-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-10-29 00:01
~大山祇神社~

昨年11月29日の記事のコメントで HN上々さんから、私の地元会津地方の西会津町野沢に大山祇神社の本社がある事を教えて頂きました。(・・その時まで、神社に本社、分社がある等と言う事もよく知りませんでした。・・)今年中に訪れて報告したいと考えて、この秋、まだ寒くなる前に訪れてみました。

遥拝殿(下宮)は野沢の村の外れにあり、そこから更に山を4kmほど登った所に本社(奥宮)がありました。


 ↓遥拝殿(下宮) 参拝客もまだいます。このあたりには
    みやげ物屋や本社参拝者の為の小さな宿も何件かありました。
大山祇神社1

 ↓参道の入り口   はじめは参道沿いにも民家があって、
            車が一台くらい通れる幅の道があります。

大山祇神社2

  直ぐに舗装はなくなって山道の雰囲気になってきますが、
                      林道の雰囲気です。

大山祇神社3



大山祇神社4

 ↑道沿いの草原に とかげ(かなへび)がいました。
  久し振りに見るカナヘビです。
 カナヘビは小さい頃から大好きで、見つけると嬉しくなります。
 例によって携帯電話のロースペックのカメラで撮影したので、
 10cmくらいの近くから撮影しました。
 

大山祇神社5

 ↑不動滝の所に建っている祠 と 
              ↓不動滝

大山祇神社6



大山祇神社7

  ↑ 不動滝に降りて行く回り道はこのような小道で、山道の雰囲気です。
    やはりこのような道がいいですね。

大山祇神社8

  ↑このような道祖神が何箇所かにありましたが、
   新しく作られたもののようで、悪くはありませんが、蛇足の感もあります。

大山祇神社9

 ↑このような分岐点は何箇所かありました。
 幅広く作られた林道のような道(左)を行くか・・
 人が歩いてしか通れない細い山道のような道を行くか・・・
 勿論細い山道を選びました。
 車も通れるような林道のような道は興ざめです。

大山祇神社10

 ↑細い山道のほうは、
   このように沢を歩いて横切るところもあっていい感じです。

大山祇神社11

 ↑202段の石段・・・この上が本社と思いきや、本社はまだまだ先でした。

大山祇神社12

 本社が近づいてくると杉並木が立ち並んでいます。
 樹齢は500年くらいまであるようです。
 この杉並木の間を歩いて行くのはなかなかいいものです。

大山祇神社13



大山祇神社14



大山祇神社15

 ↑この広い石段を登ると手水舎があり、本社へ登る石段にきます。
 手水舎の豊富な水が石段まで伝わって流れています。
 ↓水の豊富なきれいな清水が沢山流れている手水舎
  今まで見た中で最高の手水舎でした。
  非常に美味しい水でした。
  この手水舎が一番気に入りました。


大山祇神社16



大山祇神社17

  いよいよ本社です。

大山祇神社18



大山祇神社19

 思いの外、小さ目の本社でしたが、
  杉の大木に囲まれて、荘厳な雰囲気を醸し出していました。

CA331673.jpg




 登山というよりもハイキングコースというイメージで、写真を撮りながら歩いても小一時間で本社に着きました。
 午後3時頃遥拝殿を出発した時は、前後に何組かの人がいて、登山の恰好で登っていましたので、当然本社まで行くものだと思っていました。山から下りてくる人にも何人かすれ違いました。しかし分岐点で、広いほうの道ではなく、狭い山道のほうを選んで歩いているうちに、直ぐに誰ともすれ違わなくなり、前後にも人がいなくなりました。本社に着いたときは、そこには誰もいませんでした。帰りも誰ひとりにも遭いませんでした。

一生に一度の願いは三年つづけてお参りすれば、なじよな願いもききなさる「野沢の山の神様」といわれているそうです。
「三年続けて」の意味が、毎年一回三年続けて・・・という意味なら簡単過ぎます。こんな事で願いが叶うなら、楽過ぎます。
「三年回欠かさず毎日」の意味ならば、時間的にきついでしょうが、他に仕事だとか用事が無ければ夏場は大変な事でもないでしょう。ただ、雪が積ったらかなり大変でしょう。
でも、この「3年続けて」の意味は、毎年一回3年続ける・・・という意味でしょう。


 因みに、本社の更に奥の山頂に奥の院が祀られている祠があると、ある方から教えて頂いていました。ただ、その道は知っている人と行かないとわからないし、道も崖から落ちる危険性のある道だと聞きました。この日はその道らしきものもわかりませんでしたが、いつか知ってる方に案内して頂いて奥の院まで行ってみたいものです。


           2010年9月26日 日曜日午後 撮影
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/10/29 00:01】 | 森林木のある風景 トラックバック(0) |

大山祇
上々
良いところですね。杉の大木が何とも言えぬ雰囲気です。
門前には店もあり結構繁華な神社のようですが、奥まで行く人はいないかな。
「出会い」という言葉を見てなぜか熊との遭遇を思ってしまいました。今年は危なそうですが、そちらは大丈夫でしょうか。北陸は相当出ています。

さて、途中の滝は不動滝とか、実は母の実家の近くにも不動滝と言う大きな滝があります。調べてみたら全国に100以上の不動滝があるようです。滝の雰囲気がなにかお不動さんを思わせるものがあるのでしょうか。

山菜採取禁止の立て札で、よく採れるということが判っちゃいますね。

Re:大山祇
雑草Z
    上々さん、


 杉の大木は、今年7月29日にアップした隠津島神社のほうが大きく高いのがありましたが、杉並木の長さは断然こちらの大山祇神社の参道のほうが多かったです・・・何せ長い道ですから・・・つまり杉の木の数も大山祇のほうが遥かに多かったです。本社が近づいてきてから、500mくらいは大きな木の杉並木の細い山道が続いたような記憶です。・・杉並木というよりも杉の森に細い山道が付けられていた・・という感じです。

 門前のお店は写真に写っているところばかりでなくもっとありました。夏場の午前中から昼頃はもっと混んでるのではないでしょうか?
 私が登り始めたのが午後3時頃ですから、他に本社まで行く人がいなかったのでしょう。でも、登り始めの頃すれ違った人達はきっと本社まで登って来た人でしょう。昼前に登り始める人が多いのだと思います。
 山登りの感覚ですから午後、夕方近くから登る人はあんまりいないのでしょう。

 熊は今年は会津地方でも結構出ています。ついこの間も私の住む町の山の近くで熊が出た事がニュースになっていました・・・確か全国版でも放送した記憶です。今年は山のクヌギとか餌になるものが少ないようです。

