-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2011-07-11 00:12
リープ・フロッグの基本は、原発をスルーする事から
          
 発展途上国[developing country]という言葉は、いわゆる先進国[developed country]を目指して後を追いかけている国と言う意味に使われています。かつては後進国[backward country]とも呼ばれていました。先進国の物質的豊かさは、途上国の犠牲のもとに成り立っています。そして、世界の資源は枯渇に向かっています。世界の人口は増え過ぎて、再生可能な資源の消費のペースはとっくの昔に持続可能なレベルを超えてしまいました。これから全ての途上国が先進国並の物質的豊かさ(・・と言う名の浪費生活・・)を達成する事は物理的にも不可能です。そんなことを目指したら、達成以前に地球の環境に負荷が掛かり過ぎて、世界規模の大崩壊が始まるでしょう。

 ODA等の開発援助も、その建前上の理念に反し殆どが、先進国や途上国の一部の人々の利権の為に行われてきました。これまでの開発援助では、物質的な意味でのみ一部の人々が一時的に「豊かになった」だけで、本当に途上国全体が豊かになった例などないでしょう。途上国での全ての巨大開発は、自然環境を破壊し、住民を追い出し、自給的な生活を破壊してきました。
途上国への原発プラント輸出は、それらの延長線上にあると言えましょう。巨大ダムの建設と同様に、日本をはじめとした先進国が自分の国内では反対運動などにより、建設が難しくなってきたから、途上国に売り込んで儲けようという魂胆です。途上国で原発が完成して運転を始めたら、これまでのどの巨大開発よりも、深刻な未来が待っている事になりましょう。それこそ命取りです。原発を導入した途上国は、見かけ上数年くらいは上手くいくかも知れませんが、その後、手に負い切れなくなるでしょう。そして制御し切れない放射能汚染の半永久的未来が待っているのです。

******************    *  *   *****************

 リープ・フロッグ理論とは、途上国と呼ばれている国が、先進国の技術を導入して追いつこうとするのではなく、先進国よりも進んだ理念の元に、環境を破壊しない技術を使って,先進国を跳び超えてしまおう・・・と言う理論です。先進国の技術は、エネルギー多消費型・人工化学物質依存型であり、環境破壊、汚染が酷く、安全でもありません。今は刹那的に便利な生活を享受していても、これから得られた便利さ以上の代償を払わなければならないのです。つまり、自ら先進国と自負している国々は、便利さを享受してきた代償として、破壊された自然、出された廃棄物の処理などの問題を解決する為に、便利さを享受した時間よりも遥かに長い間、四苦八苦しなければならないのです。それも、その便利さを直接享受出来なかった未来の世代まで苦しめるのです。
これから発展途上国と呼ばれている国々が、この問題だらけの先進国の技術を導入して「物質的に豊か」になろうとする事は愚の骨頂です。先進国同様「物質的豊かさ」の代償として、かけがえのない自然、環境、安全、平和、コミュニティー・・・を破壊されるのです。
まだ環境問題が先進国ほど深刻化していない発展途上国は、将来の長きにわたってお荷物になる事が間違いのない先進国の刹那的な技術を導入する必要は全くないのです。そんな先進国の技術は導入せずに跳び超えて、環境負荷の小さな技術を初めから導入する、そしていつの間にか途上国が先進国よりも豊かな生活を送る・・・と言う理論がリープ7・フロッグ理論です。勿論それが意味する 『豊かな生活』 とは、GDP=物質的な消費量の多さ の意味ではありません。

*******************    *  *   *********************

原発を導入してしまったら最後です。「放射性廃棄物」と言う重荷、足かせを半永久的に抱える事になるのです。きっと途上国は色々な意味において潰れてしまうでしょう。
今回の原発事故を機に、脱原発に動いている国は沢山あります。まだ原発を導入していない国こそ、これから半永久的に辛い足かせとなる原発の導入は止めて、環境負荷の少ない真の「豊かな生活」に先進国を「跳び超えて」行くべきでしょう。
 レスター・ブラウン博士のもともとの「リープ・フロッグ理論」は読んだ事がありませんので、少しニュアンスが違うかも知れませんが、「跳び蛙」と言う基本的概念は同じでしょう。現在、発展途上国と呼ばれている国々は、原発を跳び超える事こそ先進国を超える跳び蛙になる為の必要条件と言えましょう。自ら「先進国」と呼んでいる国におだてられて、「発展途上国」と呼ばれている国が、その「汚名」を返上して、先進国と名乗っている「環境破壊国」を飛び越えるのです。

