-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-12-21 00:03
現在行われている地球温暖化対策に反対なのは、二酸化炭素温暖化説を否定しているからではありません。確かに懐疑派で、二酸化炭素温暖化主因説は信じてはいませんが、さりとて完全否定派でもありません。しかし、現在行われている二酸化炭素削減対策にはほとんど大反対です。二酸化炭素地下貯留、原子力発電、エコ替え、省エネカーの補助金&減税、風力発電、太陽光発電、排出権取引…グリーンニューディールなどの政策はすべて環境対策というよりは経済対策です。
地球温暖化対策ばかりではありません。
 汚水処理の為の大規模下水処理施設、ゴミ処理施設、ODAの開発援助、・・・すべて賛成出来ません。
これらを総称して私はギャグ効果・・・ギャグのような逆効果・・と呼んでいます。明らかに逆効果のものもあるし、効果が怪しかったり、収支のわけのわからないものに溢れています。環境を守ろという呼びかけのイベントも、往々にして経済対策になっている事が多く、環境負荷を多く掛けているイベントも沢山あります。
そのようなギャグ効果の怪しい対策ではなくて、現在すぐに出来る環境対策で、一番効果がある方法はどんな方法か・・?と問われれば、考えるまでもなく明らかな方法は、「止めること」に違いありません。
 予防原則という意味でも、止めることが一番の対策でしょう。
 原発による放射性廃棄物の処理も有効な方法は見つかってないし(これからも不可能でしょう・・)石油化学製品の廃物処理も有効な方法は確立されていません・・・ならばどうするか…それは止めることです。それが一番確実な対策です。この方法ならお金もかかりません。・・・その環境問題を発生させていた仕事に就いていた人々への生活保障・・という本末転倒の事にお金がかかるくらいでしょう。


 ダムを造ること、河川工事、海岸工事、森林伐採・・・すべて凍結して止めるのが一番の環境対策です。
先ずはストップ・・・これに限る・・・これが最良の予防原則に違いありません。

 たとえば、生ごみ処理や糞尿の処理は、止める…というよりも上手く自然の循環に回すことが最良の方法である場合があります。…このように個別の問題では、止めることよりも有効な方法があるかもしれませんが、総合的に考えれば止めることが最も確実で有効で費用もかからない方法でしょう。

 地球温暖化対策も、石油などの消費を減らすことが有効な方法でしょう。工業や経済活動は現状を維持して、または成長を期して、その上で二酸化炭素を減らそう・・・なんて言ってるから逆効果の対策だらけになってしまうのです。
工業活動の多くを止めて、不要な経済活動も止めれば、排出する二酸化炭素の量も自ずと減るでしょう。その結果、NOx ,SOx の排出も減り酸性雨対策にもなりますし、ゴミ問題も環境汚染の問題もかなり解決するでしょう。・・・地球温暖化・・・は重要性の高い環境問題ではないと考えますが、産業活動を控えることによって、色々な環境問題が軽減し解決する方向に向かうのです。
 様々な環境問題が起こったら、対症療法的な出口での対策を練るのではなく、その原因を止めればいいのです。…そんな簡単な基本的なことをやらずに、対症療法的な対策ばかりを行うのは、経済効果を考えているからに他なりません。先ず、原因となった経済活動を放置し、さらにその対策としてお金のかかる対策を提案する・・・まさに経済の為の環境対策です。
 
 原発は放射性廃棄物を必ず放出しますし、プラスチックや石油化学物質は自然に分解されずに残り、有毒であることは明らかです。地球温暖化の二酸化炭素との因果関係のように不確実なのではありません。
 ならば一番有効な対策は、元から断つ…環境負荷の大きい物質を出す産業活動を止めるべきなのです。
 止めることをせずに、お金のかかる出口での対策をしているものはすべて経済対策というべきでしょう。

 止める勇気、これが現代社会に一番必要なことで、それ以上の環境対策はないでしょう。
ごく当然のことだと思うのですが・・。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/12/21 00:03】 | Sustainability トラックバック(0) |

資本主義の呪縛
guyver1092
 常識で少し考えれば、当然の結論ですが、出せないのですね、ほとんどの人が。

 あとどれだけの人が呪縛から解かれたらパラダイムシフトが起きるのでしょうか。

 私が起こりうるのではないかと期待しているのは産業界の自滅です。具体的には、自分たちの儲けのために、労働者への賃金をさらに削り、ものを買う金がなくなり、デフレスパイラルになって経済は縮小、労働者等は、自衛のため、農家から家庭菜園を借りて、自給経済が自然に増えていくとのシナリオです。
 あまり確率が高いとは思えませんが。 

>産業界の自滅
雑草Z
    guyver1092さん

 止めること・・・と言う選択肢を選べないと考える事は、成長絶対主義の洗脳ですね。止まる事が考えられないほどに社会システムがドーピングされてしまった・・とも言えるでしょう。おっしゃるような
>呪縛
でしょうね。

>起こりうるのではないかと期待しているのは産業界の自滅

はいいですね。可能性が低くとも、あり得ないとは言えませんね。非常な痛みを伴うでしょうが、このまま成長志向が続いて起こる大崩壊よりはいいでしょう。私も期待したいところです。

>自衛のため、農家から家庭菜園を借りて、自給経済が自然に増えていくとのシナリオ

が特にいいですね。私も似たような事を考えます。
いつも有意義な面白いストーリー有難うございます。
現代のシステムに縛られた人には絵空事に映るでしょうが、
それこそが、
呪縛、洗脳
なんですよね。

