-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2009-11-21 00:04
 不況は、物が売れなくて困る状態です。つまり供給過多で需要不足の状態です。・・・でもそれって社会全体で考えれば、困る状態ではないでしょう。・・・社会全体として考えれば、これで当分物を作らなくていい・・・働かなくても物が十分にある・・・と考えて然りでしょう。・不況を嘆く前に、物が十分にあると言う事で失望しなければならない異常な社会のシステムについて考えるべきでしょう。食料をはじめ、物が不足したら由々しき事態ですが、物が余って売れなくなったから、対策しなければならない・・・という事は、現代の資本主義社会がどうしようもない明白な矛盾を孕んでいるものだからでしょう。自然界には存在しない極めて異常な状態でしょう。・・・まるで癌細胞です。


 現在の不況対策・・物が余って大変だ・・・とばかりに物をどんどん消費する策を考える、需要を開拓し消費拡大を図る政策、・・・って愚の極みでしょう。・・何故そう考えられないか・・・それは、お金がないと物が自分の私有物にならないからです。貧困層が出現するのは、一方で限り無い私有財産の所有・・・というものを許可しているからでしょう。資本家が私有財産を限りなく増やそうとするから、搾取される階層の中から貧困が生じ、困窮する訳です。そう、物が余っていてもそれを手にする事が出来ない層を作って更なる消費拡大でもっと儲けよう・・・という資本家の強欲が不況を深刻なものにしているのでしょう。


 物が余ったら大変だ・・・使っている物をスクラップにしてどんどん作れ・・・それが成長を無条件に妄信している現代社会です。
でも本当の怖い事態は、そうやって恐慌対策の為に物を必要以上にどんどん浪費しているうちに資源が枯渇し物が無くなることでしょう。資源だけではなく廃棄物の捨て場の枯渇の問題も深刻です。
このままの市場経済原理に乗っ取り、不況対策を続ければ、物不足、それも食糧不足という悲惨な事態になるでしょう。そのほうがよっぽどヤバい状態でしょう。

 物が余っているうちが花・・・と言えましょう。そんなに猶予はないと思います。物が余っているうちに、物が余っている事が障害になるという非常に狂った資本主義社会に終止符を打ち、新たな社会・・・脱経済成長論理を中心に据えた社会を構築すべきでしょう。
スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2009/11/21 00:04】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

ベーシックインカム
mao
現実問題として、物を壊して作りなおすような無駄なことでも、お金が得られるならば、一個人にとっては重要なことです。結局、お金が無いと生きていけないので…。
つまり今の社会は止まることが許されない社会なのですね。

雑草様は以前、環境を破壊する公共事業をやるくらないなら、お金を配ったほうがマシと書かれていたことがありますが、もっともな話だと思います。
もっと言うならば、お金を儲けなくても暮らせる社会を
作る必要があるのでは無いかと思っています。
具体的には、生きているだけで、なんとか暮らせるだけの
お金をすべての国民に配当するベーシックインカム政策です。

ベーシックインカムにより、最低限の生活が保障されるため、止まることが許され、持続可能な社会が実現できるのでは無いかと思います。

ベーシックインカムは、意外にも元ライブドアの
ホリエモンも「あり」と言っていました。
少し考え方が違う方にも支持されていることから、
意外に現実的選択かもと思うのです。

Re:ベーシックインカム
雑草Z
    maoさん

 お久しぶりのコメント有難う御座います。本日、ふと、・・そう言えばmaoさんからコメント来てないなあ・・・と思っていたところです。


>物を壊して作りなおすような無駄なことでも、お金が得られるならば、一個人にとっては重要なことです。
>つまり今の社会は止まることが許されない社会

そうですね。おっしゃる通りです。それが現代の経済優先、成長路線の社会ですね。


>ベーシックインカムにより、最低限の生活が保障されるため、止まることが許され、持続可能な社会が実現できるのでは無いかと思います。

おお、なるほどごもっともです。確かにそうする事で
止まること=定常性を保つ事 
が出来ますね。これは大切な政策ですね。現在の日本は格差が激しく、本当に収入の少ない生活をしている人が沢山いますからね。
>止まること
って非常に大切ですね。
贅沢をしなくてもいいから最低限の生活をしっかりしたい人は増えてきています。ベーシックインカムが保障され、セイフティ・ネットがしっかりすれば、そういった人々は社会問題に対して考える時間も増え、持続可能な社会の構築についても考える時間が出来るでしょう。大賛成です。
 無駄な公共工事を撤廃し、事業の仕分けも厳しく実行し、累進課税もしっかりやって財源確保すればいいでしょう。

