-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2010-02-22 02:30
グリーンウォッシュ[Greenwash]とは、うわべだけ環境に配慮しているように見せかけながら、実際には環境に悪い影響を与えている企業の活動や商品の事です。
現在の日本のエコのCMの殆どがグリーンウォッシュに感じる・・と言ったら穿った見方でしょうか?
エコを売り物にして企業が儲ける事は決して悪い事ではないと思います。それが本当のエコロジー[ecology]・・・即ち、生態系を考慮した、人間生活と自然との調和を考慮した活動なり商品であれば、それで儲けて然るべきであるし、その結果、それが広まって欲しいと思います。
然るに、TVCMでも、新聞広告でも、ネットの広告でさえ、殆どグリーンウォッシュと考えられるものばかりです。

例えば、自動車のエコカー減税、補助金、電気製品のエコ替えなどは、廃棄物を増やすだけで、自動車業界や電機業界への間接的な税金の投入です。エコロジーとは思えません。グリーンウォッシュというべきでしょう。
電力会社などのオール電化住宅のCMも、グリーンウォッシュでしょう。電気を使う現場の住宅で、一見クリーンなエネルギーである電気を家の全てのエネルギー源として使うと言うだけで、典型的な高品位の2次、3次のエネルギーである電気エネルギーがエコの筈が御座いません。そこには必ず一次エネルギーの浪費があるのです。電気エネルギーでなければならない電子機器や危険性の少ない照明機器として使うのなら仕方が無くても、発熱や発動に使うなら、石油を直接燃やして使った方が効率はいいのです。【電気エネルギーの正しい使い方
電力会社などが原発を「CO2を排出しないクリーンなエネルギー」等と謳っているCMは論外でしょう。生態系とは相容れない放射能を出す原発がエコの筈が御座いません。最悪の環境破壊物質でしょう。典型的な最悪のグリーンウォッシュと言えるでしょう。

 木を植えているとか、カーボンニュートラルを目指しているとか、リサイクルしているとか、ゼロエミッションを進めている・・・とか謳っている企業も、どこまで本気かわかりません。勿体程度かも知れません。ある程度本気でも、ペットボトルのリサイクル運動などは、ペットボトルの肯定であり、大量生産大量消費の肯定になり、エコの逆方向だと感じます。
 浪費としか思えないような商品にさえ「地球に優しい」なんて使っているのも珍しくなく、怒りも感じます。

比較的エコロジーだなあと思う企業活動は、中古品買い取り販売業でしょうか。古本であれ古着であれ、リユース=再利用 ですから、資源の節約になるでしょう。「勿体ない」を実践している企業も比較的エコだと思います。商品を長く大切に使う方向です。
まあ、それらも実体はわかりません・・と言えばそれまでですが・・・。
兎も角、エコを謳ったCMにまともなものは殆ど見つからず、グリーンウォッシュに感じます。
グリーンウォッシュではない。これは本物だ!・・・という企業および企業のCMがあればお知らせ下さい。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2010/02/22 02:30】 | 社会・経済 トラックバック(0) |

資本主義
guyver1092
 資本主義社会の中で、環境に本気で配慮できないと思います。資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

 中古品を売買する会社はおっしゃるとおり比較的エコロジーですね。エコロジー社会だった江戸時代も中古品の販売ルートが非常に発達していました。


Anthony
免罪符をちらつす企業には、アイソをつかしてます。(苦笑)



市場原理
雑草Z
    guyver1092さん

>資本主義社会の中で、環境に本気で配慮できない

そうかも知れませんね。市場原理経済は規制しなければ環境破壊に繋がりますね。


>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

ここのところ、もう少しご説明願えますか?


>中古品を売買する会社はおっしゃるとおり比較的エコロジー

現在の日本は中古市場がかなり伸びてきましたね。意識が高くなったと言うよりも、やはり中古品はお得感があるのでしょうね。・・中古品に抵抗感じる人が減ったのもいいことですね。

 + +++ +++++ +++++++ +++++++++

 アップの予約日間違えて、2日連続になってしまいました。本来は4で割って1余る日、1日、5日、9日・・・21日、,
、でこの記事は25日アップ予定の記事でした(汗)

>免罪符をちらつす企業
雑草Z
    Anthonyさん

 テレビでCMを流している企業の殆どが、免罪符をちらつかせていますね。免罪符どころか、社会貢献している立派な企業だと言わんばかりです。・・俳優やどうしようもない宇宙飛行士にそう言わせています。


路傍の石ころ
 原発が最悪・最低のグリーンウォッシュとのご指摘、私もまったくそう思います。たとえば、高レベルの放射性廃棄物は、数十万年の気の遠くなるような長期間の管理が必要だと言われていますが、数十万年後に、人類はまだいるのでしょうかねえ???  (私は、絶滅するというよりも別の種に変わっているのじゃないかという気がします)
 また、日本アルプスはここ直近の100万年で急激に高度を増したと言います。地層処分で300メートルの地下に埋め捨てたとしても、激しい造山運動と浸食作用で、地表に出てきそう……。どこが安全な処分法なんでしょうかね?
 やがて起こる東海大地震の震源域のほぼ中心にある浜岡原発の危険性は、多くの人々に指摘されています。万一の場合には日本列島の大部分には住めなくなりますね。

 こんなのどこがエコなんでしょうか???  原発にはそもそも莫大な税金が流し込まれて、原資が税金である資金で、「原発はクリーンな電力だ」などと虚妄のプロパガンダをやっているのには、私も怒りを感じます。

 槌田敦先生や小出裕章先生など心ある研究者が、反対の運動をしたり論陣を張ったりしていますが、国民大衆があまりついてこないというか、ほとんど関心を持たないのは本当に残念です。

説明
guyver1092
>>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

 資本主義は成長し続けなければ成り立たない経済システムです。現在、資本主義システムは、持続可能な限度を超えて環境から資源を取り入れ、また廃棄物を放出しなければ自分自身を維持できないほど巨大化しているので、持続可能な程度まで資源、廃棄物の排出を抑えると、崩壊を起こすでしょうという意見です。

原発が最悪・最低のグリーンウォッシュ
雑草Z
    路傍の石ころさん

 原発がクリーンで安全なエネルギーだとか言って推進する事は、最悪、最低の詐欺の部類ですね。

>数十万年の気の遠くなるような長期間の管理が必要だ

地下貯留でも、1000年以内にで放射能が漏れて地上にまで出てくると言う事は原発関係者も認めるところですから、その後の処理は今は不可能でも未来に・・・というのは無責任の極地です。
  その処分費用はそのうちに電気代に上乗せされ、最高に高い電気代になるでしょう。
 チェルノブイリ級の大きな事故があれば、国家が潰れますしね。

 グリーンウォッシュと呼ぶのさえ憚られるほど酷い代物です。
 二酸化炭素を減らす為の代替エネルギー
とか言うのにはあいた口が閉まりません。人類に対する大犯罪と言うべきでしょう。

>自分自身を維持できないほど巨大化
雑草Z
    guyver1092さん

御説明有難う御座います。

>>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、・・・

>持続可能な程度まで資源、廃棄物の排出を抑えると、崩壊を起こすでしょうという意見


 なるほど、つまり資本主義を脱してから、持続可能な社会まで経済縮小すべきだということですね。共感するところです。

エコノミカルな偽エコロジスト?!
Grace
原発ネタに反応して来ました(*-*)
グリーン・ウォッシュという言葉は初めて聞きました!的を得た表現ですね。
私は、「エコ」という言葉が胡散臭くて嫌いです。「"Ecology"なのか"Economy"なのか、どっちよ!」って思います。企業の使う「エコ」はエコロジーにかけた「エコノミー」ですよね。全く、言葉をうまく利用して「騙す」という手口に腹が立ちます。

市に私が提出した原発反対陳情に書いたのですが、原子力発電の「原子力」を意味する英語は"Nuclear"だと。原子力発電所は英語では"Nuclear Reactor"(原子炉)であり、"Nuclear Reaction"は核反応など・・。
そう書いていると、議員の一人が「Nuclearには細胞内の核の意味もありますよね。だから、原子力の"核"に特定するのはどうかと思うが。」と言われました。私はLongmanの英英辞書で調べており、Nuclearにはそんな意味はなかったのですが、後で和英(旺文社Comprehensive)を調べてみると最初の第一義に「細胞の核に関する」云々がありました・・。
"Nuclear"は形容詞で、"Nucleus"が名詞です。よって"細胞核"も名詞の"Nucleus"を使う、ということを辞書で確認しました。参考人招致でその件に対して答えられなかったので、先日、文書でその議員にお知らせしておきました。

「原子力発電」というのは「核発電」であり、「原子力発電所」は「核施設」なわけです。
北朝鮮の原子力発電所らしき施設を「核施設」と呼ぶなら、日本の原発も「核施設」だろう、とこう書いたわけです。言葉によって問題意識を逸らすこのずる賢さ。。「核廃絶」というなら、原発と呼ばれる「核施設」も廃止すべきですよね!
私もguyver1092さんの言われるように、「経済成長」論には疑問を感じます。室田武さんの「原子力の経済学」に書いてありました、環境を破壊することで経済発展をする、という話がとてもよく分かりました。入浜権 の話ですが、海水浴ができる浜を潰し開発したことで市民が受けた経済的損害が5億にも上る、と。しかしその市民の損害は、別の側面から見ると経済発展としてみられ、GNPは増えたとみなされる、と。。。いったい、この社会はなんなんでしょうね・・。

