-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-07-17 00:13
旧ソビエト連邦は、共産圏での覇権国としての力を失いつつあった時期に、チェルノブイリ事故が起き、アメリカと並ぶ2大超大国の座を完全に降りただけでは済まず、国力が衰えて崩壊してしまいました。
日本も経済大国の座を降りつつあったこの時期に、今回の原発震災が起こり、国力が一気に落ちました。海外の多くの国からは、もう完全に経済大国の座から落ちたと見なされている事でしょう。勿論、今回の災害は原発事故だけではなく,津波の災害も非常に甚大でしたが、津波の被害だけなら、10年を目処に復興出来た可能性が高いでしょう。今回の震災よりも被害の規模の小さかった阪神大震災はもとより、第二次世界大戦の敗戦後でさえ、10年で、十分に復興出来たのですから。日本人は粘り強い民族です。
しかし、原発事故はまだまだ予断を許さない状況です。放射能汚染も次々に深刻な実態が明らかにされてきています。いまだに終息の目処も立ちません。一応の収束まででも数年はかかるでしょう。これからチェルノブイリよりも深刻な事態になる可能性も小さくないでしょう。10年後も日本のあちこちが放射能汚染だらけで、居住不可能地域も広く存在するでしょう。日本の政府の希望的復興ビジョンとは裏腹に、もう経済大国の座に戻る事はないでしょう。
そう、3.11を境に日本は経済大国の座を滑り落ちて、一挙に放射能汚染大国になったのです。経済大国の地位が素晴らしいとは考えていませんので、経済大国で無くなったこと事自体は残念と言うよりも寧ろ歓迎致します。しかし、日本は、これから数十年以上の長きに渡って放射能と格闘していかなければならなくなったのです。無念の極みです。

東北地方は食料の生産地として非常に重要な地域でした。日本の都道府県で、食料自給率が100%を超えるか、それに近い値(80%以上)となるのは、北海道と東北だけです。その東北や関東が、福島原発周辺を中心に、広い地域が放射能で汚染され、農作物への影響も沢山出ています。これからの日本は、放射能汚染によって、人体の直接の影響だけではなく、食料問題も深刻になるのです。何とも憂鬱な事態です。

もともと日本での年間平均被曝量は、世界平均の年間2.4mSvよりも少ない、1.5mSv 程度でした。しかし、福島原発事故以来、放射線被曝量は世界でも指折り・・人工放射線被曝量は世界でダントツの1位になった事でしょう。大気中への放射性物質の放出量は、今のところ、チェルノブイリの七分の一くらいであると言われていますが、国土の広さから考えれば日本の国土の放射能汚染密度の方が遥かに大きいと言えましょう。地下水、海水への漏れ出しまで考えれば,チェルノブイリを超える可能性も小さくないでしょう。4ヶ月経過した今も、放射能漏れを止めることは出来ていないのです。そして、日本国内のみならず、世界中に放射性物質を撒き散らしているのです。

原状回復は全く無理です。日本に住んでいる人々は、今後数十年にわたって放射能汚染の心配をしながら生活をしなければなりません。その間にまた原発事故が起こらなくても、稼働中の原発や廃炉処理中の原発、廃炉自体、使用済み核燃料・・・等から放射能が漏れて、放射能汚染はますます酷くなるかも知れません。日本の原発密度は世界一です・・。
 3.11以降、望むと望まざるとに関わらず、日本は経済大国の座から落ちました。その代わり、憂鬱な放射能汚染大国、被曝大国となってしまったのです。


 作物に放射線を浴びせて品種改良等が行われていますが、日本は国中至る所、放射線による突然変異の研究所のようになってしまいました。それも作物ばかりか、あらゆる生物で、急性の影響が出ない程度のあらゆる放射線の強度での実験場と化してしまいました。その実験により、優れた品種も現れ無いとは言えませんが、圧倒的に放射線の犠牲になる生物のほうが多いでしょう。体内被曝は、遺伝子に時差を置いてちょっとずつ爆発する時限爆弾を仕掛けられたようなものです。もともと原子力は、放射能によって社会を破壊するプログラムを内蔵していたのです。

ちなみに「日本が経済大国となれたのは、原発があったからこそ」・・・と、声を大にして言う輩が沢山いますが、愚の極みです。確かに、日本の発電総量の30%以上が原発であった時期もありましたが、その時もわざわざ原発の稼働率を上げる為に、火力や水力発電を休んでいたのです。火力や水力がフル稼働していたら、原発の発電割合は遥かに低かったでしょう。本当に原発が必要な時期があったかどうかも怪しいところです。
もし仮に、原発が日本の経済を牽引していた時期があったとしても、それは、原発の特性として、膨大な付けを末代までの子孫に回して、前倒しで電力を使い、高々30%のバブリーな電力を30~40年、2、3世代で使い切っただけです。その後の気の遠くなるような永久に近い年月(数万年以上)を数百世代が、放射能の恐怖に怯えながら、管理するのです。つまり、割に合わない代償を払い続けなければならないと言う事です。・・それも人類の歴史が続けば・・の話です。早急に原発を止めなければ、人類は滅んでしまう可能性が高いでしょう。今回の福島原発の事故は、これから延々と続く、放射能との戦いの前哨戦なのかも知れません。これ以上負の遺産・・・放射性廃棄物を増えさせては、後に続く世代が安心して生活出来る場所が無くなってしまいます。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/07/17 00:13】 | 原子力 トラックバック(0) |

