-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-07-17 00:02
人類の歴史が始まって以来、核戦争よりも悲惨な天災が起こった事があったでしょうか?
今回のメキシコ湾の原油流出事故は、原発事故のように広大な地域の環境汚染です。これからどんどん世界中の海に原油まみれの波紋が広がっていく事でしょう。正にグローバルな環境危機とも言えましょう。世界の生態系の危機であり、生態系の危機は人類の生存の危機でもあるわけで、世界の破局が始まる懸念を抱かせるに十分深刻なものです。報道規制がはたらいている為か、最近この事故の情報があまり流されなくなってきましたが、ある日突然、この原油が日本の海岸に押し寄せてくる・・と言う可能性だって否定出来ないのではないでしょうか?・・・勿論、大西洋のメキシコ湾からかなり遠い太平洋の日本に原油が押し寄せてくるようになったなら、日本だけではなく、世界中の海がこの事故の原油で汚染される事になるでしょうから、かなり深刻な問題です。それこそ世界の破局の始まりでしょう。・・恐ろしい現実です。


ここ数年、世界で起こった天災による大災害の原因は、ハリケーンであったり、大地震であったり、津波であったりしましたが、直接的な死者の数は少ないにしても、今回の原油流出事故は、それらの大きな自然災害よりも遥かに深刻な影響を及ぼす事故ではないでしょうか。
スマトラ沖地震津波の時も、中国四川省大地震の時も、そして、今回のメキシコ湾原油流出事故の現場と比較的近い場所で起こったアメリカのハリケーンカトリーナによる洪水も、・・・いずれも日本から見れば、対岸の火事でした。日本に住んでいる殆どの人が、その惨劇を遠くの出来事と捉え、日本にまで災害が及ぶとは思わなかったでしょう。しかし今回のメキシコ湾の事故は、近い将来遠い日本にも流れ着く日が来そうな勢いです。そして、これから日本にも直接間接、様々な被害を及ぼす可能性が高いでしょう。

第二次世界大戦までは、人為的な災害の中で戦災のみが、大きな天災よりも人間社会に大きな災害をもたらしました。しかしその後、20世紀の半ばを過ぎると、チェルノブイリ原発事故や今回のメキシコ湾原油流出事故のように、エネルギー開発による人為的な事故が、天変地異とも言えるような大災害を超えるようになってきました。ある意味人類の力はそこまで大きくなったと言えましょう。
 だからこそ人間は意識して自重、自粛しなければならない筈です。
チェルノブイリ原発事故や今回のメキシコ湾原油流出事故のような、自然災害を超えるような大規模な人災を引き起こす可能性がある事業は、推し進めるべきではないでしょう。そんな人類の存亡を賭してまでエネルギーを開発する必要は全くないでしょう。それらの開発によって得られたエネルギーは、どうでもいいような浪費で、どぶに捨てられるようなものなのです。人類はエネルギーの浪費の為に、人類の存亡を賭けるような、そんな愚かな存在ではない筈です。だからこそ、原発や深海油田開発などのように、人類存亡のリスクのある事業は、凍結どころか、永久中止にして然るべきでしょう。人類が生態系のトップに君臨すると自認するならば、常に心掛けるべき事は、進歩と言う美名のもとに、リスクの大きい自然破壊の開発を推し進める事ではありません。それは実質破局への道です。自重、自粛・・・これからの人類は、開発を控える事こそ心すべき事でしょう。

 非常に大きな自然災害による天変地異で、地球が滅亡の危機に立たされるような映画が沢山作られていますが、そんな可能性は殆どないでしょう。実際にこれから人類が危機に立たされるとすれば、人間の手による開発が原因となる可能性の方が遥かに大きいでしょう。それも全く不必要な狂気の沙汰のエネルギー開発による可能性が最も大きいでしょう。エネルギー開発の為に存亡の危機に立たされるなんてお話になりません。原因が愚か過ぎて泣くに泣けません。エネルギー浪費の為の開発を推し進めるのではなく、エネルギーを使わない方向を模索すべきです。それは当然の帰結として脱成長路線と言う事になりましょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/07/17 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

人災の規模
guyver1092
 派手なところで天然ガスのタンカーが座礁爆発したらなんと核爆弾並みの爆発力だそうです。タンカー丸ごとの大きさの燃料気化爆弾ということのようです。

 日本でも足尾銅山鉱毒事件がありましたね。あれの被害も天災を超えていたのではないでしょうか。
 この鉱毒事件は、現在もどこかの国で川の上流の鉱山のせいで下流の現地人がとてつもない被害を受けているところがあるようです。
 鉱毒事件、原油流出事故等は環境を破壊しその後、場合によっては何十年も被害が続きます。これから食料がなくなる時代というのに、なにをしているのかと思います。

まさに。
でなしNo.146
人災は天災を越えるまでになっていたのですね。

ざっくりと考えれば、人間が地球を(大なり小なり)壊せる力を手に入れているということですよね。

ただ、壊すのは簡単だけれども、作るのは難しいのが世の中の定石です。

言葉は悪いですが、人を死なすのと生き返らせる場合なら、明らかに後者はムリですから(汗)

好き勝手やって、壊れてしまった後に、「どうしよう…」と迷うのは愚者のすることです。

技術を磨くのであれば、自然を利用し、自然と共存するシステムの構築などに絞るべきです。

間違っても、エネルギー対策やらで原発とか海底油田とかやめてほしいです。
市民の皆様もアジテート(洗脳?)されないでほしいです^^;

Re:人災の規模
雑草Z
>天然ガスのタンカーが座礁爆発したらなんと核爆弾並みの爆発力

それは初耳です。そんな凄い災難になるのですね!・・驚きです!