原子力は原子核からエネルギーを取り出す方法
雑草Z
    Graceさん

>企業の使う「エコ」はエコロジーにかけた「エコノミー」

全くその通りですね。もっと細分するなら
economy[経済]にも
 ①経済  ②節約
の二つの意味がありますね。形容詞にすれば違いも歴然で
 ①economic が 「経済上の 経済学の」
 ②economical が 「経済的な、節約の、省エネの」
ですね。②の意味ならeconomyでも ecology 的な意味にも使えますが、企業は ecology と言いつつ economy① の意図が見え見えですね。
 そんな欺瞞の意味が嫌だから、「エコ」という言葉が嫌いな日本人が多いのかと思いますが、本来の ecology の意味には、本文にも書いたように

>生態系を考慮した、人間生活と自然との調和を考慮した・・

という意味があり、「環境考慮」や「地球にやさしい」なんて言葉よりも環境問題の根本解決にかかわるいい言葉だと思います。



 さて、本題の「原子力」ですが、
 それは燃焼[酸化]のような化学反応に対する「原子反応」ですから、勿論「原子核反応」ですね。原子のうち外殻を回っている電子の反応ではなく、中心の原子核の反応です。つまり、原子核自体は変化しないで原子同士の結びつきだけが変わる化学反応ではなく
 原子核自体が変化する反応ですから、
「原子力」は勿論「核反応」です。
 核反応には、
 (1)核分裂・・現在行われている原子力発電や広島、長崎に落とされた原子力爆弾(・・当時は核融合兵器が無かったので原子爆弾と言われましたが、「核分裂爆弾」、またはもっと詳しく、「ウラン分裂爆弾」、「プルトニウム分裂爆弾」と言うべきでしょうね・・。)
 と
(2)核融合・・・水爆(太陽の核反応)や夢の原子力と言われ、もうすぐ実現・・・と言われて50年位実現してない核融合炉の原子力ですね。
 核融合は放射能を出さない・・・と言われますが、核分裂とはまた違った大きな危険性があります。

さて、
 
>議員の一人が「Nuclearには細胞内の核の意味もありますよね。だから、原子力の"核"に特定するのはどうかと思うが。」

ですが、どういうシテュエーションで言ったのかわかりませんが、ただ知ってる事を口にしただけの、子供のような場違いな発言だと思います。
 「川に『はし』をかける」という話のときに
「ご飯を食べる『箸』の意味もあるから、『橋』の意味に特定するのはどうかと思う・・・と言ったくらい間抜けな発言かと思います。
 
nuclear weapon で核兵器  
nuclear bomb で核爆弾 ですからね。

 私は、
「原子爆弾」という言葉を、
はじめに開発した「核分裂爆弾・・・「ウラン爆弾、プルトニウム爆弾」の意味に使ってしまったので
 その後に現れた最初の核融合爆弾が当然の流れとして水素原子核[プロトン]の融合であったので、「水素爆弾」と言ってしまい・・・水素爆弾を単なる水素の燃焼(酸化)と勘違いしてる人もいるので、
 核分裂爆弾も核融合爆弾も同じ原子核の反応なのに、核分裂爆弾に「原子爆弾」という言葉を使ってしまったから、「核爆弾」という言葉にしただけかと思ってました。
混乱を避けようとして、かえって混乱してますね。

この場合、
 「核」は「原子核」の省略形でしょう。



 最後に、「経済成長」論の事ですが、ここのサイトの主題は「脱経済成長」です。左側の
カテゴリー
 ◦Economic Fascism
 や
 ◦社会・経済

 の記事が沢山ありますが、反経済成長路線で書いた記事がかなりあります。よろしければいくつかお読みになって下さい・・・その記事にコメント頂ければ幸いです。

 随分長くなってしまいました。

上々さんのコメントも欲しところです。
  


BEM
私も、今テレビで流れているコマーシャルのほとんどがグリーンウォッシュと感じられます。
考えてみたけれど、そうではない会社が全く浮かんで来ません。

ほとんどのもの対してその裏側にあるものを考えてしまいます。
仲間由紀恵だったかな?電話会社の 〜請求書をメールにすれば年間14万本の(数字が間違っていたらゴメンなさい)木を切らなくて済みます〜とか。
石油会社のコマーシャルでは〜このガソリンにしたら環境に優しい〜とか云々。

どちらも利用しなければ0(ゼロ)な訳で、売上は落としたくないというのは企業としては当然なのでしょうが、イメージ的なエコ戦略を信じる消費者はおめでたいですよね。

グリーンウォッシュということだけでなく、ユニクロなど安い人件費で作られたであろう商品を売る企業に対しても、覚めた見方をしてしまいます。

こうして年々モノを買わない生活にひた走っています。
ただお金がないからとも言えますが(笑)

>モノを買わない生活
雑草Z
    BEMさん

 やっぱりほとんどグリーンウォッシュに感じますか・・?
基本的に同じですね。
そう感じるのは、実体がそうであるからなのでしょうけれど、他の要因として
 この手のCMを発注する会社や作っている人々の環境意識が低過ぎる点に因るのでしょう。だからあんなCMで人々が釣られると考えられるのでしょう。人々は、補助金とか減税とかエコポイントだとか・・・エコと言っても economy[経済] で自分が得をするから釣られる人が大部分だと思います。


>こうして年々モノを買わない生活にひた走っています。

いいですね!!私もそうなって来ました。これからこのように考える人がどんどん増えて来るんじゃないでしょうか?


民衆のレベル
上々
企業のCMのみならず、テレビや新聞の記事・番組にいたるまでエコエコ(アザラグってなんかありましたね)
おかしいと思わない人々のレベルの問題でしょう。
そういうことを言ってその企業の製品は買う気になれなくなるのはごく一部で、無関心か、中にはこれを買うことで環境にプラスになると本当に(!)信じて買ってしまうのが大抵の人で、まあ日本人だけではないんでしょうが、特にひどいと感じてしまいます。

まあ今のテレビを見ていてそれよりひどいのは健康食品の売り込みなんで、その状況を考えればエコエコで騙されるのも当然かと考えます。

エコエコ
雑草Z
    上々さん

>無関心か、中にはこれを買うことで環境にプラスになると本当に(!)信じて買ってしまうのが大抵

マスコミなどに踊らされていますね。
エコ=エコノミー としか捉えていない人も多いようです。


>それよりひどいのは健康食品の売り込み 

そうですね。健康食品のCMは、酷いのが多いですね・・・中には詐欺と区別がつかない物も相当ありそうです。
有機農業の作物・・・という売り文句もいいように利用されているのかも知れませんね。

>エコエコ(アザラグってなんかありましたね)

あはは、笑えますね。ホラーマンガとかですね。日本のエコエコ・・もそれに近いおバカかも知れませんね。


本来のエコロジー[ecology]とは、生態学 や 生態を考慮した環境活動を指す言葉なのですが、
 日本では、経済性を考慮した環境活動のように捉えられているような感じです。「地球にやさしい」と称する技術のようにも捉えられていますね。・・日本では「エコ」という言葉自体が既にグリーンウォッシュかも知れませんね。・・困ったものです。

レベル
上々
健康食品については書き出すと長くなりますのであまり触れません。まあ、これに引っかかるのは中高年でしょうか。
そのためか、CMに出てくるのも昔の芸能人で、「私がこんなに元気なのも・・・」というやつです。昔のファン層が今のターゲットなんでしょう。

エコ製品は中年以下でしょうか。レベルの低さは年寄り同様です。「リサイクル・エコバッグ・車は何々」というのを見て車に乗らないのが最大のエコだろうと突っ込みを入れるのにも疲れました。
まあ、一つ一つ事あるごとに間違いを指摘していくべきなんでしょうが、こういったCMや番組がはびこるのを見ると日本人であることが嫌になります。
世界どこに行っても同じようなら人間であることが嫌になるでしょう。

ちなみに我が家の車はもう13年乗っていて、例の減税丸丸対象車なんですが、まだ十分に動きますので買い替える気はありません。意地でも乗ってやろうと思います。

エコのレベル
雑草Z
    上々さん

 買い替え・・をエコだ・・・と言うのは止めて欲しいものですね。資源の浪費です。
 やはり同じものを大切に長く使うべきですね。
本当に「エコカー」と言うのなら、ハイブリッド車や電気自動車ではなく、自転車・・・人力車をそう呼んで欲しいものです。「エコ~」と言う呼び方にはもう既に抵抗感が出来てしまいましたが・・・

 エコバッグについては、いいと思います。別に「エコバック」・・・なんて名前は付ける必要がなく、単に「買い物袋」でもいいかと思いますが、レジ袋を受け取らない事はそれなりに意味がある事です。食器トレイなどのほうが大量かも知れませんが、レジ袋は廃止の方向でいいでしょう。私も、レジ袋は貰いません・・・持ち合わせのバッグなどに入れてきます。小さく折りたためる安い携帯用の袋も持っています。

