-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-12-29 00:00
 本年の締めくくりとして、現代社会の狂気についてまとめさせて戴きます。
 世界征服を企むマッド・サイエンティストなり狂信的な政治家、独裁者の小説や映画というのがあります。その小説や映画を鑑賞する人は、普通その内容を荒唐無稽な内容として、あくまでフィクションとして捉える事でしょう。(絶対に起こりえないと)可能性としては否定出来ないまでも、あくまでフィクションの世界と捉えていることでしょう。

 現代から見れば、昔は狂気の沙汰と思われるようなことが色々あったようにも見えます。古代ローマのコロシアム、人柱や生け贄、大航海時代の西洋人の数々の横暴、残虐行為・・・・。それらに比べると現在はそこまで酷い狂気の沙汰はない・・・と思っている人が結構いるかも知れません。・・・しかし、現実的には、現在も狂気の沙汰があちこちに存在します。大虐殺もついこの間まで行われていました。人類史上最悪の戦争である第二次世界大戦だって大昔の出来事ではなく20世紀の出来事です。ファシズム、ホロコースト・・・そう、第一次、第二次世界大戦をはじめとして、20世紀にも多くの狂気の沙汰が行われました。第二次世界大戦後だけでも枚挙に暇がありません。ベトナム戦争、天安門事件、ルワンダ大虐殺・・・そして、チェルノブイリ原発事故・・。20世紀ほど高密度に狂気の沙汰が行われた世紀ってそれより過去に見当たりません。・・それは単に私の歴史の知識不足でしょうか・・・?・・・もしかしたら21世紀が更に酷い狂気の沙汰が行われている世紀かも知れません。
21世紀に入ってからも多くの狂気の沙汰が行われてきました。9.11の同時多発テロ事件やそれに端を発するアメリカのアフガン侵攻やイラク戦争・・、メキシコ湾原油流出事故(・・これは災害と言っても人災的側面が大いにあります。)・本当に酷い狂気の沙汰です。これからも世界大戦や大虐殺でさえ起こりそうな危うさを孕んでいます。それらの事件や事故を防ぐ対策も色々論じられていますが、それらは対症療法的なものばかりです。事件や事故が起こらなくても、社会の構造自体に狂気の沙汰を含んでいるのです。資本家に都合のいいように作られた市場原理主義やグローバリズム・・現在の矛盾だらけの資本主義社会とそれを正当化する為の数々の穴だらけの理論体系、そしてそれを受け入れる多数派の人々・・・正に狂気の沙汰と言えるでしょう。これを現代人の多くは進歩と呼んでいるようですが、進歩と言うよりも破局への大行進と呼ぶ方がふさわしいかも知れません。

現代社会の中でも社会的に認められて罪の意識もなく行われている狂気の沙汰が存在します。・・これが一番始末に悪いでしょう。

開発と言う名の環境破壊も狂気の沙汰です。20世紀以降行われた巨大開発は、殆ど全てが利権目的で行われており、それによって地域住民の大多数が幸福になった例など皆無に等しいでしょう。
「エコ」と言う名の逆効果なども枚挙に暇が御座いません。その代表が、原発であり、エコ替え、エコポイント・・・グリーンニューディール政策でしょう。新種の利権開発です。

それもこれも現代人の大多数が経済の奴隷になっているからと言えましょう。現代ほど、経済が優先されている時代は過去にはなかったでしょう。財界人や資本家はもとより、政治家やマスコミに煽られて一般庶民の猫も杓子も経済成長、経済成長と唱える様は正に狂気の沙汰と言えましょう。社会構造の中心に経済が居座るようになって経済に支配されるようになってしまった現代社会の構造そのものが狂気の沙汰と言えるのではないでしょうか?

早くパラダイム・シフト・・大転換すべきでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/12/29 00:00】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

今年もお世話になりました♪
ぴのこ
年の瀬も押し迫ってきました。
本年もありがとうございました♪
今年は、なんでや劇場にもお越しいただき、より近く感じられとても充足いただきました。ありがとうございました。

現在、自然の摂理ブログでは、年末年始シリーズが今日から始まっています♪
テーマは、代償充足から本源充足へ~『社会期待の歴史』~です。
ぜひお立ち寄り下さい☆

また来年もよろしくお願いします。
つながりの深い一年にできたら・・と思っています☆+゜

Re:今年もお世話になりました♪
雑草Z
    ぴのこさん

 初のコメントですね。有難う御座います。ぴのこさんも、<自然の摂理から環境を考える>のメンバーでしょうか?ご無沙汰しておりましたが、今覗いてみると、12月も興味深いタイトルの記事が並んでいました。また改めて読ませて戴きます。先日東京会場に参加させて戴いたときにお遭いした方でしたか?