「不動滝」という名の滝は会津地方だけでも何箇所か有ります。今年の1月29日の記事の写真も小さいながら不動滝です。
 
確かに山菜取り禁止の立て札は逆効果の面もあるでしょうね。
 ・・・ちょっと話はそれますが、無駄な公共工事の典型である広域林道などを作って、地元の人も山菜取りが便利になった・・・などと説明していますが、実情はよそから車で山菜取りに来る人が増えて困っているようです。おまけにゴミの不法投棄場にもなっています。本当に迷惑な自然破壊の公共工事です。

 
 素晴らしい神社のご紹介有難う御座いました。地元にこんな凄いところがあるとはご紹介されるまで知りませんでした。
地元では、「おおやまのかみ」とも呼んでいるようです。
「祇」の字は「かみ」っても読みそうですね。
 


上々
大山祇神社は山の神でもあり、海の神でもあり、戦の神でもあるので相当守備範囲は広そうです。
祇の字は祇園の祇でもあります。

参拝する方々はよくわかっていて奥まで行くつもりの人は朝早くから来られるのでしょうね。それも若いうちだけなのかも。年を取ったら麓だけであきらめざるを得ないのでしょう。無理に車で連れていくというのも良し悪しになります。
車で行けるようにしてしまったら雰囲気もおしまいでしょう。

さて、熊ですが元々どんぐりの裏作の年に当たる上に猛暑で相当量が少なくなっているようです。かなり腹を空かせているせいか、いきなり人間に襲いかかる(ように見える)場合も多く、射殺される熊も相当数に上っています。かわいそうなものですが、自分が出会う可能性もありますので、そうとばかりも言っていられません。

不動滝の名前の由来として、近くに不動尊の祠があるなんて紹介してある所もありますが、これは逆でしょう。不動滝と言う名前をつけたので祠を作ったと言う可能性が強いと思います。やはり滝の形状から連想されたのでがないかと思います。長野南部の不動滝も、この写真のように高く、水量も多い堂々とした滝です。

湧水の手水舎が素敵です
でなしNo.146
手水舎が湧水で、しかもその水が美味いとは、すばらしい神社ですね^^

最近になって、あるお方に利き水を教えられたせいか、水道水と湧水の違いがバッチリわかるようになりました。

美味い水を飲むと体の調子が良くなります。
(プラシーボ効果ですかね^^;?)

神社の杉の木も荘厳でいいですよね。
個人的には、杉がにょきにょき立っている風景が好きで神社めぐりをしているフシがあります。
(今は新潟県の神社仏閣をめぐっております)

社と杉の清浄な雰囲気や荘厳な雰囲気は、守るべき日本の文化です。
こちらの某神社においては、観光のためなどの理由で、本社のすぐ横や鳥居と参道の間にアスファルトの道路が通っているのをみると残念な気持ちが湧きます。

Re:祇
雑草Z
>山祇神社は山の神でもあり、海の神でもあり、戦の神でもあるので相当守備範囲は広そうです。

「大山祇」 だから、単純に山の神と思ったら、そう簡単ではないのですね。『祇』の字は、氏神を祀るの意、土地の神の意味のようですね。

>参拝する方々はよくわかっていて奥まで行くつもりの人は朝早くから来られるのでしょうね。

そのようです。登山の恰好であったり、修業の恰好であったりします。かなり前から熟年登山が流行っていますが、百名山登山などと比べたら遥かに楽だと思います。

>車で行けるようにしてしまったら雰囲気もおしまいでしょう。

おっしゃる通りです。それは止めて欲しいものです。広いほうの道はやっと車が通れるくらいの幅があります。ジープタイプの車でないと難しいでしょうが、神社関係者や工事関係者は車で登っているのかも知れません。

>不動滝の名前の由来として、近くに不動尊の祠があるなんて紹介してある所もありますが、これは逆でしょう。不動滝と言う名前をつけたので祠を作ったと言う可能性が強いと思います。

>滝の形状から連想されたのではないかと思います。

ああ、なるほど、言われてみればそうですね。
あの男性的で逞しい滝の感じが不動明王を連想するわけですね。 

Re:湧水の手水舎が素敵です
雑草Z
そうなんですよ、でなしさん。

 この手水は後ろの崖の間から沸いてくるのですが、水量もかなり多く、樋の中を流れて手水になる以外にも多くの湧水量があり、写真左手のようなきれいな泉になっています。樋を伝わって手水になった清水も、どんどん出てくるので、水が溢れ出ています。

 ここの湧水はかなり美味しいので、いつか機会があれば他の会津の美味い湧水と比べてみたいと考えています。今のところ一番おいしいのは磐梯の龍ヶ沢湧水などです。それと同じくらい美味しく、長持ちする湧き水かも知れません。
 因みに売っている水は、効き水で比べればわかりますが、かなりまずいです。美味しいと評判の地域の水道水などと比べても断然不味いですよ。水道水よりも不味い水を買ってまでよく飲みますよね。

 この大山祇神社は、新潟県境にある西会津町にありますから、新潟からは行きやすいでしょう。是非本社まで訪れてみて下さい。わかれば奥の院まで探検すれば面白いでしょうね。
 そしてこの素晴らしい手水を飲んできて下さいませ。
 汲んで持って来たいとも思いますが、片道4kmです。リュックを背負って、20ℓくらい汲んできたいところですが、水を汲んだ後の帰り道は重労働でしょうね。・・それだけの事をしても汲んでくる価値のある湧水かも知れません。清水としては全然有名でなく、殆ど人に知られていないのがいいですね。

清水
上々
google mapで付近の地理を拝見しましたが、あの環境なら水質に問題ないかもしれません。
湧出量が十分ならさほど汚染もされないと思われます。
ただし、容器が汚いとすぐに悪化しますので注意を。

全国数々の名水がありますが、そこに小汚いポリタンクを持って行って汲んでいる人を見るとぞっとします。中にはそれを使って食べ物商売をする人もいるようで、くれぐれも十分加熱する食品だけに限ってほしいものです。

長持ち清水
雑草Z
上々さん

付近の地理をみて水質を判断出来るなんて凄いですね。

当方は清水汲みはかれこれ8年くらい続けています。
会津地方の磐梯町には、強清水[こわしみず]という有名な清水がありますが、残念ながらそれほどいい水ではありません。味も今一ですし、汲んで一週間ほどで腐り始めます。
 一方本当になかなか腐らない水が存在します。(塩素や農薬がたっぷり入っているわけではありません・・笑)
 私が同僚から「冷蔵せずに一年以上腐らずに持つ」という清水の話を聴いたときは信用しませんでしたが、試しに汲んで密閉しておいて1年以上置いても飲めました。
 その方のお話によると地下に何十年も寝ていた清水だそうです。硬水で有機物を含まないから長持ちするのでしょうか?・・上々さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