レジ袋
上々
小さい頃に母親の買い物に付いて行くときには大きな買い物袋を提げて行ったのを思い出しますね。
レジ袋は確かに不要で、止めても何の不都合もないのですが、そればかりを言って、それならあのすべての食品類を入れているトレーやラップはどうするのとは誰も言わないのも奇態ですね。
無くすと不都合な物はどんなに悪くても口に出さないようにしておこうという偽善的態度としか見えません。

Re:レジ袋
雑草Z
    上々さん

 数年前まで、レジ袋、割り箸は普及していました。ここ1~3年で、レジ袋と飲食店での使い捨てでない箸が急激に普及してきました。・・21世紀に入ってやっと・・・と言うのは遅いと感じますが、意味がある事だと思います。
 食品トレイなども回収してリサイクルする(溶かしてもう一度作る・・)のは、エネルギーの無駄遣いですから偽善的かも知れませんが、レジ袋の廃止が進んだ後は、トレイの問題にも進むでしょう。

>無くすと不都合な物はどんなに悪くても口に出さないようにしておこう

これは、売る方ばかりでなく買う方にも問題がありますね。
そこまで簡単にクリアできるくらいに早く意識を高めなければなりませんね。

プラスチック
上々
石油ピーク論を信じるものとしては、とにかく石油は輸送燃料以外には使わないでねと言いたいだけです。
これは代わりがないので。
代用できるものはできるだけそちらに(植物由来?)持っていけば破局が先に延ばせます。

石炭の価格が5割上がるとか。デフレと騒いでいる割には、燃料価格が上がることは歓迎されないようです。
重油価格も1バレル80ドルに張り付いたまま、下がりません。

Re:プラスチック
雑草Z
    上々さん

 プラスチックはゴミとしても放射性廃棄物に次いで酷いものですからね。海のプラスチックゴミの溜まり場もかなりひどい状況です。・・分別回収とかリサイクルで解決する問題ではないですね。プラスチック容器は廃止の方向で行かなければなりませんね。

石油も枯渇するし(・・しなくても環境負荷が高過ぎます。・・)代替エネルギーも有効な物はない・・・となれば、縮小しかない事は明らかでしょう。エントロピーの法則やエネルギー保存則と、地球に外部からある程度大量に入ってくるのは太陽エネルギーだけ・・・と言う事実と考え合わせれば、太陽光を有効に使える方法(光合成など)内でやるしかない事は目に見えていますね。

太陽エネルギー
上々
石油石炭の化石燃料と言うのは数億年?にわたって貯められた太陽エネルギーの貯蓄ですね。それをわずか数百年で使い果たそうと言うのですから、罪の深さは相当なものです。

それを正味の現在降り注ぐだけの太陽エネルギーだけでやっていた時代に戻すというのは、大変なことなんですが、とはいえ江戸時代以前に戻るだけと言えばそれも正しいんですね。
精神的な文化はかなり発達していて、その当時の雰囲気もある程度想像はできるが、物質文化では全く違う状況ではあるのですが、しかし今50代以上の人にとってはそれほどかけ離れたものでも無い。微妙なところです。

太陽エネルギーの範囲内の生活
雑草Z
    上々さん


 う~ん、パラダイムシフトにかかわる大変有意義な議論ですね。何だか凄く心に響くコメントです。

>正味の現在降り注ぐだけの太陽エネルギーだけでやっていた時代に戻すというのは、大変なことなんですが

そこを如何に工夫してやっていくかが本当の科学なのではないでしょうか。勿論、多過ぎる人口も1桁減らなければなりませんね。出生率1(1組の夫婦に子供1人)を4世代続ければいいわけです。

>物質文化では全く違う状況ではあるのですが、

現代の持続不可能なドーピングの物質文明の中で生まれた子供の中には、このような生態系とは離れた文明が持続可能と思い込んでいる人間が沢山いる事が問題です。世界が都市だけでもやっていける・・・みたいな感覚の若者も多いようです。いわゆる「学力」なんてどうでもいいから、このあたりはしっかり教育しなければなりませんね。


>微妙なところです

そうですね。よくわかります。でも、そうするより道はないのですね。そして、環境破壊や人口圧などの環境圧がなければ、意外と住みやすいかも知れません。・・・物質文明のドーピングをン抜く事に軋轢は生じるでしょうけれど・・・記事にして議論したいところです。

生活感覚
上々
私は50代半ばですが、物ごころついた昭和30年代当時にはまだ家庭でも電化製品はほとんどなく、我が家は都会の勤め人の家庭でその後の電化スピードは速かったと思いますが、冷蔵庫も洗濯機もテレビもなく電気を使うのは電球が数個とラジオだけと言う生活も記憶にあります。

おそらく電力消費量は現在の100分の1以下かと思います。
当然、自家用車などは思いもよらず、歩ける範囲は歩き後は電車とバスと言う生活でした。

その記憶があると、江戸時代を扱った時代劇やドラマなど見ても感覚的に連続性を感じられるのですが、10歳以上年下の人には難しいかもしれません。昭和40年代の高度成長というのが生活の隅々まで変えてしまいました。

幼いころに見た時代劇の映画と最近の同じテーマのドラマを比べて、画面が明るくなりすぎですね。

Re:生活感覚
雑草Z
    上々さん

この辺のお話は、具体的な持続可能な社会を思い浮かべるのに非常に参考になります。とても読み甲斐がある内容です。

>おそらく電力消費量は現在の100分の1以下かと思います。
>当然、自家用車などは思いもよらず、歩ける範囲は歩き後は電車とバスと言う生活

それで十分に楽しく生活していけた時代だったのですね。
もっと遥かに昔・・・江戸時代以前あたりは、一生のうちに社会の物的環境ががらりと変化する事はなかったのに、現代は変化が激し過ぎますね。幼少の頃と青年の頃、中年の頃・・・と異なった時代に住んでいる感じです。人類の進歩の速さに素晴らしさを感じると言うよりも、危険で無節操な暴走に感じます。物を消費し尽くそうとしている愚かな人類像を想起してしまいます。20世紀後半からの人類の歴史は、「急激な進歩」と言う名の「危険な暴走」ですね。

>江戸時代を扱った時代劇やドラマなど見ても感覚的に連続性を感じられる

なるほど、日本では20世紀半ばまでは、生態系を守った生活をしていたと言う事でしょうね。少し後の世代でも、田舎に育ったものは同じ感覚を共有出来るでしょうね。やはり20世紀後半からの高度経済成長と言う名の環境破壊の暴走が持続可能な社会を壊していったのでしょうね。

最近、「三丁目の夕日」とか言う映画が流行ったようですが、(私は見ていませんが・・)自然や昔の文化が破壊されてきた現在、そのような事にノスタルジーを感じる風潮はますます強くなるかも知れませんね。



昔は貧しかったと言う奇弁
雑草Z
    路傍の石ころさん

 こちらの議論にも加わって下さって有難う御座います。

 路傍の石ころさんの子供の頃の生活の思い出話、しみじみと読ませて頂きました。ご飯炊きや風呂沸かしなど、現代と比べれば大変かもしれませんが、とても郷愁を感じます。「古き良き時代」と言う感じです。出来ればその時代に戻りたい気も致します。私は、路傍の石ころさんや上々さんよりもちょっと下の世代ですが、風呂も薪とか木の枝、木くずなどで沸かしていましたし、練炭の掘りごたつも使いました・・・今でも掘りごたつは残っていて、練炭を入れたところに電気炬燵が上を向いて入っています。・・・そのようなお宅は結構残っています。肥溜めも結構残っていました。
 物は無くても生態系はしっかりしていて、自然に恵まれた環境でした。メダカや色んな魚も普通にいっぱいいたし、沢がにもいたるところに棲んでました。草むらで遊んでいると雉が飛んで逃げて行きました。
 東京や大阪などの大都会でも、地面の至る所でまだ土が顔を出していて、植物が沢山生えて、小動物も沢山いた事でしょう。地球環境の危機なんて心配しなくても良かった時代でもありますね。

 「昔は貧しかった」と言う人がよくいますが、物質的豊かさも相対的なものであり、路傍の石ころさんがおっしゃるように

>悲惨だったということは全くなく、けっこう楽しくうまくやっていました

でしょうね。

>もう一度昔の暮らしに帰るとしたならば、あっという間に日本列島の木は切り尽くされそうです

そこが問題ですよね。・・カーボンニュートラル・・・なんて言いますが、石油の代わりに薪等も含むバイオ燃料を使う代替が完全に実施されたら、植物はどっと減りだすでしょう。代替エネルギーを開発する前に、人類のエネルギー消費レベルを(太陽エネルギーでやって行けるレベルまで)下げる事が大切ですね。
 だからやはり人口は減らす方向で行くべきですね・・・現在の日本の出生率はえらく低く、好ましい方向なのに、「少子化対策」と称して人口を増やそうとしている政策は、世紀の愚策と呼ぶべきでしょう。