 現代の狂気の沙汰、経済成長路線の社会にあって、類ネットワークの存在は、一縷の希望かと思います。このようなネットワークの存在を非常に嬉しく思っています。
 だから来年もまた参加したいとも考えています。しかし、正直言わせて戴きますが、人類の昔からの歩みの講義などが冗長過ぎました。ちょっとワンウエイ的な学習会の講義形式は飽きました。意見の交換はやぶさかではありませんので、参加する場合は当方も発言させて戴きます。(・・前回もそうさせて戴きましたが・・)

 さて、失礼ながらぴのこさんのコメントは、最初一瞬スパムコメントかなと思いました。何故なら、記事の内容に触れていないからです。ここの記事は、類ネットワーク、<自然の摂理から環境を考える>で取り上げているテーマと共通する部分もあると思いますので、記事の内容に関するコメントも書きやすいのではないかと思います。今からでもコメント書いて下さいな。・・期待してます。他のメンバー・・かっし~さんやy.suzuki さん達はしっかりコメントも書いて下さってましたよ。

 ・・と、若干色々クレームさせて戴きましたが、「なんでや劇場」の雰囲気も良かったし、参加メンバーも大変気に入りましたので、機会があればまた厚かましくも参加させて戴きたいと思います。そのときは宜しくお願い致します。

 類ネットは、日本に本当の意味でのサステナビリティ革命を起こす一翼を担う存在であると考えて期待しております。深い進展を期待しております。


2011年
上々
年明けのテレビでは今年は良い年になりますようにという祈りばかりですが、どうもそうはなりそうもないですね。
世界のどこかで景気が回復すればすぐに資源制約から価格高騰が始まりストップがかかるということの繰り返しでしょう。

閉塞感が高まればテロや戦争の脅威も増して行き、実際に事件が起こる可能性も高くなるでしょう。

人間の狂気を全開にしたような事件が続くかもしれないという予想をしておきます。

あけましておめでとうございます
guyver1092
 昨年最大の狂気の沙汰は、私はもんじゅの再起動と思います。これは信じられないほどの幸運により、放射能の漏れがない致命的事故が起きて世界は無事でしたが。(これで運を使いつくしてしまっていないか不安ですが)


 経済システム限定で考えれば、企業減税が決まったことでしょうか。企業に減税しても、景気は良くならないのは、バブル崩壊後、20年同じ政策をして失敗し続ければ、いい加減わかりそうなものですが。

Re:2011年
雑草Z
上々さん

 あけましておめでとうございます。年明け早々からのコメント感謝致します。私もワールドワイドな狂気の沙汰が起こらない事を祈るばかりです。

>世界のどこかで景気が回復すればすぐに資源制約から価格高騰が始まりストップがかかるということの繰り返しでしょう。

 年明け早々から相変わらずの鋭い洞察ですね。人類の科学技術の進歩(・・と言う名の破局への大行進、無軌道な暴挙)と経済、社会のグローバル化により、狂気の沙汰もグローバルになってきています。その意味でも現代の狂気の沙汰は、有史以来最悪の狂気の沙汰となり得るでしょうね。

>人間の狂気を全開にしたような事件が続くかもしれないという予想

予想が当たりそうで怖いですね。グローバルな狂気の沙汰にはあまり逃げ場がない事が恐ろしい点です。
早くこの狂気の社会構造から脱出する大転換が起こって欲しいものです。

 今年も上々さんの豊富な知識と判断による世界情勢の分析等、様々なコメントを期待しております。宜しくお願い致します。

Re:あけましておめでとうございます
雑草Z
    guyver1092さん

 新年早々からのコメント有難う御座います。狂気の沙汰をウイットを効かせたブラックジョークで書いて戴いたら、guyver1092 さんは読み応え満載の記事を書けるいでしょうね。

