-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-12-13 00:02
前回の【ゴミこそ地産地消・・・地消は廃棄まで・・・】の続きです。

 テレビなどで、よくゴミ屋敷のことが問題になります。ゴミが家の中や敷地に放置されて、ゴミに埋め尽くされた家の事です。家の主が他の家からゴミを集めてくる場合もあるようですし、割れ窓理論よろしくゴミ屋敷には他の人がさらにゴミを持って来て捨てる場合もあるようです。しかし、そんな場合を除いて自分の家で出たゴミだけでも、1年、5年、10年・・と溜め込んで置いておくと、あれだけのゴミになるのです。飲食店とかやっていて、ゴミを捨てなければ、数か月でゴミ屋敷になってしまうでしょう。ひとつの家庭でも何年もゴミを出さないでいればあれだけのゴミが溜まる・・・と云う事自体が恐ろしい事です。
 ゴミ屋敷は確かに近所迷惑でしょうけれど、あのゴミを撤去して、ゴミ処理場に持って行けば済むと言う話ではないでしょう。ゴミ収集車でどこかへ持って行って廃棄すると言う事は、対症療法であり、問題の先送りです。今現在ゴミを家から出す事を禁止したら、ゴミ屋敷になってしまう家が殆どでしょう。つまり、ゴミ屋敷になるかならないかは、ゴミをよそに持って行くかどうかの違いです。・・ゴミを(自治体のゴミ収集などで)遠くへ持って行って貰う事が責任ある行動とは思えません。勿論根本解決には程遠いでしょう。

 ゴミの減量の事が言われてから久しい筈ですが、あまりゴミの減量は進んでいない証拠ではないでしょうか。食べ物でさえ、一つ一つの商品にあれだけの包装をして売っているのですから、捨てなければゴミは溜まって然るべきです。容器や包装でなくとも、製品自体、使えなくなったら、実質は廃棄するだけの物が沢山あります。

そんなゴミを捨てないで自分の敷地内に置いておく事はある意味良心的とも言えるかも知れません。(往々にして敷地をはみ出してしまうようですが・・)

 物を捨てられない人も多く、捨てないでいるうちに物が溜まり過ぎてしまいます。 ・・・私自身、物は捨てられずに溜めこむほうです。妥協して少しずつ捨てます(笑)・・・物を捨てずに溜めこんで困ってしまえば、普通はあれだけのゴミ屋敷になる前に、物は必要最小限しか買わないほうが賢い・・と言う事を悟るでしょう。・・ゴミ屋敷の主は、限界を超えてどんどん溜めこむところは病気と言えるかも知れません・・

 逆に物をポイポイ捨てて、整理整頓が上手い人もよく見かけます。整理するにはどんどん捨てろ・・・みたいな整理術を主張します。でもそれって好ましい事でしょうか?ゴミを自分の知らない遠くに持って行って貰って廃棄し、自分の身の回りはきれいにする・・・と言う発想は戴けません。実はその手のきれい好きがゴミ問題を深刻化している大きな要因になっているのではないでしょうか?
 自分で出したゴミは自分で責任を持って始末する・・・と言う事は、出したゴミを遠くへ持って行って廃棄する事ではなく、しっかり自然に返して、自然の循環に回す事でしょう。中古製品として再利用するのもいいでしょう。再資源化が簡単で投入エネルギーも少なくて済む物質は、再資源化に回すのもいいでしょう。・・・それが出来ないなら、個人で持っていろ・・・それでも嫌なら買うな・・・と言うのが地球の環境に対する本当の責任でしょう。・・・(その前に、再資源化出来ないものは販売するな・・と言うべきでしょうが・・・)

 ごみ屋敷を批判する前に、そんなゴミが沢山出て来る社会のシステムを批判すべきでしょう。ゴミ屋敷と同じくらいのゴミを普通の家庭は、「ゴミ」として、家の外に廃棄している事実にも着目して、その根本問題から解決すべきでしょう。
・・・ゴミの「地消」の究極の理想例は、各家庭内で始末出来るということでしょう。・・・

