメントばかりです。単純に(騙されて?、思い込んで?)自己正当化する連中は、理性で思考することを放棄しているからあんなコメントを恥ずかしくもなく出来るのでしょうね。
・・あんな反論になっていない脱力コメントでは、脱原発派は勿論の事、ニュートラル派も如何に原発推進の理がないかを確認するだけですね。ギャグ効果の自滅ですね。(笑)

私も原発は経済成長主義の典型的な自滅の例だと考えています。

>脱経済成長は、脱原発でもある

私も全くの同感です。
2011/09/04(Sun) 01:55 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。