そろそろのんびりしても良いのでは。
BEM
戦争が終わって復興、高度成長、バブル…と、日本は走り続けてきた感があります。
ここらでガツガツしない、ゆったりした将来を目指しても良いんじゃないか?って最近思うんですよ。
物で溢れて、食べ切れないほどの食糧を輸入して、使い切れないオモチャ(クリスマスが近いですからねえ(笑))に囲まれて、まだ満足できないか? って。

二酸化炭素を出さないようにするには成長を止めるという考えは至極真っ当な意見だと思うのですが、テレビでそんな事をいう人は全くいませんよね。
誰もが経済対策、経済成長、科学技術なくして日本の将来はないとか、日本は立ち止まる事が許されないようです。

環境対策予算も結局は公共投資という経済対策ですものね。
大都市に住む人間ほど止まる勇気はないでしょうね。

そろそろのんびり・・ですね。
雑草Z
    BEMさん

 企業が生き残り、成長を続けるために、溢れて収容しきれない物をもっともっと作って売りつける…消費拡大なんて続けていたら、地球の生態系の環境は壊れてしまって人類社会も崩壊する事は明らかでしょう。


>ここらでガツガツしない、ゆったりした将来を目指しても良い

そうですね。物があっても使う暇がないくらいに時間的にも追いつめられています。
 以前は、「持ってる事」自体に満足したり自慢したりする人も沢山いたようですが、最近は要らない物は買わない・・というごく真っ当な考え方をする人も増えてきたように感じます。
 そこを、景気対策・・とばかりにテレビなどマスコミで購買意欲をそそる・・・マスコミは浪費を煽る企業の手先が大多数です。

 日本に限らず世界中一度立ち止まって・・食料など必要最小限の生活物資だけ供給して・・・ゆったりしっかり考える時間があればいいですね。

必要なのは「止まる勇気」ですね。・・実は簡単な事だと思うのですが・・。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
資本主義の呪縛
 常識で少し考えれば、当然の結論ですが、出せないのですね、ほとんどの人が。

 あとどれだけの人が呪縛から解かれたらパラダイムシフトが起きるのでしょうか。

 私が起こりうるのではないかと期待しているのは産業界の自滅です。具体的には、自分たちの儲けのために、労働者への賃金をさらに削り、ものを買う金がなくなり、デフレスパイラルになって経済は縮小、労働者等は、自衛のため、農家から家庭菜園を借りて、自給経済が自然に増えていくとのシナリオです。
 あまり確率が高いとは思えませんが。 
2009/12/21(Mon) 23:04 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
>産業界の自滅
    guyver1092さん

 止めること・・・と言う選択肢を選べないと考える事は、成長絶対主義の洗脳ですね。止まる事が考えられないほどに社会システムがドーピングされてしまった・・とも言えるでしょう。おっしゃるような
>呪縛
でしょうね。

>起こりうるのではないかと期待しているのは産業界の自滅

はいいですね。可能性が低くとも、あり得ないとは言えませんね。非常な痛みを伴うでしょうが、このまま成長志向が続いて起こる大崩壊よりはいいでしょう。私も期待したいところです。

>自衛のため、農家から家庭菜園を借りて、自給経済が自然に増えていくとのシナリオ

が特にいいですね。私も似たような事を考えます。
いつも有意義な面白いストーリー有難うございます。
現代のシステムに縛られた人には絵空事に映るでしょうが、
それこそが、
呪縛、洗脳
なんですよね。
2009/12/21(Mon) 23:44 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
そろそろのんびりしても良いのでは。
戦争が終わって復興、高度成長、バブル…と、日本は走り続けてきた感があります。
ここらでガツガツしない、ゆったりした将来を目指しても良いんじゃないか?って最近思うんですよ。
物で溢れて、食べ切れないほどの食糧を輸入して、使い切れないオモチャ(クリスマスが近いですからねえ(笑))に囲まれて、まだ満足できないか? って。

二酸化炭素を出さないようにするには成長を止めるという考えは至極真っ当な意見だと思うのですが、テレビでそんな事をいう人は全くいませんよね。
誰もが経済対策、経済成長、科学技術なくして日本の将来はないとか、日本は立ち止まる事が許されないようです。

環境対策予算も結局は公共投資という経済対策ですものね。
大都市に住む人間ほど止まる勇気はないでしょうね。
2009/12/22(Tue) 00:08 | URL  | BEM #hszQL7r.[ 編集]
そろそろのんびり・・ですね。
    BEMさん

 企業が生き残り、成長を続けるために、溢れて収容しきれない物をもっともっと作って売りつける…消費拡大なんて続けていたら、地球の生態系の環境は壊れてしまって人類社会も崩壊する事は明らかでしょう。


>ここらでガツガツしない、ゆったりした将来を目指しても良い

そうですね。物があっても使う暇がないくらいに時間的にも追いつめられています。
 以前は、「持ってる事」自体に満足したり自慢したりする人も沢山いたようですが、最近は要らない物は買わない・・というごく真っ当な考え方をする人も増えてきたように感じます。
 そこを、景気対策・・とばかりにテレビなどマスコミで購買意欲をそそる・・・マスコミは浪費を煽る企業の手先が大多数です。

 日本に限らず世界中一度立ち止まって・・食料など必要最小限の生活物資だけ供給して・・・ゆったりしっかり考える時間があればいいですね。

必要なのは「止まる勇気」ですね。・・実は簡単な事だと思うのですが・・。 
2009/12/22(Tue) 07:50 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。