国家戦略
guyver1092
 現在までの政府の対策を見ていると「日本政府の国家戦略は、福島の放射性物質を食料等を通じて日本全土にばらまくのが目的である。」との嫌味を言いたくなるような後手後手の対策ばかりです。まるで東北の第一次産業従事者は、すべて飢え死にせよといっているような政策ばかりです。藤波心さんのブログコメントで見たのですが、東北の第一次産業の生産物は、すべて東電の責任において買い上げ、東北の第一次産業従事者の生活を保証し、販売は東電の責任において放射能を測定して販売せよとの意見がありましたが、私もこれに賛成です。汚染をまき散らした東電が、この件に関して何も責任が問われないのは納得行きません。東電がつぶれるなどという意見は資本主義の自己責任の原則からも異常な考え方です。近代法では他人に害を与えたものは損害賠償しなければならず、倒産するからという理由では免責になりません。

Re:国家戦略
雑草Z
    guyver1092 さんの考察どうりですね。過去にメルトダウンを起こしたアメリカやソ連と比べても、最悪の対応で、過去の経験が全く生かされていません。原発に関しては、日本は3流国である事を露呈していますね。(原発の一流国だからっていいわけではありませんが、スリーマイル島やチェルノブイリの事故の時は、「日本はあんな杜撰な事はやらない」・・・と言っておいて、それ並みの対策も出来ないのですから、はじめから原発をやってはいけなかった事が改めてわかりました。これほどまで間抜けな対策しか出来ない事が一番の想定外です。)

>東北の第一次産業の生産物は、すべて東電の責任において買い上げ、東北の第一次産業従事者の生活を保証し、販売は東電の責任において放射能を測定して販売せよ

私も当然そのようにすべきだと思います。
東電は潰れて然るべきでしょうね。潰れたから電気の供給が出来なくなるわけではなく、東電の設備を引き取った他のいくつかの会社が運営するだけでしょう。東電の役員や東電の役員から自民党の議員になった連中達は、今回の事故=人災 を見ても、みんなA級戦犯レベルです。責任の所在を明らかにすべきです。

放射能汚染
地下水
 福島の東半分が機能不全になってしまいました。
 出荷された汚染牛が578頭を超えてまだまだ増えており、ついに福島全体の肉牛の出荷が停止されました。積んであった飼料の稲ワラからは最大で基準の520倍の放射能汚染が検出されました。輸入飼料の指導を受けた畜産農家は、飼料だけで毎月80万円かかるのに、収入が無くなり、生活の目どが絶たれてしまいました。
 福島の10人の子供をフランスが調べたところ、全員の小便から放射性セシウムが検出され、内部被曝が考えられる事が明らかになってきています。日本の厚生省はまだ全員の検査を行なっていないが一体何をしているのでしょうか。検査すれば全員から検出されるのではないでしょうか。米国は原発事故から80キロ圏内は退避命令を出していますが、日本政府もそれに速やかに従うべきだったのではないでしょうか。子供のいる家族は疎開が必要ではないでしょうか。福島被曝センターや癌センターの開設が急がれます。
 今事故現場で働いている2千人は14年後までには癌になり亡くなるでしょう。チェルノブイリ周辺より福島は人口が多く農業も漁業も産業も多いので、汚染の被害はそれより多くなります。
 原発廃炉の世界平均は22年ですが、日本は30年を法令でさらに延ばして40年にしています。耐震基準も震度5程度までで作られている様です。今後も日本の各地にある原発でも放射能漏れ事故が考えられます。通常でも炉心メンテナンスの作業者の被曝は必要な犠牲として目をつむっていますし、大量の放射性廃棄物の10万年に及ぶ必要な管理が可能でないし、大きな負債になる事にも目をつむっています。

Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん、お久し振りのコメント有難う御座います。
 今回の稲藁汚染も、牛肉の汚染も、政府の対策が悪かった事に他ならないでしょう。3.11のすぐ後に、安全宣言などしてないで、即座に耕地にシートを被せるなりして、原発も生かそうなんて考えずに直ちに安全な廃炉処理だけに専念すればここまで大事に至らなかったでしょう。日本の対策は、スリーマイル島よりもチェルノブイリよりも遥かに杜撰な酷いものです。・・・推進派は、日本はアメリカやソ連のような事故は起こさないし、対策もあれほど酷くは無い・・・とプロパガンダしていた筈です。推進派のトップクラスは全員切腹ものでしょう。
 この期に及んでも原発再開などと言っている連中は身勝手過ぎると言うよりも、狂っていると言うべきでしょうか。

 おっしゃるように福島の人の多くが内部被曝をし、大変な事になりそうです。


アルテミス
まさに日本はおっしゃる通りの内容だと思います。
チェルノブイリより深刻なことは水でしょうね。
これだけ海に囲まれた地域で海水にあれだけの汚染水を流してしまった。魚や海産物のハザードマップもしっかりしておかないと。海水浴どころじゃないはずです。

福島の人がしっかり避難すれば、税収が減るので必然的に上に立つ人や税収で生活している方々の目がさめるのでよいと思います。ただ、福島県の多くの地域が夕張のように破綻してしまうと感じます。どうも政府や地域の対応を見ているとこれを避けることを優先しているような気がしてなりません。アイソトープ法に謳ってある「有事の際は人命最優先」の一文はしょせん絵に描いた餅なのでしょう。