>意外に現実的選択

そう思います。現実的なしっかりした提案だと思います。
 食糧難だとか資源不足だとか、社会が混乱して来る前に実行したい政策ですね。

経済システム
guyver1092
>資本家の強欲が不況を深刻なものにしているのでしょう。

 同感です。ずっと以前からの疑問ですが、過去に不況になった場合の経済対策は全てが、お金を借りやすくするの類の消費者にもっと金を使わせるものばかりでした。はっきりと記憶はしていないのですが、それらは消費者が将来の収入に不安を持ったため生活防衛に走ったような記憶があります。
 このような事態には、単純に考えて消費者の収入を保証するため労働者の給料を増やすような対策が必要と思ったものですが、過去の対策は、消費者の将来の収入を今現在使わせるものばかりでした。
 私的には不思議でしたがそれなりの効果はあったようで経済が回復していたと思います。ただし時代が下るほど効き目がどんどん弱くなっているようでしたが。

 私は、彼らの認識している経済の仕組みと現実の仕組みのずれがだんだん拡大してきているのではないかと考えています。もしかしたら致命的なほどずれているのではないかという気がします。そしてずれの原因は彼らの強欲で、欲呆けした思考で経済の仕組みを考えた結果、現実の仕組みを見誤ったのたではないかと。

 この強欲システムから脱する方法のひとつとして、増えないお金を作るのも良いかもしれません。すなわち、地域通貨です。私が考えているのは、各家庭が自給する、自給で足りないものを地域のコミュニティーで補う、地域通貨でも補う、それでも不足する分を通常のお金でおぎなうというものです。

※前回の補足
 私の考えているソーラーシステムは、太陽炉利用の調理器等も含みます。簡単な太陽熱利用のものなら算出投入比的にも物質的な長持ちも十分やる価値があると思います。太陽電池は算出投入比的に不可ですが。

資本家本位の経済システム
雑草Z
    guyver1092さん

>過去の対策は、消費者の将来の収入を今現在使わせるものばかりでした。

だとしたら、資本家達は、現在の労働者から搾取するだけ搾取して、次は将来の彼らから搾取・・と言う事ですね。・・そんなことしたら将来もっと大変になるのですが、「共有地の悲劇」のように早い者勝ち・・・的な発想ですね。このような資本家の強欲、エゴは政府が規制するべきなのですが、為政者が一緒になって利権に群がる構造が出来上がっていたのでしょう。・・酷いものです。

>ただし時代が下るほど効き目がどんどん弱くなっている

未来の収入を先取りしているのだから、当然の結果でしょうね。資本主義も本当に末期症状ですね。

>彼らの認識している経済の仕組みと現実の仕組みのずれがだんだん拡大してきているのではないかと考えています。もしかしたら致命的なほどずれている

おっしゃる通りだと思います。元々彼らは理に適った経済の仕組みを作ろうなんて鼻から思っていなくて、どうやったら自分の財産をもっと増やせるか・・・で経済の仕組みを考えて来たのでしょうから、本当に矛盾だらけの酷いシステムですね。
guyver1092さんのおっしゃるように、致命的なほど不合理なシステムで、破綻は免れないでしょうね。・・・と言うよりも資本主義経済は破綻させなければならないでしょうね。今の経済システム批判は12月1日アップ予定の記事にも書きました。