「発展」、「進歩」とは何なのか、自明の目標と考えず、みんなしっかり問い直して改めるべきかと思います。

素敵なコメント有難う御座いました。 

昭和30年代
上々
三丁目の夕日は昭和30年代初頭を扱った映画だったと思います(私も見ていません)
それを見て郷愁を感じるのは50代以上の年代でしょうが、若い世代でもノスタルジーを感じたようです。
しかし、なんにでも口を挟みたがる人は居るようで、「本当の昭和30年代は悲惨だった」とか「狭い住居で赤ん坊が踏みつぶされて圧死する事故もあった」なんていう評論もありました。

しかし、それが良い時代だったからそこに戻ろうと言うのは現実ではないとしても、色々な条件(ここでずっと議論している条件です)で否応なしにそうならざるを得ないとしたら、せめて何らかの幸福感は感じられないとあまりにも悲惨でしょう。

とはいえ、各個人があまりにも物質文明に慣らされた後ではあのような安心感のある時代には適応できない人が多いかもしれません。


懐かしい生活
Grace
こんにちは!私も小学一年生の頃まで住んでいた古い家は母屋と風呂場が離れていたのを思い出しました。母達が木をくべて沸かしており、子供だけが風呂に入ると底板が浮いてくるという・・。2年生の時に割りと新しい中古の家に引っ越したけど、私や弟が風呂のボイラーに木をくべ(←方言かも・・?)てましたね。今、うちはガスのエコジョーズですが、エコキュートなんてので無駄なお湯の作り方をする機器が発明されて、「うちはエコキュートでエコなの。」みたいに自慢してる人がいますが、実態を知らないんですね。。ちょっと考えれば、電気よりガスで要る分だけ湯を沸かすほうが省エネだ、と分かりそうなのに。
ここでも「エコ」が「エコロジカル」でなく、「エコノミカル」であると見抜けない人たちが騙されていると感じます。。
 最近知ったのですが(皆さんはご存知かも・・)エコキュートで低周波音被害で苦しむ人がいるそうで。。私の友達もその疑いのある人がいます。
 
そういえば、総務省かな、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、2009年3月末時点で1億2707万6183人。で、2055年には8993万人、2105年には4459万人(中位推計)~3452万人(低位推計)ということです。
しかし、世界的には2050年頃ピークに達し、91億9130万人くらいになるそう。そうなったら、、、水、食物の取り合いで戦争勃発ですかね。。2050年に中国は14億3700万人の予想です。
 このような試算もあるのに、日本は今のままの路線で行ったのでは子供達に未来は無いと感じる今日この頃です。

質素な生活
雑草Z
    上々さん

 現在の生活スタイルは持続可能ではありませんから、「戻る」と言う言い方は適切では無いかも知れませんが、物質的には遥かに質素な生活をしなければならないでしょうね。・・それが苦痛に感じる人もいるでしょうけれど、ドーピングが抜ければよかったと思えるでしょう。

>「狭い住居で赤ん坊が踏みつぶされて圧死する事故もあった」

そのような事を言うのなら、現代は、夏に自動車の中に置きっぱなしにされて脱水で無くなったり、親に殺されたりする赤ちゃんがいますね。

終戦直後の混乱の時代は酷い事も色々あったでしょうが、

>本当の昭和30年代は悲惨だった

なんて言う評論家は、何をもってそう言う事を言うのでしょうね。現代の物質文明に洗脳されているのでしょうか?


機会があれば、三丁目の夕日 を見てみてもいいかな・・と、思いました。

Re:懐かしい生活
雑草Z
    Graceさん

 またの御訪問、有難う御座います。
Graceさんは、私よりさらに下の世代だと思いますが、そう言う生活の御体験あるのですね?

>子供だけが風呂に入ると底板が浮いてくるという・

もしかして、五右衛門風呂と言うやつですか!?
それは凄いです!!私も一度入ってみたいと思ってましたがいまだに見た事もありません。

>電気よりガスで要る分だけ湯を沸かすほうが省エネだ

その通りですね。エコキュートとは、冷蔵庫やエアコンに用いられていたヒートポンプに『エコ』っぽく名前を付けてみただけのものです。電気発熱器 よりは効率がいい・・・と言うだけで、基本的に発熱に電気エネルギーを使うのはエコではないですね。

>国立社会保障・人口問題研究所の将来推計

のデータも興味深く読ませて頂きましたが、人口が減るペースはもう少し速いほうがいいと思いました。

>日本は今のままの路線で行ったのでは子供達に未来は無い

 残念ながらそうでしょうね。だからこそみんなもっと考えて欲しいですね。

五右衛門風呂とオール電化
上々
五右衛門風呂は母の実家で昭和35年ころ建て替えるまでありまして、帰省するたびに入りました。
本当に、子供一人だけでは蓋が沈まず入れませんでした。

さて、オール電化が姦しいばかりのCMで、謳い文句は光熱費が安くなる、ですがエネルギー効率は発電の時点ですでにかなり落ちているので、良いはずがないのですがなぜか電気料金は安い。
これはまだ相当電力会社は儲けているんですね。
そうでなけりゃあの太陽光発電高価買取なんてできるわけないし。
儲けさせて頂いている国へのほんのささやかな恩返しでしょうか。


Grace
あれがやっぱり五右衛門風呂ですか?!コンクリートみたいな黒っぽい石のような・・。古い家で、引っ越す前には傾いていたそうですから・・。
人口が減るペース、どうなんでしょうね。今の若い人たちも結婚したくない人も多いみたいだし、経済的にできない人もいるかも。。私の周りでも3人、4人と産む人はいますが、比較的旦那さんの勤め先が安定した家庭ですよ。。
 そういえば、2010/3/4の日経新聞に再生可能エネルギー買取について、「長期高値で買い取れば、導入量が増える反面、負担も増す」と書かれていました。電力会社が高値で買い取ることになれば、コストとなり電力料金に転嫁されるため、家庭や企業の負担が増すそうです。単純計算で国民1人当たり年間7000円弱の負担増。集合住宅や、住宅の構造の問題で太陽光パネルを設置できない家庭は、負担だけを強いられ不公平になるという批判もあるそう。
再生可能エネルギーを普及させても「電力会社は損をしない」この構造、まったく腹立たしいです。電力会社がなくなればいいんじゃないでしょうか?!

Re:五右衛門風呂とオール電化
雑草Z
    上々さん

 私が小さい頃の浴槽は、木の風呂桶でした。風呂桶はかなり好きですね。もう何十年も入っていないので、郷愁を感じます。
 それに対して五右衛門風呂を見た事が無いのは、五右衛門風呂は、九州のほうでは普及していて、東北地方にはあまり普及していなかったのかも知れませんね。

>子供一人だけでは蓋が沈まず入れませんでした。

厚い木を使っていたのですね!いかだに出来そうですね(笑)


オール電化促進の陰には、原発がありますね。出力を変更すると危険な、フットワークの重い原発は、深夜電力が余りますから、その余った深夜電力で、ヒートポンプ(エコ・キュート)などで沸かして貯めておくと言う・・勿体ない事をしているわけです。それでいて飲み水には適さない・・とは、本当に愚かな代物です。

 原発やら風力発電、太陽光発電とその高価買い取りとか、費用対効果無視の代替発電で、このままでは、そのうち電気代も高騰するのではないでしょうか?電力会社はそれも目論んでいそうですね。

五右衛門風呂
雑草Z
    Graceさん

>コンクリートみたいな黒っぽい石のような・

ええっ!そうなんですか?・・・予想外ですね。・・・薪などはどこからくべるのですか?・・・五右衛門風呂かどうかは判断が付きにくいですね・・・私自身が見た事がないわけですから・・。」下駄で入る・・・とか聞いた覚えもありますが、他のお風呂と混同しているかも・・・

>私の周りでも3人、4人と産む人はいますが

少子化対策で、そう言う事が奨励されていますが、それは愚の骨頂だと思います。

電力会社は、地域の独占企業ですから危険ですね。

 

ちょっといろいろ
上々
母の実家は長野県です。そこの五右衛門風呂も木ではなく鉄製?だったような気がします。

自然?エネルギー発電電力高価買取は最低最悪の政策です。まあどうせ大した量にならないとたかをくくっているのでしょうが、設置できる家庭はかなり余裕がある所だけですが、電気代への加算はすべての使用者にかかりますので、生活保護世帯にもかかってくるわけです。
しかもその価格は通常電気料金の倍程度と言っていますが、それは売り価格の倍であって、発電コストからみれば10倍近いものと思われます。
これは発電機械メーカーと施工業者への金垂れ流しでしかありません。

夜間電力は割安で使えるようになっていますが、もしも電池自動車が家庭充電できるようになればあっという間に不足すると言う事態も考えられます。まあそこまでは電池の原料資源の問題で行かないとは思いますが。

このまま行けばこうなると言うことがなんで想像できないのかな。

五右衛門風呂&補助金
雑草Z
    上々さん

 私のあいまいな記憶ですが、子供の頃、小学校の先生とかに、五右衛門風呂は鉄で出来ている釜風呂で、下から熱して、上に木の蓋兼足場が浮かべてあって、下駄を履いて、その蓋を上から押して沈めて入る・・・と聞いた覚えがあります。だから、気を付けて入らないと大変だ・・・みたいな言記憶があります・・・。
 やはり一回実物に入ってみたいですね。

>自然?エネルギー発電電力高価買取は最低最悪の政策です。

そうですね。エコ替えやエコポイントと同様に(それ以上に)経済的に余裕のある人が、さらに税金で補助金を貰うと言うような不公平感は拭えませんね。


>このまま行けばこうなると言うことがなんで想像できないのかな。

それは大切な事ですね。行政にはそういう当然の先読みはあって然るべきですね。交通の渋滞や川の氾濫、二酸化炭素の温暖化だけ大げさに先読みしますね。

 税金を使った補助金の垂れ流しは戒めるべきですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
資本主義
 資本主義社会の中で、環境に本気で配慮できないと思います。資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

 中古品を売買する会社はおっしゃるとおり比較的エコロジーですね。エコロジー社会だった江戸時代も中古品の販売ルートが非常に発達していました。
2010/02/22(Mon) 21:40 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
免罪符をちらつす企業には、アイソをつかしてます。(苦笑)

2010/02/22(Mon) 22:55 | URL  | Anthony #-[ 編集]
市場原理
    guyver1092さん

>資本主義社会の中で、環境に本気で配慮できない

そうかも知れませんね。市場原理経済は規制しなければ環境破壊に繋がりますね。


>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

ここのところ、もう少しご説明願えますか?


