-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-07-13 00:01
家畜は人間にとって役に立つ動物です。最近では専ら食用が専門ですが、昔は労役にも十分に役に立ちました。馬をはじめとして、乗り物として、交通手段にもなりました。・・余談ですが、今は自動車のほうが優れている・・・と、取って代わられてしまいましたが、馬などの動物のほうが、乗り物としても優れている部分も沢山あるでしょう。・・車のようにしっかりした道が無くても通れますし、生きた動物ですから、臨機応変に対応出来ます。機械の自動安全装置よりもある意味安全でしょう。そして、有毒な排気ガス(・・二酸化炭素ではありません・・NOxやSOxなどです・・)も出しません。その代わり、もっと厄介な馬糞を出すではないか・・・と言われそうですが、馬糞は土の上ならそのまま置いといても自然に戻ります。自然の循環、生態系の循環をしっかり回ります。

さて、食用ではなく、昔の労役の家畜の事を考えます。農作業などに利用された牛などの家畜は、土地を開墾するときになどにはある程度沢山必要になって増やされた事でしょう。しかし、開墾する土地が無くなると、通常の農作業をする分以上は必要なくなり、減らされたでしょう。まあ、可哀そうだから死ぬまで餌を与えられて飼われ続けた事もあったかも知れません。食べられてしまったかも知れません。いずれにせよ、余分な牛を利用する事だけが目的で、不必要な土地の開墾が行われるような不合理な事は無かったでしょう。・・至極当然な事です。

さて、そんな不合理な事・・・増やし過ぎて必要なくなった家畜に、わざわざ要らない仕事をさせる・・・と言うような事・・をどんどん行っているのが現代社会です。現代社会が合理的な社会の筈が御座いません。
その代表例がゼネコンでしょうか?・・高度経済成長時代に、どんどん道路やダムを作って更なる経済成長する為に、ゼネコンは肥大に肥大を重ねてきました。・・・実はもともと、その時代から必要なかった公共工事は沢山あったと思いますが・・・その結果増え過ぎたゼネコンを養うために、国家や地方自治体は、常に公共工事を次々に生み出し続け無ければならなくなりました。・・・そして現在の道路工事も河川工事も、補修工事以外の新規工事の殆どは、不必要な事は誰の目にも明らかです。・・と言うよりも、役に立たない自然破壊の工事です。自然を破壊して税金を貰っている・・・と言っても過言ではないでしょう。道路工事も河川工事も、最近の新規工事で、本当に必要な工事だと納得出来るものは皆無です。新規工事で無く補修工事でも、例えば河川改修工事など、非常に大げさなものが多く、川の生態系をこれでもか・・・とばかりに破壊しているとしか思えません。そう、巨大化し過ぎたゼネコンの多くは自然環境を喰い荒して生き残っていると言えましょう。日本では最近沢山のゼネコンが潰れている・・と言いますが、まだまだ多過ぎると言えましょう。勿論ゼネコンに携わる人々の生活はあります。しかしだからと言って、不必要であるばかりか、自然を破壊する公共工事を続けさせる訳にはいかないでしょう。人間を含めた生態系の存亡に関ります。・・ならばどうするか・・・職種転換で、ワークシェアリングするしかないでしょう。・・・就農するのもいいでしょう。機械を使わずに有機農法を行えば、多くの人出が必要になるでしょう。【人海戦術】です。ピークオイルが過ぎて、石油も不足してくれば、農機具に使う石油も無くなってくるでしょう。将来的には人力や畜力に頼らざるを得ない状況も想定されます。
そう、もうゼネコンは、メンテナンス以外は必要ないから規模も一桁以上減らして然るべきでしょう。

ゼネコンばかりではありません。自動車産業も、電気産業も高度経済成長時代を通して肥大化し過ぎました。だから日本では、グリーンニューディール政策・・と言う名の景気対策、経済活性化政策で、補助金だとか減税だとかエコポイントだとか、納税者や真面目に物を大切にしている人を馬鹿にしたような政策で、肥大化し過ぎた産業を保護し続けています。