湧水
上々
水質判断なんてとんでもない。ただ、上流に民家があると地下水と言えど汚染されている可能性があるかと思っただけです。
水が腐るかどうかというのは、細菌が入り込む可能性があるかどうかと栄養素があるかと言うことです。
有機物があるともちろんだめですが、無機イオンがあってもそれだけで生育できる細菌があり、その菌が生えてくるとその代謝物を使って他の菌も生育し、一気に腐って来ると言うことになります。
したがって、汚染菌がある状況では硬水(マグネシウム・カルシウム等が多い)の方がかえって腐りやすいかもしれません。
おそらくRO水(逆浸透膜でろ過した純水)の方が当然腐りにくいでしょう。

また湧出量も大事で、阿蘇の湧水池なども人里の中にありながら大量の湧出量があるため汚れも薄まるせいかなかなか腐らないということもあります。

それよりもとにかく汲んでくる容器ですね。きれいに洗うのは当然ですが、殺菌までできるといいんですが。

腐らない水の保存の仕方
雑草Z
>無機イオンがあってもそれだけで生育できる細菌があり、その菌が生えてくるとその代謝物を使って他の菌も生育し、一気に腐って来ると言うことになります。

なるほど、そういう事ですね。よくわかりました。有難御座います。上々さんは、キノコやカビなどの菌類だけではなく細菌類にもお詳しいのですね。


 会津地方の昭和村には、銘水が10か所以上御座いますが、そのうち2か所は1年以上腐らない水です。もう少し近くの今年から汲み始めた磐梯の銘水である龍ヶ沢湧水も、まだ1年以上は試していませんが、1ヵ月以上は持ちました。(夏場に1ヵ月以上持つ水は1年以上大丈夫なようです。)

 さて、私が清水を汲んでくると、よく知りあいや親せきにお裾わけしていたのですが、そのうち3,4件は私が汲む清水の固定客になり、毎回沢山お裾わけしています。そのため最近夏場には月に2回くらいのペースで汲みに行かなければ追いつきません。
 家ではペットボトル飲料はあまり飲まないのですが、長年かかって2ℓペットボトルを中心に集めて頂き、200本以上集まりました。それぞれの家で清水を飲んだ後は、口を逆さにして水を全部切るように置いておいて頂き、キャップはキャップで別に洗って保存して頂いております。ポリタンクで用意される方は熱で煮沸消毒されて乾かしてからキャップを付けて私に渡しています。

 汲む方の当方は、空気が残らないように、キャップの口ぎりぎりまで水を入れるように工夫をしています。

 やはり汲む場所が一番大切ですね。何故か美味しい清水は腐りにくい水が多いようです。・・しかしやはり汲み立てのほうが美味しいですね。数か月経つと不味くなります。売ってる水が不味いのはそれも原因でしょう。水が美味いか不味いかは、同じ温度にして同時に同じようなコップに入れて飲んで比べればわかります。 

水の美味しさ
上々
水の美味しさと言うのはあまり判らないのですが、熊本の自宅は地下水で美味しかったのですが最近少し温度が上がっているようで地下水の水量が減っているのかもしれません。そうなると水質も悪化する可能性があります。

また、石川県の当地も水道水もかなり水質がよいようで、結構美味しく頂いております。

採水容器につきましては、結構気を使われているようで、それだけ対策していれば十分かと思います。ペットボトルは中が見えますが、ポリタンクは確認しずらいので注意が肝心かと思います。

Re:水の美味しさ
雑草Z
 実は私も水の美味しさはあまり分かりません。ただ、水温や容器などを同じ条件で一緒に飲み比べてみると差がわかります。効き水とでも申しましょうか?私だけでなく複数の方にやって頂き、ほぼ一致した結論になっています。
 汲んで来た昭和村や磐梯龍ヶ沢の清水が一番おいしく、続いて水道水、一番まずいのが売っている水という順番はやった人全員一致するところです。今度地下水も入れてやってみたいです。
 兎も角売っている水は買う価値がないと言う事です。始めて汲んでみた清水が不味いときには「売ってる水よりはましか・・」と言うのが口癖になりました(笑)。都会の水道水は売っている水よりも不味いのでしょうか?・・そう言えば、大阪とかの水道水は不味かった記憶があります。醤油や清酒を作っている地域の地下水は美味しい筈なのに、そうでもない地区もありました。・・明らかに水が不味い地域ってありますね・・。

 不味くて直ぐに腐る清水は結構あり、強清水のように有名だから美味しいわけではありません。上々さんのおっしゃるように上部に民家の無い標高の高いところの水が質がいいですね。勿論どの清水も水の沸き出し口から汲んでいます。つまりそれより上流はなく、源泉という事ですが、それでも長持ちして何度も汲みに行きたいと思う名水は限られています。

 近所の方で親しくしているお家で、通信販売で温泉水を遠くから(九州から)取り寄せて買っていた方が、汲んでくる会津の清水のほうが美味いと言う事で、通信販売の水を買うのを止めて私の汲む水に変えました。・・その温泉水の2ℓのペットボトルを沢山いただいて使っています。ポリタンクを使っている別の方は手やたわしを中に入れて洗えるように口の大きい物を使って、手を中に入れてきれいに洗った後熱湯煮沸してから蓋をしっかりして私にポリタンを渡しています。神経質なくらいです。

 実は私も10年くらい前までは、エネルギーと労力を使って遠くまで清水を汲みに行くなんて馬鹿げていると思っていました。上々さんもそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?
 地元会津地方でも、水道水でも十分に美味しい地区や美味しい地下水を飲んでいる地区もまだまだあります。昔は井戸を自分で掘ったりして水を利用していたようです。しかし最近は地下水も汚れているようですし、それを誤魔化す為に自治体が無理やりに上水道に変えてしまったところも多いようです。
 上々さんの熊本の御自宅のように美味しい地下水が自宅で汲めることが理想です。水を遠くに汲みに行くなんてやはり馬鹿げています。一緒にブナの森を見に行ったり神社巡り、温泉巡り等をして、「そのついで」と言う事で自分に言い訳しています(笑)。確かにいい清水が湧いているあたりには、森があり、温泉や山の無人の神社のある場所が沢山あって、いいところが多いです。
 記事の大山祇神社も、温泉こそないものの(少し離れた場所にあります。)、杉の山の広い森があり、素晴らしい手水舎の最高の清水がありました。

