-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-11-11 00:01
二酸化炭素地球温暖化説は、・・それが真実であろうと間違いであろうと・・、原発推進の口実にされてきました。(・・実際、二酸化炭素は熱を吸収する効果がありますので、少しは温暖化効果もあるでしょう。だからどのくらい効果があるか・・有意な温室効果があるか・・・と言う話になります。・・)現在も二酸化炭素削減の為に原発が役に立っているようなプロパガンダが盛んにされています。実際に二酸化炭素温暖化説の為に原発の廃止案が白紙に戻されたり、新たな原発建設計画が推進されてきました。それだけで二酸化炭素温暖化説は人間社会にとって大きな害悪であると言えましょう。
 二酸化炭素温暖化説は純粋な学問であって、原発推進の為の陰謀だというのは穿った見方であると言う方がいます。しかし、原発推進派の強力な後押しがあったからこそ、二酸化炭素温暖化説がこれだけ大きく取り上げられ、最大の環境問題のように言われるようになったのです。・・・他の深刻な環境問題がないがしろにされた事だけでも二酸化炭素温暖化説は十分に罪な説です。・・・そして確かに二酸化炭素排出量を削減するという名目で、原発が推進されてきました。もしも二酸化炭素温暖化説が無ければ、かなりの既存の原発が廃止されたであろうし、新規の原発も建設されずに済んだ事でしょう。(・・・また別の口実が提考案されたかも知れませんが、・・)原子力発電所が無くなり、原発事故の可能性が無くなれば、そして放射性廃棄物が生産され無ければ、この社会から最も大きな心配事が無くなります。核兵器廃絶よりも素晴らしい事でしょう。・・そんな素晴らしい可能性を二酸化炭素地球温暖化説が打ち砕いたのです。

 例えば、フランスは20世紀後半まで環境問題にはかなり無関心な国でありましたが、1980年代後半に突然地球温暖化問題に熱心になりました。それは当時、スリーマイル島やチェルノブイリでの原発の事故を受けて、世界中で原発の危険性が十分に認知され、反原発運動が盛んになって、原発廃止の方向になったからです。そんな時、フランスは突然環境問題に熱心になり、地球温暖化防止のために原発が有効だと言い出したのです(槌田敦氏談)。驚いた事にこんなに狂った論理を日本でも他の国々でも主張して、現在に至ります。

二酸化炭素温暖化対策として,原発を推進する事の愚は、例えば火器[Firearm・・火薬の力を利用して弾丸を発射する武器・兵器]を減らすために核兵器を増やすようなものです。(・・例えの積もりが、例えというよりも「そのまま」リアルに近い話になりました。)・・・こんなブラックジョークのような事が実際に国家のプロジェクトとして推進されているのですから笑い事ではありません。愚の極みです。二酸化炭素削減のために原子力を推進するような狂った論理を電力会社はもとより、国の代表者や科学者が主張する事が理解出来ません。

 槌田敦氏が二酸化炭素地球温暖化説を否定するのは、これらの経緯をしっかり見て、その背景を知っているからです。つまり二酸化炭素地球温暖化説の背後には、歴然たる事実として原発推進があったのです。
 だから槌田敦氏を支持致します。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/11/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

フランスの原発
上々
フランスには59基の原子力発電所があり、自国の消費電力の80%近くを賄っているそうです。
さらにEU内の各国には電力網が連携しており、他国にも販売されているそうです。
ドイツやデンマークが風力発電などを大きく推進できるのもフランスの原発からの電力のバックアップがあるからではないかと睨んでいますが、確証が取れません。

二酸化炭素論争だけでなく、槌田先生は核物質の直接の核兵器応用の疑念も強く主張しています。
あり得ない話ではありません。

国家の指導者
guyver1092
 国家の指導者の物事の順位に関する思考を文章にして読むことが出来れば、我々にとっての気違い沙汰の数々の政策も、彼らの中では一部の隙もない合理的判断だと書いてあるのでしょう。彼らの理性は正常のようですが、彼らの魂はきっと狂っているのでしよう。