>中古品を売買する会社はおっしゃるとおり比較的エコロジー

現在の日本は中古市場がかなり伸びてきましたね。意識が高くなったと言うよりも、やはり中古品はお得感があるのでしょうね。・・中古品に抵抗感じる人が減ったのもいいことですね。

 + +++ +++++ +++++++ +++++++++

 アップの予約日間違えて、2日連続になってしまいました。本来は4で割って1余る日、1日、5日、9日・・・21日、,
、でこの記事は25日アップ予定の記事でした(汗)
2010/02/23(Tue) 02:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>免罪符をちらつす企業
    Anthonyさん

 テレビでCMを流している企業の殆どが、免罪符をちらつかせていますね。免罪符どころか、社会貢献している立派な企業だと言わんばかりです。・・俳優やどうしようもない宇宙飛行士にそう言わせています。
2010/02/23(Tue) 02:15 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
 原発が最悪・最低のグリーンウォッシュとのご指摘、私もまったくそう思います。たとえば、高レベルの放射性廃棄物は、数十万年の気の遠くなるような長期間の管理が必要だと言われていますが、数十万年後に、人類はまだいるのでしょうかねえ???  (私は、絶滅するというよりも別の種に変わっているのじゃないかという気がします)
 また、日本アルプスはここ直近の100万年で急激に高度を増したと言います。地層処分で300メートルの地下に埋め捨てたとしても、激しい造山運動と浸食作用で、地表に出てきそう……。どこが安全な処分法なんでしょうかね?
 やがて起こる東海大地震の震源域のほぼ中心にある浜岡原発の危険性は、多くの人々に指摘されています。万一の場合には日本列島の大部分には住めなくなりますね。

 こんなのどこがエコなんでしょうか???  原発にはそもそも莫大な税金が流し込まれて、原資が税金である資金で、「原発はクリーンな電力だ」などと虚妄のプロパガンダをやっているのには、私も怒りを感じます。

 槌田敦先生や小出裕章先生など心ある研究者が、反対の運動をしたり論陣を張ったりしていますが、国民大衆があまりついてこないというか、ほとんど関心を持たないのは本当に残念です。
2010/02/23(Tue) 19:59 | URL  | 路傍の石ころ #-[ 編集]
説明
>>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、本気で環境対策したら食い物がなくなって死んでしまいます。

 資本主義は成長し続けなければ成り立たない経済システムです。現在、資本主義システムは、持続可能な限度を超えて環境から資源を取り入れ、また廃棄物を放出しなければ自分自身を維持できないほど巨大化しているので、持続可能な程度まで資源、廃棄物の排出を抑えると、崩壊を起こすでしょうという意見です。
2010/02/23(Tue) 21:33 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
原発が最悪・最低のグリーンウォッシュ
    路傍の石ころさん

 原発がクリーンで安全なエネルギーだとか言って推進する事は、最悪、最低の詐欺の部類ですね。

>数十万年の気の遠くなるような長期間の管理が必要だ

地下貯留でも、1000年以内にで放射能が漏れて地上にまで出てくると言う事は原発関係者も認めるところですから、その後の処理は今は不可能でも未来に・・・というのは無責任の極地です。
  その処分費用はそのうちに電気代に上乗せされ、最高に高い電気代になるでしょう。
 チェルノブイリ級の大きな事故があれば、国家が潰れますしね。

 グリーンウォッシュと呼ぶのさえ憚られるほど酷い代物です。
 二酸化炭素を減らす為の代替エネルギー
とか言うのにはあいた口が閉まりません。人類に対する大犯罪と言うべきでしょう。
2010/02/24(Wed) 07:07 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
>自分自身を維持できないほど巨大化
    guyver1092さん

御説明有難う御座います。

>>資本主義は、環境を食いつぶして成長していますので、・・・

>持続可能な程度まで資源、廃棄物の排出を抑えると、崩壊を起こすでしょうという意見


 なるほど、つまり資本主義を脱してから、持続可能な社会まで経済縮小すべきだということですね。共感するところです。
2010/02/24(Wed) 07:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
エコノミカルな偽エコロジスト?!
原発ネタに反応して来ました(*-*)
グリーン・ウォッシュという言葉は初めて聞きました!的を得た表現ですね。
私は、「エコ」という言葉が胡散臭くて嫌いです。「"Ecology"なのか"Economy"なのか、どっちよ!」って思います。企業の使う「エコ」はエコロジーにかけた「エコノミー」ですよね。全く、言葉をうまく利用して「騙す」という手口に腹が立ちます。

市に私が提出した原発反対陳情に書いたのですが、原子力発電の「原子力」を意味する英語は"Nuclear"だと。原子力発電所は英語では"Nuclear Reactor"(原子炉)であり、"Nuclear Reaction"は核反応など・・。
そう書いていると、議員の一人が「Nuclearには細胞内の核の意味もありますよね。だから、原子力の"核"に特定するのはどうかと思うが。」と言われました。私はLongmanの英英辞書で調べており、Nuclearにはそんな意味はなかったのですが、後で和英(旺文社Comprehensive)を調べてみると最初の第一義に「細胞の核に関する」云々がありました・・。
"Nuclear"は形容詞で、"Nucleus"が名詞です。よって"細胞核"も名詞の"Nucleus"を使う、ということを辞書で確認しました。参考人招致でその件に対して答えられなかったので、先日、文書でその議員にお知らせしておきました。

「原子力発電」というのは「核発電」であり、「原子力発電所」は「核施設」なわけです。
北朝鮮の原子力発電所らしき施設を「核施設」と呼ぶなら、日本の原発も「核施設」だろう、とこう書いたわけです。言葉によって問題意識を逸らすこのずる賢さ。。「核廃絶」というなら、原発と呼ばれる「核施設」も廃止すべきですよね!
私もguyver1092さんの言われるように、「経済成長」論には疑問を感じます。室田武さんの「原子力の経済学」に書いてありました、環境を破壊することで経済発展をする、という話がとてもよく分かりました。入浜権 の話ですが、海水浴ができる浜を潰し開発したことで市民が受けた経済的損害が5億にも上る、と。しかしその市民の損害は、別の側面から見ると経済発展としてみられ、GNPは増えたとみなされる、と。。。いったい、この社会はなんなんでしょうね・・。
2010/02/24(Wed) 17:29 | URL  | Grace #-[ 編集]
原子力は原子核からエネルギーを取り出す方法
    Graceさん

>企業の使う「エコ」はエコロジーにかけた「エコノミー」

全くその通りですね。もっと細分するなら
economy[経済]にも
 ①経済  ②節約
の二つの意味がありますね。形容詞にすれば違いも歴然で
 ①economic が 「経済上の 経済学の」
 ②economical が 「経済的な、節約の、省エネの」
ですね。②の意味ならeconomyでも ecology 的な意味にも使えますが、企業は ecology と言いつつ economy① の意図が見え見えですね。
 そんな欺瞞の意味が嫌だから、「エコ」という言葉が嫌いな日本人が多いのかと思いますが、本来の ecology の意味には、本文にも書いたように

>生態系を考慮した、人間生活と自然との調和を考慮した・・

という意味があり、「環境考慮」や「地球にやさしい」なんて言葉よりも環境問題の根本解決にかかわるいい言葉だと思います。



 さて、本題の「原子力」ですが、
 それは燃焼[酸化]のような化学反応に対する「原子反応」ですから、勿論「原子核反応」ですね。原子のうち外殻を回っている電子の反応ではなく、中心の原子核の反応です。つまり、原子核自体は変化しないで原子同士の結びつきだけが変わる化学反応ではなく
 原子核自体が変化する反応ですから、
「原子力」は勿論「核反応」です。
 核反応には、
 (1)核分裂・・現在行われている原子力発電や広島、長崎に落とされた原子力爆弾(・・当時は核融合兵器が無かったので原子爆弾と言われましたが、「核分裂爆弾」、またはもっと詳しく、「ウラン分裂爆弾」、「プルトニウム分裂爆弾」と言うべきでしょうね・・。)
 と
(2)核融合・・・水爆(太陽の核反応)や夢の原子力と言われ、もうすぐ実現・・・と言われて50年位実現してない核融合炉の原子力ですね。
 核融合は放射能を出さない・・・と言われますが、核分裂とはまた違った大きな危険性があります。