メーカーに限らず、現在の日本の大企業の中で、税金を補助されていない企業がどのくらいあるでしょうか?・・なかなか思いつきません。・・どこが自由競争経済なのでしょうか?
そう、大企業の殆どが、肥大化し過ぎて、不必要な部分が大きくなり過ぎたのにその大きさを保つ為に、国家予算を収奪して環境を破壊する巨大な家畜・・・お荷物になっているのです。それもこれも経済成長主義と言う愚かな膨張主義の賜物と言えましょう。
このまま国家の巨大家畜を飼い続ける積りでしょうか・・・日本の借金はもう既に破綻の寸前の筈です。・・・そして財政破綻よりも、環境破壊と言う、遥かにシビアーな問題が顕著になっているのです。

・・そしてこのような構造は、日本に限った事ではないでしょう。世界中で似たような構造の環境破壊が行われ、世界は破局に向かっているのです。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/07/13 00:01】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

大企業と政治家の関係
kk0638
戦後の荒廃した国土を復興するためには、ゼネコンは一定の役割を担ってきたと思います。しかし、今はその役割を終えているのではないでしょうか。それでもなお不要な公共工事を続けるのは、雇用の創出が理由ではないと思います。ゼネコンに仕事を与えることで、選挙の票集め、「政治とカネ」の暗いつながりなど、政治家とゼネコンの癒着が原因ではないかと思います。また、国の補助を受けている大企業は、さまざまな理由で法人税を若干免除されています。日本の法人税は高すぎるとして、法人税の引き下げを政府は訴えていますが、免除のおかげで、国際的な標準より高いとは決していえません。そこでさらに消費税の引き上げとなれば、法人税を下げた穴埋めをしようとしているようにしか思えません。ここでもやはり、ゼネコンと政治家に見られるような関係が見え隠れしています。政治家には、大企業より人間を見てほしい。さらに、人間が生きていくには、環境の保全が不可欠です。環境問題への正しい理解と認識、そして対策も踏まえた、包括的な政治改革を願ってやみません。

リストラ
guyver1092
 企業は、自らが存続するためと称してリストラの名のもとに労働者を切り捨ててきたのですから、国家が存続するため企業を切り捨てたとしても、文句は言えないはずですよね。
 民主党は事業仕分けをしていますが、国家に不要となった業界の仕分けをしたほうがはるかに無駄を省けると思うのですがね。

kk0638様
 共産党も消費税を上げるのは法人税減税の財源捻出のためと言っていますね。理論的な思考ができる人間なら当然の結論ですね。
 民主党も自民党も、大衆からお金を絞りとり、大企業に貢ぐという、まるきり同じことをしようとしているということですね。つまりは癒着しているのでしょうね。

 ですから、国家に不要となった業種をリストラするということは、決して起こらないと考えられますね。

自然のままに・・
団塊おやじの遺言
自然界の生き物は食べて生きられます

そして大地は造られ・・ そこには絶滅等は無く
共存共栄の世界 人間界の目的等及びません
自然に生かされている事を忘れた人に未来は無く

マネーとか繁栄とかは自然の中には見当たりません
全ての生き物が棲める大地こそ人間の生きられる大地です

私たちはこれらに生かされている事を敬うべき・・
これらを無くして生きては行けないのだから

もう手遅れではと心配ですが 若い皆さんの意見に

    感謝~



>大企業と政治家の関係
雑草Z
    kk0638さん

 3度目のコメント、有難う御座います。確認してみたら、5月から丁度毎月一度コメント頂いていますね。いつも大局的な観点からの社会と環境問題に関するコメント有難う御座います。