Re:フランスの原発
雑草Z
>自国の消費電力の80%近くを賄っている

それはびっくりですね。実際どの位のバックアップ発電所があるかわかりませんが、日本のように、いざという時原発を中止しても大丈夫という域は遥かに超えているかも知れませんね。ここまで原発依存するとは、フランスもかなり狂った国なんですね。

>ドイツやデンマークが風力発電などを大きく推進できるのもフランスの原発からの電力のバックアップがあるからではないかと睨んでいます

う~ん、深い読みですね。言われてみればその可能性も高そうです。

>槌田先生は核物質の直接の核兵器応用の疑念も強く主張しています。

原発の目的は、利権構造以外には、プルトニウムを取り出して核兵器をつくることが思い浮かびますね。核兵器製造への転用を考えている政治家などは多いかも知れません。

Re:国家の指導者
雑草Z
>我々にとっての気違い沙汰の数々の政策も、彼らの中では一部の隙もない合理的判断だと書いてあるのでしょう。

これまたいつものguyver1092さん一流のブラック・ジョークですね。実際、癒着と利権でしょうから、金儲けとして合理的判断だと書いてある事でしょう。
 勿論魂は腐っているから狂ってますね。

じゅもんじゃなくてもんじゅ
上々
「環境問題を考える」の方ではもんじゅの炉心事故について伝えられていますが、ほとんど修復不可能なほどだとか。
原発事故については些細な物まで発表され、報道も逐一されていますので、どれが重要かと言うことがかえって見にくくなっていますが、これは文句なしに重大事故でしょう。

その他の通常型の原発でもあちこちで事故から運転停止、関係自治体の承認を受け運転再開というのが頻発しています。
まあきちんと対応していますと言うポーズ付けの意味合いが強いのでしょうが、実際は電力供給にはもはや不必要なのではと思わせます。
それでも運転するというのは、何かが作りたいからと深読みするのは下種の勘繰りでしょうか。
すでに原爆数十個分は保有しているということです。


Anthony
知人が、夏の甲子園大会があるから、電力需要が伸びて(エアコンとか、TVとか)、電力不足になって、原発が必要になる。

だから、甲子園大会を春秋に変えたら原発は不要になると、言ってました。(笑)



RE:もんじゅ
guyver1092
 もんじゅの今回の事故は生殺し死亡宣告と書いてあるホームページがありました。つまりは運転再開も廃炉もできない状態だとか。理由は炉内中継装置が炉内にある間は運転できず、この装置が正常に動かない限り、燃料棒を取り出すこともできないからだそうです。
 民主党の事業仕分けでもんじゅを取り上げて、廃止と言っていればまだ民主党に希望も持てたのですが。

Re:じゅもんじゃなくてもんじゅ
雑草Z
>もんじゅの炉心事故について伝えられていますが、ほとんど修復不可能

ニセ「もんじゅ」が「お釈迦になった」というやつですね。(笑)・・・まあ笑いごとでは済まされませんね。これは、3000億円の国費をどぶに捨てるようなものですが、それでもこれでもんじゅが廃炉になれば万々歳ですね・・・国はしぶとく修復を計画し、更なる国費の無駄遣いをする気らしいですが・・・・。

>実際は電力供給にはもはや不必要

そうですね。「もはや」と言うよりもはじめから発電としての意味はないですね。非常に無駄で非常に危険な原発は早く廃止すべきです。


Re:スポーツ狂騒
雑草Z
    Anthonyさん

 スポーツは元々人力を使うものですから、他のエネルギーを投入して欲しくはないですね。・・見る方も。

 甲子園は熱狂し過ぎ・・・普通のニュースでは殆ど取り上げなくていいと思います。スポーツニュースとかワイドショーとかくらいでいいでしょう。他のスポーツもオリンピックも。それで原発数基分のエネルギーになるかも。

Re:RE:もんじゅ
雑草Z
>民主党の事業仕分けでもんじゅを取り上げて、廃止と言っていればまだ民主党に希望も持てたのですが。

民主党の議員は理系出身者が多いのに、総理をはじめ、原発に関してはかなり無知な人が多いですね。民主党議員があれだけ原発推進する姿にはがっかりです。


理系
上々
理系というと実社会のことに無知だとか、人間関係に不備があるとか言うあらぬ噂がいろいろと流れておりますが、骨の髄まで理系人間(ただし趣味は歴史)の私としましては、不満を覚えます。
ただし、理系の大学を出ていますというだけで理系人間扱いをされては、迷惑千万。合理的考え方もできなくて理系を名乗るなかれ。