大きな不幸中の幸いと申しましょうか、今回の原発震災により日本の政府と企業が一丸となって推進してきた原発の海外輸出計画は全てご破算になりました。まだ原発がない途上国が、じっくりと原発計画の見直しをするチャンスを得たと言えましょう。世界で最初の被爆国である日本は、海外の途上国と呼ばれる国々に原発と言う悪魔のプラントを輸出する愚行を犯して、途上国に最悪の迷惑を掛けなくて済んだと言えましょう。罪を犯す前に天罰が下ってしまった・・・と言ったら理不尽でしょうか?・・・罰を受けるべきは、福島県民ではなく、原発邑の悪魔に魂を売った原子力推進派の人々でしょうから・・。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2011/07/11 00:12】 | 原子力 トラックバック(0) |

科学技術以外
guyver1092
 いわゆる先進国は、科学技術の発展についてほぼ限界に達し、これ以上の向上はそうはないと感じていますが、経済システム上でも限界に達しつつあるといえるでしょう。でなければこうも世界中を震撼さる経済危機がいつまでも燻り続けたりはしないでしょう。
 文明崩壊的に考えると、真にリープ・フロッグ理論を必要としているのは先進国の方でしょう。先進国が現在の己れのあり方を変えることができずに成長の限界に達したとき、先進国という強盗は、発展途上国から直接、資源の強奪を行うでしょうね。

Re:科学技術以外
雑草Z
    guyver1092さん

 確かにいわゆる先進国は、科学技術だけではなく、経済も行き詰っていますね。「資本主義」と言うまやかしの矛盾だらけのシステムはホンの数百年で行き詰ったのは当然の帰結でしょう。かなり以前からガタがきているとも言えましょう。・・それが「限界」と言う事でしょうか。

>文明崩壊的に考えると、真にリープ・フロッグ理論を必要としているのは先進国の方でしょう。

なるほど、そういう発想法も出来ますね。しかし、飛び越える対象がないですね・・・自分自身と言う事になりましょうか?・・・元々のチープ・フロッグ理論は、途上国と呼ばれている国が、「先進国」を追いかけないで飛び越えよ・・・と言う理論でしょうけれど、guyver1092さんは、今先進国自身がいる限界に達した危険な場所=経済成長空間・・から飛び出して、全く逆の価値観の脱成長空間に行かなければならないと言う事ですね!?
 guyver1092さん流の新たな リープ・フロッグ理論 と言えましょうか?・・賛同いたします。

話は戻りますが、途上国は絶対に 原発派は跳び超えるべきだと思いませんか・・?・・・って、どんな国でも原発はスルーすべきでしたね。原発は命取りになる可能性が大ですから・・。


アルテミス
雑草さんこんばんは^^

リープ・フロッグ理論は理想ですね。世の中の枠組みが広がりそうです。原発を飛び越える!この理論や技術はまさに原発を使っていない途上国に利用してほしいです。

放射性廃棄物も問題は今後少なくとも5年以上はつきまとってくるでしょうし、日本人は、みなこの現実と事実から目を背けてはいけないと思います。

これからの豊かさの尺度はGDPでなくGHLになるでしょうね^^

原発は跳び超えるべき
雑草Z
    アルテミスさん

 まだ原発を導入していない国は、絶対に導入すべきではありませんし、原発を作ってしまった日本のように愚かな国は、出来るだけ早く、廃絶すべきです。
 いまだに原発が必要だとか言っている輩は、本当の愚か者以外の何ものでもないでしょう。

放射性廃棄物の問題は、5年どころか、数万年付きまとってきます。人類の歴史が終わるまで・・・と言えましょうか?
福島第一原発の廃炉問題だけで、5年以上は大変な事がある・・と言う事ですね??

>これからの豊かさの尺度はGDPでなくGHLになるでしょうね^^

GHLとは、初めて目にしました。GNH[Gross National Happiness]しか知りませんでした。どんな指標でしょうか?・・でも、私は豊かさの指標なんて要らないと思います。数値化する必要は無いと思います。GDPを浪費指数として解釈するのは一理あると思います。
 



Re:科学技術以外
guyver1092
 原発のスルーは、理性から考えると当然ですね。過去のチェルノブイリ、現在の日本を見て、欲ボケして理性を麻痺させてでもいない限り、原発の経済性は現実としても崩壊しています。日本は欲ボケした理性の麻痺した輩が多すぎますね。
 現在のままの国家戦略で文明崩壊を迎えると、日本はおそらく侵略を始めるでしょうね。

