-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-07-29 00:02
 ~パーキンソンの法則さえ超えた愚行~

現代社会はパーキンソンの法則の悪しき例で満ちています。官僚機構、経済機構、公共工事・・・経済成長主義もある意味パーキンソンの法則の悪しき部分で成り立っていると言えましょう。その経済成長優先主義の象徴である原発は、パーキンソンの法則がかなりの部分で当てはまる最悪の例と言えますが、パーキンソンの法則では語れない部分も沢山あります。。

第二次世界大戦後の経済復興の為の電力の不足を補う為に、また、天然資源に乏しい日本が自主エネルギーも確保する、と言う名目で原発は国策として推進されてきました。読売新聞をはじめとするメディアで「夢のエネルギー」としてプロパガンダされていきました。しかし皮肉な事に、国産資源と期待された人形峠のウラン鉱は採算割れで閉山。原発に対する不信感から大規模な原発立地反対運動も起こり、国民の認識も夢のエネルギーから、最悪の迷惑施設へと転落し始めた頃に原発は稼働を始めます。この時点で水力や火力の発電所も十分に建設されて稼働して電力を供給していて、あんまり原発の必要性は無くなっていました。つまり原発は、その大々的なプロパガンダの内容に反して、稼働を開始した時点で、お荷物的部分が既にあったのです。

ここで改めて、エネルギー使用に関してパーキンソンの法則を当てはめてみますと
「エネルギーの使用は、供給可能な限界まで使うように消費は膨張する」
と言う事になりましょうか。
いわゆる高度成長時代に、エネルギーの需要増大の見込みに従って、石油がどんどん輸入され、発電所もどんどん増やされて、エネルギー供給量がどんどん増え、それに従って石油や電力を湯水のごとく使って大量にエネルギーを消費する産業が育てられていきました。人々の生活もより多くのエネルギーを浪費するライフスタイルに変貌を遂げていきます。「産業や生活が石油や電力にドーピングされて、浪費の方向に成長してきた」・・・と言えましょう。これは広くパーキンソンの法則と解釈出来ます。
そして、石油の枯渇が心配されて、原発が導入された事になっています。原発もエネルギー使用のパーキンソンの法則に従ってきた部分もありますが、パーキンソンの法則からはかなり外れている部分もあります。原発が稼働を始めた1970年代以降、電力供給は十分に足りているのに新たな原発がどんどん建設されていきました。原発の出力調整の難しさから、深夜電力が余り、原発スペシャルの電力の使い道・・・深夜電力の利用・・として、深夜電力温水器が奨励され、深夜営業のお店がどんどん増えて行きます。その代表例がコンビニでしょう。それでも電力が余るから、エネルギー効率の悪い、オール電化住宅が売り込まれ、いつでも冷えたり温められたりしている自動販売機が沢山設置されてきました。それでもまだまだ電力が余るから、沢山作られた火力発電所や水力発電所が停止され、原子力発電所が優先して稼働されてきました。(・・本来ならば、原発には長期の点検が必要ですので、最も稼働率が低い筈なのですが・・・)
パーキンソンの法則に従って使用率が増える事自体も十分に愚かな事ですが、原発は、パーキンソンの法則にさえ従わないくらい必要のないものだったのです。原発は、単純にパーキンソンの法則によっては目一杯の使用率にはならなかったのです。何とか稼働率を上げる為にあの手この手を使ってやっと電力使用の30%ほどまで使用量を高めたのです。だから原発は依存率が30%ではなく、目一杯稼働させてみた稼働率が30%と言うべきなのです。発電能力から言えば20%そこそこなのです。だから、電力使用の30%を原発に依存している・・・と言う言い方自体間違っているのです。


廃炉後の膨大なコストを無視してさえも、原発のコストは高過ぎるのです。純粋にコストの面だけでも最も劣った発電方式ですから、他のリスクを考慮すれば、当然発電のベストミックスには原発のミックス率は0%が最適です。原発によるコストが高過ぎて、日本の電気料金も世界一高いレベルなのです。その為、最近自家発電する企業が増えて、その総発電量は、原発の総発電量を凌ぐほどになりました。その結果ますます原発は必要なくなって来ているのです。つまり、原発は、パーキンソンの法則を超えて、意図的に様々な細工をしなければ必要が無いのです。・・そりゃあそうです。原発は危険過ぎますし、発電コストもかなりの割高、非人道的な被曝労働が必要になりますし、廃炉処理だけでも破綻してしまいます。数百代先の子孫代々にまで大きな付け、負担を回して、子孫に対する大犯罪です。デメリットばかりでメリットなど何もありません。いまだにこんな原発を推進する連中は、大馬鹿者か大罪人と言うべきでしょう。放射能をばら撒く原発は、人間社会、地上のあらゆる生物に対する大犯罪です。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/07/29 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |


アルテミス^^
こんにちは^^

「パーキンソンの法則」これは知りませんでした。この法則をあてはめると仕事をはじめとする企業体、官、公、すべてに当てはまりそうな気がします。

「原発を推進する連中は大馬鹿ものか大罪人」←雑草さんもかなり辛口なご意見をおもちですね^^;
怒りはごもっとも、まさにその通りだと私も思います。最近、菅総理が脱原発を公言するようになりましたが、本当だったらいいと思います。総理大臣をマスコミはよくバッシングしていますが、それに見合うだけの真実を民に対して報道しているか否か?を考えると大した情報を流していないと感じました。

よく文句を垂れるわりに、「実際にやってみてくださいよ」とお願いすると尻込みするか、若しくは無理だとかいって逃げる人いますよね。

同じ言葉でも、文字にするとわからないですが、日頃の行いに基づいた意見と、思いつきの意見とマスコミは分けて流すべきだと感じます。政治家にはせめて数世代先の国家繁栄を念頭に活動してほしいです。

Re:
雑草Z
    アルテミス^^さん

 最近、いつも新たな記事にコメント頂き有難うございます。
実は、「パーキンソンの法則」という言葉を知ったのは、数年前に読んでいる本に書いてあったからです。そのずっと以前から、組織拡大とその維持のために、どんどん不要な仕事が増えて、環境破壊が助長されていってること、現代社会の経済成長主義は、浪費の拡大再生産をしている事・・が非常に問題だと考えていました。それをいつか記事にしようと思っていたら、「パーキンソンの法則」を見つけたわけです。
 おっしゃるように、企業体、官、公、すべてに当てはまりそうな感じですが、やはり自分たちで稼いだお金ではなく、税金を使う分野に特に当てはまりますね。
 原発にも当てはまる部分が沢山あるのですが、一方原発は、組織だけが肥大化して、原発そのものは不要なお荷物のままです。・・まあ、公共工事はみんなそんな部分がありますが、・・原発が特に酷いと思います。それを「超パーキンソンの法則」と表現させて頂きました。

>原発を推進する連中は大馬鹿ものか大罪人

いずれ原発は、最悪の社会の害毒であったと評価されることは間違いありません。何故なら理性で考えて、まともなメリットが何もないのですから。
 それをわからずに推進派に躍らされて推進している連中は大馬鹿者、知ってて利権のために推進している輩は大罪人という事です。原発はいろいろ複雑なことなどありません。推進派が複雑にして誤魔化そうとしているだけです。

>政治家にはせめて数世代先の国家繁栄を念頭に活動してほしいです。

全くその通りですが、そのような政治家はほとんど見当たりませんね。数世代先の事を考えたら脱成長しか無い筈です。NA(ネイティヴ・アメリカン、アメリカ・インディアン)は、7代先の事まで考えて決めていた。。。というから素晴らしいです。


払っているコスト
guyver1092
 人類が手にしたエネルギー、資源のすべてを使いきるのは、あるいは生物の本能の部分かもしれませんが、この様な行動がどのようなコストを払って成り立っているのか考えている人はどれだけいるのでしょうか。
 恐竜時代に、人類の祖先である哺乳類は寿命を引換に進化の速度を選び、生き延びましたが、私には現在人類が採用している資本主義と重なって見えます。即ち、地球の生態系の寿命と引換に高い経済成長率と、高度な技術開発力を手に入れているのではないかと。

Re:払っているコスト
雑草Z
    guyver1092さん

 考えさせられる内容です。

>地球の生態系の寿命と引換に高い経済成長率と、高度な技術開発力を手に入れているのではないか

なるほど、鋭い御指摘です。そのような事を言えると思います。失う生態系の寿命は大き過ぎて、その引き換えに得る高い経済成長と技術開発は、社会を破滅に導くもので、全然素晴らしいものではない事に、人類はいつ気がつくのでしょうね?