Re:理系
雑草Z
 真の理系かどうかは別として、理系出身者は沢山いますが、確かに合理的考え方の出来ない理系出身者は山ほどいますね。だから、二酸化炭素排出削減の為に原発だとか、EPRが1になるかどうかも怪しい代替エネルギーを推進したりするとんでもない連中がいる訳ですね。それを操っているのは文系出身の人間かも知れませんが・・。まあ、理系文系出身を問わず、理性的でない論理で社会を動かそうとする輩が多過ぎると言う事ですね。

 現総理大臣に、選挙区の人が六ヶ所村の再処理施設の事などで原発の見直しを直談判したら、六ヶ所村の再処理施設の事など知らなかったそうです。数日後、原子力安全・保安院か何かに問い合わせて安全だからと言っているから大丈夫だと答えたそうです。・・もう少しまともな総理大臣かと思っていました。

政治家は選挙民並み
上々
民主体制では政治家は選挙民の程度とちょうどピッタリ合うようになるようです。
戦後に普通選挙制度になって以来、その原則通りに進行し、それにふさわしい連中ばかりが政治家になっています。与野党問わず。

若い頃は当時の政権与党の余りにも低級な政策と露骨な選挙目当ての施策に、選挙民はなぜこんなことも判らないかと憤慨もしましたが、ようやく日本人の(まあ他の国でも一緒でしょうが)程度が判ってきた気がします。


Re:政治家は選挙民並み
雑草Z

>民主体制では政治家は選挙民の程度とちょうどピッタリ合うようになるようです。
>その原則通りに進行し、それにふさわしい連中ばかりが政治家になっています。

なるほど、鋭い洞察です。言い得てますね。そして、おっしゃるように日本と比べて、欧米の政治家が優れているとも言えませんね。脱力感があります。

アメリカ中間選挙
上々
アメリカの中間選挙では大統領の反対党がほぼ勝利するということになっているようです。
共和党の政治に失望した選挙民は民主党のしかもWASPではない大統領を選ぶ。しかしその大統領の政治にもあっと言う間に失望してまた共和党を選ぶ。

これまで何をされても文句を言わなかった日本の有権者もようやく自民党政治に愛想を尽かしたが、あっという間に見放しつつあります。
何をやってもどうせ政府が良くやっているなどと言う評価は得られるわけがないので、一番良いのは絶対に政権に近付かないと言う自信を持っている●●党だけですか。
まあ民主党に愛想を尽かすのも当然かと思いますが、それで選ぶところが自民党しかないんでは、お先真っ暗。

まあ政治に期待したり、絶望したりということをしている暇はないわけで、そんなことをしている間に時間を浪費して大規模破滅に対処する準備もできないまま近づいてしまいます。
もうすでに2000年前に中国で解答は出されています。「桃源郷に隠棲」です。

>大規模破滅に対処する準備
雑草Z
 今は、大規模破局に対処する準備こそ一番大切ですね。
 結局、脱成長を掲げる政党が台頭しなければ政治には期待出来ないと言う事になりましょうか。
 政治の場は、現在は経済成長に洗脳された人々で占領されていますが、そろそろこの破局に直行する主義にも懐疑論が噴出してきています。現在は荒唐無稽に思える脱成長主義も、何年か先には大きな思想になってくると考えます。


>「桃源郷に隠棲」

・・直接的な意味で考えれば、現代のグローバル社会では、桃源郷に隠棲する事さえ出来ないかと感じます。。現代の世俗的な政治に一喜一憂せずに、ポスト経済成長時代を見据えてもっと大局的な見方で考えようと言う事でしょうか。

隠棲
上々
やっぱり今は人知れず世捨て人というのは無理でしょうね。
せめて放っておいてくれれば良いですが、外界が食糧が無くなり飢えてきたのにそこだけ食糧があればそうもいかないかも。