>昨年最大の狂気の沙汰は、私はもんじゅの再起動

おっしゃる通りですね。幸いにも(・・と言えるのかどうかはわかりませんが・・)このもんじゅで3.3トンの炉内中継装置を原子炉の中で落としてしまうとお粗末過ぎる事故があって、槌田敦さんの見解ではもう使い物にならないだろうと言う事です。槌田さんは、「ニセもんじゅ」(文殊菩薩を詐称する原子炉)が「お釈迦」になったと上手い事を言っています。これは、 HP <『環境問題』を考える> 
http://env01.cool.ne.jp/index02.htm
の 4.核開発に反対する会ニュース
にも載っています。 

実は、現代の【狂気の沙汰】と言うタイトルで最初に書いたのは原発の事でした。2010年の締めと言う事で、現代社会の狂気の沙汰全般について後で書いた方を載せましたが、原発のほうの記事もありますので、後日アップしたいと考えています。今までに書いた原発の狂気をまとめて書きましたのでそちらにもコメント戴ければ幸いです。(・・ただ、今年は、ポスト経済成長社会やその大転換などについて多く書きたいので、この記事のアップは少し先にしたいと思います。)

>企業に減税しても、景気は良くならないのは、バブル崩壊後、20年同じ政策をして失敗し続ければ、いい加減わかりそうなものですが。

民主党も自民党と同じく経済成長路線に疑問を持っていませんから(・・鳩山前首相は、「成長の限界」を読んで感銘を受けて、自らその内容を受けた著書も出している筈でしたが・・・)、話になりませんね。色々新戦略を提案しても、経済成長を唱える時点でその政党は終わっていますね。「旧態依然」と言う言葉は成長フェティシズムの人々に使う言葉にしたいものです。2010年の年明けの記事【兆し】に書いたように、脱成長路線を掲げる団体が台頭してくるでしょう。その事も新年の記事に致しますね。

 今年も経済成長主義などの愚を論じていきますが、そればかりではなく、脱成長の方策とその後の路線について色々考えていきたいですね。guyver1092さんの得意とされる大転換の発想です。宜しくお願い致します。 

あけましておめでとうございます。
Power
雑草Zさん


21世紀の狂気の沙汰はズバリ「核兵器」でしょう。北朝鮮やイランが核開発しているとされ、常任理事国は「核開発を止めるべきた!」などと騒いでいますが、完全に狂気の沙汰です。


世界最先端の技術が集まるのが軍需産業のため、経済膨張で世界をリードしたい常任理事国は他国が核兵器を持つのを嫌がります。他国は核開発の理由を「抑止力のため」と説明しますが、実際は経済膨張をするためです。


今や発展途上国でさえ、経済膨張のために核開発をしたいと考える政治家が出て来ているのです。全世界が核開発をすれば、他国からの抑止力にはなるでしょうがさらなる経済膨張 を引き起こし、技術革新による所得格差が凄まじいスピードで拡大し続け、どの国も内戦状態となって滅ぶでしょう。


核兵器を持つ、常任理事国+インド+パキスタンは「抑止力のため」と言わずに、正直に「経済膨張のため」と言うべきでしょう。もうそこまでしないと、経済膨張し続ける流れは止まらないのです。

Re:あけましておめでとうございます。
雑草Z
    Powerさん

 早々のコメント有難う御座います。直球のコメントですね。

>21世紀の狂気の沙汰はズバリ「核兵器」

21世紀か20世紀かは決めかねますが(・・20世紀で留まって欲しいところです。)核兵器は現代の狂気の沙汰の代表でしょうね。世界の人々に「現代の狂気の沙汰は何か?」と言うアンケートをとったら、かなり沢山の人が選ぶでしょうね。最大多数かも知れません。この記事を書くにあたって核兵器は余りにストレイト過ぎて頭から抜けていました・・・勿論第二次世界大戦と言う範疇には含まれていましたが・・。
 日本に落とされた2つの原爆は、真に狂気の沙汰ですね。もう日本の敗戦は決まったも同然の時期でしたから、終戦を早めると言う意味はあっても戦争に勝つ目的で使われたとは言えません。日本に落としたのは人種差別もあったかもしれませんし、ウランとプルトニウムの核分裂爆弾の多義にわたる比較実験と言う意味もあっただろうし、終戦後のアメリカの覇権を強化すると言う意味もあったでしょう。その為にあれだけ悲惨な犠牲を払ったとすればまさに狂気の沙汰です。