 確かに「ごみ屋敷」が近所にあれば迷惑でしょう。廃棄物は家ごとに点在させるより一か所にまとめておくほうが土地の有効利用は出来るでしょう。・・・しかし、廃棄物はよそに持って行って捨てよう・・・と言う発想が素晴らしいとは思いません。ゴミ屋敷は、個人の責任・・と言うよりも現代の物質文明を反省する材料にすべき存在ではないでしょうか。

 やはりゴミこそ地産地消にすべきです。そうすれば一時的にゴミが自治体に溢れるような事態になるかも知れませんが、その後急速なゴミの減量が進み、ゴミ問題の解決方向に向かうでしょう・・・人類が愚か過ぎなければ・・・
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/12/13 00:02】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

塩素を含む物
guyver1092
 ビニール等は塩素を含んでいなければ燃やしてしまうのが一番ですね。

 親戚でごみをかまどで燃やしているという人がいました。今はどうか知りませんが。

 各家庭で、ごみを完全分別できれば、マテリアルリサイクルも可能かもしれませんが、社会全体の効率を考えると、包装はなくすほうが良いですね。容器は、各自が店に持ち込んでそれに入れて持ち帰るというのが合理的でしょうね。

 以下冗談
 ごみ屋敷の住人は実は予知能力者で、近いうちに石油製品の価値が金以上に高騰するのを知っているから貯めているんです。

ゴミは本来は資源・・
雑草Z
    guyver1092さん

>ビニール等は塩素を含んでいなければ燃やしてしまうのが一番ですね。

 燃やすなら、ただ燃やすのは勿体ないので燃料にすべきでしょうね。・・・と言うか、やはり基本的には使い捨てのビニールは禁止にすべきでしょう。

>社会全体の効率を考えると、包装はなくすほうが良い

包装は本当に早急に廃止にすべきだと思います。


>容器は、各自が店に持ち込んでそれに入れて持ち帰るというのが合理的

そうですね。昔はみんなそうだったのですけどね。マイ箸マイバッグと言わず、マイタッパー、マイボトル・・でしょうね。物にもよりますが・・


いつもながら面白い冗談ですね。・・・今回は「ブラックジョーク」という表現は不適切ですね。
 予知能力はないでしょうが、ゴミを資源と思って捨てない人は沢山いるでしょう。誰かがゴミを撤去しようとしたら、ゴミ屋敷の主が「捨てるな!」・・・と怒っているシーンを見た事があります。・・・その感覚は悪くないと思います・でも、もっと分別しないといけませんね。(笑)


Anthony
家庭用の小型ゴミ焼却 給湯&発電システムつーのが、できないかなぁ



ゴミの質・・
雑草Z
    Anthonyさん

 その為には先ずは、燃やせる有機物のごみ・・昔のようなゴミにもどして、プラスチックなどのごみは減らすべきでしょうね。
 基本は、腐って自然に分解して自然に戻るゴミでしょう。

でもゴミ屋敷はイヤ
BEM
先日仕事でカビ取りやスズメバチ、カメムシの駆除をしている方に会ったのですが、以前はいなかった北海道にもゴキブリが多くなっており、それもゴミ屋敷でスゴい事になっているそうで、話しを聞くだけでちょっと背筋がゾクッとしました(^^;

私が子どもの頃の話しですが、田舎である美幌町では(今でも田舎ですが♪)街の中心部からは少し離れていたので、家で出たゴミは自由に家の前で燃やしていました。

子どもでしたが、親と一緒に燃やしたり、中学高校生くらいになると、自分でもゴミを燃やしていましたよ。
それで思うのは今のように、ほとんどが紙ゴミのようなもので、燃やすと有毒な真っ黒な煙が出るということもあまりなかったように思うのです。

最近はプラゴミなどを分別するようになったため、それだけで毎週袋一杯になります。資源ゴミとは言いますが、本当に資源化されているのか怪しいと睨んでおります(笑)