まあ微力でも徐々に理解できる人を増やしていく活動をしていかなければいけないんでしょう。

石井吉徳先生のブログの方でもだんだん石油ピークを理解してくれる人が増えてきたという記述がありました。
あきらめず、ちょっとずつ。だけど間に合うのか。

Re:隠棲
雑草Z
現代は経済成長主義一色のようですが、それは旧態依然とした大衆的な政治家や財界人のようにホンの100年ばかりの過渡的な経済成長神話に頭を侵されている人達です。彼らに距離を置いて、経済成長を狂った思想だと感じる人も増えてきました。脱成長論も段々受け入れられてきています。まだまだマイナーではありますが、この考え方は極めて理性的であるのでいつか市民権を得事になりましょう。心配事は、おっしゃるように

>だけど間に合うのか。

と言う事ですね。私も以前は無理だろうと考えていましたが、ここのところ指数関数的に増えている感触がありますので、ひょっとして間に合うかも・・・と感じています。
・・・間に合うと言ってもここでも何度か記事にしたように、大きな犠牲は伴うでしょう。何故なら、環境問題や人口問題、食料問題など、非常にシビアになってきているのに、まだ脱成長の合意が出来ていないからです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
フランスの原発
フランスには59基の原子力発電所があり、自国の消費電力の80%近くを賄っているそうです。
さらにEU内の各国には電力網が連携しており、他国にも販売されているそうです。
ドイツやデンマークが風力発電などを大きく推進できるのもフランスの原発からの電力のバックアップがあるからではないかと睨んでいますが、確証が取れません。

二酸化炭素論争だけでなく、槌田先生は核物質の直接の核兵器応用の疑念も強く主張しています。
あり得ない話ではありません。
2010/11/11(Thu) 10:19 | URL  | 上々 #-[ 編集]
国家の指導者
 国家の指導者の物事の順位に関する思考を文章にして読むことが出来れば、我々にとっての気違い沙汰の数々の政策も、彼らの中では一部の隙もない合理的判断だと書いてあるのでしょう。彼らの理性は正常のようですが、彼らの魂はきっと狂っているのでしよう。
2010/11/11(Thu) 21:01 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:フランスの原発
>自国の消費電力の80%近くを賄っている

それはびっくりですね。実際どの位のバックアップ発電所があるかわかりませんが、日本のように、いざという時原発を中止しても大丈夫という域は遥かに超えているかも知れませんね。ここまで原発依存するとは、フランスもかなり狂った国なんですね。

>ドイツやデンマークが風力発電などを大きく推進できるのもフランスの原発からの電力のバックアップがあるからではないかと睨んでいます

う~ん、深い読みですね。言われてみればその可能性も高そうです。

>槌田先生は核物質の直接の核兵器応用の疑念も強く主張しています。

原発の目的は、利権構造以外には、プルトニウムを取り出して核兵器をつくることが思い浮かびますね。核兵器製造への転用を考えている政治家などは多いかも知れません。
2010/11/11(Thu) 21:39 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:国家の指導者
>我々にとっての気違い沙汰の数々の政策も、彼らの中では一部の隙もない合理的判断だと書いてあるのでしょう。

これまたいつものguyver1092さん一流のブラック・ジョークですね。実際、癒着と利権でしょうから、金儲けとして合理的判断だと書いてある事でしょう。
 勿論魂は腐っているから狂ってますね。
2010/11/11(Thu) 21:48 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
じゅもんじゃなくてもんじゅ
「環境問題を考える」の方ではもんじゅの炉心事故について伝えられていますが、ほとんど修復不可能なほどだとか。
原発事故については些細な物まで発表され、報道も逐一されていますので、どれが重要かと言うことがかえって見にくくなっていますが、これは文句なしに重大事故でしょう。