 さて、
>世界最先端の技術が集まるのが軍需産業
と言うのはおっしゃる通りだろうし、核開発の結果、経済膨張もするというのもその通りだと思いますが、核を持ちたい直接の理由は、やはり軍事的圧倒的有利さでしょう。現在のの最強兵器と言えるでしょうから。経済成長はその後について来るものでしょう。

 それに比べて原発は偽善性がずっと強いと言えましょう。「核の平和利用」と言う詭弁で押し切っているのですから・・。そして、地球温暖化防止の名目で、また勢いを取り戻し、どんどん作られようとしているのですから始末に負えません。・・しかし、原発も核兵器も基本は同じウラン(やプルトニウム)の核分裂ですから(核融合の核兵器、水爆はありますが、核融合発電が実用化されたらそれこそ狂気の沙汰の極みでしょう。)核兵器と核発電をまとめて、「人類が原子核をいじって変えると言う事」が狂気の沙汰とまとめさせて戴きましょう。

 原発の狂気の沙汰に関しては今まで何度も記事にしていますが、また改めてアップさせて戴きます。宜しくお願いします。
 
 

21世紀だぞ!
BEM
雑草Zさん あけましておめでとうございます(^^
20世紀末には「恐怖の大王が〜」なんて話しを信じてはいませんでしたが、それでも何かしら大転換なんかをちょっとだけ期待しましたが、戦争、内戦のようなものも民族間の争いも武器の削減も環境破壊もさっぱり改善されてない気がします。

それも根底にあるのは先進国の経済優先の社会があるのかもしれないなって感じます。
原発に関しては今後中国、インドなどが増産される恐れもありますが、なぜ放射性廃棄物の処理が確率されていないのに突き進むのでしょう。
まさに狂気の沙汰ですね。

日産はこれから電気自動車に力を入れていきますが、それによって電気需要が高まり原発推進に拍車がかからないかと気がかりです。

今年もよろしくお願いします。

狂気の沙汰2(先進国では日本限定)
Power
雑草Zさん


仰る通り、核兵器よりも原発の方が偽善性が強いですね。
「平和利用」を掲げて本質を隠すという。
最も、核兵器も「100%、軍事的優位性を持ち抑止力
のための所有」などと言ったら原発ほどではないにしろ偽善では
ありますが。


さて、追加で狂気の沙汰2があります。
タイトルにもあるように「先進国では日本限定」の狂気の沙汰
・・・それは、「あらゆる無駄だらけ」です。

欧米先進国からみれば、理解しがたい無駄が日本には多数あります。

電車が遅れた際の遅延証明書の発行がそうです。
遅延証明書をもらうために、改札で列を作って並ぶという無駄。
並ぶ時間があるなら、携帯電話で勤務先に「電車遅延のため、
遅刻になります」と連絡すればいいのにと思ってしまいますね。

「紙の遅延証明書を提出しないと勤務先が信用しないから」
などの理由もあるかと思いますが、それでも、今ではweb上で
遅延証明書の発行もできるのだからわざわざ紙の遅延証明書
をもらうために改札に列を作って並ぶ必要がないのです。

最も、携帯電話で勤務先に連絡するのが一番効率がいいのですが。

・・・こういった無駄が日本には多いです。
これも、狂気の沙汰ですね。
駅員の仕事(遅延証明書を渡す)や印刷屋の仕事(遅延証明書
の印刷)やIT企業の仕事(遅延証明書のweb作成)などを
作り出して、無駄に経済成長させているようにしか思えません。