この30年の間に自然に返らないゴミがいかに増えたことかと、この記事には考えされられました。
しかし、製造する側にその危機感はないのでしょうかね。

タイトルが受けました(^^;
雑草Z
    BEMさん

 北海道にもゴミ屋敷があるんですか?
珍しいものかと思いましたが、結構沢山あるのかも知れませんね。…程度にも拠るでしょうが全国にどのくらいあるのでしょうね。…記事に書いたようにゴミ屋敷の主には多少シンパシーを感じますが、近所にあるのは嫌でしょうね。(笑)

>でもゴミ屋敷はイヤ

というタイトルは実感がこもってますね。


 私も子供の頃は燃えるゴミは家で燃やしていましたし、そう言えば小中学校などには焼却炉があり、掃除当番が焼却炉にゴミを捨てに行ってたような記憶があります。

>この30年の間に自然に返らないゴミがいかに増えたことかと、

そうですね。それも使い捨ての容器が増え過ぎです。本来の問題はそっちであって、ゴミ屋敷はそれに起因する一つの現象に過ぎませんね。

モラルの問題の前に自然に帰らない使い捨て容器などを法律で禁止すべきでしょうね。
 


Gizen-H
手元から離れたら、目の届かない場所に移ってしまえば、それでお仕舞い。そのような考えがあるかどうかは分かりませんが、深刻と言われている割には周囲でゴミ問題に対する意識が低いような気がします。

自然に帰ることのない、または循環を遥かに上回る「ゴミ」を大量に出す構造が社会を成り立たせている、そのようにも思います。

初めての書き込み、失礼いたしました。

遠くに持って行かない事
雑草Z
    Gizen-Hさん

 はじめまして、初の書き込み、賛同のご意見有難うございます。

>目の届かない場所に移ってしまえば、それでお仕舞い。

・・は、そう考える人もいるでしょうけれど、大抵の人はそこで意識から離れてしまうのでしょう。そうやって知らぬ間に、ゴミ問題は深刻化しているのだと思います。だからこそ、ゴミこそ遠くへ持っていかずに身近で始末するべきだと考えます。そうすれば、現在のような無節操な大量生産大量消費、過剰包装は無くなる方向へ進むでしょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
塩素を含む物
 ビニール等は塩素を含んでいなければ燃やしてしまうのが一番ですね。

 親戚でごみをかまどで燃やしているという人がいました。今はどうか知りませんが。

 各家庭で、ごみを完全分別できれば、マテリアルリサイクルも可能かもしれませんが、社会全体の効率を考えると、包装はなくすほうが良いですね。容器は、各自が店に持ち込んでそれに入れて持ち帰るというのが合理的でしょうね。

 以下冗談
 ごみ屋敷の住人は実は予知能力者で、近いうちに石油製品の価値が金以上に高騰するのを知っているから貯めているんです。
2009/12/13(Sun) 21:06 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
ゴミは本来は資源・・
    guyver1092さん

>ビニール等は塩素を含んでいなければ燃やしてしまうのが一番ですね。

 燃やすなら、ただ燃やすのは勿体ないので燃料にすべきでしょうね。・・・と言うか、やはり基本的には使い捨てのビニールは禁止にすべきでしょう。

>社会全体の効率を考えると、包装はなくすほうが良い

包装は本当に早急に廃止にすべきだと思います。


>容器は、各自が店に持ち込んでそれに入れて持ち帰るというのが合理的

そうですね。昔はみんなそうだったのですけどね。マイ箸マイバッグと言わず、マイタッパー、マイボトル・・でしょうね。物にもよりますが・・


いつもながら面白い冗談ですね。・・・今回は「ブラックジョーク」という表現は不適切ですね。
 予知能力はないでしょうが、ゴミを資源と思って捨てない人は沢山いるでしょう。誰かがゴミを撤去しようとしたら、ゴミ屋敷の主が「捨てるな!」・・・と怒っているシーンを見た事があります。・・・その感覚は悪くないと思います・でも、もっと分別しないといけませんね。(笑)
2009/12/13(Sun) 23:00 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
家庭用の小型ゴミ焼却 給湯&発電システムつーのが、できないかなぁ