その他の通常型の原発でもあちこちで事故から運転停止、関係自治体の承認を受け運転再開というのが頻発しています。
まあきちんと対応していますと言うポーズ付けの意味合いが強いのでしょうが、実際は電力供給にはもはや不必要なのではと思わせます。
それでも運転するというのは、何かが作りたいからと深読みするのは下種の勘繰りでしょうか。
すでに原爆数十個分は保有しているということです。
2010/11/12(Fri) 15:32 | URL  | 上々 #-[ 編集]
知人が、夏の甲子園大会があるから、電力需要が伸びて(エアコンとか、TVとか)、電力不足になって、原発が必要になる。

だから、甲子園大会を春秋に変えたら原発は不要になると、言ってました。(笑)

2010/11/12(Fri) 18:59 | URL  | Anthony #-[ 編集]
RE:もんじゅ
 もんじゅの今回の事故は生殺し死亡宣告と書いてあるホームページがありました。つまりは運転再開も廃炉もできない状態だとか。理由は炉内中継装置が炉内にある間は運転できず、この装置が正常に動かない限り、燃料棒を取り出すこともできないからだそうです。
 民主党の事業仕分けでもんじゅを取り上げて、廃止と言っていればまだ民主党に希望も持てたのですが。
2010/11/12(Fri) 21:56 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:じゅもんじゃなくてもんじゅ
>もんじゅの炉心事故について伝えられていますが、ほとんど修復不可能

ニセ「もんじゅ」が「お釈迦になった」というやつですね。(笑)・・・まあ笑いごとでは済まされませんね。これは、3000億円の国費をどぶに捨てるようなものですが、それでもこれでもんじゅが廃炉になれば万々歳ですね・・・国はしぶとく修復を計画し、更なる国費の無駄遣いをする気らしいですが・・・・。

>実際は電力供給にはもはや不必要

そうですね。「もはや」と言うよりもはじめから発電としての意味はないですね。非常に無駄で非常に危険な原発は早く廃止すべきです。
2010/11/12(Fri) 22:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:スポーツ狂騒
    Anthonyさん

 スポーツは元々人力を使うものですから、他のエネルギーを投入して欲しくはないですね。・・見る方も。

 甲子園は熱狂し過ぎ・・・普通のニュースでは殆ど取り上げなくていいと思います。スポーツニュースとかワイドショーとかくらいでいいでしょう。他のスポーツもオリンピックも。それで原発数基分のエネルギーになるかも。
2010/11/12(Fri) 22:07 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:RE:もんじゅ
>民主党の事業仕分けでもんじゅを取り上げて、廃止と言っていればまだ民主党に希望も持てたのですが。

民主党の議員は理系出身者が多いのに、総理をはじめ、原発に関してはかなり無知な人が多いですね。民主党議員があれだけ原発推進する姿にはがっかりです。
2010/11/12(Fri) 22:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
理系
理系というと実社会のことに無知だとか、人間関係に不備があるとか言うあらぬ噂がいろいろと流れておりますが、骨の髄まで理系人間(ただし趣味は歴史)の私としましては、不満を覚えます。
ただし、理系の大学を出ていますというだけで理系人間扱いをされては、迷惑千万。合理的考え方もできなくて理系を名乗るなかれ。
2010/11/13(Sat) 09:20 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:理系
 真の理系かどうかは別として、理系出身者は沢山いますが、確かに合理的考え方の出来ない理系出身者は山ほどいますね。だから、二酸化炭素排出削減の為に原発だとか、EPRが1になるかどうかも怪しい代替エネルギーを推進したりするとんでもない連中がいる訳ですね。それを操っているのは文系出身の人間かも知れませんが・・。まあ、理系文系出身を問わず、理性的でない論理で社会を動かそうとする輩が多過ぎると言う事ですね。

 現総理大臣に、選挙区の人が六ヶ所村の再処理施設の事などで原発の見直しを直談判したら、六ヶ所村の再処理施設の事など知らなかったそうです。数日後、原子力安全・保安院か何かに問い合わせて安全だからと言っているから大丈夫だと答えたそうです。・・もう少しまともな総理大臣かと思っていました。
2010/11/13(Sat) 15:14 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
政治家は選挙民並み
民主体制では政治家は選挙民の程度とちょうどピッタリ合うようになるようです。
戦後に普通選挙制度になって以来、その原則通りに進行し、それにふさわしい連中ばかりが政治家になっています。与野党問わず。