欧米先進国よりもたちが悪いです。

欧米先進国にはない日本独自のこういった無駄をなくしたら
GDPが半分どころか3/1を切ってしまうんじゃないかと
思うくらいです。

以上、狂気の沙汰2(先進国では日本限定)でした。
欧米先進国より日本の方が実際はヤバいのかもしれませんね。

Re:21世紀だぞ!
雑草Z
    BEMさん

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

>戦争、内戦のようなものも民族間の争いも武器の削減も環境破壊もさっぱり改善されてない気がします。

そうですね。人類はどんどん素晴らしい方向に進んでいる訳ではないし、現状は破局の滝壺に突進している状態ですね。それこそ世紀の大転換が必要です。

>根底にあるのは先進国の経済優先の社会

そうですね。21世紀中にはこの狂った経済優先社会を後悔する時が来るでしょうね。「経済優先」の大義名分で自然破壊、環境破壊する事こそ狂気の沙汰ですね。

原発の狂気の沙汰に関しては、まとめてより詳しく記事にします。また宜しくお願い致します。

Re:狂気の沙汰2
雑草Z
    Powerさん

 私は「狂気の沙汰2」の仮タイトルで原発の数々の狂気の沙汰を書いてアップしようとしていました。タイトルは変えてアップしようかと思います。

>「先進国では日本限定」の狂気の沙汰 ・・・それは、「あらゆる無駄だらけ」

確かに無駄は日本が酷いとは思いますが、日本ばかりではないと思います。アメリカはなどは日本より酷い無駄もかなりありますね。

>電車が遅れた際の遅延証明書の発行

なるほど、そういう無駄もあるものですね。電車の遅延証明書は考えていませんでしたが、それで思い出したのが、税金の年末調整です。その為の証明書の提出も無駄だらけですね。例えば、何らかの保険に入っていると税が控除されますのでその証明書を張り付けて出しますが、これなどは、保険加入させて保険会社に儲けさせる手段の一つでしょう。エコカーの補助金とか減税に似ています。
 税制に例外をいっぱい作ってその控除の為の証明書を発行して、仕事を繁雑にして増やし、雇用を創出している・・・と言うところでしょうか?・・・例外を色々作ると言う事は不公平感が増しますね。多くの地方の役所は正に要らない仕事をどんどん創出していいますね。

無駄によってGDPを増やして経済成長を維持するってどうしようもない狂気の沙汰と言えましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今年もお世話になりました♪
年の瀬も押し迫ってきました。
本年もありがとうございました♪
今年は、なんでや劇場にもお越しいただき、より近く感じられとても充足いただきました。ありがとうございました。

現在、自然の摂理ブログでは、年末年始シリーズが今日から始まっています♪
テーマは、代償充足から本源充足へ~『社会期待の歴史』~です。
ぜひお立ち寄り下さい☆

また来年もよろしくお願いします。
つながりの深い一年にできたら・・と思っています☆+゜
2010/12/30(Thu) 03:27 | URL  | ぴのこ #-[ 編集]
Re:今年もお世話になりました♪
    ぴのこさん

 初のコメントですね。有難う御座います。ぴのこさんも、<自然の摂理から環境を考える>のメンバーでしょうか?ご無沙汰しておりましたが、今覗いてみると、12月も興味深いタイトルの記事が並んでいました。また改めて読ませて戴きます。先日東京会場に参加させて戴いたときにお遭いした方でしたか?

 現代の狂気の沙汰、経済成長路線の社会にあって、類ネットワークの存在は、一縷の希望かと思います。このようなネットワークの存在を非常に嬉しく思っています。
 だから来年もまた参加したいとも考えています。しかし、正直言わせて戴きますが、人類の昔からの歩みの講義などが冗長過ぎました。ちょっとワンウエイ的な学習会の講義形式は飽きました。意見の交換はやぶさかではありませんので、参加する場合は当方も発言させて戴きます。(・・前回もそうさせて戴きましたが・・)

 さて、失礼ながらぴのこさんのコメントは、最初一瞬スパムコメントかなと思いました。何故なら、記事の内容に触れていないからです。ここの記事は、類ネットワーク、<自然の摂理から環境を考える>で取り上げているテーマと共通する部分もあると思いますので、記事の内容に関するコメントも書きやすいのではないかと思います。今からでもコメント書いて下さいな。・・期待してます。他のメンバー・・かっし~さんやy.suzuki さん達はしっかりコメントも書いて下さってましたよ。

 ・・と、若干色々クレームさせて戴きましたが、「なんでや劇場」の雰囲気も良かったし、参加メンバーも大変気に入りましたので、機会があればまた厚かましくも参加させて戴きたいと思います。そのときは宜しくお願い致します。

 類ネットは、日本に本当の意味でのサステナビリティ革命を起こす一翼を担う存在であると考えて期待しております。深い進展を期待しております。
2010/12/30(Thu) 23:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
2011年
年明けのテレビでは今年は良い年になりますようにという祈りばかりですが、どうもそうはなりそうもないですね。
世界のどこかで景気が回復すればすぐに資源制約から価格高騰が始まりストップがかかるということの繰り返しでしょう。