Re:
雑草Z
    アルテミス さん

 二つの記事へ続けてのコメント有難う御座います。

>チェルノブイリより深刻なことは水でしょうね。

そうですね。かなり隠蔽されているようですが、深刻な事態に陥りそうで怖いですね。

>海水浴どころじゃないはずです。

こんなにどこの海水浴場を安全宣言して大丈夫なのでしょうか?・・・農作物の二の舞になりそうです。

>福島県の多くの地域が夕張のように破綻してしまうと感じます。どうも政府や地域の対応を見ているとこれを避けることを優先しているような気がしてなりません。

おっしゃる通りだと思います。地域の破綻だけではなく、損害賠償が多大になり過ぎるから、したくない・・・と言う部分も大きいでしょう。

>アイソトープ法に謳ってある「有事の際は人命最優先」

ちゃんとこのような文言まであるのに、国(官僚、政治家・・)は、自分達の体面や利権のほうが大切のようです。このような人達が真の公僕にはなり得ないでしょう。



Re:Re:放射能汚染
地下水
 現在、放射性廃棄物は、燃えカス燃料棒の高レベル廃棄物だけで3万トンになり、六ヶ所村も東海村ももう一杯で、3百メートル地下に地層処分しようとしています。その実験施設は、何と所々から、うるわしい地下水が漏れ出し、湿度百パーセントで、こんな所に埋めたら、放射能汚染が地下水を通じて広がってしまいます。何と管理予算は百年しかし無いで、後は放置。何と、この燃えカス棒は、近づくだけで放射線で即死する危険さであり、安全に成るのに、十万年から百万年もかかる、その間に発熱したり腐食したり、地殻変動があったりで、もう管理なんて絶対無理です。自然の中では除毒される事は無く、回り回って、あちこち汚染するだけです。(^^;
 おかしいぞ、腐葉土からワラより桁違いな放射能が検出されて、家庭菜園用に広く売られてしまいました。人の楽しみを踏みにじるとは、犯罪的です。福島も宮城も岩手まで肉牛出荷が禁止されてしまいました。ちょっと政府発表よりも放射能汚染の量が多過ぎます。どうなってるのでしょう。(^^;;



Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん
 
 使用済み核燃料の再処理、高速増殖炉計画は既に実質破綻しています。・・万が一出来ても数十年先ですし、その放射性廃棄物のレベルは高過ぎて、処理がもっと困難になるだけです。
 ここのところは、電力会社も、六ヶ所村などを使用済み核燃料のプールとして使いたいだけだったのでしょうが、それも満杯になり、現在国内原発17か所の敷地内に使用済み核燃料が貯蔵されています。福島原発も貯蔵率が80%を超えていました。六ヶ所村、東海村は、放射性廃棄物の最終処分場になるでしょう。青森県は、それなら約束が違う・・あくまでも、再処理の為の一時的なプールと言う話だっただろう・・と言う事で、使用済み燃料を各原発立地へ持ち帰れ・・と言う事になれば、全国の原発は即停止しなければなりません。
そこのところをまともに議論しないのは杜撰過ぎます。
 何れにしても、日本はこれから(半)永久的に、使用済み核燃料の恐怖にさらされ、戦っていかなければならないのです。何とも憂鬱な現実です。

Re:Re:Re:Re:放射能汚染
地下水
 えらい事です。保安院の発表で、放射性セシウムが広島型原爆の168倍も流出していた事が報道されました。以前、私の概算で48倍と言って、雑草Z管理人さんに、この手の数値は、と言われていましたが、それより4倍近く多いかもしれません。一般被曝者41万人。作業員の何らかの病気9万人、内死者6千人と概算していましたが、その4倍になる可能性もあるかもしれません。(^^;;;

Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん

そうですか。・・そんな発表があったのですね。
いよいよもってチェルノブイリの汚染を超えそうですね。
チェルノブイリは、メルトダウンは一基ですが、福島は3基ですし、日本は使用済み燃料プールと言うとんでもない代物が建て屋の上の方にあったのですから・・・そんな杜撰な事をしていたなんて酷過ぎるお話です。六ヶ所村が引き取らなくなった段階で、原発は停止すべきでした。・・完全な人災です。
 最近話題になったECRR(欧州放射線リスク委員会)の科学議長クリストファー・バズビー氏のインタビューの通り、悲惨な状況ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=ONpt1J43YWk&feature=player_embedded

Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
地下水
 福島の近くを計測したバズビーさんも、恐くて裁判の参考発言を求められても次は日本には行かないで、映像で助言すると言っておられますね。
 チェルノブイリでは、ウクライナ・ベラルーシ・ロシアが被曝しましたが、ウクライナだけをとっても人口が5200万人だったのが、2010年には約4500万人にまで減少していますので、日本も一割以上人口が減る事を覚悟する必要があります。(^^;
 また、チェルノブイリ事故前のウクライナにおけるLugyny地区の平均寿命は75歳であったが、事故後、65歳にまで減少しており、特に高齢者の死亡率が高まっていることが分かったそうです。これは放射線およびストレスのかかる状況が長期化したことが大きな要因と見られています。
 従って、福島県周辺の関東や東北の地域は、寿命が1割以上縮む事も覚悟しなければなりません。(^^;;
 この長期に渡る膨大な健康被害と土壌汚染も考えると恐怖にかられます。推進派はこの事がわかってい無いのですね。
 
 原発の寿命の世界平均は22年ですが、日本は法令で40年に延ばしており、実際40年を超える原発も幾つもあり、災害や故障や事故で放射能汚染がさらに広がる危険性が高まっていますね。(^^;;;

 今のままでも、炉心メンテナンスなどの作業者は被曝し、放射性廃棄物は処理場から溢れ、放射能はあちこちで漏れて、行き場の無くなった使用済み燃料の多くは、何と爆発するかもしれない原発の上のプールに、冷やされているのですね。(^^;;;;
 

 

Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
雑草Z
    地下水さん

 いつもこの記事まで遡ってのお返事有難う御座います。
呼応がはっきりして議論し易いです。

>この長期に渡る膨大な健康被害と土壌汚染も考えると恐怖にかられます。

おっしゃる通りです。数十年後先まで影響は顕著に出ると思いますし、遺伝子が損傷すれば代々引き継がれますね…正に恐ろしい事ですし、そこまでの人災を起こしてまで続けようとする推進派には人間の良識を感じられません。