水道水
上々
水道事業は自治体それぞれと言うこともあり、水道料金が町によって何倍も違うのは知られていますが、味も相当違います。
大阪や東京では流れてくる川の水を浄化しているのでそれほど良くはないのですが、技術の進歩でかなり良くなってきました。
熊本も良いと言われていますが、実は自治体によってかなり異なり、地下水を使える熊本市や八代市の一部などは非常に美味しいのですが、使えない地域ではあまり良くはありません。天草や宇土などはあまり良くはないのではないかと思います。この辺の事情は地下水の流れと水量により大きく影響を受けますので、使い過ぎて足りなくなるという事態が来る可能性も大きいようです。
なお、どうも石川県もこの辺は地下水ではないかと思っていますが、まだ良く事情が判りません。

九州の温泉水というのも全国に配送されていますが、こんな物がはびこるのも輸送料が安くなっている石油バブルです。
飲料は運ぶのも金がかかるといってビール会社が消費地近くに工場を建てていたのも昔の話で、今は(今のところは)集約しようと言う風潮になってしまい、キリンも栃木や北陸工場閉鎖してしまいました。
まあもうすぐ変わるでしょう。

Re:水道水
雑草Z
きれいで美味しい地下水が家で汲める事が理想ですね。最高の贅沢の部類かも知れません。
 井戸水でなくとも安全で美味しい水道水が飲めればいいですね。

>水道料金が町によって何倍も違うのは知られていますが、

ちょっと話は変わりますが、新しいダムを作って水道料金に大きく上乗せする自治体もあって酷いものです。

>九州の温泉水というのも全国に配送されていますが、こんな物がはびこるのも輸送料が安くなっている石油バブルです。

件の温泉水、ご存知でしたか?・・九州では有名なのでしょうか?・・・本当にエネルギーの無駄遣いですね。・・大した水ではないと思うのですが・・よく取り寄せて飲むものですね。馬鹿みたいですね。

>まあもうすぐ変わるでしょう。

妥当な予測なのでしょうね。そうなって欲しいものです。


水の評価
上々
雑草Zさんのように合理的な水の評価方法を行なって本当に美味しいのはどっちだという比較をできれば良いのですが、(それほど手間がかかるわけでもないはずですが)
それをやらずにイメージだけで買っている人が大半でしょう。
ミネラル豊富が良いと言う人もあれば、ミネラルまで全部濾過して無くした方が良いと言う人もあり、ばらばらです。そこもはっきりと試してみれば判るのでしょうが。
とにかく現在の輸送費格安の状態(その陰には運送業者さんの大変な苦労があります。)がなせる技で、自分で買いに行くのは相当大変でしょう。

九州で勤務していた頃は、鹿児島の業者さんなどを通して頂いたこともあります。あちらでは本業以外にあれこれなんでも仕事にならないか必死ですので、(地方の経済状況は確かに劣悪です)どのようなものでも懸命に売り込みます。
それが悪いわけではないのですが、買う方が考えれば良い話です。地元の方には悪いですが、私は金を出して買う気にはなりませんでした。

Re:水の評価
雑草Z
>現在の輸送費格安の状態(その陰には運送業者さんの大変な苦労があります。)がなせる技で、自分で買いに行くのは相当大変

遠くまで買いに行くのは論外ですね。でも、自宅の井戸や水道から飲めないまでも、近くにいい水が湧いていて、酌みにいければいいですね。まさに私がそんな環境です。・・近場といっても本当に満足のいく湧水の汲み場までは、片道10km以上はあります。歩いていける距離にあれば、汲み溜めの必要も無く言うことありません。

 本州(特に東北)の人がわざわざ水を九州から取り寄せて飲むのもおかしなことですが、現在は水を海外からも沢山輸入してますね。水が豊かだと言われた日本なのに愚かな事です。海外から輸入した水は、日本で売ってる水よりもさらに不味いです。水道水より遥かに不味いです。遠くから輸入して時間が経っていることも理由の一つでしょうか?・・あんなのを買って飲む気は致しません。

軟水と硬水
上々
日本の土壌は火山灰土壌で、しかも降水量が多いため土壌中のカルシウムなどが溶脱しやすく、流れる水も軟水になっているそうです。(沖縄を除く・とのこと)
一方ヨーロッパでは硬水が多く、飲用に適さないほどのものも多かったため、程度の良いものを飲料用にすることが広く行なわれたようです。
日本では若干ミネラルの多い地下水が美味と感じられるのでしょうか。
それでもヨーロッパのミネラル水の方がミネラル過剰ですので、美味しいと感じられるかどうか疑問です。

なお、日本で水の美味しいと言われる場所が海外企業に買収されている例も増えているとのことです。もしかしたらそこからボトルドウォーターを輸出しようと言う動きなのかもしれません。
日本でも地下水には限りがありますので、危険な徴候かもしれません。(まあ輸送費が安い間は・ですが)


Re:軟水と硬水
雑草Z
 やはり日本は水の豊かな国ですね。その美味しい水が豊富にある日本が、飲料に適さない水が多いヨーロッパから、比較的「ましな」水を輸入しているのですね。馬鹿馬鹿しいですね。雰囲気で買っているのでしょうか?効き水すれば違いがわかるのですがね。・・・ヨーロッパの水は、輸入で古くなると言うよりも、もともと不味い硬水が多いわけですね。・・あの不味い味は、金属の味のようですね。
ヨーロッパに限らず、海外からの輸入水は本当に不味いです。まあ、あれが美味しいと言う人もいるのでしょう。

>日本で水の美味しいと言われる場所が海外企業に買収されている例も増えている

それは初耳です。由々しき事ですね。確かに美味しい水の豊富な日本は、水の輸入国になるよりは輸出国になる方がまだ合理的です。しかし、水を石油のエネルギーで海外まで運ぶなんてホントに馬鹿げています。

>まあ輸送費が安い間は・ですが

オイルピークで、そんな時代も去るでしょうね。本当に愚かな事に石油を使っていたと気づく日も近いでしょう。

中東の水生産
上々
エネルギーさえ使えば海水のあるところでは簡単にRO水が作れるわけで、実際に中東では濾過して水を作っているはずです。適度にイオンを残すなんていうめんどくさいこともしなければ、純水をいくらでも使えるわけですが、以前に工場で純水を使っていた際は非常に高価で、同じ量の酒より高いなんて言ってましたが、今はどうでしょうか。

とにかく、日本の美味しい水は宝物ですから、適度に利用し枯渇しないように大切にしていく必要があります。

Re:中東の水生産
雑草Z
RO水については知りませんでしたので、調べてみて概要はわかりました。このRO水は山の清水のように美味しく、安く簡単に作られるのであればそれを利用するのもいいですね。