>原発のスルー
雑草Z
    guyver1092さん

>原発の経済性は現実としても崩壊しています

まともに考えればこの事ははっきりわかる筈です。馬鹿な政治家は兎も角、官僚や学者連中がこの事に触れないのは大きな罪でしょう。

>日本は欲ボケした理性の麻痺した輩が多すぎますね。

「電源三法」のような原発の為の税金の無駄遣いが原発利権を助長してきましたね。結局のところ原発利権には、国民の金が使われて、国の借金が増えていくと言う構造をしっかり示すべきですね。原発は、経済的にも環境的にも国家を破綻させる事は、日本だけの事ではないでしょう。まだ原発を導入していない途上国と呼ばれる国も、しっかり現実を直視すべきですね。

>日本はおそらく侵略を始めるでしょうね。

なるほど、それは危険です。しかし、もう日本に侵略される国は無くなってきているのではないでしょうか?経済侵略再び・・・の国力も・・・



アルテミス
雑草さん

おはようございます。お久しぶりになってしまいました。
GHLはおっしゃるとおりGNHを伝えようと思って記載しました
頭の中でグレイトハッピーレベルと勝手に覚えておりましたので…(汗)

放射線の問題は大問題です。5年以上と書いたのはその間に画期的な技術が出てくるのではないか?と勝手に思っているので。国家破綻しているかもしれませんが、日本民族は勤勉で優秀ですから、それくらいのものが出てくると期待してます(他人任せぽいですが・・・)

>放射線の問題
雑草Z
>放射線の問題は大問題です。5年以上と書いたのはその間に画期的な技術が出てくるのではないか?と勝手に思っているので。

 なるほど、絶対不可能とは言い切れ無いかも知れませんね。ただ、無理と言われている核燃料サイクル、高速増殖炉は、技術的な困難ですが、それよりも放射性物質を無放射能化する事のほうが遥かに不可能に近いと思います。何故なら、放射能は、原子核の中性子の数などが、安定状態より多い不安定状態であり、放射線を出す事は必然だからです。その放射能を出さないようにするのは不可能ですし、早く放出させようとするには、周りの物質を放射化するしかないと思います。つまり、無放射能化と言う事は、技術的な問題だけではなく、エントロピーの法則のような物理の根本原理に反するような事になると考えています。
 この問題が解決しないのに、半世紀前に原発は見切り発車されました。推進派の核物理学者達は、放射能の問題を解決すると約束したまま、音沙汰無しです。無責任極まりないと言えましょう。
 予防原則は、不確実な二酸化炭素温暖化説に適応すべきではなく、確実に有害な放射能にこそ予防が必要です。

余談ですが、今回の原発事故を見ると、日本人は勤勉で優秀とは言えないような気がします。少なくとも、原子力技術は、世界の中でも二流以下である事を露呈しました。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
科学技術以外
 いわゆる先進国は、科学技術の発展についてほぼ限界に達し、これ以上の向上はそうはないと感じていますが、経済システム上でも限界に達しつつあるといえるでしょう。でなければこうも世界中を震撼さる経済危機がいつまでも燻り続けたりはしないでしょう。
 文明崩壊的に考えると、真にリープ・フロッグ理論を必要としているのは先進国の方でしょう。先進国が現在の己れのあり方を変えることができずに成長の限界に達したとき、先進国という強盗は、発展途上国から直接、資源の強奪を行うでしょうね。
2011/07/13(Wed) 21:07 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:科学技術以外
    guyver1092さん

 確かにいわゆる先進国は、科学技術だけではなく、経済も行き詰っていますね。「資本主義」と言うまやかしの矛盾だらけのシステムはホンの数百年で行き詰ったのは当然の帰結でしょう。かなり以前からガタがきているとも言えましょう。・・それが「限界」と言う事でしょうか。

>文明崩壊的に考えると、真にリープ・フロッグ理論を必要としているのは先進国の方でしょう。

なるほど、そういう発想法も出来ますね。しかし、飛び越える対象がないですね・・・自分自身と言う事になりましょうか?・・・元々のチープ・フロッグ理論は、途上国と呼ばれている国が、「先進国」を追いかけないで飛び越えよ・・・と言う理論でしょうけれど、guyver1092さんは、今先進国自身がいる限界に達した危険な場所=経済成長空間・・から飛び出して、全く逆の価値観の脱成長空間に行かなければならないと言う事ですね!?
 guyver1092さん流の新たな リープ・フロッグ理論 と言えましょうか?・・賛同いたします。

話は戻りますが、途上国は絶対に 原発派は跳び超えるべきだと思いませんか・・?・・・って、どんな国でも原発はスルーすべきでしたね。原発は命取りになる可能性が大ですから・・。
2011/07/13(Wed) 21:33 | URL  | 雑草Z #-[ 編集]
雑草さんこんばんは^^