>推進派はこの事がわかってい無いのですね。

わかっててやってるとしたら狂気の沙汰ですが、分からないとしたら大馬鹿者です。・・・どちらにしても非人間的な行動です。

>日本は法令で40年に延ばしており、実際40年を超える原発も幾つもあり、

まさに、福島第一原発1号機がそれですね。東電は、60年使っても大丈夫だと豪語したとか・・・

>行き場の無くなった使用済み燃料の多くは、

この期に及んで原発を止めない推進派は、狂気の沙汰です。こんな人間が沢山いるとは、世も末です。放射能の地下処理は無謀ですが、彼等こそまとめて地下に埋葬しなければなりません。


失敗するとチェルノブイリより多い
地下水
「フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は27日、福島第1原子力発電所の事故で3月21日から7月半ばまでに海に流出した放射性セシウム137の総量が2.71京ベクレルだったとする報告書を発表した。」(MBSニュース)

 2号機だけで、こんなに沢山汚染水を抱えてます。チェルノブイリより汚染物質が多いと言う、雑草Z管理人さんの以前の概算が、また当たっていました。(^^;
「原子力安全・保安院は6月の発表で、事故後4月12日時点までに放出された放射性物質の総量は85万 TBq(85京 Bq)と発表している。(wiki)

 2号機からの高濃度汚染水だけで2万5000トンあって、そのセシウム137の濃度は300万 Bq/cm^3で、ヨウ素131の濃度は0.13億 Bq/cm^3と発表されている。国際原子力事象評価尺度マニュアルの大気放出時ヨウ素換算係数を準用し40を掛ければ、セシウム137のヨウ素等価濃度は1.2億 Bq/cm^3で、この2核種だけで合計濃度は1.33億 Bq/cm^3なので、2万5000トンの2号機汚染水に含まれる2核種の放射性物質総量はそれらの積で、330京 Bqと単純計算される。(wiki)

 (比較:4月5日までに(実際は主に3月14日 - 3月15日に)大気に漏れた放射性物質の量は、ヨウ素131とヨウ素131に換算したセシウム137の合計で、原子力安全・保安院は37京 Bq、原子力安全委員会は63京 Bqと推算したことを4月12日に公表した。チェルノブイリ原子力発電所事故の放出量は520京 Bq。六ヶ所再処理工場におけるクリプトン85の1年間あたり放出申請量が33京 Bq。(wiki)」
 えっ、再処理工場もこんなに放射性物質の放出量が多いの!(^^;;



Re:失敗するとチェルノブイリより多い
雑草Z
    地下水さん

 いつも的確な記事を探しての素早い情報、有難う御座います。やはり海洋汚染は史上最悪ですね。六ヶ所再処理工場の放射性物質の海への放出は以前から問題になっていましたが、地下水さん御指摘のように、ここまで多いとは・・かなり海洋生物にも影響がありそうです。

 大気中に漏れた放射性物質の総量もチェルノブイリの何倍か・・・と言うレベルになってきましたね。
 このたった一つの原発事故で、日本はガタガタですね。勿論本記事に書いた通り、日本は経済大国の座を本当に降りたと言えましょう。放射能汚染大国日本!・・は確定しましたね。 
何とも憂鬱な事です。この期に及んで原発を推進する輩は、悪魔に魂を売ったとしか思えません。

除染への一筋の光明
地下水
 水田でセシウムを米に出さない努力が続いています。肥料過多になりますが、塩化カリウムをまいて、セシウムより先に米に吸わせて、セシウムが入る量を減らします。さらにゼオライトをまいて、セシウムを吸着しますが、他の栄養鉱物も吸着してしまって、米がミネラル不足になる恐れもあります。とどめに顔料のプルシアンブルーが選択的に、溶出した水からセシウムをほとんど吸着するのでまかれました。しかしそれでも土壌の粘土に吸着したセシウムは、吸着除去出来ずに永年土壌に残ってしまいます。
 これらの努力をした福島の農家は、なんと米のセシウムの検査はNDで安全となり、原発爆発一年目で既に、ほとんどセシウムが検出されませんでした。しかし現実は風評被害で売れません。
 さらに除染への研究と風評被害の終息を、農家にまかせきりにするのではなくて、国と東電が、あきらめずに責任を持って急いで行く必要があります。

Re:除染への一筋の光明
雑草Z
    地下水さん

いつも遡って、対応する記事を見つけてのコメント感謝致します。

>水田でセシウムを米に出さない努力が続いています。

福島県では国の農水省と言うよりも、福島県の農林水産部の方々がしっかり指導しているようです。
震災の翌月の4月に、槌田敦さんが福島県の放射能汚染を調べに来た時、田畑のセシウムやストロンチウム対策をアドバイスしたいと言う事で、福島県庁の農水部を訪ねたところ、日曜日にも関わらず、多くの職員が出勤して放射能対策を練っていました。我々の突然の訪問にもしっかり対応してくれて、セシウムにはカリウム、ストロンチウムにはカルシウムで対応する事も既に指導しているようでした。さらに熱心に槌田敦さんに質問していました。たまたまそういうしっかりした方々が対応したのかも知れませんが、予想外にしっかりした福島県の農水部の方々でした。

>是ゼオライトをまいて、セシウムを吸着しますが、他の栄養鉱物も吸着してしまって、米がミネラル不足になる恐れもあります。

お詳しいですね。私はこの辺りの知識はあまりありません。興味深く読ませて戴きました。

>とどめに染料のプルシアンブルーが選択的に、溶出した水からセシウムをほとんど吸着するのでまきます

それは素晴らしい働きですね。これらは最近の研究の成果なのでしょうか?