>この鉱毒事件は、現在もどこかの国で川の上流の鉱山のせいで下流の現地人がとてつもない被害を受けているところがあるようです。

そうですね。『文明崩壊』には、アメリカの悲惨な鉱毒事件の例も載っていたような記憶です。おっしゃるようにアフリカや南米や中国やインドのどこかで、もっと酷い鉱毒事件が進行中のような感じが致します。

>これから食料がなくなる時代というのに、なにをしているのかと思います。

全くその通りですね。非常に悪質で無責任な実業家が多過ぎますね。兎も角、現代の無節操な資本主義は早く終わらさなければなりませんね。

Re:まさに・・・
雑草Z
>人間が地球を(大なり小なり)壊せる力を手に入れているということですよね。

そうですね。現在は地球を割ったり、粉々には出来ませんが、広く大気を汚染したり、地表に穴を空けて原油をどんどん漏らしいたり、地球表面の生態系を破壊する事は出来るようになりましたね。

人口が増え、経済が成長し、科学技術力が大きくなるにつれ、ますます人間は大きな破壊力を持つでしょうね。そのうち、地球を粉々に砕くような技術を持ったら大変です。

>好き勝手やって、壊れてしまった後に、「どうしよう…」と迷うのは愚者のすることです。

チェルノブイリの事故や、今回の原油流出事故がまさにその例ですね。こんな酷い愚行を犯して、胸の痛む思いです。

>技術を磨くのであれば、自然を利用し、自然と共存するシステムの構築などに絞るべきです。

全く以てその通りで、早く世界中でその合意に至るべきですね。手遅れになる前に・・。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
人災の規模
 派手なところで天然ガスのタンカーが座礁爆発したらなんと核爆弾並みの爆発力だそうです。タンカー丸ごとの大きさの燃料気化爆弾ということのようです。

 日本でも足尾銅山鉱毒事件がありましたね。あれの被害も天災を超えていたのではないでしょうか。
 この鉱毒事件は、現在もどこかの国で川の上流の鉱山のせいで下流の現地人がとてつもない被害を受けているところがあるようです。
 鉱毒事件、原油流出事故等は環境を破壊しその後、場合によっては何十年も被害が続きます。これから食料がなくなる時代というのに、なにをしているのかと思います。
2010/07/19(Mon) 23:11 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
まさに。
人災は天災を越えるまでになっていたのですね。

ざっくりと考えれば、人間が地球を(大なり小なり)壊せる力を手に入れているということですよね。

ただ、壊すのは簡単だけれども、作るのは難しいのが世の中の定石です。

言葉は悪いですが、人を死なすのと生き返らせる場合なら、明らかに後者はムリですから(汗)

好き勝手やって、壊れてしまった後に、「どうしよう…」と迷うのは愚者のすることです。

技術を磨くのであれば、自然を利用し、自然と共存するシステムの構築などに絞るべきです。

間違っても、エネルギー対策やらで原発とか海底油田とかやめてほしいです。
市民の皆様もアジテート(洗脳?)されないでほしいです^^;
2010/07/20(Tue) 11:55 | URL  | でなしNo.146 #89zBIK8s[ 編集]
Re:人災の規模
>天然ガスのタンカーが座礁爆発したらなんと核爆弾並みの爆発力

それは初耳です。そんな凄い災難になるのですね!・・驚きです!

>この鉱毒事件は、現在もどこかの国で川の上流の鉱山のせいで下流の現地人がとてつもない被害を受けているところがあるようです。

そうですね。『文明崩壊』には、アメリカの悲惨な鉱毒事件の例も載っていたような記憶です。おっしゃるようにアフリカや南米や中国やインドのどこかで、もっと酷い鉱毒事件が進行中のような感じが致します。

>これから食料がなくなる時代というのに、なにをしているのかと思います。

全くその通りですね。非常に悪質で無責任な実業家が多過ぎますね。兎も角、現代の無節操な資本主義は早く終わらさなければなりませんね。
2010/07/20(Tue) 22:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:まさに・・・
>人間が地球を(大なり小なり)壊せる力を手に入れているということですよね。

そうですね。現在は地球を割ったり、粉々には出来ませんが、広く大気を汚染したり、地表に穴を空けて原油をどんどん漏らしいたり、地球表面の生態系を破壊する事は出来るようになりましたね。

人口が増え、経済が成長し、科学技術力が大きくなるにつれ、ますます人間は大きな破壊力を持つでしょうね。そのうち、地球を粉々に砕くような技術を持ったら大変です。

>好き勝手やって、壊れてしまった後に、「どうしよう…」と迷うのは愚者のすることです。

チェルノブイリの事故や、今回の原油流出事故がまさにその例ですね。こんな酷い愚行を犯して、胸の痛む思いです。

>技術を磨くのであれば、自然を利用し、自然と共存するシステムの構築などに絞るべきです。

全く以てその通りで、早く世界中でその合意に至るべきですね。手遅れになる前に・・。
2010/07/20(Tue) 22:50 | URL  | 雑草Z #RHjNpWvA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。