  *************************
※前回の補足・・について・・

>簡単な太陽熱利用のものなら算出投入比的にも物質的な長持ちも十分やる価値があると思います

そうですね。私もそう思います。おっしゃるように太陽光発電は、エネルギー産出比が1を超えられない可能性が高いですが、シンプルで小規模で直接的な太陽熱の利用等はかなり有効ですね。・・・洗濯物を干すのもその一つですし・・

**コメントが繋がらないので、出来れば「前回の補足」などは、短くて結構ですから、別にそちらのコメントに続きとして書いて戴くと嬉しいのですが・・。



コメント
guyver1092
すみません。つい書いてしまいました。以前にも言われていたのに・・・

>ソーラーシステム等石油の缶詰・・?
雑草Z
    guyver1092さん

 いつも興味深い面白いコメント戴いて有難う御座います。
だから、謝って戴くと恐縮です。・・・ただ単に、コメントの応答が繋がらないので、出来ればその記事にコメント下さい・・・と言う事です。

>石油の缶詰

と言う表現も面白いと感じましたが、あちこちでやり取りすると混乱しますので、コメントの続きは同じ記事にお願い致します。・・とそれだけ。
 これからも宜しくお願い致します。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ベーシックインカム
現実問題として、物を壊して作りなおすような無駄なことでも、お金が得られるならば、一個人にとっては重要なことです。結局、お金が無いと生きていけないので…。
つまり今の社会は止まることが許されない社会なのですね。

雑草様は以前、環境を破壊する公共事業をやるくらないなら、お金を配ったほうがマシと書かれていたことがありますが、もっともな話だと思います。
もっと言うならば、お金を儲けなくても暮らせる社会を
作る必要があるのでは無いかと思っています。
具体的には、生きているだけで、なんとか暮らせるだけの
お金をすべての国民に配当するベーシックインカム政策です。

ベーシックインカムにより、最低限の生活が保障されるため、止まることが許され、持続可能な社会が実現できるのでは無いかと思います。

ベーシックインカムは、意外にも元ライブドアの
ホリエモンも「あり」と言っていました。
少し考え方が違う方にも支持されていることから、
意外に現実的選択かもと思うのです。
2009/11/22(Sun) 17:59 | URL  | mao #-[ 編集]
Re:ベーシックインカム
    maoさん

 お久しぶりのコメント有難う御座います。本日、ふと、・・そう言えばmaoさんからコメント来てないなあ・・・と思っていたところです。


>物を壊して作りなおすような無駄なことでも、お金が得られるならば、一個人にとっては重要なことです。
>つまり今の社会は止まることが許されない社会

そうですね。おっしゃる通りです。それが現代の経済優先、成長路線の社会ですね。


>ベーシックインカムにより、最低限の生活が保障されるため、止まることが許され、持続可能な社会が実現できるのでは無いかと思います。

おお、なるほどごもっともです。確かにそうする事で
止まること=定常性を保つ事 
が出来ますね。これは大切な政策ですね。現在の日本は格差が激しく、本当に収入の少ない生活をしている人が沢山いますからね。
>止まること
って非常に大切ですね。
贅沢をしなくてもいいから最低限の生活をしっかりしたい人は増えてきています。ベーシックインカムが保障され、セイフティ・ネットがしっかりすれば、そういった人々は社会問題に対して考える時間も増え、持続可能な社会の構築についても考える時間が出来るでしょう。大賛成です。
 無駄な公共工事を撤廃し、事業の仕分けも厳しく実行し、累進課税もしっかりやって財源確保すればいいでしょう。

>意外に現実的選択

そう思います。現実的なしっかりした提案だと思います。
 食糧難だとか資源不足だとか、社会が混乱して来る前に実行したい政策ですね。
2009/11/22(Sun) 20:58 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
経済システム
>資本家の強欲が不況を深刻なものにしているのでしょう。

 同感です。ずっと以前からの疑問ですが、過去に不況になった場合の経済対策は全てが、お金を借りやすくするの類の消費者にもっと金を使わせるものばかりでした。はっきりと記憶はしていないのですが、それらは消費者が将来の収入に不安を持ったため生活防衛に走ったような記憶があります。
 このような事態には、単純に考えて消費者の収入を保証するため労働者の給料を増やすような対策が必要と思ったものですが、過去の対策は、消費者の将来の収入を今現在使わせるものばかりでした。
 私的には不思議でしたがそれなりの効果はあったようで経済が回復していたと思います。ただし時代が下るほど効き目がどんどん弱くなっているようでしたが。