閉塞感が高まればテロや戦争の脅威も増して行き、実際に事件が起こる可能性も高くなるでしょう。

人間の狂気を全開にしたような事件が続くかもしれないという予想をしておきます。
2011/01/01(Sat) 14:44 | URL  | 上々 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます
 昨年最大の狂気の沙汰は、私はもんじゅの再起動と思います。これは信じられないほどの幸運により、放射能の漏れがない致命的事故が起きて世界は無事でしたが。(これで運を使いつくしてしまっていないか不安ですが)


 経済システム限定で考えれば、企業減税が決まったことでしょうか。企業に減税しても、景気は良くならないのは、バブル崩壊後、20年同じ政策をして失敗し続ければ、いい加減わかりそうなものですが。
2011/01/01(Sat) 17:51 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:2011年
上々さん

 あけましておめでとうございます。年明け早々からのコメント感謝致します。私もワールドワイドな狂気の沙汰が起こらない事を祈るばかりです。

>世界のどこかで景気が回復すればすぐに資源制約から価格高騰が始まりストップがかかるということの繰り返しでしょう。

 年明け早々から相変わらずの鋭い洞察ですね。人類の科学技術の進歩(・・と言う名の破局への大行進、無軌道な暴挙)と経済、社会のグローバル化により、狂気の沙汰もグローバルになってきています。その意味でも現代の狂気の沙汰は、有史以来最悪の狂気の沙汰となり得るでしょうね。

>人間の狂気を全開にしたような事件が続くかもしれないという予想

予想が当たりそうで怖いですね。グローバルな狂気の沙汰にはあまり逃げ場がない事が恐ろしい点です。
早くこの狂気の社会構造から脱出する大転換が起こって欲しいものです。

 今年も上々さんの豊富な知識と判断による世界情勢の分析等、様々なコメントを期待しております。宜しくお願い致します。
2011/01/01(Sat) 21:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:あけましておめでとうございます
    guyver1092さん

 新年早々からのコメント有難う御座います。狂気の沙汰をウイットを効かせたブラックジョークで書いて戴いたら、guyver1092 さんは読み応え満載の記事を書けるいでしょうね。

>昨年最大の狂気の沙汰は、私はもんじゅの再起動

おっしゃる通りですね。幸いにも(・・と言えるのかどうかはわかりませんが・・)このもんじゅで3.3トンの炉内中継装置を原子炉の中で落としてしまうとお粗末過ぎる事故があって、槌田敦さんの見解ではもう使い物にならないだろうと言う事です。槌田さんは、「ニセもんじゅ」(文殊菩薩を詐称する原子炉)が「お釈迦」になったと上手い事を言っています。これは、 HP <『環境問題』を考える> 
http://env01.cool.ne.jp/index02.htm
の 4.核開発に反対する会ニュース
にも載っています。 

実は、現代の【狂気の沙汰】と言うタイトルで最初に書いたのは原発の事でした。2010年の締めと言う事で、現代社会の狂気の沙汰全般について後で書いた方を載せましたが、原発のほうの記事もありますので、後日アップしたいと考えています。今までに書いた原発の狂気をまとめて書きましたのでそちらにもコメント戴ければ幸いです。(・・ただ、今年は、ポスト経済成長社会やその大転換などについて多く書きたいので、この記事のアップは少し先にしたいと思います。)

>企業に減税しても、景気は良くならないのは、バブル崩壊後、20年同じ政策をして失敗し続ければ、いい加減わかりそうなものですが。

民主党も自民党と同じく経済成長路線に疑問を持っていませんから(・・鳩山前首相は、「成長の限界」を読んで感銘を受けて、自らその内容を受けた著書も出している筈でしたが・・・)、話になりませんね。色々新戦略を提案しても、経済成長を唱える時点でその政党は終わっていますね。「旧態依然」と言う言葉は成長フェティシズムの人々に使う言葉にしたいものです。2010年の年明けの記事【兆し】に書いたように、脱成長路線を掲げる団体が台頭してくるでしょう。その事も新年の記事に致しますね。

 今年も経済成長主義などの愚を論じていきますが、そればかりではなく、脱成長の方策とその後の路線について色々考えていきたいですね。guyver1092さんの得意とされる大転換の発想です。宜しくお願い致します。 
2011/01/01(Sat) 21:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
あけましておめでとうございます。
雑草Zさん