>以前に工場で純水を使っていた際は非常に高価で、同じ量の酒より高いなんて言ってました

そんなに高ければ工業用水として使うにはコストがかかり過ぎますね。・・・話はそれますが、海外から輸入した水も500mlで100円くらいですから、ガソリンよりも高いですね。

>日本の美味しい水は宝物

全くその通りですね。不要な開発などでこれ以上日本の美味しく豊富な水を減らして欲しくはないものです。

ご無事ですか?
かっし~
お久しぶりです。
確か、雑草さんは福島県のご在住だったと思い出し、地震の被害に遭われていらっしゃるかもしれないと思い、コメントさせて頂きました。ご無事でいらっしゃいますか??
福島県内も各所で倒壊・津波等の被害が出ていると聞いています。私も慣れ親しんだ福島県が、小さい頃によく行ったいわきの海が、被害に遭っているのは、なんとも言えない気持ちです。
遠く離れてはおり、出来ることは僅かかとは思いますが、少しでも復興することを願っております。

Re:お見舞い有難う御座います。
雑草Z
    かっし~さん

 お気遣いのコメント感謝致します。今のところ無事です。福島県在住であった事を覚えていて下さったのですね。幸い私の住んでいる会津地方は福島県の中では震源から遠いので、震災は大きくありませんでした。
 地震発生時私のいた場所は震度6弱で、初めて震度6を体験しましたが、地震の揺れの怖さよりも原発の事が心配でした。そしたら最悪の想定のメルトダウン(炉心溶融)にまで至ったようです。日本でワーストの原発事故になるでしょう。世界でもワースト3。願わくば、チェルノブイリ、スリーマイルに次いで3番目に酷い事故で留まって欲しいものです。
 半径10kmの非難なんて甘過ぎるのではないでしょうか!?
。なお、この事は記事、【狂気の科学技術】のコメント欄でやり取りしていますので、宜しければ参加して下さい。

ここの記事は神社の記事ですが、お祈りして日本の古来の神様にすがってでもメルトダウンが早く収まる事を願います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大山祇
良いところですね。杉の大木が何とも言えぬ雰囲気です。
門前には店もあり結構繁華な神社のようですが、奥まで行く人はいないかな。
「出会い」という言葉を見てなぜか熊との遭遇を思ってしまいました。今年は危なそうですが、そちらは大丈夫でしょうか。北陸は相当出ています。

さて、途中の滝は不動滝とか、実は母の実家の近くにも不動滝と言う大きな滝があります。調べてみたら全国に100以上の不動滝があるようです。滝の雰囲気がなにかお不動さんを思わせるものがあるのでしょうか。

山菜採取禁止の立て札で、よく採れるということが判っちゃいますね。
2010/10/29(Fri) 12:40 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:大山祇
    上々さん、


 杉の大木は、今年7月29日にアップした隠津島神社のほうが大きく高いのがありましたが、杉並木の長さは断然こちらの大山祇神社の参道のほうが多かったです・・・何せ長い道ですから・・・つまり杉の木の数も大山祇のほうが遥かに多かったです。本社が近づいてきてから、500mくらいは大きな木の杉並木の細い山道が続いたような記憶です。・・杉並木というよりも杉の森に細い山道が付けられていた・・という感じです。

 門前のお店は写真に写っているところばかりでなくもっとありました。夏場の午前中から昼頃はもっと混んでるのではないでしょうか?
 私が登り始めたのが午後3時頃ですから、他に本社まで行く人がいなかったのでしょう。でも、登り始めの頃すれ違った人達はきっと本社まで登って来た人でしょう。昼前に登り始める人が多いのだと思います。
 山登りの感覚ですから午後、夕方近くから登る人はあんまりいないのでしょう。

 熊は今年は会津地方でも結構出ています。ついこの間も私の住む町の山の近くで熊が出た事がニュースになっていました・・・確か全国版でも放送した記憶です。今年は山のクヌギとか餌になるものが少ないようです。

「不動滝」という名の滝は会津地方だけでも何箇所か有ります。今年の1月29日の記事の写真も小さいながら不動滝です。
 
確かに山菜取り禁止の立て札は逆効果の面もあるでしょうね。
 ・・・ちょっと話はそれますが、無駄な公共工事の典型である広域林道などを作って、地元の人も山菜取りが便利になった・・・などと説明していますが、実情はよそから車で山菜取りに来る人が増えて困っているようです。おまけにゴミの不法投棄場にもなっています。本当に迷惑な自然破壊の公共工事です。

 
 素晴らしい神社のご紹介有難う御座いました。地元にこんな凄いところがあるとはご紹介されるまで知りませんでした。
地元では、「おおやまのかみ」とも呼んでいるようです。
「祇」の字は「かみ」っても読みそうですね。
 
2010/10/29(Fri) 22:17 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
大山祇神社は山の神でもあり、海の神でもあり、戦の神でもあるので相当守備範囲は広そうです。
祇の字は祇園の祇でもあります。

参拝する方々はよくわかっていて奥まで行くつもりの人は朝早くから来られるのでしょうね。それも若いうちだけなのかも。年を取ったら麓だけであきらめざるを得ないのでしょう。無理に車で連れていくというのも良し悪しになります。
車で行けるようにしてしまったら雰囲気もおしまいでしょう。

さて、熊ですが元々どんぐりの裏作の年に当たる上に猛暑で相当量が少なくなっているようです。かなり腹を空かせているせいか、いきなり人間に襲いかかる(ように見える)場合も多く、射殺される熊も相当数に上っています。かわいそうなものですが、自分が出会う可能性もありますので、そうとばかりも言っていられません。

不動滝の名前の由来として、近くに不動尊の祠があるなんて紹介してある所もありますが、これは逆でしょう。不動滝と言う名前をつけたので祠を作ったと言う可能性が強いと思います。やはり滝の形状から連想されたのでがないかと思います。長野南部の不動滝も、この写真のように高く、水量も多い堂々とした滝です。
2010/10/30(Sat) 08:54 | URL  | 上々 #-[ 編集]
湧水の手水舎が素敵です
手水舎が湧水で、しかもその水が美味いとは、すばらしい神社ですね^^

最近になって、あるお方に利き水を教えられたせいか、水道水と湧水の違いがバッチリわかるようになりました。

美味い水を飲むと体の調子が良くなります。
(プラシーボ効果ですかね^^;?)