さて、
 
>議員の一人が「Nuclearには細胞内の核の意味もありますよね。だから、原子力の"核"に特定するのはどうかと思うが。」

ですが、どういうシテュエーションで言ったのかわかりませんが、ただ知ってる事を口にしただけの、子供のような場違いな発言だと思います。
 「川に『はし』をかける」という話のときに
「ご飯を食べる『箸』の意味もあるから、『橋』の意味に特定するのはどうかと思う・・・と言ったくらい間抜けな発言かと思います。
 
nuclear weapon で核兵器  
nuclear bomb で核爆弾 ですからね。

 私は、
「原子爆弾」という言葉を、
はじめに開発した「核分裂爆弾・・・「ウラン爆弾、プルトニウム爆弾」の意味に使ってしまったので
 その後に現れた最初の核融合爆弾が当然の流れとして水素原子核[プロトン]の融合であったので、「水素爆弾」と言ってしまい・・・水素爆弾を単なる水素の燃焼(酸化)と勘違いしてる人もいるので、
 核分裂爆弾も核融合爆弾も同じ原子核の反応なのに、核分裂爆弾に「原子爆弾」という言葉を使ってしまったから、「核爆弾」という言葉にしただけかと思ってました。
混乱を避けようとして、かえって混乱してますね。

この場合、
 「核」は「原子核」の省略形でしょう。



 最後に、「経済成長」論の事ですが、ここのサイトの主題は「脱経済成長」です。左側の
カテゴリー
 ◦Economic Fascism
 や
 ◦社会・経済

 の記事が沢山ありますが、反経済成長路線で書いた記事がかなりあります。よろしければいくつかお読みになって下さい・・・その記事にコメント頂ければ幸いです。

 随分長くなってしまいました。

上々さんのコメントも欲しところです。
  
2010/02/24(Wed) 23:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
私も、今テレビで流れているコマーシャルのほとんどがグリーンウォッシュと感じられます。
考えてみたけれど、そうではない会社が全く浮かんで来ません。

ほとんどのもの対してその裏側にあるものを考えてしまいます。
仲間由紀恵だったかな?電話会社の 〜請求書をメールにすれば年間14万本の(数字が間違っていたらゴメンなさい)木を切らなくて済みます〜とか。
石油会社のコマーシャルでは〜このガソリンにしたら環境に優しい〜とか云々。

どちらも利用しなければ0(ゼロ)な訳で、売上は落としたくないというのは企業としては当然なのでしょうが、イメージ的なエコ戦略を信じる消費者はおめでたいですよね。

グリーンウォッシュということだけでなく、ユニクロなど安い人件費で作られたであろう商品を売る企業に対しても、覚めた見方をしてしまいます。

こうして年々モノを買わない生活にひた走っています。
ただお金がないからとも言えますが(笑)
2010/02/25(Thu) 10:11 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
>モノを買わない生活
    BEMさん

 やっぱりほとんどグリーンウォッシュに感じますか・・?
基本的に同じですね。
そう感じるのは、実体がそうであるからなのでしょうけれど、他の要因として
 この手のCMを発注する会社や作っている人々の環境意識が低過ぎる点に因るのでしょう。だからあんなCMで人々が釣られると考えられるのでしょう。人々は、補助金とか減税とかエコポイントだとか・・・エコと言っても economy[経済] で自分が得をするから釣られる人が大部分だと思います。


>こうして年々モノを買わない生活にひた走っています。

いいですね!!私もそうなって来ました。これからこのように考える人がどんどん増えて来るんじゃないでしょうか?
2010/02/25(Thu) 21:21 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
民衆のレベル
企業のCMのみならず、テレビや新聞の記事・番組にいたるまでエコエコ(アザラグってなんかありましたね)
おかしいと思わない人々のレベルの問題でしょう。
そういうことを言ってその企業の製品は買う気になれなくなるのはごく一部で、無関心か、中にはこれを買うことで環境にプラスになると本当に(!)信じて買ってしまうのが大抵の人で、まあ日本人だけではないんでしょうが、特にひどいと感じてしまいます。

まあ今のテレビを見ていてそれよりひどいのは健康食品の売り込みなんで、その状況を考えればエコエコで騙されるのも当然かと考えます。
2010/03/03(Wed) 09:17 | URL  | 上々 #-[ 編集]
エコエコ
    上々さん

>無関心か、中にはこれを買うことで環境にプラスになると本当に(!)信じて買ってしまうのが大抵

マスコミなどに踊らされていますね。
エコ=エコノミー としか捉えていない人も多いようです。


>それよりひどいのは健康食品の売り込み 

そうですね。健康食品のCMは、酷いのが多いですね・・・中には詐欺と区別がつかない物も相当ありそうです。
有機農業の作物・・・という売り文句もいいように利用されているのかも知れませんね。

>エコエコ(アザラグってなんかありましたね)

あはは、笑えますね。ホラーマンガとかですね。日本のエコエコ・・もそれに近いおバカかも知れませんね。


本来のエコロジー[ecology]とは、生態学 や 生態を考慮した環境活動を指す言葉なのですが、
 日本では、経済性を考慮した環境活動のように捉えられているような感じです。「地球にやさしい」と称する技術のようにも捉えられていますね。・・日本では「エコ」という言葉自体が既にグリーンウォッシュかも知れませんね。・・困ったものです。
2010/03/03(Wed) 22:12 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
レベル
健康食品については書き出すと長くなりますのであまり触れません。まあ、これに引っかかるのは中高年でしょうか。
そのためか、CMに出てくるのも昔の芸能人で、「私がこんなに元気なのも・・・」というやつです。昔のファン層が今のターゲットなんでしょう。

エコ製品は中年以下でしょうか。レベルの低さは年寄り同様です。「リサイクル・エコバッグ・車は何々」というのを見て車に乗らないのが最大のエコだろうと突っ込みを入れるのにも疲れました。
まあ、一つ一つ事あるごとに間違いを指摘していくべきなんでしょうが、こういったCMや番組がはびこるのを見ると日本人であることが嫌になります。
世界どこに行っても同じようなら人間であることが嫌になるでしょう。

ちなみに我が家の車はもう13年乗っていて、例の減税丸丸対象車なんですが、まだ十分に動きますので買い替える気はありません。意地でも乗ってやろうと思います。
2010/03/04(Thu) 09:43 | URL  | 上々 #-[ 編集]
エコのレベル
    上々さん

 買い替え・・をエコだ・・・と言うのは止めて欲しいものですね。資源の浪費です。
 やはり同じものを大切に長く使うべきですね。
本当に「エコカー」と言うのなら、ハイブリッド車や電気自動車ではなく、自転車・・・人力車をそう呼んで欲しいものです。「エコ~」と言う呼び方にはもう既に抵抗感が出来てしまいましたが・・・

 エコバッグについては、いいと思います。別に「エコバック」・・・なんて名前は付ける必要がなく、単に「買い物袋」でもいいかと思いますが、レジ袋を受け取らない事はそれなりに意味がある事です。食器トレイなどのほうが大量かも知れませんが、レジ袋は廃止の方向でいいでしょう。私も、レジ袋は貰いません・・・持ち合わせのバッグなどに入れてきます。小さく折りたためる安い携帯用の袋も持っています。
2010/03/04(Thu) 21:54 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
レジ袋
小さい頃に母親の買い物に付いて行くときには大きな買い物袋を提げて行ったのを思い出しますね。
レジ袋は確かに不要で、止めても何の不都合もないのですが、そればかりを言って、それならあのすべての食品類を入れているトレーやラップはどうするのとは誰も言わないのも奇態ですね。
無くすと不都合な物はどんなに悪くても口に出さないようにしておこうという偽善的態度としか見えません。
2010/03/05(Fri) 08:33 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:レジ袋
    上々さん

 数年前まで、レジ袋、割り箸は普及していました。ここ1~3年で、レジ袋と飲食店での使い捨てでない箸が急激に普及してきました。・・21世紀に入ってやっと・・・と言うのは遅いと感じますが、意味がある事だと思います。
 食品トレイなども回収してリサイクルする(溶かしてもう一度作る・・)のは、エネルギーの無駄遣いですから偽善的かも知れませんが、レジ袋の廃止が進んだ後は、トレイの問題にも進むでしょう。

>無くすと不都合な物はどんなに悪くても口に出さないようにしておこう

これは、売る方ばかりでなく買う方にも問題がありますね。
そこまで簡単にクリアできるくらいに早く意識を高めなければなりませんね。
2010/03/05(Fri) 20:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
プラスチック
石油ピーク論を信じるものとしては、とにかく石油は輸送燃料以外には使わないでねと言いたいだけです。
これは代わりがないので。
代用できるものはできるだけそちらに(植物由来?)持っていけば破局が先に延ばせます。