>これらの努力をした福島の農家は、なんと米のセシウムの検査ははNDで安全となり、原発爆発一年目で既に、ほとんどセシウムが検出されませんでした。

私もこれは凄い事だと思いました。反面、県で調べてNDだった作物が、民間レベルで調べて検出された例もあって、県の調査にちょっと疑いの目も持ちました。果たして風評被害なのか本当なのか・・・。

>しかしそれでも土壌の粘土に吸着したセシウムは、吸着除去出来ずに永年土壌に残ってしまいます。

この問題は非常に難しくて厄介ですね。

>除染への研究と風評被害の終息を、農家にまかせきりにするのではなくて、国と東電が、あきらめずに責任を持って急いで行く必要があります。

おっしゃる通りです。東電なんか放出して他の土壌にくっついた放射性物質の所有権は無いなどととんでもない論法で責任逃れに徹している姿は醜過ぎます。福島県では、農家と県の農林水産部が頑張っています。農家の若者の中にもかなり熱心に研究している方がいます。





後3ヶ月で低濃度汚染水があふれる
地下水
 東電が低濃度汚染水を流す事を決定したもようです。地下水の流入が続いており、汚染処理をした低濃度汚染水が増加しています。外界と隔離されているのでは無かったのですね。後3ヶ月余であふれるので、それまでに低濃度汚染水として海に流すそうですが、漁業組合は当然反対しています。この低濃度汚染水はセシウムはかなり除去していますが、有害なストロンチウムや他の放射線核種については不充分で、まだ危険なままの様です。

Re:後3ヶ月で低濃度汚染水があふれる
雑草Z
 今回の原発事故はチェルノブイリよりも悪い結果になりそうな感じです。少なくとも海洋汚染に関しては最悪の原発事故ですね。

>外界と隔離されているのでは無かったのですね。

地下に遮蔽壁を作らないと無理でしょうね。そしてその為には、現在東電が賠償額として暫定的に決めている4兆円と言う額の倍以上になるから、東電はその気がないようです。どうせ被害の実態把握の頃には自分達は引退していると言う無責任な態度です。東電はお金を限界まで出してから潰れて国家管理にならなければならない道義があります。どうせ福島原発事故がしっかり収束する前には東電は消えるでしょう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
国家戦略
 現在までの政府の対策を見ていると「日本政府の国家戦略は、福島の放射性物質を食料等を通じて日本全土にばらまくのが目的である。」との嫌味を言いたくなるような後手後手の対策ばかりです。まるで東北の第一次産業従事者は、すべて飢え死にせよといっているような政策ばかりです。藤波心さんのブログコメントで見たのですが、東北の第一次産業の生産物は、すべて東電の責任において買い上げ、東北の第一次産業従事者の生活を保証し、販売は東電の責任において放射能を測定して販売せよとの意見がありましたが、私もこれに賛成です。汚染をまき散らした東電が、この件に関して何も責任が問われないのは納得行きません。東電がつぶれるなどという意見は資本主義の自己責任の原則からも異常な考え方です。近代法では他人に害を与えたものは損害賠償しなければならず、倒産するからという理由では免責になりません。
2011/07/17(Sun) 23:41 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:国家戦略
    guyver1092 さんの考察どうりですね。過去にメルトダウンを起こしたアメリカやソ連と比べても、最悪の対応で、過去の経験が全く生かされていません。原発に関しては、日本は3流国である事を露呈していますね。(原発の一流国だからっていいわけではありませんが、スリーマイル島やチェルノブイリの事故の時は、「日本はあんな杜撰な事はやらない」・・・と言っておいて、それ並みの対策も出来ないのですから、はじめから原発をやってはいけなかった事が改めてわかりました。これほどまで間抜けな対策しか出来ない事が一番の想定外です。)

>東北の第一次産業の生産物は、すべて東電の責任において買い上げ、東北の第一次産業従事者の生活を保証し、販売は東電の責任において放射能を測定して販売せよ

私も当然そのようにすべきだと思います。
東電は潰れて然るべきでしょうね。潰れたから電気の供給が出来なくなるわけではなく、東電の設備を引き取った他のいくつかの会社が運営するだけでしょう。東電の役員や東電の役員から自民党の議員になった連中達は、今回の事故=人災 を見ても、みんなA級戦犯レベルです。責任の所在を明らかにすべきです。
2011/07/18(Mon) 11:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
放射能汚染
 福島の東半分が機能不全になってしまいました。
 出荷された汚染牛が578頭を超えてまだまだ増えており、ついに福島全体の肉牛の出荷が停止されました。積んであった飼料の稲ワラからは最大で基準の520倍の放射能汚染が検出されました。輸入飼料の指導を受けた畜産農家は、飼料だけで毎月80万円かかるのに、収入が無くなり、生活の目どが絶たれてしまいました。
 福島の10人の子供をフランスが調べたところ、全員の小便から放射性セシウムが検出され、内部被曝が考えられる事が明らかになってきています。日本の厚生省はまだ全員の検査を行なっていないが一体何をしているのでしょうか。検査すれば全員から検出されるのではないでしょうか。米国は原発事故から80キロ圏内は退避命令を出していますが、日本政府もそれに速やかに従うべきだったのではないでしょうか。子供のいる家族は疎開が必要ではないでしょうか。福島被曝センターや癌センターの開設が急がれます。
 今事故現場で働いている2千人は14年後までには癌になり亡くなるでしょう。チェルノブイリ周辺より福島は人口が多く農業も漁業も産業も多いので、汚染の被害はそれより多くなります。
 原発廃炉の世界平均は22年ですが、日本は30年を法令でさらに延ばして40年にしています。耐震基準も震度5程度までで作られている様です。今後も日本の各地にある原発でも放射能漏れ事故が考えられます。通常でも炉心メンテナンスの作業者の被曝は必要な犠牲として目をつむっていますし、大量の放射性廃棄物の10万年に及ぶ必要な管理が可能でないし、大きな負債になる事にも目をつむっています。
2011/07/19(Tue) 21:10 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:放射能汚染
    地下水さん、お久し振りのコメント有難う御座います。
 今回の稲藁汚染も、牛肉の汚染も、政府の対策が悪かった事に他ならないでしょう。3.11のすぐ後に、安全宣言などしてないで、即座に耕地にシートを被せるなりして、原発も生かそうなんて考えずに直ちに安全な廃炉処理だけに専念すればここまで大事に至らなかったでしょう。日本の対策は、スリーマイル島よりもチェルノブイリよりも遥かに杜撰な酷いものです。・・・推進派は、日本はアメリカやソ連のような事故は起こさないし、対策もあれほど酷くは無い・・・とプロパガンダしていた筈です。推進派のトップクラスは全員切腹ものでしょう。
 この期に及んでも原発再開などと言っている連中は身勝手過ぎると言うよりも、狂っていると言うべきでしょうか。