神社の杉の木も荘厳でいいですよね。
個人的には、杉がにょきにょき立っている風景が好きで神社めぐりをしているフシがあります。
(今は新潟県の神社仏閣をめぐっております)

社と杉の清浄な雰囲気や荘厳な雰囲気は、守るべき日本の文化です。
こちらの某神社においては、観光のためなどの理由で、本社のすぐ横や鳥居と参道の間にアスファルトの道路が通っているのをみると残念な気持ちが湧きます。
2010/10/30(Sat) 09:21 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:祇
>山祇神社は山の神でもあり、海の神でもあり、戦の神でもあるので相当守備範囲は広そうです。

「大山祇」 だから、単純に山の神と思ったら、そう簡単ではないのですね。『祇』の字は、氏神を祀るの意、土地の神の意味のようですね。

>参拝する方々はよくわかっていて奥まで行くつもりの人は朝早くから来られるのでしょうね。

そのようです。登山の恰好であったり、修業の恰好であったりします。かなり前から熟年登山が流行っていますが、百名山登山などと比べたら遥かに楽だと思います。

>車で行けるようにしてしまったら雰囲気もおしまいでしょう。

おっしゃる通りです。それは止めて欲しいものです。広いほうの道はやっと車が通れるくらいの幅があります。ジープタイプの車でないと難しいでしょうが、神社関係者や工事関係者は車で登っているのかも知れません。

>不動滝の名前の由来として、近くに不動尊の祠があるなんて紹介してある所もありますが、これは逆でしょう。不動滝と言う名前をつけたので祠を作ったと言う可能性が強いと思います。

>滝の形状から連想されたのではないかと思います。

ああ、なるほど、言われてみればそうですね。
あの男性的で逞しい滝の感じが不動明王を連想するわけですね。 
2010/10/30(Sat) 21:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:湧水の手水舎が素敵です
そうなんですよ、でなしさん。

 この手水は後ろの崖の間から沸いてくるのですが、水量もかなり多く、樋の中を流れて手水になる以外にも多くの湧水量があり、写真左手のようなきれいな泉になっています。樋を伝わって手水になった清水も、どんどん出てくるので、水が溢れ出ています。

 ここの湧水はかなり美味しいので、いつか機会があれば他の会津の美味い湧水と比べてみたいと考えています。今のところ一番おいしいのは磐梯の龍ヶ沢湧水などです。それと同じくらい美味しく、長持ちする湧き水かも知れません。
 因みに売っている水は、効き水で比べればわかりますが、かなりまずいです。美味しいと評判の地域の水道水などと比べても断然不味いですよ。水道水よりも不味い水を買ってまでよく飲みますよね。

 この大山祇神社は、新潟県境にある西会津町にありますから、新潟からは行きやすいでしょう。是非本社まで訪れてみて下さい。わかれば奥の院まで探検すれば面白いでしょうね。
 そしてこの素晴らしい手水を飲んできて下さいませ。
 汲んで持って来たいとも思いますが、片道4kmです。リュックを背負って、20ℓくらい汲んできたいところですが、水を汲んだ後の帰り道は重労働でしょうね。・・それだけの事をしても汲んでくる価値のある湧水かも知れません。清水としては全然有名でなく、殆ど人に知られていないのがいいですね。
2010/10/30(Sat) 21:43 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
清水
google mapで付近の地理を拝見しましたが、あの環境なら水質に問題ないかもしれません。
湧出量が十分ならさほど汚染もされないと思われます。
ただし、容器が汚いとすぐに悪化しますので注意を。

全国数々の名水がありますが、そこに小汚いポリタンクを持って行って汲んでいる人を見るとぞっとします。中にはそれを使って食べ物商売をする人もいるようで、くれぐれも十分加熱する食品だけに限ってほしいものです。
2010/11/01(Mon) 13:00 | URL  | 上々 #-[ 編集]
長持ち清水
上々さん

付近の地理をみて水質を判断出来るなんて凄いですね。

当方は清水汲みはかれこれ8年くらい続けています。
会津地方の磐梯町には、強清水[こわしみず]という有名な清水がありますが、残念ながらそれほどいい水ではありません。味も今一ですし、汲んで一週間ほどで腐り始めます。
 一方本当になかなか腐らない水が存在します。(塩素や農薬がたっぷり入っているわけではありません・・笑)
 私が同僚から「冷蔵せずに一年以上腐らずに持つ」という清水の話を聴いたときは信用しませんでしたが、試しに汲んで密閉しておいて1年以上置いても飲めました。
 その方のお話によると地下に何十年も寝ていた清水だそうです。硬水で有機物を含まないから長持ちするのでしょうか?・・上々さんのご意見をお聞かせ下さい。

 
2010/11/01(Mon) 23:16 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
湧水
水質判断なんてとんでもない。ただ、上流に民家があると地下水と言えど汚染されている可能性があるかと思っただけです。
水が腐るかどうかというのは、細菌が入り込む可能性があるかどうかと栄養素があるかと言うことです。
有機物があるともちろんだめですが、無機イオンがあってもそれだけで生育できる細菌があり、その菌が生えてくるとその代謝物を使って他の菌も生育し、一気に腐って来ると言うことになります。
したがって、汚染菌がある状況では硬水(マグネシウム・カルシウム等が多い)の方がかえって腐りやすいかもしれません。
おそらくRO水(逆浸透膜でろ過した純水)の方が当然腐りにくいでしょう。

また湧出量も大事で、阿蘇の湧水池なども人里の中にありながら大量の湧出量があるため汚れも薄まるせいかなかなか腐らないということもあります。

それよりもとにかく汲んでくる容器ですね。きれいに洗うのは当然ですが、殺菌までできるといいんですが。
2010/11/02(Tue) 08:44 | URL  | 上々 #-[ 編集]
腐らない水の保存の仕方
>無機イオンがあってもそれだけで生育できる細菌があり、その菌が生えてくるとその代謝物を使って他の菌も生育し、一気に腐って来ると言うことになります。

なるほど、そういう事ですね。よくわかりました。有難御座います。上々さんは、キノコやカビなどの菌類だけではなく細菌類にもお詳しいのですね。


 会津地方の昭和村には、銘水が10か所以上御座いますが、そのうち2か所は1年以上腐らない水です。もう少し近くの今年から汲み始めた磐梯の銘水である龍ヶ沢湧水も、まだ1年以上は試していませんが、1ヵ月以上は持ちました。(夏場に1ヵ月以上持つ水は1年以上大丈夫なようです。)

 さて、私が清水を汲んでくると、よく知りあいや親せきにお裾わけしていたのですが、そのうち3,4件は私が汲む清水の固定客になり、毎回沢山お裾わけしています。そのため最近夏場には月に2回くらいのペースで汲みに行かなければ追いつきません。
 家ではペットボトル飲料はあまり飲まないのですが、長年かかって2ℓペットボトルを中心に集めて頂き、200本以上集まりました。それぞれの家で清水を飲んだ後は、口を逆さにして水を全部切るように置いておいて頂き、キャップはキャップで別に洗って保存して頂いております。ポリタンクで用意される方は熱で煮沸消毒されて乾かしてからキャップを付けて私に渡しています。