リープ・フロッグ理論は理想ですね。世の中の枠組みが広がりそうです。原発を飛び越える!この理論や技術はまさに原発を使っていない途上国に利用してほしいです。

放射性廃棄物も問題は今後少なくとも5年以上はつきまとってくるでしょうし、日本人は、みなこの現実と事実から目を背けてはいけないと思います。

これからの豊かさの尺度はGDPでなくGHLになるでしょうね^^
2011/07/15(Fri) 20:59 | URL  | アルテミス #-[ 編集]
原発は跳び超えるべき
    アルテミスさん

 まだ原発を導入していない国は、絶対に導入すべきではありませんし、原発を作ってしまった日本のように愚かな国は、出来るだけ早く、廃絶すべきです。
 いまだに原発が必要だとか言っている輩は、本当の愚か者以外の何ものでもないでしょう。

放射性廃棄物の問題は、5年どころか、数万年付きまとってきます。人類の歴史が終わるまで・・・と言えましょうか?
福島第一原発の廃炉問題だけで、5年以上は大変な事がある・・と言う事ですね??

>これからの豊かさの尺度はGDPでなくGHLになるでしょうね^^

GHLとは、初めて目にしました。GNH[Gross National Happiness]しか知りませんでした。どんな指標でしょうか?・・でも、私は豊かさの指標なんて要らないと思います。数値化する必要は無いと思います。GDPを浪費指数として解釈するのは一理あると思います。
 

2011/07/16(Sat) 09:22 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:科学技術以外
 原発のスルーは、理性から考えると当然ですね。過去のチェルノブイリ、現在の日本を見て、欲ボケして理性を麻痺させてでもいない限り、原発の経済性は現実としても崩壊しています。日本は欲ボケした理性の麻痺した輩が多すぎますね。
 現在のままの国家戦略で文明崩壊を迎えると、日本はおそらく侵略を始めるでしょうね。
2011/07/17(Sun) 23:22 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
>原発のスルー
    guyver1092さん

>原発の経済性は現実としても崩壊しています

まともに考えればこの事ははっきりわかる筈です。馬鹿な政治家は兎も角、官僚や学者連中がこの事に触れないのは大きな罪でしょう。

>日本は欲ボケした理性の麻痺した輩が多すぎますね。

「電源三法」のような原発の為の税金の無駄遣いが原発利権を助長してきましたね。結局のところ原発利権には、国民の金が使われて、国の借金が増えていくと言う構造をしっかり示すべきですね。原発は、経済的にも環境的にも国家を破綻させる事は、日本だけの事ではないでしょう。まだ原発を導入していない途上国と呼ばれる国も、しっかり現実を直視すべきですね。

>日本はおそらく侵略を始めるでしょうね。

なるほど、それは危険です。しかし、もう日本に侵略される国は無くなってきているのではないでしょうか?経済侵略再び・・・の国力も・・・
2011/07/18(Mon) 10:57 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
雑草さん

おはようございます。お久しぶりになってしまいました。
GHLはおっしゃるとおりGNHを伝えようと思って記載しました
頭の中でグレイトハッピーレベルと勝手に覚えておりましたので…(汗)

放射線の問題は大問題です。5年以上と書いたのはその間に画期的な技術が出てくるのではないか?と勝手に思っているので。国家破綻しているかもしれませんが、日本民族は勤勉で優秀ですから、それくらいのものが出てくると期待してます(他人任せぽいですが・・・)
2011/07/20(Wed) 06:06 | URL  | アルテミス #-[ 編集]
>放射線の問題
>放射線の問題は大問題です。5年以上と書いたのはその間に画期的な技術が出てくるのではないか?と勝手に思っているので。

 なるほど、絶対不可能とは言い切れ無いかも知れませんね。ただ、無理と言われている核燃料サイクル、高速増殖炉は、技術的な困難ですが、それよりも放射性物質を無放射能化する事のほうが遥かに不可能に近いと思います。何故なら、放射能は、原子核の中性子の数などが、安定状態より多い不安定状態であり、放射線を出す事は必然だからです。その放射能を出さないようにするのは不可能ですし、早く放出させようとするには、周りの物質を放射化するしかないと思います。つまり、無放射能化と言う事は、技術的な問題だけではなく、エントロピーの法則のような物理の根本原理に反するような事になると考えています。
 この問題が解決しないのに、半世紀前に原発は見切り発車されました。推進派の核物理学者達は、放射能の問題を解決すると約束したまま、音沙汰無しです。無責任極まりないと言えましょう。
 予防原則は、不確実な二酸化炭素温暖化説に適応すべきではなく、確実に有害な放射能にこそ予防が必要です。

余談ですが、今回の原発事故を見ると、日本人は勤勉で優秀とは言えないような気がします。少なくとも、原子力技術は、世界の中でも二流以下である事を露呈しました。

2011/07/20(Wed) 21:26 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。