 おっしゃるように福島の人の多くが内部被曝をし、大変な事になりそうです。
2011/07/19(Tue) 23:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
まさに日本はおっしゃる通りの内容だと思います。
チェルノブイリより深刻なことは水でしょうね。
これだけ海に囲まれた地域で海水にあれだけの汚染水を流してしまった。魚や海産物のハザードマップもしっかりしておかないと。海水浴どころじゃないはずです。

福島の人がしっかり避難すれば、税収が減るので必然的に上に立つ人や税収で生活している方々の目がさめるのでよいと思います。ただ、福島県の多くの地域が夕張のように破綻してしまうと感じます。どうも政府や地域の対応を見ているとこれを避けることを優先しているような気がしてなりません。アイソトープ法に謳ってある「有事の際は人命最優先」の一文はしょせん絵に描いた餅なのでしょう。
2011/07/20(Wed) 06:18 | URL  | アルテミス #-[ 編集]
Re:
    アルテミス さん

 二つの記事へ続けてのコメント有難う御座います。

>チェルノブイリより深刻なことは水でしょうね。

そうですね。かなり隠蔽されているようですが、深刻な事態に陥りそうで怖いですね。

>海水浴どころじゃないはずです。

こんなにどこの海水浴場を安全宣言して大丈夫なのでしょうか?・・・農作物の二の舞になりそうです。

>福島県の多くの地域が夕張のように破綻してしまうと感じます。どうも政府や地域の対応を見ているとこれを避けることを優先しているような気がしてなりません。

おっしゃる通りだと思います。地域の破綻だけではなく、損害賠償が多大になり過ぎるから、したくない・・・と言う部分も大きいでしょう。

>アイソトープ法に謳ってある「有事の際は人命最優先」

ちゃんとこのような文言まであるのに、国(官僚、政治家・・)は、自分達の体面や利権のほうが大切のようです。このような人達が真の公僕にはなり得ないでしょう。

2011/07/20(Wed) 21:39 | URL  | 雑草Z #2xjZ9wCo[ 編集]
Re:Re:放射能汚染
 現在、放射性廃棄物は、燃えカス燃料棒の高レベル廃棄物だけで3万トンになり、六ヶ所村も東海村ももう一杯で、3百メートル地下に地層処分しようとしています。その実験施設は、何と所々から、うるわしい地下水が漏れ出し、湿度百パーセントで、こんな所に埋めたら、放射能汚染が地下水を通じて広がってしまいます。何と管理予算は百年しかし無いで、後は放置。何と、この燃えカス棒は、近づくだけで放射線で即死する危険さであり、安全に成るのに、十万年から百万年もかかる、その間に発熱したり腐食したり、地殻変動があったりで、もう管理なんて絶対無理です。自然の中では除毒される事は無く、回り回って、あちこち汚染するだけです。(^^;
 おかしいぞ、腐葉土からワラより桁違いな放射能が検出されて、家庭菜園用に広く売られてしまいました。人の楽しみを踏みにじるとは、犯罪的です。福島も宮城も岩手まで肉牛出荷が禁止されてしまいました。ちょっと政府発表よりも放射能汚染の量が多過ぎます。どうなってるのでしょう。(^^;;

2011/08/02(Tue) 20:09 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:Re:Re:放射能汚染
    地下水さん
 
 使用済み核燃料の再処理、高速増殖炉計画は既に実質破綻しています。・・万が一出来ても数十年先ですし、その放射性廃棄物のレベルは高過ぎて、処理がもっと困難になるだけです。
 ここのところは、電力会社も、六ヶ所村などを使用済み核燃料のプールとして使いたいだけだったのでしょうが、それも満杯になり、現在国内原発17か所の敷地内に使用済み核燃料が貯蔵されています。福島原発も貯蔵率が80%を超えていました。六ヶ所村、東海村は、放射性廃棄物の最終処分場になるでしょう。青森県は、それなら約束が違う・・あくまでも、再処理の為の一時的なプールと言う話だっただろう・・と言う事で、使用済み燃料を各原発立地へ持ち帰れ・・と言う事になれば、全国の原発は即停止しなければなりません。
そこのところをまともに議論しないのは杜撰過ぎます。
 何れにしても、日本はこれから(半)永久的に、使用済み核燃料の恐怖にさらされ、戦っていかなければならないのです。何とも憂鬱な現実です。
2011/08/03(Wed) 06:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:Re:放射能汚染
 えらい事です。保安院の発表で、放射性セシウムが広島型原爆の168倍も流出していた事が報道されました。以前、私の概算で48倍と言って、雑草Z管理人さんに、この手の数値は、と言われていましたが、それより4倍近く多いかもしれません。一般被曝者41万人。作業員の何らかの病気9万人、内死者6千人と概算していましたが、その4倍になる可能性もあるかもしれません。(^^;;;
2011/08/28(Sun) 15:38 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
    地下水さん