 汲む方の当方は、空気が残らないように、キャップの口ぎりぎりまで水を入れるように工夫をしています。

 やはり汲む場所が一番大切ですね。何故か美味しい清水は腐りにくい水が多いようです。・・しかしやはり汲み立てのほうが美味しいですね。数か月経つと不味くなります。売ってる水が不味いのはそれも原因でしょう。水が美味いか不味いかは、同じ温度にして同時に同じようなコップに入れて飲んで比べればわかります。 
2010/11/03(Wed) 08:30 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
水の美味しさ
水の美味しさと言うのはあまり判らないのですが、熊本の自宅は地下水で美味しかったのですが最近少し温度が上がっているようで地下水の水量が減っているのかもしれません。そうなると水質も悪化する可能性があります。

また、石川県の当地も水道水もかなり水質がよいようで、結構美味しく頂いております。

採水容器につきましては、結構気を使われているようで、それだけ対策していれば十分かと思います。ペットボトルは中が見えますが、ポリタンクは確認しずらいので注意が肝心かと思います。
2010/11/03(Wed) 10:41 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:水の美味しさ
 実は私も水の美味しさはあまり分かりません。ただ、水温や容器などを同じ条件で一緒に飲み比べてみると差がわかります。効き水とでも申しましょうか?私だけでなく複数の方にやって頂き、ほぼ一致した結論になっています。
 汲んで来た昭和村や磐梯龍ヶ沢の清水が一番おいしく、続いて水道水、一番まずいのが売っている水という順番はやった人全員一致するところです。今度地下水も入れてやってみたいです。
 兎も角売っている水は買う価値がないと言う事です。始めて汲んでみた清水が不味いときには「売ってる水よりはましか・・」と言うのが口癖になりました(笑)。都会の水道水は売っている水よりも不味いのでしょうか?・・そう言えば、大阪とかの水道水は不味かった記憶があります。醤油や清酒を作っている地域の地下水は美味しい筈なのに、そうでもない地区もありました。・・明らかに水が不味い地域ってありますね・・。

 不味くて直ぐに腐る清水は結構あり、強清水のように有名だから美味しいわけではありません。上々さんのおっしゃるように上部に民家の無い標高の高いところの水が質がいいですね。勿論どの清水も水の沸き出し口から汲んでいます。つまりそれより上流はなく、源泉という事ですが、それでも長持ちして何度も汲みに行きたいと思う名水は限られています。

 近所の方で親しくしているお家で、通信販売で温泉水を遠くから(九州から)取り寄せて買っていた方が、汲んでくる会津の清水のほうが美味いと言う事で、通信販売の水を買うのを止めて私の汲む水に変えました。・・その温泉水の2ℓのペットボトルを沢山いただいて使っています。ポリタンクを使っている別の方は手やたわしを中に入れて洗えるように口の大きい物を使って、手を中に入れてきれいに洗った後熱湯煮沸してから蓋をしっかりして私にポリタンを渡しています。神経質なくらいです。

 実は私も10年くらい前までは、エネルギーと労力を使って遠くまで清水を汲みに行くなんて馬鹿げていると思っていました。上々さんもそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?
 地元会津地方でも、水道水でも十分に美味しい地区や美味しい地下水を飲んでいる地区もまだまだあります。昔は井戸を自分で掘ったりして水を利用していたようです。しかし最近は地下水も汚れているようですし、それを誤魔化す為に自治体が無理やりに上水道に変えてしまったところも多いようです。
 上々さんの熊本の御自宅のように美味しい地下水が自宅で汲めることが理想です。水を遠くに汲みに行くなんてやはり馬鹿げています。一緒にブナの森を見に行ったり神社巡り、温泉巡り等をして、「そのついで」と言う事で自分に言い訳しています(笑)。確かにいい清水が湧いているあたりには、森があり、温泉や山の無人の神社のある場所が沢山あって、いいところが多いです。
 記事の大山祇神社も、温泉こそないものの(少し離れた場所にあります。)、杉の山の広い森があり、素晴らしい手水舎の最高の清水がありました。
2010/11/03(Wed) 14:13 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
水道水
水道事業は自治体それぞれと言うこともあり、水道料金が町によって何倍も違うのは知られていますが、味も相当違います。
大阪や東京では流れてくる川の水を浄化しているのでそれほど良くはないのですが、技術の進歩でかなり良くなってきました。
熊本も良いと言われていますが、実は自治体によってかなり異なり、地下水を使える熊本市や八代市の一部などは非常に美味しいのですが、使えない地域ではあまり良くはありません。天草や宇土などはあまり良くはないのではないかと思います。この辺の事情は地下水の流れと水量により大きく影響を受けますので、使い過ぎて足りなくなるという事態が来る可能性も大きいようです。
なお、どうも石川県もこの辺は地下水ではないかと思っていますが、まだ良く事情が判りません。

九州の温泉水というのも全国に配送されていますが、こんな物がはびこるのも輸送料が安くなっている石油バブルです。
飲料は運ぶのも金がかかるといってビール会社が消費地近くに工場を建てていたのも昔の話で、今は(今のところは)集約しようと言う風潮になってしまい、キリンも栃木や北陸工場閉鎖してしまいました。
まあもうすぐ変わるでしょう。
2010/11/04(Thu) 09:25 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:水道水
きれいで美味しい地下水が家で汲める事が理想ですね。最高の贅沢の部類かも知れません。
 井戸水でなくとも安全で美味しい水道水が飲めればいいですね。

>水道料金が町によって何倍も違うのは知られていますが、

ちょっと話は変わりますが、新しいダムを作って水道料金に大きく上乗せする自治体もあって酷いものです。

>九州の温泉水というのも全国に配送されていますが、こんな物がはびこるのも輸送料が安くなっている石油バブルです。

件の温泉水、ご存知でしたか?・・九州では有名なのでしょうか?・・・本当にエネルギーの無駄遣いですね。・・大した水ではないと思うのですが・・よく取り寄せて飲むものですね。馬鹿みたいですね。

>まあもうすぐ変わるでしょう。

妥当な予測なのでしょうね。そうなって欲しいものです。
2010/11/04(Thu) 22:01 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
水の評価
雑草Zさんのように合理的な水の評価方法を行なって本当に美味しいのはどっちだという比較をできれば良いのですが、(それほど手間がかかるわけでもないはずですが)
それをやらずにイメージだけで買っている人が大半でしょう。
ミネラル豊富が良いと言う人もあれば、ミネラルまで全部濾過して無くした方が良いと言う人もあり、ばらばらです。そこもはっきりと試してみれば判るのでしょうが。
とにかく現在の輸送費格安の状態(その陰には運送業者さんの大変な苦労があります。)がなせる技で、自分で買いに行くのは相当大変でしょう。