石炭の価格が5割上がるとか。デフレと騒いでいる割には、燃料価格が上がることは歓迎されないようです。
重油価格も1バレル80ドルに張り付いたまま、下がりません。
2010/03/06(Sat) 09:02 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:プラスチック
    上々さん

 プラスチックはゴミとしても放射性廃棄物に次いで酷いものですからね。海のプラスチックゴミの溜まり場もかなりひどい状況です。・・分別回収とかリサイクルで解決する問題ではないですね。プラスチック容器は廃止の方向で行かなければなりませんね。

石油も枯渇するし(・・しなくても環境負荷が高過ぎます。・・)代替エネルギーも有効な物はない・・・となれば、縮小しかない事は明らかでしょう。エントロピーの法則やエネルギー保存則と、地球に外部からある程度大量に入ってくるのは太陽エネルギーだけ・・・と言う事実と考え合わせれば、太陽光を有効に使える方法(光合成など)内でやるしかない事は目に見えていますね。
2010/03/06(Sat) 11:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
太陽エネルギー
石油石炭の化石燃料と言うのは数億年?にわたって貯められた太陽エネルギーの貯蓄ですね。それをわずか数百年で使い果たそうと言うのですから、罪の深さは相当なものです。

それを正味の現在降り注ぐだけの太陽エネルギーだけでやっていた時代に戻すというのは、大変なことなんですが、とはいえ江戸時代以前に戻るだけと言えばそれも正しいんですね。
精神的な文化はかなり発達していて、その当時の雰囲気もある程度想像はできるが、物質文化では全く違う状況ではあるのですが、しかし今50代以上の人にとってはそれほどかけ離れたものでも無い。微妙なところです。
2010/03/07(Sun) 09:48 | URL  | 上々 #-[ 編集]
太陽エネルギーの範囲内の生活
    上々さん


 う~ん、パラダイムシフトにかかわる大変有意義な議論ですね。何だか凄く心に響くコメントです。

>正味の現在降り注ぐだけの太陽エネルギーだけでやっていた時代に戻すというのは、大変なことなんですが

そこを如何に工夫してやっていくかが本当の科学なのではないでしょうか。勿論、多過ぎる人口も1桁減らなければなりませんね。出生率1(1組の夫婦に子供1人)を4世代続ければいいわけです。

>物質文化では全く違う状況ではあるのですが、

現代の持続不可能なドーピングの物質文明の中で生まれた子供の中には、このような生態系とは離れた文明が持続可能と思い込んでいる人間が沢山いる事が問題です。世界が都市だけでもやっていける・・・みたいな感覚の若者も多いようです。いわゆる「学力」なんてどうでもいいから、このあたりはしっかり教育しなければなりませんね。


>微妙なところです

そうですね。よくわかります。でも、そうするより道はないのですね。そして、環境破壊や人口圧などの環境圧がなければ、意外と住みやすいかも知れません。・・・物質文明のドーピングをン抜く事に軋轢は生じるでしょうけれど・・・記事にして議論したいところです。
2010/03/07(Sun) 15:59 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
生活感覚
私は50代半ばですが、物ごころついた昭和30年代当時にはまだ家庭でも電化製品はほとんどなく、我が家は都会の勤め人の家庭でその後の電化スピードは速かったと思いますが、冷蔵庫も洗濯機もテレビもなく電気を使うのは電球が数個とラジオだけと言う生活も記憶にあります。

おそらく電力消費量は現在の100分の1以下かと思います。
当然、自家用車などは思いもよらず、歩ける範囲は歩き後は電車とバスと言う生活でした。

その記憶があると、江戸時代を扱った時代劇やドラマなど見ても感覚的に連続性を感じられるのですが、10歳以上年下の人には難しいかもしれません。昭和40年代の高度成長というのが生活の隅々まで変えてしまいました。

幼いころに見た時代劇の映画と最近の同じテーマのドラマを比べて、画面が明るくなりすぎですね。
2010/03/08(Mon) 11:17 | URL  | 上々 #-[ 編集]
Re:生活感覚
    上々さん

この辺のお話は、具体的な持続可能な社会を思い浮かべるのに非常に参考になります。とても読み甲斐がある内容です。

>おそらく電力消費量は現在の100分の1以下かと思います。
>当然、自家用車などは思いもよらず、歩ける範囲は歩き後は電車とバスと言う生活

それで十分に楽しく生活していけた時代だったのですね。
もっと遥かに昔・・・江戸時代以前あたりは、一生のうちに社会の物的環境ががらりと変化する事はなかったのに、現代は変化が激し過ぎますね。幼少の頃と青年の頃、中年の頃・・・と異なった時代に住んでいる感じです。人類の進歩の速さに素晴らしさを感じると言うよりも、危険で無節操な暴走に感じます。物を消費し尽くそうとしている愚かな人類像を想起してしまいます。20世紀後半からの人類の歴史は、「急激な進歩」と言う名の「危険な暴走」ですね。

>江戸時代を扱った時代劇やドラマなど見ても感覚的に連続性を感じられる

なるほど、日本では20世紀半ばまでは、生態系を守った生活をしていたと言う事でしょうね。少し後の世代でも、田舎に育ったものは同じ感覚を共有出来るでしょうね。やはり20世紀後半からの高度経済成長と言う名の環境破壊の暴走が持続可能な社会を壊していったのでしょうね。

最近、「三丁目の夕日」とか言う映画が流行ったようですが、(私は見ていませんが・・)自然や昔の文化が破壊されてきた現在、そのような事にノスタルジーを感じる風潮はますます強くなるかも知れませんね。

2010/03/08(Mon) 23:51 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
昔は貧しかったと言う奇弁
    路傍の石ころさん

 こちらの議論にも加わって下さって有難う御座います。

 路傍の石ころさんの子供の頃の生活の思い出話、しみじみと読ませて頂きました。ご飯炊きや風呂沸かしなど、現代と比べれば大変かもしれませんが、とても郷愁を感じます。「古き良き時代」と言う感じです。出来ればその時代に戻りたい気も致します。私は、路傍の石ころさんや上々さんよりもちょっと下の世代ですが、風呂も薪とか木の枝、木くずなどで沸かしていましたし、練炭の掘りごたつも使いました・・・今でも掘りごたつは残っていて、練炭を入れたところに電気炬燵が上を向いて入っています。・・・そのようなお宅は結構残っています。肥溜めも結構残っていました。
 物は無くても生態系はしっかりしていて、自然に恵まれた環境でした。メダカや色んな魚も普通にいっぱいいたし、沢がにもいたるところに棲んでました。草むらで遊んでいると雉が飛んで逃げて行きました。
 東京や大阪などの大都会でも、地面の至る所でまだ土が顔を出していて、植物が沢山生えて、小動物も沢山いた事でしょう。地球環境の危機なんて心配しなくても良かった時代でもありますね。

 「昔は貧しかった」と言う人がよくいますが、物質的豊かさも相対的なものであり、路傍の石ころさんがおっしゃるように

>悲惨だったということは全くなく、けっこう楽しくうまくやっていました

でしょうね。

>もう一度昔の暮らしに帰るとしたならば、あっという間に日本列島の木は切り尽くされそうです

そこが問題ですよね。・・カーボンニュートラル・・・なんて言いますが、石油の代わりに薪等も含むバイオ燃料を使う代替が完全に実施されたら、植物はどっと減りだすでしょう。代替エネルギーを開発する前に、人類のエネルギー消費レベルを(太陽エネルギーでやって行けるレベルまで)下げる事が大切ですね。
 だからやはり人口は減らす方向で行くべきですね・・・現在の日本の出生率はえらく低く、好ましい方向なのに、「少子化対策」と称して人口を増やそうとしている政策は、世紀の愚策と呼ぶべきでしょう。

「発展」、「進歩」とは何なのか、自明の目標と考えず、みんなしっかり問い直して改めるべきかと思います。

素敵なコメント有難う御座いました。 
2010/03/09(Tue) 00:18 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
昭和30年代
三丁目の夕日は昭和30年代初頭を扱った映画だったと思います(私も見ていません)
それを見て郷愁を感じるのは50代以上の年代でしょうが、若い世代でもノスタルジーを感じたようです。
しかし、なんにでも口を挟みたがる人は居るようで、「本当の昭和30年代は悲惨だった」とか「狭い住居で赤ん坊が踏みつぶされて圧死する事故もあった」なんていう評論もありました。

しかし、それが良い時代だったからそこに戻ろうと言うのは現実ではないとしても、色々な条件(ここでずっと議論している条件です)で否応なしにそうならざるを得ないとしたら、せめて何らかの幸福感は感じられないとあまりにも悲惨でしょう。