そうですか。・・そんな発表があったのですね。
いよいよもってチェルノブイリの汚染を超えそうですね。
チェルノブイリは、メルトダウンは一基ですが、福島は3基ですし、日本は使用済み燃料プールと言うとんでもない代物が建て屋の上の方にあったのですから・・・そんな杜撰な事をしていたなんて酷過ぎるお話です。六ヶ所村が引き取らなくなった段階で、原発は停止すべきでした。・・完全な人災です。
 最近話題になったECRR(欧州放射線リスク委員会)の科学議長クリストファー・バズビー氏のインタビューの通り、悲惨な状況ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=ONpt1J43YWk&feature=player_embedded
2011/08/28(Sun) 21:32 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
 福島の近くを計測したバズビーさんも、恐くて裁判の参考発言を求められても次は日本には行かないで、映像で助言すると言っておられますね。
 チェルノブイリでは、ウクライナ・ベラルーシ・ロシアが被曝しましたが、ウクライナだけをとっても人口が5200万人だったのが、2010年には約4500万人にまで減少していますので、日本も一割以上人口が減る事を覚悟する必要があります。(^^;
 また、チェルノブイリ事故前のウクライナにおけるLugyny地区の平均寿命は75歳であったが、事故後、65歳にまで減少しており、特に高齢者の死亡率が高まっていることが分かったそうです。これは放射線およびストレスのかかる状況が長期化したことが大きな要因と見られています。
 従って、福島県周辺の関東や東北の地域は、寿命が1割以上縮む事も覚悟しなければなりません。(^^;;
 この長期に渡る膨大な健康被害と土壌汚染も考えると恐怖にかられます。推進派はこの事がわかってい無いのですね。
 
 原発の寿命の世界平均は22年ですが、日本は法令で40年に延ばしており、実際40年を超える原発も幾つもあり、災害や故障や事故で放射能汚染がさらに広がる危険性が高まっていますね。(^^;;;

 今のままでも、炉心メンテナンスなどの作業者は被曝し、放射性廃棄物は処理場から溢れ、放射能はあちこちで漏れて、行き場の無くなった使用済み燃料の多くは、何と爆発するかもしれない原発の上のプールに、冷やされているのですね。(^^;;;;
 

 
2011/10/05(Wed) 14:07 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:放射能汚染
    地下水さん

 いつもこの記事まで遡ってのお返事有難う御座います。
呼応がはっきりして議論し易いです。

>この長期に渡る膨大な健康被害と土壌汚染も考えると恐怖にかられます。

おっしゃる通りです。数十年後先まで影響は顕著に出ると思いますし、遺伝子が損傷すれば代々引き継がれますね…正に恐ろしい事ですし、そこまでの人災を起こしてまで続けようとする推進派には人間の良識を感じられません。

>推進派はこの事がわかってい無いのですね。

わかっててやってるとしたら狂気の沙汰ですが、分からないとしたら大馬鹿者です。・・・どちらにしても非人間的な行動です。

>日本は法令で40年に延ばしており、実際40年を超える原発も幾つもあり、

まさに、福島第一原発1号機がそれですね。東電は、60年使っても大丈夫だと豪語したとか・・・

>行き場の無くなった使用済み燃料の多くは、

この期に及んで原発を止めない推進派は、狂気の沙汰です。こんな人間が沢山いるとは、世も末です。放射能の地下処理は無謀ですが、彼等こそまとめて地下に埋葬しなければなりません。
2011/10/05(Wed) 22:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
失敗するとチェルノブイリより多い
「フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は27日、福島第1原子力発電所の事故で3月21日から7月半ばまでに海に流出した放射性セシウム137の総量が2.71京ベクレルだったとする報告書を発表した。」(MBSニュース)

 2号機だけで、こんなに沢山汚染水を抱えてます。チェルノブイリより汚染物質が多いと言う、雑草Z管理人さんの以前の概算が、また当たっていました。(^^;
「原子力安全・保安院は6月の発表で、事故後4月12日時点までに放出された放射性物質の総量は85万 TBq(85京 Bq)と発表している。(wiki)

 2号機からの高濃度汚染水だけで2万5000トンあって、そのセシウム137の濃度は300万 Bq/cm^3で、ヨウ素131の濃度は0.13億 Bq/cm^3と発表されている。国際原子力事象評価尺度マニュアルの大気放出時ヨウ素換算係数を準用し40を掛ければ、セシウム137のヨウ素等価濃度は1.2億 Bq/cm^3で、この2核種だけで合計濃度は1.33億 Bq/cm^3なので、2万5000トンの2号機汚染水に含まれる2核種の放射性物質総量はそれらの積で、330京 Bqと単純計算される。(wiki)

 (比較:4月5日までに(実際は主に3月14日 - 3月15日に)大気に漏れた放射性物質の量は、ヨウ素131とヨウ素131に換算したセシウム137の合計で、原子力安全・保安院は37京 Bq、原子力安全委員会は63京 Bqと推算したことを4月12日に公表した。チェルノブイリ原子力発電所事故の放出量は520京 Bq。六ヶ所再処理工場におけるクリプトン85の1年間あたり放出申請量が33京 Bq。(wiki)」
 えっ、再処理工場もこんなに放射性物質の放出量が多いの!(^^;;