21世紀の狂気の沙汰はズバリ「核兵器」でしょう。北朝鮮やイランが核開発しているとされ、常任理事国は「核開発を止めるべきた!」などと騒いでいますが、完全に狂気の沙汰です。


世界最先端の技術が集まるのが軍需産業のため、経済膨張で世界をリードしたい常任理事国は他国が核兵器を持つのを嫌がります。他国は核開発の理由を「抑止力のため」と説明しますが、実際は経済膨張をするためです。


今や発展途上国でさえ、経済膨張のために核開発をしたいと考える政治家が出て来ているのです。全世界が核開発をすれば、他国からの抑止力にはなるでしょうがさらなる経済膨張 を引き起こし、技術革新による所得格差が凄まじいスピードで拡大し続け、どの国も内戦状態となって滅ぶでしょう。


核兵器を持つ、常任理事国+インド+パキスタンは「抑止力のため」と言わずに、正直に「経済膨張のため」と言うべきでしょう。もうそこまでしないと、経済膨張し続ける流れは止まらないのです。
2011/01/01(Sat) 21:55 | URL  | Power #3un.pJ2M[ 編集]
Re:あけましておめでとうございます。
    Powerさん

 早々のコメント有難う御座います。直球のコメントですね。

>21世紀の狂気の沙汰はズバリ「核兵器」

21世紀か20世紀かは決めかねますが(・・20世紀で留まって欲しいところです。)核兵器は現代の狂気の沙汰の代表でしょうね。世界の人々に「現代の狂気の沙汰は何か?」と言うアンケートをとったら、かなり沢山の人が選ぶでしょうね。最大多数かも知れません。この記事を書くにあたって核兵器は余りにストレイト過ぎて頭から抜けていました・・・勿論第二次世界大戦と言う範疇には含まれていましたが・・。
 日本に落とされた2つの原爆は、真に狂気の沙汰ですね。もう日本の敗戦は決まったも同然の時期でしたから、終戦を早めると言う意味はあっても戦争に勝つ目的で使われたとは言えません。日本に落としたのは人種差別もあったかもしれませんし、ウランとプルトニウムの核分裂爆弾の多義にわたる比較実験と言う意味もあっただろうし、終戦後のアメリカの覇権を強化すると言う意味もあったでしょう。その為にあれだけ悲惨な犠牲を払ったとすればまさに狂気の沙汰です。

 さて、
>世界最先端の技術が集まるのが軍需産業
と言うのはおっしゃる通りだろうし、核開発の結果、経済膨張もするというのもその通りだと思いますが、核を持ちたい直接の理由は、やはり軍事的圧倒的有利さでしょう。現在のの最強兵器と言えるでしょうから。経済成長はその後について来るものでしょう。

 それに比べて原発は偽善性がずっと強いと言えましょう。「核の平和利用」と言う詭弁で押し切っているのですから・・。そして、地球温暖化防止の名目で、また勢いを取り戻し、どんどん作られようとしているのですから始末に負えません。・・しかし、原発も核兵器も基本は同じウラン(やプルトニウム)の核分裂ですから(核融合の核兵器、水爆はありますが、核融合発電が実用化されたらそれこそ狂気の沙汰の極みでしょう。)核兵器と核発電をまとめて、「人類が原子核をいじって変えると言う事」が狂気の沙汰とまとめさせて戴きましょう。

 原発の狂気の沙汰に関しては今まで何度も記事にしていますが、また改めてアップさせて戴きます。宜しくお願いします。
 
 
2011/01/02(Sun) 01:08 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
21世紀だぞ!
雑草Zさん あけましておめでとうございます(^^
20世紀末には「恐怖の大王が〜」なんて話しを信じてはいませんでしたが、それでも何かしら大転換なんかをちょっとだけ期待しましたが、戦争、内戦のようなものも民族間の争いも武器の削減も環境破壊もさっぱり改善されてない気がします。

それも根底にあるのは先進国の経済優先の社会があるのかもしれないなって感じます。
原発に関しては今後中国、インドなどが増産される恐れもありますが、なぜ放射性廃棄物の処理が確率されていないのに突き進むのでしょう。
まさに狂気の沙汰ですね。