 さて、kk0638さんの御指摘のように、ゼネコンはもうとっくに存在意義は殆どありませんね。あるとすれば本文にも書きましたように、既存のインフラなどのメンテナンスの意味くらいです。だから規模も現在の10分の一以下でいいでしょう。政府や地方自治体がゼネコンを保護して飼っているために、税金は浪費するし環境は破壊するし、市民の生活、生存環境が脅かされているのが実態です。

>それでもなお不要な公共工事を続けるのは、雇用の創出が理由ではないと思います・・・・政治家とゼネコンの癒着が原因ではないかと思います。

その公共工事が必要である・・・であると言う見え見えの建前論の他、雇用の創出も立派な理由に挙げていますが、
>政治家とゼネコンの癒着
と言うのも公然の秘密でしょうね。

>環境問題への正しい理解と認識、そして対策も踏まえた、包括的な政治改革を願ってやみません。

その為には、脱成長路線である事が必須でしょう。経済成長を主張した段階で、政治家はお仕舞いですね。その意味で民主党、管直人も残念だったようです。脱成長を主張する政党は必ず台頭すると思いますが、問題は間に合うかどうかでしょう。


Re:リストラ
雑草Z
    guyver1092さん

 いつもユニークで鋭いコメント読み応えがあります。
なるほど、国家が企業をリストラですか!・・言われてみれば確かです。
 ゼネコンなんて、公共工事がメインというところも沢山ありますからね。それが出来ないのは、kk0638さんも御指摘の
>政治家とゼネコンの癒着が原因
ですね。この構造がゼネコンを巨大化させて温存している原因ですからね。先ずはこの癒着を断ち切らなければなりませんね。

>大衆からお金を絞りとり、大企業に貢ぐという、まるきり同じことをしようとしている

その大企業の従業員も得をしているような感覚がネックになっていますが、得をしているのは、資本家、株主と企業の役員であって、一般従業員は税を余計に取られている側である事をしっかり認識しなければなりませんね。

****   ********    *   ***
「国家のリストラ」もまた読みたい記事になりました。

自然破壊企業
雑草Z
    団塊おやじの遺言さん

 人間が地上に現れる以前の地球の歴史で言えば、天変地異による絶滅などが何度もあったでしょうが、一種類の生物による、他の種の大量絶滅・・・と言うのは現在が最悪でしょう。

 油田の開発や原子力発電施設も広義のゼネコンの仕事と考えれば、国家はゼネコンと言う怪物を大切に飼って、そのゼネコンに破局に追い込まれていると言えましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大企業と政治家の関係
戦後の荒廃した国土を復興するためには、ゼネコンは一定の役割を担ってきたと思います。しかし、今はその役割を終えているのではないでしょうか。それでもなお不要な公共工事を続けるのは、雇用の創出が理由ではないと思います。ゼネコンに仕事を与えることで、選挙の票集め、「政治とカネ」の暗いつながりなど、政治家とゼネコンの癒着が原因ではないかと思います。また、国の補助を受けている大企業は、さまざまな理由で法人税を若干免除されています。日本の法人税は高すぎるとして、法人税の引き下げを政府は訴えていますが、免除のおかげで、国際的な標準より高いとは決していえません。そこでさらに消費税の引き上げとなれば、法人税を下げた穴埋めをしようとしているようにしか思えません。ここでもやはり、ゼネコンと政治家に見られるような関係が見え隠れしています。政治家には、大企業より人間を見てほしい。さらに、人間が生きていくには、環境の保全が不可欠です。環境問題への正しい理解と認識、そして対策も踏まえた、包括的な政治改革を願ってやみません。
2010/07/13(Tue) 01:09 | URL  | kk0638 #-[ 編集]
リストラ
 企業は、自らが存続するためと称してリストラの名のもとに労働者を切り捨ててきたのですから、国家が存続するため企業を切り捨てたとしても、文句は言えないはずですよね。
 民主党は事業仕分けをしていますが、国家に不要となった業界の仕分けをしたほうがはるかに無駄を省けると思うのですがね。

kk0638様
 共産党も消費税を上げるのは法人税減税の財源捻出のためと言っていますね。理論的な思考ができる人間なら当然の結論ですね。
 民主党も自民党も、大衆からお金を絞りとり、大企業に貢ぐという、まるきり同じことをしようとしているということですね。つまりは癒着しているのでしょうね。