2011/10/29(Sat) 20:01 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:失敗するとチェルノブイリより多い
    地下水さん

 いつも的確な記事を探しての素早い情報、有難う御座います。やはり海洋汚染は史上最悪ですね。六ヶ所再処理工場の放射性物質の海への放出は以前から問題になっていましたが、地下水さん御指摘のように、ここまで多いとは・・かなり海洋生物にも影響がありそうです。

 大気中に漏れた放射性物質の総量もチェルノブイリの何倍か・・・と言うレベルになってきましたね。
 このたった一つの原発事故で、日本はガタガタですね。勿論本記事に書いた通り、日本は経済大国の座を本当に降りたと言えましょう。放射能汚染大国日本!・・は確定しましたね。 
何とも憂鬱な事です。この期に及んで原発を推進する輩は、悪魔に魂を売ったとしか思えません。
2011/10/29(Sat) 20:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
除染への一筋の光明
 水田でセシウムを米に出さない努力が続いています。肥料過多になりますが、塩化カリウムをまいて、セシウムより先に米に吸わせて、セシウムが入る量を減らします。さらにゼオライトをまいて、セシウムを吸着しますが、他の栄養鉱物も吸着してしまって、米がミネラル不足になる恐れもあります。とどめに顔料のプルシアンブルーが選択的に、溶出した水からセシウムをほとんど吸着するのでまかれました。しかしそれでも土壌の粘土に吸着したセシウムは、吸着除去出来ずに永年土壌に残ってしまいます。
 これらの努力をした福島の農家は、なんと米のセシウムの検査はNDで安全となり、原発爆発一年目で既に、ほとんどセシウムが検出されませんでした。しかし現実は風評被害で売れません。
 さらに除染への研究と風評被害の終息を、農家にまかせきりにするのではなくて、国と東電が、あきらめずに責任を持って急いで行く必要があります。
2011/12/06(Tue) 13:56 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:除染への一筋の光明
    地下水さん

いつも遡って、対応する記事を見つけてのコメント感謝致します。

>水田でセシウムを米に出さない努力が続いています。

福島県では国の農水省と言うよりも、福島県の農林水産部の方々がしっかり指導しているようです。
震災の翌月の4月に、槌田敦さんが福島県の放射能汚染を調べに来た時、田畑のセシウムやストロンチウム対策をアドバイスしたいと言う事で、福島県庁の農水部を訪ねたところ、日曜日にも関わらず、多くの職員が出勤して放射能対策を練っていました。我々の突然の訪問にもしっかり対応してくれて、セシウムにはカリウム、ストロンチウムにはカルシウムで対応する事も既に指導しているようでした。さらに熱心に槌田敦さんに質問していました。たまたまそういうしっかりした方々が対応したのかも知れませんが、予想外にしっかりした福島県の農水部の方々でした。

>是ゼオライトをまいて、セシウムを吸着しますが、他の栄養鉱物も吸着してしまって、米がミネラル不足になる恐れもあります。

お詳しいですね。私はこの辺りの知識はあまりありません。興味深く読ませて戴きました。

>とどめに染料のプルシアンブルーが選択的に、溶出した水からセシウムをほとんど吸着するのでまきます

それは素晴らしい働きですね。これらは最近の研究の成果なのでしょうか?


>これらの努力をした福島の農家は、なんと米のセシウムの検査ははNDで安全となり、原発爆発一年目で既に、ほとんどセシウムが検出されませんでした。

私もこれは凄い事だと思いました。反面、県で調べてNDだった作物が、民間レベルで調べて検出された例もあって、県の調査にちょっと疑いの目も持ちました。果たして風評被害なのか本当なのか・・・。

>しかしそれでも土壌の粘土に吸着したセシウムは、吸着除去出来ずに永年土壌に残ってしまいます。

この問題は非常に難しくて厄介ですね。

>除染への研究と風評被害の終息を、農家にまかせきりにするのではなくて、国と東電が、あきらめずに責任を持って急いで行く必要があります。

おっしゃる通りです。東電なんか放出して他の土壌にくっついた放射性物質の所有権は無いなどととんでもない論法で責任逃れに徹している姿は醜過ぎます。福島県では、農家と県の農林水産部が頑張っています。農家の若者の中にもかなり熱心に研究している方がいます。



2011/12/06(Tue) 18:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
後3ヶ月で低濃度汚染水があふれる
 東電が低濃度汚染水を流す事を決定したもようです。地下水の流入が続いており、汚染処理をした低濃度汚染水が増加しています。外界と隔離されているのでは無かったのですね。後3ヶ月余であふれるので、それまでに低濃度汚染水として海に流すそうですが、漁業組合は当然反対しています。この低濃度汚染水はセシウムはかなり除去していますが、有害なストロンチウムや他の放射線核種については不充分で、まだ危険なままの様です。
2011/12/09(Fri) 20:59 | URL  | 地下水 #4Fa3Cym6[ 編集]
Re:後3ヶ月で低濃度汚染水があふれる
 今回の原発事故はチェルノブイリよりも悪い結果になりそうな感じです。少なくとも海洋汚染に関しては最悪の原発事故ですね。

>外界と隔離されているのでは無かったのですね。

地下に遮蔽壁を作らないと無理でしょうね。そしてその為には、現在東電が賠償額として暫定的に決めている4兆円と言う額の倍以上になるから、東電はその気がないようです。どうせ被害の実態把握の頃には自分達は引退していると言う無責任な態度です。東電はお金を限界まで出してから潰れて国家管理にならなければならない道義があります。どうせ福島原発事故がしっかり収束する前には東電は消えるでしょう。
2011/12/09(Fri) 22:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。