日産はこれから電気自動車に力を入れていきますが、それによって電気需要が高まり原発推進に拍車がかからないかと気がかりです。

今年もよろしくお願いします。
2011/01/04(Tue) 23:27 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
狂気の沙汰2(先進国では日本限定)
雑草Zさん


仰る通り、核兵器よりも原発の方が偽善性が強いですね。
「平和利用」を掲げて本質を隠すという。
最も、核兵器も「100%、軍事的優位性を持ち抑止力
のための所有」などと言ったら原発ほどではないにしろ偽善では
ありますが。


さて、追加で狂気の沙汰2があります。
タイトルにもあるように「先進国では日本限定」の狂気の沙汰
・・・それは、「あらゆる無駄だらけ」です。

欧米先進国からみれば、理解しがたい無駄が日本には多数あります。

電車が遅れた際の遅延証明書の発行がそうです。
遅延証明書をもらうために、改札で列を作って並ぶという無駄。
並ぶ時間があるなら、携帯電話で勤務先に「電車遅延のため、
遅刻になります」と連絡すればいいのにと思ってしまいますね。

「紙の遅延証明書を提出しないと勤務先が信用しないから」
などの理由もあるかと思いますが、それでも、今ではweb上で
遅延証明書の発行もできるのだからわざわざ紙の遅延証明書
をもらうために改札に列を作って並ぶ必要がないのです。

最も、携帯電話で勤務先に連絡するのが一番効率がいいのですが。

・・・こういった無駄が日本には多いです。
これも、狂気の沙汰ですね。
駅員の仕事(遅延証明書を渡す)や印刷屋の仕事(遅延証明書
の印刷)やIT企業の仕事(遅延証明書のweb作成)などを
作り出して、無駄に経済成長させているようにしか思えません。

欧米先進国よりもたちが悪いです。

欧米先進国にはない日本独自のこういった無駄をなくしたら
GDPが半分どころか3/1を切ってしまうんじゃないかと
思うくらいです。

以上、狂気の沙汰2(先進国では日本限定)でした。
欧米先進国より日本の方が実際はヤバいのかもしれませんね。
2011/01/04(Tue) 23:49 | URL  | Power #3un.pJ2M[ 編集]
Re:21世紀だぞ!
    BEMさん

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

>戦争、内戦のようなものも民族間の争いも武器の削減も環境破壊もさっぱり改善されてない気がします。

そうですね。人類はどんどん素晴らしい方向に進んでいる訳ではないし、現状は破局の滝壺に突進している状態ですね。それこそ世紀の大転換が必要です。

>根底にあるのは先進国の経済優先の社会

そうですね。21世紀中にはこの狂った経済優先社会を後悔する時が来るでしょうね。「経済優先」の大義名分で自然破壊、環境破壊する事こそ狂気の沙汰ですね。

原発の狂気の沙汰に関しては、まとめてより詳しく記事にします。また宜しくお願い致します。
2011/01/06(Thu) 00:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:狂気の沙汰2
    Powerさん

 私は「狂気の沙汰2」の仮タイトルで原発の数々の狂気の沙汰を書いてアップしようとしていました。タイトルは変えてアップしようかと思います。

>「先進国では日本限定」の狂気の沙汰 ・・・それは、「あらゆる無駄だらけ」

確かに無駄は日本が酷いとは思いますが、日本ばかりではないと思います。アメリカはなどは日本より酷い無駄もかなりありますね。

>電車が遅れた際の遅延証明書の発行

なるほど、そういう無駄もあるものですね。電車の遅延証明書は考えていませんでしたが、それで思い出したのが、税金の年末調整です。その為の証明書の提出も無駄だらけですね。例えば、何らかの保険に入っていると税が控除されますのでその証明書を張り付けて出しますが、これなどは、保険加入させて保険会社に儲けさせる手段の一つでしょう。エコカーの補助金とか減税に似ています。
 税制に例外をいっぱい作ってその控除の為の証明書を発行して、仕事を繁雑にして増やし、雇用を創出している・・・と言うところでしょうか?・・・例外を色々作ると言う事は不公平感が増しますね。多くの地方の役所は正に要らない仕事をどんどん創出していいますね。

無駄によってGDPを増やして経済成長を維持するってどうしようもない狂気の沙汰と言えましょう。
2011/01/06(Thu) 00:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。