九州で勤務していた頃は、鹿児島の業者さんなどを通して頂いたこともあります。あちらでは本業以外にあれこれなんでも仕事にならないか必死ですので、(地方の経済状況は確かに劣悪です)どのようなものでも懸命に売り込みます。
それが悪いわけではないのですが、買う方が考えれば良い話です。地元の方には悪いですが、私は金を出して買う気にはなりませんでした。
2010/11/05(Fri) 10:27 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:水の評価
>現在の輸送費格安の状態(その陰には運送業者さんの大変な苦労があります。)がなせる技で、自分で買いに行くのは相当大変

遠くまで買いに行くのは論外ですね。でも、自宅の井戸や水道から飲めないまでも、近くにいい水が湧いていて、酌みにいければいいですね。まさに私がそんな環境です。・・近場といっても本当に満足のいく湧水の汲み場までは、片道10km以上はあります。歩いていける距離にあれば、汲み溜めの必要も無く言うことありません。

 本州(特に東北)の人がわざわざ水を九州から取り寄せて飲むのもおかしなことですが、現在は水を海外からも沢山輸入してますね。水が豊かだと言われた日本なのに愚かな事です。海外から輸入した水は、日本で売ってる水よりもさらに不味いです。水道水より遥かに不味いです。遠くから輸入して時間が経っていることも理由の一つでしょうか?・・あんなのを買って飲む気は致しません。
2010/11/05(Fri) 14:09 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
軟水と硬水
日本の土壌は火山灰土壌で、しかも降水量が多いため土壌中のカルシウムなどが溶脱しやすく、流れる水も軟水になっているそうです。(沖縄を除く・とのこと)
一方ヨーロッパでは硬水が多く、飲用に適さないほどのものも多かったため、程度の良いものを飲料用にすることが広く行なわれたようです。
日本では若干ミネラルの多い地下水が美味と感じられるのでしょうか。
それでもヨーロッパのミネラル水の方がミネラル過剰ですので、美味しいと感じられるかどうか疑問です。

なお、日本で水の美味しいと言われる場所が海外企業に買収されている例も増えているとのことです。もしかしたらそこからボトルドウォーターを輸出しようと言う動きなのかもしれません。
日本でも地下水には限りがありますので、危険な徴候かもしれません。(まあ輸送費が安い間は・ですが)
2010/11/05(Fri) 16:27 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:軟水と硬水
 やはり日本は水の豊かな国ですね。その美味しい水が豊富にある日本が、飲料に適さない水が多いヨーロッパから、比較的「ましな」水を輸入しているのですね。馬鹿馬鹿しいですね。雰囲気で買っているのでしょうか?効き水すれば違いがわかるのですがね。・・・ヨーロッパの水は、輸入で古くなると言うよりも、もともと不味い硬水が多いわけですね。・・あの不味い味は、金属の味のようですね。
ヨーロッパに限らず、海外からの輸入水は本当に不味いです。まあ、あれが美味しいと言う人もいるのでしょう。

>日本で水の美味しいと言われる場所が海外企業に買収されている例も増えている

それは初耳です。由々しき事ですね。確かに美味しい水の豊富な日本は、水の輸入国になるよりは輸出国になる方がまだ合理的です。しかし、水を石油のエネルギーで海外まで運ぶなんてホントに馬鹿げています。

>まあ輸送費が安い間は・ですが

オイルピークで、そんな時代も去るでしょうね。本当に愚かな事に石油を使っていたと気づく日も近いでしょう。
2010/11/06(Sat) 10:06 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
中東の水生産
エネルギーさえ使えば海水のあるところでは簡単にRO水が作れるわけで、実際に中東では濾過して水を作っているはずです。適度にイオンを残すなんていうめんどくさいこともしなければ、純水をいくらでも使えるわけですが、以前に工場で純水を使っていた際は非常に高価で、同じ量の酒より高いなんて言ってましたが、今はどうでしょうか。

とにかく、日本の美味しい水は宝物ですから、適度に利用し枯渇しないように大切にしていく必要があります。
2010/11/07(Sun) 10:12 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:中東の水生産
RO水については知りませんでしたので、調べてみて概要はわかりました。このRO水は山の清水のように美味しく、安く簡単に作られるのであればそれを利用するのもいいですね。

>以前に工場で純水を使っていた際は非常に高価で、同じ量の酒より高いなんて言ってました

そんなに高ければ工業用水として使うにはコストがかかり過ぎますね。・・・話はそれますが、海外から輸入した水も500mlで100円くらいですから、ガソリンよりも高いですね。

>日本の美味しい水は宝物

全くその通りですね。不要な開発などでこれ以上日本の美味しく豊富な水を減らして欲しくはないものです。
2010/11/07(Sun) 21:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ご無事ですか?
お久しぶりです。
確か、雑草さんは福島県のご在住だったと思い出し、地震の被害に遭われていらっしゃるかもしれないと思い、コメントさせて頂きました。ご無事でいらっしゃいますか??
福島県内も各所で倒壊・津波等の被害が出ていると聞いています。私も慣れ親しんだ福島県が、小さい頃によく行ったいわきの海が、被害に遭っているのは、なんとも言えない気持ちです。
遠く離れてはおり、出来ることは僅かかとは思いますが、少しでも復興することを願っております。
2011/03/12(Sat) 17:55 | URL  | かっし~ #-[ 編集]
Re:お見舞い有難う御座います。
    かっし~さん

 お気遣いのコメント感謝致します。今のところ無事です。福島県在住であった事を覚えていて下さったのですね。幸い私の住んでいる会津地方は福島県の中では震源から遠いので、震災は大きくありませんでした。
 地震発生時私のいた場所は震度6弱で、初めて震度6を体験しましたが、地震の揺れの怖さよりも原発の事が心配でした。そしたら最悪の想定のメルトダウン(炉心溶融)にまで至ったようです。日本でワーストの原発事故になるでしょう。世界でもワースト3。願わくば、チェルノブイリ、スリーマイルに次いで3番目に酷い事故で留まって欲しいものです。
 半径10kmの非難なんて甘過ぎるのではないでしょうか!?
。なお、この事は記事、【狂気の科学技術】のコメント欄でやり取りしていますので、宜しければ参加して下さい。

ここの記事は神社の記事ですが、お祈りして日本の古来の神様にすがってでもメルトダウンが早く収まる事を願います。
2011/03/12(Sat) 19:17 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。