2009/12/14(Mon) 22:42 | URL  | Anthony #-[ 編集]
ゴミの質・・
    Anthonyさん

 その為には先ずは、燃やせる有機物のごみ・・昔のようなゴミにもどして、プラスチックなどのごみは減らすべきでしょうね。
 基本は、腐って自然に分解して自然に戻るゴミでしょう。
2009/12/14(Mon) 22:49 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
でもゴミ屋敷はイヤ
先日仕事でカビ取りやスズメバチ、カメムシの駆除をしている方に会ったのですが、以前はいなかった北海道にもゴキブリが多くなっており、それもゴミ屋敷でスゴい事になっているそうで、話しを聞くだけでちょっと背筋がゾクッとしました(^^;

私が子どもの頃の話しですが、田舎である美幌町では(今でも田舎ですが♪)街の中心部からは少し離れていたので、家で出たゴミは自由に家の前で燃やしていました。

子どもでしたが、親と一緒に燃やしたり、中学高校生くらいになると、自分でもゴミを燃やしていましたよ。
それで思うのは今のように、ほとんどが紙ゴミのようなもので、燃やすと有毒な真っ黒な煙が出るということもあまりなかったように思うのです。

最近はプラゴミなどを分別するようになったため、それだけで毎週袋一杯になります。資源ゴミとは言いますが、本当に資源化されているのか怪しいと睨んでおります(笑)

この30年の間に自然に返らないゴミがいかに増えたことかと、この記事には考えされられました。
しかし、製造する側にその危機感はないのでしょうかね。
2009/12/15(Tue) 00:18 | URL  | BEM #KyOwEUhE[ 編集]
タイトルが受けました(^^;
    BEMさん

 北海道にもゴミ屋敷があるんですか?
珍しいものかと思いましたが、結構沢山あるのかも知れませんね。…程度にも拠るでしょうが全国にどのくらいあるのでしょうね。…記事に書いたようにゴミ屋敷の主には多少シンパシーを感じますが、近所にあるのは嫌でしょうね。(笑)

>でもゴミ屋敷はイヤ

というタイトルは実感がこもってますね。


 私も子供の頃は燃えるゴミは家で燃やしていましたし、そう言えば小中学校などには焼却炉があり、掃除当番が焼却炉にゴミを捨てに行ってたような記憶があります。

>この30年の間に自然に返らないゴミがいかに増えたことかと、

そうですね。それも使い捨ての容器が増え過ぎです。本来の問題はそっちであって、ゴミ屋敷はそれに起因する一つの現象に過ぎませんね。

モラルの問題の前に自然に帰らない使い捨て容器などを法律で禁止すべきでしょうね。
 
2009/12/15(Tue) 21:05 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
手元から離れたら、目の届かない場所に移ってしまえば、それでお仕舞い。そのような考えがあるかどうかは分かりませんが、深刻と言われている割には周囲でゴミ問題に対する意識が低いような気がします。

自然に帰ることのない、または循環を遥かに上回る「ゴミ」を大量に出す構造が社会を成り立たせている、そのようにも思います。

初めての書き込み、失礼いたしました。
2009/12/17(Thu) 04:12 | URL  | Gizen-H #Ybw1CIdM[ 編集]
遠くに持って行かない事
    Gizen-Hさん

 はじめまして、初の書き込み、賛同のご意見有難うございます。

>目の届かない場所に移ってしまえば、それでお仕舞い。

・・は、そう考える人もいるでしょうけれど、大抵の人はそこで意識から離れてしまうのでしょう。そうやって知らぬ間に、ゴミ問題は深刻化しているのだと思います。だからこそ、ゴミこそ遠くへ持っていかずに身近で始末するべきだと考えます。そうすれば、現在のような無節操な大量生産大量消費、過剰包装は無くなる方向へ進むでしょう。
2009/12/17(Thu) 06:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。