 私は、彼らの認識している経済の仕組みと現実の仕組みのずれがだんだん拡大してきているのではないかと考えています。もしかしたら致命的なほどずれているのではないかという気がします。そしてずれの原因は彼らの強欲で、欲呆けした思考で経済の仕組みを考えた結果、現実の仕組みを見誤ったのたではないかと。

 この強欲システムから脱する方法のひとつとして、増えないお金を作るのも良いかもしれません。すなわち、地域通貨です。私が考えているのは、各家庭が自給する、自給で足りないものを地域のコミュニティーで補う、地域通貨でも補う、それでも不足する分を通常のお金でおぎなうというものです。

※前回の補足
 私の考えているソーラーシステムは、太陽炉利用の調理器等も含みます。簡単な太陽熱利用のものなら算出投入比的にも物質的な長持ちも十分やる価値があると思います。太陽電池は算出投入比的に不可ですが。
2009/11/22(Sun) 23:03 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
資本家本位の経済システム
    guyver1092さん

>過去の対策は、消費者の将来の収入を今現在使わせるものばかりでした。

だとしたら、資本家達は、現在の労働者から搾取するだけ搾取して、次は将来の彼らから搾取・・と言う事ですね。・・そんなことしたら将来もっと大変になるのですが、「共有地の悲劇」のように早い者勝ち・・・的な発想ですね。このような資本家の強欲、エゴは政府が規制するべきなのですが、為政者が一緒になって利権に群がる構造が出来上がっていたのでしょう。・・酷いものです。

>ただし時代が下るほど効き目がどんどん弱くなっている

未来の収入を先取りしているのだから、当然の結果でしょうね。資本主義も本当に末期症状ですね。

>彼らの認識している経済の仕組みと現実の仕組みのずれがだんだん拡大してきているのではないかと考えています。もしかしたら致命的なほどずれている

おっしゃる通りだと思います。元々彼らは理に適った経済の仕組みを作ろうなんて鼻から思っていなくて、どうやったら自分の財産をもっと増やせるか・・・で経済の仕組みを考えて来たのでしょうから、本当に矛盾だらけの酷いシステムですね。
guyver1092さんのおっしゃるように、致命的なほど不合理なシステムで、破綻は免れないでしょうね。・・・と言うよりも資本主義経済は破綻させなければならないでしょうね。今の経済システム批判は12月1日アップ予定の記事にも書きました。



  *************************
※前回の補足・・について・・

>簡単な太陽熱利用のものなら算出投入比的にも物質的な長持ちも十分やる価値があると思います

そうですね。私もそう思います。おっしゃるように太陽光発電は、エネルギー産出比が1を超えられない可能性が高いですが、シンプルで小規模で直接的な太陽熱の利用等はかなり有効ですね。・・・洗濯物を干すのもその一つですし・・

**コメントが繋がらないので、出来れば「前回の補足」などは、短くて結構ですから、別にそちらのコメントに続きとして書いて戴くと嬉しいのですが・・。

2009/11/23(Mon) 10:56 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメント
すみません。つい書いてしまいました。以前にも言われていたのに・・・
2009/11/24(Tue) 20:43 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
>ソーラーシステム等石油の缶詰・・?
    guyver1092さん

 いつも興味深い面白いコメント戴いて有難う御座います。
だから、謝って戴くと恐縮です。・・・ただ単に、コメントの応答が繋がらないので、出来ればその記事にコメント下さい・・・と言う事です。

>石油の缶詰

と言う表現も面白いと感じましたが、あちこちでやり取りすると混乱しますので、コメントの続きは同じ記事にお願い致します。・・とそれだけ。
 これからも宜しくお願い致します。
2009/11/24(Tue) 21:33 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。