若い頃は当時の政権与党の余りにも低級な政策と露骨な選挙目当ての施策に、選挙民はなぜこんなことも判らないかと憤慨もしましたが、ようやく日本人の(まあ他の国でも一緒でしょうが)程度が判ってきた気がします。
2010/11/14(Sun) 10:39 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:政治家は選挙民並み

>民主体制では政治家は選挙民の程度とちょうどピッタリ合うようになるようです。
>その原則通りに進行し、それにふさわしい連中ばかりが政治家になっています。

なるほど、鋭い洞察です。言い得てますね。そして、おっしゃるように日本と比べて、欧米の政治家が優れているとも言えませんね。脱力感があります。
2010/11/14(Sun) 19:10 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
アメリカ中間選挙
アメリカの中間選挙では大統領の反対党がほぼ勝利するということになっているようです。
共和党の政治に失望した選挙民は民主党のしかもWASPではない大統領を選ぶ。しかしその大統領の政治にもあっと言う間に失望してまた共和党を選ぶ。

これまで何をされても文句を言わなかった日本の有権者もようやく自民党政治に愛想を尽かしたが、あっという間に見放しつつあります。
何をやってもどうせ政府が良くやっているなどと言う評価は得られるわけがないので、一番良いのは絶対に政権に近付かないと言う自信を持っている●●党だけですか。
まあ民主党に愛想を尽かすのも当然かと思いますが、それで選ぶところが自民党しかないんでは、お先真っ暗。

まあ政治に期待したり、絶望したりということをしている暇はないわけで、そんなことをしている間に時間を浪費して大規模破滅に対処する準備もできないまま近づいてしまいます。
もうすでに2000年前に中国で解答は出されています。「桃源郷に隠棲」です。
2010/11/15(Mon) 13:57 | URL  | 上々 #-[ 編集]
>大規模破滅に対処する準備
 今は、大規模破局に対処する準備こそ一番大切ですね。
 結局、脱成長を掲げる政党が台頭しなければ政治には期待出来ないと言う事になりましょうか。
 政治の場は、現在は経済成長に洗脳された人々で占領されていますが、そろそろこの破局に直行する主義にも懐疑論が噴出してきています。現在は荒唐無稽に思える脱成長主義も、何年か先には大きな思想になってくると考えます。


>「桃源郷に隠棲」

・・直接的な意味で考えれば、現代のグローバル社会では、桃源郷に隠棲する事さえ出来ないかと感じます。。現代の世俗的な政治に一喜一憂せずに、ポスト経済成長時代を見据えてもっと大局的な見方で考えようと言う事でしょうか。
2010/11/15(Mon) 21:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
隠棲
やっぱり今は人知れず世捨て人というのは無理でしょうね。
せめて放っておいてくれれば良いですが、外界が食糧が無くなり飢えてきたのにそこだけ食糧があればそうもいかないかも。

まあ微力でも徐々に理解できる人を増やしていく活動をしていかなければいけないんでしょう。

石井吉徳先生のブログの方でもだんだん石油ピークを理解してくれる人が増えてきたという記述がありました。
あきらめず、ちょっとずつ。だけど間に合うのか。
2010/11/16(Tue) 10:06 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:隠棲
現代は経済成長主義一色のようですが、それは旧態依然とした大衆的な政治家や財界人のようにホンの100年ばかりの過渡的な経済成長神話に頭を侵されている人達です。彼らに距離を置いて、経済成長を狂った思想だと感じる人も増えてきました。脱成長論も段々受け入れられてきています。まだまだマイナーではありますが、この考え方は極めて理性的であるのでいつか市民権を得事になりましょう。心配事は、おっしゃるように

>だけど間に合うのか。

と言う事ですね。私も以前は無理だろうと考えていましたが、ここのところ指数関数的に増えている感触がありますので、ひょっとして間に合うかも・・・と感じています。
・・・間に合うと言ってもここでも何度か記事にしたように、大きな犠牲は伴うでしょう。何故なら、環境問題や人口問題、食料問題など、非常にシビアになってきているのに、まだ脱成長の合意が出来ていないからです。
2010/11/16(Tue) 20:34 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。