>払っているコスト

は、得るものに比べて途方もなく大き過ぎて、全く割に合いません。そこをみんなにしっかり考えて欲しいものです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは^^

「パーキンソンの法則」これは知りませんでした。この法則をあてはめると仕事をはじめとする企業体、官、公、すべてに当てはまりそうな気がします。

「原発を推進する連中は大馬鹿ものか大罪人」←雑草さんもかなり辛口なご意見をおもちですね^^;
怒りはごもっとも、まさにその通りだと私も思います。最近、菅総理が脱原発を公言するようになりましたが、本当だったらいいと思います。総理大臣をマスコミはよくバッシングしていますが、それに見合うだけの真実を民に対して報道しているか否か?を考えると大した情報を流していないと感じました。

よく文句を垂れるわりに、「実際にやってみてくださいよ」とお願いすると尻込みするか、若しくは無理だとかいって逃げる人いますよね。

同じ言葉でも、文字にするとわからないですが、日頃の行いに基づいた意見と、思いつきの意見とマスコミは分けて流すべきだと感じます。政治家にはせめて数世代先の国家繁栄を念頭に活動してほしいです。
2011/07/30(Sat) 13:12 | URL  | アルテミス^^ #-[ 編集]
Re:
    アルテミス^^さん

 最近、いつも新たな記事にコメント頂き有難うございます。
実は、「パーキンソンの法則」という言葉を知ったのは、数年前に読んでいる本に書いてあったからです。そのずっと以前から、組織拡大とその維持のために、どんどん不要な仕事が増えて、環境破壊が助長されていってること、現代社会の経済成長主義は、浪費の拡大再生産をしている事・・が非常に問題だと考えていました。それをいつか記事にしようと思っていたら、「パーキンソンの法則」を見つけたわけです。
 おっしゃるように、企業体、官、公、すべてに当てはまりそうな感じですが、やはり自分たちで稼いだお金ではなく、税金を使う分野に特に当てはまりますね。
 原発にも当てはまる部分が沢山あるのですが、一方原発は、組織だけが肥大化して、原発そのものは不要なお荷物のままです。・・まあ、公共工事はみんなそんな部分がありますが、・・原発が特に酷いと思います。それを「超パーキンソンの法則」と表現させて頂きました。

>原発を推進する連中は大馬鹿ものか大罪人

いずれ原発は、最悪の社会の害毒であったと評価されることは間違いありません。何故なら理性で考えて、まともなメリットが何もないのですから。
 それをわからずに推進派に躍らされて推進している連中は大馬鹿者、知ってて利権のために推進している輩は大罪人という事です。原発はいろいろ複雑なことなどありません。推進派が複雑にして誤魔化そうとしているだけです。

>政治家にはせめて数世代先の国家繁栄を念頭に活動してほしいです。

全くその通りですが、そのような政治家はほとんど見当たりませんね。数世代先の事を考えたら脱成長しか無い筈です。NA(ネイティヴ・アメリカン、アメリカ・インディアン)は、7代先の事まで考えて決めていた。。。というから素晴らしいです。
2011/07/30(Sat) 17:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
払っているコスト
 人類が手にしたエネルギー、資源のすべてを使いきるのは、あるいは生物の本能の部分かもしれませんが、この様な行動がどのようなコストを払って成り立っているのか考えている人はどれだけいるのでしょうか。
 恐竜時代に、人類の祖先である哺乳類は寿命を引換に進化の速度を選び、生き延びましたが、私には現在人類が採用している資本主義と重なって見えます。即ち、地球の生態系の寿命と引換に高い経済成長率と、高度な技術開発力を手に入れているのではないかと。
2011/07/31(Sun) 21:25 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:払っているコスト
    guyver1092さん

 考えさせられる内容です。

>地球の生態系の寿命と引換に高い経済成長率と、高度な技術開発力を手に入れているのではないか

なるほど、鋭い御指摘です。そのような事を言えると思います。失う生態系の寿命は大き過ぎて、その引き換えに得る高い経済成長と技術開発は、社会を破滅に導くもので、全然素晴らしいものではない事に、人類はいつ気がつくのでしょうね?

>払っているコスト

は、得るものに比べて途方もなく大き過ぎて、全く割に合いません。そこをみんなにしっかり考えて欲しいものです。
2011/08/01(Mon) 20:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。