とはいえ、各個人があまりにも物質文明に慣らされた後ではあのような安心感のある時代には適応できない人が多いかもしれません。
2010/03/09(Tue) 09:48 | URL  | 上々 #-[ 編集]
懐かしい生活
こんにちは!私も小学一年生の頃まで住んでいた古い家は母屋と風呂場が離れていたのを思い出しました。母達が木をくべて沸かしており、子供だけが風呂に入ると底板が浮いてくるという・・。2年生の時に割りと新しい中古の家に引っ越したけど、私や弟が風呂のボイラーに木をくべ(←方言かも・・?)てましたね。今、うちはガスのエコジョーズですが、エコキュートなんてので無駄なお湯の作り方をする機器が発明されて、「うちはエコキュートでエコなの。」みたいに自慢してる人がいますが、実態を知らないんですね。。ちょっと考えれば、電気よりガスで要る分だけ湯を沸かすほうが省エネだ、と分かりそうなのに。
ここでも「エコ」が「エコロジカル」でなく、「エコノミカル」であると見抜けない人たちが騙されていると感じます。。
 最近知ったのですが(皆さんはご存知かも・・)エコキュートで低周波音被害で苦しむ人がいるそうで。。私の友達もその疑いのある人がいます。
 
そういえば、総務省かな、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、2009年3月末時点で1億2707万6183人。で、2055年には8993万人、2105年には4459万人(中位推計)~3452万人(低位推計)ということです。
しかし、世界的には2050年頃ピークに達し、91億9130万人くらいになるそう。そうなったら、、、水、食物の取り合いで戦争勃発ですかね。。2050年に中国は14億3700万人の予想です。
 このような試算もあるのに、日本は今のままの路線で行ったのでは子供達に未来は無いと感じる今日この頃です。
2010/03/09(Tue) 15:08 | URL  | Grace #-[ 編集]
質素な生活
    上々さん

 現在の生活スタイルは持続可能ではありませんから、「戻る」と言う言い方は適切では無いかも知れませんが、物質的には遥かに質素な生活をしなければならないでしょうね。・・それが苦痛に感じる人もいるでしょうけれど、ドーピングが抜ければよかったと思えるでしょう。

>「狭い住居で赤ん坊が踏みつぶされて圧死する事故もあった」

そのような事を言うのなら、現代は、夏に自動車の中に置きっぱなしにされて脱水で無くなったり、親に殺されたりする赤ちゃんがいますね。

終戦直後の混乱の時代は酷い事も色々あったでしょうが、

>本当の昭和30年代は悲惨だった

なんて言う評論家は、何をもってそう言う事を言うのでしょうね。現代の物質文明に洗脳されているのでしょうか?


機会があれば、三丁目の夕日 を見てみてもいいかな・・と、思いました。
2010/03/09(Tue) 21:17 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:懐かしい生活
    Graceさん

 またの御訪問、有難う御座います。
Graceさんは、私よりさらに下の世代だと思いますが、そう言う生活の御体験あるのですね?

>子供だけが風呂に入ると底板が浮いてくるという・

もしかして、五右衛門風呂と言うやつですか!?
それは凄いです!!私も一度入ってみたいと思ってましたがいまだに見た事もありません。

>電気よりガスで要る分だけ湯を沸かすほうが省エネだ

その通りですね。エコキュートとは、冷蔵庫やエアコンに用いられていたヒートポンプに『エコ』っぽく名前を付けてみただけのものです。電気発熱器 よりは効率がいい・・・と言うだけで、基本的に発熱に電気エネルギーを使うのはエコではないですね。

>国立社会保障・人口問題研究所の将来推計

のデータも興味深く読ませて頂きましたが、人口が減るペースはもう少し速いほうがいいと思いました。

>日本は今のままの路線で行ったのでは子供達に未来は無い

 残念ながらそうでしょうね。だからこそみんなもっと考えて欲しいですね。
2010/03/09(Tue) 21:36 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
五右衛門風呂とオール電化
五右衛門風呂は母の実家で昭和35年ころ建て替えるまでありまして、帰省するたびに入りました。
本当に、子供一人だけでは蓋が沈まず入れませんでした。

さて、オール電化が姦しいばかりのCMで、謳い文句は光熱費が安くなる、ですがエネルギー効率は発電の時点ですでにかなり落ちているので、良いはずがないのですがなぜか電気料金は安い。
これはまだ相当電力会社は儲けているんですね。
そうでなけりゃあの太陽光発電高価買取なんてできるわけないし。
儲けさせて頂いている国へのほんのささやかな恩返しでしょうか。
2010/03/10(Wed) 10:45 | URL  | 上々 #-[ 編集]
あれがやっぱり五右衛門風呂ですか?!コンクリートみたいな黒っぽい石のような・・。古い家で、引っ越す前には傾いていたそうですから・・。
人口が減るペース、どうなんでしょうね。今の若い人たちも結婚したくない人も多いみたいだし、経済的にできない人もいるかも。。私の周りでも3人、4人と産む人はいますが、比較的旦那さんの勤め先が安定した家庭ですよ。。
 そういえば、2010/3/4の日経新聞に再生可能エネルギー買取について、「長期高値で買い取れば、導入量が増える反面、負担も増す」と書かれていました。電力会社が高値で買い取ることになれば、コストとなり電力料金に転嫁されるため、家庭や企業の負担が増すそうです。単純計算で国民1人当たり年間7000円弱の負担増。集合住宅や、住宅の構造の問題で太陽光パネルを設置できない家庭は、負担だけを強いられ不公平になるという批判もあるそう。
再生可能エネルギーを普及させても「電力会社は損をしない」この構造、まったく腹立たしいです。電力会社がなくなればいいんじゃないでしょうか?!
2010/03/10(Wed) 16:01 | URL  | Grace #-[ 編集]
Re:五右衛門風呂とオール電化
    上々さん

 私が小さい頃の浴槽は、木の風呂桶でした。風呂桶はかなり好きですね。もう何十年も入っていないので、郷愁を感じます。
 それに対して五右衛門風呂を見た事が無いのは、五右衛門風呂は、九州のほうでは普及していて、東北地方にはあまり普及していなかったのかも知れませんね。

>子供一人だけでは蓋が沈まず入れませんでした。

厚い木を使っていたのですね!いかだに出来そうですね(笑)


オール電化促進の陰には、原発がありますね。出力を変更すると危険な、フットワークの重い原発は、深夜電力が余りますから、その余った深夜電力で、ヒートポンプ(エコ・キュート)などで沸かして貯めておくと言う・・勿体ない事をしているわけです。それでいて飲み水には適さない・・とは、本当に愚かな代物です。

 原発やら風力発電、太陽光発電とその高価買い取りとか、費用対効果無視の代替発電で、このままでは、そのうち電気代も高騰するのではないでしょうか?電力会社はそれも目論んでいそうですね。
2010/03/10(Wed) 20:41 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
五右衛門風呂
    Graceさん

>コンクリートみたいな黒っぽい石のような・

ええっ!そうなんですか?・・・予想外ですね。・・・薪などはどこからくべるのですか?・・・五右衛門風呂かどうかは判断が付きにくいですね・・・私自身が見た事がないわけですから・・。」下駄で入る・・・とか聞いた覚えもありますが、他のお風呂と混同しているかも・・・

>私の周りでも3人、4人と産む人はいますが

少子化対策で、そう言う事が奨励されていますが、それは愚の骨頂だと思います。

電力会社は、地域の独占企業ですから危険ですね。

 
2010/03/10(Wed) 21:02 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
ちょっといろいろ
母の実家は長野県です。そこの五右衛門風呂も木ではなく鉄製?だったような気がします。

自然?エネルギー発電電力高価買取は最低最悪の政策です。まあどうせ大した量にならないとたかをくくっているのでしょうが、設置できる家庭はかなり余裕がある所だけですが、電気代への加算はすべての使用者にかかりますので、生活保護世帯にもかかってくるわけです。
しかもその価格は通常電気料金の倍程度と言っていますが、それは売り価格の倍であって、発電コストからみれば10倍近いものと思われます。
これは発電機械メーカーと施工業者への金垂れ流しでしかありません。

夜間電力は割安で使えるようになっていますが、もしも電池自動車が家庭充電できるようになればあっという間に不足すると言う事態も考えられます。まあそこまでは電池の原料資源の問題で行かないとは思いますが。

このまま行けばこうなると言うことがなんで想像できないのかな。
2010/03/11(Thu) 08:12 | URL  | 上々 #-[ 編集]
五右衛門風呂&補助金
    上々さん

 私のあいまいな記憶ですが、子供の頃、小学校の先生とかに、五右衛門風呂は鉄で出来ている釜風呂で、下から熱して、上に木の蓋兼足場が浮かべてあって、下駄を履いて、その蓋を上から押して沈めて入る・・・と聞いた覚えがあります。だから、気を付けて入らないと大変だ・・・みたいな言記憶があります・・・。
 やはり一回実物に入ってみたいですね。

>自然?エネルギー発電電力高価買取は最低最悪の政策です。

そうですね。エコ替えやエコポイントと同様に(それ以上に)経済的に余裕のある人が、さらに税金で補助金を貰うと言うような不公平感は拭えませんね。


>このまま行けばこうなると言うことがなんで想像できないのかな。

それは大切な事ですね。行政にはそういう当然の先読みはあって然るべきですね。交通の渋滞や川の氾濫、二酸化炭素の温暖化だけ大げさに先読みしますね。

 税金を使った補助金の垂れ流しは戒めるべきですね。
2010/03/12(Fri) 06:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。