 ですから、国家に不要となった業種をリストラするということは、決して起こらないと考えられますね。
2010/07/13(Tue) 20:37 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
自然のままに・・
自然界の生き物は食べて生きられます

そして大地は造られ・・ そこには絶滅等は無く
共存共栄の世界 人間界の目的等及びません
自然に生かされている事を忘れた人に未来は無く

マネーとか繁栄とかは自然の中には見当たりません
全ての生き物が棲める大地こそ人間の生きられる大地です

私たちはこれらに生かされている事を敬うべき・・
これらを無くして生きては行けないのだから

もう手遅れではと心配ですが 若い皆さんの意見に

    感謝~

2010/07/13(Tue) 20:48 | URL  | 団塊おやじの遺言 #-[ 編集]
>大企業と政治家の関係
    kk0638さん

 3度目のコメント、有難う御座います。確認してみたら、5月から丁度毎月一度コメント頂いていますね。いつも大局的な観点からの社会と環境問題に関するコメント有難う御座います。

 さて、kk0638さんの御指摘のように、ゼネコンはもうとっくに存在意義は殆どありませんね。あるとすれば本文にも書きましたように、既存のインフラなどのメンテナンスの意味くらいです。だから規模も現在の10分の一以下でいいでしょう。政府や地方自治体がゼネコンを保護して飼っているために、税金は浪費するし環境は破壊するし、市民の生活、生存環境が脅かされているのが実態です。

>それでもなお不要な公共工事を続けるのは、雇用の創出が理由ではないと思います・・・・政治家とゼネコンの癒着が原因ではないかと思います。

その公共工事が必要である・・・であると言う見え見えの建前論の他、雇用の創出も立派な理由に挙げていますが、
>政治家とゼネコンの癒着
と言うのも公然の秘密でしょうね。

>環境問題への正しい理解と認識、そして対策も踏まえた、包括的な政治改革を願ってやみません。

その為には、脱成長路線である事が必須でしょう。経済成長を主張した段階で、政治家はお仕舞いですね。その意味で民主党、管直人も残念だったようです。脱成長を主張する政党は必ず台頭すると思いますが、問題は間に合うかどうかでしょう。
2010/07/13(Tue) 22:46 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:リストラ
    guyver1092さん

 いつもユニークで鋭いコメント読み応えがあります。
なるほど、国家が企業をリストラですか!・・言われてみれば確かです。
 ゼネコンなんて、公共工事がメインというところも沢山ありますからね。それが出来ないのは、kk0638さんも御指摘の
>政治家とゼネコンの癒着が原因
ですね。この構造がゼネコンを巨大化させて温存している原因ですからね。先ずはこの癒着を断ち切らなければなりませんね。

>大衆からお金を絞りとり、大企業に貢ぐという、まるきり同じことをしようとしている

その大企業の従業員も得をしているような感覚がネックになっていますが、得をしているのは、資本家、株主と企業の役員であって、一般従業員は税を余計に取られている側である事をしっかり認識しなければなりませんね。

****   ********    *   ***
「国家のリストラ」もまた読みたい記事になりました。
2010/07/13(Tue) 23:04 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
自然破壊企業
    団塊おやじの遺言さん

 人間が地上に現れる以前の地球の歴史で言えば、天変地異による絶滅などが何度もあったでしょうが、一種類の生物による、他の種の大量絶滅・・・と言うのは現在が最悪でしょう。

 油田の開発や原子力発電施設も広義のゼネコンの仕事と考えれば、国家はゼネコンと言う怪物を大切に飼って、そのゼネコンに破局に追い込まれていると言えましょう。
2010/07/13(Tue) 23:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。